現在100℃までならpHを測定できますが、100℃以上では測定できないのでしょうか?100℃でpHが測定できる装置を知っている方解答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 企業サイトで申し訳ないのですが以下に150℃までならOKとあります。


http://www.toryou.com/maru/syouhin/equip/ph/
 しかし、ふつうは 0℃~50℃ですよね。どのような条件下で、また何のためのph測定か教えて下さい。
 例えば、高温・高圧下の溶液での金属の腐食の度合いを考えるのなら、その温度でのpHを計ってもそんなに意味のあるものとは思えないのですが。
    • good
    • 0

通常のpH測定は希薄な水溶液を想定していると思うのですが。


pH計の電極を非水溶媒に浸しても指示は得られますますが、それはあくまでもイオン強度の目安程度にしかならないのではないでしょうか?
そう考えると常圧下でのpH測定には100℃まで測定できれば十分と思いますけど。
加圧下でのpHの影響はわかりませんけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QpHメーターとpH試験紙の測定結果の食い違い

検体のpHをpHメーターとユニバーサルpH試験紙で測定したところ、pHメーターでは3.0、試験紙では4と5の間でした。検体は水溶液で、どのような成分が含まれているかは不明ですが、見た目は無色透明でにおいもありませんでした。

pHメーターは中性と酸性(pH4)のpH調整用緩衝液で調整しており、pH4の緩衝液は試験紙でもpH4の呈色でした。ユニバーサルpH試験紙での測定が大ざっぱであることはわかるのですが、二つの検体(この場合は検体と酸性緩衝液)でどちらがpHが高いかということまで食い違ってしまうものなのでしょうか?また、その場合、どのような原因が考えられますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

断言は出来ませんが、問題は2つあります。
1.pHメーター:なぜpH4以下の標準液で、校正していないのでしょうか?
四シュウ酸カリウム・二水和物 は1.681です。

2.混合水溶液には還元性や酸化性の物質は含まれていないでしょうか、たとえば酸化性の物質が含まれているとph試験紙は脱色してしまいます。
又時にはph試験紙の色素が溶け出すことさえあります、
ユニバーサル試験紙でなく、ph範囲を限定した試験紙を必ず用意してください。

Q37℃は何Kですか?あと100Kは何℃ですか?

絶対温度=セ氏温度+273なので、
37℃は何Kか?
37℃+273=310K
100Kは何℃か?
100K-273=173℃

上の答えであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

 
K = C + 273.15
37℃は何Kか?・・310.15K

C = K - 273.15
100Kは何℃か?・・・-173.15℃
 

Q100℃液体に氷を入れて20℃液体にする時の分量比

こんにちは。
字数の関係で変なタイトルになってしまいました。

熱量計算ができないので教えてもらえませんでしょうか?
精密な値は必要ないので(生活お役立ち程度です…)、必要な情報でなければ(重要でなければ)砂糖は無視しても構いません。

(砂糖1.5kg程度を溶かした)100℃の液体と、0℃の氷とを混ぜ合わせて20℃~25℃程度の液体10[L]にしたいのですが、この二つはそれぞれどういう比率が良いと思われますか?

後学のため計算方法も教えて頂けると幸いです。

お願いします!

Aベストアンサー

砂糖1.5kgをどの程度の量の水に溶かすのですか?

Q常圧でNaOHaqを100℃以上に上げる事は困難?

高校化学の質問です。
ベンゼンスルホン酸、クロロベンゼンからフェノールを生成する場合です。OH-を高温・高濃度でベンゼン環を攻撃させなければならないと参考書にあります。そこで、次のように書いてあります。「常圧では、NaOH水溶液の温度を100℃以上に上げることは困難である」と。
これは、いくら加熱しても100℃以上にはならない、ということでしょうか。
H2Oが蒸発するのなら、必要なのはNaOHですから、かえって好都合なような気がするのですが。
それともNaOHが飛び散ってしまう、といった実用的な理由でしょうか。

常圧でNaOH水溶液を100℃以上にできない理由は何か、それがフェノールの生成に際してどうまずいのか

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろん、沸点上昇があるので100℃以上にすることは可能ですが、沸点上昇などたかが知れていますので、300℃にするのは到底無理です。厳密に100℃というより、約100℃という意味で使っているのでしょう。
それと、必要なのはNaOHとおっしゃいますが、本当にそれで大丈夫でしょうか。たとえば、NaOHだけからOH-がでるでしょうか。実際にどうであるか知りませんけど、水なしでNaOHが電離するでしょうか?また、仮に水なしで反応させたとすれば、生じるのはNaClとフェノールです。当然、NaClは固体のままでしょう。また、フェノールもナトリウムフェノキシドになりますので、流動性は低下するでしょうね。そういった状態で果たして効率的に反応が進むものでしょうか。大量のNaClの固体が反応を阻害するかもしれません。

まあ、いずれにせよ、実際にその反応を行うにあたって水がなければ具合が悪いということだと思いますよ。もちろん、300℃に加熱すれば、原料のクロロベンゼンもどこかに飛んでいっちゃいますしね。

Q大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻

大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻みで教えてください。

大気中の水分量
-5℃ :
0℃ :
5℃ :
10℃ :
15℃ :
20℃ :
25℃ :
30℃ :

湿度は外気とします。

Aベストアンサー

こんなものかな?
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm
こんなのも。
http://idea.eco.coocan.jp/kousaku/k1-tsuri/seidenki/suijyouki.html
普通はこんなので、
http://www.eccj.or.jp/b_tuning/gdbook/6_1.pdf


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報