航空機を愛してやまぬ親(父)子です。
子の方(中1)ですが、父と話していて、父が質問をしてきて、調べても分からなかったので投稿します。
常識すぎて書かれてないのかもしれませんが、明記されているサイトが見つけられなかったので書きこみます。

戦闘機のレーダーについてです。

戦闘機のレーダーって、一機あたり大体何基装備しているのですか?
機首に一基あるのはわかりますが、それじゃ前方120°ぐらいしか捕捉できないんじゃないですか?

エナジーエアフォースというリアル派なフライトシューティングゲームをやっていて父子で気づきました。
死角に入りこまれると映らなくなることがありますが、後方にいても映ることがあるんです。こちらを追尾していない敵機が映るんです。

これはゲームだけなのでしょうか。それとも、1基で約360°をカバーできるんですか?

回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一昔前はFCレーダーの性能といえば、スキャン角度60度で探索距離にしてもせいぜい80km程度でした。

それが現在ではスキャン範囲120度で捜索距離も最大で240kmまで可能となっています。

 現在最強と言われているF-22がそれで、RCS1m2の物体を探知できるそうです。これがどれくらいすごいかといえば、ヨーロッパでは最新であるタイフーンがスキャン範囲120度ではあっても、探索距離が120kmしかなく、ロシア空軍最強のフランカーファミリーのSu-30MKIはF-16クラスの航空機をやっと160kmで捉えられるということからも分かると思います。とはいえ、これでもF-15の初期型から見れば格段の性能ですけどね。

 さてそこで疑問が出てくるのが、なぜラプターであってもそのスキャン能力が120度しかないのかということです。探索距離は大幅に性能向上しているのに変ですよね。実はこれにはそれなりの理由があるんです。

 もともとレーダーは本来はFCレーダーと言うくらい、その役割は敵を探知して追跡し、そして攻撃するためのものであって、つまりはミサイルや機関砲を最適の条件で発射するためのものなのです。そこで出てくるのがミサイル本体の能力です。IR(赤外線)追尾ミサイルのように全方位発射可能な手のかからないものは別にして(これはこれで弱点が多々ありますが)、アクティブもしくはセミアクティブレーダー誘導ミサイルは、その追尾能力が120度なのです。つまり120度の円の中に敵機を入れて置きさえすれば、ミサイルの命中が期待できるというわけです。実際はもっとタイトな範囲の中に収めてミサイルを発射するようですが、一応この120度が「ミサイル発射許容範囲」ということになっているようです。

 現在の技術ならスキャン範囲を120度から180度に広げることは可能なように見えますが、現在のフェイズドアレイ以前の首振りレーダーアンテナの時代に多角度のスキャンを実現させるには、あの制約の多い狭いレドームはなかなか難物だったようです。それにもしレーダのスキャン範囲を増やしたくなれば、ちょいとラダーをあてて左右に機首を振ればそれで済むことでした。もちろん現在ほとんどの3・5世代から4世代の戦闘機が搭載しているフェイズドアレイレーダーならそれほど難しいことはないのでしょうが、あえて無駄に広範囲を索敵させてパイロットに不必要な負担を与えるよりは、という設計思想が働いているということです。つまり120度という数字は長年の実戦データからはじき出された、根拠ある曖昧な数字だといえます。

 それに現在の航空戦闘はAEW機やAWACS機などとの連携が日常化しており(とはいえそれだけの高額機の運用が出来る国は限られていますが)、友軍機とのデータリンクによる戦闘情報のやり取りが出来る現状では、突発的な航空戦闘は起こりにくい状況であるといえます。さらに第4世代機には驚くような機能があります。
 それはミニAWACSと呼ばれている機能で、実際に足の遅いAWACS機を連れて行かなくとも、戦闘機自体にAWACS機に準じた機能を持ち、その機が入手した戦術的な情報を他の編隊機にリンクして戦闘に活用することが出来ます。

 これらの機能をフルに活かせば、レーダーそのものの性能にそれほどこだわらず、アベレージ程度の性能があれば事は足りるようになるかもしれません。とはいえ、現代のFCレーダーは同時能力、つまり同時追尾、同時交戦の能力アップに力を入れているのが実情です。

 ということで、機首のレーダー一基で360度をスキャンすることは不可能なのですが、それを何とかしようとしたのが、まだまだ元気だった頃のソビエト空軍機期待の星フランカーファミリーでした。フランカーファミリー機の中で、テイルコーンが異様に長いタイプがあると思いますが、この中には後方警戒レーダーが搭載されいます。
 これは敵のレーダー照射に反応してパイロットに警報を出すセンサーではなく、本物のレーダーなんです。もっとも実機を見て分かるようにかなりの小型サイズですので、その探知能力は後方4~5kmほどということです。それなら単にセンサー式の後方警戒レーダーでいいじゃないかと思うのですが、そこは転んでもただでは起きない旧ソ連でして、後方にテイルオンした敵機に対してこのレーダーでロックオンして、AAMを発射するところまでいったようです。

 ではミサイルはどう発射するかといえば、最初から後方に向けてAAMを搭載したり、あるいはいったん前方へ発射したミサイルが180度Uターンをして後方へ向かうといった風で、なかなか楽しいことを考えていたようです。ただそれが現在どのような運命を辿ったかは残念ながら情報がありません。素人考えでは5kmくらいにまで敵機にテイルオンされた時点で、射出座で逃げたほうが利口ではないかと考えるのですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書いてから、120度は広すぎかと思っていたのですが、なんかあたってたようで。現在の技術力恐るべし。
技術的にはもっと広げられるが需要がない?すごいっすね!

フランカーの翼端や後部の筒は、レーダーだったのですね。ステルス性を考えろと疑問に思ってたのですが、ある意味逆ですよね。
フランカー一族おそロシア。

お礼日時:2009/03/16 03:15

http://www.f-22raptor.com/af_radar.php
↑F22の例です。

戦闘機のレーダーは機首のみです。
後方の捜索はできませんが、後方にレーダー警戒装置を装備していれば、例えば他の機体が出すレーダー波をパッシブで探知することで、だいたいの方角は分かるでしょう。(距離までは難しい)

これの応用で、ミサイル攻撃を受ければ、レーダー誘導ミサイルならレーダー波、そうでないミサイルも赤外線センサでミサイル自体の発する赤外線を捕らえ、レーダーディスプレイ上に表示可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり機首だけなんですね。
後方の敵機はレーダー警戒装置で探知しているんですか。なるほど。
ミサイルアラートも実在するんですね。

お礼日時:2009/03/08 13:01

スホーイSU-27系列のように「後方監視レーダー」を装備している機体があります。


アメリカ軍はAWACSが飛び作戦空域を監視・管制し、データリンクで情報の共有化を図っていますから「誰が何処にいるか」を把握し得ます。
また、ミサイル誘導用などのレーダー波を検知するセンサーも搭載していますから、単機でも「”殺意”を持った敵の存在」程度のことは知ることはできるでしょうね。

そう言えば、ステルス攻撃機F-117は、レーダーを搭載していないんで、データリンクで得た情報を頼りにするしかありませんでしたね。

あ、今は、フェイズド・アレイ・レーダーと言って、多数の受信素子(アンテナ)を平面に配置し連続・高速スキャンする方式が主流になっています。
艦載の防空レーダーには、死角をなくすために2面のフェイズド・アレイ・レーダーを回転させるものがありますが、お椀型のアンテナの首振り式は、既に過去のモノのなりつつあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、AWACSとデータリンクすればたしかに広範囲を索敵できますね。
F-117はレーダーを持ってないんですか。そういえば機首の形からしてレーダーが無さそうですもんね。でも、AWACS連れてったらステルスの意味が無いんじゃ・・・

お礼日時:2009/03/08 13:07

ゲーム内の世界では、後方どころか、その空域にいる敵味方全てが


レーダーに写ったりしますが、これはAWACSからのリンクデータ
を受信している、といった設定になってると思います。

現実の戦闘機での戦術データリンクが、どの位すごいのかは不明で
すが。(多分聞いても誰も答えられない機密?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
エースコンバットでは確かに□ボタンで全体が見れますが、エナエアの脅威レーダーは死角がちゃんとあります。
実機に比べれば微々たるものでしょうが。

戦術データリンクって、AWACSや基地との情報の共有をするだけですよね。
それでも軍事機密とかに触れるほど高度な技術なんですね。

お礼日時:2009/03/08 13:17

後方警戒レーダー と言う物が有ります。

 多分それでしょう。 初期の頃は(敵ミサイルに食い付かれてマス!) と言う警告音だけでしたが。
 今のは 機種毎、更新毎 で千差万別。 航空雑誌などで 『F-18(はインテークが そっくり変わってますなァ)装備更新』 等と出てますが中身は=”そりゃ機密事項でしょう”=詳しい事は書かれませんので、”どれ程の性能差”に成るか/成ってるか部外者には判りません。
 基本、機首に一基 と言うのは正しいです。 が、角度については『位相差 やら 首振り やら』で 100度近くまで” と言うハナシも。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

レーダーも日進月歩なんですね。

F/A-18の装備更新って、E/F型になったってことですか?
10年も前の話ですが。それとも、EA-18グロウラーのことですか?電子戦機の。
それともホントに、アビオニクスやらレーダー装置やらが変わったったんですか?

補足日時:2009/03/08 13:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水上戦闘機と戦闘飛行艇が空中戦したらどっちが強い?

水上戦闘機と戦闘飛行艇が空中戦したらどっちが強い?
ですか?

*条件
どちらとも単発単座(複座でも大差ないですか?)のレシプロ機。
機体サイズ・パイロットの技量は同等。
個人的なイメージとしては水上戦闘機が旧日本海軍の二式水戦で、戦闘飛行艇が紅の豚の赤い飛行艇です。
まあ豚さんの飛行艇だとエンジンの馬力が圧倒的に二式水戦に劣ってると思うんで、エンジン出力もだいたい同等(1000馬力)で考えてください。
あと設計も古いんで、二式水戦と同時代の技術力で設計された場合としてお願いします。

*欠点
水上機
フロートが空気抵抗になって機動性が落ちる。

飛行艇
胴体で着水するので、水に受けるよう加工されているから重い。


またぜんぜん違う質問ですが、水上機がずっと海面に着水したままだと水がフロートに入って沈んでしまうって本当ですか?
こちらもよかったら回答お願います。

Aベストアンサー

二式水戦は水上戦闘機としては非常に高性能で、950馬力で440キロ近い速度が出ました。

水上飛行艇に対して「一撃離脱」戦で攻撃出来ると思いますので、「二式水戦と仮定したら」水上戦闘機の方が有利でしょう。

Qロシア製の戦闘機について

こんにちは。
ロシア製等東側の戦闘機について質問がございます。
火気管制装置やレーダ等の部品はどのようなものを使用しているのか
漠然とした疑問があります。例えば、アメリカの物だったらインテルやらテキサスインスツルメント等の素子が使われていると思われますが、
スホーイやミグはどのようなものが使われているのでしょう?
ロシアにもメジャーな半導体メーカーがあるのでしょうか?
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソビエト連邦から今日までのロシアにおいての産業といえば、地下資源(原油、天然ガス)と軍需産業くらいのもので、現在の半導体先進国並みの技術的生産的インフラは望むべくもない状況です。現在のロシアには冷戦終結以前から続く産業構造の弊害として、半導体産業が存在しないといっても良いかといえる状況です。

 いくつかの電子産業は興ってはいるようですが、まったくその影も形も見えないということは、いかに零細な規模であるかの証明であるといえます。

もちろん冷戦当時は国家統制の軍需産業が全盛でしたので、一応は兵器は全て国産というのが世界の軍隊では理想でしたので、それなりの電子部門の存在もあったようですが、なにせ民生用に転換するという発想がまったくなかった時代でのことです。その技術は西側から見れば遅れに遅れており、プリント基板の時代にハンダづけをやったり、IC回路にしても特定回路を備えたICが作れないばかりに、汎用ICを延々と繋ぎ結局は重厚長大となり、放射する膨大な熱のために信頼性の低下という根本的な欠陥を招いたりと散々だったようです。

 にもかかわらず兵器部門ではロシアは原子力部門(原子力発電や艦艇の動力源)やICBM、さらには航空機部門でそれなりにアメリカの向こうを張れるくらいの実績を残しています。

 ということは、その各製品に使用しているはずのまともな半導体部品をどうやって調達したのかが疑問ですよね。冷戦構造が崩壊する以前のソビエトは二重経済構造になっており、手に入れたくてもココムなどで阻止されていた航空機に必要な半導体部品などは、その裏の経済組織が入手を引き受けていました。

 それが「トルカーチ(ロシア語で『押し屋』)」と呼ばれた闇屋で、非合法の物資、資材調達を行う組織です。
 こう書くといかにもみみっちい感じを受けますが、「ミグ」や「スホーイ」などの設計局が設計した航空機を実際に製造していた幾つかの航空機製造工場では、それぞれが専属のトルカーチを雇用していて、半導体も含めた航空機製造に必要でなおかつロシア(ソビエト)国内では入手が不可能な様々な部品や資材を海外で調達していました。そしてそのほとんどが日本とアメリカ製で、インドルートを通じて入手していたというのが現在では定説になっています。
 といっても冷戦時代の半導体メーカーといえば、この二カ国しかなかったといってもいいですよね。

 このような手法は調達していたそのほとんどが軍需用だということでしたから可能だったことであって、液晶テレビやDVDレコーダーのようにその必要量が軍需用と違って一桁二桁も違ってくる民生用だったらまず不可能だったかもしれません。

 とはいえ半導体製品に限っていえば、入手できる製品はどちらかといえばいわゆる型落ち的な、とてもその時々の最先端の性能を持ったものではないことが多かったようです。もっともそうでなければこのような非合法なルートでの入手は困難だったと思われます。一昔前には某国がソニーが発売したばかりのプレステに使われているLSIが欲しくて秋葉原で買い占めた、なんて話もありましたね。

 このような事情もあって、航空機自体の機体設計やエンジン性能などは当時の西側にも引けを取らないソビエトの軍用機が多かったのに引き換え、FCS関連の電子機器や誘導ミサイルの性能は西側と比べれば一歩も二歩も遅れをとっていたことも事実です。これは冷戦構造が集結した現在でもあまり変わりはなく、常に欧米のFCSには性能的に見劣りしています。

 現在IT部門でも飛ぶ鳥を落とすかのような勢いの中国でさえ航空機関連の電子機器部門はアキレス腱のようで、戦闘機の機体は何とか現代に適応しそうな自主開発出来ても(ほとんどがまったくのコピーですが)、FCS関係に限ってはほとんど他力本願的なところがあって、今でもロシアを含めた諸外国に頼っている事からも、この方面での技術の蓄積がいかに重要かということが分かります。

 でも皮肉なことにそのどうしようもないハード面での遅れを少しでも取り戻そうと、懸命になってプログラムの面での研究に力を入れたおかげで、現在ではソフト面で活躍できる優秀な人材では世界有数の国となり、今ではインテルやIBMなどがロシア国内に研究センターを置き、数千人単位での雇用を行い、今後は世界でも有数のIT大国になる可能性を秘めていることは面白いですね。

 そういうこともあって前大統領のプーチンはロシアの国家戦略として全般的なIT技術の発展を目論んだ政策をぶち上げましたが、その実効性は乏しく、現在のロシアでは現状のような戦国時代の様相を呈している世界の半導体開発競争に入り込む気持ちはさらさらなく、ひたすらソフトやプログラムといった周辺技術での活路を見出そうとしているというのが個人的な感想です。

 冷戦終結後の94年にココムが解散したこともあって、これまでに述べたような部品調達の苦労もなくなりましたが、そのかわり今度は市場経済の荒波が老舗の「ミグ」や「スホーイ」を襲い、今では一企業となった軍需産業メーカーを苦しめていますが、それはまた別の話ということで…。
 
 最後に航空機マニアとしてMIG―25の名誉のために一言。    例の函館事件のさい、日米両国に丸裸にされたMIG-25に関して、「最先端の航空機に真空管が使用されていた」「機体の表面処理が粗雑ででこぼこしていた」「オールチタンだと言われていたが、鉄板を使用していた箇所もあった」などなど、MIG-25の本質を見間違えた評価が当時はありました。

 しかし真実はちょっと違っています。真空管を使用していたことは事実ですが、これは単に真空管でも済むような箇所だから真空管を使っただけだということ。機体の仕上げ云々にしても、このままでも設計計画性能が出たため、そこまで気を使う必要がなかっただけだということ。さらには鉄板云々にしても、飛行中の機体温度が鉄板でも十分耐えられる箇所だからそうしただけだということなのです。

 後にいくつか出た函館事件に関する書籍に載った関係者たちの評価で、最先端の技術ばかりかと思っていたが、それほどではなかったことに多少は驚いたが、それよりもソビエトの航空機設計の合理的な考え方に驚かされたという言葉が出たことも興味深いことです。

ソビエト連邦から今日までのロシアにおいての産業といえば、地下資源(原油、天然ガス)と軍需産業くらいのもので、現在の半導体先進国並みの技術的生産的インフラは望むべくもない状況です。現在のロシアには冷戦終結以前から続く産業構造の弊害として、半導体産業が存在しないといっても良いかといえる状況です。

 いくつかの電子産業は興ってはいるようですが、まったくその影も形も見えないということは、いかに零細な規模であるかの証明であるといえます。

もちろん冷戦当時は国家統制の軍需産業が全...続きを読む

Q第5世代戦闘機F-35

第5世代戦闘機のF-35の日本でのライセンス生産は可能ですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

F-35は多国籍による共同開発機で基本的には開発予算の出資比率の順で配備される予定です。
したがって開発に一切関与していない国に関しては配備はそうとう後になることが予想されます。
現状ではアメリカ空軍、海兵隊への配備も未定の状態です。
日本がライセンス生産を希望しても開発国から提供される部品の供給の問題も発生する可能性も高いと思われます。

Q戦闘機についての資料

最新鋭戦闘機について、良い資料になる書籍を探しています。
■知りたいこと■
各部の詳しい説明、名称、写真などが掲載されてあるものが欲しいです。武装なども載っていれば尚良いのですが、そんな書籍はありますでしょうか?
ずっと探しているのですが、なかなか良い資料が見つかりません!
どなたかお勧めの書籍などを教えて頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し古いですが、ジャパン・ミリタリー・ジャパンが発行している「新兵器最前線」の「空自F-Xとスーパーマルチ戦闘機」という2006/10発行の書籍は面白かったです。
第5世代戦闘機のF-22、F-35をはじめ、自衛隊のF-15の後継機にどれがふさわしいかを中心に書かれています。

http://gunken.jp/blog/archives/gunken_bettsatu.php

Q戦闘機の実戦動画

youtubuで戦闘機(なるべく最新の)の実戦動画(練習などでもうれしいです)
はあますか??
回答お願いします。

Aベストアンサー

こちらなどはいかがでしょう、
攻撃機の実戦
http://www.youtube.com/watch?v=NLPuRhGGPDM
戦闘機の模擬戦
http://www.youtube.com/watch?v=7hLsWKrEAhM&feature=related


人気Q&Aランキング

おすすめ情報