色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

教えてください。
スチールシャフト、ダイナライトゴールドで
S300とR300とありますが、
R300の方が重さが少し軽い意外に明確な違いはありますか?
通常の考えだとRとつくほうがやわらかい設定と思っているのですが、
どうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

そのシャフトは昔、今アイアンにつけているダイナミックゴールドSLが出る前に自分もアイアン用に検討したシャフトです。

上がりやすそうだったので逆に吹きあがりが怖くて断念した経緯があります。

まず、バット径(シャフトのグリップエンド部の径)が違いますね。(R-300は約14.7mm、S-300は約15.2mm)重量も3~4g(カット前で4g、カット後で3g)違います。(Rの方が軽い)
abogam777さんが言われるように振動数やベンド角等の数値から出るフレックスも当然Rの方が柔らかいでしょう。

「ライト」の字がついてはいますがカット前はRでも116gありますので、軽量スチールと思うと少し重いシャフトとなると思います。ダイナミックゴールドより少し軽量だという事とダイナミックゴールドよりやさしく上がりやすいシャフトだという意味での「ライト」という意味ですから、お間違えのないようにして下さいね。上がりやすいという部分と少しバランスが重めに感じやすい部分が特徴の中重量級スチールシャフトです。それさえ認識していればいいシャフトだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
グリップエンドの径が違うのは予想外でした。
今回のを参考にシャフトの検討をしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/24 12:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング