スペイン語の不定人称に関する質問です。

一般的なこと(不定人称文)を述べる場合、色々なタイプがあると聞きました。

例えば、

日本では米がよく食べられる。
1. Se come el arroz en Japo'n.
2. Comen el arroz en Japo'n.

上記のどちらの文章でも不定人称になると理解しています。
ただ、levantarseやducharseなど、もともと"se"が伴う再帰動詞で不定人称文を作る場合はどちらが正しいのでしょうか。

スペインでは朝シャワーを浴びる。
1. Se ducha por la man~ana en Espan~a.
2. Se duchan por la man~ana en Espan~a.

(1.)と(2.)どちらが正しいのでしょう?

ちなみに
Uno se ducha por la man~ana en Espan~a.
という不定人称文もあるようですが、
このような場合は"Uno"には暗に自分も含まれるようですので、
例えばスペイン以外の国から見て、一般的に「スペインでは・・・」と言いたい場合を教えていただけると幸いです。

そもそもスペイン語文法に対する理解が欠如しているかもしれませんので
そちらもご指摘いただけるとありがたく思います。
・・・スペイン語を間違えている可能性もあります(^^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私もここの部分、すごーく混乱しました。


たまたま今日復習していた中にとてもわかりやすい説明がありましたのでご紹介します。
(スペイン語特有の記号は省きました)

1.se非人称文(無人称文):se+動詞3人称単数 →(一般に)人は~する
Aqui se vive bien.ここで人は良く生きる→ここは暮らしやすい
En este restaurante se come bien.このレストランでは人は良く食べる→このレストランはおいしい

2.se受動文:se+動詞三人称+主語(事物)→ ~が~される
Se venden libros. 本が売られている。
Se habla espanol en Mexico. メキシコではスペイン語が話される。
Se hablan 4 lenguas en Espana. スペインでは4つの言語が話される。

3.se無意志文:se + 間接目的語代名詞 + 動詞三人称 + 主語 →意思とは無関係に起こった出来事、あるいは意思とは無関係にしたいという気持ちの表れ・言い訳
Se me rompio el vaso. (意思とは関係なしに)花瓶が割れちゃった。
Se me olvido dicirtelo. (うっかり君にそれをいうのを忘れちゃった)

この説明でいえば
「日本では米がよく食べられる。」でよりスペイン語らしいのは
1. Se come el arroz en Japo'n.

「スペインでは朝シャワーを浴びる。」は
1. Se ducha por la man~ana en Espan~a.
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信がかなり遅れ、大変失礼しました。

“se”の用法別のご説明ありがとうございます。
確かに分かりやすい説明です!
ただ、「これは非人称?」「それとも受動文?」という境目が曖昧な文章にもでくわすこともあり混乱することがあります。
私が理屈ぽくなりすぎているのかな、とも思ってしまうのですが・・・(苦笑)
その辺は母国語の方々は無意識に使っているのでしょうね・・・

ただ、自分が非人称と意識して話をする場合(一般的に~される)は
用法「1.」で良さそうですね。

大変参考になりました。
引き続きスペイン語学習、がんばります。

お礼日時:2009/06/24 19:28

スペイン語の無人称をあらわすse 構文は複雑ですね。




Aqui se come bien ここは食事がうまい(自動詞)
En Japon comen arroz 日本では米を食べます(他動詞)
Se venden manzanas リンゴが売られている(リンゴあります)(他動詞)
El muchacho se comio' todo el plato 少年は皿を平らげた(再帰動詞) 再帰動詞の場合、主語が省略されたり、隠れてれている場合、無人称文に見えます。 Se levanto' a las cinco (彼は、彼女は)5時に起床した。

> Se ducha por la man~ana en Espan~a.
En Espana se ducha por la man~ana(再帰動詞)を使った無人称文です。対比:En mi casa mi abuela se ducha ma's temprano.

uno(una)はたしかに無人称文に使いますが、暗に話者を指す場合が多いですね。これは一種の謙譲語といえるかも知れません。 何でもyo, yoというよりも奥ゆかしさを感じる(日本人だからか?)こともあります。

話者を明確に示さない表現は他にもあります。
Por do'nde se va a la biblioteca? (私は)図書館へどう行けばよいのでしょうか。

広告、看板特有の表現
Se alquila レンタルします。
Se vende  売り物
対象物そのもの(車の窓ガラス、家の窓ガラス、など)に表示する場合はこのように動詞だけで表します。

>一般的に「スペインでは・・・」と言いたい場合を教えていただけると幸いです。

迷ったときは:
1)se acostumbra+a+infinitivo
En Espan~a se acostumbra a cenar muy tarde.スペインでは(一般に)夕食を遅い時間に食べます。
2) Nosotrosでも表せます。
Aqui' en Espan~a cenamos muy tarde スペインでは夕食が遅いです。
3)3人称複数でも無人称を表せます。
Aqui' no saben hacer comida japonesa ここでは(当地では)日本食は出来ません。 
Dicen que man~ana va a llover mucho. 明日は大雨らしい。

以上、思いつくままに。

この回答への補足

丁寧な回答、本当にありがとうございます!

色々な例文を示していただき、大変勉強になりました。
困ったときの表現も役に立ちました。

ただ、
1. Se ducha por la man~ana en Espan~a.
2. Se duchan por la man~ana en Espan~a.
のどちらが正しいのか、もしくは一般的に使われているのかという部分がまだ釈然としません。

> Se ducha por la man~ana en Espan~a.
>En Espana se ducha por la man~ana(再帰動詞)を使った無人称文です。
と仰っておられるので上記(3人称単数)が正しい(もしくは一般的)ということでしょうか?もしくはどちらでも良い、ということでしょうか?

補足日時:2009/05/15 23:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の「再帰動詞」「非人称」「受身」についてです。

Se admira a los astronautas.「宇宙飛行士は尊敬されている」

この日本語の意味のスペイン語を作りたいのですが、

Se admira al astronauta.
Se admiran a los astronautas.

の文でも可能でしょうか?その場合「再帰動詞」「非人称」「受身」のどれに該当しますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足します。


>se + 他動詞(3人称単数)+ a + 定冠詞 + 人間(目的語)=se + 他動詞(3人称単数)+ 人(目的語)

これは無人称文のひとつですね。細かくいえば無人称能動文です。この用法では再帰動詞は使われません。(再帰動詞で使う場合はUnoをSEの代わりとする)動詞は他動詞か自動詞です。この場合SEは無人称の印として使われ、「人々は」とか目的語の人が~されると受身の形で訳されます。UNOも人々は、という意味です。(自分を暗示することもある)Uno se levanta temprano.
再帰動詞と一緒にSeを使うとSe se levanta temprano
となりスペイン人は音感として受け入れがたいのでしょう。

Se obsequio' a las muchachas.
その少女たちは歓待された=人々はその少女たちを歓待した。

なおlos astronautasは既出の宇宙飛行士という意味でしょう。(例文だけでは分かりません。代表名は通常単数です。El perro, el hombre, la ballena, el tigre
など)

>この文型は頻度が少ないのでしょうか。
統計的にはわかりませんが少ないとはいえません。

補足します。


>se + 他動詞(3人称単数)+ a + 定冠詞 + 人間(目的語)=se + 他動詞(3人称単数)+ 人(目的語)

これは無人称文のひとつですね。細かくいえば無人称能動文です。この用法では再帰動詞は使われません。(再帰動詞で使う場合はUnoをSEの代わりとする)動詞は他動詞か自動詞です。この場合SEは無人称の印として使われ、「人々は」とか目的語の人が~されると受身の形で訳されます。UNOも人々は、という意味です。(自分を暗示することもある)Uno se levanta temprano.
再帰動詞と一...続きを読む

Qスペイン語の目的語がわかりません・・・涙(質問5コ

一応5つの質問がありますがどれをお答えいただいても構いません、
また回答者様なりに補足等をして頂けたら尚嬉しいです。
よろしくお願いします。

目的語の人称代名詞には間接目的語と直接目的語となる
me,te,le(se),nos,os,les(se)とme,te,lola,nos,osloslasが
ありますよね?これを文章でどう使うかがよくわかりません。
例えば
A quien le regalas esas gafas?
-Se las regalo a mi hermana
という会話で
1)Se las regaloのSeとlasは何故必要なのでしょうか?
regalo a mi hermanaだけではいけないのでしょうか?
2)A quien le regalas esas gafasの文章の中で
A quienを使って“誰に?”を表現しているのに、
leを使う理由はなんでしょうか?
A quien regalas esas gafas ではだめでしょうか?

また、
3)Te apetece, Que te parece, Te parece bien
の様な英語でいうHow aboutにあたる表現の中で、
何故teを使っているのにその後の動詞が三人称なのでしょうか?

例えば
4)Te apetece ir al cine?
でなく、
Apeteces ir al cine?
ではだめでしょうか?

5)まず間接目的語と直接目的語の違いがあまりはっきりわかりません。
目的語の使い方を簡単に教えて頂けないでしょうか?

かなり根本的なことが分かってない上質問がいいですが、
どうか優しい私でも理解できる回答をお願いします。。。
(日本語と英語両方で例えて頂けると幸いです)

一応5つの質問がありますがどれをお答えいただいても構いません、
また回答者様なりに補足等をして頂けたら尚嬉しいです。
よろしくお願いします。

目的語の人称代名詞には間接目的語と直接目的語となる
me,te,le(se),nos,os,les(se)とme,te,lola,nos,osloslasが
ありますよね?これを文章でどう使うかがよくわかりません。
例えば
A quien le regalas esas gafas?
-Se las regalo a mi hermana
という会話で
1)Se las regaloのSeとlasは何故必要なのでしょうか?
regalo a mi hermanaだけではいけ...続きを読む

Aベストアンサー

あまり時間がありませんので簡単に説明します。

1.目的語
目的語は本来名詞です。しかし、人称代名詞は直接、間接目的語としても働きます。次の流れをよく理解してください。
Juan ama a Maria→Juan ama a ella→Juan la ama→El la ama.
目的格が特定の名詞の場合は前置詞 a が必要。

間接目的語(人称代名詞、)は「~に」の意味になるので「与格」,直接目的格は「~を」なので「対格」といいます。人称目的格は変化した動詞の前に置く。次の流れをよく理解してください。
Juan regala un libro a Maria→Juan lo (本を)regala a Maria→Juan le(彼女に)lo(それを)regala. 但しスペイン人はle, loという連続音を
嫌い、間接・直接ともに三人称の代名詞の場合、 間接のle,les, la, lasをseに置き換えます。習慣ですから繰り返して覚えるしかありません。三人称以外なら変換しません。 Te lo doy(それを君にあげよう)

2.A quien regalas esas gafas ではだめでしょうか?
こちらが正解です。

3-4 特殊動詞
スペイン語では自動詞でありながら目的語が主語の働きをする特殊な動詞があります。
君が好きだ I like you=Me gustas(君が私の気に入る→君が好きだ)
Te gustoとは使えません。
同じよな用法を持つ動詞:parecer, apetecer, dolerなどがスペイン語らしい用法を持つ動詞です。 意味上の主語は人称代名詞で表されます。
me parece~  私には~と思われる→私は~と思う
me apetece~ 私に~が食欲を起こす→私は~が飲みたい(食べたい)
me duele~ 私に~が痛む→私は~が痛い。

あまり時間がありませんので簡単に説明します。

1.目的語
目的語は本来名詞です。しかし、人称代名詞は直接、間接目的語としても働きます。次の流れをよく理解してください。
Juan ama a Maria→Juan ama a ella→Juan la ama→El la ama.
目的格が特定の名詞の場合は前置詞 a が必要。

間接目的語(人称代名詞、)は「~に」の意味になるので「与格」,直接目的格は「~を」なので「対格」といいます。人称目的格は変化した動詞の前に置く。次の流れをよく理解してください。
Juan regala un libro a Ma...続きを読む

Qスペイン語 再帰動詞・再帰代名詞がよくわかりません。

スペイン語 再帰動詞・再帰代名詞がよくわかりません。

この春からスペイン語の勉強を始めた者です。
ここにきて再帰動詞・再帰代名詞がわからずに困っています。
テキストには“動作が再び自分に返ってくる動詞”と書いているのですが、この日本語の意味さえわかりません。
再帰動詞を使うときとそうでないときはどう違うのでしょうか?
英語で同じ役目の用言はありますか?(自動詞・他動詞とか・・・)

どなたか小学生に教えるのと同じように噛み砕いて教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

“動作が再び自分に返ってくる動詞”じゃ確かにわかりにくいかもしれませんね。

自分が自分を起こす
自分が自分の髪をとかす
など、
「自分が自分に対して何かする」ってことなんです。

自分が自分を起こす を例にとればスペイン語の「起こす」という動詞には誰をという
目的語が必要なため、その位置に「自分」を入れてると考えてみればわかりやすいでしょうか。
再帰代名詞に関しては表を見て機械的に覚えていくのがいいですね。

英語風に表現すれば
I do something myself.
みたいなもんでしょうか。
wikiによれば、英語には スペイン語と同じ感覚で使うことのできる再帰動詞は
perjure oneself(偽証する) など、わずかにしかないそうです。

私たち日本語話者には不思議な構文ですが、スペイン語を含むロマンス系や
英語と兄弟のドイツ語にもあります。

うまく噛み砕けませんでしたがわかるでしょうか。

Qスペイン語の未来完了と過去未来完了形の違いについて

スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
違いがわかりません。例えば、
「どこから風が入っているのだろう?」
とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?

¿Por dónde esta entrando el viento? :現在進行形
¿Por dónde habrá entrado el viento? :未来完了形
¿Por dónde habría entrado el viento? :過去未来完了形

どれが正解で、日本語で訳する場合どういう違いがあるのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
⇒まず、次のことを確認しておきましょう。
(1)未来形には、「現在形の代りに用いて現在の推量を表す」機能がある。
(2)過去未来形には、「過去形の代りに用いて過去の推量を表す」機能がある。

(ご質問とご回答)
>違いがわかりません。例えば、
>「どこから風が入っているのだろう?」
>とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?
⇒まず、各文の訳を考えます。

>¿Por dónde esta entrando el viento? :現在進行形
⇒¿Por dónde entra el viento?「どこから風が入るか?」に対して、このような進行形(ただし、esta→estáと訂正)にすると、「どこから風が入ってきている(きつつある)のか?」といったニュアンスになります。

>¿Por dónde habrá entrado el viento? :未来完了形
⇒この文は、上の(1)から、現在完了形¿Por dónde ha entrado el viento?「どこから風が入ってきたか?」に推量の要素を加えた表現になります。「どこから風が入ってきたのだろうか?」といったニュアンスです。

>¿Por dónde habría entrado el viento? :過去未来完了形
⇒この文は、上の(2)から、過去完了形¿Por dónde había entrado el viento?「(あのとき)どこから風が入ってきてしまったのか?」に推量の要素を加えた表現になります。「(あのとき)どこから風が入ってきてしまったのだろうか?」といったニュアンスです。

ここで最初のご質問に戻りますが、「どこから風が入っているのだろう?」という文の意味がいまいちはっきりしませんが、これを「現在の推量」とみなしますと、上記3つの文はいずれも合わないように思います。

もし、「現在の推量」にしたい場合なら、
¿Por dónde entrará el viento? 「どこから風が入るのだろうか?」
と未来形で言うのがいいでしょうね。

また、「現在進行の推量」にするなら、
¿Por dónde estará entrando el viento? 「どこから風が入ってきているのだろうか?」
と未来の進行形で言うのがいいと思います。

以上、ご回答まで。(さらにご不明な点などがありましたら、補足してください。)

以下のとおりお答えします。

>スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
⇒まず、次のことを確認しておきましょう。
(1)未来形には、「現在形の代りに用いて現在の推量を表す」機能がある。
(2)過去未来形には、「過去形の代りに用いて過去の推量を表す」機能がある。

(ご質問とご回答)
>違いがわかりません。例えば、
>「どこから風が入っているのだろう?」
>とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?
⇒まず、各文の訳を考えます。

>¿Por dónde...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報