【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

 私の勝手な想像ですがその時代に海を渡ってインド系の人たちやアフリカ系の人たちがきていたということもありえるのでしょうか? どうして肌の色の黒さが強調されて今に伝わっているのか不思議です。 それとも三つ足の烏に関係しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>インド系の人たちやアフリカ系の人たちがきていた



6世紀のはなしですから、普通に考えればインド系やアフリカ系の人たちの流入というのは考えにくいでしょう。
ただ確かに中国や朝鮮を通じてならば、公式の仏教渡来の前から既に交流があったことは想定されます。例えば九州の山岳仏教を代表する彦山は、公式の仏教伝来より20年も前に北魏から日本に渡ってきた善正という僧が開創した、ということになっています。これ自体も多少疑わしいのですが、常識的にはやはりせいぜいその程度の地域内での交流と考えるのが妥当ではないでしょうか。

>どうして肌の色の黒さが強調されて今に伝わっているのか

あくまで一般論としてですが、まずこういった山岳宗教の行者、いわゆる仙人は道教をベースに呪術的な行を行う人たちです。つまり彼らは不老不死の秘術であるとか、自由に飛行したり海を歩いたりする術、さらには悪病治癒などの秘術を行うわけです。

こういった人間を超えた力は、穀断ちなどといった断食、さらに時には焚身、捨身にも至るような人間の限界を超えた苦行(羽黒山は十界修行が有名ですね)によって備わると信じられたものです。つまり仙人や聖などと呼ばれた山中修行者の行力というものは、人間であることを超える(あるいは捨てる)ことによって山の持つ霊力と感応し、初めて獲得できるものだったのです。
ですから、異形のものは異能なり、ということで、山中修行者の容貌そのものが既に人間を超えたものとして伝わるのは、当然と言えば当然のことだと思います。
(例えば現在でも修験の行者は火の行によるやけどの跡を誇るようなところがあります。体に刻まれた行の跡がそのまま験力の証明になるからです)

蜂子皇子(能除)の容貌は、黒いことも特徴ですが、何よりまず獣のように口が異様に裂けた奇怪な顔立ちが目を引きます。この容貌について宗教民俗研究の大家であった五来重先生は、羽黒山に伝わる山の神の化身としての狼(つまり大神)が擬人化して表現されたものではないか、とされています。
つまり能除が山の神の力を体得していた、ということを、あたかも狼の如き風貌に描くことでそのまま絵に表現しようとしたのだ、ということになります。

能除の出自が本当に皇子なのかどうか、かなり判定しづらいところのようですが、伝説に言うようにもともと醜い容貌であったとすれば、結果としてそのこともまた一般民衆にとって彼の行力を信用させる役目を果たしたことはあり得ることだと思います。

黒いことに関して言えば、烏の伝説の関係もあるのでしょうが、私は意外と彼が煤けていたこともひとつの要素ではないかと思えます。ただ煤けていたというと「南蛮いぶし」の冗談のようですが、実は「不滅の火」というものを守るのは山中修行者のひとつの使命でもあるからです。

例えば山形の山寺(立石寺)でも、かつて三不滅といって三ヶ所の火を守っていたり、羽黒山なら羽黒修験本宗の荒沢寺でも常火堂という場所があり、戦後しばらくまでずっと火を守っていました。火は山の霊性の象徴という重要な意味があり、これを絶やさずにおくことは行者の使命でもあったようです。火を使った密教の加持祈祷が修験にスムーズに取り入れられたのも、この火の扱いが少なからず影響しているでしょう。
聖(ひじり)という名前も、柳田國男に言わせれば「日知り」つまり日の吉凶を知っていることがもと、となりますが、こういう実態に即してむしろ「火知り」とか「火治り」が語源ではないか、という説もあるぐらいです。

こういう火はろうそくのような小さな火ではなく、ほだや丸太を燃やしておく割と大きな火だったようで、よく奥の院などの伽藍を消失する原因にもなったのですが、これを守る者は相当煙も浴びたと思います。能除も、伝説のように地黒であったにせよ、ある程度このような煙を常時浴びていたことも少なからず影響していたのではないでしょうか。
むろん木食や断食による栄養不足から皮膚が黒ずんでいた、ことも考えられますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 遅くなってごめんなさい。 詳しく説明してもらいありがとうございました。 確かに口まで裂けた大きな口はすごくインパクトがありました。 九州に先に仏教が伝わっていたという説もはじめて知りました。 当時羽黒山で荒修行をし体を酷使したのかもしれません。 狼説も良く見てみると似ていると思いました。   

お礼日時:2003/03/20 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平井堅さんとかの顔はなぜ濃いのですか

平井堅さんに限ったことではありませんが、顔がどうしても日本人に見えません。
決して馬鹿にして言っているわけではなく真剣な質問ですのでご了承ください。
いくら顔は千差万別といえども日本人の典型的な顔からはかけ離れている様な気がします。
遠い先祖で外国人が混ざっていたのでしょうか。
沖縄の方面出身で顔の彫りが深い人はいますが、それは祖先にミクロネシアやポリネシアの民族の血が入っているからなのではないかと思いますが、平井堅さんは大阪出身でポリネシアというよりは、西洋人風に見えます。
私の友人でもよく外国人に間違われる人がいますが、日本人のご両親から生まれています。
なぜそのようなことが起こるのか分かる方はいますか?
それと平井堅さん以外で顔が日本人っぽくない有名人は他に誰がいますか?

Aベストアンサー

私はもちろん平井氏ではありませんし、平井氏の家族の方を一人も知りませんので・・・推測ですが。

濃い顔が遺伝だとするならば・・・の仮定です。
生物はDNAの塩基配列に基づいてタンパク質を合成し形質を出現させます。

人は22対の常染色体を2本づつもってます。両親から1本づつもらうんですね。親からもらった遺伝子のどっちが強いかというのが問題です。
(ただし突然変異とか組み替えとか起こるので完全ではないです。)

(以下メンデルの遺伝法則です)
濃い顔=優性遺伝だったなら父方か母方かどっちかの先祖代々あんな顔のはずです。(笑
但し、子供に遺伝する確立は1/2です。確立1/2の直系とでもいいますか?(爆

濃い顔=劣性遺伝だったなら父方、母方の両方から濃い顔遺伝をもらって濃い顔になったはずです。両親とも濃い顔じゃなければ両親とも隠れ濃い顔遺伝子保有者だったってことで確率1/4、どちらかが濃い顔なら1/2で子供に現れます。子供が濃い顔になる確率はカミさん相手次第で生まれないか、50%か、100%かとなります。(ただし濃い顔遺伝保有者にはなります)

濃い顔=不完全優性遺伝ならだんだん薄まるので違うかな?

私はもちろん平井氏ではありませんし、平井氏の家族の方を一人も知りませんので・・・推測ですが。

濃い顔が遺伝だとするならば・・・の仮定です。
生物はDNAの塩基配列に基づいてタンパク質を合成し形質を出現させます。

人は22対の常染色体を2本づつもってます。両親から1本づつもらうんですね。親からもらった遺伝子のどっちが強いかというのが問題です。
(ただし突然変異とか組み替えとか起こるので完全ではないです。)

(以下メンデルの遺伝法則です)
濃い顔=優性遺伝だったなら父方か母方か...続きを読む

Qネコよけによい植物を教えてください。

こんにちは。今年の4月に建売に入居したのですがネコの糞害にほとほと困っています。
忌避剤やコーヒーカス、トイレの芳香剤(かんきつ香)、100ショップのDontCatも効果なしです。(9匹家族プラス4匹くらいたくさんいます)
オープン外溝で4畳ほどのスペースしかないのですが
家庭菜園をやりたかったのですが、ネコよけのための割り箸をびっちりさしたままのひどい庭の状態です。
同じ分譲の人は次々とコンクリートにしてしまいました。
でも私はまだ土のままであきらめたくないので、まずはネコの習慣を断ち切るためにネコが嫌がる草花で覆いつくそうと思いました。

そこで以下のような条件の植物があったら教えて
どうかいただけないでしょうか。

(1)繁殖力が強い(病気にも強いとうれしい)
(2)密に茂る
(3)冬も枯れない
(4)座るのを嫌がるような固めの茎かチクチクがある植物

(4)がけっこう重要でして
隣のアパートの1F庭が今雑草でボウボウなのですが
そこにもやっぱりしていますので、密に茂ってネコが座るのが嫌だと思うような植物でないと。。。
(ネコはウンチするときは必ず座りますので)

それからできれば見た目もよいほうがうれしいのですが、どなたかそんな植物を教えてください。

私が調べた限りではバーベナがよいと思ったのですが
(4)の条件がクリアされていないような夏は背が高くなるからなんとかなるかな。。。

その辺もいろいろアドバイスいただけたらうれしいです。

こんにちは。今年の4月に建売に入居したのですがネコの糞害にほとほと困っています。
忌避剤やコーヒーカス、トイレの芳香剤(かんきつ香)、100ショップのDontCatも効果なしです。(9匹家族プラス4匹くらいたくさんいます)
オープン外溝で4畳ほどのスペースしかないのですが
家庭菜園をやりたかったのですが、ネコよけのための割り箸をびっちりさしたままのひどい庭の状態です。
同じ分譲の人は次々とコンクリートにしてしまいました。
でも私はまだ土のままであきらめたくないので、まずはネコの習慣...続きを読む

Aベストアンサー

こんなサイトを発見しました。

参考URL:http://community.bloom-s.co.jp/blog/data/24/24_49.html

Q関 裕二 と井沢元彦は、トンデモ系の人ですか??

歴史を勉強するのは好きですが、ロマンチック過ぎて嘘の多いような、きちんとした史料の裏づけのないような歴史本を読んでいる時間はありません(それはそれで面白いのはわかります)。
歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

本屋さんで歴史の棚に行くと、タイトルのお二人の本が数多く並べられていますが、タイトルが(かなり面白そうだけれども)ほんとかどうか疑わしい感じのものが多いのです(特に関氏)。
私は素人ですので、歴史学会でこの二人がどのような評価を受けているのかわかりません。
そもそも歴史は曖昧なものなのかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思います。


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhs/link.html
http://www.yoshikawa-k.co.jp/nihonrekisi.htm
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekigaku/index.html


本屋の棚には玉石混合であり、なかなか素人では「トンデモ本」であるかどうかを見分けるのは難しいです。
ですが、定期的に学会が発行する冊子や論文集などはその学会での「正統説や有力説」とみて間違いないと思います。
また、「一冊の本」よりも「5本の論文」の方が学術界では資料価値は高いです。
なので、歴史本をよむより学会発行の雑誌論文のほうが有益かもしれません。

また、学会発行の雑誌は図書館に縮尺版や纏められたモノがありますので、過去の論文ならタダ(他館から取り寄せや印刷を頼んだ場合は、印刷代や郵送料がかかる場合がある)で読めます。
また、大学図書館の中には一般会員を募集してるところも出始めているようです。
公共図書館・大学図書館等を活用すれば、資料収集の幅が大きく広がりますよ。
また、CiNiiで論文を探して、近くの図書館や国立国会図書館で複写を依頼することも出来ます。
また国立国会図書館では、ネット申し込みと郵送サービスがありますので、活用してみてください。

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp
http://www.ndl.go.jp/jp/information/guide.html

お二人の評価については、ちょっと分からないので「正統説」を知る方法について回答してみたいとおもいます。

>歴史学会で「正統」とされているものだけ、なるべくなら読みたいです。

との事ですので、一つの方法として学会に入会してみてはいかがでしょうか?
中には、なんらかの資格(博士号とか修士号とか)が必要な学会もありますが、多くの学会は意外とオープンであり一般会員を受け付けているところも沢山あります。
日本史では、「日本歴史学会」と「歴史学会」が主流の二本柱であると言えるかと思い...続きを読む

Q霊友会ってどんな宗教ですか

母が最近、霊友会という宗教に入ったらしく自分の部屋でお経を読んだりしています。私の家は昔からの日蓮宗大谷派で私の父はお寺の総代も務めた人です。そんな中、父がいなくなった寂しさもあるのだと思いますが、母は話し相手ができて楽しいと言っています。只私の妻がそういう宗教が全く嫌いで受け付けません。仏壇がありながら違うお経を唱えている母を見ると悲しくなります。
霊友会とはどんな宗教なんですか?人の話しによると仏壇も往く往く取られてしまうとも聞きました。妻がお父さんが天国で悲しんでいると毎日家な中が重苦しいです。
ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友会らしい」と呼ばれていたらしく、
下記で詳述する「導き」に最も力を入れていました。

この霊友会では、世に言う勧誘活動を「導き」と呼びます。
26支部の場合は、誰か一人を導くことで(つまり入会させることで)、
ひとりのご先祖様を成仏させることができるという考え方で
活動を行っていました。
26支部の方ならみな、ある1枚の紙を持って活動していると思います。

自分自分の罪や咎(とが)は、過去のご先祖様から
未来の子孫に永遠に続くのである。
それが導きによって救われるのだから、これはありがたいことである。

というような感じの内容です。
つまり、導きという勧誘活動によって、
自分の先祖供養や、自分自身が背負っている罪や咎を
なくしていこうという考え方です。

私が思うに、世間を騒がせている様々な宗教と比べると
かなりおとなしめの宗教法人です。
高価なつぼや鏡を買わされたりすることはありません。
月会費も1ヶ月一人500円です。
日本最大の別の宗教法人では、お布施(要するに寄付)の制度をとっているそうで、
「金額=気持ち」の表れとされているのとは対照的です。
なぜなら、俗世間の金額が必ずしも信仰心の表れではなく、
また経済的に苦しい人たちでも活動できるように、との考え方から
そうなっているそうです。

お母様は、おそらく亡くなられたお父様のために始めたのだと思います。
おそらく、毎日(かな?)、唱えているお経とは
「あおきょうかん」と呼ばれるもので、
表紙には「朝夕のおつとめ」と入っていませんか?
# まあ見る気も起きないと思いますが…。
それが霊友会の基本的なお経です。
他にも私が知る限り3種類あります。
それは、「導き」によって入会した人がいっぱい増え
それによって自分の苗字を冠した「準支部」や「支部」を
作れたりしたときに読むようになるお経です。
(入会した人を子と呼びます。入会させた人を親と呼びます)

その親(つまり入会させた人)をさかのぼっていくと、
必ず「○○支部」のように
ある方の苗字を関した「支部」の支部長と呼ばれる方がいます。
たとえば、田中さんなら「田中支部」のような感じです。
そのような方のところで月1回程度「法座(ほうざ)」と呼ばれる
会合を行います。
みんなで支部長宅の仏壇(霊友会の仏壇も法座呼ぶのです)に向かって
お経を上げ、それが終わると
みなで導きの状況や、自分の体験談を報告しあいます。

おそらく、上記で私の知っていることは書き尽くしたと思いますが、
要するに、「お経を上げる」ことと「勧誘活動」の2つが
基本的な活動内容です。
決して人を拉致したりはしません。

私の場合、母親の強い勧めによって
強制的に入会させられ、勧誘活動もさせられましたが、
# 社会人になってからはしていないです。
こういう場合、自分から「やる」と決めた人間を諭すのは
相当難しいです。
ご本人が飽きるまで放っておくのが一番かと
経験上思います。

長文、失礼いたしました。

こんにちは。

以前、私の身内も霊友会に入会していた関係で
私も活動をしていたことがあります。
# 今はまったく活動していないです。

霊友会は、ご先祖様の供養を行う宗教法人です。
東京の六本木に「本部」と呼ばれる
巨大な釈迦殿(しゃかでん)があったり、
伊豆大島の法の山の中にも何泊かして泊り込みで
修行をするような場所「弥勒山」(みろくさん)があったりします。

活動の内容などは「支部」によって違うようです。
私がいたのは「第26支部」と呼ばれている支部で
もっとも「霊友...続きを読む

Q立命館大学はなぜ未だに左翼だ北朝鮮の手先だと叩かれるのでしょうか?

立命館大学はなぜ未だに左翼だ北朝鮮の手先だと叩かれるのでしょうか?

たしかに立命館が60年代に赤の巣窟であったことは否定できませんし、するつもりもありません。
でも私が入学する頃にはそんな話もなかったし、そもそも左とか右とかそういう思想を持ってない高校生でしたので、まったく気にしていませんでした。
私が数年前に立命に入学したのは、単純に京都の私立の中では学費が安かったからです。国公立のほうがもちろん安いですが、センター試験の出来が悪かったので諦めました。(レベル的には少し背伸びしましたが…)

だから左翼系大学だから自分に合ってるという理由で選んだわけではなく、私の周囲の人たちもみんなそんな思想で選んだ人はいません。
学校生活を送っていて、そういう思想を身につけることもありませんでした。
たしかに左寄りの看板はありましたが、右寄りの看板もありました。でもどちらも「ただそこにある看板」にすぎず、洗脳などという怪しげな雰囲気は感じませんでした。

授業で左思想を植えつけられたこともありませんでした。
むしろ卒業する頃には、そういうことに興味のなかった私が「ちょっと右寄りかも?」という考えを持つようになりました。専攻学科は歴史系でも政治系の学科でもありませんが、時事情報として考えることはありましたので。

現在、立命館の学生の98%くらいは何の思想も持っていないと思います。
それなのにネット上では未だに左翼だと言われ叩かれています。私は大学の校歌も一度も歌うことなく卒業したほどで愛校心なんてのはありませんが、それでもネット上で立命は左翼だとか言う人を見ると「60年代で思考停止してるんじゃないか?」と思ってしまいます。

たしかに立命は学校経営の面で汚いことをしているかもしれません。でも調べれば今どき他の大学も似たようなことはしていると思いますし、綺麗事だけでは今の時代、大学は生き残れないのが現実だと思います。ですから、立命だけが槍玉に挙げられるのは釈然としません。
学校経営者の思想はわかりませんが、少なくともそれを学生に押し付けているようには感じませんでしたし、教授や学生たちも右とか左とかの思想をはっきり掲げている人はほぼいません。それなのに立命の学生もいっしょくたにして叩かれるのはなんとなく腹が立ちます。

なぜ未だに立命館は叩かれるのでしょうか? 皆さんのご意見を伺わせてください。

長々と失礼しました。

立命館大学はなぜ未だに左翼だ北朝鮮の手先だと叩かれるのでしょうか?

たしかに立命館が60年代に赤の巣窟であったことは否定できませんし、するつもりもありません。
でも私が入学する頃にはそんな話もなかったし、そもそも左とか右とかそういう思想を持ってない高校生でしたので、まったく気にしていませんでした。
私が数年前に立命に入学したのは、単純に京都の私立の中では学費が安かったからです。国公立のほうがもちろん安いですが、センター試験の出来が悪かったので諦めました。(レベル的には少し背伸...続きを読む

Aベストアンサー

>立命館大学はなぜ未だに左翼だ北朝鮮の手先だと叩かれるのでしょうか?

そうですね、80年代以降に入学された学生さんには、納得がいかないでしょうね、立命ももはや普通の大学にしか見えなかったでしょうから。でも、人々の記憶はそう簡単に改まらないし、また、完全に払拭できると言い切れないことがあるからではないでしょうか?

特に、北朝鮮がらみのことは、現在も尚、特定失踪者、拉致疑惑者の存在があります。立命在学中に失踪、拉致を懸念されている元学生が多くいます。拉致問題が解明されない以上、草の根で囁き続かれることは致し方がないのでは?
また、北のスパイとして韓国に留学した過去のある人物を教授として迎え入れています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E5%8B%9D#.E7.95.A5.E6.AD.B4
言われても仕方がないという気がします。

左翼ということも、
二十歳のときにバリバリの活動家だった人が、五十歳になりました、今は足を洗ってますといっても、元左翼の看板は皆さん見てしまいます。
大学も20年や30年ではその評判はまだまだ払拭できない、そういうことです。
但し、現在の学生さんはそうではないだろうくらいは、世間も見ています。

かつてのそういう権力に抵抗するイメージの大学が、手のひらを返したように、経済原則?に忠実にあの手この手で学校経営を図っていることに、また別の不審を感じている、、、それがこの話を蒸し返す基かもしれませんね。

どちらにせよ、あまりお上品、お行儀のいいイメージはありません。
しかし、どういうわけか、受験生の人気はあるようです。そこで、ついつい言ってしまいたくなる、、私もそうです。子供たちには立命だけはダメといいました。そういう親は多いと思います。
かつても、今も、なんとなく胡散臭いんですよ。

>立命館大学はなぜ未だに左翼だ北朝鮮の手先だと叩かれるのでしょうか?

そうですね、80年代以降に入学された学生さんには、納得がいかないでしょうね、立命ももはや普通の大学にしか見えなかったでしょうから。でも、人々の記憶はそう簡単に改まらないし、また、完全に払拭できると言い切れないことがあるからではないでしょうか?

特に、北朝鮮がらみのことは、現在も尚、特定失踪者、拉致疑惑者の存在があります。立命在学中に失踪、拉致を懸念されている元学生が多くいます。拉致問題が解明されない以上...続きを読む

Qスーパーの生肉を、生で食べるのが大好きです。

当方、生肉が大の好物でして、生肉を食べるときが至福の瞬間です。

飲食店などのユッケはもちろん、スーパーのお肉や焼肉食べ放題店の肉も生で食す事があります。

このような性癖に目覚めたのは5年ほど前なのですが、生まれてこの方生肉によってお腹を壊したことがありません。

食す頻度は週に3,4回です。

食す肉は鶏、豚、牛、ホルモン、などなど種類は豊富です。鶏のササミが一番頻度が高いです。

しかし、鶏レバーなどはさすがに表面だけ軽く焼きます。

自分では「腹の菌が強いのかな」と考えているのですが、体質ゆえに生肉が平気などということは人間にはありえるのでしょうか?

はたまた、この5年間、運が良すぎてことごとく菌を回避していたとでもいうのでしょうか?

ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

  こんにちは。
 じつは、私もここ最近、鶏肉なんかを生のままで食べることがあります。
 もともと‘鳥皮’が好きなんですが、(あの、噛んだ時の半生のような食感が好きで)
 最近は、‘半生’ではなく、‘生’の食感にはまりつつある身の上です(笑)

  ~ただ、私の場合は食べた後、何度かお腹を壊しました。。。
  でも、変な食中毒という感じはなかったです。はぃ。
  ~なので、これはやっぱり‘体質’の問題ではないかと思います。

  あなたの場合は、5年間、大きなトラブルに遭わなかったとのことですし、おそらく、
 ‘生肉に対する抗体(そういう抗体があればの話ですが…)’が体内でできてるのだと
 思います。美味しいと思って、好んで食してあるようなので、とくにそれをやめる必要は
 ないと思います。~ただ、鶏肉でも、豚肉でも、カンピロバクタ―やサルモネラなど、食中毒の
 原因菌を持っている、(汚染されている可能性がある)ということは頭にいれておかれた方が
 いいと思いますよ。(…って、私も人のことは言えませんが。)

  いくつかサイトを調べてみたところ、「…食中毒菌を100%除去することはできない。
 若年齢、高年齢、抵抗力の弱い者については食べないように…」と、ありました。
 あと、「…75度以上で1分以上加熱を行えば、カンピロバクタ―や、出血性大腸菌は死滅するので
 大丈夫」だそうです。
      
  まぁ、お互い、ニュースに出ることがないように、気をつけて食しましょうね。(*^_^*)。

 ~あ、それと、大丈夫だとは思いますが、‘イカ’や‘鯖’については、生で食べると、
 アニサキスという寄生虫がくっついてることがあります。(これは、胃の中に寄生します。)
 なので、避けた方がいいですよ。
 ~あと、確か、‘カモ肉’。これは、インフルエンザウィルスに汚染されていることがあるので、
 特にご注意を…。

  余談ですが、ワサビや酢には、殺菌、消毒効果があるといいますので、生肉を食べるときは
 新鮮な肉で、ワサビや酢を用いて食べることをお勧めします。(~ちなみに、
 わたしはかなりのワサビ好きです 笑)

  まぁ、しつこいと思われるかもしれませんが、お互い、自己管理のもとで、なるべく
 ニュース沙汰にならないようにしましょうね…。

  あ、ひとつ教えてください。
 ホルモンを生で食べるときは、どんな風にして食べるんですか…?

  こんにちは。
 じつは、私もここ最近、鶏肉なんかを生のままで食べることがあります。
 もともと‘鳥皮’が好きなんですが、(あの、噛んだ時の半生のような食感が好きで)
 最近は、‘半生’ではなく、‘生’の食感にはまりつつある身の上です(笑)

  ~ただ、私の場合は食べた後、何度かお腹を壊しました。。。
  でも、変な食中毒という感じはなかったです。はぃ。
  ~なので、これはやっぱり‘体質’の問題ではないかと思います。

  あなたの場合は、5年間、大きなトラブルに遭わなかったとのこと...続きを読む

Q天皇家・藤原氏・蘇我氏の出自について

私はよくインターネット等で天智天皇は百済の王子の翹岐王だったとか
蘇我氏は名前が渡来系っぽいから百済人や藤原鎌足は豊璋だとか言っている人を見ます
そこで疑問があります。

まず、いくら王子だからとはいえ日本の属国であった百済の人間が
まして国外追放されて亡命してきた翹岐王や人質としてやって来た豊璋のような人間たちが
頑張ったとしても、朝献をする国の外国人が日本のトップである天皇や
その側近に成れるものなんでしょうか?
名前を隠して入れ替わろうにも周りも馬鹿じゃないんだからバレて入れ替われないでしょうし
普通は周りの人間が大反対してそんな地位にはなれないんじゃないでしょうか?

倭が391年以来、海を越えて襲来し、百済や新羅を破って服属させてしまった。 (広開土王碑)
新羅百済は倭を大国と崇めた (隋書81巻東夷倭国)
新羅の4代目国王の昔脱解は日本人 (三国史記 新羅本記)
百済の王が王子を人質として倭国に送る (三国史記 百済本紀)
新羅は倭国に奈勿王の子未斯欣王子を人質に送る。 (三国史記 新羅本紀)

Aベストアンサー

『日本後紀』延暦二十三年四月二十七日条の和朝臣家麻呂薨伝に、「蕃人入相府、自此始焉」(渡来系の人として公卿になったのは、家麻呂が最初である)とあります。
桓武天皇の母方のコネで、渡来系氏族からようやく中納言や大納言に昇ることができたわけです。

ましてや律令制以前の世襲的に職掌の継承が行われる時代であれば、渡来人は差別を受けて、高官に昇ることはほぼ無理です。マエツキミ(のちの参議にあたる議政官)クラスでも、秦河勝ら数例しかありません。彼らは、基本的には技術官僚として貴族層に搾取される側の人間でした。
外国人が天皇に成り代わるなんてのは不可能です。

インターネットでそういったトンデモ説をご覧になり、疑問を持たれたとのことですが、みんなが皆、疑いを持つとはかぎりません。高校の日本史ですらまともに勉強してこなかった人や、おもしろければなんでもいい人、思想的に偏っている人など、さまざまな人たちがいます。

そういった、インターネットで見かけただけで、あっさり洗脳されてしまいそうな人もいるのですから、教えて!gooのようにネット検索の上位にヒットする場でこのような質問をされるのは控えていただけないでしょうか。
知らずに一生を終えるであろう人にまで興味を持たれて、トンデモ説が広まってしまいます。
無視が一番です。

『日本後紀』延暦二十三年四月二十七日条の和朝臣家麻呂薨伝に、「蕃人入相府、自此始焉」(渡来系の人として公卿になったのは、家麻呂が最初である)とあります。
桓武天皇の母方のコネで、渡来系氏族からようやく中納言や大納言に昇ることができたわけです。

ましてや律令制以前の世襲的に職掌の継承が行われる時代であれば、渡来人は差別を受けて、高官に昇ることはほぼ無理です。マエツキミ(のちの参議にあたる議政官)クラスでも、秦河勝ら数例しかありません。彼らは、基本的には技術官僚として貴族層に搾...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較