AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

木製の連杭花壇柵を購入しました。
素材は、焼杉です。商品のサイズは長さ120cm×高さ30cm×厚み3cmです。
庭の傾斜部に、土留めとして、半分程度埋めて使用する予定です。
手前側は、畑、花壇の予定です。


何も塗装しない場合、耐用年数は、どれくらいと考えればよろしいでしょうか。非常に日当たりがよいところで使用しますが、半分土にうめるので、腐食が早いようにも思います。
くさって、ボロボロになり、土留めの役割をはたさなくなるのは、どれくらいの期間と考えればよろしいでしょうか。
希望としては、10年くらいは、もってもらいたいと思っております。

また、塗装したほうがよい場合、お勧めの塗料を教えてください。

A 回答 (3件)

よくある一般的な焼き杉の柵かと思います。


我が家では日当たりが悪く何時もジメジメしていますが、もう10年は持っていますよ。
ただ、さすがに杭になる土の中に入る部分は、2-3年でご存じのようにぼろぼろに風化して役を成しません。
が、その杭を交換する事で今まで使って来れたかと思います。

最初の頃は胴縁と言われる幅5cm 厚み2cmほどの材料で補強したりしていましたが、それも2年ほどで腐ります。
その後、植栽の高木などの支柱の防腐剤入りを譲ってもらって杭として使っています。
5年ほどたちますが、杭自体の風化はありませんが、ボチボチ本体の方が痛み出しました。

本来焼き杉はその自然の風合いを楽しむものです。
焼くことによって、杉に害虫がつかなくなり、また耐用年数を長引かせるための先人の知恵です。
ペイントを塗るのであれば、何も焼く必要はないわけです。

適当な杭が見当たらなければ、ペグと呼ばれる鉄製の杭を打ち込んで代用もできます、要は地中の腐食は避けられませんので、代用品でカバーすることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地中に埋める使い方は、ダメなんですね。
実際に使用されている方のご意見、大変参考になりました。
代用品を考えてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/28 03:39

>10年は無理でしょう。


「塗装なしでは」、が冒頭に抜けておりましたね。
こんなのもあるようです。まあ似たようなものでしょうが。
http://www.kanpe.co.jp/products/013/index.html
http://www.kanpe.co.jp/products/178/index.html
同じく耐用年数まではわかりません。
http://www.kanpe.co.jp/company/index.html
No.1のアサヒペンか、この関西ペイントを、ホームセンターあたりではよく取り扱っています。
もし現物が店舗になければ取り寄せてくれるでしょう。
なんか迷わせるようでごめんなさいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
2年しかもたないのは、かなり厳しいですね~!
塗装も、大変そうです。
もう少し、考えてみます。

お礼日時:2009/04/27 09:13

10年は無理でしょう。

せいぜい2年ぐらいでしょうね、3年もてばいいほうじゃないですか?。
塗料はこれが良いのではないですか?。
これ=http://www.asahipen.jp/product/detail.php?top_ca …
関連商品もあるようです。耐用年数はよくわかりませんが、メーカーに電話して聞かれてみてください。
http://www.asahipen.jp/company/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土に埋める木材を腐食させない方法

知り合いの息子たちが
卒業記念に記念樹を植え、その横に
卒業生の名前を書いた木材の柱を埋めるそうです。
子どもたちが成人するまで(後8年くらい)は腐食させないで
しっかり立たせておきたいということです。
そこで質問です。
土に埋めた木材を、腐食しないでもたせる方法を教えてください。
「焼く」とかという方法もあるようですが・・
「防腐剤を塗る」という方法もあるようですが・・
それぞれの注意点、手順、その他の方法など、教えていただけたらうれしいです。
安価で簡単な方法がベターです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一番簡単なのは焼き杭にする事です。
ペール缶などに木っ端材などを入れ炎を上げ杭を炙る感じにすればOK。
最後に水をかけておかないと燃え尽きる場合がありますので、ご注意を。

Q花壇の木製柵の防腐処理

井形の木製柵を土に直接打ち込みます。
防腐材を塗布しました。

少しは長持ちさせたい場合
何かよい方法教えてください。

油性ペンキ、セメントの残りがあります・・・。
役に立てばよいかなと思いまして。

Aベストアンサー

防腐剤を塗っても土に挿せば腐敗は進行しますから、土に挿さない方法を
考えられた方が良いかと思います。

防腐剤を塗って怖いのは、溶けだした防腐剤が植物に影響が出る事です。
塗料と同じなんだから溶けだす事は考えられないと思うでしょうが、土に
含まれる水分によって徐々にですが成分は溶けだします。
防腐剤を塗ったから腐らないと考えるのは間違いです。土に挿す以上は必
ず腐敗します。防腐剤を塗ったら腐敗する時間が少し長くなるだけです。
セメントは使い道がありますが、油性ペンキは意味がありません。

まず木製柵を更に腐敗させないようにします。ホームセンターの塗料売場
に行き、撥水性ステインと言う塗料を購入します。普通の塗料は塗っても
水を掛けると浸み込んでしまますが、この塗料を塗ると水を弾くので、通
常よりは腐敗しにくくなります。防腐剤を柵の全面に塗って完全に乾燥を
させてから、この撥水性ステインを塗って十分に乾燥させて下さい。
次に木製柵が完全に乾くまで、柵を取り付ける準備をします。
まず木製柵を土に挿す部分にコンクリートブロックが埋まる程度の穴を掘
ります。地面よりコンクリートブロックが5cm出る程度の深さにします。
コンクリートブロックに穴が開いていますが、この穴に柵の土に埋める部
分を挿し込みます。セメント1:砂3の割合で良く混ぜて、水を少しづつ
入れながら練り合わせます。これをモルタルと言います。柵を手で固定し
たままモルタルをコンクリートブロックの穴に入れて下さい。モルタルは
少し固めに練った方が入れやすいと思います。柵を入れない穴もモルタル
を入れます。
これで土に常に触れなくなるので、通常よりは長持ちするはずです。

地上部に出ている木製部分は、1年毎に撥水性ステインを塗って下さい。

防腐剤を塗っても土に挿せば腐敗は進行しますから、土に挿さない方法を
考えられた方が良いかと思います。

防腐剤を塗って怖いのは、溶けだした防腐剤が植物に影響が出る事です。
塗料と同じなんだから溶けだす事は考えられないと思うでしょうが、土に
含まれる水分によって徐々にですが成分は溶けだします。
防腐剤を塗ったから腐らないと考えるのは間違いです。土に挿す以上は必
ず腐敗します。防腐剤を塗ったら腐敗する時間が少し長くなるだけです。
セメントは使い道がありますが、油性ペンキは意味がありま...続きを読む

Qクローバーを芝生代わりに植える事について

来月、生まれてはじめて自分の庭を持つので
今からガーデニング出来るのを楽しみにしている者です。

いつもこちらには大変お世話になっているのですが、
「芝は手入れが大変」「クローバーの庭もステキ」
などという、過去のいくつかの回答を拝見して、
南の芝生を植える予定だった所に、
クローバーの種をまいてみようかな、と思い始めました。

その方が早く「緑の庭」になりそうだし、
お金も掛からず、手入れが楽かなぁ…という理由からです。

そこで、実際にクローバーを植えられた方に質問なのですが、
(1)クローバーを庭に敷き詰めてよかった事はなんですか?
(2)反対に困った事はありますか?
(3)クローバーにはアブラムシがつくと思いますが、
 他の植物に悪い影響などはありませんか?(他の花も植える予定です)

6歳と3歳の子どもがいて、庭では子ども達を遊ばせる予定です。
(草の汁で服を汚すのはかまわないので…)
アドバイス等ございましたら宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるにはかなり無理が必要です。

思い出してみてください。公園でクローバー(シロツメクサ)が密生していることがありますが、それは「部分的」だったのではないですか?芝生の公園の片隅にあるいは芝生に混ざってシロツメクサが生えることはあっても、シロツメクサだけがグランドカバーとして育っているところはまず無いはずです。

根が浅いために、他の雑草が生育しやすく、タンポポやナズナ、その他いわゆる雑草がどんどん増え、結局は何も手入れをしない空き地と同じ荒れた状態になります。冬には根も枯れる部分が必ず出てきますから、翌年は「部分的なハゲハゲ状態」から出発し、再び除草と殺虫の繰り返しです。

一方芝生は、葉よりも根です。早春や初夏には他の雑草が生えてきますので2週間に1度の芝刈りは必要です。けれども、害虫は皆無と言ってよいほどですから殺虫剤は不要です。

年間の管理は芝刈りと若干の施肥だけですので、トータルとしての管理は非常に少ないのです。一度生育してしまえば、メンテナンス費用は非常に少ないのです。

総じて、芝生で「手間とお金がかかる」とお思いの方なら、他のどの植物でもダメです。芝生が最も安価で手間がかからないからです。

■ガーデニングはトライアンドエラーです。私も現在の芝生にするまでに品種や植え方など4年をかけています。クローバーを試すこともなさってもよいですが、徒労に終わることと、お子さんが緑の絨毯で遊ぶチャンスを逸しないことを願います。

■悪いことは申しません。基本は芝生で、日当たりのよい一部分にクローバーの種をまいておき、春にシロツメクサの花が咲いて花輪を作れる程度にしておくことをお勧めします。

誰の浅知恵かわかりませんが、クローバーは庭には向きません。失敗します。庭は一時のものではなく1年を通じて考えなくてはなりません。

クローバーは早春から生育しますが、根の張りが非常に浅く、乾燥に弱いのです。ですから、年中水をやらなくてはなりませんし、一旦夏の暑さで枯れると、土の地膚が露出し、砂埃も立ちます。また、葉や土中に虫が付きやすく、殺虫剤が欠かせません。

そもそもクローバー(レンゲの類)は田畑の休耕期にはやして、そのまま耕し肥料にする目的ですので、一年中育てるには...続きを読む

Q花壇の仕切りの木 腐りますか?

よろしくお願い致します!

ホームセンターで薄い杉板を購入し、木材用のペンキを塗って花壇の仕切りとして使っています。
ペンキはウッドデッキ用で、2~3年おきにペンキを塗りなおして使おうと考えていました。
木は土に直に置いていて、設置して一年経ち、今は特に変化はありません。

転勤で家を3年程空けることになりました。
仕切りの板は腐る、または白アリが来てしまうなら、処分を考えています。

処分した方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
うちはホームセンターで売っている枕木を鉢植えの台として3箇所のコンクリートの上に置いていましたが、日が当たらない所の枕木だけ5年目で裏側にシロアリが発生しました。

土の中に埋まっている部分は常に湿っていると思うので雨が多い年だと腐ってくると思います。
3年間様子を様子を見に帰って来られないなら処分されたほうが安心です。

誰も住まないのであれば、お庭の雑草対策に除草剤を撒いたり雑草予防のシートなど活用されはと思います。

Q屋外で使用する材木選び

こんばんは。え~夏までに犬の為にウッドデッキを作ってみようと思ってますがDIY木工は初めてなので疑問だらけで困っています。みなさまからアドバイスが頂ければ幸いです。 住宅同様贅沢に檜で(香りもいいし犬も喜ぶ?)・・・と軽い気持ちでいたら高額のため断念>_< ホームセンターにあり価格的に気になる材料は、インセンスシーダー材・杉荒材・赤松荒材・米栂などです。(耐久性は10年とか望んでません)(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)  (2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?塗らなくても5年持てばOKってかんじです。鼻がいい犬の為にも無塗装の方が良さそうですし・・・ ちなみに加工・組み立ては、ブラッ@アンド@ッカーの電動ノコギリ(丸ノコは恐いので)とインパクトドライバー購入予定です。  (4)ウエスタンレッドシーダーとレッドシーダーは同じモノですか?ちなみに日本語だとシーダー=松ですか? 無知なド素人ですが楽しそうだから自力で作ってみたいです、アドバイスお願いしますm(__)m 

こんばんは。え~夏までに犬の為にウッドデッキを作ってみようと思ってますがDIY木工は初めてなので疑問だらけで困っています。みなさまからアドバイスが頂ければ幸いです。 住宅同様贅沢に檜で(香りもいいし犬も喜ぶ?)・・・と軽い気持ちでいたら高額のため断念>_< ホームセンターにあり価格的に気になる材料は、インセンスシーダー材・杉荒材・赤松荒材・米栂などです。(耐久性は10年とか望んでません)(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)  (2)屋外使用だからやは...続きを読む

Aベストアンサー

(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)
一般にはレッドシダーが多いですが、それほど長期間保たなくて良いなら、杉でも他の間伐材でもOKです。
ちなみに耐朽性では「檜>杉・松>栂」の順です。
ただし、表面は綺麗にペーパー掛けしてあげて下さい。
棘がたつと犬も可哀想ですし。(^^ゞ

(2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?
私は、ウッドデッキを作る場合、御施主さんが、自然素材にこだわる場合には「オスモカラー」という塗料をつかっています。

むむ(3)が無い(笑)

(4)ウエスタンレッドシーダーとレッドシーダーは同じモノですか?ちなみに日本語だとシーダー=松ですか?
同じ物です。米杉とかカナダ杉と呼ばれる物ですね。
でも「シダー」は「杉」の事なのですが、米杉は「杉」ではなく「ネズコ」と呼ばれる木材で、檜の仲間です。
ですので、朽ちにくいため、屋外で使われています。

デッキの規模にもよりますが、工具はそれで良いと思います。
もうちょっと言うなら、木材の垂直、水平を出すために「水平器」があると良いと思います。

作業の際は、安全作業でがんばってください。

ご参考までにどうぞ。

(1)どれが適していますか?(他にオススメがありましたら教えて下さい)
一般にはレッドシダーが多いですが、それほど長期間保たなくて良いなら、杉でも他の間伐材でもOKです。
ちなみに耐朽性では「檜>杉・松>栂」の順です。
ただし、表面は綺麗にペーパー掛けしてあげて下さい。
棘がたつと犬も可哀想ですし。(^^ゞ

(2)屋外使用だからやはり耐久性・美観のために薬品は塗布しなくてはならないものなのでしょうか?
私は、ウッドデッキを作る場合、御施主さんが、自然素材にこだわる場合には「オスモカ...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qお宅の庭を造るのに費用はどの位かかりましたか?

漠然とした質問ですみません。

現在、私の家の周りは建てた時のまま大きめの砂利を敷いた様な感じになっています。排水の桝(?)なども高さを揃えるところまでもしていません。

この度、庭づくりを始めたいと思うのです。
インターロッキングを敷き、少しばかり花壇を作りたいと思っています。ウッドデッキなども考えています。
広さや家の状況でかなり違うとは思いますが

「自分の家の庭はこんな感じで、この位かかりました」

という経験談をお聞かせいただけないでしょうか?
ご自分でされた方、業者に任された方、どんな些細な事でも構いません。
色々な方のお話を参考にしたいと思っています。
一体、どのくらい費用がかかるのか想像できません。宜しくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。ガーディニング、楽しいですよ。うちは、5年前に新築しました。外溝は業者に見積もってオープン外溝、カーポート付きで100万円ほどでした。その後、知り合いの造園業者に依頼して、主木を2本と飾り木を数本植えてもらいました。20万円程度でした。植えた木の内訳は、玄関横に、2mのサルスベリ、南がわ正面に、2.5mのハナミズキ、家の正面に梵天つげ5本、垣根として、霧島つつじ20本です。
自分でしたのは、庭の奥に山茶花を植えました。砂利と土の境目に竜のひげを約10m程度植えました。30センチの敷石4個を入れました、などです。これらは、近所のホームセンターで購入しましたので、2~3万円程度だったと思います。
花壇は、土を盛り上げて、周りを小さな木製の柵(これもホームセンターで買いました)で囲ったものが2か所あります。
ウッドデッキも当初は考えましたが、経年とともに手入れが大変と聞き、やめました。見積もりでは、2畳程度で10万円ほどだったと思います。
庭造りで大切なのは、当初は希望が膨らみ、あれもこれもと思い勝ちですが、植物は育ってきますし、落葉樹は秋になると葉が落ちます。掃除も大変です。それと、和風か洋風かで植える木の種類も違ってきますし、選定もしなくてはいけません。それを考えると、出来るだけ手のかからないポピュラーな木が良いと思います。盆栽や鉢植えが100鉢ほどありますが、置き台などは、建築中の工事現場からしっかりした廃材や少しだけ欠けているブロックなどををタダでもらってきて、自分で作りました。
私は、盆栽、妻は花壇で庭造りを楽しんでいます。
がんばって素敵な庭を造ってください。

こんにちは。ガーディニング、楽しいですよ。うちは、5年前に新築しました。外溝は業者に見積もってオープン外溝、カーポート付きで100万円ほどでした。その後、知り合いの造園業者に依頼して、主木を2本と飾り木を数本植えてもらいました。20万円程度でした。植えた木の内訳は、玄関横に、2mのサルスベリ、南がわ正面に、2.5mのハナミズキ、家の正面に梵天つげ5本、垣根として、霧島つつじ20本です。
自分でしたのは、庭の奥に山茶花を植えました。砂利と土の境目に竜のひげを約10m程度植え...続きを読む

Q庭木を植える土について

庭に木を植えようと画策して、庭を掘ってみたのですが、
表面の10cm以下の深さのところは、粘土質の土で
石ころもガンガン出てきます。
このまま木を植えても、土の量が足りずに、盛り土に
できません。
このような場合は、赤玉土や鹿沼土などを補充すれば
良いのでしょうか?
ホームセンターに行っても、ただの土が売っていないので
迷ってしまいます。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このように植物は上の住み分け、地下の住み分けをして限られた土の
使用配分を行っています。
 この理屈分かりますよね。 ので最初に何を植えるのと聞いたわけです。
 単純に購入した庭木の根を包んでいる根鉢の三倍云々という単純な発想でやってしまうと何年後かにかれたんです。 ということになります。
 また購入する土ではなく現在の土をやわらかくするために相応の完熟した腐葉土や堆肥(バーク)を石ころを取り除いてから十分な深さ」・広さの穴に入れてから混ぜながら植床を作ってなおかつ堀りあげた土に同じように混ぜて埋め戻すというのが一連の植栽の過程です。
 さらに庭木によっては水鉢を作って水極が必要なものや逆に一切の水を必要としない土極もありますので注意が必要です。
 一般的には広葉樹は水極、針葉樹は土極と言われていますが絶対ではありません。 植栽する地域の特性やその時期、根鉢の状態、植物の現在の状態などいろいろと判断する材料があります。
 植えてから枯らす場合の大半はこの植え込みの段階での判断ミスが90%、以後の管理ミスが10%です。
 本職が枯らしてしまう場合も同じです。 ですから枯保障しますなどという戯言を彼らは言うのです。 最初から分かっているのです。
 
>ただの土が売っていないので迷ってしまいます。
  一般の土は普通地元の山を切り崩して発生させる山砂系(あるいはまさ土)は建材店にあります。
 大きいところは自社で土取場を持っています。 そういうところから
購入するか造園やさんからですね。

植栽する樹木によってまったく違いますよ。
つまり植物はその最大樹高と比例するように根っこの部分もその深さと広さが要求されます。
極端な言い方をすれば
「黒松」が地上部の占有体積が最大で直径15mの球体になると仮定すれば根っこの部分(地下部)その三分の一は必要です。(楕円状)
 一方「南天」は高さが2mx1m程度ですから地下は。0.7x0.3 。
 つまり根の深さは30センチ程度で済みます。 それ以下は砂利層であろうと粘性であろうとさほど通常の生育活動には問題ありません。
 このよ...続きを読む

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング