遺伝子組み換え食物についてお聞きします。
 
 私はビタミンCが入っていることがうたい文句の食品(C1000タケダ等)や、ビタミンC剤を採ることが好きなのですが、こういった安価なビタミンCはとうもろこしから作られると聞きました。
 これは本当でしょうか?
 また、これが事実かは別としてもこういった原材料が遺伝子組み換え食品を使用しているかいないかチェック体制はどのようになっているのでしょうか。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 いろいろ迷惑な回答をして申し訳ないです。

MiJunさんのおっしゃる通り。ビタミンC製剤の99%は化学合成によるものです。天然のVCがL-アスコルビン酸で、化学合成するとL型とD型が半数ずつでき、D型は吸収されないのですが、現在のVC製剤はすべてL型(酵素や微生物の働きでD型→L型ができる)だそうです。
 さて、デンプン→糖(L-ソルビトール)→L-アスコルビン酸(VC)と合成されます。原料のデンプンですが、大多数が「イモ」(馬鈴薯)だそうです。ただ、安価なトウモロコシ原料とするものもあるようです。
 遺伝子組み替えの混入の可能性は否定できません。
 どうも、あまりよくないURLをうのみにして、企業戦略に引っかかったようです。ただ、自然食からビタミン類を取るのはよいことだとされています。他の栄養素、他のビタミン類、食物繊維などは野菜・果物で取るのがよいと思います。しかし、ポストハーベストの問題はと言われるとどうしましょう。無農薬野菜でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>いろいろ迷惑な回答をして
 ??とんでもない!!とても参考になります。お礼が遅れがちな質問者のためにそこまで時間を割いていただき、とても感謝しております。
 なんとなくビタミン剤には健康的なイメージが強く、その原料にまでは気がまわりません。しかし、結局口にするものなら、他の食品と同じ安全問題を含んでいるわけで、私はむしろ人間心理のうかつさのほうが印象的でした。

お礼日時:2001/03/10 01:31

追加情報です。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ビタミンの「質と量」」
「ビタミンCの情報 」
「ビタミンCについて」

http://home.att.ne.jp/yellow/matsuura/7/no,70.html
「笑いとビタミンC」
http://home.att.ne.jp/yellow/matsuura/8/no,71.html
「疲労とビタミンC」

ご参考まで。

参考URL:http://home.att.ne.jp/yellow/matsuura/8/no,74.ht … http://home.att.ne.jp/yellow/matsuura/6/no,55.ht … http://home.att.
    • good
    • 0

dragon-2先生の補足に対して質問があります。


>http://www.aurora.dti.ne.jp/~myy/page1/other/oth …
このサイトでのVC(ビタミンC)に関する記載の根拠はあるのでしょうか・・・(あまりちゃんとしたサイトではない・・・)? 
>http://www.japanwholefoods.co.jp/qa001.html
このサイトを読むと
======================================
天然ビタミンCとは、たんぱく質、含水炭素、脂肪、フラボノイドなどが複雑に絡み合った物質で、すなわちこれが食品なのです。
=====================================
この「天然ビタミンC」の表現が誤解を生んでいると思うのですが・・・・?
この会社の商品(?)は「純粋なVC+その他成分」を「天然ビタミンC」と表現しているのではないでしょうか?
そのような定義であれば(あまり科学的ではない?)、分かりますが・・・?
⇒以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
ここで、「天然」と「合成」の議論で光学異性体の点で言われているのでしょうか・・・?
一般には、VC=アスコルビン酸だと思います。
>http://www1.odn.ne.jp/genki/products1.htm
>ただ原材料にトウモロコシがあっても他のものへの利用も考えられます。
ここの説明がわかりません・・・?

ご教示下さい。

参考URL:http://chemfinder.camsoft.com/result.asp, http://home.att.ne.jp/yellow/matsuura/2/no,20.ht …
    • good
    • 0

補足です。

 
 例えば・・・天然ビタミ ンCは身体に良いのですが、合成ビタミンC(合成アスコルビン酸)(ビタミンCの 結晶)は逆に身体の為にならない事があることが分かってきました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~myy/page1/other/oth …
 さて通常ビタミンCとよばれるアスコルビン酸を例にとりご説明いたしましょう。アスコルビン酸は、実は自然界には存在しません。つまりこれは化学合成プラントの産物です。自然界にないものは身体は記憶していません。しかし記憶にあるビタミンCにちかい物質らしいからこそ喉をとおしたわけです。その結果胃に到達し、他の物質と反応し、自然界のCに近いものだけが吸収されるわけです。通常その比率は5から10%といわれます。それ以外は、身体はやはり異物と認識して2時間以内に尿から体外排泄します。これは他の不要物質、害毒物質排泄メカニズムと同じプロセスです。この点の研究は、アメリカでは常識であり、だからこそアスコルビン酸のビタミンC価格が日本の10分の1まで下がっているわけです。
http://www.japanwholefoods.co.jp/qa001.html
 最初に人工合成されたビタミンがアスコルビン酸(ビタミンCの結晶)で糖から
合成されました。が、以上のような理由で効果のない合成ビタミンCであるから、現在は天然のもの(柑橘類やアセロラなど)から抽出されています。
 確かにコーンシロップ→糖→アスコルビン酸の合成経路はありますが。ただ原材料にトウモロコシがあっても他のものへの利用も考えられます。(参考URL)
 ですから、天然ビタミンCか合成ビタミンC(アスコルビン酸と表記)かを確かめるのがよいでしょう。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/genki/products1.htm
    • good
    • 0

dragon-2先生の回答は半分は正解ではないでしょうか・・・?


つまり、工業レベルでは大きく分けて2通りあると思います。
1.トウモロコシ等⇒スターチ(澱粉)⇒ブドウ糖⇒ソル  ビトール⇒ビタミンC
 但し、ブドウ糖以降の工程は何段階もあります。
 (化学合成法と酵素法の組み合わせ)
 これらに関しては生化学・発酵等の成書を探せば記載が あると思います。
2、詳細はわかりませんが、一部の健康食品では例えばロ  ーズヒップのようなものから抽出(?)しているよう  です。

遺伝子組み替え食品のチェックですが、この体制を国内でも整えつつあるようにニュース等で紹介してましたが・・?

そこで、「ビタミンC」との関連では初期の工程(つまりトウモロコシ原料)でチェックできなければ難しいとおもいますが・・・?

ご参考まで。

この回答への補足

 ごめんなさい。お礼が遅れております。ので補足まで。

 ビタミンCは炭水化物その構成(えーと、化学式で表示される構造です)がとてもよく似ているため、猿の一部とヒト、モルモット以外は体内で必要量を生産できる(人間がカロチノイドからV.Aを生産するように)とか。
 最初に「トウモロコシからビタミンCを精製する」と聞いたときになぜか「炭水化物からV.Cが作れる」ような錯覚をしてしまいました。かなりおばかです(笑)。
 
 ご回答いただいた2.ですが、確かにV.Cの含有量は飛びぬけて高いものの、ローズヒップそのものが結構高価な気がしますが・・・。

補足日時:2001/03/02 00:08
    • good
    • 0

 ビタミンCは柑橘類の皮などから多量に取れますから、わざわざ含有量の少ないトウモロコシを原料とするとは思えないのですが。


 ただ、このような栄養食品や資料飲料水に入っている果糖ブドウ糖果糖液について、まず解説します。
作り方はこう。まずトウモロコシからデンプンを取り出す。何故トウモロコシかというと、値段が安いからである。それにアミラーゼ等の酵素を作用させるとデンプンは加水分解され、主としてグルコースからなる糖液が得られる。これにさらにグルコースイソメラーゼとよばれる酵素で処理すると、グルコースの一部がフルクトースに変化(異性化)する。この混合糖液が異性化液糖、通称コーンシロップと呼ばれるものなのである。 
 JISではさらに細かい分類がなされており、フルクトース含有率が50%未満のものを「ぶどう糖果糖液糖」、50%以上90%未満のものを「果糖ぶどう糖液糖」、90%以上のものを「高果糖液糖」と呼んで区別している。この異性化糖は砂糖より安く、甘いため使用されている。ただ砂糖にくらべて味の深みに欠け、単体では単調な印象を与える。
 とにかく、わざわざ、遺伝子組み替えなどをしなくとも、柑橘類の皮で十分なビタミンCを得ることが出来ます。
 遺伝子組み替えについては、日本政府の対応の拙さから輸入品に対する物の検定の不備が指摘されています。(アメリカに弱い日本の体質です。)

参考URL:http://home.highway.ne.jp/ichiro/colawp/seasonal …

この回答への補足

 「とうもろこしはビタミンC含有量が少ない」はまったく同感です。私の最初に読んだときは「??」でしたが、確か製薬会社の方がどこかの雑誌で仰っていました。私、そういうのかなり鵜呑みにしやすい性格なので・・・。
 趣旨のはっきりしない質問文で申し訳ありません。新聞を斜め読みしただけの知識で先走って質問してしまいました。
 知りたかったのは
1 錠剤や添加用V.Cはとうもろこしからも精製されることはあるのか?
2 一成分を抽出する場合、遺伝子組み替え植物を丸ごと口にするのと違うような点があるのか?
 ・・・アレ?質問が二つに分かれてしまいました。最初から2つにすればよかった~。ごめんなさい。
 果糖ブドウ糖液糖についての詳しいご説明、ありがとうございます。

補足日時:2001/03/01 23:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子組み換え食品は有害なの?

 遺伝子組み換え食品、というのは、日本では忌み嫌われていますが、アメリカなどでそうした遺伝子組み換え食品を生産して、人間が食べたら、何か健康や遺伝(出産)に悪影響を与えるのですか?


 具体的に知りたいことは以下の通りで、医学的科学的なリスクを知りたいです。

(1)直接食べた場合

 遺伝子組み換え食品を、人間が直接食べたら、健康被害の危険性があるのですか?


(2)食物連鎖

 たとえば、牛が遺伝子組み換え食品によるエサを食べると、牛に異変が起こり、その牛の肉や牛乳(粉ミルクなど)を人間が食べると、健康に悪影響を与えるのですか?



 健康被害のリスクがあるのかどうか、医学的に知りたいです。

Aベストアンサー

>(1)直接食べた場合
分からない
>(2)食物連鎖
分からない
これが答えです。
なぜなら何年・何十年・何世代と長期にわたる検証(結果)がまだできていないからです。

Q遺伝子組み換え食品とは何ですか?

遺伝子組み換え食品とは何ですか?なぜ避けら
ているのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

遺伝子組み換え食品とは、遺伝子組み換え技術を活用して作られた作物を使用した商品です。
遺伝子組み換えによって収量増加や病虫害に強くなるなど、生産者へのメリットは大きいです。

消費者が避ける理由としては、まず「良く分からないから」というのがあります。
昔からある技術でない以上、不安なのは確かでしょう。

次に、そういった食品を食べることで、人間の遺伝子に悪影響が出るのではないかということです。
研究によると可能性はかなり低いようですが、限りなくゼロに近いと言い切れる段階ではないようです。

最後に、遺伝子組み換えによって、人間に悪影響のある作物になっている可能性があります。
「虫が食べると、その虫が死んでしまうトウモロコシ」を見て「人間が食べてもヤバいんじゃないか」と想像するのは自然なことです。もちろん、虫だけに毒として働くよう作られてはいるのですが。

まとめると、「不安だから避けられている」ということになります。科学的には基本的には問題ないです。
ただ、どんな技術でも「まだ問題が発見されていない」だけ、という可能性はあるので、特に新しい技術に関して慎重になるのは間違った反応ではないと思います。口に入れるものですしね。

ちなみに遺伝子組み換え大豆などはかなりのシェアを占めています。加工食品などでは一定量以下しか遺伝子組み換え作物が含まれていなければ、「遺伝子組み換え作物不使用」と書けるので、本当に避けようと思えばオーガニック食品など多少値の張るものを選んで買うしかないと思います。

遺伝子組み換え食品とは、遺伝子組み換え技術を活用して作られた作物を使用した商品です。
遺伝子組み換えによって収量増加や病虫害に強くなるなど、生産者へのメリットは大きいです。

消費者が避ける理由としては、まず「良く分からないから」というのがあります。
昔からある技術でない以上、不安なのは確かでしょう。

次に、そういった食品を食べることで、人間の遺伝子に悪影響が出るのではないかということです。
研究によると可能性はかなり低いようですが、限りなくゼロに近いと言い切れる段階ではないよ...続きを読む

Qなぜ遺伝子組み換え食品は嫌われているの?

よく食品の原材料名に「遺伝子組み換え(大豆・とうもろこし等)でない」とあります。
遺伝子組み換えはそんなに有害なら食べ物ではではありませんし、
それとも遺伝子組み換えは味が違うのでしょうか?
自分は食べ物であるなら遺伝子組み換えでもかまわないですけど、
なぜ遺伝子組み換えは嫌われるのですか?

Aベストアンサー

 多分、アメリカ嫌いのいろんな(デマ・古い)情報を無条件に信じ込んでいるか、もしくは科学リテラシーが足りないかのどちらかじゃないですかね。

 嫌いな方の主張の多くは「虫が死ぬのにヒトに危害がないわけがない」か、「長期的な安全性がわからない」です。しかしながら、

(1)虫が死ぬ条件がわかっていない
 ⇒例えばBTコーンで虫が死ぬためには、そのたんぱく質特有の受容体を備え、且つ消化器内がアルカリ性で無ければなりません。ヒトはそんな受容体を持っていませんし、消化器内は例外なく酸性です。消化器内がアルカリ性なんて、もはやヒトではありません。

(2)長期的安全性は確立されていることを知らない
 ⇒どこまでを長期というのかは人それぞれですが、遺伝子組換え食品が世に出てからすでに四半世紀が経過しているわけで、この間ヒトに危害があると確認されたケースはゼロです。これで「まだわからない」という人は、後百年たっても安心しないような気がします。

 実際にこうした状況を受けて、これまで遺伝子組換え食品に反対していた市民グループの(まともなところの)多くは、反対理由を「安全性」から「固有生態系への影響」に切り替えてきています。未だに安全性云々を主張する人は相当情報に疎いんだと思います。

 訳のわからないものに不安をいだくのは自然な感情ですが、わかろうとする努力が足りないのは問題だと思いますよ。

 多分、アメリカ嫌いのいろんな(デマ・古い)情報を無条件に信じ込んでいるか、もしくは科学リテラシーが足りないかのどちらかじゃないですかね。

 嫌いな方の主張の多くは「虫が死ぬのにヒトに危害がないわけがない」か、「長期的な安全性がわからない」です。しかしながら、

(1)虫が死ぬ条件がわかっていない
 ⇒例えばBTコーンで虫が死ぬためには、そのたんぱく質特有の受容体を備え、且つ消化器内がアルカリ性で無ければなりません。ヒトはそんな受容体を持っていませんし、消化器内は例外なく酸性です...続きを読む

Q遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品ですが、大豆やとうもろこしや菜種?を使った製品に気をつけています。遺伝子組み換えのようだったら買いません。
でも遺伝子組み換えが、体にどうわるいかもよくわかっていません。
そもそも遺伝子組み換え食品がわるいというのは、歴史が浅いことと
自然ではないというのが理由ですよね。
でもこれを研究された方がたは大勢いて、病気や気候に強い品種を作るために色々と長い間努力されたのだろうなと思います。
遺伝子組み換えを避けるのが一般的ですが、これからも避けるべきでしょうか。
遺伝子組み換えだとコストが削減されていて安く手に入るので、国産などが売れなくなる危険もありますか。

Aベストアンサー

「遺伝子組み換え」って、名称が怖いですよね。
私も表示があれば避けています(でも『遺伝子組み換えでない』しか見たことないんですけど・・)

確かに自然ではないことを研究室でやるのは、気持ちよいものではありません。
でも、自然界でも何千年、何万年と待てば同じ結果が得られる進化なのかもしれません。
「病気に強い」遺伝子を持っていれば、農薬を少なく育てられます。
農薬少な目で育った穀物は、結果論として人にも良いかもしれません。

まだ人の一生分である80年程度のスパンで見た研究結果が何もない状態なので
こういった遺伝子の組み換えが「農家にも消費者にもいいことだらけ」で終わるのか
「いいこともある分、悪い影響もある」のかの判断がついていないのです。

TPPで「遺伝子組み換え」の表示がなくなれば、今まで遺伝子組み換えじゃないものを探して原料にしていた企業でも、遺伝子組み換えの原料を使うようになるかもしれませんね。
一体どうして表示がなくなるのか理解できません。
どちらも表示をした上で消費者が自分で判断すればいいだけのことです。
遺伝子組み換えじゃないものは相対的に高くなるでしょうけど、それを選びたい人が多ければそれはそれで何も問題ないはずなのに・・・
差をつけることで日本の農家も守られるはずなのに・・。

いずれにせよ、気をつけていても完全に避けることは不可能。
「今のところ大きな問題は出ていない」と思って気にし過ぎないようにしようと思っています。私は。

「遺伝子組み換え」って、名称が怖いですよね。
私も表示があれば避けています(でも『遺伝子組み換えでない』しか見たことないんですけど・・)

確かに自然ではないことを研究室でやるのは、気持ちよいものではありません。
でも、自然界でも何千年、何万年と待てば同じ結果が得られる進化なのかもしれません。
「病気に強い」遺伝子を持っていれば、農薬を少なく育てられます。
農薬少な目で育った穀物は、結果論として人にも良いかもしれません。

まだ人の一生分である80年程度のスパンで見た研究結果が何...続きを読む

Q遺伝子組み換え食品表示について

よく、スーパーでもやしを買うのですが、
原料に「緑豆」(中国産)と書かれています。
中国産の豆は「遺伝子組み換え」の心配はないのでしょうか?
(パッケージには遺伝子組み換えの有無は書かれていません)

又、冷凍コーンなども、袋に「遺伝子組み換えの有無」を記載されていない場合は疑ったほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 JAS表示対象品目・原料が決められています。遺伝子組換え農産物が存在する作目(大豆、とうもろこし、じゃがいも、なたね、綿実)です。
 また、それを原料とした物も表示が義務付けられています。ただし、組み換えられたDNA及びこれによって生じたタンパク質が加工工程で除去・分解等されることにより、食品中に存在していないものは、表示しなくてもいいことになっています。

 まとめますと、

○表示対象になる原料
1 大豆(枝豆、および大豆もやしを含む)
2 とうもろこし
3 じゃがいも
4 なたね
5 綿実

○表示対象になる品目
1 豆腐・油揚げ
2 凍豆腐、おから、および、ゆば
3 納豆
4 豆乳類
5 みそ
6 大豆煮豆
7 大豆缶詰、大豆瓶詰め
8 きなこ
9 いり豆
10 上記1~9までを主な原料とする食品
11 大豆(調理用)を主な原料とする食品
12 大豆粉を主な原材料とする食品
13 大豆たんぱくを主な原材料とする食品
14 枝豆を主な原材料とする食品
15 大豆もやしを主な原材料とする食品
16 コーンスナック菓子
17 コーンスターチ
18 ポップコーン
19 冷凍とうもろこし
20 とうもろこし缶詰、およびとうもろこし瓶詰め
21 コーンフラワーを主な原材料とする食品
22 コーングリッツを主な原材料とする食品(コーンフレークを除く)
23 とうもろこし(生食用)を主な原材料とする食品
24 上記16~20までを主な原材料とする食品

○表示の対象にならない品目
・しょうゆ
・大豆油
・コーンフレーク
・水あめ
・異性化液糖
・デキストリン
・コーン油
・キャノーラ(なたね)油
・綿実油
・マッシュポテト
・じゃがいもでんぷん
・ポテトフレーク
・冷凍じゃがいも製品
・缶詰じゃがいも製品
・レトルトのじゃがいも製品
・冷凍・缶詰レトルトのじゃがいもを主な原材料とする食品

-----------------------
・緑豆は主に中国で栽培されている小粒の豆で、もやし以外にははるさめに加工されることでも知られる中国の特産品種です。
 大豆とは違うものですから遺伝子組み換えの心配は現在のところ大丈夫ですが、農薬残留の可能性はあります。中国産冷凍インゲンからパラチオンが検出された例があります。

・遺伝子組み換え食品を使用していない場合は、表示してもしなくてもいいことになっていますから、とうもろこしは、表示されていなければ、使用されていないということですね。

 こんにちは。

 JAS表示対象品目・原料が決められています。遺伝子組換え農産物が存在する作目(大豆、とうもろこし、じゃがいも、なたね、綿実)です。
 また、それを原料とした物も表示が義務付けられています。ただし、組み換えられたDNA及びこれによって生じたタンパク質が加工工程で除去・分解等されることにより、食品中に存在していないものは、表示しなくてもいいことになっています。

 まとめますと、

○表示対象になる原料
1 大豆(枝豆、および大豆もやしを含む)
2 とうもろこし
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報