AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

HIDの配線を延長するので半田付けしたいと思います。
どうやってやるのがベストですか?

タマ結び&半田がいいのかな?
それとも直線同士で重ねて半田?

できればググった知識ではなく経験者&専門家にお願いしたいです。

もちろんHIDの配線は15センチの延長なので電圧低下が起こらない範囲で行います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

半田付けできるようですね。


車は専門ではありませんが車もさわりますので
いつも行っている方法を紹介します。
添付の写真はでているかな。
1.突き合わせで半田付けしてください。
2.それで、熱収縮チューブを二重(三重)にして
電線を保護してください(最初に短いのを
して、さらに長くしましょう。写真の下の形に
なります。
3.振動による半田付け部分の疲労保護と防水(防滴)の
ためです。
4.スリーブは専用工具がないと事故の元です。
時間がないのでここまですみません。

参考URL:http://www.nichifu.co.jp/information/lecture02.h …
「配線の延長で半田付け」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事遅れてごめんなさい。
さっそく収縮チューブをホームセンターに行って買ってきました。
チューブのロゴ(?)も同じものです。

先ほど2重3重にしてやってみましたが、これだと防水の心配もほとんどないしパーフェクトですね。

本当にありがとう!

お手数をおかけしましたm(__)m

お礼日時:2009/04/06 22:01

補足です。



ちなみにギボシは
業務用を必ずお使い下さい。

用品店で売っているモノでは
後々必ずトラブルのでは…
というモノが多いようですので…
    • good
    • 0

NO.7です。


何度もすみません。
「タマ結び&半田」と「直線同士で重ねて半田」どちらでもOKだと思います。
    • good
    • 0

NO.7です。


すみません、追加です。
「タマ結び」&「半田と直線同士で重ねて半田」どちらでもOKだと思います。
    • good
    • 1

私は後付の計器類の取り付けの際、ギボシを使用してコンピュータの配線に割り込ませたりしていました。

その後、数年は全く問題なかったのですが、施工7年後、エンジンの調子が悪いなぁと感じるときがありました。そして、別の理由でコンピュータの書き換えをしてもらったところ、回転が正常でない(上がったり下がったり)症状がでました。そして配線を一本づつ確認していくと、ギボシで接続した箇所が、そのものの表面酸化による接触不良をおこしていました。確かにDIYによるギボシ接続は楽でいいのですが、長期間の使用ですと、接触不良が起きる可能性があります。その後、半田付けで接続したらエンジンは正常に戻りました。

玉結びやギボシを否定するわけではありませんが、どうせやるなら半田付けしたほうが、長期的に安心です。HIDの延長なら、その配線は、ボンネット内部若しくはバンパー内部ですよね?風雨や砂にさらされやすい箇所で酸化しやすく、また、自動車の運用上ヘッドライトは重要箇所であり、ならなおさら確実に接続した方が無難だと思いますよ。
    • good
    • 1

No3です。


戻ってきました。
先に書きました方法は、実はSolderSleeve(ソルダスリーブ)という
製品の方法をまねたものです。
SolderSleeveは熱収縮チューブ内にリング状の半田が組み込まれ
加熱すると半田付けとチューブの収縮を同時に行える物で
航空機搭載機器に実際に使用されており非常に信頼性のあるものです。
(リンクできてないかも--そのときはコピペでお願いします)

http://catalog.tycoelectronics.com/catalog/menu/ …

ギボシの圧着を(1000円程度の)簡易工具で行うと大電流のところでは
危険です(正式な物ですと4~5万はします)
DIYでは半田と併用した方がいいでしょう。
どのような方法をとられてもいいと思いますが12Vのバッテリと
いえども不用意な短絡は火災の原因となりますので十分して
チャレンジしてください。

参考URL:http://catalog.tycoelectronics.com/catalog/menu/ …
    • good
    • 1

基本はギボシと思います。



プラス半田も良いですね。

配線を半田だけというのは
確率的に長い目で見て
後々トラブルになる可能性を秘めています。

No.4 さんが仰る通り
半田でギボシをサポートする感覚でお願いできましたら幸いです。
    • good
    • 0

HIDのバーナーへの配線は細いのでスリーブではつなぎにくいですよね。

僕はギボシで延長しました。電圧ドロップが気になったのでギボシの接続部分をハンダで固めました。

あと、電圧が高いので絶縁はしっかりやりましょう。僕はギボシのカバーの上からビニールテープ、その上から保護のためコルゲートチューブです。

ハンダでやるなら撚りあわせて上からハンダすればいいでしょう。ハンダは過熱すると溶けて流れるので、ただ重ねてハンダ付けではまずいと思います。その意味では玉結びもいいかも。
    • good
    • 0

半田付けをしたいのなら


強度は要求されないされない
電圧降下は無視できる

両方の線を沿わせて付ければいいが難しかったら向かい合って沿わせてから捻ればよろしい
その上から半田付けをすればいいのです
前もって食んだ揚げをしておけば失敗がありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~
よくわかりましたぁ
ありがとう!

お礼日時:2009/04/06 21:58

電線同士の接合なら圧着スリーブを使って圧着しましょう



電気工事でも車の修理でも電線同士の接合に半田付けなんてしません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電線同士の接合に半田付けはないんですか・・・

無知でしたぁ・・

お礼日時:2009/04/06 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

ライト 自動車」に関するQ&A: HIDの寿命は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリード線同士をハンダで結線するには

ラジコンのコネクターのリード線同士をハンダ付けで結線したいと思っています。
次の手順で作業を行ったのですが、間違っていないでしょうか?

(1) リード線の被覆を剥く
(2) 銅線部分に予備ハンダをしみ込ませる(写真1枚目)
(3) リード線に熱収縮チューブを通しておく
(4) 銅線部分同士を接触させて、予備ハンダを熱して溶かし、接合させる(写真2枚目)
(5) 熱収縮チューブを熱して、チューブを収縮させる

(4)のところで単純に接触させるだけだと、接合部分が太くなってしまうので、これでいいのか不安です。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

画像のハンダ付けは、チョン付けハンダと言って初心者のハンダ付けです。
本来は、リード線同士を捻って接続してからハンダ付けするのです。
ハンダ付け箇所に絶縁チューブを被せて収縮させるのは良いです。
ハンダ付けのチョン付けは業務用では絶対にあり得ない付け方です。

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Q圧着端子をハンダ付けしてよいのでしょうか?

ある自動車雑誌のメンテナンス記事で電線に圧着端子をつけた後にカシメた部分にハンダを流し込んでハンダ付けしていました。
私はいままで振動があるところは金属疲労で断線する可能性があるのでカシメという方法で接続するのだと思っていました。
メーカー製の車やバイクでは基板以外でハンダ付けは使われないですよね。
自動車やバイクの配線にハンダ付けを使ってよいものででしょうか?
ちなみにディスカバリーチャンネルのオレンジカウンティチョッパー(オリジナルチョッパー屋さん)もハンダ付けしてました。

Aベストアンサー

カシメした部分をはんだ付けすると振動などの際に、その部分を支点にして応力がかかるため非常に断線しやすくなります。カシメのままですと応力が分散しますので、一般的にハーネスメーカーははんだ付けを行いません。勿論被覆を剥く際に芯線を傷つけてはいけません。
はんだ付けするのは電線の径と圧着端子を正しく合わせていないことが多いですね。

Qバイクのハーネス延長を自分でする方法

オートバイ(車種はGB250です)のハンドルをアップハンドルに交換するため、ハーネスを延長しようと思っています。
延長ハーネスセットがでているのは知っていますが、今後電装系を自分でいじれるようになるためにも自分でやろうと思い、バイクショップの店員さんに必要なものを聞き、エーモンのターミナルセット(電工ペンチとギボシなどがセットになっている物です)というものと、配線コードを購入しましたが、いまひとつ手順が分からずにいます。よろしければ具体的に教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

紐が短かったら、もう一本紐を持ってきて繋ぐでしょ、同じ事。但し電線だから元の色と同じ色のケーブルを延長用に使うとうっかりミスが減ります。

電線だからオスとメスのコネクタで繋ぐ。何度も仮接続して取り回しや長さ、繋ぐ位置を試してOKだったら、コネクタなんか使わず半田を使って繋いだって良い。

でも将来アップハンドルから元に戻す可能性を考えれば、元のケーブルの片方がオスで、もう片方がメスの接続にして置くと楽。その間を手作りの延長ケーブルで繋ぐ。

特にプラス側の端子は露出しているとショートする危険があるので、始めに絶縁カバー(半透明で乳白色のブヨブヨ)のオス用とメス用を全部のケーブルに通しておいてから圧着すること。


ただ私が自分のバイクでやるなら、単に圧着するだけでなくカシメた上から全部の箇所に半田を流す。導通も良いし見た目も良い。スポッと抜ける心配も減る。

これでは仕上がりが美しくないから、圧着する前に全部のケーブルを太くて厚目の熱収縮のチューブ(違う太さので二重にしても良い)の中に通しておいてから、圧着して半田付け。

さらに、繋いだコネクタ部分をもう一度上から熱収縮のチューブで覆うつもりでその準備をしておけば、見た目スッキリ、ケーブルの取り回しも楽。水も入りにくい。抜ける心配はほぼゼロ。

ポキポキ折れそうなW1Sのケーブルを作り直した時は、実際にこうしました。

太い熱収縮チューブが入手困難なら、自己融着のテープを使ってきっちり巻いても良いと思います。

紐が短かったら、もう一本紐を持ってきて繋ぐでしょ、同じ事。但し電線だから元の色と同じ色のケーブルを延長用に使うとうっかりミスが減ります。

電線だからオスとメスのコネクタで繋ぐ。何度も仮接続して取り回しや長さ、繋ぐ位置を試してOKだったら、コネクタなんか使わず半田を使って繋いだって良い。

でも将来アップハンドルから元に戻す可能性を考えれば、元のケーブルの片方がオスで、もう片方がメスの接続にして置くと楽。その間を手作りの延長ケーブルで繋ぐ。

特にプラス側の端子は露出して...続きを読む

QHID バラストからバーナーへの配線

HID バラストからバーナーへの配線

現在、ハーレーにて車用のHIDを付けています。
F50シーマのガトリングライトです。

問題なく使用できているのですが、バラストからバーナーへの配線が短くてバラストの収納に困っています。
バラストが邪魔なのです^^;

この配線は、少し太い配線を使ってギボシなどで延長してしまっても大丈夫なのでしょうか?
専用の延長キットなどはないはずなので困ってます・・・

バラストからバーナーへの配線は高圧でヤバイ配線と聞いているので、下手に延長するのは心配なので質問しました。
分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高電圧ですから、ギボシで配線っていうのは避けたほうがいいと思います。
ネットオークションで、延長ケーブルが手に入りますよ、さほど高い値段ではないです。
例えば
http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=HID%A1%A1%B1%E4%C4%B9&auccat=26318&alocale=0jp&acc=jp&tab_ex=commerce&ei=euc-jp

私は、ネットオークションで延長ケーブルを調達しました。
バラストはリアシート下にあります。だいたい、1メートルで間に合う(バラスト本体にもバナーにもある程度は配線が伸びていますものね。

Q細い配線の分岐方法を教えてください。

乗用車のハーネスから信号を分岐したいのですが、信号線がとても細くて困ってます。
被服線の太さが1mm程度なので、0.25sq位では無いかと思います。
(ホームセンターで購入した0.5sqの直径が2mm位だったので)

ホームセンター等の自動車コーナーに置いている、ギボシ端子や配線コネクターは、最もサイズが小さいものでも0.5sq以上用なので、使えないと思います

もっと細い配線は皆様どう作業されているのか、教えてください。

Aベストアンサー

エーモン工業に細線用があります。わたしなら半田付けします。

参考URL:http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=2821

Q電線の呼び名(スケ)と太さについて教えてください。

住宅を作る際、電気設備屋さんに車庫に配線して頂いたのですが。予定の場所に工作機械が大きすぎて納まりきれず。当初予定していた場所ではない場所に設置せざるおえなくなりました。もともとナイフスイッチの下に端子台までとりつけてもらっているので、ただ単に配線を延長するだけなのですが、必要な電線の大きさの規格がいまいち解りません。欲しい電線は15m程の2種類なのですが、私が欲しいのは(よくホームセンターに売ってる切断面の平べったいやつではない)切断面がまん丸の3本(赤、白、黒)の電線(今現在電気設備屋さんが車庫に配線してくださっている)には5.5mm2と2mm2
と記載されているのです。同じ大きさの半端丈の電線をオークション落札しようと思うのですが、平べったい電線はmm2の記載でわかりやすいのですが、私の欲しいまん丸の電線を落札しようとしても、呼び名が○○スケとなっていていまいちどの電線だか解りません。単に規格の違いによる呼び名のちがいでしょうが、5.5mm2と2mm2とは○○スケで言うところのなににあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんで、大体いいと思いますが、少し補足を。

スケは、クスエア(square)だと思います。
細い線は、短芯で断面が円なので、その直径を1.6mmや2.0mmというように表し、太い線(銅は3.2mm以上アルミは4.0mm以上)は必ずヨリ線になります。ヨリ線の場合は、断面積で表し、2mm2や5.5mm2であらわします。そして、現場などでは、これを2スケ(2sq)、5,5スケ(5.5sq)といいます。あるいは、スクエアーは正方形のことですから、四角の記号(□)で表すこともあります。つまり、2.0□、5.5□など。

余談ですがですが、円の直径と円の断面積の関係は、
円の面積=半径×半径×円周率で、
半径は、直径÷2ですので、
円の面積=円周率×(直径/2)^2
    =円周率×(直径)^2/4
という関係式になります。
これから逆算していくと、
およそ、
2.0mm2の断面積→直径1.6mmの短芯
5.5mm2の断面積→直径2.6mmの短芯(2.6mmでは約5.3mm2ですがかまいません。)
とほぼ同じということになります。

Q電気式のタコメーターは、どこからどのように信号を取ったらいいのでしょうか?

電気式のタコメーターは、どこからどのように信号を取ったらいいのでしょうか?
また、電源はどの辺りから、どのように取ればいいのでしょうか?

タコメーターの付いていないバイクに、タコメーターを取り付けようと考えています。
車体はKDX250SRです。
タコメーターはRGVガンマ250(VJ21A)です。

一般的な話でも結構なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、車ですがタコメータ無しのモノに汎用メータは付けた経験があります。
以下、文章で簡単にご説明致しますが、機械的な専門用語は
ご自身でお調べください。

・お持ちのタコメータを見た事がないので何とも言えませんが
 タコメータには以下の配線があるはずです。
-タコメータ電源プラス(無いモノもあります)
-照明電源プラス
-タコメータ電源、照明電源マイナス
-パルス入力

・タコメータ電源は言わずもがなメインスイッチを入れてONになる箇所です。
 キーボックスからの配線を良くみればわかると思います。
・照明電源はポジションをONにした時に通る配線です。
 左手ライトスイッチがあれば、そこから調べて接続します。
 (常時点灯車なら、メインと共締めで良いと思います)
・マイナスは…アースです。
・問題のパルス検出ですが、通常はイグニッションコイルの所から出します。
 簡単にいうと、プラグに繋がっている配線の根元についている部品です。
 (プラグキャップ~コード~イグニッションコイル)
 イグニッションコイルにはプラスとマイナスの電気が来ていて
 通常はプラスより取りますが、タコメーターにより取出し方法が異なりますので
 これは試さないと判らないでしょう。

以上が取付概要ですが、車種(気筒数)によりパルスが異なります。
汎用品メータには切替スイッチが付いていますが、流用にはありません。
接続しても、正常な回転数を指さない場合があります。

以前、車ですがタコメータ無しのモノに汎用メータは付けた経験があります。
以下、文章で簡単にご説明致しますが、機械的な専門用語は
ご自身でお調べください。

・お持ちのタコメータを見た事がないので何とも言えませんが
 タコメータには以下の配線があるはずです。
-タコメータ電源プラス(無いモノもあります)
-照明電源プラス
-タコメータ電源、照明電源マイナス
-パルス入力

・タコメータ電源は言わずもがなメインスイッチを入れてONになる箇所です。
 キーボックスからの配線を良くみ...続きを読む

Q収縮チューブを収縮させる方法

収縮チューブを購入したのですが、うまく収縮させることができません。
ドライヤーであぶってみたのですがどうも・・・。
収縮チューブをうまく収縮させる方法についてお願いします。

Aベストアンサー

家庭用のドライヤーならかなり近づかないと収縮しません。
200W程度のドライヤーでは無理かもしれません。
ヒートガンは1200Wあり、風の噴出し口も加熱のために太いストロー程度まで絞っています。
皮膚なら火傷するぐらい近づけてください。
現場でヒートガンが無い場合ライターの火の中に入れるぐらい加熱します。


人気Q&Aランキング