-sionと-cionの働きについて詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

周辺の人が誰も知らないのでRAE(royal academia espa;ola)に質問しました。

回答は下記の通りです。-cion, -sionの両者は並立しないという私の決め付けは間違っていましたが、その他は推理どおりでした。現代スペイン語としての造語機能は
ーcionだけであり、-sionは正書法上の例外的表し方と理解すべきだと思います。
RAEの権威ある辞典にはーcionの記述しかありません。

<この2つが持つ意味(否定・疑問など)や働き、現代スペイン語における-sion,-cionの単語の生産性などが知りたいです>

両者の意味に差はない筈です。否定も疑問も関係ないでしょう。そのような疑問がどこから出てくるのか質問の意味がわかりません。否定は接頭語で表せるでしょうが疑問は何のことか分かりかねます。

注。下記の回答中アクセントやチルデのある文字は&oacuteなどと文字化けしています。判読してください。
例。leccion→lección  espanol→Español

El Diccionario académico, cuya última edición tiene a su disposición en nuestra página web bajo el epígrafe Diccionario 2001, define:
-ción. (Del lat. -tio, -onis). suf. Forma sustantivos verbales, que expresan acción y efecto. Aparece en la forma -ción, no precedido de vocal, en ciertos sustantivos generalmente procedentes del latín. Función, lección, producción. Los creados en español toman la forma -ación, si el verbo del que derivan es de la primera conjugación. Grabación;-ición, si es de la tercera. Embutición. Si el sustantivo deriva de un verbo de la segunda, toma otro sufijo. || 2. Además de su significado abstracto, -ción y sus variantes pueden denotar objeto, lugar, etc. Embarcación, fundición.

Reglas orientadoras del uso de c / s en las las terminaciones -ción / -sión:

a) Se escriben con c los sustantivos que denotan la acción de verbos terminados en -ar. Ejemplos: asimilación (de asimilar), compensación (de compensar), jubilación (de jubilar). Se exceptúan los referidos a verbos terminados en -sar que no contienen en su forma la sílaba -sa- del verbo. Quedan fuera de esta regla los sustantivos en -sión derivados directamente del latín que dan lugar, por su parte, a verbos terminados en -ar. jemplos: colisión (del que se forma colisonar), ilusión (del que se forma ilusionar), presión (del que se forma presionar).

Se escriben también con c los sustantivos que denotan la acción de verbos terminados en -der, -dir, -ter, -tir que contienen en su forma la -d- o la -t- del verbo. Ejemplos: perdición (de perder), medición (de medir), competición (de competir).

b) Se escriben con s los sustantivos que denotan la acción de verbos terminados en -sar que no contienen en su forma la sílaba -sa- del verbo. Ejemplos: confesión (de confesar), expulsión (de expulsar), revisión (de revisar). Se escriben también con con s los sustantivos que denotan la acción de verbos terminados en -der, -dir, -ter, -tir que no contienen en su forma la -d- o la -t- del verbo. Ejemplos: cesión (de ceder), alusión (de aludir), comisión (de cometer), admisión (de admitir). Excepciones a esta regla son los sustantivos atención (de atender) y deglución (de deglutir), que a pesar de no conservar la -d- ni la -t- del verbo se escriben con c.

Departamento de Español al día
RAE
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、こんなに細かく指導していただいて本当に申し訳なく思っています。また感謝しても感謝しきれません。ありがとうございます。スペイン語学に長けた方なのですね。私もそうなりたいと日夜勉強中です。本当にありがとうございました!また何かあったときはよろしくお願いします。

お礼日時:2003/01/11 13:46

100%の自信はありませんが下記の理解でまず間違っていないと思います。



*両者を対比するのが間違い。発音も文字も異なります。スペイン南部や中南米では両者を同じように発音しますが・・・

-sionはもともとラテン語の名詞(-ssioまたは-sioで終わる名詞)をスペイン語化するときに起こった変化でしょう。ラテン語で動詞を名詞化する働きがあったのかも知れませんがスペイン語には既に変化した名詞として取り入れられたのかも知れません。ascension, diversion, impresion 小学館の『西和中辞典』には-sionも動詞の名詞化を行う語尾だと説明されていますがスペイン語の段階で捉えるには無理があるような気がします。更に調べて見ます。

-cionは動詞から動作、状態、結果などを表す抽象名詞を作るための語尾です。対応するラテン語は-tio.

aparecer(現れる)→aparicion(出現、幽霊、出版)
reparar(修理する、償う)→reparacion(修理、補償、賠償)
urbanizar(都市化する、宅地を開発する)→urbanizacion(都市化、ニュータウン)

この回答への補足

ありがとうございます!とても参考になりました。しかし、まだレポートを書くには情報が不十分なのです。もし、何かさらにわかったらご連絡ください。
-sion、-cionは同じ名詞の接尾辞ですが、この2つが持つ意味(否定・疑問など)や働き、現代スペイン語における-sion,-cionの単語の生産性などが知りたいです。
よろしくお願いします。

補足日時:2003/01/06 22:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の翻訳

スペイン語の翻訳

現在大学でスペイン語学科に通っております。
大学卒業後はスペイン語と英語を専門として翻訳をする職業に就職したいと思っております。
英語はアメリカに住んでいたこともあり、全く心配していないのですが(TOEICできちんとスコアをとっていますし)、スペイン語に関しては大学に入ってから始めたので自信がありません。
就職するとなればスペイン語検定を受けておくべきだと思うのですが、翻訳を職とするためには何級を取得するのが理想的でしょうか?
また、翻訳をする就職先というのが私にはどうも出版社しか思いつかないのですが、どのような就職先があるのでしょうか?

Aベストアンサー

翻訳専門の会社もありますよ。
ビジネス文書や論文とか海外の番組それに出版関係や報道や広告とか商品の取扱説明書等の翻訳を請け負う仕事です。

翻訳だけで無く、通訳・速記・音声からの書き起こし等を併設している所も多いです。

一般企業でも専門的な商材を扱う会社だと社内に翻訳の部署がある会社もあります。
医療や化学分野とか特許関係や契約業務とかM&Aカンパニーが多そうです。

Qスペイン語表現”Sabe usted que - - - - -."の由来。

”Sabe usted que ---------." は英語の "You know that--------."から入って来たものでしょうか。  それとも元々からロマンス語群の西語、ゲルマン系の英語等に分かれる前の印欧語の祖先の言葉の発想に由来していて後に印欧語族の各国語の類似表現になったのでしょうか。

フランス語、ポルトガル語、イタリア語でも類似表現があるものならそれもご教示戴ければ幸甚です。

Aベストアンサー

すべての欧州語を比較することは出来ませんが、sabe
usted的表現は欧州語の語順(発想ともいえる)の問題です。(インドーヨーロッパ語族)スペイン語でいえば会話でもっとも重要な部分(述語)が文の始め来るのに対し日本語は「・・・です」「・・・ではありません」と常に最後にきます。また強調したいポイントが述語以外の場合は倒置法や強調構文を使って自由に
ポイントを入れ替えることができるのが欧州語の特徴です。

よく引用される次の文を比較してください。
XCreo que ella no viene(o no vendra')
○No creo que ella venga.

前者は日本人が好む語順です。会話では通じますが作文なら訂正されるでしょう。これは日本語の「彼女は来ないと思います」に引きずられた発想です。来るか来ないかは彼女だけに分かることであり、否定するのは来るとは思わない話者の方(creo →no creo)でなければなりません。更にスペイン語では話者が主張したいことを先にいう語順(例。Espero que ustede venga pronto)ですから「creo, no creo,思う,思わない」を先に表明します。

同じようにSabe usted que はこれから述べようとしていることを「あなたは知っているかどうか、知って欲しい」という発想でque 以下で知って欲しい内容を順を追って説明します。この表現に慣れない頃は私はよく「知らない、No se'」と即答して相手をからかっていましたが相手(外国人)はキョトンとしていました。日本人でも子供は時々この表現を使いますね。「ネ、ネ、知ってる?知ってる?」

すべての欧州語を比較することは出来ませんが、sabe
usted的表現は欧州語の語順(発想ともいえる)の問題です。(インドーヨーロッパ語族)スペイン語でいえば会話でもっとも重要な部分(述語)が文の始め来るのに対し日本語は「・・・です」「・・・ではありません」と常に最後にきます。また強調したいポイントが述語以外の場合は倒置法や強調構文を使って自由に
ポイントを入れ替えることができるのが欧州語の特徴です。

よく引用される次の文を比較してください。
XCreo que ella no viene(o no vendra...続きを読む

Qスペイン語への翻訳をお願いします。

スペイン語への翻訳をお願いします。

スペインでの名前の付け方をまとめた文章を作っています。
スペイン語で「名前の付け方」という意味のサブタイトルをつけようと思いますが
スペイン語に関しての知識がないため自動翻訳が合っているかわかりません…。

スペイン語に詳しい方、申し訳ありませんが
「名前の付け方」というスペイン語を教えてください。
スペルだけじゃなくてカタカナ表記で構いませんので、発音も教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語は得意分野では有りませんが、何はともあれ、

(1) Asignacion de nombres  

ion の o に発音記号[´]が付きます。読みはアッシギナシオン・デ・ノンブレス

又は、

(2) nombramiento 読みはノンブラミエント。

(1)の方がより「名前の付け方」に近いと思います。

もっと詳しい方の登場をお待ちください。

Qスペイン語だと思うのですが、Picassoの名前の読み方を教えてください。

ピカソの本名なのですが、読み方がわかりません。カタカナでよいので教えてください。
また何か意味があればよろしくお願いします。
『Pablo Diego Jose Francisco de Paulo Joan Nepomuleno Maria de los Remedios Cipriano Santisima Trinidad Ruiz y Picasso』

Aベストアンサー

ご質問のつづりに一部誤りがあります。

パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ(Paula)・ホアン(Juan フアンとも)・ネポムセノ(Nepomuceno)・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン(Crispin)・クリスピニアノ(Crispiniano)・デ(de)・ラ(la)・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ。

ただし、最後の部分は Ruiz Blasco Picasso (ルイス・ブラスコ・ピカソ)とする資料もあります。

なお、スペイン語では最後の子音の前をいく分か長く発音するのが(一般的に)正しく、ネポムセノ→ネポムセーノのようにすべきかもしれません。

なお、このサイトでは表示できないので、付加記号については無視しました。例えば Jose の e の上には「`」の逆向きのつくのが正しいつづりです。

Qエキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。

エキサイト翻訳ソフトで日本語からスペイン語に変換しましたがどうしてもうまく翻訳できません。
日本語からスペイン語に翻訳してさらにそのスペイン語を日本語に翻訳しましたら原文とは全くちがう日本語が翻訳されました。
解決方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

無いです。
英文でもそんな感じなので。

Qスペイン語では接続法は -se 形のほうが -ra 形よりも好んで使われる、というのは本当ですか?

スペイン語では接続法は -se 形のほうが -ra 形よりも好んで使われる、というのは本当ですか?

Aベストアンサー

そう断定するのは言いすぎだと思います。「現代スペイン語(特に口語)では-ra形が好まれる」程度でしょう。

「言ってくれたらよかったのに」の意味ではhubiese dicho,hubiera dichoともに使われます。 中南米ではhubiera dichoが優勢かも。相手が言ってくれていたら何か手伝いが出来たかもしれない・・・と言いたい時、
hubiera dicho(この後は言わない場合が多い。le habri'a ayudado en algo)

婉曲表現としてquererの接続法過去の-ra形はしばしば過去未来(可能法)の代わりに使われるので-ra形が目立ちます。
Quisiera enviarte algo=Querri'a enviarte algo.

中南米では接続法大過去の変わりに接続法過去の-ra形を使う傾向があります。これは15-16世紀のスペインの用法の影響だと思われます。

Qスペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。

スペイン語圏の友達からメールが来たのですが翻訳機を使っても機械なのでちゃんと翻訳されず分かりません。スペイン語できる人、翻訳お願いします。
que te vaya fin です
翻訳機では、スペイン語から英語に訳してand goになります。

Aベストアンサー

finの部分がfinoではないので正しいかわかりませんが、
直訳は
やあ!(こんにちわ!)うまくいくように!

日本語だと
よろしくね!程度の挨拶だと思われます。

Qラテン語(だと思います)タイトルの意味と読み方を教えてください。'De

ラテン語(だと思います)タイトルの意味と読み方を教えてください。'De honesta voluptate et valetudine'。1475年にイタリアで出版された本です。

Aベストアンサー

De honesta voluptate et valetudine
デー・ホネスター・ウォルプターテ・エット・ワレトゥーディネ

de : ~について
honesta : 「尊敬すべき・優れた」の意の形容詞。女性単数奪格形
voluptate : voluptas「喜び・快楽」の奪格形
et : と
valetudine : valetudo「体調・(よい意味の形容詞とともに)健康」の奪格形

全体として「優れた快楽と健康について」のような意味になります。上に示したのは古典期の正則とされる発音ですが仮名書きすると長音が少々間延びしたようになりますから、正確を期さないのならあまり気にしないでもよいでしょう。

Qスペイン語の翻訳ソフトってありますか?

 いつもお世話になります。英語主体のものではなく、スペイン語を翻訳出来るソフトを探しています。(もちろんスペイン語→日本語です。)日常会話程度が翻訳出来れば、問題ないのですが。

 でも、もしかして存在しないかも???どなたか、お心あたりございましたら、是非、教えて下さいっ!

Aベストアンサー

各国語に対応してます。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm
オンラインで使えます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

Qフランス語の発音。読み方。教えてくださぃ。

辞書をぱっと開いたトコロに、
『grande roue』観覧車って意味ですよね??
がぁりました。
どう読むのかゎからずにいます。なんか可愛くて好きな単語なんですが、なんて読めばいいのやら・・・・
是非、教えてくださぃ。ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

グラーンドゥ ルエ

かな???
フランス語を履修してます。
そんでもって携帯メールでは絵文字とともに「ぁ」「ぅ」「ぉ」を文末のみに結構使う23歳です。
ちなみに「ゎ」は絶対使いませんが。。。
今辞書が手元にないのでなんとなくなんですけど、これでどうでしょうか??


人気Q&Aランキング

おすすめ情報