コミッションの営業をしています。
月額の基本給は5万円です。物品が売れるとコミッションがプラスされます。
ルート先は一切無く、販売先はすべてインターネットで会社情報を見て、TELアプローチまたは直訪問していく新規開拓型でした。

今回辞めるにあたって、私は、個人で新規開拓した営業先のリストを会社に渡さないとならないのでしょうか?(コネクションだけ作って取引に至っていないところも含めてです)

私としては、売上に対してのコミッション制ですし、開拓後のフォローアップもお願いしたのに、全く協力してもくれなかった会社に対してリストを渡したくはありません。
ただ、当然、会社側からは置いて行くように再三詰められています。

正直な所、会社側の体制に思うところあって辞職するわけですが、私はリストを残していかねばならないのでしょうか?

A 回答 (1件)

>TELアプローチまたは直訪問していく新規開拓型でした。



この時に「○○社の▽▽です」って名乗るでしょ?
そういう営業手法を取って契約に結び付けていたなら、顧客情報は会社のものです。
単純に個人名(または個人の屋号)で代理店として営業して、
その中で「○○社の製品も扱っていますがいかが?」という開拓方法なら、
顧客情報は個人の財産です。
「コネクションだけ作って取引に至っていないところ」も「どう名乗ったか」によって決まります。
「リストにしただけでまだ営業かけてない」分まで渡す必要は無いですが。

あなたが辞めることで会社がアフターフォロー出来ないとしたら、損害賠償請求の対象です。
PL法もあるし、顧客情報は渡す形が一般的。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報