先日、友人からある相談を受けました。相談の内容は、『友人の会社で生産している、プラスチック容器中に妙な金属片が入っていてクレームが付いたのだが、この金属片の正体は何?』というものでした。
 会社側は、すぐに金属片の分析を依頼し、しばらくして分析結果が届いたそうなのですが、その内容を見て更に困惑してしまったそうです。
 分析の結果はこうでした。

---
4.結果
 図1に破片の光学顕微鏡写真を示した。
 破片は黒色で、延性があり刃物で容易に切れるぐらいの硬さであった。
 次に、破片をサンプリングしXMAの測定を行った。破片からはC、O、CL、Fe(原子番号順)が検出された。各元素の判定量結果は下表の通りであった(ただし、測定場所により若干、値に変動あり)。

元素 分析線 重量%
C   K  37.08
O   K  30.68
Cl  K   1.42
Fe  K  30.82
---

 顕微鏡写真は見せてもらえませんでしたが、スペクトルを見る限り、大はずれではないと私は判断しました。

 これと同じような金属片が容器製造の機械からも発見されているとの事だったので、私は摩擦部から削り落ちた鉄粉が油かなにかで凝り固まったものじゃないかと思うのですが、実際に金属片を見ているわけではないので、なんとも言えませんでした。

 もし、このような組成の物質(おそらく金属)をご存知の方がいらっしゃれば回答をしていただきたいと思います。

 どうか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接の回答にはならないですが、光沢のある金属片であれば、X線回折法にて


結晶構造解析を行い、物質同定を行ってみてはいかがでしょうか?

あと、磁石につくかどうかも試してみるといいと思います。
大体の予測がつきます。

分析に出す際に、分析方法の指定ではなく、
”この物質は何であるのか?同定してくれ!”といった依頼内容で出せば、
多少金額高くつくかもしれませんが、
無機系の分析会社なら、正しい答えをだしてくれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 nano1224さん、回答ありがとうございました。

 磁石を使うというのは思いつきませんでした。やっぱり、身近な方法で絞り込めるに越したことはないですからね。(磁性の有無でどう限定できるのかの知識が必要ですが…)あと、X線回折の依頼については、会社側に提案してみるように言っておきました。

 情報提供ありがとうございました。大変助かりました。

お礼日時:2001/03/12 18:33

 答えにならないと思いますが


 C:O:Fe=37/12:31/16:31/56
       ≒11:7:2
 で、Fe2C11O7 なる化合物は??です。
 考えられるのは Fe2(CO)3 または FeCO3 の生成と混在
 残りのCは黒鉛状態、塩素は微量
 鋼鉄の欠けに油滴やプラスチックスなどの有機物が、やや高温やや高圧下
 で、このような混合物をつくったのかと考えられます。
 展性・柔らかいは「黒鉛」由来でしょう。
 炭素成分が多いので、炭化鉄+酸化鉄の可能性もありますが?展性や
 硬さからは?
 黒鉛の生成条件はかなり難しいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。

 お礼が遅くなって申し訳ありません。

 これは言い訳になってしまいますが、2月の終わりごろに(日付は覚えていないのですが…)一度お礼を書いたものの、処理を途中で終わらせてしまっていたために、お礼が書き込まれなかったらしく、今日ページを確認して、「これはイカン」と思い、再びお礼を書かせて頂いています。

 やはり有機物がらみですか…友人も同様な結論に達したようで、「成型加工用の樹脂が、摩擦部から出てきた鉄粉を含み固まったものではないか」と報告したようです。

 doragon-2さん、貴重なアドバイスありがとうございました。
 
 

お礼日時:2001/03/12 18:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYouTubeから動画をダウンロードする方法を教えてください。

4月1日に、YouTubeが変わりました。

それから、サファリから、HDのQUICKTIMEの動画がダウンロードできなくなりました。

当方Macです。

もうサファリからは、ダウンロードできないのでしょうか?

サファリからダウンロードする方法があるのでしょうか?

別の方法しかないのでしょうか?

ダウンロードの方法を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
こういったタイプのものは、Safariにこだわらない方が・・・
Firefox+downloadhelperのほうが楽だと思いますよ。

参考URL:http://www.downloadhelper.net/

Q金属元素と非金属元素の結合は必ずイオン結合になりますか?

金属元素と非金属元素の結合は必ずイオン結合になりますか?

Aベストアンサー

いいえ。
何事にも、原則と例外というものがあります。

白と黒というのははっきりと区別ができますが、「灰色」は白と黒どちらに分類したらよいでしょう。灰色の度合いにもよりますよね。
また、イオン結合と共有結合との差というのはこのようなもので、「実際の原子間の結合」は灰色なのです。その灰色の度合いが白に寄っているのか黒に寄っているのかです。

代表的な金属―非金属間の結合はイオン結合だと言えます。
金属の中でも金属らしい性質を持った陽性の高い元素と、
非金属の中でも非金属らしい性質を持った陰性の高い元素とのあいだの結合のばあいです。

しかし、陽性があまり高くない金属―非金属の結合のばあい、共有結合的な性質を帯びてきます。
たとえば塩化亜鉛の低い融点は共有結合的な性質の表れだと見られます。

このほかにも、配位結合という共有結合の一種で分子を作る金属もあります。
Ni(CO)4やFe(CO)5がありますし、錯イオンでは[Fe(CN)6]^2+(や3+)などがあります。

Q重すぎるaviのダウンロード方法

こんにちは。

私のコンピューターはibookです。
インターネットで700MBほどの動画をダウンロードしたいのですが、ダウンロードの時間が24時間以上かかってしまいます。なにか早くダウンロードする方法はあるでしょうか?
もうひとつ、CDにファイルを入れながらダウンロードする方法は、可能?この方法でパソコンの負担を減らす事になりますか?

Divxというソフトは、入ってます。が、使い方は、詳しくは分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SpeedDownloadやiGetterを使えばある程度早くダウンロードできます。

http://www.igetter.net/iGetter.html

>CDにファイルを入れながらダウンロードする方法は、可能?

無理です。
一度ハードディスクに保存してからになります。

参考URL:http://www.yazsoft.com/

Q12族元素を遷移金属と区別し典型元素にいれることがある根拠って何ですか

12族元素を遷移金属と区別し典型元素にいれることがある根拠って何ですか??

Aベストアンサー

12族元素は遷移金属の性質は示さず、典型元素の金属としての性質を示すので。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC12%E6%97%8F%E5%85%83%E7%B4%A0

Qyoutubeユーチューブのダウンロード方法

youtubeユーチューブのダウンロード方法

youtubeのダウンロードが最近出来なくなってしまいました。
皆さんはどうやってyoutubeの動画を保存しているのか教えてください。

パソコンはよく判らないので、簡単なダウンロード方法がいいです。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

youtubwを簡単にダウンロードできるので、sonyyoutubeを使っています。

youtubeのアドレスを入力して、BROWSEボタンを押すと
動画アドレスが出てきますよ。
他の動画サイトにもほとんど対応しているので、とりあえずアドレスを
入力してみると保存できるかもしれません。

http://www.sonyyoutube.com/

http://www.sonyyoutube.com/

Q金属元素は液化・固化しても金属性がありますか。

液体、固体になると、金属結合が無くなって金属製を失いますでしょうか。

Aベストアンサー

「では、金属結合の定義は如何なるものでしょうか」という質問が出るのは、教科書を開きもせずに質問をしているからでしょうか。あるいは、教科書以上に正確な定義がこんな場所で聞けると期待してのことでしょうか。回答する側としては落胆を覚えるような質問だと思います。苦言を申し上げて恐縮ですが、回答する代わりに言わせてください。

金属結合は、共有結合のように二つの原子が互いの電子を共有することでがっちり結びつきあう、といった性質のものではありません。原子が集団になった結果、最外殻電子が原子と原子の間の空間を自由電子として動き回れるようになることで、金属性が発現します。こういう自由電子を持っている場合、原子集団は金属結合を持っていることになります。
この原子と原子の距離の近さが保たれていれば自由電子が存在しますので、目に見えるモノとしての金属が、延べ棒みたいに固体であろうと、水銀みたいに液体であろうと、どちらでも金属になります。液体金属の場合、特定の二原子だけに注目すれば、その原子同士が設置ていた状態から大きく離れることはあると思いますが、これをもって金属結合が切れたとは言いません。近くにいる原子のペアが入れ代わり立ち代わりしようとも、集団として、原子同士が近距離にいる状態は保たれるので、この場合金属結合はずっと存在してます。
そして原子と原子の距離が離れれば、原子と原子の間の海を泳ぐ電子というのが存在できなくなるので、気体の金属、というものは原理的にありえません。

「では、金属結合の定義は如何なるものでしょうか」という質問が出るのは、教科書を開きもせずに質問をしているからでしょうか。あるいは、教科書以上に正確な定義がこんな場所で聞けると期待してのことでしょうか。回答する側としては落胆を覚えるような質問だと思います。苦言を申し上げて恐縮ですが、回答する代わりに言わせてください。

金属結合は、共有結合のように二つの原子が互いの電子を共有することでがっちり結びつきあう、といった性質のものではありません。原子が集団になった結果、最外殻電子が...続きを読む

Qttp://atrain.hp・・・のダウンロード方法

ttp://ux.getuploader.com/nicotetsu2/download/39/crypt_uncrypt.lzh
というものをダウンロードしたいのですが、その方法がさっぱり分かりません。ある説明を見ても、「コピペしてダウンロード」と書いてあるだけで肝心なダウンロード方法が抜かされていて分かりません。
どなたかダウンロード方法を教えていただけないでしょうか?だいぶ初歩的なところから教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

先頭にhを含めてブラウザのアドレス欄にコピペしてエンター押せばそのURLに飛びます。
そのページに「ダウンロード」というボタンがあるのでクリックすると保存先を指定してダウンロードが始まるはず。

Q金属結合している金属元素はみんな陽イオン?

「金属は、金属元素の原子が多数結合してできている。このとき、各原子の価電子は特定の原子に固定されず結晶中のすべて原子上に広がって分布している」と教科書に書いていて、その横に

http://kminami373.hp.infoseek.co.jp/webkagaku/1menu/kinzokuketugo.htm

にあるような、陽イオンが規則正しく並んだ周りに電子が飛び回っているようなイラストがあります。

そこで思ったのですが、ある金属があるときその金属内の電子の数は変わることはありません。だとしたらすべてが正(+)に偏ることはなく、どこかに負(-)の金属イオンができるのではないでしょうか?それとも電子は最外殻を移動せず、金属元素の小さな隙間に存在しているということでしょうか?

Aベストアンサー

マクロ、原子の数nを無限大に発散させた状態、でみると既にあるとおりです。

ところが、多少の不純物が混ざってきて、一部分に電子の数が合わないとか、原子環距離が多少異なるとか、というばあいには、「共有した巨大な電子雲」のほかに「共有したエネルギー順位の異なる電子雲」ができます。

これが、金属の切断面のような「界面」を考えないマクロな考え方です。

次の考え方として、
「界面」だけしか考えない。内部はどうなっていようとも、均一な状態であり、反応には影響しない。
という考え方があります。すると、片側は金属結合であり、片側が非結合状態で電子雲が剥き出しのような状態になります。真空状態で付近にナにもぶしつが存在しないのであれば、電子は適当に動いていますので、温度がある程度高温ならば、どこかに飛び出して行くでしょう。すると、ある瞬間だけは、電子が欠落した原子が界面付近に生成します。次の瞬間にはとなりから電子が移動してきて均一になってしまうでしょう(金属隗全体の電子が1個失われる。静電気が発生したことと同じ)。
界面反応として変な反応をしている場合もあります。

ただし、「金属結合」として言われている概念は、原子の数が無限大として近似できるような状態ですので、既にあるとおりです。

マクロ、原子の数nを無限大に発散させた状態、でみると既にあるとおりです。

ところが、多少の不純物が混ざってきて、一部分に電子の数が合わないとか、原子環距離が多少異なるとか、というばあいには、「共有した巨大な電子雲」のほかに「共有したエネルギー順位の異なる電子雲」ができます。

これが、金属の切断面のような「界面」を考えないマクロな考え方です。

次の考え方として、
「界面」だけしか考えない。内部はどうなっていようとも、均一な状態であり、反応には影響しない。
という考え方が...続きを読む

Qi Tunesストアで倉木麻衣さんののPVを購入してダウンロードする方法

i Tunesストアで倉木麻衣さんののPVを購入してダウンロードしたいのですが、公式サイトの説明では購入方法がいまいち分かりません。PVのダウンロード方法、代金の支払い方法を教えてください。初心者でも分かるように購入する手順も教えてください。また、ダウンロードされるPVのファイル形式を教えてください(FLVとかMPEGとか)。それと、i TunesストアでダウンロードしたPVはi-Podでしか見れないのでしょうか。映像用DVD化できないのでしょうか。初心者なので基本的な質問ですみません。

Aベストアンサー

>PVのダウンロード方法

iTunes Storeに表示される購入ボタンを押すだけです。悩む様な所はありません。

>代金の支払い方法を教えてください

クレジット決済かプリペイドカードになります。クレジットの場合には購入ボタンを押すと勝手にいろいろ聞いてきますので入力していれば良いだけ。
プリペイドカード(大手電気店や通販などで販売しています)の場合には、iTunes Storeを開くと右上の「クイックリンク」に「コードを使う」がありますのでそこから手続きをすませた上で購入ボタンを押せば良い。

>PVのファイル形式を教えてください

m4v(DRM付きのMPEG4形式)です。

>i-Podでしか見れないのでしょうか

ポータブルデバイスという意味ではiPodシリーズのみですね。

>映像用DVD化できないのでしょうか

出来ません。

Q超々初歩的質問 元素記号 顕微鏡でその形を見れますか?

忙しい中失礼します。
知ることが出来るなら知りたい、と思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Salt-cristalls.jpg
にある塩化ナトリウムNaClの四角部(1つの粒)を何万倍も拡大出来る顕微鏡を通して見た場合、最終的に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90
の例にある「原子模型」のような形状を見ることは出来るのでしょうか?
塩化ナトリウムNaClのコピー元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

中学生の頃からの疑問で先生に聞かなかった私も私ですが、知りたいことが出来れば知りたい、と思っています。

’例え’は何でもいいです。水素’H’を拡大して見た場合、核に原子があり、その周りに1つの電子が存在している、といった画像を見ることが出来るのですか? 先程も述べた「原子模型」のような形で・・・
一体全体、最終的にはどんな形をしているのでしょうか?

そういう写真なり画像を載せているウェブサイト等あればご紹介願います。

以上ご精(静)読ありがとうございました。

忙しい中失礼します。
知ることが出来るなら知りたい、と思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Salt-cristalls.jpg
にある塩化ナトリウムNaClの四角部(1つの粒)を何万倍も拡大出来る顕微鏡を通して見た場合、最終的に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90
の例にある「原子模型」のような形状を見ることは出来るのでしょうか?
塩化ナトリウムNaClのコピー元
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%8C%96%E3%83%8A%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

中学...続きを読む

Aベストアンサー

走査トンネル顕微鏡 (STM) と原子間力顕微鏡 (AFM) ができたことで,かなりいろんなものを原子レベルの解像度で観察できるようになってはきました.
たとえば,こちら
http://www.almaden.ibm.com/vis/stm/atomo.html
STM は IBM の研究者が開発した手法だけに,この "Gallery" にはおもしろい画像が満載ですが,中でも "The Beginning" と題された画像は有名です.これはニッケルの表面にキセノン原子をばらまき,さらにそれを一粒ずつ動かして文字の形に並べた,「直接的原子操作」の,まさに The Beginning を示すものです.Nature の表紙にも載りました.
ということで,原子一粒を可視化することは,なんとかできるのです.問題はその先.
原子の中,原子核の回りを電子が,というような画像は得られるのかというと,これは原理的に得られません.電子は原子内で粒として存在しているわけではないというのが最大の理由です.このくらいの領域では,粒子と波動の境目はなく,電子自体の「大きさ」も定義のしようがありません.
上で紹介した IBM の Gallery には電子を可視化した画像もありますが,それは粒としての電子ではなく波としての電子,しかも集団としての挙動が可視化されているだけです.これは機械の性能のために一粒ずつが見えないのではなく,原理的に「粒」の概念自体がもう成立していないからなのです.

走査トンネル顕微鏡 (STM) と原子間力顕微鏡 (AFM) ができたことで,かなりいろんなものを原子レベルの解像度で観察できるようになってはきました.
たとえば,こちら
http://www.almaden.ibm.com/vis/stm/atomo.html
STM は IBM の研究者が開発した手法だけに,この "Gallery" にはおもしろい画像が満載ですが,中でも "The Beginning" と題された画像は有名です.これはニッケルの表面にキセノン原子をばらまき,さらにそれを一粒ずつ動かして文字の形に並べた,「直接的原子操作」の,まさに The Beginning ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報