【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

乗車券の分割購入について、書籍やネットでよく話題になっております。私も購入時に参考とさせていただいておりますが、旅客営業規則第284条に則ると「その事実が発生した際使用していた乗車券の券片に表示された発駅」とあります。

このことは、たとえば信越線 東三条→高崎線 北上尾の乗車券購入時に、
1.信越線 東三条→上越線 越後湯沢
2.上越線 越後湯沢→高崎線 北上尾
で乗車券購入し、上越線 越後中里で運悪く?旅行途上で無賃送還となってしまった場合、”越後中里→越後湯沢までの送還しか認められない”という解釈となりますでしょうか。

分割購入の利点ばかり目について、リスクがあるのでは?と思い、質問させていただきました。ご教示頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご質問にある解釈のとおりです。



「事実が発生した際使用していた乗車券」は2の乗車券で、その「券片に表示された発駅」は越後湯沢駅である、と言ったことになるわけです。
当然、払いもどしも乗車券2に限られます。

ご参考までに、連続乗車券の場合ですと、不通などによって無賃送還を選択した場合、その対象区間はそのとき使用中の券片の発駅までとなります。ただし、駅長により特に事情気の毒と判断された場合は、使用済みの券片の駅まで無償送還できますが、その場合でも払いもどしは使用中の券片に対してのみとなります。
また、他社局「からの」連絡乗車券の場合、無償送還および払いもどしはJR部分のみで、他社局区間のかえりの運賃は自己負担となるのが原則です。
ちなみに、他社局「への」連絡乗車券の場合、無償送還に他社局は関係しませんし、払いもどしは未使用の他社局の区間も含めて受けられます。

なお、無償送還を旅客が選択できるような状況は、通常の状態ではないことが一般的ですので、その時々の判断による部分もありますので、ご承知おきください。
同時に、「無償送還」と「払いもどし」の2つを同一のものとして扱うと混乱するかもしれません。連続乗車券の例で回答しましたように、無償送還はするが払いもどしはしないと言ったようなパターンがいろいろ出てきますので、ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>通常の状態ではないことが一般的
これは買った私にも言える言葉ですね。「越後湯沢からさらに戻るのなら,新たに買いなおしてください」と係員に言われたら,頭では分かっていてもカチンときそうです。
他社局との関係は勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/02 09:20

お考えの通りです。

理由は他の回答にあるとおりです。
付け加えるとしたら、選択乗車の規定などの場合は、「乗車券を併用している場合を含む」など複数の乗車券を用いることを容認していることを明記していますが、不通時等の取扱にはそのような文言はありません。つまり、1枚の切符(1つの契約)について条文通り解釈することになります。

分割乗車のリスクについてはお考えのようなケースの場合のほかに、以下のようなリスクもあります。(規則に忠実に処理した場合)

(1)旅行開始前に、2の区間の不通発生に気づき、乗車券払い戻しを申し出ても、手数料なしで払い戻し可能なものは2.の乗車券だけで、1.の乗車券については通常通り手数料を収受しての払い戻しとなる。

(2)越後湯沢までの区間の駅において、「越後湯沢以遠の乗車券を持っている」乗客に対して、1.の区間の駅から2.の区間の駅まで(例えば小出-水上)代行バス等を運行するような場合、通しで買っていれば代行バスに乗れたのに、分割したために乗れなくなる可能性がある。
…このような場合、実際の現場では、黙認して乗せてくれる可能性もあるかもしれませんが、規則の厳密解釈では「だめ」ということになります。
同様の事例は都心部なら定期券を分割してしまったために、「振替輸送」の対象とならず、運賃別払いをせざるを得なくなるケースという形でしょっちゅう生じていると思われます。(A-B-Cの区間で、B付近に私鉄の駅はなくA-Cなら私鉄で振替輸送できるという場合に、Bで分割した定期券はA-Cの私鉄振替輸送を受けることはできないということ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり,自己責任で分割購入した以上,リスクも自己責任を追うのですね。(1)のケースは,事前に買うときにはあまり気にしませんが,いざ乗車日が近くなると十分ありうるケースですね。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/02/02 09:06

JRが利用者にお願いしているわけでもないのにわざわざJRとの契約書をあえて2枚にしているのですから(本来は発駅以外の乗車券は発売しなかいようになっていた気がします)、1枚目の契約書と2枚目の契約書は別々になります。

そのため、無賃送還は実際に使用している乗車券の区間のみとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
最近,本サイトでも分割購入の話がちらほら出ていて,「本当にお勧めすべきかどうか」考えてしまいました。

お礼日時:2009/02/02 08:58

お見込みの通りと解釈します。


何故なら、東三条⇒越後湯沢については、運送約款に基づく運送義務は既に履行され、契約自体が完了消滅していると解します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2009/02/02 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車が遅れて新幹線に乗れない場合どうなりますか?

よく新幹線を使って実家に帰ったり旅行に行きます。
ネットで新幹線に間に合うように、少し前の電車を検索して乗ってるの
ですが、天候が悪かったり人身事故などで電車が止まっている場合は
指定の新幹線に乗れなかったらどうなるんでしょうか?(指定に乗り遅
れても自由席で乗れるのは知っています)

よくTDL・TDSに行く時は必ず前泊で行くのですが、指定の新幹線は諦め
たとしても万が一その日の最終の新幹線(自由席)にすら間に合わなかっ
たら予約していたホテルや、次の日の入場指定のチケットは無効になっ
てしまうのですか?ディズニーのチケットは200円出せば日付変更は
出来ますがそれは自分で出さないとダメなんですかね?
ディズニーは日付変更出来ますが、その日限りのライブとかの場合はど
うなるんでしょうか?

新幹線はエクスプレス予約なんで携帯で時間変更は出来ますが、パケ放
題では無いので通信費用が心配ですし、何より自分は悪くないのに・・・・
と思ってしまいます。

電車が遅れた場合どうなるのでしょうか?体験談や知ってる範囲でいい
ので教えて下さい。

よく新幹線を使って実家に帰ったり旅行に行きます。
ネットで新幹線に間に合うように、少し前の電車を検索して乗ってるの
ですが、天候が悪かったり人身事故などで電車が止まっている場合は
指定の新幹線に乗れなかったらどうなるんでしょうか?(指定に乗り遅
れても自由席で乗れるのは知っています)

よくTDL・TDSに行く時は必ず前泊で行くのですが、指定の新幹線は諦め
たとしても万が一その日の最終の新幹線(自由席)にすら間に合わなかっ
たら予約していたホテルや、次の日の入場指定のチケットは無効...続きを読む

Aベストアンサー

詳細はケースバイケースになりますが、JRの場合JRの列車が遅れて他のJR列車に乗り遅れそうな時はなにかしら救済策がありますが、それ以外の損害に関しては一切免責になります。
あくまでも切符に明記された区間を運送する契約をしただけであり、切符に明記した区間を「○日の×時までに」運送する契約をしたわけではないとの見解だからです。

JRの列車が遅れて新幹線等の乗継に間に合いそうにない時は、車掌に、車掌がいなければ乗換駅の係員に連絡し、どういうことができるかを相談するのが原則です。乗客の大半が新幹線等に乗り継ぐことがわかっている場合等では車掌の方から「新幹線に乗継予定の方は車掌にお知らせ下さいい」と巡回してくれることもあります。この場合は「お知らせした人」の数を担当部署に連絡し、善後策を講じるのが目的です。一般に対象者が多いほど有利になりますから、そのような時は必ず申し出ましょう。

申し出た場合以下のような策が講じられます。なお、代替策はいずれもJRの方から言ってくるのが原則で、示された代替策以外の方法をとる場合(急ぐからタクシーで行きたいなど)は、切符を無手数料で全額払い戻ししてもらい、自己責任で別途手配するなどになります。予定では当日中に着く筈だったのに翌日に到着する場合でも、宿泊費等は出してもらえません。駅や列車等に仮眠場所を提供してくれる例はあります。

1)乗る予定の列車の出発を遅らせる。
数分程度の遅れなら可能性があるパターンです。上述の車掌に申し出てくださいとの話があった場合の大半は、このパターンになります。

2)当日の後続の列車に変更する。
もちろん、もともとその列車のきっぷを買った人が優先されますから、指定席を持っていたからといって後続列車の指定席に座れるとは限りません。但し、正規に係員に申し出て手続きをした上で指定席が用意されなかった場合は、乗車列車の特急券の半額が返ってくる筈ですから、勝手に自由席に乗ったりせず、車掌や駅係員に申し出ることが重要です。
列車の運行ができない場合は、JRが準備した代行のバスやタクシーを利用することもあります。(あくまでもJRが準備した場合であって、旅客の方が勝手にタクシーを呼んだりはできない)

3)旅行を中止する。
その新幹線に乗れないなら、もう出発地に帰るという場合、駅でその旨申し出れば、購入済みのきっぷを全額無手数料で払い戻してくれた上で出発地の駅まで無料で帰ることができます。この手続きを受けるには細かな条件がありますので、まずは駅員に相談してください。

4)他の方法で移動する。
これはJRの提示した方法を却下すると言う意味です。その場合、まだ乗っていない区間の切符代金相当は全額払い戻しされますが、あとは自己責任・自己負担で交通機関を手配することになります。
つまり、JRの提示を蹴ってタクシーで行く場合、タクシー会社の紹介程度はしてくれますが、実際のタクシーの手配や運賃支払はその旅客が行ないます。

くどいようですが、JR以外の乗り物が遅れた為による乗り遅れ等は、質問者様ご認識のように、旅客都合による乗り遅れと同じ扱いの「当日の後続列車の自由席」にのみ利用できる救済策しかありません。

また、JR以外のディズニー、ライブ等はJRは一切保証しません。間に合わないとわかった時点で、自分で当該関係者と別途交渉することになります。その際、念の為に解約の連絡時に理由を明確にし、特別扱いが可能か確認し、JRの延着証明等を用意した方が良いでしょう。一般に宿泊機関等は、列車の遅れ・不通等による解約・変更は柔軟に対応してくれるケースが多いようです。交通機関では航空関係も柔軟に対応してくれるケースが多い(規則上は対応しなくてもよい)です。それ以外は、よほど同じ目にあった人が多いケースでない限り特別扱いは期待できません。


余談ですが、エクスプレス予約の場合、契約時に確認した(筈の)約款の中に予約等に発生する通信費等はどんな場合でも旅客の負担である旨明記されていたと思います。

詳細はケースバイケースになりますが、JRの場合JRの列車が遅れて他のJR列車に乗り遅れそうな時はなにかしら救済策がありますが、それ以外の損害に関しては一切免責になります。
あくまでも切符に明記された区間を運送する契約をしただけであり、切符に明記した区間を「○日の×時までに」運送する契約をしたわけではないとの見解だからです。

JRの列車が遅れて新幹線等の乗継に間に合いそうにない時は、車掌に、車掌がいなければ乗換駅の係員に連絡し、どういうことができるかを相談するのが原則です。乗客の大...続きを読む

Q乗り越して戻った時、追加運賃は必要?

電車に乗っていて思わず寝てしまい、気がつくと目的の駅は過ぎてしまって次の駅に到着。

直ぐにホームを移動し逆方向の電車に飛び乗り、無事目的の駅に到着。

この場合なんですが、本当は次の駅まで往復したのだから、その分の追加運賃を精算しなければいけない?

あるいは駅の外に出ていないという事で今持っている切符でOK? もしそうなら、たとえば東京で横浜までの切符で乗車し、静岡まで行って駅のホームで友人に会い、その後、横浜に戻った場合、追加運賃は不要?

実際には知らん顔して改札を通る人がいると思いますが、規則ではどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

旅客営業規則第13条(以下、旅客営業規則は省略します)では、
列車に乗車する旅客は有効な乗車券を所持していることを求めています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/01_syo/01_setsu/index.html
従って、寝過ごした1駅分や後段の横浜駅~静岡駅の往復区間も乗車券を持っていなくてはなりませんから、下車駅での精算が必要となります。
なお、精算など着駅で不足運賃を払うことは認められていますので、有効な乗車券のない区間に乗車すること自体は不正乗車となりません。この時、着駅で不足運賃の支払いをしなかった場合に不正乗車となります。

次に第68条第4項第2号に
乗車経路の一部若しくは全部が復乗(折返し乗車のことです)となる場合は、折返しの駅で打ち切って運賃計算をすると決められています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/03_syo/01_setsu/02.html
この「折返し」というのは、その駅で降りることを条件としていませんので、改札を出ないで折りかえす場合も含まれます。
ちなみに「第4項」は太字の「4」、「第2号」は「(2)」です。「項」がある場合は、第2項以降に数字を振っていくことになっていますので、第1項を示す太字の1はありません。

このように、規則上は折返しとなる駅で改札を出る・出ないにかかわらず、乗車全区間に対する運賃が必要ですから、ご質問にあるケースでも、当然のごとく追加運賃を精算しなくてはならないことになります。

しかし、寝過ごした場合は、第291条に
誤って乗車した区間に対しては、鉄道の係員が誤って乗ったことを認めた場合に、運賃をもらわずに本来の駅まで送り返すと定められています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/03_setsu/16.html
これは本来、行き先が複雑・似た列車が並んでいるなどで、旅客がよくわからずに間違ってしまったときの定めです。しかし、寝過ごしなどの場合でも、この条文を適用する場合があるようです。ただし、寝過ごしたことをやむを得ないとするかどうか、また、本当に寝過ごしたのかと言う判断は客観的判断が困難な部分ですので、ケースバイケースとしか言えません。
なお、同条には定期乗車券と回数券を除くとありますが、規則の細部を定めた旅客営業取扱基準規程では、定期券や回数券の場合でも、満員で降りられなかったなど旅客に気の毒と思われる場合は無賃で送還できるとなっています。しかし、これも「気の毒」という主観的判断にゆだねられますので、ケースバイケースであることには代わりがありません。
なお、これらの送還処理は誤乗したときの車内や降りた駅での処理ですので、厳密には勝手に折りかえした場合は適用となりません。

ご質問後段にある静岡の場合は、寝過ごしとは違いますので、第291条とは関係なく折返し部分を含めた全区間の運賃が必要ですから、精算が必要になります。常識的には静岡駅で一旦改札を出るなどするべきでしょうが、規則上は改札を出ることを要求していません。

なお、無賃送還(第291条)については、特急・急行(規則上の文言は2つまとめて急行列車)の利用を除外していますので、特急・急行を利用して戻る場合は無賃送還となりませんから、特急券や急行券の他、誤乗区間往復分を含めた運賃精算も必要となります。ただし、旅客営業取扱基準規程によって、折返しに利用できる直近の列車が急行列車の場合に限って、特急券・急行券(規則上の文言は2つまとめて急行券)を購入すれば特急・急行を利用できるとしています。
なお、普通列車の極端に少ない地方などでは、現実的処置として特急・急行の利用を急行券の購入無しで認める場合もあるようです。(規則より人情優先の処置かもしれませんが)
また、新幹線については、先に述べた旅客営業取扱基準規程に新幹線での送還ができる旨を定めています。この場合、誤乗の旅客を返送するために発行した旨を記した自由席新幹線特急券を持たせますので、原則として勝手に折りかえして車内・着駅で処理というわけにはいきません。

ちなみに、規則の条文では特急・急行を急行列車、快速・普通を普通列車、グリーン車を特別車両と表現しています。
また、JR以外の鉄道については、各鉄道の規則詳細がわかりませんので確実な回答はできませんが、おおよそJRと似た形となっているようです。
なお、本回答で用いた旅客営業取扱基準規程はJR東日本のものです。他のJRでは細部が異なる可能性があることをご了解ください。
旅客営業規則は全てのJRで同一です。

旅客営業規則第13条(以下、旅客営業規則は省略します)では、
列車に乗車する旅客は有効な乗車券を所持していることを求めています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/01_syo/01_setsu/index.html
従って、寝過ごした1駅分や後段の横浜駅~静岡駅の往復区間も乗車券を持っていなくてはなりませんから、下車駅での精算が必要となります。
なお、精算など着駅で不足運賃を払うことは認められていますので、有効な乗車券のない区間に乗車すること自体は不正乗車となりません。この時、着駅で不足運賃の...続きを読む

Q往復乗車券の乗車変更について

往復乗車券の乗変について教えてください。

往復乗車券から乗変できるのは、往復乗車券だけなのでしょうか?

片道2枚もしくは片道1枚に変更はできないのでしょうか?
たとえば、広島市内 ←→ 大阪市内 の往復乗車券を、
広島 → 北長瀬 と 北長瀬 → 大阪 いう2枚の乗車券
もしくは、広島市内 → 大阪市内 という1枚の乗車券

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、2券辺同時に差し出して変更を受ける必要があります。なお、乗車後の区間変更に関してはこの限りではありません。

第243条第1項には割引のある乗車券や回数券の変更ができない事が定めてありますが、第2項は往片・復片同時にさしだした場合は変更できると定めています。
このため、往復乗車券の場合、往復割引きの有無にかかわらず変更が可能です。

普通乗車券相互間の変更については、2003年10月の改訂で追加された項目ですが、窓口では未だに混乱が生じるようです。

(備考)
往復乗車券の往復2券片から変更できるのは、片道乗車券1枚となります。
なお、1回目の変更では手数料がかかりませんから、金額的には往復乗車券を行きと帰りの2枚の片道乗車券にするということは、
「往復乗車券を行きの片道に変更して過剰額返却」+「帰りの片道を新規購入」=「2枚の片道に変更できたように感じる」
となりますが、受け取った片方(往復からの変更分)は次の無手数料変更ができません。

(完全なる蛇足)
片道乗車券・往復乗車券で発売できるものは、連続乗車券としては発売できません。これは第26条第3号に定められています。(往復を片道ずつ2枚の片道乗車券でも発売できるのはご存じの通りです)

(参考URL)
旅客営業規則はJR各社共通ですが、JR西日本公式サイト内の規則(抜粋)へのリンクを張っておきました。pdfファイルなのでJR東日本のような条文ごとへのジャンプはできませんが、第69条の各号にカッコが表現されているなど、htmlでは表現しきれない部分も表現されていると言った点もあります。お好みに応じて東西を選んでみてください。

参考URL:http://www.jr-odekake.net/guide/stipulation/

使用開始前として回答します。

往復乗車券から変更できるのは、片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のいずれかです。

これは旅客営業規則第248条第1項第1号に記載されています。
http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/07_syo/02_setsu/03.html#248
ここで言う「普通乗車券相互間」というのは、第18条第1号イに普通乗車券の種類として記載されている片道乗車券・往復乗車券・連続乗車券のどれからどれでも該当すると言うことですので、上記回答になります。
ただし、往復乗車券ならびに連続乗車券は、...続きを読む

Q新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

こんにちは。

新幹線で寝過して、下車駅を越えてしまった場合について
調べたのですが、無料で送還していただけるのでしょうか?

以前、東京→大阪に向かうとき、新大阪駅の出発アラームで起きてしまい、
下車できず、次の駅で下車して、新大阪まで勝手に戻りましたが、
もし戻るときに切符点検に車掌さんが来ていたら、
どうなっていたのだろうか? と思いました。


調べたところ、このような事柄がありました。
『乗車変更等の取扱い(誤乗区間の無賃送還)

第291条 旅客(定期乗車券又は普通回数乗車券を使用する旅客を除く。)が、乗車券面に表示された区間外に誤つて乗車船した場合において、係員がその事実を認定したときは、その乗車券の有効期間内であるときに限つて、最近の列車等(急行列車を除く。)によつて、その誤乗区間について、無賃送還の取扱いをする。

2 前項の取扱いをする場合の誤乗区間については、別に旅客運賃・料金を収受しない。』

この文書だと、当日みどりの窓口で大学生の学割を使い購入した自由席の東海道新幹線でも、
寝過した旨を車掌さんか駅員さんに伝えれば無賃送還していただけるのでしょうか?

それとも指定席でない自由席ではして頂けないのでしょうか?

寝過さないようには気をつけますが、
回答、よろしくお願いします。

新幹線で寝過したとき、どうすればいいでしょうか?

こんにちは。

新幹線で寝過して、下車駅を越えてしまった場合について
調べたのですが、無料で送還していただけるのでしょうか?

以前、東京→大阪に向かうとき、新大阪駅の出発アラームで起きてしまい、
下車できず、次の駅で下車して、新大阪まで勝手に戻りましたが、
もし戻るときに切符点検に車掌さんが来ていたら、
どうなっていたのだろうか? と思いました。


調べたところ、このような事柄がありました。
『乗車変更等の取扱い(誤乗...続きを読む

Aベストアンサー

 寝過ごしたり、乗り間違えた時は、落ち着いてまずその列車の車掌さんなどに相談しましょう。故意ではなく、ちゃんと切符を持っていて、誤って乗り越した場合は、切符に証明してくれて無賃で送還してもらえます。
 しかし、車掌や駅員さんに相談せず、証明なしで勝手に折り返し列車に乗って戻っていると、途中で見つかると不正乗車で往復運転・料金はもちろんのこと、悪質と判断させれば追加の割増運賃等を取られますから注意しましょう。
 まず、寝過ごしに気づいたら、すぐに正直に車掌に相談しましょう。時間があれば証明してくれるだけでなく、戻りの列車時刻なども案内してくれると思います。駅で降りてもじもじしていると不正乗車と疑われることもありますから、堂々と早めに乗り越したことを正直に申告しましょう。
 しかし、故意にもう少し列車に乗りたくてとか、まだもう少し友人と話しがしたくてとか、景色が楽しみたくて乗り越したと言ったり、乗り越したついでにその駅で途中下車して観光や用事がしたいと言うと、乗り越し区間の往復運賃・料金が必要となります。
 切符等を持たず、不正乗車で乗り越したりすると、当然無賃送還の証明はもらえず、全て割増運賃を取られると思います。
 また、故意ではなく正しく切符等を持っていても、定期券や回数券、その他特殊な切符では、無賃送還の扱いをしていない切符もありますから注意しましょう。

 寝過ごしたり、乗り間違えた時は、落ち着いてまずその列車の車掌さんなどに相談しましょう。故意ではなく、ちゃんと切符を持っていて、誤って乗り越した場合は、切符に証明してくれて無賃で送還してもらえます。
 しかし、車掌や駅員さんに相談せず、証明なしで勝手に折り返し列車に乗って戻っていると、途中で見つかると不正乗車で往復運転・料金はもちろんのこと、悪質と判断させれば追加の割増運賃等を取られますから注意しましょう。
 まず、寝過ごしに気づいたら、すぐに正直に車掌に相談しましょう。...続きを読む

Q遅延による旅行中止の取扱い

JR行程
A駅→(特急)→B駅→(特急)→C駅→(普通)→D駅→(JR不使用)→C駅→(特急)→E駅

・A~B~C~E駅間の乗車券、C~D駅間の乗車券、特急券3乗車分を、事前購入。
・A→B駅の特急は遅延なく到着。
・B→C駅の特急が1時間遅延して到着。(強風のため)
・C→D駅、本来は乗換時間が20分の普通列車は、接続できずに出発。
・C→D駅の次列車は4時間後であり、用務を果たせないため
 移動を中止しA駅へ戻ることを、B→C駅の列車内で申告。
 (結果的にA→B→C→B→A と特急乗車)
・C→D駅に特急の運行はない。

結果として、運賃は全額返還。
特急料金はA~Cの往復・全区間分を徴収。

この取扱で適切ですか?
もし規則上と実運用上で違いがあるようであれば、
それも含めて、お願いします。

Aベストアンサー

無賃送還と払戻しは分けて考える必要があると思います。無賃送還に関しては、No3さんのご説明に同意いたします。払戻しに関しての説明を追加したいと思います。

◆無賃送還
No3さんがすでにご回答されていますが、規則282条1項(2)が適用になり無賃送還を選択することができます。
この場合、運賃のほか特急料金も支払うことなくA駅まで戻れます。これは284条1項(1)に規定されています。
---------------------------引用開始
無賃送還は、その事実が発生した際使用していた乗車券の券片に表示された発駅までの区間(以下「無賃送還区間」という。)を最近の列車(急行列車を除く。)に乗車する場合に限り取り扱う。ただし、急行券及び特別車両券を使用して乗車した旅客については、次により無賃送還区間を急行列車又は特別車両に乗車させることがある。
---------------------------引用終了

→つまり、かえりのC→B→Aの特急料金を請求されたのは「誤り」ということです。

◆払戻し
284条2項によれば、乗車券は全額が払戻しになります。
---------------------------引用開始
イ 発駅まで無賃送還のとき
すでに収受した旅客運賃の全額
---------------------------引用終了

一方、急行券は282条2項(2)の規定を準用する、と書いてあります。
ゆきの特急は、A→B→Cの2列車とも2時間以上の遅延もなく運行されており、質問者さんはC駅までの全区間を乗車しています。したがって、払戻しは受けられません。この規定は以下のようになっています。
---------------------------引用開始
当該急行料金の全額。ただし、指定された急行列車(指定急行券以外の急行券の場合は、乗車した急行列車)にその全部又は乗車後その一部を乗車することができなくなつたときに限る。
---------------------------引用終了

→つまり、ゆきのA→B→Cの特急料金を請求されたのは「正解」ということになります。

まとめますと、以下のようになると思います。
・運賃:全額払戻しで、かつ無賃送還でもどりの運賃も不要。
・特急料金:ゆきのA→B→Cの特急料金のみ払戻しはできません。無賃送還でかえりの特急料金は不要。

#払戻しに関しての補足:運賃については、目的地まで運送するための対価なので、無賃送還(出発地まで戻る)であれば全額払戻し。特急料金については、「設備・サービス」料ととらえられ、そのサービスを享受済みなので払戻しなし(2時間以上の延着であれば当然払戻しになりますが)。別の例で、2時間以上延着しても寝台設備は利用できたので、寝台料金の払戻しがないのと同じ理屈です。C駅で旅行を打ち切る場合は、C駅までの運賃の払戻しはありません。このあたりの規則は何に対する対価かということで理解できると思います。

あと補足ですが、別券片となっているC→Dの乗車券ですが、これはもう一方の乗車券と組み合わせて使用する特急券もお持ちのようなので、一体のものとして取り扱って問題ないと思われます。

無賃送還と払戻しは分けて考える必要があると思います。無賃送還に関しては、No3さんのご説明に同意いたします。払戻しに関しての説明を追加したいと思います。

◆無賃送還
No3さんがすでにご回答されていますが、規則282条1項(2)が適用になり無賃送還を選択することができます。
この場合、運賃のほか特急料金も支払うことなくA駅まで戻れます。これは284条1項(1)に規定されています。
---------------------------引用開始
無賃送還は、その事実が発生した際使用していた乗車券の券片に表示された発駅までの...続きを読む


人気Q&Aランキング