プロが教えるわが家の防犯対策術!

哲学用語辞典でお勧めのものを教えてください。

A 回答 (2件)

 


哲学・思想辞典(事典)は色々なものがあります。小型の辞典で、それなりの内容と色々な項目ということでしたら、No.1 の方も挙げておられますが、

>「岩波哲学小辞典」
>粟田 賢三 (編さん), 古在 由重 (編さん)
>価格:¥1,700

この辞典がよいでしょう。わたしは小辞典・事典としては、新書版の辞典を使っていましたが、現在絶版のようです。上の小辞典で、確かに内容は少し古いように思えますが、哲学の歴史で、ここ30年ほどのことが載っていないというのは、大した問題ではありません。

現代の思想辞典をということなら、以下のものでしょう:

>「現代思想キイ・ワード辞典」三一新書
>鷲田 小彌太 (著) 新書 (1993/09) 三一書房
>価格:¥1,068

あと、ムックや新書で、分かりやすい「入門書」があり、現代思想入門ということなら、このあたりの本もよいです。いずれも、書店の店頭で、実物の本を見て、実際、言葉を引いてみて、納得の行く説明があるものを選ばれることです。個人個人で、感じ方、評価が違いますし、使いやすさなども、人によって違って来ます。書店店頭だと、これ以外にも、本がありますから、色々見られて、検討されるのがよいでしょう。

-----------------------------------

以下が哲学辞典の本命です。手軽に持ち運びできる哲学辞典は、ごく初学書向けのもので、ちゃんとしたものをということになると、1万円のオーダーになりますが、以下のような本でないと、不十分です。

>「哲学事典」
>単行本 (1971/04) 平凡社
>価格:¥9,223

これは名著というか、長年、優れた哲学事典として定評のあった事典で、基本的には、これがベストの辞典です。1971年というのは、少し古いと感じられるかも知れませんが、古代哲学から、西欧哲学、またアラビアや中国やインドの思想などの用語の説明も入っています。ここ30年ほどの思想の用語はありませんが、それは、ムックや新書などに、用語辞典や入門書があります。

これを補う形の辞典が、

>「岩波哲学・思想事典」
>広松 渉 単行本 (1998/03) 岩波書店
>価格:¥14,000

この本は、先の平凡社の「哲学事典」を補う形で、現代哲学も視野に入れ、より詳細な説明を、キーワード的に選んで説明した事典で、平凡社の哲学事典とセットにして使うように最初から考えられていたという話があります。実際、平凡社と岩波のこの二つの事典があるのが便利なのです。

どちらをということでしたら、哲学の歴史を基本から確認されたい場合は、平凡社がよいでしょう。他方、現代哲学も含め、現代的ニーズに答えて、現代人に関心のある哲学問題などを、確認されたい場合は、岩波ということになります。平凡社の方が、レヴェル的には高いし、説明の言葉も難しく、古い本で、項目の参考書籍なども、絶版がほとんどという状態ですから、どちらかを選ぶなら、岩波の方がよいかも知れません。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は、哲学科の一年なのですが、そこまでの情報量を必要としていなく、古典を中心に勉強していきたいと思っているので、「岩波小事典」でも別に問題なさそうですね。

ただ、ご両人の回答を読んでいましたら、高くても「岩波哲学・思想事典」を買ってしまおうかという気にもなってきました。^^;持ってれば、勉強するうえで必ず役に立ちそうですしね。ご説明を聞く限りでは1万4千円の価値はありそうです。

とりあず、maris_stellaさんの言うとおり書店で実際に見てこようと思います。

大変丁寧なご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/02/11 15:50

どのような目的で哲学辞典を使うのかにもよります。


授業・研究などで持ち歩くことが多いのでしたら、岩波書店の「哲学小事典」がいいでしょう。大きさのわりに、古今東西の哲学者や哲学用語を網羅しています。ただ、少々古く、改定らしい改定も行われていないので、最近の哲学者や用語に関してはほとんど載っていません。
逆に持ち歩く必要がなく、かつお金に余裕があるのでしたら、やはり岩波書店の「哲学辞典」がいいでしょう。こちらは頻繁に改定も行われていて、最近の研究にも対応していますし、用語に関しても細かく説明されているので便利です。ただ、こちらは半端じゃなく高いので、大学図書館などのそれを用いるのが賢明かもしれません。
また、これは厳密には哲学辞典とはいえないのですが、山川出版社の「倫理用語集」もおすすめです。こちらは高校の「倫理」の用語集ですが、哲学の問題や用語に関してもわかりやすく書いています。また、現代の問題や哲学者についてもいくらか触れています。ちゃんとした哲学辞典のように完璧に網羅しているというわけではありませんが、哲学を始めたばかりでしたら、こちらも買っておくととても便利です。値段もとても安いですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございます。

用語の説明ができるだけ詳しいものが良いのですが、
岩波の「哲学辞典」は高すぎますね。1万4000円もするそうです。

哲学者が使う哲学用語の語義が調べられればいいので、
そんなに高いものを買うこともなそうですね。「倫理用語集」
はとりあえず買っときます。

お礼日時:2003/02/11 14:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング