個人経営の店を両親がやっていましたが、父が亡くなって母が1人でやっています。
祖父(亡くなっている)が始めた店で、一時は株式会社だったそうです。
生前に父から法人の経営形態はヤメタと聞いています。

電話回線が事務用なので住宅用へ変更したいとNTTに問い合わせると、回線名義が株式会社○○商店のままなので無理と言われました。
変更するには、登記簿謄本での変更の証明が必要らしいです。
回線の変更をしたいので、登記簿謄本の証明を取ろうと思いましたが、幾つかの疑問が出ました。

1)何年も前に個人商店へ変更した株式会社○○商店の登記簿謄本は取れるのか?個人商店なら無いハズ。
2)父は株式会社をヤメタと言っていたが、株式会社○○商店の名前の入った伝票もあり、登記簿上、本当はどうなっているか解らない。
3)根本的に、登記簿謄本の閲覧や証明書の入手方法もよく解らない。

以上3点というか、何も解らない状況です。
ご指導、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お店の所在地を管轄する法務局に謄本あります。


有料ですが閲覧可能です。コピーを購入することも可能です。
過去に登記をしてるなら 必ず謄本残ってます。抹消と言う形で
一度ご確認を!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

株式会社○○商店で、抹消になっているか、いないか確認すれば良いんですね。

お礼日時:2009/05/12 22:29

1 法人を閉鎖しても閉鎖謄本が取得できます。

法務局で請求する際に閉鎖しているかもしれない旨を伝えれば、問題ないでしょう。

2 あくまでも推測ですが、法人の閉鎖は費用がかかります。そのため、法人を休眠の形とし、その代わりに個人事業を法人の名称から組織名を除いた商号を屋号として、同一事業を開始したのではないでしょうかね。顧問税理士がいるのであれば、経緯を知っている可能性もあるでしょう。

3 法人の本店所在地(あくまでも登記上)の管轄する法務局で、B5サイズの用紙1枚に法人名や本店所在地、請求する人の住所・名前を書く程度で請求が可能です。登記簿謄本の請求には権限や資格は不要です。ただし、通常1通1000円かかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

税理士に頼むほどの会社ではなかったと思いますし、母も詳しい事にはタッチしていなかったらしく、詳しい事は解りません。
まず、法務局へ行ってみます。

お礼日時:2009/05/13 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法務局で店名などから調べられる事

 私は飲食店で働いていますが会社名、代表取締役名が知りたいのですがわかりません。誰に聞いても知らないか教えてくれません。
 法務局にいけば両方とも調べる事はできるでしょうか?
 ネットでいろいろ調べましたが店名から調べられるというのがはっきりわかりませんでした。有料であれば調べられるようなのですが自分で調べたいです。
 どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法務局(登記所)で調べるには,
会社の商号(会社の名前)と本店(会社の住所)が必要です。

会社の本店(最低でも市区町村まで)がわかったら,
まずは法務局ホームページで管轄の登記所を調べてみてください。
→ http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/
「登記管轄一覧」で管轄がわかったら,次は「商業・法人登記」のページで,
取扱事務がコンピュータ化されているかどうかを確認します。

コンピュータ化されている場合には,
登記情報提供サービスを使って,インターネットにより登記内容を確認することが可能です。
→ http://www1.touki.or.jp/
本来は利用者登録をしてサービスの提供を受けるのが原則ですが,
一時利用という方法での利用も可能です。
ここでの検索では,商号(前方一致検索ができます)と市区町村から候補をリストアップして選択するので,
正確な本店がわからなくても,調べることができることがあります。
1回の閲覧料金は770円です。

登記事項証明書(登記簿謄本と同様なもの)の取得であれば,
管轄登記所はもちろん,管轄ではない登記所(コンピュータ庁に限る)で
取得することができる場合があります(交換未指定庁ではできない)。
(ただし正確な本店と商号が必要です)
現在の内容がわかれば良いのであれば,現在事項証明書で良いでしょう。
1部1000円(枚数が多いと加算あり)になります。

管轄登記所に行くのであれば,
登記事項要約書(登記事項の一部の要約をプリントした紙で,
認証文がないので証明書ではない)の交付を受けることもできます。
(ただし正確な本店と商号が必要です)
1部500円(枚数が多いと加算あり)になります。

コンピュータ化されていない場合には,登記簿が紙の帳簿形式ですので,
その登記所まで行かなければ,登記の内容はわかりません。
閲覧でしたら1回500円です。
謄本でしたら1部1000円(枚数が多いと加算あり)になります。
ただし,登記簿謄本は郵送でも請求できます。

ただ,特にFC店の場合には,店名と会社の商号が違うことがあります。
公簿で調べようと思うのであれば,最低でも商号がわからないと無理だと思います。
ところで飲食店であれば,保健所の許可を受けているのではないでしょうか。
許可証がお店のどこかに掲示されているのではないかと思われますので,
お店の中を見回してみたらいかがでしょうか。

法務局(登記所)で調べるには,
会社の商号(会社の名前)と本店(会社の住所)が必要です。

会社の本店(最低でも市区町村まで)がわかったら,
まずは法務局ホームページで管轄の登記所を調べてみてください。
→ http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/
「登記管轄一覧」で管轄がわかったら,次は「商業・法人登記」のページで,
取扱事務がコンピュータ化されているかどうかを確認します。

コンピュータ化されている場合には,
登記情報提供サービスを使って,インターネットにより登記内容を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報