読書は大好きなのですが、なぜか今まで、村上春樹さんの作品をじっくり読んだことがありませんでした。

そこで先日友人から「海辺のカフカ」を借りて読んでみたのですが、
全て読み終えると、疲労感しか残りませんでした。
読んでいる最中も、遅々として読み進めないのです。
おそらく表現がくどい・・・と感じてしまったのが原因だと思います。

でも村上さんの作品は、人気も評価も高いのですから、
きっと私が気づくことが出来なかった魅力が、たくさんあるのだと思います。
「海辺のカフカ」を上のように感じてしまった私でも、
おもしろい!素晴らしい!と思える村上作品を教えていただけませんか?
または、作品の魅力について教えてください。
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ずいぶん古い質問なので主さんはご覧ではないかもしれませんが、閲覧数が多いので。



僕は20数年、ずっとハマっています(笑)
ですが、ハマらない人は無理に読まなくてもいいのでは…とも思います。
読書ってそういうものですから。

…と一般論はともかく。
僕は春樹さんの本は同じものを時間をおいて何度も読み返しますし、そのたびに新しい発見を楽しんでいます。
こことここが繋がっていたんだ、なんてね。
読みずらいのはその繋がりがまだみえてないから、と思います。
読むほどにいろいろと見えてくることや感じる印象が変わる、その深さが好きです。

物語は、どこに共感できるか、自己投影できるか、そこがキーになると思いますが、春樹さんの作品は物語の世界を一緒に旅をすることで読後に何か感情に来るものがあったり、世界が違って見えたりもします。誇張していえば、読書前と後で何か自分が変わってしまったような感覚です。

もう一つ。
僕の場合、他の作者よりもその情景が映像として浮かび上がることが多々あります。
そのおかげで「ノルウェイの森」の映画にはがっかりしましたが(苦笑)…長い時間を経て出来上がった僕の中のシーンと映像があまりに違いすぎてしまって…

ちなみに、よく聞く中で人気が高いのは「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」ですね。
それからみなさんが言ってますが、デビュー作の「風の歌を聴け」→「1973年のピンボール」→「羊をめぐる冒険」→「ダンス・ダンス・ダンス」は登場人物がリンクしますので、この順に読むことをお勧めします。

いずれにしても書くたびにいろいろなトライをしていますので時系列で読むのがいいのではないでしょうか。

最後にもう一度、無理に読み進める必要はありません。
自分が好きな作家さんの世界に巡り合えればいいですね。
    • good
    • 5

ハードボイルとワンダーランドが好きですね。



一見凄い作家なのだろうが、あんなに沢山文章を

かいても、なにも、述べていないところが、彼の

天才らしいところだと思います。

高級な詐欺師は、詐欺をされているように、思わせないところが
詐欺師のプロなのだそうです。

作家も、そんなところでは。

どちらかと言うと、村上 龍の方がすきですすね。

あと、山川健一、だまされたと思って読んでみたら、
私は、彼の方が正直かなとかおもいます。
    • good
    • 2

「面白いものに自分が気づけていない」と思われると


なんだか焦ってしまう気持ちもわかります(^^
読者は多くて薦める人は多いとしても
「その人たちと私は違う」というおつもりで
読まれてみてはいかがでしょうか。

私もファンの一人ですが村上さんの本を正座して読みませんし、
できれば仰々しい単行本よりも文庫本で読みたいスタンスです。
共感できる何かのとっかかりがあって今に至るので
そこでとっかかってなければ、今のように人に勧めなかったと思います。

本屋でも図書館でも村上さんの本はたくさんあるので
無理に読もうとはされずにまた出会うタイミングがあれば
「ちょっと読んでみる」程度の方がいいと思いますよ。

その上でのオススメはベタベタですみません、
「はじめての文学 村上春樹」です。
短編集なので分節や言葉運びなど村上春樹らしさが
鼻につく前にささっと終わります。
疲労感が出る前に本を閉じればいいだけです(17編を収録)
これだけでもカフカの2の舞にはならないかと(笑

気に行ったお話がみつかることを願っています。

参考URL:http://astore.amazon.co.jp/ad-review-22
    • good
    • 2

好きな理由とその作品、ということで。


・独特な文体
 英語を直訳したような言い回しやハードボイルドのパロディ文体、
 特に初期作品に顕著なブローティガンやヴォガネット
 といった米国作家の文体の影響大の疲労とユーモアがない交ぜになった口調。
 それ自体が楽しくて好きです。
・食べ物描写、音楽の使い方が上手
 お料理をされ、ジャズ喫茶経営経験のあるロック好きなので、
 サンドイッチや酒等の描写、音楽の使い方がよいと思います。
 喫茶店で軽食片手に読むにはうってつけです。
・現実と非現実の混交。
 ごく普通の青山とどこかわからない世界がすーっと繋がっていたりするような、不思議な世界観が面白いなあと思います。

で、そんな理由から、好きな村上作品となると
 ・各種エッセイ
 ・世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド
 ・軽い短編集(カンガルー日和等)
などが楽しくて好みです。
また風の歌を聴け、1973年のピンボールなどの初期作品には当時の学生運動が下火になった頃の東京のモラトリアム、青春の終わりという雰囲気が漂っていて、それもまた独特の魅力があると思います。

カフカを含む大震災・オウム以降の長編作品は、
テーマが重かったり、雰囲気も変わったという印象。
また、長編と短編とでも随分雰囲気が違います。
もしご覧になったのがカフカだけだったら、
手軽な短編も試してみてはいかがでしょうか。
(もちろん好みではないこともあると思いますが。)
    • good
    • 2

村上春樹はノーベル賞を取るかもしれませんが、普通に考えて、


日本文学史にとっては、いてもいなくても、どうでもいい作家です。
初期の3作品(3部作になってます)を順番に読んでみて、魅力を
感じないようなら、無理して読まなくてもいいと思います。

村上作品は魅力と言うより、感染力が強いんだと思います。
「やれやれ」という主人公の、現実にはコミットしないと言う
スタンスに、皆ハマってしまうわけですね。
だから、もしかしたら、人気や評価というのは、決して一般的な
ものではなく、感染者同士のサークル内での話ということかも
知れません。そうしたサークルは、海を越えて世界中に広がって
ますね。

ただ、『ねじまき鳥クロニクル』という作品があるのですが、
この作品以降、村上作品は明らかに変容しました。恐らく、
阪神大震災・オウム事件以後をきっかけとしています。例えば
暴力など、現実的なものの露出、それに対するコミットメントが
作品のなかに出てきたんですね。『海辺のカフカ』も、この変容後
の作品です。こうした変化で村上作品から離れていった人もいる
と思いますが、同時に、それまで村上作品を読んでなかった読者を
獲得したかも知れません。

『海辺のカフカ』は、プロットが丁寧すぎるほど描き分けられていて、
登場人物の会話が冗長な印象を受けるので、それが疲れの原因の1つ
かも知れませんね。
知的好奇心のある方でしたら、『世界の終わりとハードボイルド
ワンダーランド』が、実はフロイトの心的装置の概念を下地にしてる
とか、いろいろ読み解いていくのも魅力になるかもしれません。
    • good
    • 0

私もほぼ全て読みはしましたが、一番空きなのは青春3部作の「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」で、中でもピンボールが一番好きです。

カフカあたりは既に新刊では買わなくなってました。

やはりみなさんと同じく「風の歌を聴け」あたりをお勧めします。
あるいは短編集の「中国行きのスロウボート」「納屋を焼く」「パン屋再襲撃」などを読まれると、また違った面を感じられるかもしれません。

でも本なんてそのときの自分の年齢や状況によって受け止め方が変わるものですから、無理に読まなくてもいいのではないでしょうか。
私自身、「風~」や「ピンボール」からはおそらくずいぶん影響を受けたと思いますが、もし20年後の今初めて出会ったとしても影響を受けることは皆無でしょうから。
    • good
    • 0

「村上春樹が好き」と言うよりも


「ノルウェイの森」が「堪らない」と思っている、
二十代後半の女性です。^^

私も読書好きで、よく「好きになった本の作家を辿って」読むのですが、村上春樹だけは、「ノルウェイの森」と「国境の南、太陽の西」で止まっています。
理由は、質問者様がおっしゃる「疲労感」なのかなあ。。。。

「疲労感」って、それ自体「優れた作品の証」かも知れません。
娯楽向け、商業向けの小説では、「読み終えて疲労感」って、あまり感じませんもの。

先日、トルストイを読みましたが、最初の一ページを読むだけで「うわ!疲れる!」って思いました。汗
それでも「読み続けたい!」と思わせる「何か(おそらく描写の精密さ)」が有る事、それが「優れた作品の証」かも知れないなあ。。。と考えてしまいました。

「ノルウェイの森」ですが。。。
私はこの作品の「空気」がとてもとても「身近に」感じられるのです。
登場人物と同年齢の頃、私がいつもいつも感じていた「感覚」を「そのまんま濃縮して詰め込んである」作品、と私は感じてしまいました。
それ故に、いつもは見えない「自分自身の心の中心」を「緻密に辿らされている」ように思って「ひたすら疲れ」ます。

「自分の心の中」って、「深く潜る」とあまり「気持ちの良い」ものではないし、「見たくない物を見る」し、それから目を背ける訳にもいかず、存在を否定する訳にも行かないものだから「疲れる」のだと思っています。
だから、春樹さんの他の作品を、図書館や書店で見つめながら、あの「あまりの辛さ」から、読む勇気が未だ、出て来ない次第です。^^;

読みたいのだけどなあ。。。。弱虫です。^^
    • good
    • 1

No.3です。


そういえば、『カフカ』の中で、なんでしたっけ、あのおじさん。
ナカタさんでしたっけ?
あの人の内面世界の黒い空間(暗いものではなかったと記憶していますが。むしろ広く深かったような?)の描写でした。
あそこは感動しました。
多くの人が感動する場面ではないかもしれませんが。

どの作家の作品でもそうだと思いますが、
読者がそれぞれどこか自分と呼応するところを見つけて、それで好きになるのだと思います。

『カフカ』は多くの読者にとって解りにくい(解釈しにくい)物語なのではないかと思います。
不思議過ぎというか・・・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BE%BA% …
 ↑
女性嫌悪とか異性愛中心主義なんてことも書いてあるけれど、そんなことないと思うけどなあ。
だったら『スプートニクの恋人』なんかどうするんだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%97% …
    • good
    • 0

最近の作品と昔の作品は傾向が違うと言われております。


ご本人も確かそのようなことを語っていたと思います。
昔は断片的だったり、ストーリーというストーリーではなかった。
だんだんストーリーが長くなって来た、と。
どうも今後さらに長くなるらしく、どうするんでしょ、ハルキさん。
『カフカ』はわりと好きでしたが、一番好きな話でもありません。

確かに、文体が馴染みにくかった(現在形に違和感を持った)のは覚えています。
おかげで『アフターダーク』は読めませんでした。
しかし基本的には、一番好きな作家です。
ノーベル賞候補と言われると「どこがそうなんだろう??」と思っていますが(^^;

●わりと誰でも読みやすいのは『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』だと思います。
ストーリーがはっきりしている。

●『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』も良い。
『ダンス・ダンス・ダンス』は既出のように『風の歌を聴け』から関連がありますが、『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』あたりも好きな人しか好きでないかもしれない。
ちなみに私は一番初めに『ピンボール』を読み、『風の歌を~』は後から読みましたが、大丈夫でした(理解できました)よ。
続いていますが、一応それぞれ独立した話ではあります。
とりあえずは『羊』→『ダンス・ダンス・ダンス』の2作品だけでも良いと思います。
この2作品は結びつきが強いです。

不思議な世界が出てくる話が好きな人は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『羊をめぐる冒険』系、
現実的な話が好きだと『ノルウェイの森』『国境の南、太陽の西』的な話を好むらしい、という分析をハルキ氏が書いていたことがあります。
多くの読者はその中間だそうですが。
私は前者(不思議系)寄りの中間層です。

短編集もあります。
『回転木馬のデッドヒート』
『蛍・納屋を焼く・その他短編』
など。
だからどうなんだって感じもありますが、不思議な雰囲気があります。
後者の短編集の「めくらやなぎと眠る女」が印象に残っています。
このへんは雰囲気を楽しむ(?)ものであって、素晴らしいというと、ちょっと違うような気が(^^;
http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C …
http://www.amazon.co.jp/%E8%9E%A2%E3%83%BB%E7%B4 …

そうだ、全然違う春樹さんの人気もあります。
エッセイの「村上朝日堂」シリーズだと小説とまったく違います。
小確幸(しょうかっこう。小さいけれど確かな幸せ)
これは一番最初の『村上朝日堂』です。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%9C …

『村上朝日堂 はいほー!』というのもあるんです。
過去開催された特設HPでの読者とのやり取りを収録したCD-ROM版『スメルジャコフと織田信長家臣団』など冗談のようなタイトルの本もあります。
こういうスカしてない所がいいんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

念のため。


「ダンス・ダンス・ダンス」
は「風の~」「羊~」からの続編ですので「風の~」から読まれることをお勧めします。

カフカが辛かったら、上記はもっと読みにくいかも知れません。

村上春樹の作品は
所詮、混沌でしかない世界の真ん中で
コーヒーカップ(遊園地の)に乗ってまわってる主人公が
混沌(自分の周りの世界)を眺めている様(たまに混沌に飲み込まれそうになりつつ)を
リズムとご都合主義で描いた作品。
だと感じますw なので私も疲れますよ~ コーヒーカップに乗ってるのは主人公一人であとはみんな「モヤ」のかかった人たちしか出てこないし。「僕ちゃん小説の祖」と誰かが言ったよ~な気がする。

すみません。なんか勧めてないような文になってしまいました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹さんのよさはどこでしょう?

村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。
村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、
彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか?

非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。

ノルウェイの森しか読んでませんが、
私の感想では、、。
まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。
実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは?
と思ってしまうほどに感じます。
また、相手の女性方も、全員とは言いませんが、魅力に欠けます。

無くてもいいのでは?と思えるようなエピソードもたくさん出てきます。
冒頭の、多少苦しみながらの回想シーン、
これは小説の終わりに、冒頭の部分につながるはっきりとした何かが来るのかなと思えば、何もありません。
冒頭の部分がなぜ必要なのかもわかりません。
最後、年上の女性と肉体関係を持ってしまうのも
いったいこの本で何を表現したいのかと思ってしまいます。

他の作品もたくさん読んでみたいとも思うのですが、
迷っています。
村上春樹さんの作品を好きな方の魅了されている点を具体的に教えて頂けないでしょうか?

村上春樹さんのノルウェイの森を読みました。
村上春樹さんは非常に有名で、このカテゴリーでもファンの方は多いようですが、
彼の小説のどのようなところが好きなのでしょうか?

非難するつもりではなく、単純にその魅力を具体的な言葉で知りたいのです。

ノルウェイの森しか読んでませんが、
私の感想では、、。
まず、主人公の人格ですが、あまり魅力が無いように思います。
実際にいても、友達が出来ず、人望も無いのでは?
と思ってしまうほどに感じます。
また、相手の女性方も、全員とは言い...続きを読む

Aベストアンサー

どうも。#3で回答を入れた者です。
>質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。
→と私の所の補足に加えられていた所から、前回の私の(質問者様が捉えた所の)勘違いなアドバイスは全くお呼びでなかった上に、質問者様の心証を害してしまったようで大変申し訳ありませんでした。お詫びに質問者様のご要望に沿った回答を入れてみたいと思います。

私は村上春樹さんの作品は近年発表された「ねじまき鳥クロニクル」や「国境の西、太陽の南」「海辺のカフカ」辺りは読んでいませんが、それ以前の作品は「ノルウェイの森」を含めてほどんど読んでいます。またいくつかのエッセイや安西水丸さんと共著の「日出る国の工場」なども読みました。
だからと言って自分が村上春樹さんのファンかというと微妙な所ですが…。

「ノルウェイの森」については自分では「好感を持てた」という以上に入れ込んで読んだので私にも一応回答権有りと勝手に解釈して進めます。

「ノルウェイの森」の魅力を一言で語るのは難しいですが、私個人の意見として捉えていただきたいと思います。

あくまで魅力の一つとして、この作品を読む事で得られる、私達が生きている現実の世界と、村上さんが「ノルウェイの森」で創り出す現実的非現実の二つの異次元世界の、あるのか無いのかもわからない境界線の間を行ったり来たりさせられるかのような心もとない浮遊感、もしくは何が本当で何が正しい事なのかだんだん判断が付かなくなるような麻痺を伴う心の痺れ、そういった日常生活からは余り得る事のできない不思議な刺激とも言える心の揺れでしょうか。

余りにも抽象的過ぎたでしょうか?
具体的にはノルウェイの森の登場人物の中で、誰が心を病んでいて、誰がそうでないのか?専門医に精神上の疾患有りと診断されたからその人がおかしいのか?もしくは自分は健全と思っている者こそおかしいのか?段々判断基準が麻痺してわからなくなってくるのです。そういう心の迷宮にでも迷いこむようなあやふやで行き場の無い気持ち。こういった気分は私は村上春樹さんの小説以外では得た事のなかったものです。

以前村上龍さんが「ノルウェイの森」を限定してだったのか、村上春樹さんの作品全般を指しての事だったのか失念しましたが、「神経症的な…」という風に評されていた事などからしてもそちらよりの小説である事が言えると思います。

以上簡単ですが、前回のお詫びと独断に満ちた見解を述べてみましたが、今度こそ少しでも質問者様の参考になれば幸いです。

どうも。#3で回答を入れた者です。
>質問の意図を踏まえた皆様方のご回答を心よりお待ちしています。
→と私の所の補足に加えられていた所から、前回の私の(質問者様が捉えた所の)勘違いなアドバイスは全くお呼びでなかった上に、質問者様の心証を害してしまったようで大変申し訳ありませんでした。お詫びに質問者様のご要望に沿った回答を入れてみたいと思います。

私は村上春樹さんの作品は近年発表された「ねじまき鳥クロニクル」や「国境の西、太陽の南」「海辺のカフカ」辺りは読んでいませんが、それ...続きを読む

Q振った振られた後の男女の未練の違い

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を振り切って振ったのに、3年後彼女が結婚し、今になって忘れられないと悩んでいます。こんなケースがもう1人いました。

私も振られてしばらく中途半端な状況でしたが、それでも2週間前に完全に振られたので、もう前進するのみとなった途端、あんなに寄りを戻したいと思っていた彼が一気に遠のき、今は懐かしく思い出し、楽しいことを思い出すとにやりと笑えるくらいになりました。(これも未練なのかな?)

男性のほうが何年も前の恋愛を鮮明に記憶していて、女性のほうがもう忘れた・・・が多いきがします。

この一般的に言う男女の違いってなんなんでしょうか?
人にもよるとは思いますが・・・。

よく、男はいつまでも別れた相手の未練を引きずり、女性は切り替えが
早いとききます。

実際、男友達と話していても、例え新しい彼女が出来ても過去の女性の未練とは違うかもですが(?)引きずり体に見えないおもりが増えていくけど、女は新しい彼が出来たらおもりも全部脱ぎ捨てる・・・と違いを例えていました。

そういえば元彼も、振っても振られても男のほうがいつまでも引きずる、女性は切り替えが早くて手のひら返したようになる。といっていましたし、同期の男の子は自分から、泣いて嫌がる彼女を...続きを読む

Aベストアンサー

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年ごしの付き合いだった場合に多く見られます。

男は、複数の女性を愛する事ができますから、一度愛した女性への愛は消えきらなかったりするんだと思います。本気で愛したなら自分から嫌いになる事も無ければ、復縁もできる場合が殆どです。
他の方も言っておられますが、男は名前をつけて保存します。
そして最悪なのが、そのフォルダたちを比較します。1番の女性が現れない限り、そりゃあもう過去に未練タラタラです。
別れても独占欲はありますから、新しい彼と歩いていたら心が痛いでしょうね。

女は、より優秀な子孫反映のために一人しか愛せません。
理屈より今の感情を重要な判断素材にします。

男は、多く子孫を残すために複数愛せます。
感情より理屈を大切にします。比較します。

このあたりの男女脳の違いだと思います。

ズバリ女は、男に未練なんて持って複数愛せたらどっちの子か解んなくなりますから、一人の男性以外は愛せないように出来ているのだと思います。
まれに、昔の彼が忘れられない…という女性がいますが、あれは男を上書き保存することが出来なかったんだと思います。数年...続きを読む

Q芯が残ったまま炊けてしまったご飯どうしましょう

水が少なすぎたのか・・・ご飯に芯が残ったまま炊けてしまいました(T▽T)
たくさん炊いたので捨てるのはもったいないので、なんとか美味しく頂きたいのですが、いい方法はあるでしょうか?
ひじきご飯を失敗してしまったのでショックですっ゜(゜´Д`゜)゜

こうしたら、普通に炊いたご飯みたいになるよ・・・なんてことはないでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

驚かれるかもしれませんが、あとこれ位お水があれば良かったなと言う水の量を、炊飯器のご飯の上から全体にまんべんなく追加します。

その後、もう一度炊飯ボタンを押してみてください。

二度炊きする焦げ焦げになると思いきや、普通に炊けますよ。
そして見事に芯は消えています。

ただし加える水分量が多すぎると、逆にベチャベチャになるのでご注意ください。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

QGmailアドレス変更方法

Gmailのアドレスを変更したいと考えているのですが、どのようにして変更すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

Gmailアドレスの変更はできません。

今使っているものと違うGmailアドレスを使いたいのならば、新規にGmailアドレスを取得してください。

そして従来のアドレスが必要ないならばそのまま放置しておけばOK。確か半年アクセスしなければそのアカウントは削除されるはずです。

なお、もし古いアドレスに配信されるメールもチェックする必要があるならば、新しいアドレスに転送設定しておきましょう。

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q太宰治の作品が賞賛される理由

太宰治の作品が賞賛される理由

よろしくお願いします。

太宰治の作品をいくつか読みましたが私は太宰作品がなぜ賞賛されるのか理解できませんでした。

読んでいて何か心に触れるものはありますが、それ以上に何だか疲れると言うか、つまらないと言うか…

私の読解力が足りないと言えばそれまでの話なのですが、太宰作品の魅力や真髄は何なのでしょうか。

「こんなところに注目すると理解が広がる」等々あれば是非とも教えて下さい。

Aベストアンサー

太宰が賞賛される理由は大きく分けて二つです。
ひとつは、自殺前後に『人間失格』を発表したから。今でもその風潮は残っていますが、自身の暗黒面を告白した小説は文壇の受けがいいのです。
もうひとつは、当時にしては技巧派だったからです。『斜陽』や『人間失格』のように破滅していく人間を巧みに描くこともできましたが、『女生徒』、『駆け込み訴へ』、『お伽草紙』など、全く違ったタイプの作品もそれぞれ高い水準で書いています。

特徴的なのは、読者の読みに対する寛容さです。どう読んでも作品が否定しない。どんな作品でも多様な読み方はできますが、太宰の作品はその幅が尋常でなく広くて、高度な読解力を駆使せずとも多様な解釈ができます。人生訓として読む人もいれば馬鹿話として読む人もおり、現実問題を考える上でも役に立ち、どう解釈しても正解だから研究対象としてももってこいで、非常に使い勝手がいい。

たとえば『人間失格』は、先に書いたように私小説的な告白小説とも読めますし、学校なんかではこの作品から人生についての何かを学ばせようとしますが、ギャグ小説ともマゾ小説とも、ゲイ小説とすら読むことも出来ますし、破滅の美学を描いた耽美的な作品とも読めます。聞いた話ですが、海外では幼児期に性的虐待を受けた子供の精神病の症例として研究されている例もあるらしい。
何ならミステリー的に読むことも出来ます。「いままでずっと仮面を被ってきた」と告白する葉蔵の手記は、そもそも信用に足るものなのでしょうか? 親にまで素顔を隠し続けてきた葉蔵が、今になって突然、見ず知らずの読者に向かって「隠してきた素顔を披露します」と言い出すこと自体、ものすごく不自然な行為です。それなのに多くの読者は、その前提を何の疑問もなく受け入れてしまう。
この手記自体が葉蔵の巧みな「お道化」だとすれば、読者は「読者」という、作品に巻き込まれることのない絶対安全な立場にいながら、たかだか作中人物に過ぎない葉蔵に騙されるという体験をしたことになります。『人間失格』を読んで共感を覚えた読者全てが葉蔵の詐術に騙された被害者だとすれば、アガサ・クリスティの大仕掛けにも劣らぬスケールの大きい話になると思いませんか(笑)

そういうわけで、太宰の作品の印象は、読者が「どう読むか」で大きく変わります。
「太宰は自分の好きなように読める」ということを念頭に置いておけば、楽しく読めるかもしれませんし、やっぱりつまらないかもしれません。
今読んで「つまらない」と思うなら、それはそれで正解なので、無理に読むことはないでしょう。

太宰が賞賛される理由は大きく分けて二つです。
ひとつは、自殺前後に『人間失格』を発表したから。今でもその風潮は残っていますが、自身の暗黒面を告白した小説は文壇の受けがいいのです。
もうひとつは、当時にしては技巧派だったからです。『斜陽』や『人間失格』のように破滅していく人間を巧みに描くこともできましたが、『女生徒』、『駆け込み訴へ』、『お伽草紙』など、全く違ったタイプの作品もそれぞれ高い水準で書いています。

特徴的なのは、読者の読みに対する寛容さです。どう読んでも作品が否定...続きを読む

Q冬が温暖で夏が涼しい日本で街はどこでしょうか?

お世話になります。

私は冬の寒さが苦手です。
愛知県に住んでいますが雪が降らなくても冬は寒く感じます。
一方、夏の暑さも苦手です。
そんな訳で、冬が温暖で夏が涼しい土地に興味があります。

世界だと、ニュージーランドとかハワイとかマレーシアのキャメロンハイランドとかオーストラリア北部あたりが私には住みやすそうですが、日本だとどこでしょうか?

案外と沖縄などの島がそんな感じがしますが、本州や四国や九州だとどこの街が一番でしょうか?

私が考えると、高知県か宮崎県や鹿児島あたりか、和歌山県とか三重県南部あたりです。

地理に詳しい人がいらっしゃると思いますので教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

愛知は関ヶ原から日本海の寒気が流れてくるので冬はわりと寒めです。

冬暖かく、夏は比較的涼しいのは、この図の南海型気候区のところで
宮崎、高知、和歌山、静岡、伊豆、三崎、房総です。
南なので冬は暖かく、夏は海に近いので、都心や内陸部ほどの猛暑になることは
少ないです。ただしここら辺は台風も多いので、それがデメリットです。
台風が弱まってくる、静岡以北が良いでしょうね。

http://www.manabi.pref.gunma.jp/sizen/gunma1/frame/f_02.html
http://www.manabi.pref.gunma.jp/sizen/image/data/data03.jpg

Q何も食べたくない時は食べなくてよい?

167cm56kgの女性です。
体脂肪率が30%ほどあり、特にお腹のぶよぶよがすごいので、現在ダイエット中です。

運動はウォーキング1時間(通勤時、数駅分を歩く)と、ビリーズブートキャンプの腹筋プログラム(30分)で、食事は、大好きな炭水化物を極力控え、腹八分を心がける程度の制限です。

最初は常にお腹がグーグー鳴っていて空腹との戦いだったのですが、ダイエットを始めて2週間ぐらい経った今、胃が小さくなったのか、制限した量のご飯も入らなくなり、それどころか、お腹がまったく空かないことも増えてきました。

お腹が空かないので1日、固形物をほぼ何も食べないこともあります。

リバウンドが怖いので出来れば「食べないダイエット」はしたくないのですが、とにかく今は何も食べる気がしなくて・・・

そういう時は、何も食べなくてもよいのでしょうか?それとも、無理やりにでも何か口にしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、実は太っている人だけなんじゃないか、と感じ始めます。

逆に一日二食で過ごすと身体の調子がよくなることもあります。最近では「朝食を抜きなさい」のような健康法とか「一日一食健康法」のようなものがあり、関連書籍まで出ていますが、何も特別なことはない。要は一日三食というのは肉体労働者や職業アスリートではない普通の大人にとって食べ過ぎなんです。

ということで、お腹が空かなきゃ食べなくて全く問題ないですし、お腹が空かないのに無理に食べるのはむしろ健康によくないことです。

ちなみにですが、炭水化物を控えるとお腹は空きづらくなります。お腹が空く=空腹信号が発せられる、ということですが、これは血糖値の変動に密接に関係しているからです。食物を通じて炭水化物(糖質)を摂ると、直後に血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管がぼろぼろになるので、それを避けるためにあなたの身体は血糖値をすぐに下げようとしてインスリンというホルモンを大量に分泌します。その結果、今度は血糖値が急下降するのです。

血糖値の急下降を代謝中枢が検出すると、エネルギー不足に陥ったと勘違いして空腹信号が発生られ、「お腹が空いた~」という感じます。炭水化物を食べないと、この血糖値の急上昇・急下降が抑えられますから、空腹をあまり感じなくなるということです。こういうところも、炭水化物を食べないダイエット法は理にかなった(楽に痩せられる)ダイエット法である一つの理由です。

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報