痔になりやすい生活習慣とは?

VB.net のモジュールの引数にについての質問です。
やりたい事はSQLServerへの接続およびSELCT文を実行させることです
DB側へのセッションをモジュールで作成し、
それを元に、他のモジュールやクラスファイルで
selectやinsertを動かしたいと思っていますが、うまくいきません

「ExecuteReader には接続が開かれていて使用可能なことが必要です。
現在の接続の状態は終了です」というエラーが出てしまいます。
おそらく戻り値のあたりがおかしいのかなと思うのですが、
解決策がわかりません。



Module Connect

Dim cn As System.Data.SqlClient.SqlConnection

Public Function Connection()
Try
cn = New System.Data.SqlClient.SqlConnection()

'SQL Server認証を利用して接続
cn.ConnectionString = _
"Data Source = " & ServerName & _
";Initial Catalog = " & DBName & _
";User ID = " & UserID & _
";Password = " & password

'Windows認証を利用して接続
'cn.ConnectionString = _
' "Data Source = " & ServerName & _
' ";Initial Catalog = " & DBName & _
' ";Integrated Security = SSPI"

cn.Open()

MessageBox.Show("接続されました")


Catch ex As Exception
MessageBox.Show(ex.ToString)
End Try

Return cn
End Function

End Module



Public Sub ExecuteReaderTest()
Try
Dim cn As New System.Data.SqlClient.SqlConnection

Connection()

Dim hCommand As System.Data.SqlClient.SqlCommand = cn.CreateCommand()


hCommand.CommandText = "SELECT ~~ "


Dim cReader As System.Data.SqlClient.SqlDataReader = hCommand.ExecuteReader()

hCommand.Dispose()

......

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたが作成したConnectionメソッドは最後にcnという変数の内容を


Returnしていますよね。
これは「System.Data.SqlClient.SqlConnection」型の戻り値を持つ、
つまり「Public Function Connection()」
でなく「Public Function Connection() As System.Data.SqlClient.SqlConnection」
ではないかと思ったのです。

とすれば狙いとしては、ConnectモジュールのConnectionメソッドで
作成した接続を例えばExecuteReaderTestメソッドなどで使いたいの
かと。

であれば、ExecuteReaderTestメソッドでは

Public Sub ExecuteReaderTest()
Try
Dim cn As New System.Data.SqlClient.SqlConnection
cn = Connect.Connection()

Dim hCommand As System.Data.SqlClient.SqlCommand
hCommand = cn.CreateCommand()

hCommand.CommandText = "SELECT ~~ "

Dim cReader As System.Data.SqlClient.SqlDataReader
cReader = hCommand.ExecuteReader()
Finally
hCommand.Dispose()
End Sub

という風にConnectionの戻り値を利用する形式に変更すべきかと。
(上記はあくまでも説明のためのサンプルです)

今後、Connectionで作ったものを使いまわすならredfox63様の
ご指摘も踏まえて少しつくりを変える必要があると思いますが、
戻り値の割り当てとはこんな感じのことをイメージしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
戻り値についてもう少し勉強します。

お礼日時:2009/04/21 21:11

おかしいと思われたポイントはあっていると思います。


・Connection()はFunctionなのに戻り値がありません。VisualStudioを
 何も考えずにインストールするとビルドエラーになるのでは?
(質問への転記ミス?)
・ExecuteReader()は内部でコンストラクタを使ってインスタンスを
 作成していますので、cnは閉じた接続です。
 従ってConnection()を呼び出してもどこにも何も反映されません。

つまり、
・Newする代わりにConnection()の戻り値を割り当てる
ようにすれば、うまくいくのではないかと。

この回答への補足

回答ありがとうございます
戻り値を用意するというのがよくわかりません。

Connection()の戻り値の割り当て方法とか
どのようにやればよいのでしょうか?

補足日時:2009/03/31 21:35
    • good
    • 0

> Public Sub ExecuteReaderTest()


> Try
 ' このcnを使いたいなら Connectionメソッドに引数でわたすなどの
 ' 措置が必要
 ' グローバルのcnを使用するなら コメントアウトしましょう
> Dim cn As New System.Data.SqlClient.SqlConnection
>
> Connection()

> Dim hCommand As System.Data.SqlClient.SqlCommand = cn.CreateCommand()

このExecuteReaderTestの中にローカルのcnを作ってしまうと
モジュールレベルの cnをその後の『Dim hCommand ...』の行などで使いません

ローカルとグローバル(モジュール/クラス)で同名の変数がある場合
より近くで解決できる変数を使うことになるので、ローカル変数が優先されます

したがって cnは newでインスタンス(実体)化はされているが
接続方法も設定されていないし、Openもされていない状態になります

この回答への補足

回答ありがとうございます
> Dim cn As New System.Data.SqlClient.SqlConnection
>
> Connection()
をコメントアウトして、cnをConnection変更してみました
Dim hCommand As System.Data.SqlClient.SqlCommand = Connection.CreateCommand()。
ロジック的にはこれでよいのでしょうか?

補足日時:2009/03/31 21:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB.NETのDataGridで、選択行の特定の列の内容を取得したい

タイトルにあるとおり、DataGridを使用している場合、実行時に選択された行の特定の列の内容を取得するにはどのようにすればよいのでしょうか?

DataGridは複雑で、まだよくわかっていません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

選択している行番号は、dataGrid1.CurrentRowIndexでわかります。
行、列を指定して各セルにアクセスするには、
dataGrid1(行番号,列番号)でいいので
dataGrid1(dataGrid1.CurrentRowIndex,列番号)
で選択されている行の特定の列の内容を取得できます。
註:番号は、0始まり

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

QTextBoxに半角数字のみの入力しかできないようにしたい

タイトルどおりです。
フォームに貼り付けた、TextBoxに、半角数字のみしか入力できないようにしたいです。
000000~999999までのコード(数字)を入力させるようにするわけですが、そのままだと半角英数も全角も入力できてしまいます。

GrapeCity社製のカスタムコントロール「InputMan」の“Number”を用いると簡単なのですが、これだとカーソルがボックス内の右端にきて、一の位から入力が始まってしまいます。
数字は、ボックス内の左側から入力されていくようにしたいのですが、“Number”だとなんか出来なさそう・・・?
(“Number”で左側から入力できるならそれがいいのですが)

そこで、TextBoxを使うことにしたのですが、TextBoxだと、半角数字のみしか入力できないような制限がかけるのかが、わかりません。

もし、お分かりの方がいらっしゃいましたら、ご教授下さいませ。

Aベストアンサー

コピペですみません。
VB6だと、

Private Sub TextBox_KeyPress(KeyAscii As Integer)
Select Case KeyAscii
Case vbKeyBack, Asc("0") To Asc("9"), Asc("-"), Asc(".")
Case &H1 ' Ctrl + A
TextBox.SelStart = 0
TextBox.SelLength = Len(TextBox.Text)
Case &H3 ' Ctrl + C
Case &H16 ' Ctrl + V
Case &H18 ' Ctrl + X
Case &H1A ' Ctrl + Z
Case Else
KeyAscii = 0
End Select
End Sub

で、いかがでしょうか。

コピペですみません。
VB6だと、

Private Sub TextBox_KeyPress(KeyAscii As Integer)
Select Case KeyAscii
Case vbKeyBack, Asc("0") To Asc("9"), Asc("-"), Asc(".")
Case &H1 ' Ctrl + A
TextBox.SelStart = 0
TextBox.SelLength = Len(TextBox.Text)
Case &H3 ' Ctrl + C
Case &H16 ...続きを読む

QDataGridViewで指定したセルの値を取得

こんにちは。

VB2008のDataGridViewで指定したセルの値を取得をする方法がわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは.

 Dim Data As String
 Data = Me.DataGridView(0, 2).Value
 MsgBox(Data)

みたいな感じで取れないですかね???

QMAX値を条件にデータを取得するには?

SQL文で困っています。
ご教授下さい。


下記のようなデータがあった場合、それぞれの区分毎に
年月が最大(最新)のデータを取得したいです。
(実際には1レコードにその他項目があり、それらも取得します。)
<検索対象データ>
区分 年月   金額
-----------------------------
A   200412  600
A   200503  560
B   200311  600
B   200508  1000
B   200504  560
C   200508  400
C   200301  1100


<取得したいデータ>

区分 年月   金額
-----------------------------
A   200503  560
B   200508  1000
C   200508  400

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テーブル名をXXXとすると次のようなSQLでよいと思います。(最善の方法かどうかは自信がないですが)

select B.* from (select 区分, max(年月) as 年月 from XXX group by 区分) As A
inner join XXX as B on A.区分 = B.区分 and A.年月 = B.年月
order by B.区分

Q【VB】コンボボックスにデータベースから取り出した値を入れたい

VB2005です。

表題の通りですがやり方がよくわかりません。
データベースに接続し、
SQLで重複しない値を取り出すところまではできています。

SQL=SELECT DISTINCT FieldName FROM TableName

VB6の時はこんなソースでした
Do Until rs.EOF
   Combo1.AddItem.Fields("FieldName")
   rs.MoveNext
Loop

VB2005ではどう書くのでしょう?
よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

DataReaderを使用したサンプルです
※DBMSが記述されていないので、接続文字列はアクセスの場合です
※テキスト書きなので試験していません
※DataSetを使用する方法もありますが、コンボボックスに表示する程度ならDataReaderで大丈夫でしょう
※VB2005ならば、TableAdapterという便利なクラスがあるそうです
※VisualStudio2005 まださわってません orz

  Dim dbFilePath As String = "C:\testdb.mdb"
  Dim connectionString As String = String.Format("Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Source={0}", dbFilePath)
  Dim sql As String = "SELECT DISTINCT FieldName FROM TableName"
  Dim conn As New OleDbConnection(connectionString)
  Dim query As New OleDbCommand(sql, conn)

  Try
    conn.Open()
    Dim reader As OleDbDataReader = query.ExecuteReader()
    While (reader.Read())
      Me.ComboBox1.Items.Add(reader.Item("FieldName"))
    End While
    reader.Close()
  Catch ex As Exception
    MessageBox.Show(ex.Message)
  Finally
    conn.Close()
  End Try

DataReaderを使用したサンプルです
※DBMSが記述されていないので、接続文字列はアクセスの場合です
※テキスト書きなので試験していません
※DataSetを使用する方法もありますが、コンボボックスに表示する程度ならDataReaderで大丈夫でしょう
※VB2005ならば、TableAdapterという便利なクラスがあるそうです
※VisualStudio2005 まださわってません orz

  Dim dbFilePath As String = "C:\testdb.mdb"
  Dim connectionString As String = String.Format("Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Sourc...続きを読む

Q一つのトランザクションでSELECTとUPDATEできますか? (ADO.NET)

いつもお世話になっております。

ADO.NETの話なのですが、トランザクションを開始したコネクションオブジェクトで
DataAdapterを使ったSELECTと、ExecuteNonQueryを使ったUPDATEを交互に繰り返し
行うことはできるでしょうか?

現状できていないので可能なのであれば共通関数の見直しが必要かと思っています。
いまはSELECTとUPDATEを別のコネクションで行っているのですが、UPDATE後に
同じテーブルの該当レコードをSELECTにいくため、デッドロックが発生しています。

Aベストアンサー

>それにしてもコネクションとトランザクションオブジェクトを別々に
>渡してやる必要性がよく理解できません。コネクションオブジェクトから
>トランザクションオブジェクトも参照できるのでは?と思うのですが・・・。

たしかに私も腑に落ちない・・・気がします
なにか別に設定が必要な理由があるのかも知れませんね
複数のトランザクションが存在する場合に指定が必要になるのかも!

私の過去のコードにはしっかり
sqlCommand.Transaction = tran
がありました(いつの間にか記述してたみたい)
すいません。#2ではまったくその事に触れていませんでした

憶測での回答になってしまいますが
トランザクションが割り当てられたコマンドが実行されたときに
自動的にBegin Tranされ
トランザクションが割り当てられていないコマンドが実行されたときに
自動的にCommit Tranが実行されてしまうのかも知れません
時間があったら実証して見たいと思います

QDataGridViewの、選択されている行を取り出したい

いつもお世話になっております。

DataGridViewに関して、選択されているレコードをDataRow型で別フォームに渡してから、各項目をテキストボックスに表示したいのですがうまくいきません(DataRow型にこだわっているわけではないのですが、レコード1件丸ごと取得する型を他に知らないので例として挙げました)。

DataGridViewのCurrentRowプロパティや、SelectedRows(0)をDataRow型に代入する試みをしましたが、型変換できませんでした。

DataGridViewで選択されているレコード一件まるごと変数に渡す方法というのはあるのでしょうか?

ちなみに、SelectionModeはSelectFullRowに、MultiSelectはFalseにしてあります。

ご存知の方ご教授いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>おっしゃるとおりやってみたのですが、どうもやはり型変換ができませんでした。
>参照しているのはDataTable型なわけですから、DataRowも取り出せそうな気はするのですが。。。

えー・・・スイマセン
今度はコーディングして確認してみたところ、
なにやら、1ステップすっ飛ばしていました

下記の手順にて取得可能です

[C#]
System.Windows.Forms.DataGridViewRow dgr = this.DataGridView1.CurrentRow;
System.Data.DataRowView drv = (System.Data.DataRowView)dgr.DataBoundItem;
System.Data.DataRow dr = (System.Data.DataRow)drv.Row;

[VB2005]
Dim dgr As System.Windows.Forms.DataGridViewRow = Me.DataGridView1.CurrentRow
Dim drv As System.Data.DataRowView = CType(dgr.DataBoundItem, System.Data.DataRowView)
Dim dr As System.Data.DataRow = CType(drv.Row, System.Data.DataRow)

※最後のキャストを変更すれば、型付データセットにも対応可能のはずです

>おっしゃるとおりやってみたのですが、どうもやはり型変換ができませんでした。
>参照しているのはDataTable型なわけですから、DataRowも取り出せそうな気はするのですが。。。

えー・・・スイマセン
今度はコーディングして確認してみたところ、
なにやら、1ステップすっ飛ばしていました

下記の手順にて取得可能です

[C#]
System.Windows.Forms.DataGridViewRow dgr = this.DataGridView1.CurrentRow;
System.Data.DataRowView drv = (System.Data.DataRowView)dgr.DataBoundItem;
System.Data...続きを読む

QVB.NETのコンボボックスについて

VB6からVB.NETでプログラミングを始めました。
コンボボックスのクリアの仕方や設定の仕方、また
取り出し方等を教えて下さい。

色々とヘルプも見てみたのですが、よく解りません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

クリアだけだと思ってました。
追記します。

Itemを操作します


'登録
For i = 1 To 10
  Me.ComboBox1.Items.Add(i.ToString)
Next

'取得
For i = 0 To Me.ComboBox1.Items.Count - 1
  MsgBox(Me.ComboBox1.Items(i).ToString)
Next

'完全クリア
Me.ComboBox1.Items.Clear()

部分クリア
Me.ComboBox1.Items.RemoveAt(Index値)

QForm間の値の渡し方

1つのForm上のコマンドボタンで別のFormを表示、そこで変数に値を入れ、そのFormを閉じ、元のFormでその変数を使いたいのですが、どうもうまくいきません。
実施したやり方は、一方のFormの宣言領域で、”Public abc As String”を宣言、両方のFormの(変数に値を入れた方と変数を使う方の)プロシージャーの宣言では引数として(abc As String)と記述しました。
因みに、両プロシージャーともイベントプロシージャーです。何か基本的なことができていないのだとは思いますが、どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに何件か回答があがっていますので、少し変わった方法をご参考までに。

あまり使われませんが、Formにはtagというプロパティがあります。
これは「文字列形式であれば何でも格納できる」という、上手く使えば便利なプロパティです。

FormAからFormBを呼び出し、FormBで変更した値をFormA.tagにセットします。
ここでFormBをUnloadしてもFormA.tagの値は影響を受けないので自由に使えます。

複数の値を呼び出し元に戻してやる場合に、区切り文字(カンマなど)で連結した文字列をtagに格納し、呼び出し元で区切り文字でsplitして、複数の値を受け渡すという手法をよく使っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング