このころ手紙や紹介状の脇付けで用いる侍史、机下などに御をつけたのをよく見かけるが正しくないのでは。自分が出す時、御をつけないと礼を失しているようでいつも気になるのだが。
御御御つけの例のように言葉は変わるのでいいのか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「机下」は、相手の机の下に差し出す意〕書簡文で、相手を敬ってあて名に添える脇付(わきづけ)の一つ。


「侍史」は手紙の脇付として記し、相手への敬意を表す語。直接はおそれ多いから侍史を経て差し上げる意。
と、そけぞれが敬語ですから、さらに「御」と敬語をつけると敬語が重複してしまいますから、「御」をつけるのは必要ないというよりも、間違った表現です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そう思ってはいますが、仕事柄もらうものではこの頃「御」をつけたものの方が多くこちらがだすときには「御」をつけないと失礼と思われるのではとつい思ってしまいます。

お礼日時:2001/03/07 21:03

はじめに結論を書きますと「御」は不要です。



脇付けはそもそも、改まった手紙や目上の人に対する手紙で宛名の
脇につけて、相手への尊敬を表すものです。ですから、それをつけ
たこと自体が尊敬の現れであり、そこにさらに「御」をつける必要
はありません。侍史とか机下といった言葉が日常的なものでなくな
ったために、尊敬の念が足りないのではないかという不安から「御」
をつけてしまいがちですが不要です。

以下、念の為にそれぞれの言葉の意味を書いておきます。
侍史:おつきの人の意。おつきの人に取り次いでもらって差し上げ
るという意味で脇付けに使います。
机下:机の下の意。机の下にでも放っておいて、余裕のあるときに
でもご覧くださいという意味で使います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

侍史は自分より目上、机下は同格以下ということのようですね。
若い人への指導も自信を持って「御」は無いのが本当なのだと言いましょう。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 21:07

福沢諭吉に回答して欲しいような疑問ですね。

現在では殿に抵抗を感じる人が増えていると聞きますが、(殿もれっきとした敬意を表した語)様には劣ると理解されるからでしょう。ご存知のとおり言葉は多くの人が(あらゆる階層の人が)使うに従い本来の意味からずれが生じてきますが、侍史や机下のように使用頻度の少ない言葉はほとんど変化しないでしょう。従って高度の敬意を表す両語に更に御をつける必要はないと思います。

私にとっては明治時代の教えてgooを垣間見たようで大変参考になりました。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「御侍史」・「御机下」の意味と書き方について

お医者さんが、他のお医者さんに紹介状書くとき、宛先に、
 「○○先生 御侍史」 または「○○先生 御机下」 と書かれます。

「○○先生 御侍史」
(1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
(2) 実際は自分が手紙書いてるんだけど、侍史に書かせたという体裁をとって、丁寧に扱ってる感を覚えさせることにより、相手を敬う。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、宛先に「御侍史」つけるのじゃなく、むしろ、差出人の名の下に「侍史」と付けるべきでは? 書いたのは自分の侍史なんだから。
_____________________________

「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから、机の下にでも置いといて、ヒマな時にでも読んで…と謙遜し、相手をたてる。
(2) あなた様の机の下に居るほど、私はすぐ傍の存在です。従者です。…みたいにヘリクダル。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、差出人の名のアタマに書くべきでは?
「忠実なるシモベ、机下 ナンノダレベエ」 と。

いづれにしても、今では「宛名」+「先生」+「御侍史(または単に侍史)」、または「御机下」 が一般らしいので、先の説、二通りあるのが変では?と思いまして。

お医者さんが、他のお医者さんに紹介状書くとき、宛先に、
 「○○先生 御侍史」 または「○○先生 御机下」 と書かれます。

「○○先生 御侍史」
(1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
(2) 実際は自分が手紙書いてるんだけど、侍史に書かせたという体裁をとって、丁寧に扱ってる感を覚えさせることにより、相手を敬う。
・・・の2説があります。

(2)の場合なら、宛先に「御侍史」つけるのじゃなく、むしろ、差出人...続きを読む

Aベストアンサー

 「○○先生 御侍史」
 (1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
  ◎これが正しいと存じます。高貴な方のお傍に仕える、ご祐筆様のお手に、という意味だと存じます。だから、あて先の下でも横にずらせて書き留めます。
(2) ◎これは間違いでしょう。差出人としても書くべきではないでしょう、相手にはちゃんと自分で誠実に書きました。ということが大事です。

 「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから、机の下にでも置いといて、ヒマな時にでも読んで…と謙遜し、相手をたてる。
 ◎間違い

(2) あなた様の机の下に居るほど、私はすぐ傍の存在です。従者です。…みたいにヘリクダル。
・・・の2説があります。
 ◎間違い。
 【先生のおん御机のみ下(もと)へ、つまり、座り机の脇の下お近くにお届けできますますように、という意味でしょう。】

(2)の場合なら、差出人の名のアタマに書くべきでは?
「忠実なるシモベ、机下 ナンノダレベエ」 と。
 ◎間違い、差出人のところには使いません。

 「○○先生 御侍史」
 (1) 宛先人が高貴で、直接送るのが憚られる為、向こうの侍史宛に送るような体裁をとることによって、相手を敬う意を表す。
  ◎これが正しいと存じます。高貴な方のお傍に仕える、ご祐筆様のお手に、という意味だと存じます。だから、あて先の下でも横にずらせて書き留めます。
(2) ◎これは間違いでしょう。差出人としても書くべきではないでしょう、相手にはちゃんと自分で誠実に書きました。ということが大事です。

 「○○先生 御机下」
(1) とるに足らないような手紙だから...続きを読む

Q関数電卓の使い方が、さっぱり分かりません。 具体的な例を用いて分かり易いように、説明して頂けましたら

関数電卓の使い方が、さっぱり分かりません。
具体的な例を用いて分かり易いように、説明して頂けましたら、とても助かりますの
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらが参考になるのではないでしょうか。

http://www.ele.kanagawa-it.ac.jp/~takatori/calculator.pdf

Q「御侍史」の読み方と意味を教えてください。

手紙の敬称の脇に書いてある「御侍史」という言葉の読み方と意味を教えていただけないでしょうか?広辞苑で調べてみても、載っていませんでした。

Aベストアンサー

「御待史」(おんじし)
意味は、
私の手紙は、あなたのお目を煩わせるほどのものではないので、あなたのそばに、侍っている方に見てもらってください。
ということです。

昔は、高貴な人には「待史」(じし)という職員がそばにいて、手紙を書くのはその人の役目だったそうです。その名残です。

Q「○○先生 御待史」の「御待史」って……

お医者さん宛の手紙に「○○先生 御待史」という宛名を見つけました。

1.何と読むのですか。
2.「○○様」など尊称の一種という理解でよろしいですか。
3.どういう相手に使うのでしょうか。医師以外に使える相手はどういう職業でしょうか。

Aベストアンサー

1.「侍史」が正しいですね。「身分の高い者に仕える書記」という意味で、
「じし」と読みます。本来、直接手渡すのがはばかられるので、
お付きの秘書を通じて手紙を差し上げたことからきています。

2. そうですが、より格式張った年配の方の言葉遣いです。
このようにお医者さんへの招待状では定番の敬称です。
しかし肝心の本人が読み書きできなかったりして…。

3. 「博士」と肩書きのつく人に使えるでしょう。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~pedantry/pedantry/atena.htm,http://www.yu-ai.net/u_news/20010708/news07/main.html

Q御侍史の読み方は?

手紙の宛名などで、相手が病院の院長先生とか大学教授など偉い人である場合「○○先生御侍史様」と書くものだと教わりました。敬意を表す言葉で、直接は恐れ多いので、侍史(秘書のような人)を通して差し上げます、という意味で、日本人独特の奥ゆかしさを感じますが、この読み方を忘れてしまいました。「ごじし」?それとも「おんじし」?

Aベストアンサー

ご質問の内容にはいくつか問題があります。

《まず回答》
「御侍史」は、ならわしに従えば「ごじし」と読まれてしかるべきですが、「おんじし」と読まれているようです。

《補足1》
御侍史は丁寧すぎる語です。単に「侍史」とだけ書くのが正式です。しかし「御侍史」はかなり広まっているのでもはや間違いとまではいえないかもしれません。

《補足2》
>「○○先生御侍史様」
「侍史」は敬称ではありません。先生に仕える秘書とか書記などという意味です。偉い人に直接差し出すのは失礼なので侍史を通して差し上げます、という気持ちをこめています。
なので、書き方としては「○○先生 侍史」になります。
さらにいうと正式には「侍史」の前で改行、
「○○先生
    侍史」、と
「侍史」は下あるいは左に添えるように、やや小さめに書きます。

Q(御朱印帳が原因で)御朱印をいただけない寺社?

これまでは集印というほど明確に考えず、
時々旅先で書置きや半紙への御朱印をいただいたりしていました。
いい年齢になってきたので、整理も兼ね、今後は御朱印帳にいただこうと思います。

私自身は、歴史上長い神仏習合の考え方を肯定していますので、
御朱印帳をお寺と神社で分けなくてよいのではないかと思います。
(実家の神棚と仏壇も“仲良く”居てくださってると信じていますので)
興福寺と春日大社など、縁ある寺社をあえて続けて詣でるのも
楽しみ方のひとつではないかと考えております。

ただ、「厳格な寺社では御朱印帳が混在だと書いていただけない」と聞いたこともあります。
実際にその理由で断られた方はおありでしょうか?

泉岳寺のように、恐らく事情があって御朱印帳にのみ書かれる寺社もありましょうが、
知らずに寺社混在の御朱印帳を差し出して断られるのは避けたいなぁ、と思います。
また、そういう寺社は半紙に書いていただけるものでしょうか?

さらに余談ですが…
仏式葬儀のお棺に、神社の御朱印が混ざった御朱印帳が入ったら、
神様や仏様に失礼なのでしょうか…
神社分だけ切り取って入れる? それも失礼な気がします。
葬式仏教自体、色々ギモンもあり? 気持ち次第ではマズイのかしらん、と思うのですが。

みなさんのお知恵を拝借できれば幸いです。

これまでは集印というほど明確に考えず、
時々旅先で書置きや半紙への御朱印をいただいたりしていました。
いい年齢になってきたので、整理も兼ね、今後は御朱印帳にいただこうと思います。

私自身は、歴史上長い神仏習合の考え方を肯定していますので、
御朱印帳をお寺と神社で分けなくてよいのではないかと思います。
(実家の神棚と仏壇も“仲良く”居てくださってると信じていますので)
興福寺と春日大社など、縁ある寺社をあえて続けて詣でるのも
楽しみ方のひとつではないかと考えております。

ただ、「厳...続きを読む

Aベストアンサー

私も断わられたことはないのですが。

想像するに、「厳格な寺社」というのは、自分の宗派しか認めず他宗派を排斥・攻撃するような宗派(具体的な宗派名は言いませんが)の寺社なのでは?

仏教の宗派の多くは他宗派に対して寛容ですし、神社で御朱印を書いてくださるのは神仏習合の名残でしょうから、そう無下に断わるということもないと思います。

個人的には、神さまだ仏さまだと区別せず、「有り難い」と感じるものを敬うのが日本人の特性なのだと思っていますので、御朱印帳に混ざっていても、お棺に入れても、何の問題もないと思います。
それをあーだこーだと説教するお寺さんがいるのだとしたら、「もう一回、修行しなおしてこい」と言いたくなります。

Q「御侍史」について教えてください。

手紙での使い方は検索してわかりましたが、メールにおいてはいかがなものでしょうか。メールは先生ご本人しか開かないと思うのですが、○○先生 御侍史とした方が良いのでしょうか。

Aベストアンサー

>メールは先生ご本人しか開かないと思うのですが、○○先生 御侍史とした方が良いのでしょうか。

⇒そのようなことは必要ありませんし、形式的ばった書き方はむしろマナー違反となることがあります。以下のURLも参考にしてみてください。

  http://www.friendlylab.co.jp/ebiz/mail_saho/
     ※サイト内のリンクも参考になるかと思います。

 

Q「御」をつけることばの由来

どうして味噌汁のことを「御御御付」というのか知りたいのですが。
また、日本語には「御」をつけて丁寧になっていることばがたくさんありますが、そうするようになった時期、またそうすることに関する日本人の性質・精神のことが書いてある書籍、ホームページをご存知でしたら教えてください。

私はこの手の研究のことは何も知らないのですが、この丁寧ことばはアニミズムのような精神(八百万の神とか)から発生したのではないか、と考えたのですが、それに関する意見もお待ちしてます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

御御御付は「おみおつけ」。
最初は「付け」だったのがていねいに「御付け」になって、その「おつけ」が名詞になってしまい、もひとつていねいになって「御御付」。この「みおつけ」がまたまた名詞になってしまい、それをていねいに言ったのが「御御御付」。
そもそも「付け」とはご「飯に付けて出す」ものを指すだけに、ご飯と味噌汁は切り離せません。
味噌汁の起源は奈良時代に中国から伝わったという説が有力です。その栄養価の高さから当時は貴重なものだったのでしょう。
「御御御付」は尊敬語の1つの丁寧語です。時代を経るに従がって丁寧さが増していったわけです。
同じような例に「御御輿(おみこし)」「御御籤(おみくじ)」があります。
尊敬語の起源は、タブーに対する忌み言葉だといわれています。

>この丁寧ことばはアニミズムのような精神(八百万の神とか)から発生したのではないか、と考えたのですが、

 これはユニークな考えですね。アニミズムの時代に尊敬語があったかどうかは不明ですが、自然に対する畏怖の精神はありました。それが敬語につながったという考え方は自然なものだと思われます。
 尊敬語と日本人の精神との関連ですが、やはり自然や人知を超えたものに対する畏怖の精神から発しているものと考えるられますね。


 直接は関係ありませんが、下記の書籍を紹介します。楽しく読める本ですよ。

『日本語にはどうして敬語が多いの?』
(浅田秀子著 アリス館)
 「敬語ってなあに?」「敬語にはどんな役割があるの?」など、ジュニアにもわかりやすく敬語の起源と意義を解説した楽しい本。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/nihongo-cosmos/subpage05.htm

はじめまして。

御御御付は「おみおつけ」。
最初は「付け」だったのがていねいに「御付け」になって、その「おつけ」が名詞になってしまい、もひとつていねいになって「御御付」。この「みおつけ」がまたまた名詞になってしまい、それをていねいに言ったのが「御御御付」。
そもそも「付け」とはご「飯に付けて出す」ものを指すだけに、ご飯と味噌汁は切り離せません。
味噌汁の起源は奈良時代に中国から伝わったという説が有力です。その栄養価の高さから当時は貴重なものだったのでしょう。
「御御御付...続きを読む

Q侍史、机下の御をつけるのは誤りではないか

このころ手紙や紹介状の脇付けで用いる侍史、机下などに御をつけたのをよく見かけるが正しくないのでは。自分が出す時、御をつけないと礼を失しているようでいつも気になるのだが。
御御御つけの例のように言葉は変わるのでいいのか。

Aベストアンサー

「机下」は、相手の机の下に差し出す意〕書簡文で、相手を敬ってあて名に添える脇付(わきづけ)の一つ。
「侍史」は手紙の脇付として記し、相手への敬意を表す語。直接はおそれ多いから侍史を経て差し上げる意。
と、そけぞれが敬語ですから、さらに「御」と敬語をつけると敬語が重複してしまいますから、「御」をつけるのは必要ないというよりも、間違った表現です。

Q「国民が国民を批判しているようでは、国民ではない政治家の思うつぼになってしまうのではないでしょうか」

「国民が国民を批判しているようでは、国民ではない政治家の思うつぼになってしまうのではないでしょうか」

政治家って国民じゃなかったんですか?

これは日本語の比喩表現ってやつですか?

Aベストアンサー

あれっ、それは何処の国の話でしょう?
日本では政治家が絶滅して長いですから日本の話では無いですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報