単純な例で示しますので、判断してください。
(問題)ある溶液のNa濃度を分析したら、23g/l(溶液1Lに、23g溶解)でした。このとき、硫酸ナトリウム(無水塩、Na2SO4)濃度として換算してください。(Na2SO4の分子量:142、Na:23、S:32、O:16)
答:A 
  23÷((23×2)÷142) ≒ 71 g/l
 分析値÷( Na×2÷Na2SO4)≒Na2SO4換算値
 (理由)Na2SO4の分子中にNaは2つあるため、その含有率から換算する。
     23g/lは、トータルNa濃度だから、Naが2つと考えるべきだ。
答:B
  23÷(23×÷142) ≒ 142 g/l
 分析値÷( Na÷Na2SO4)≒Na2SO4換算値
 (理由)Naの分析値は、Na単独で存在している。だから、分析値の換算に置
     いてもNaは1つとして計算する。Naが2つと考えるのはおかしい。

このような2つの考えが対立しており、両者が譲りません。私は、Aの答えを支持しているのですが、納得いく説明方法はないでしょうか?
高校の化学の知識で十分と思うのですが、その程度で判るように教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

na 意味」に関するQ&A: 「NA」の意味について

A 回答 (3件)

 ふたつともだめなのですか、、、はーー、困りましたね。

Na が二個のところが問題なのですね、、

 では、こうしましょう。「絵」を書きましょう。ビーカーの絵を書いて、中に Na を○として数個(偶数)書きます。別途横にリファレンスとして Na2SO4 を○○□として書いておきます。(SO4 が□です。)で、問題を以下のようにかえます。

 「ビーカーの中の○の数を数えると XX 個でした。この○が「○○□」由来だとすると「○○□」は何個必要でしょうか。」

 これだったらわかるでしょう。これで Na 二個の意味を視覚的に分かってもらえれば、後はモルの概念に置き換えるだけで、大丈夫!!

 いかがでしょう?だめ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度御教授ありがとうございます。
実は、メールを頂く前に自分で「お絵かき説明」をしてみました。
相手には失礼かもしれなかったですが、無事解決?した様子です。
ビジュアルでの説明は、説得力があったようです!!

お礼日時:2001/02/28 23:38

下でmasa1000rxさんが答えられているので良いと思います。


高校でモル数と分子量、質量の関係は習うはずですので
モル数を考えた場合の回答を。

まず1モルのNa2SO4は2モルのNaが1モルのSO4と結合しています。
つまりNaSO4のモル数=SO4のモル数=1/2×Naのモル数
書くまでもないでしょうが
分子量×モル数=質量(g)

ここで23g/lですから
これは1モル/Lと置き換えられます。
さらに上で書いた関係からNaSO4のモル数は0.5モル/Lとなり、
これに分子量をかければ答えは 71g/Lとなります。

これでいかがでしょうか。

ちなみにBの考えの間違っているところは
Naが単独で存在していると考えた場合、元がNa2SO4なので
1つの硫酸ナトリウムから2つのナトリウム分子が生成されるということを
考えてない点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
Bの考え方が間違っているのは「1つの硫酸ナトリウムから2つのナトリウムが生成されるということを考えてない」事なのですが、それを納得させることができないのです・・・・。  他にも、同様の計算が・・・・。  ちなみに、この様な計算が半分日常的な仕事をしています。

お礼日時:2001/02/27 22:40

 邪道ですが、逆から考えればいいのでは。



 一分子の Na2SO4 は、二分子の Na+ と一分子の SO4(2-) でできています。質量比になおすと、Na+ の 23 x 2個 = 46 に対して、SO4(2-) は {32 + (16 x 4)} x 1個 = 96 です。

 すなわち、A)の 71 g のNa2SO4 は、23 g の Na+ と 48 g の SO4(2-) 、b)の142 g の Na2SO4 は、46 g のNa+ と 96 g の SO4(2-) からできています。

 だから答えはAです。(Bだと Na+ が倍になるでしょう?)

 いかがですか?(最近は高校ではモルとかは習わないのでしたっけ?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返答ありがとうございます。
この問題は、ある先輩とのやりとりから発生しました。先輩は、理系大卒後20年以上のベテランです。頂いた回答のような説明をしても、なかなか納得しません。
これだ!!という納得させる方法はないでしょうか?  
さらに、他に問題が発生中・・硼砂の中の硼素の考え方でも、もめています。

お礼日時:2001/02/27 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QH2SO4と、NaOHの反応

H2SO4と、NaOHの反応では、
H2SO4 + NaOH →Na2SO4 + 2H2O
となるようですが、
なぜ、
H2SO4 + NaOH →NaHSO4 + H2O
とは反応しないのでしょうか。

高校化学の範囲でよろしくお願いします。

Aベストアンサー

H2SO4 + NaOH →NaHSO4 + H2O

はいいですが、

NaHSO4はまだ酸性ですから NaOHを加えると

反応して、

NaHSO4 + NaOH →Na2SO4 + H2O

結局、

H2SO4 + 2NaOH →Na2SO4 + 2H2O

となります。

QNaClのmg/dlからNaのmEq/lに換算するには?

臨床検査技師の国試の問題集を解いているのですが、解答を見てもいまいちよく分かりません!どちらかというと数学(算数?)の問題かもしれませんが、どなたか下の解答よりも分かりやすく説明して下さる方、いらっしゃいましたらどうかお教えください・・・。

 「NaClのmg/dlからNaのmEq/lに換算するには次のどの式を用いればよいか(ただし、Naの原子量は23、Clは35.5)」
 (1)mEq/l=mg/dl×(10/35.5)
 (2)mEq/l=mg/dl×(10/58.5)
 (3)mEq/l=mg/dl×(10/23)
 (4)mEq/l=mg/dl×(10×23/58.5)
 (5)mEq/l=mg/dl×(10×35.5/58.5)
[解答]
 (2)が正解。
 1mEqのNaClは(23+35.5)/1 /mgである。
 1mEq=(58.5/1)×(1/10)mg/dlなので、
 換算の際には(10×23)/(58.5×23)=10/58.5を掛ける。

Aベストアンサー

こんにちは。

NaClの分子量は58.5ですから、
1モルに付き、58.5グラムです。
つまり、
(NaClが)1mol = (NaClが)58.5g
です。
よって、
(NaClが)1g = (NaClが)1/58.5 mol
です。

また、
NaClにはNaが1個で、かつ、Naの原子価は1なので、
(NaClが)1mol/L → (Naが)1mol/L
 = (Naが)1Eq/L÷1 = (Naが)1Eq/L
です。

では本番。

【スタート】
NaClがAmg/dL(1デシリットルにつきAmg)ということは、
1リットル中には、10倍のNaClがありますので、
Amg/dL → 10Amg/L

mgをgに直すと、
10Amg/L → 0.01Ag/L

(NaClが)1g = (NaClが)1/58.5 mol でしたから、
0.01Ag/L → 0.01A/58.5 mol/L

Na 1mol/L は、Na 1Eq/L でしたから、
0.01A/58.5 mol/L →(そのまんま)0.01A/58.5 Eq/L

1Eq=1000mEq なので、
0.01A/58.5 Eq/L = 1000×0.01A/58.5 mEq/L
 = A×10/58.5 mEq/L
【ゴール】


以上で示したスタートとゴールを直結して見比べると、
Amg/dL → A×10/58.5 mEq/L

というわけで、
A[mg/dL]に10/58.5をかければ、mEq/L になることがわかりました。

こんにちは。

NaClの分子量は58.5ですから、
1モルに付き、58.5グラムです。
つまり、
(NaClが)1mol = (NaClが)58.5g
です。
よって、
(NaClが)1g = (NaClが)1/58.5 mol
です。

また、
NaClにはNaが1個で、かつ、Naの原子価は1なので、
(NaClが)1mol/L → (Naが)1mol/L
 = (Naが)1Eq/L÷1 = (Naが)1Eq/L
です。

では本番。

【スタート】
NaClがAmg/dL(1デシリット...続きを読む

Q化学です水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されな

化学です
水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

Aベストアンサー

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして分解する時にNA2とSO4のイオンが電気分解されない理由ってなんですか?

「イオンが電気分解される」の意味が不明なので回答不能。
「電極にNaとSO4が発生する」ならわかります。


質問の主旨ですが、「電極に(水素と酸素ではなく)NaとSO4が発生しない理由」でよいのでしょうか。

回答:水素と酸素よりNaとSO4の方が「イオン化傾向」が高い(イオンになりやすい)からです。

陰極から出た電子は、よりイオンに成りにくい方と結合します。
この場合は水素イオン(+)と結合し「水素(気体)」となります。

同じ理由で、陽極にはOH(陰イオン)の電子が入り、その結果イオンでなくなる為に、水素と酸素の気体に分離します。

NaとSO4で同じ事が起こっても、よりイオン化傾向が高い水素とOHとの間で電子の移動が起こるので、イオンのままであり続けます。



ところで、他の質問から、質問者様は高校生だと思いますが、中学で「イオン化傾向」は習わなかったのでしょうか。(私の場合はそうでしたし、暗記もしています)

「電気エネルギー」などというものは存在しない。
そもそも「エネルギー」自体が抽象概念であり、存在するものではない。

この場合、必要があろうとなかろうと「電界」は溶液中に等しくかかっている。
だいたい、必要に応じて選択的にかけられるわけでもない。(今の科学では)
質問の主旨は、それなのに、何故水素と酸素だけが発生するのかということだと思います。


>化学です

わかっているなら「化学」で聞け。

【化学】
http://oshiete.goo.ne.jp/category/389/



>水の電気分解で水にNA2SO4を溶かして...続きを読む

Qある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na

ある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)溶液の20mlと当量であって、かつ、ある濃度の亜ヒ酸ナトリウム(NaAsO2)溶液の80mlと当量である。この亜ヒ酸ナトリウム溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。という問題に関して質問です。

解説には、I2(1mol)=Na2S2O3(2mol)というところはわかるのですが、
亜ヒ酸ナトリウムのモル濃度をx(mol/L)とすると、
x*80=0.1*10の意味がわかりません。
これって単位が合わないので計算がかわるのではないのですか?

これは何を意味しているのでしょう?

Aベストアンサー

No.1ですが間違えてました

ヨウ素のモル濃度が不明でチオ硫酸ナトリウムのモル濃度が0.1mol/Lですね。
なので
誤:ヨウ素のモル濃度が0.1mol/Lであり、この溶液10mLとあるモル濃度のチオ硫酸ナトリウムが~

正:ある濃度のヨウ素10mLとモル濃度0.1mol/Lのチオ硫酸ナトリウムが~

です。
申し訳ありません。

QH2SO4→(SO2^2+) + 2OH^-?

なぜこうではなく、H2SO4→(2H^+) + SO4^2-となるのでしょうか?初学なのでよく分かりません。すみませんが、教えていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白い発想だと思います。

H2SO4の構造はご存知ですか?
Sを中心に(=O)が2つと(-OH)が2つ結合しています。ここからOH-が脱離して、SO2^2+が生成する。反応式的には可能です。

OH-は安定なので何の問題もないです。SO2^2+も八電子則を満たしています。ただ、17属のSがカチオン状態(しかも二価)というのはエネルギー的に不安定です。

僕は、H2SO4→(SO2^2+) + 2OH^-が起こらないとは思いません。ポイントはこの反応が可逆的に進行するということ。つまり、平衡が圧倒的に左に偏っているのでこの反応が起こっていないように見えるのかもしれませんね。
付け加えると、H2SO4→(2H^+) + SO4^2-も可逆的に進行し、圧倒的に右に偏っています。2つの反応が競争するとSO2^2+の生成は限りなく0に近いです。


こうではなく、こう!は化学では禁物ですよ。
いろんなことが起こるから化学は楽しいですね。

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。

Q化学基礎の質問です。 H2SO4(硫酸)はなぜ二価になるのですか?

化学基礎の質問です。
H2SO4(硫酸)はなぜ二価になるのですか?

Aベストアンサー

酸と塩基の反応において、
硫酸H2SO4は下の式のように解離します
H2SO4 → 2H+ + (SO4)2+

で酸塩基の反応で水素イオンH+を供受できる数を価数といい、
硫酸H2SO4の場合、水素イオンH+を2つ他に与えることが出来るので2価となります。

価数は酸塩基反応や酸化還元反応、イオンや化学当量でも使う言葉でその時々で、微妙に使い方が違うので注意が必要です。
硫酸の場合、理屈を覚えるよりも化学式から水素イオンが2つあるから2価と覚えたほうが良いと思います。

QL-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用など

L-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用などについて
化学系詳しくないので教えてください。

水1lにL-アスコルビン酸Na120gと酢酸Na(無水)160gを加え、80℃位まで加熱したとき、
温かい状態では完全溶解しているのですが、4℃程度に冷却・保管して2~3日すると成分が析出してしまいます。
どうして冷却後数日してから析出してしまうのでしょうか? また、pHもアルカリ性にならず、6.5~7.0の中性になってしまいます。
アスコルビン酸Naと酢酸Naが水溶液中にて緩衝作用を起こしているがだと思いますが、詳しくないので良くわかりません。
どちらかの添加量を減らさなければ駄目な場合、どちらの成分をどの位減らせば析出はなくなりますか?

また、L-アスコルビン酸Naの量はそのままで、酢酸Naだけクエン酸Na(クエン酸三Na)に同量で置き換えたら
成分の析出はなくなるのでしょうか? また、pHはアルカリ側になるのでしょうか?

酢酸Naの塩基解離定数pKb=9.25 分子量: 82.04 水への溶解度:76%
L-アスコルビン酸ナトリウムの分子量:198.11 水への溶解度:38%
(解離定数わかりません。酸解離定数 pKa 4.17(1段階)11.6(2段階)です)
クエン酸Na(クエン酸三Na)の分子量:294.1 水への溶解度:42%
(解離定数わかりません。ちなみにクエン酸のpKa=3.13、4.76、6.40です)

化学系詳しい方、何卒教えてください。 宜しくお願い致します。

L-アスコルビン酸Naと酢酸Naを添加した水溶液の溶解度・緩衝作用などについて
化学系詳しくないので教えてください。

水1lにL-アスコルビン酸Na120gと酢酸Na(無水)160gを加え、80℃位まで加熱したとき、
温かい状態では完全溶解しているのですが、4℃程度に冷却・保管して2~3日すると成分が析出してしまいます。
どうして冷却後数日してから析出してしまうのでしょうか? また、pHもアルカリ性にならず、6.5~7.0の中性になってしまいます。
アスコルビン酸Naと酢酸Naが水溶液中にて緩衝作用を起こしてい...続きを読む

Aベストアンサー

アスコルビン酸Naと酢酸Naが溶けているなら、アルカリ性になるはずです。
アスコルビン酸や酢酸が混在していませんか?

時間が経ってから結晶が析出する現象についてですが、過飽和が関与している可能性が有ります。
ものを扱ったことが無いので、はっきりとしたことは言えませんが。
析出する結晶が気になるなら、ろ過するなどで回避はできませんか?

Q化学ですこの全体の反応の2H2SO4とは液体ではなく固体なのでしょうか理由もお願いします

化学です
この全体の反応の2H2SO4とは
液体ではなく固体なのでしょうか
理由もお願いします

Aベストアンサー

H2SO4に固体、気体は存在しません。
水溶液中でのみ安定化される物質です。

この反応は鉛蓄電池のもので、電解液は30%程度の硫酸で、
すこし粘性がある水溶液です。

Q水の硬度の単位 mmol/L ⇔ mgCaCo3/Lの換算

日本と中国の「ボイラー水質基準」なるものを比較しています。

その中の項目で、単位が違うものを統合して比較できるようにしたいのですが。

中国の基準は
「総硬度(mmol/L) ≦0.03」
日本の基準は
「硬度(mgCaCo3/L) 60以下」
「硬度(mgCaCo3/L) 1以下」

となっています。

0.03mmol/L が、何mgCaCo3/L に相当するのか、

あるいは

60mgCaCo3/L および 1mgCaCo3/L が、何mmol/L に相当するのか、

どちらへの換算でもいいのでお示しいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも,中国の総硬度の定義がわかりませんので変換のしようがないです.
日本では全硬度といえば,Ca と Mg の総量をまとめて CaCO3 換算で mg にしていますが,同じように,Ca と Mg の総量なのであれば,
1mmol/L = 100 mg-CaCO3/L
ということになるので,0.03 mmol/L に対応するのは 3 mg-CaCO3/L 以下ということになりますけどね.
でも,日本のボイラの基準が全硬度ではなく,Ca硬度かもしれませんし,規格の細かいところまで調べないとこの換算でいいのかどうか,わかりませんよ.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報