迷いに迷ったあげく、何をしても買っても もっとより良い方法があったのではないかと 必ず後悔します。 どう気持ちを切り替えれば後悔せずに最善だったと思うことが出来るのでしょう? 克服された方、いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私は、「その時は、そういうタイミングだったんだ。

」と思うことにしています。
買った本がはずれだった時も、けんかしたときも、うまくいったときも、何にしてもタイミングの問題で、もし違うタイミングだったらまた違うだろうなぁ、と達観するようにしました。
(そういうしないとやってられないこと、とき、迷い、痛み、いろいろありましたもん。)
迷うことさえ、「今は迷うタイミングなんだ」と刷り込まれてます(訂正:刷り込みました。)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

タイミングが違えば違った結果をもたらすのでそこで後悔が生じます。
達観できるのは時間がかかりそうです。
ありがとうございました。 

お礼日時:2001/03/11 14:01

lalalalululuさんは、本当の後悔をしたことがないですね。



冷や汗が枯れるような本当に恐い経験をすると、迷うことを躊躇できるようになります。がんばって経験して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の後悔は殆どが金銭に絡むものです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/11 13:57

私の場合は、買い物に失敗すると、「これも経験の内」と割り切るようにしてます。

当たり前のことですが、いくら悔やんでも過去へは戻れませんし、やり直しも効きません。そんなことで苦しむのなら、その失敗を人生経験として長い眼でみた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。try してみます。

お礼日時:2001/03/11 13:56

私の克服パターンです。



僕もそうです、すごい迷い魔です。
だからなるべく後悔しないように散々見て回ったり、人に聞いたりHPで調べたり、それこそヘトヘトになって「この労力をお金に換算したら、もう買えてるかも・・」くらい思う時ありますよ。
彼女と一緒に買い物行くと彼女は疲れ果てるので一人で行くことにしてます。

そんな訳で買い物で後悔する事はほとんどありません。それくらいすると
「あれだけ調べたんだし、あっちの(買わなかった製品)はあそこがこうだったからダメだし、自分がホントに欲しかったのは、こっちだったんだ、これでよかったんだ」って思えます。
それぞれの製品の良いとこ、悪い所全部思い出せて箇条書きにできるくらいに・・
つまり「もっとより良い方法があったのではないか?」等と思う余地が無いくらい迷えばいいのです。(笑)しかし迷ったまま「ええい、こっちでいいや」と買ってはいけません! マージャンでもそれをやると必ず振り込みます。
決断しなくてはいけません。

それでも選択を失敗する時はあります、自分が迂闊だったと思う
ようにしてます。
「あー俺の失敗だ、熟慮とリサーチが足らなかった俺がいけない」
それでいいのです、失敗をきちんと認める事により後悔は生まれ
にくくなります。

何年か前その考え方になってからほとんど後悔は無くなりましたね。
以上、私の場合でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の迷いのパターンは 現地で散々迷い 止めーよ と帰った後 やっぱり買えばよかったと思うこと。それをしょっちゅうするもんだからこの前は もう一度出かけ直して買いました。(僻地に住んでいるので 買い物もたいそうなんです) でも 結局 あんまり使えなくて又後悔・・・。イタリヤで買ったグッチのバッグと時計も 止めーよ と一度店を出て、他の所を一周してから やっぱり欲しくて買いに戻りました。 でも 傷がつき易くて あまり使えなくて又後悔・・・。 
買い物に対するこだわりを整理できていないことが 失敗の原因ですね? 

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/11 12:15

人間40年もやっているとだんだんずうずうしくなり、特に「オバサン」という人種になると、「後悔」とか「迷い」と言う言葉とだんだん無縁になってきて・・・(笑)


かえって、lalalalalulululuさん(カワイイハンドルネームですね)を迷うこと、後悔することができる「しなやかな感性」の持ち主なんだって本当にうらやましく思いました。
年齢はおいくつくらいでしょうか?20代ならまだまだ「自分自身」とのおつきあいが短いわけですよね。「自分」が”こういう性格なんだ。どうしてもこういう傾向に物事を考える傾向らしい。”とよくわかり、自分で自分を客観的に外側から見られるようになると楽ですよね。「迷う自分」も肯定してあげたらいかがですか?人にさほど迷惑かけるわけでないし・・・ね!
経験上、私の場合・・・(あくまでも限定「私」です)

<買うか買わないか迷ったら> 買わないです。物との出会いもやはり「縁」!衝動買いはそれはそれ、その瞬間は純粋にほしいと思ったわけだし、安物買いの銭失いになっても「ストレス解消」の意味合いもあったのだと考えるようにしてます。
一番イヤなのはひとつの品物を消極的に「これよりマシそうなのがないから」と迷いつつ買うとやっぱり、その品物への愛がわきません。あとで後悔してしまいます。

<言うか言わないか迷ったら>注)この場合「恋の告白」除きます(笑)。言いません。こうして相手に言ったことはだいたい相手を不愉快にさせるか、こちらの真意を汲み取ってもらえないことがしばしば。親しい人に対するせっぱつまった「忠告」とか「注意」とかなら、まずきっぱりと最初にいってると思うので。迷っているということは相手との関係がそれに耐えうるものではないということが示唆されていると考える。

<やるかやらないか迷った場合>やります。やらない後悔より、やった後悔の方が自分を納得させられるので。ただし、本当にぎりぎり時間いっぱいまで考えます。

もう一度誤解のないように言いますがこれはあくまでも”私のチャート”です。長年の自分との付き合いから、こうすれば迷った場合はほぼ間違いないのでは?と考えてあてはめているわけです。ですからlalalalalululuさんの場合はまったく逆になることもありえるわけです。
あと、大事なことを言い忘れました!「優先」の感覚です。”今一番自分にとって大事なことはなにか?”それを常に念頭において行動すると本当に後悔はすくないですよ。
自分をもう一度客観的に見てみませんか?ラクになります!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

結局私の迷い・後悔は財力のなさが影響していると思います。お金があれば多少買い物に失敗しても又買えば済むし、その財力のなさは何処から来ているかと さかのぼってみたり・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/11 11:52

 いいじゃないですか、それで。

現実に自分の取った行動よりももっとよりよいものがあったんじゃないかと思うことは、裏を返せばそれだけあなたが貪欲(いい意味で)に更なる向上を目指しておられる証拠じゃないですか。今の自分に満足していないと言うことでしょう? 人間そう思わなくなったらおしまいですよ。ただし、純然と「後悔」の気持ちが強いだけというのなら話は別です。気持ちが後ろ向きになった状況をあなたがおっしゃっているのなら…でも、これは表裏一体のところがあって、どこで心理的な区別をつけるかは難しいところですね。単にうじうじと後悔している自分を改めたいとおっしゃるのなら、あんまりいいアドバイスにはなっていませんが、どこかでスパッと気持ちを断つような強さを身につけるしかないでしょう。的確な喩えかどうか分かりませんが、禁煙を決意するときのように。禁煙は大抵の場合失敗します。そして必ず後悔がつきものです。禁煙に成功する人は多くの場合必ずどこかで思い切っています。いや、思い切らなければ禁煙は成功しないのです。その、ある種の思い切り、強さを身につけなければ、「後悔病」もずっと続くのではないでしょうか。因みに私は高校時代に宮本武蔵の「我事において後悔せず」という潔い生き方に憧れ、しばらく(今もかな?)それを座右の銘にしていました。ついくよくよしそうになると、部屋に張っていたその武蔵の言葉を見て、自分を励ましていたことを思い出します(今から思えば、この言葉で実際私は生き方がかなり前向きになったような気がしています)。後悔しない人間なんていません。だからこそ皆、今を一所懸命生きようとしますし、過去の失敗を教訓にするのでしょう。どうぞ気持ちを切り替えるときには「思い切り」を心の核に据えてみてください。最初はなかなか切り替えられなくても、訓練していくうちにいつか吹っ切れる瞬間がやってきます。再び因みに、私は現在後悔もよくしますが、高校時代からの訓練のおかげで、後悔が強く足を引っ張ることはありません(ホントかな?)。後悔を教訓としてよりよい方法を模索することに時間をかけてます。この最後の一文の内容は、奇遇にもlalalalululuさんの最初の一文と酷似した文になってしまいました。やっぱりどうもこれは表裏一体のものみたいですよ…。(^。^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も「今を大切に、楽しく」を一応目指してはおりますが なかなか割り切れません。 今後は武蔵の心境で 思い切りよく生きるよう心がけます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 23:10

私は衝動買い癖があります。

後悔もします。しかし今は、よっぽどでないと後悔しなくなりました。自分の買った物を愛することです。つまりどんなものでも、それを選択して買ったのであるから、大切にしようと思い込むことです。金額で後悔しないためには、買った値段を使用回数で割るのです。たとえば、5万円の革靴を買ったとしましょう。3日に一度で約1年履いたとして、5万円を100日(回)で割ると、1回あたり500円になります。2年大切に履けば250円です。大切に長く使用すればするほど、一回あたりの単価は下がるわけです。逆の考えもなりたちます。3日で250円ずつ貯金すれば、2年で5万円の靴が買える。だからこの靴を買ったんだと。私はかなりの買い物をこの方法で行ってます。計算しているうちに冷静になり、衝動がなくなったこともあります。
参考になればさいわいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の買い物に対する後悔は やって来たことの後悔より甚だ多く 救われません。
郡部に住んでいて おしゃれして出かける回数も少ないのに ついつい 海外旅行などで友人に釣られて買ってしまいます。 当然あとは使う機会もなく 1回単価にすると相当なものになります。最近は極力買わないようにしていますが、私だけ買わないのって相当な根性が要ります。ですが今後はもっとシビアに単価を考えましょう。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/09 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT検査 断りたい

高校生です。今日の11:00にCTをする事になりました。

理由は私が過敏性腸症候群のガス型でげっぷが多いからです。

げっぷが上がって来やすい体なのか見るため医者からCTを進められました。

私は昨日CT検査をOKしたのですが…今日になって「CTは被曝多めだからしないに越した事はない、げっぷ程度でCTなんてナンセンスだ」と知人に言われてしまいました。

「えっ…被曝!?」と思いCTを調べてみて、初めてリスクを知りました。私も知人の言う通りだと思います。どうしてCT検査を了承したのだろうと後悔しました。

周りの人や母はたいした被曝量ではないと言いましたが、Webで調べた所、癌になる可能性が少し高くなるそうですし…今からでもCT検査を断りたいです…。

きちんと断れば良かったです。お医者さんも迷惑するでしょうし、わがままかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
まだまだ高校生の方ですから、あまりレントゲン又はCT検査を行う事はありませんが、あなた様が社会人として就職すれば、年1回は必ず健康診断はあります。通常ですと胸部のレントゲンは必ず撮影します。また状況によってはCT撮影もします。私もCT撮影は手術の際2回撮影しました。レントゲン写真では判断できない所もCT撮影は判断できるそうです。自分の健康の為に先生の指示になされた方がよいと思います。
No1の方がおっしゃるようにきりがないと思います。
お焦げを食べると一時期はうわさかどうかわかりませんが癌になる噂もありました。ほんとかどうかわかりませんがきりがないと思います。

Qトラウマを克服できた方いらっしゃいますか?

トラウマを克服できた方いらっしゃいますか?
どういうきっかけで克服されたのか教えてください。

Aベストアンサー

克服できるか出来ないか、それはトラウマの種類によると思うんです。


地下鉄サリン事件だとか、阪神淡路大震災みたいなものだと難しいと思います。何の落ち度もない自分に降りかかったことですし、いったい誰を許せと言うのですか?

性的虐待も同様だと思います。
何の力も持たず、武器もない無防備な状態の子供が負った傷は、やはり誰を許せと言うのでしょうか?

――こういうのは同じ境遇の人がいたり、誰かが一緒に悲しんでくれると薄れることはあっても、完全に消すのは難しいと思います。


私は子供の頃、繰り返し母親に、
「おまえは馬鹿だ。おまえは○○ちゃん(母が知的障害者だと思い込んでいる父方の叔父。母はこの叔父の悪口をしょっちゅう言っていた)に似ている。」
「私はお父さんと結婚した後に○○ちゃん(前出の叔父)と会って、この結婚は失敗だったと後悔した。」
と言われました。

そのことは子供の私には辛すぎる言葉でした。
そしてよく母は上の二人の姉と私を比べました。
「△△(長姉)は優しくて、よく気を使う良い子。がんばり屋よ。」
「××(次姉)は何でも一回で覚えるのに、何でおまえは何回教えても覚えられないの。本当におまえは○○ちゃんに似ているわね。」
「××は頭が良いのよ。担任の先生が××には5でなくて6を付けてあげたいって言ってたわ。」

そんな言葉を繰り返し言われると、もうナイフのように突き刺さります。
「おまえは気が利かない。馬鹿で無能だ。産まなきゃ良かった。」
と聞こえてしまいます。
でも、幼いながらにプライドがあるので平気なふりをしていました。

妹が小学校に上がってすぐのときは妹と一緒に下校中、妹と同じクラスの子が軽くではありますが妹を殴り、妹が泣いたので、その子を叱った話を母にすると、
「何であんたその子を殴り返さないのよ!!」
小6が小1の子を殴る…。それでは、こっちがいじめになってしまいます。
私はそんなことはしたくありません。言って解る子なら諭すことで終えたいのです。母は私に暴力まで強要するのです。

妹のランドセルに下がっていた飾りをいたずらで引っ張って壊してしまった子がいました。度々その子は妹にいたずらをしていたので、妹もついにその子を避けるようになってしまいました。
その子は反省して、妹と仲直りがしたいと私に相談してきました。
「素直に謝ったらいいよ。そしてもう妹が嫌がることは決してしないでね。」
そう言うと、その子は ほっとして、
「ありがとう、お姉ちゃん。一緒に遊ぼう!」と笑顔で言いました。
しょんぼりしていたのに、ぱっと明るい笑顔になったので私もその子のことは正直あまり良くは思っていませんでしたが、ちょっぴり嬉しくなって一緒に遊びました。

でも、母はその様子を見ていたのです。家に帰ると、
「何であんたはあんな子と遊ぶのよ!!あんたにはプライドってものがないの!!」
もう、嫌になってしまいます。馬鹿で無能の刻印の次は、プライドのない人間だと刻印を押そうとするのです。

はっきり言って、母は私のトラウマでした。
小学三年生の時に出会えた担任の先生がいなければ、私は自殺していたかも知れません。私はその先生を恩師だと思っています。
先生に出会うまで、私は誰からも認められたことがなかったのです。

母とのことは入園式や幼稚園の遠足に来て貰えなかったことなど、他にも色々ありますが、ここで不幸自慢をしてもしょうがないし、もうこの辺で辞めようと思います。(別回答でもっと詳しく書いたこともありますが。)
書いていると惨めな気持ちになってしまいます。
思い出すのは結構負担なのです。
(ここの話は子供時代編ですが、大人編もあります。ここまで書いたらもうついでです。もし、関心がおありなら…。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4232444.html  (回答No.25 *nonameです) 


>トラウマを克服できた方いらっしゃいますか?

概ね出来たと思いますよ。
方法は「汝の敵を愛せよ」です。ここで、詳しく回答しました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4425283.html  (回答No.1)

以前なら、ここに書いたことを書こうとすると、手が震えて涙が止まらなくなりました。でも、1/4程、母がらみで残っています。
それは母自身ではなくて、母を投影したものとも言えます。
これが消せたら、私の悩みがなくなったのと同じと言えると思います。
ここまで自力で出来たのなら、病院や専門家の力は借りずに克服したいですね。

克服できるか出来ないか、それはトラウマの種類によると思うんです。


地下鉄サリン事件だとか、阪神淡路大震災みたいなものだと難しいと思います。何の落ち度もない自分に降りかかったことですし、いったい誰を許せと言うのですか?

性的虐待も同様だと思います。
何の力も持たず、武器もない無防備な状態の子供が負った傷は、やはり誰を許せと言うのでしょうか?

――こういうのは同じ境遇の人がいたり、誰かが一緒に悲しんでくれると薄れることはあっても、完全に消すのは難しいと思います。


私...続きを読む

Q肺のCT検査

お世話になります。肺のCT検査をしようとおもっていますが、昨年、影がみつかり経過観をしていましたが、最終的に精神的に持たず、細胞検査をしてもらい、白でした。その,最終CT検査から1年が経ちますが、過去にタバコをすっていましたし、CT検査は初期で発見出来る可能性も高いと聞きます。経過観察をしていた病院は、私ががんでなかったため検査はできないそうです。ガンセンターでしたから。最近原発事故で放射線の影響が、クローズアップされていて、毎年CT検査を受けることは、いいのかなやんでいます。経過観察はCT検査を5回受けてます。それも、しんぱいです。50mシーベルトは年にかるくとっぱしているとおもいます。最後のCT検査から一年がたちますが、リスクとの闘いになり、ずっとなやんでいます。2年に1度くらいがいいのか、X線のみでいいのかもわかりません、あとで、後悔しないためには、うければ、というのが、正解ですかね。

Aベストアンサー

基本的に肺がんが疑われたら、3ヶ月に一回CTを撮って、増大傾向がないかということを確かめます。
そうでなければ、癌という可能性は低いと考えられます。
年に一度CTを撮るようにいわれていなければ、癌の可能性はあまり考えておられないと思います。
癌であったとして、一年で進行するかは正直人によるのでわかりませんが大丈夫ではないでしょうか。
小細胞癌はCTでおおむねわかりますが、やはり組織がわからないと確定診断はできません。

いずれにせよ、早期発見早期治療が一番ですので、勇気を出してCTを受けられるのが一番だと思います。
どんな状態(病期)でも最適な治療が存在します。多くの方が、病気が見つかるかもしれないから、検査はいやだとおっしゃいますが、CTを予約して受けようというだけでも一歩前進です。

末筆ながら、杞憂であればいいですね。

Q虫嫌い克服

虫が本当に嫌いで小さな虫でさえ触れなくて困ってます。
少しでも虫への恐怖心を軽減する方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

「嫌い」という感情を作り出しているものは何なのでしょうか?
「怖い」「汚い」「臭い」「刺す」「危険」などを理由として、自分にとっては避けるべき対象として、幼い頃から刷り込まれているのだと思います。

昆虫百科などの事典で、虫を観察することから始めてみては如何でしょうか。

圧倒的に多くの虫たちは、あなたが虫を嫌うよりも、あなたのことを恐れています。ほんの一握りの虫以外は、虫けら同然の虫なのです。あなたに勝てる虫もいないはずです。

本当は怖くない、本当は汚くない、本当は臭くない、本当は刺さないなど虫を観察する内に、虫が解ってきます。無害でおとなしい虫たちから近づくようにしていけば、「ぜんぜんダメ」の世界から、「少~しだけ大丈夫」の世界に入ることが出来るのではないでしょうか。とにかく、このような質問をしたこの時がチャンスです。本であれ、映像であれ、実物であれ、虫を目にする時間を増やすことだと思いますよ。
可愛いものもけっこういるのではないでしょうか?

Q赤ちゃんのCTとレントゲンは白血病の恐れがある?

生後2ヶ月の女の子の赤ちゃんが頭部の後ろに凹んでる所があることに気づいて、病院へ。CTとレントゲンをとると言われて、少し不安なので、先生に”まだ2ヶ月なので、CTとレントゲンで被曝されて大丈夫?”と聞いた。先生は検査のために必要であれば、普通にとっている。将来的に100%後遺症がないとはいえませんが、基本的には安全だと思うと答えた。
で、CTとレントゲンをとった後に、様子を見ることにした。つまり、凹んでることはどうにもならない、たとえば内部出血があっても、様子を見ることにするしかないって。それで、”最初から様子を見ることにするしかないことであれば、CTとレントゲンをとらないほうがよかったのに”と先生に言った。
今は、とても後悔しています。CTでの被曝はレントゲンの10倍以上もあると聞いたが、将来は子供を生めない体になったり、白血病などのがんにかかる恐れがあり、確率が高くなることってほんとですか?

Aベストアンサー

正直に言って、ナーバスになりすぎです!!

日本は健康診断先進国で、他の国より多くレントゲン検査を受けるため、昨年から盛んにこういうことが言われていますが、
そもそもそんなに簡単に白血病やガンになっていたら、みんなやってられません。
基本的に、今回のCTやレントゲンで病気になる確率はほぼ0%と推定します。

ちなみに、
頭のくぼみは何でしたか?単純に頭蓋骨の融合が進んでいないだけではないですか?それなら、しばらくすると勝手に治りますよ。
なんで、そんな検査の話になったのですか?
はじめに先生は「心配いらない」っていいませんでしたか?
あなたのほうからしつこく「大丈夫ですか?ほんとに大丈夫ですか?」って聞きませんでしたか?
普通なら、ちょっとさわっただけで「様子見て」って言われると思うのですが、いかがですか?

Q拒絶反応を克服するには?

人にはなぜか苦手なものがあります。幽霊がダメな人、虫がダメな人、人間の解剖図や切断された腕がダメな人など様々です。言葉を聞くだけでダメという人は少ないですが映像を見ると気が狂いそうになります。時には吐く人もいます。なぜ映像を見るとこのような異常反応が起こるのでしょうか。また、克服方法を教えてください。悩まされています。全てのものは色と形が違うだけだと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私の友人は、小学校のとき、理科の授業で鯉の解剖をやってから魚が食べられなくなったと言っていました。このような個人の体験が「好み」というものを分けます。そして、食欲がなくなるとか、吐きそうになるとかいった、そのような反応は自律神経の働きによるものです。

ひとや動物には本能的に嫌いなものや危険なものがあります。こちらは遺伝子によって生まれる前から決まっていたことです。これに対して、それ以外の好み「好き不好き」というのは、我々が生まれた後の体験、即ち記憶によって作られたものです。
同じものを見ても平気なひとと、そうでないひとがいます。誠に単純な話ですが、その体験が忌まわしい記憶として残されているのであれば、そのひとにとっては拒否反応として現れます。ですから、まず、これを分けているのは生後の体験・記憶ということになりますよね。

このように、人間の好き嫌いの判断は、脳内の記憶と照合されて行なわれます。この作業を行なっているのは「偏桃体」だと言われています。偏桃体は、目や耳などから得られた外部の情報と脳内の記憶を照らし合わせることによって、それが自分にとって「有益なのか」「有害なのか」の判断を下します。これは、自分はこれこれこういう理由でそれが嫌いだ、などといった大脳の論理的な判断とはちょっと違います。どちらかと言えば、瞬間的に(暫定的に)反応してしまうんですね。

目で見たものの情報が偏桃体に送られますと、そこでは過去の記憶が検索されます。それを基に、偏桃体では好き嫌い、即ち「YES・NO」の判定が下されます。この反応は信号となり、直ちに「視床下部」に送られます。
視床下部は、体内の自律神経系を司る部位です。偏桃体から「NO!」という信号が送られて来るならば、それを基に自律神経が活性化します。ですから、ほんとうに苦手なひとは、見ただけで冷汗が出たり、鳥肌が立ったりするかも知れません。自律神経というのは自分の意思でコントロールすることはできませんよね。待った無しで「キャー、助けて!」ということになります。

トラウマというほどのものではありませんが、記憶というのはこのようなメカニズムで自律神経に作用します。そしてそのような反応は、先ほどの友人のような「鯉の解剖」といった、理由がはっきりしている場合もあるのですが、どちらかと言えばその多くは、生後3歳頃の体験によって知らぬ間に影響を受けているものなのだそうです。
生後3歳というのは人間の人格の基礎が形成される時期であり、食べ物や異性の好みなどもこの頃から養われると言われています。自分はどうしてこれが苦手なんだろうと思い起こしてみても、生後3歳では、その理由をはっきり憶えているひとはいませんよね。あたかも、自分は産まれ付きそれが嫌いだったように思えてしまいますが、やはり、潜在的な記憶というものが何処かにあるんですね。

さて、自分ではコントロールできない自律神経の反応であったり、それが憶えのない幼児期の記憶であったり、苦手を克服しようと思っても、これでは手の施しようがありません。原因が分っているのであれば、その記憶を消し去ってしまえば良いのですが、中々そういうわけにもゆきませんよね。
偏桃体が、それを怖い、嫌いと反応するのは仕方がありません。ですが我々の大脳は、その後で偏桃体よりも冷静な判断を下すことができます。先ほど偏桃体の反応に(暫定的)という言葉を付け加えたのはそのようなことからです。
お化けは誰でも怖いですよね。ですが、そんなものは実在しないというのが大脳の適切な判断です。これによって我々は平常心を保つことができます。

私の別な友人はヘビが大嫌いです。道に長いもの、例えば木の枝だとか縄なんかが落ちているだけで「ヘビだ!」と言って飛び上がってしまいます。80キロの大男のくせに情けない奴です。かく言う私もゴキブリが苦手です。あればかりは逆立ちしても御免被ります。
誰にでも苦手はあります。それがヘビや虫であったり、ホラーや残酷シーンなど、一般的に忌み嫌われるものであるならば別に問題はありません。質問者さんが、何に度の程度悩んでいるのかは分りませんが、例えば、テーブルの上のコーヒーカップを見ていると意味もなく震えてくるというようなことでもなければ、別にお医者さんに相談することでもありませんよね。
もし、それに対して過剰に反応してしまうということであるならば、なるべく、必要以上に気にしないというのが得策ではないでしょうか。お化けのように、実際に危害を加えないようなものであるならば訓練をして慣れるという手段もあるでしょう。ですが、自分の嫌いなものにわざわざ近付くことはありませんよね。私はホラー映画なんて絶対に見ません。運悪く目に触れてしまったならば、素早く頭を切り替えることです。原因となっている記憶をわざわざ上塗りする必要はありません。

こんにちは。
私の友人は、小学校のとき、理科の授業で鯉の解剖をやってから魚が食べられなくなったと言っていました。このような個人の体験が「好み」というものを分けます。そして、食欲がなくなるとか、吐きそうになるとかいった、そのような反応は自律神経の働きによるものです。

ひとや動物には本能的に嫌いなものや危険なものがあります。こちらは遺伝子によって生まれる前から決まっていたことです。これに対して、それ以外の好み「好き不好き」というのは、我々が生まれた後の体験、即ち記憶によって...続きを読む

QCTスキャンの画像

先日CTスキャンを取って、数日後検査の結果を聞きに行きました。検査結果は「特に問題なし」だったのですが、医者から画像の説明等が無く、私自身CTスキャンの画像を一切見せてもらっていません。素人なので、見せてもらっても分からなかったかもしれませんが、やっぱり自分の体の画像なので後になって見せてもらえばよかったなーと後悔しています。また「特に問題なし」の結果にもかかわらず、患部が痛むので、他の病院にCT画像を持って行ってセカンドオピニオンも聞きたいと思っているところです。
質問なのですが、CTスキャンの画像は病院から借りることはできますか?また借りる際は受診した科の受付の方にお願いするだけで借りられるのでしょうか?なんとなく診察していただいた先生も申し訳ない気がして、先生に直接画像を借りたいと言いにくいです。。。

病院勤務の方、経験がある方、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

最近の考えではNo.1の方が仰ることが正論なのですが、一昔前までは画像はおろか、カルテさえも患者さんのものと言う考えはありませんでした。カルテも起源は覚え書きであり、現在でも保存義務は患者さんではなく、病院側にありますので、基本的には病院の持ち物なのです。ただ、最近の考え方から、カルテや画像の「情報」そのものは患者さんのものですので、開示も出来れば借り出しも可能なのです。病院によっては画像やカルテのコピーを患者さんに渡している所もあるそうです。この場合でもあくまで「コピー」です。

画像などの借り出しについては、直接医者に頼みにくいと言う方もたくさんおられます。ですから、多くの病院では受付が窓口になってくれます。しかし、先ほど書いたように、保管義務は病院にありますので、病院からの持ち出しに際しては病院の許可が必要です。大抵は主治医に連絡が行って主治医が許可しますので、恐らくは主治医の耳に入ることになります。部長などの管理職の医者が許可することもありますが、この場合は主治医の知るところとはならないかもしれません。

最近ではセカンドオピニオンも普及していますし、画像を持って他院へ行ったと主治医が知ってもそれ程気を悪くする医師は減ってきていると思います。安心してご相談されるといいですよ。

最近の考えではNo.1の方が仰ることが正論なのですが、一昔前までは画像はおろか、カルテさえも患者さんのものと言う考えはありませんでした。カルテも起源は覚え書きであり、現在でも保存義務は患者さんではなく、病院側にありますので、基本的には病院の持ち物なのです。ただ、最近の考え方から、カルテや画像の「情報」そのものは患者さんのものですので、開示も出来れば借り出しも可能なのです。病院によっては画像やカルテのコピーを患者さんに渡している所もあるそうです。この場合でもあくまで「コピー」で...続きを読む

Q盲想壁を克服するには

僕は、昔から色々な事を妄想する癖があり、バイトをしていても、勉強をしていても、集中できずに困っています。何とか集中しようとするのですが、気がつくと妄想してしまい、時間が過ぎています。僕がだらしないだけなのかもしれませんが、何かアドバイスがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

ここは、妄想をやめよう、と思うより、集中しようと思っている課題を終わらせよう、という方に気持ちを持っていくのがいいと思います。
例えば「この問題を一時間以内に解こう。そのあと妄想しよう」と思うと、比較的集中できるのではないかと思います。

Qアメリカで腹部造影CTを受けました。被爆量が心配です。

アメリカに住む39歳主婦です。今週腹部痛と下痢、体重が減少しているということで腹部造影CTをうけましたが、ネットでいろいろ検索しているうちにCTの被爆量のことがわかり、いまになってすごく後悔している次第です。
血液検査や超音波、大腸検査、小腸生検などもしどれも異常なしでした。
もしかしたら癌ではないかと医者に言ったためにそんなに心配ならということで行われた検査でした。結果はまだわかりませんが、癌やなにか異常があればすぐ電話をくれる医者なのでおそらく大きな問題ではないと思います。
じつは九年前盲腸が重症だったため小腸が壊死し、小腸を切除する手術をしましたが、そのときもたくさんのレントゲンと腹部CTを一回撮りました。
今回のCTで気づいたことなのですが、ドーナツ型のところに数字がふたつ表示されており、ひとつは105.0もうひとつはおぼえてませんが、もっと大きい数字だったと思います。それはわたしがあびた放射線のことでしょうか?もしそうだったらとても高い数値に思えるのですが。
アメリカではCTをするときに、画面がよくみえるようにとジュースのようなものを小さなカップで6回飲みます。それと静脈注射です。これでもっと被爆数はあがるのでしょうか?
じぶんで癌になるリスクを作ってしまったようで心配でたまりません。
やはり癌になる確立はたかくなるのでしょうか?

アメリカに住む39歳主婦です。今週腹部痛と下痢、体重が減少しているということで腹部造影CTをうけましたが、ネットでいろいろ検索しているうちにCTの被爆量のことがわかり、いまになってすごく後悔している次第です。
血液検査や超音波、大腸検査、小腸生検などもしどれも異常なしでした。
もしかしたら癌ではないかと医者に言ったためにそんなに心配ならということで行われた検査でした。結果はまだわかりませんが、癌やなにか異常があればすぐ電話をくれる医者なのでおそらく大きな問題ではないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに気にすることはないと思います。

レントゲンは一瞬(コンマ何秒レベル)だけ放射線を発するだけなのに対して、CTは放射線を照射しながら体をグルっと機械で回って撮影するので数秒間被爆します。そういった視点からの比較だとCTやMRIの被爆量はレントゲンと比較してとても増えてしまいます。
しかしCTの撮影での被爆量は確か0.5mSVとかそれくらいの少なさだったと思います。(あいまいな記憶ですみません)
それに対して、妊娠可能女性の年間での被爆量上限が10mSVとか、それ位だったと思われます。(こちらも曖昧です、ちなみに日本だと思います)
ひとまず一回やそこらで気にするほどの被爆ではないと思いますよ。
そりゃ何回も撮影するとなると気になりますけど。

CTの部屋に入ったことはないので(機械も会社によって違うでしょうし)はっきりしたことはいえませんが、ドーナツ型の横の値が必ずしも放射線量かどうかはわかりません。気にするものではないでしょう。
ほかにも、たくさんの数値を登録して記録する機械ですしね。
値も、例えば1mSV(ミリシーベルト)=1000μSV(マイクロシーベルト)など単位によっても様々ですし。

画面がよく見えるようにするものというのは多分造影剤だと思います。バリウムなどを飲んでのレントゲンはやや被爆量が上がると聞いたことがあるので、被爆量があがる可能性はありますね。
でも、それこそ1回程度。と考えていいと思います。

ガンになるリスクの増加がゼロとはいえませんが、何かしら癌が発症したとしてその原因が被爆である可能性は極めて低いでしょう。

人の医療ではなく動物医療に携わっていますが、動物はX線を取るときはいつも、人間が手足を抑えてレントゲンをとります。
その関係だと日々、被爆してる獣医さん達はみんな癌になっちゃいますが、そんな話は今のところ聞きません。
他の医療従事者の被爆量と比較したら本当に微々たる量ですよ。
患者の立場で数回被爆したからってたいしたことありません!

気にすることはありませんって!

そんなに気にすることはないと思います。

レントゲンは一瞬(コンマ何秒レベル)だけ放射線を発するだけなのに対して、CTは放射線を照射しながら体をグルっと機械で回って撮影するので数秒間被爆します。そういった視点からの比較だとCTやMRIの被爆量はレントゲンと比較してとても増えてしまいます。
しかしCTの撮影での被爆量は確か0.5mSVとかそれくらいの少なさだったと思います。(あいまいな記憶ですみません)
それに対して、妊娠可能女性の年間での被爆量上限が10mSVとか、それ位だったと思われます。...続きを読む

Q「あがり症」克服の方法

私は極度のあがり症で恥ずかしがりなのですが、なぜか今度、学校の合唱コンクールがあるんですが、音楽の先生にその指揮者に選ばれてしまったんです。
なので、いまから緊張してしまっています。どうしたらいいでしょうか。お願いします!教えてください。
生徒と保護者もあわせると1000人は軽くこえる人が見に来るのでクラスの中で何かを発表するだけで顔に全身の血がのぼってくるかのようになってう私にとっては今でも信じられないことなんです。
助けてください。

Aベストアンサー

私も"あがる"ほうなので,(高校時代ですが)授業中などに次は自分が指されると分かると,前の人が終わって自分が答える番に回って来るまでに心臓がバクバクなってしまうほどでした。また,小さい学校でしたが生徒会長を任されていた時には数百人,場合によっては数千人の前で話をする機会もありました。

・・・といった状況の中で身につけた(というか気付いた)ことなんですが,「イー・ハー」と3秒ほど吸って3秒ほど吐くという呼吸をすると緊張がほぐれます。最初はそう簡単には行かんでしょうが,慣れてくると呼吸法というのが自分の中で分かってきてどんな時も緊張をほぐすことができるようになりますよ。

以下はウンチクなので読まなくても良いのですが。。。
要するに人が上がるというのは心臓の動きが速くなることで,これというのは脈拍が速くなることです。それで脈拍と呼吸は非常に関係深いもので,呼吸の動きというのは脈の動きなわけです。だから,ゆっくりと大きく呼吸をすれば心臓の動きも遅くなるので緊張もほぐれるのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報