最新閲覧日:

確定申告をするのですが、昨年設けたガレージ(車庫)の耐用年数がわかりません。ガレージ本体は16万円ですが、ガレージに取り付けたアルミドアや、アスファルトカットと簡易補修、砕石敷、組み立てなどを含めて、総額25万円(ガレージ本体含む)を支払いました。簡易建物の掘立造と考え、耐用年数7年の定額法で良いのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

なかなか該当するものがありませんから、7年で宜しいと思います。


定額法か定率法かについては、償却方法の届出がされていれば、その方法で、届けていなければ、法人は定率法、個人は定額法が適用されます。
参考までに7年の償却率は、定額法が0.142 定率法が
0.280です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
税務相談室にも問い合わせたのですが、「金属製の収納庫は、厚さ3~4ミリでしたら25年、3ミリ以下でしたら19年です」と言われ、途方にくれていました。
たいへん助かりました!

お礼日時:2001/03/01 10:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ