『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

昨日のテストでは200周走行し、トップタイムだったそうです。
このまま加入できると思いますか。
それともセバスチャン・サトウに改名したら鉄板ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

参考までにバルセロナの結果を見てみると



<初日>
1. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.763(+0.000) - 121周
2. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:21.071(+0.308) - 117周
8. セバスチャン・ローブ - レッドブル・ルノーRB4 - 1:22.503(+1.740) - 82周

<2日目>
1. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.751(+0.000) - 70周
2. 佐藤琢磨 - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.017(+0.266) - 79周
3. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.034(+0.283) - 48周
4. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.223(+0.472) - 99周

<最終日>
1. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB4 - 1:19.295(+0.000) - 75周
2. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:19.839(+0.544) - 122周
3. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR3 - 1:20.154(+0.859) - 115周

とりあえずレッドブルとトロロッソのデータだけ挙げてみました。
3日間走ったブエミのタイムを基準にまとめてみると

       ブエミ      琢磨      ブルデー
初日    1:21.071    -0.308
2日目   1:20.223    -0.206     -0.189 
最終日   1:20.154              -0.315

なお、トロロッソの今回のテストを担当したドライバーは

       初日       2日目       最終日
ブエミ  -----------------→
琢磨   -------→
ブルデー              --------→

ということから、今回のトロロッソのテストの目的は
・既にテスト前からトロロッソ入り濃厚と言われてきたブエミの実力を見たかった
・琢磨orブルデー、どちらを採用するか走りを見てみた
この2点といっていいでしょう。
他のチームには仮09年型を導入して走ってるところがいる中、08年モデルで大差をつけて走ってるわけですから、マシン開発の一貫とは言えないでしょうし。
また、そもそも琢磨をトロロッソに入れた理由は
・来年はベテラン&若手のコンビで行きたい
・日本のレッドブルPRのため
この2つの条件を満たしたからと言われています。
今回のテスト結果にしても、過去の経験にしても琢磨が上を行ってますから日本人の我々からすると是非琢磨を入れてあげたい!!
と思うところですが、昨年後半やはり特にチームの状況が良くなったこともあるのでその流れで行くためにブルデーのままにするか・・・。
まぁ、トップの判断なので何とも言えませんね。
50:50くらいじゃないですか?
12月のへレスでまた琢磨を乗せるかどうかは分かりませんが、もしまた乗るチャンスがあったらそこで頑張ってアピールしたいところですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん回答ありがとうございました。
琢磨には是非トロロッソ加入が実現して来期の活躍を期待したいです。
実力は文句なしですがF1は政治的要素があるので心配です。
もし実現したら、2度の浪人からの復活なのですごいですね。

お礼日時:2008/11/21 17:02

確かに、セバスチャン・サトウに改名したら鉄板です(笑)


しかし、そんなことは有り得ないので、難しいんですよねぇ。

琢磨は6年以上もF1の現場で戦っています。
そんな彼を起用すれば、ある程度の走りをしてくれることは間違いありません。
しかし、チームとしてはそんなことは関係ないのです。

ここで簡単にレッドブル育ちのブエミの起用を諦めてしまったら、チーム自身の育成プログラムのレベルが低いことを認めてしまうことになってしまいます。
また、傍からはわからない、ブエミとレッドブル幹部の人間関係もあるでしょう。

このトロロッソというチームの一番難しいとこは、スポーティングディレクター(事実上の監督)と、オーナーが違うというところにあります。
ベルガーが経験のあるベテランを使いたいと言っても、マテシツオーナーも同じ意見だとは限りません。
オーナーという立場上、育成プログラムで育てたブエミを軸に考えたいと思うのも理解できます。

とりあえずはブエミと琢磨のコンビになるのではないでしょうか。
来シーズンから予算の減るトロロッソのことなので、無一文のボーデを起用する可能性は少なそうです。

個人的には、まだまだブエミはF1で成功するレベルには至っていないと思います。
F3でもGP2でも時折見せる速さはありましたが、かなりムラがありました。
そういう観点から言えば、ボーデに部はありますが。

すべてはマテシツオーナーの気分次第と言ったところでしょう。
    • good
    • 0

ウィンターテストは、いろいろな条件でテストしているので、トップタイムだから加入できるとは限らないですね。


いろいろなセットアップを試したり、燃料を多く積んでロングランしたり、条件は様々です。
しかもトロロッソは今季型の空力パッケージで臨み、他のチームは来季のパーツを取り入れたりしています。
来季は空力パーツが制限されるため、今年のマシンよりも性能が落ちるでしょう。
その中で今季マシンでトップタイムですから、他のチームと比較できず、トロロッソのトップタイムがシートを安泰にするものではないので、何とも言えないですね。
ただ、唯一の救いは、トロロッソの他のドライバーよりも速かったことです。
これを汲んでくれればいいですが・・・
世界不況で、スポンサーの持ち込みもない琢磨ですから、金銭面では厳しいかもしれませんね。
チームとしても、イタリアのチームに日本人が乗るメリットがあるかどうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング