人工衛星は地球の自転と同じ方向に回転する軌道が多いように思いますが、自転と反対方向に飛ぶ軌道の人工衛星はありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

人工衛星といっても静止衛星でもなければ、みな地球の周りを周回しています。

その方向は地球に対して赤道方向だけでなく、南北方向に回るものもあります。ですから人工衛星の軌道は地球の自転方向とは何ら関係なく飛ぶことができ、実際そういう軌道の人工衛星もいっぱいあります。
カーナビに使われているGPS衛星などは、いくつもの衛星がまったくまちまちの軌道を取っているので、常にどれかの衛星が天空に見えているようになっています。
    • good
    • 0

自転の速度を初速にプラスできるので、静止衛星を含み、移動方向に意味を持たない衛星は(コストの面から)当然東の方へ飛ばすでしょう。

しかし、GPS用やスパイ衛星の一部には西回りのものもあります。打ち上げる時に初速を3割以上あげねばならないなど当然コストはかかりますが、実用上の意味があれば、当然やるでしょう。あげたあとは同じで、対地速度が速いなどのメリットを生かすんでしょうね。
    • good
    • 0

地球上の一点から見た人工衛星の運動方向は軌道半径によって変わります


月であれ人工衛星であれ力学上の違いはまったくありません
自然起源か人口起源かの違いだけです
放送衛星などの静止衛星よりも軌道半径が大きいと地球自転とは逆方向に動くように見えます
逆転衛星は実用上の意味が無いように思います
それに速度を大きくしなければならないので多くの燃料が必要です
    • good
    • 0

#2 の言われる通りの理由だと思う. 「自転とちょうど反対方向に飛ぶ」ことって, ほとんど意味がないのでは?


ああ, 「反対方向」ということでなければ極軌道を持つ人工衛星がありますね. GPS やイリジウムの衛星なんかは極軌道です. 偵察衛星でも極軌道のものがあります.
    • good
    • 0

人工衛星を自転方向に打ち上げれば自転の運動エネルギーを利用できます。

反対方向に打ち上げれば、ロケットの加速は最初は自転の運動エネルギーを打ち消すのに使われてしまい、速度0にしてからさらに加速を続けなければなりません。偵察衛星など特定の目的がない限り、最初から持っている運動エネルギーを利用しない手はないでしょう。
    • good
    • 0

Orbitron というソフト(日本語対応)があるので


興味があれば使ってみると良いかもしれません。
世界中の人工衛星の軌道が確認でき、
現在の位置もわかります。

一般的には
静止軌道→衛星放送等一定位置に居てほしいもの
それ以外→偵察衛星等地球上をくまなく観測したい
という感じではないでしょうか。

参考URL:http://www.stoff.pl/
    • good
    • 0

自転と反対方向、つまり西に向かって打ち上げる人工衛星はありません。

あまりにも効率が悪いのと、意味が無いのが理由です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q自転する人工衛星?

本日午前10時30分過ぎ横浜戸塚の上空に不思議な飛行物体を発見しました。横浜方面から大船方面へヘリが飛行するくらいの高度で移動している物体は羽根も無く、銀色の機体に太陽光が反射してキラキラ光っていました。よく見ると高速回転していて飛行機などと違い音も無く、そろばんの玉みたいな形をしていました。その後見えなくなり、また空を見ていると今度はジャンボ機が飛ぶくらいの高度で同じように高速回転しながら同じ方向に移動する物体を発見しました。二度目の方が速度が速くあっという間に見失ってしまいました。
自分でも目を疑いましたが、そんなに高速で回転しながら移動する人工衛星などあるのでしょうか?
職場の同僚と半信半疑だったのですが結論が出ませんでした。長くなりましたが、皆さんは何だと思われますか?

Aベストアンサー

人工衛星、ほとんどのものは小さいのでせいぜい点にしか見えません。また、太陽光を反射する程度なので、昼は非常に見えにくいです。

可能性としては、飛行機の見間違いがあるかな、と思います。この場所は飛行機が多数飛びますし、風や気温の不連続によっては近くても音が聞こえないことは良くあります。
回転については、ストロボライトを点滅させていると、その点滅によっては回転しているように見えることがあります。翼も角度によってはほとんど見えません。
あと、飛行機の高度と距離は意外と難しいので、距離の差によっては速さも違って見えるかもしれないです。

可能性として飛行機を上げましたが、これは飛行機がそのように見えることもありうる、と考えてください。

Q人工衛星の軌道要素について

ビクセンスカイセンサー2000PCを使ってISSを自動追尾、動画の拡大撮像を試みています。
スカイセンサー2000に入力するISSの軌道要素としてネットからTLE(2行軌道要素形式)を入手しました。

1 BBBBBC DDEEEFFF GGHHH.HHHHHHHH +.IIIIIIII +JJJJJ-J +KKKKK-K L MMMMN
2 BBBBB PPP.PPPP QQQ.QQQQ RRRRRRR SSS.SSSS TTT.TTTT UU.UUUUUUUUVVVVVW

しかし、Rev/D(M1)1日の公転数 、Drag(M2)軌道縮小率(M1の変化一次係数)の2項目が上記TLE書式のどの部分にあたるのか?
解らずに困っています。
ご教授をお願いいたします。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

#2で記述したとおり、「 +.IIIIIIII」 の部分でしょう。

>Drag(M2)軌道縮小率(M1の変化一次係数)
>   +.IIIIIIII 平均運動の1次微分値を2で割った値。単位は回転/day^2

M2は小さい値で、軌道の変化が少なければ、観測日時のMの計算に
M1のみでも良い程度になる値だと思います。

#VVVVVは元期における通算周回数ですから・・・

Q人工衛星の軌道に関する質問

人工衛星を打ち上げます。小型のロケットエンジンを内蔵する衛星です。

まず、静止軌道に投入します。この静止衛星は、約24時間の周期で赤道上を公転します。公転軌道は円軌道です。衛星の高度(赤道からの距離)は35,786Kmです。なお公転の速度は秒速約3Kmです。

次にロケットエンジンを、進行方向と逆の方向へ噴射して、秒速4kmに加速します。そうすると、円軌道が崩れて楕円軌道になると思います。この場合、衛星の高度は、赤道から最も近いところで何キロメートルなのでしょうか。円軌道を公転するときの高度と同じですか。

Aベストアンサー

静止軌道上で, 「一瞬の加速」で 4 km/s にすると, 加速したところを近地点とする楕円軌道になります. 軌道の形は面倒くさいので, 例えば
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9224933.html
で紹介した
http://www.th.phys.titech.ac.jp/~muto/lectures/Gmech08/chap08.pdf
でも見て計算してくれ.

ちなみに円軌道から円軌道への変換は, うまいタイミングでやれば「一瞬の加減速」を 2回やればできてしまいます.

Q人工衛星に軌道についての質問です。

人工衛星に軌道についての質問です。

船舶が事故などを起こした時に、救難信号などを探知する探索救助衛星システム「コスパスサーサット」のイーパブという衛星は極軌道を利用していると聞きましたが、極軌道を利用することへの理由はどいういったものなのでしょうか?

また、極軌道以外の軌道を使うとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

衛星と軌道についての知識が少なくて困ってます。

よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

 極軌道とは、北極と南極の上空を通過する軌道の事です。
 両極上空の間を行き来するのですから、その途中で赤道や中緯度地帯の上空も、通過します。
 これに対して、極軌道ではない人工衛星は、高緯度地帯の上空に来る事はありません。
 水平線の陰に居る衛星とは、電波をやり取りする事が出来ません。
 衛星の高度が高ければ、衛星が水平線より上に見える範囲は広くなりますが、衛星との距離が遠くなりますから、強力な送受信機と大きなアンテナが必要になり、船に搭載する機器や衛星本体、そして衛星打ち上げのコストが高くなります。
 従って、極軌道の方が都合が良いのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報