中学軟式でピッチャーをやっています。

前から、あまり球速や球の質には自信は無かったのですが、
最近、顧問の先生に「もっと、(キャッチャー)ミットにぽーんと吸い込まれるような球を投げれるようにしろ。」
と言われ、
キャッチャーには、球がボール半個から一個分ぐらい落ちていると言われます。
自分でも、
「今の球落ちてるな」
と感じることがあり、指で切るように投げたりとか意識はしているんですが、あまり効果がありません。。。
落ちてるおかげで、ボテボテになったりしてくれることはたまにありますが、やっぱり伸びのある球にあこがれます。

専門的というか、広い目で見てこのような球はあまり良くないでしょうか?
伸びを出すにはどうしたらいいでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

理想の球を追い求めるのは大事な事だとおもいます。

でも、それに固執するのはあなたの上達に悪影響を及ぼす事もあり得ると思います。
あなたの体格や投球フォームを見た事も無いので良い悪いを指摘する訳にはいきませんが、皆が揃って同じ球質を持てる訳ではありませんからね。筋力も体格もフォームもみんな違うでしょ?きれいな球筋、伸びのある球というのは打者から打ちやすいという見方もあるのです。ミットに吸い込まれるような球という表現はあまり良い表現と思わないです。キャッチング技術の表現に聞こえます。球が吸い込まれるように捕れ。って感じですかね。プロ野球の捕手はみんな上手ですが、投手の球がミットに吸い込まれるように見えると思いませんか?捕手に対しての技術論に聞こえますね。私の意見ですが、投手の場合はミットの向こう側まで球が伸びていくイメージを持つ方が大事だと思います。球が落ちるという事が気になるようですが、まだ体がしっかりと出来上がってないのもあるのでは?だとしたらそんなに気にしなくても良いと思いますし、体の成長と共にだんだんと良い球が投げられるようになっていくと思います。あまり欲張ってビュンビュン投げたら壊れますよ。それは気をつけて下さいね。野球選手が球を投げれないのは本当につまらないですからね。私の勝手な想像ですが、投げる時に腕を力一杯振ってませんか?というより力任せに。もしそうだとしたらそれは直した方が良いと思います。投げるという動作の最後は腕から指先です、人間が一番器用に動かせる部分です。だから余計な力をいくらでも入れられるのです。無意識に入ってしまうとも言えるかもしれません。この力を入れるというのが本来の理想的な動きを邪魔する結果になってしまうので、投球フォームの中で余分な力を抜くという事を意識してみてください。力を抜くというのは力を入れない事ではありません。そこら辺のさじ加減は難しいと思いますし、力を抜けという事はよく言われますが、スポーツの中で力を抜くというのは口で言うほど簡単な事ではないんですよね。私も野球経験はあっても体のメカニズム専門の知識がある訳でないので的確にアドバイスする事は出来ませんが、投球フォームは球を投げる為の動作です。よーいドンでダッシュする時に全身ガチガチに力んだ状態でスタートは切れませんよね。よーいの段階で無意識に余分な力を抜こうとすると思います。投球動作も同じで球をリリースする瞬間に至るまでに足を上げたり、腕をバックスイングしたりという動作が入ります。この動きに力みが無いというのが理想だと思います。足を上げる、体をネジってタメを作って体重移・・・これらは全て球をリリースする為の運動なので、ただフォームを作るだけの為に足を上げるとか、カッコ良さの為に形ばかりを意識してると肝心のリリースの時に球にエネルギーを伝えられないという事になってしまうと思います。フォームの動き、それは全て球にエネルギーを伝える為なんだという意識を持ってフォームを見直してみてください。
練習方法として、
1遠投・・・投球フォームでゆっくり体を大きく使う、下半身から上半身に向かってエネルギーが上がっていくようなイメージ。
2目線ぐらいの高さの球筋のボールを投げる・・・フットワークを使ってステップして、球の軌道が綺麗な糸をひくような直線を描くように意識して。(ワンバウンドでもok)リリースの感覚を養うには良い練習になりますよ。
※どちらも長い距離を投げようとしないで、腕を振って投げる意識を腕が振られて投げるという意識の中でやってみてください。
最初は短い距離からで良いので、良い球が投げれるようになってきたら徐々に距離を延ばしてみて下さい。
即効性を求めてはいけませんよ。
この練習から何かをつかんでくれたら私も嬉しいです。
頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細やかな回答ありがとうございます。
あせらずじっくり頑張りたいと思います。

お礼日時:2009/05/13 13:23

良い球質とはいえませんが、結果が出ているなら問題ないと思います。


"球の伸び"は"球の回転"と関係し、空気の抵抗に負けると落ちるような変化をします。つまり、空気の抵抗に負けないほどの回転のある球を投げれば結果は出ます。

手首の柔らかさや指づかいで回転を強くできるので、意識してみてください。下半身を安定させて体重移動することも忘れないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少しずつ、意識していきたいと思います。
頑張ります。

お礼日時:2009/05/13 13:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング