表題の通りです。
外国のメーカーから輸入する商品に関して、安全保障貿易管理関連貨物に関する該非判定書の提出を要求せねばなりません。
この場合、英語でこの判定書を何と呼ぶのかご存じの方がいらっしゃいましたら、どうぞお教えください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



>安全保障貿易管理関連貨物の該非判定書

>英語でこの判定書を何と呼ぶのか

「該非判定書」は、"Parameter Sheet" のことですが、そのまま訳しても通じないと思います。日本から輸出する際に使用されるもので、特定の製品に対する、戦略物資等に関する非該当リストです。

「該非判定書」は、たぶん、説明すればこういうことかな?

Parameter Sheet, list of the technical data which is not related to any restriction subject to Export Regulation or Military End-Use Control.

ただ、輸出の問題ですから、相手側が、そういう用意があれば輸出用のドキュメントに添付すると思いますが、再輸出でもしない限りは、あまり輸入側が要求するものではありませんね。現役を離れていますので、あまり自信がありません。こういう書類は、ここ最近のことだそうですね。

参考にしたところ:
http://www.fa.omron.co.jp/support/export/
安全保障輸出管理:オムロン制御機器

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございました。大変参考になりました。
ただ、一つお訊きさせていただいてもよろしいでしょうか。この書類(該非判定書)というのは私も初めてでよく分かっていないのですが、おっしゃるお言葉からは「あくまで日本からの輸出にかかるもので、日本国内だけで有効な概念であり、輸入品に関して外国のメーカーからこのような書類を調達することは(日本国内で有効な書類である以上)意味がない」ということなのでしょうか。
またこの書類は、「日本からの輸出だけにかかわる」ものなのでしょうか?
基本的なところがサッパリ分かっておりませんで申し訳ございません。さらにご回答いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

補足日時:2009/05/01 08:58
    • good
    • 0

こんばんは。



>国内で販売し、販売先から該非判定書の提出を求められたときに、輸入先(アメリカのそのメーカー)からの輸出にかかる判定書を送ってもらい、それを根拠に判定書を作り直す」

理屈では、OKだと思います。後学のためにも、もらえれば、それに越したことがないと思います。それを元に、新たに、該非判定書を作ることも可能だろうとは思います。(ここらは自信がありません。経験的に相手との信頼関係だと思います。私は、機械系はドイツの会社数社との取引をしていましたが、頼めば、内部資料でも渡してくれました。)

ただ、相手から、念を押される可能性があります。通常、エージェント権は、日本内だけしか与えられないので、再輸出は、不可と言われることが多いです。それは、国内商品でも卸で仕入れているものに関しては、同じことを言われるはずです。日本の商社で、第三国を経由して、北朝鮮に流れた機械製品がありましたが、そういうことでも、一応、当局から調査されるだろうし、痛くない腹を探られないとも限らないので、どこの会社でも、再輸出は神経質になるだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。このたびは大変お世話になりましたが、おかげさまで、助かりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/21 12:10

こんにちは。



>おっしゃる言葉からは「あくまで日本からの輸出にかかるもので、日本国内だけで有効な概念であり、輸入品に関して外国のメーカーからこのような書類を調達することは(日本国内で有効な書類である以上)意味がない」ということなのでしょうか。

これ自体は、形こそ違え、同盟国側(旧COCOM)の共有の規定です。「意味がない」というよりも、輸入の際には必要とはされないでしょうね。外国メーカーが輸出する際には、輸出の歳の検査が入るので、相手が共産圏でなくても、該当するもので必要なものなら作るはずです。

私自身は、日本では輸出検査に引っかかるものでも、相手側から同様製品を送付し入手した際に、そのような書類を見せられた覚えがありません。たぶん、相手(米国)側は、許可を取っていたはずです。身近な例をいうと、米国製品のMicrosoft Office のソフトウェアを、日本から輸出する場合は、日本独自の該非判定書が必要になりますが、元のデータは米国で作られたもののようです。

FAQ: Export Microsoft Products 米国
http://www.microsoft.com/exporting/faq.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私にとっては大変難しい概念の懸案でしたが、おかげさまでよく理解することができました。
もしもこれを読んでいらっしゃったらお教えいただけるとさらに嬉しいのですが、「輸入品(例えばアメリカ)を国内で販売し、販売先から該非判定書の提出を求められたときに、輸入先(アメリカのそのメーカー)からの輸出にかかる判定書を送ってもらい、それを根拠に判定書を作り直す」という作業で妥当なのでしょうか?
何度も申し訳ございません。もしもお分かりでしたら、お教えくださいますと幸いです。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2009/05/01 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q該非判定は英語で何と?

該非判定のためのシートはパラメーターシート・・・?
では“該非判定”自体は英語でなんと言うのでしょうか?
できればスペルも知りたいのですが・・・。
ご存知の方お願いします!

Aベストアンサー

ご相談者様へ
ただ単に、parameter sheet
Parameterではないでしょうか?
管轄は経済産業省ですので、
安全保障貿易管理
安全保障貿易管理課へご確認すれば間違いないです。
輸出管理についての
  一般的な問い合わせ
安全保障貿易相談窓口
    TEL:03-3501-3679

個別商談に関する輸出  
  申請についての御相談
安全保障貿易審査課

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/anpo/index.html

Q該非判定書

該非判定書の英訳を大至急知りたいです。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

どういう目的で誰に(海外相手?)にその英語を使いたいのか分かりませんが、この用語自身、日本のルールですので、事情を英語で分かりやすく相手に説明するしかないでしょう。

なおパラメータシートというのは、対象商品が、非該当(あるいは該当)かをチェック項目ごとにYes/Noや数値で回答しながら、該非判定するための様式です。対象商品分類毎に様式が違います。CISTECという経済産業省外郭団体が有料販売しています。かなり高い(最近は購入経験ないので分からないが)このシートでの判定が非該当なら非該当書類と同意義、あるいは非該当説明の1方法とといえます。もし該当なら非該当とはいえませんよね。

直接の回答でなくすみません。

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

Q輸出管理のおける該非判定書とは

 輸出管理の担当ではないのですが、
参考までということで書類に目を
通しています。

 辞書に載っていないので、輸出管理
関係の法律用語かと思うのですが、

該非
および
該非判定書
とはなんでしょうか?

何かに該当する否かということかと
想像していますが、よく分かりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昔は戦略物資に関する非該当証明書と言っていました。
最近は、大量破壊兵器に関する物のようです。

コンピュータ関係などの場合は、1秒あたりの計算回数やA/D変換能力などが対象になります。インターネットエクスプローラなども暗号化機能があるため対象になります。
ただし、パソコンの場合はだいぶん緩和されています。

コンピュータ以外にも薬品やミサイル等の部品、航空用GPSなども対象になります。
 管轄は経済産業省になります。輸出貿易管理令で検索すればなにか参考になると思います。

 お役に立てば幸いです。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Q貿易用語のFCAってどこまで含まれるの?

FCAについて色々説明が書かれていますが、
FCAの時、輸出通関は売主が行なうのか、それとも買主側?
指定運送会社の倉庫に入れるまでということは、通関費用は買主?
売主の費用負担の範囲と責任の範囲を詳しく教えてください。

あと、FCAとEX GO DOWN XXXとの違いを詳しく教えていただけませんか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
FCAの輸出通関は売主或いはSHIPPERサイドです。
FCAで移転するのはあくまでリスク移転です。

FCAは主に、航空貨物で比較的多用されるので、
航空貨物を例にたとえます。
FCAのCAはご存知の通り、キャリアーです。
例えば、JLやCXなど。
貨物が、JLに渡った時点を境に
保険等、損害賠償の求償権が買主側に移ります。
売主(SHIPPER)は、貨物をAIR出荷しようとするとき、
直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。
まず、事前に航空代理店(FORWADER)に引き渡し、FORWADERが
通関を行って許可が上がってから(実際はほとんど同時ですが)
CARRIERであるJLなどに貨物が渡ることになります。
ですので、通関は売主あるいはSHIPPERの負担となります。
その点では、FOBとほぼ同義と考えて良いでしょう。

尚、EXGは、インコタームズの規定にはありません。
これはあくまでも輸出を前提とした国内(或いは或内)取引で
買主の指定場所渡し というだけの条件です。
この場合、指定場所までのリスク負担は売主のものとなります。
また、通関は買主が行います。

、、、、という解釈の立場で、FCAやEXGの取引を今まで行って
きたのですが、、、もし他の方のご回答が違うようでしたら
真っ青です^_^;。
あまり詳しく書けなかったのですが、ご参考になれば幸いです。

色々、HPなどで調べられたかと思いますが、
ご参考までにインコタームズの説明のあるURLを
リンクにはっておきますね。

参考URL:http://law.rikkyo.ac.jp/97zemi/970623.htm

こんにちは。
FCAの輸出通関は売主或いはSHIPPERサイドです。
FCAで移転するのはあくまでリスク移転です。

FCAは主に、航空貨物で比較的多用されるので、
航空貨物を例にたとえます。
FCAのCAはご存知の通り、キャリアーです。
例えば、JLやCXなど。
貨物が、JLに渡った時点を境に
保険等、損害賠償の求償権が買主側に移ります。
売主(SHIPPER)は、貨物をAIR出荷しようとするとき、
直接JLやCXに引き渡すことはまずありません。
まず、事前に航空代理店(FORWADER)に引き渡し、FORWADERが
通関を行っ...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

QPlease be advised

たまに仕事で使う英文で「Please be advised that ...」という表現を目にします。これは「...を報告します。」という意味で良いのでしょうか。
また、どの様なニュアンス(丁寧さとか)の言い回しになるのか教えてください。例えば、I inform that...とはどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。

Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。

I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。

Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて...続きを読む

Q貿易termのCIPとCIFの違いについて。

貿易termのCIPとCIFの違いについて。

私は、AIRで輸出を手配することがあるのですが、今までCIPとCIFは同じと考えておりました。
いざ調べてみると違うようですが、どうも違いが理解できませんでした。
分かる方、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

CIPもCIFも、Cost・Insurance・Freightが含まれる取引条件ですが、
危険負担と費用負担が輸出者から輸入者へ移転する時期が異なります。

CIPの場合、危険負担と費用負担が、最初の運送人(AIR場合、フォワダー)へ貨物を引き渡したときに輸出者から輸入者へ移転します。

CIFの場合、危険負担と費用負担が、本船甲板上(正確には貨物が本船の欄干を超えたとき)で輸出者から輸入者へ移転します。
つまり、本船甲板に貨物が移動するまで(例えば、はしけ上にある貨物)は、危険負担と費用負担は輸出者にあり、そこまでに貨物が破損などした場合、輸出者は貨物の代替もしくは求償などを行なう義務があります。

QFOBとCIFについて誰か教えてください…

外国から物を輸入するとき、FOB Los Anjeles $3,000とCIF Yokohama $3,000では価格面でどちらが安いのでしょうか?FOBとCIFについては調べてみて、CIFの方が輸入者負担が少ないことはなんとなくわかったんですけど、ちゃんと理解しきれていなくて、こうなるとわからなくなってしまいます(;_;)こんな初歩的なことでごめんなさい。。誰か教えてくれませんか?

Aベストアンサー

すみません。まだ締め切っていないようなので、ひょっとして基本的な部分で困っているのかな?と余計な一言です。

外国からものを輸入するときにかかる費用は、大まかに
1.ものの値段 (COST)
2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など
3.保険料   (INSUANCE) になります。
もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが...

先の回答者が既に答えられていますが、
FOBは、Free On Board (貨物の本船渡し~ものが船に積み込まれてから以降の費用、つまり輸送費・保険は受け荷主の負担)
C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担)
CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ)
といった形になります。

参考までに書き込んでみました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報