正の走光性をもつ蛾は蛍光灯なんかに集まりますよね。
では蛾は何故そんな性質を持つようになったんでしょうか?
正の走光性は蛾が生きていくうえでどんなふうに有利に働くんでしょうか?
ご存じの方お願いします。

A 回答 (3件)

こんばんは。


昔、何かで読んだか?聞いたか?見たか?うろ覚えですが、覚えてることを書きます。

もともと、蛾は夜の月の明かりを頼りに飛んでいるらしいです。これは方向?を一定に保つため?とか、そんな理由だったと思います。そこで月を自分に体に対し同じ位置に見ながら飛ぶと、真っ直ぐ進めるんだと。
ところが人類が、そこらかしこに光源となるものを作ってしまい、その光を月の光だと間違って、その光を自分の体に対して同じ位置にあるように飛んでしまう。ところが、月は遠くにあるから、自分が移動してもそんなに月の位置は動かない(自分の体に対して)から真っ直ぐ飛び続ける事が出来るが、人工の光源は自分が動くとすぐにその位置を変えてしまいます。そこで蛾は、自分の体に対しての光源の位置を元に戻そうと、少し光源の方に進行方向を変えます。その結果光の周りをクルクル回りながら、光源に近寄ってしまう、らしいです。

以上が、私のうろ覚えです。
ただこのことがホントなら、人類がいない頃の月の出てない闇夜は蛾は適当に飛び回ってたの?なんて疑問も浮かんできますので、誰か補足(もしくはこの回答が間違ってるのかどうか)をお願いします。
自信もないのに長々とゴメンナサイ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れまして申し訳ありません。ありがとうございます。
蛾にはこういった、能力を持っていたんですか。
きっと今の日本では蛾にとっては住みにくいんでしょうね。
勉強になりました。他の皆さんも含めてほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/03/03 22:37

 okayadokariさんの回答の補足で


 okayadokariさんの回答で正解です。ただ、月の光は無限遠からの光線と考えられるので、これに対し垂直に飛行する。つまり、地面と平行(同じ高度)の飛行が可能なように、蛾の調節機能(走光性)が成立しています。
 ところが、人工光の光源は近くにあるため、円錐形に広がった光になります。この光と垂直に飛ぶと、円形を描きながら、光源に近づき、ついには「飛んで火に入る夏の虫」となるわけです。
  自然光:平行光線
  人工光:円錐状光線
  光の方向に垂直に飛行する蛾
 箇条書きにすれば以上になります。
    • good
    • 0

私が聞いた話も光源に対して直行する方向に飛ぶ修正があるという話でしたよ。


高さを知る方法でもあるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蛾などの走光性は何のため

動植物のことは詳しいつもりですが、
どうしてもわからないことがあります。
蛾が電灯に集まる走光性。
この習性は、夜行性の蛾にとって、自然界では何の役にたつのでしょうか。
「飛んで火に入る夏の虫」
あの、命をかけた執着のすごさは、よほどのことがあるに違いないのですが。
夜行性なのに?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足について。

空の明るさを現代人の感覚で判断するのは間違いです。地上の闇に比べ空は結構明るいのです(月光や星の明かり)。また蛾といえども闇の中を24時間飛び回っているわけではないでしょう。エサを探す時間帯、眠る時間帯、休息、交尾など普通の生活を送っているわけです。生息地も人間と同様、全ての蛾が都市部で暮らしているわけでもないので、人口光だけが原因で滅びることはないでしょう。滅びるとすれば地球規模の温度変化、繁殖能力の低下などが考えられます。

Qハエの走光性

ハエは走行性(光に向かう性質)だが、
なぜ太陽に向かって飛び地球からいなくならないのか?
(受験問題だったそうです。よろしく)

Aベストアンサー

ハエの視覚にしてみれば多分、太陽という光源をとらえているのではなく、明るくなっているという全体の明度をとらえているのではないでしょうか?明るいとか暗い、という明度程度。

昆虫の複眼の構造や視覚情報を処理する脳の処理キャパシティを考えて、人間と同じように太陽を光源ととらえ理解しているとは思えません。

Q蛍光灯に集まる虫を駆除する方法

会社の作業場なのですが、
この時期、夜になると半端なく虫が集まってきます。
蚊に似ている虫です。(名前はわからないです。。。)

作業場は壁、天井は「白」で、12畳ほどの作業場内に16本の蛍光灯があります。
水銀灯も4灯あります。蛍光灯は昼光色なので本当に真っ白な光です。
「電撃殺虫器」なるものを購入してみたのですが、
作業場の開口部が広いため、ほとんど無意味な状態になってます。
しかも、電気を消して殺虫器のみを点灯させておくと10分前後でいっぱいの虫が死んでいます。
作業場周辺は街灯もほとんどなく、川・木々が豊富で自然たっぷりな場所なので
虫が集まりやすいのは分かっているのですが。。。

何か良い虫対策はありませんか?

参考までに作業場の開口部は高さが2Mほどで幅は3Mぐらいあります。
また、開口部を透明のカーテン(?)で塞いでみたのですがこれもあまり効果ありませんでした。
(隙間からの進入があったり、透明カーテンの外側に虫がいっぱいで・・・)

Aベストアンサー

こんにちは。

光に対して集まってくる虫の対策を行なう場合には、「これをやれば全てうまくいく」という絶対的な方法がありません。
実際の虫対策の現場でも、様々なものを組み合わせて目標値に近づけていきます。
今回の場合は、「作業場の内部で虫が飛ばないようにする」ということでしょうか。

明々とした光が外に向けて出ていれば、当然虫は集まってきます。
仰るような環境では、他に光もないのでそれこそ質問者さんの作業に一直線に向かってくるのではないでしょうか。
これを対策するのは至難の技で、どの方法もあまり効果は高くありません。
実際の虫対策の現場でも、以下の方法を組み合わせて使用して、何とか「密度を抑えている」のが現状です。
効果的と思える方法からご紹介しますので、使える費用の範囲内で対策して様子を見て頂くのが良いと思います。

・まず、窓を塞ぐなどして、光が漏れないようにすれば、相当虫が減ります。
・塞げないなら「防虫フィルム」というものがあります。
「透明」よりも色付きのほうが効果は高いです。
http://www.taisei-el.co.jp/opt_film.html
・開口部から出ている光に対しては、「防虫カーテン」を使うと宜しいでしょう(透明カーテンですと防虫の効果はありません)。
http://www.taisei-el.co.jp/opt_curtain.html
・それでも光が漏れる、あるいは「常に窓が開いている」ような場合、蛍光灯そのものを防虫のものに替える手があります。
http://www.taisei-el.co.jp/opt_keikou.html
「透明」よりも「グリーン」の方が、効果は高いですが、暗くなり作業性に影響するかも知れません。
・水銀灯も最近では防虫のものが出ています。全て「透明」です。
http://www.eincelight.com/suiginto.html

このように、できるだけ外に出る光(更に言うと”紫外線”)を少なくすれば、ある程度の虫はカットできます。
その上で、尚且つ虫が入ってくる場合に(まず全部は防ぎ切れません)、捕虫器を設置して捕獲します。
http://www.kaiteki-club.net/musipon.html
これは、虫を捕まえる目的もありますが、上で行なった対策が十分効果を上げているか調べる意味合いもあります。

どうしても虫が減らない場合に「薬」を使う場合がありますが、これは素人には難しいので、プロに相談してみて下さい。
http://www.pestcontrol.or.jp/

こんにちは。

光に対して集まってくる虫の対策を行なう場合には、「これをやれば全てうまくいく」という絶対的な方法がありません。
実際の虫対策の現場でも、様々なものを組み合わせて目標値に近づけていきます。
今回の場合は、「作業場の内部で虫が飛ばないようにする」ということでしょうか。

明々とした光が外に向けて出ていれば、当然虫は集まってきます。
仰るような環境では、他に光もないのでそれこそ質問者さんの作業に一直線に向かってくるのではないでしょうか。
これを対策するのは至難の...続きを読む


人気Q&Aランキング