戦闘機はたいがい単座ですが、
百式司偵、零式観測機は2名、零式3座水偵、彩雲は3名
97艦攻、天山は3名
99艦爆、彗星、流星は2名
と乗員が異なるのですか。

操縦士と無線手兼爆撃手(兼後方旋回機銃手)で2名で足りるのではないのですか。
爆撃しながら機銃を撃ったり、無線連絡をするとも思えません。3座でなければならないのはなぜですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

対艦戦闘の場合、


(1)敵の迎撃機に対応しつつ
(2)適切な攻撃位置に自機を導き
(3)攻撃を行う
ことになります。操縦士は主に(2)を、機銃手は主に(1)を、
爆撃手は(3)を担当する事になりますね。
2人で分担できるかどうか微妙だと思いますので、コクピットの
スペースや推進力・機体強度・バランスといった条件が許せば
乗員は3人の方がいいでしょう。その方が余裕を持てる訳ですから。
    • good
    • 0

No.1様、No.2様の明確な回答がありますので、


補足程度に、、。

艦爆は、急降下で攻撃します。操縦と射爆照準は操縦手が行います。
艦攻は、低空水平での雷撃と、高高度での水平爆撃をします。
水平飛行での雷爆行動、照準は時間がかかり、敵機の攻撃にも晒されます。
同様に偵察機の索敵、記録行動も時間がかかり、敵機の攻撃にも晒されます。
つまりは雷爆照準(偵察撮影)と後方警戒を同時に行う事に、危険があるからだと思います。

同時期の他国の艦攻、艦爆等、同様の人員配置ですね。
    • good
    • 0

基本的に軍用機の場合、人的リソースを有効活用できるように、搭乗員は必要最低限に抑えた設計となっています。

そんな中で乗員を1~3名にしているのはやはりそれなりの理由があります。

まず戦闘機についてはご質問者様のおっしゃるように大抵は単座ですが、WW2初期の英海軍のように艦上戦闘機はなにも目印のない海上を飛ぶのだから操縦士以外に航法士が必要と考えていたところがありました。おそらくは同様の理由で長距離侵攻用の双発戦闘機も複座が多いです。もっとも鈍重な複座双発戦闘機は軽快な単座戦闘機に駆逐され廃れて行きましたけれど。

艦爆、艦攻についても基本的に操縦士以外に航法士、攻撃担当、旋回機銃担当などが必要ですが、艦爆(多くは=急降下爆撃)の場合は、操縦士=爆撃担当、航法士=機銃手の2名、艦攻では、操縦士と魚雷担当が別の場合が多いために3名となっているケースが多いように思います。魚雷は爆弾よりも調整などが煩雑だったからではないでしょうか?

最後に偵察機/観測機についてですが、これらの機種は前出の機種と異なり大抵単独行動が基本です。そのため航法士の重要度はより上であり、専任の航法士と操縦士、無線/機銃担当の3名が多いのではないかと思います。対する観測機は比較的行動範囲が狭いので2名で十分と考えられたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最大風速と最大瞬間風速は違いますか?

今夜にかけ、関東地方で荒れ模様です。
気象庁の気象情報では、最大風速は20メートルなどと
出ています。
テレビのニュースではよく、「最大瞬間風速」という言葉を
耳にします。
最大風速と最大瞬間風速は違うのでしょうか?

もし違う場合、気象庁のHPで最大風速と出た場合には最大瞬間
風速ならどのくらいなのでしょうか。

また、風速がどのくらいだとどの程度の被害が出るかなどの
情報もわかったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「最大風速」は10分間の平均風速の最大値、「最大瞬間風速」は瞬間風速の最大値です。
とでてます。
その他、下記参照。

http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kanazawa/mame/kaze2/kaze2.html
http://www.tokyo-jma.go.jp/home/kanazawa/mame/kaze.html

Q週刊零戦をつくるのゼロ戦には20mm機銃が無いのですか?

CMで見て週刊零戦をつくるに挑戦しようと思うのですが、主翼に20mm機銃が無いように思います。単なるミスでしょうか?それともこの型式にはもう20mm機銃は装備されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

幾多のHPを見る限りですが、
零戦21型は「主翼に銃身が収まる」99式機関砲一号一型を積んでいたようです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E4%B9%9D%E5%BC%8F%E4%BA%8C%E3%80%87%E3%83%9F%E3%83%AA%E6%A9%9F%E9%8A%83
羽根より銃身が出ている99式機関砲二号はこの後の22型甲からのようです。
なので、主脚が出ている付近の羽根に穴が空いていますので、そこが弾の発射口のようですね。

タミヤのプラモでも銃身は出ていません。
http://www.tamiya.com/japan/products/60317zero_fighter/index.htm

Q日最大風速の出し方

お世話になります。
気象庁のサイトで過去の風速を調べています。

過去の気象データ検索で日ごとの最大風速や10分ごとの風速が調べられます。

ここで質問です。
ある一日の10分ごとの最大値が、その日の最大風速になると思うのですが、日最大風速のほうが大きくなっているようです。
なぜ、このような現象が起きるのでしょうか?


気象庁に問合せる時間がないので、すみませんご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご存じのように過去のデータ検索で見ることのできる10分ごとの風速というのは、
「毎正10分における、前10分間の平均値」のことですね。
例えば5時00分の観測値だったら、4時50分~5時00分の平均風速を表しています。

しかし日最大風速は、任意の時分における前10分間の平均風速の最大値を採用します。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/man/data.html
(4.気象台・測候所とアメダスによる違い、の項の「算出の仕方の違い」をご覧ください)

仮にある日、毎正10分ごとの最大値が5時00分に観測された5.8m/sであったとしましょう。
ところが、4時53分~5時03分にも平均風速6.0m/sを観測。 これが極値だったとすると、
その日の日最大風速は6.0m/sと多少大きく記録されることになります。

アメダスでの日最高・日最低気温などは、10秒ごとの観測値から極値を選んでいます。
風のデータは、0.25秒に1回の割合で計測(サンプリング)されていますので、
極値の算出も秒単位(?)で行われているのかもしれませんね。

こんにちは。
ご存じのように過去のデータ検索で見ることのできる10分ごとの風速というのは、
「毎正10分における、前10分間の平均値」のことですね。
例えば5時00分の観測値だったら、4時50分~5時00分の平均風速を表しています。

しかし日最大風速は、任意の時分における前10分間の平均風速の最大値を採用します。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/man/data.html
(4.気象台・測候所とアメダスによる違い、の項の「算出の仕方の違い」をご覧ください)

仮にある日、毎正10分ごとの...続きを読む

Q現代の定義での機銃と機関砲

日本海軍は20ミリや25ミリでも機銃、陸軍は12.7ミリでも機関砲と呼んでいたそうです。
現代の定義では炸薬がないのが銃で炸薬入りが砲です。
この定義でいくと、どうなりますか。

・一式戦のホ103は?
・同口径でも銃と砲があったのでしょうか
・7.7ミリ砲ってあったのでしょうか
・アメリカのブローニング12.7ミリは砲でしょうか

Aベストアンサー

現代の定義でも炸薬の有無ではありません。
例えば20mm弾でも炸薬なしの徹甲弾もあれば、炸裂弾もあります。

英語ではすべてGUNです。
特に明確な線はなく12.7mm以上で日本は砲と呼んでいますね。

Q最大風速と瞬間最大風速の違い?

台風のときの最大風速と瞬間最大風速の違いはなんでしょう?宜しくお願いします!

Aベストアンサー

瞬間最大風速・・・文字通り、ある時刻における風向風速値であり、1日のうちの最大値を指す。

最大風速・・・瞬間でなく1日のうち10分間平均風速の最大値を指す。

参考URL:http://www.ibcweb.co.jp/weather/kansokukiki/kiki0914.html

Q2つ質問です。1.日本陸海軍の航空機の搭載20ミリ機銃についておしえて

2つ質問です。1.日本陸海軍の航空機の搭載20ミリ機銃についておしえてください。
日本陸海軍は仲が悪くて、共同利用や汎用性は一切考えなかった。それで、
海軍初の20ミリ機銃は零戦でスイスのエリコン砲、陸軍初の20ミリ機銃はドイツのマウザー砲だと理解してます。

採用砲が異なっていれば、修理部品や弾薬補充に汎用性がなくなります。アメリカは汎用性に徹していて、航空機は陸海軍ともブローニング砲です。
では、海軍内、陸軍内では統一性はあったのでしょうか。つまり、海軍なら一式陸攻、紫電改にも20ミリ機銃がありますが、エリコン砲ですか。陸軍でも4式戦や4式重爆もマウザー砲ですか。


2.現在の海上自衛隊の護衛艦の搭載砲でも
アメリカ製の3インチ砲とイタリア製の76ミリ砲
アメリカ製の5インチ砲とイタリア製の127ミリ砲
と2種類あります。
統一しなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

> では、海軍内、陸軍内では統一性はあったのでしょうか。つまり、
> 海軍なら一式陸攻、紫電改にも20ミリ機銃がありますが、エリコン
> 砲ですか。陸軍でも4式戦や4式重爆もマウザー砲ですか。

海軍は"は99式20mm機銃"が主力の20mm機銃だったと思うのですが、
逆にそれ以外のものってちょっと知らないです(試作とかは あると
思いますが)

陸軍では ホ5(2式 20mm固定機銃)ですかね。その前のホ1,3って
確か"試作"だったと思います。

99式のほうは数度改良があったものの、全く異なる銃(砲?)ではない
ので、"統一性"って言えば、まぁそうなんでしょうね、他に見当たり
ませんし・・・。

ちなみに、マウザー砲 って"MG 151/20"のことでしょうか?

確か はるばるドイツから潜水艦で、砲800丁、弾40万発輸入して、一部
の三式戦(飛燕)に載っけて"すこぶる評判は良かった"ものの、その後
コピーはおろか、整備も完璧に出来なくて"それでお終い"になったよう
な・・・。


> 2.現在の海上自衛隊の護衛艦の搭載砲でも
> アメリカ製の3インチ砲とイタリア製の76ミリ砲
> アメリカ製の5インチ砲とイタリア製の127ミリ砲
> と2種類あります。

両方とも護衛艦に載ってるのは確か"日本製鋼所"製ですね。いわゆる
"ラ国"(ライセンス生産/ライセンス国産)版のヤツ。

ちなみに弾も国産("ダイキン"製)ですね。


> 統一しなかったのでしょうか。

積めるなら、大きい砲のほうが そりゃ良かったでしょうね。
1発あたりの威力(投射量)は 5inchのほうが全然大きいですし。

でも、その(DD~汎用護衛艦~を 計画した)時に 入手可能な実用的な
艦載砲が他に見当たらなかったことや、何より砲熕システムとして
"軽かった"こと、DE(護衛艦)との弾薬共用を意図してたこと、などが
あって3inch(62口径 76mm砲)を採用したのだろうと思います。
もちろん 前述のラ国の兼ね合いもあるとは思いますが・・・。

やがて時代が進み、護衛艦もどんどん大型化してゆき、艦載砲に求め
られる能力も対空、対水上(ってもおおかた対小型舟艇レベルですが)
から"対地支援(攻撃)"も加わるようになってきて、やっぱ3inchじゃ
役不足だね、となり、うまいことに能力の高い5inch砲も現れたので
「じゃあそれにすっか」という事になり、今に至るんだと思います。

こんにちは

> では、海軍内、陸軍内では統一性はあったのでしょうか。つまり、
> 海軍なら一式陸攻、紫電改にも20ミリ機銃がありますが、エリコン
> 砲ですか。陸軍でも4式戦や4式重爆もマウザー砲ですか。

海軍は"は99式20mm機銃"が主力の20mm機銃だったと思うのですが、
逆にそれ以外のものってちょっと知らないです(試作とかは あると
思いますが)

陸軍では ホ5(2式 20mm固定機銃)ですかね。その前のホ1,3って
確か"試作"だったと思います。

99式のほうは数度改良があったものの、全く異なる銃...続きを読む

Q台風の最大風速

台風の最大風速を求めたいのですが、中心気圧の値しかわかっていなくても求まりますか?求まるのならその求め方を教えてください。

Aベストアンサー

No,1です。

申し訳ありません、間違っていました。
1110ではなく、1011です。

理論上の台風の最大風速(m/s)=7×√(1011-中心気圧)
です。
それとやはり1011も中心気圧は「ミリバール」ですね。
現在のヘクトパスカルに変換されてもいいし、まぁこのままでも大差はないので、所詮「理論上」ですので実際の風速とは違ってきますから、大きな問題はないと思います。

理論上でも正確な数値が必要であれば、1011はミリバールですので、ヘクトパスカルに変換して、中心気圧(ヘクトパスカル)を入れて計算すれば出てきます。

Q戦闘機の機銃について

ゼロ戦などは機首に機銃を装備していますが
その機銃で自機のプロペラを撃ったりしないのですか?

Aベストアンサー

http://www.warbirds.jp/ansq/11/A2002632.html

少し難しいですけど、ご参考までに。

簡単に説明すれば、『同調装備』といって、機銃の弾が上手いコト「プロペラ」の隙間を通過するように発射出来る装備が成されているのです。

しかし、URLにも書かれてますが、この「同調装置」が故障したり狂ったりすれば、プロペラを吹っ飛ばしてしまう可能性は「ある」でしょうね。

Q(台風)「中心付近の最大風速」はどうやって測るの

中心付近の最大風速が秒速17メートル以上になると、熱帯低気圧が台風と呼ばれるようになりますが、どうやって測っているのでしょうか?
それと上陸直前に突然「台風」に昇格する熱帯低気圧や、海上に抜けてから温帯低気圧に変化する台風が多いような気がしますが、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

No1.のsaionです。

 通常のレーダーでは雨の強さ(レーダー電波の反射強度)しかわかりませんから、風速はわかりません。風速のわかるドップラーレーダーというものもありますが、日本では現在、羽田、成田、関空の3空港に到達範囲の狭い機種が付いているだけです。

 衛星画像から中心付近の風速を決める方法を、この方法を考案した人の名前をとって「ドボラック法」と言います。この言葉で検索をかけるといくつか引っかかりますから、興味がおありでしたら調べてみてください。

 上陸直前に台風になることが多いと思い込んでいらっしゃるようですが、実際に今年の台風で、上陸直前に台風になったのは、四国に上陸した11号だけです。台風か熱帯低気圧かは、純粋に科学技術だけで決まりますので政治的な圧力が入る余地はありませんよ。

 自治体の援助の話も、その被害が台風であったかどうかよりも、実際の被害の程度によるでしょう。同じような災害が続くと、古いほうは忘れられてしまうということはあるかもしれませんが。

 防災という観点からは、温帯低気圧よりも台風のままにしておいたほうが、報道機関の取り上げ方が違うので(これは困ったことですが)、台風のままにしておこうと言う意識が働くかもしれませんが。

No1.のsaionです。

 通常のレーダーでは雨の強さ(レーダー電波の反射強度)しかわかりませんから、風速はわかりません。風速のわかるドップラーレーダーというものもありますが、日本では現在、羽田、成田、関空の3空港に到達範囲の狭い機種が付いているだけです。

 衛星画像から中心付近の風速を決める方法を、この方法を考案した人の名前をとって「ドボラック法」と言います。この言葉で検索をかけるといくつか引っかかりますから、興味がおありでしたら調べてみてください。

 上陸直前に台風にな...続きを読む

Q戦艦扶桑の機銃について

アオシマの戦艦扶桑を買いまして、最終状態を作ろうと思うのですが、説明書では連装機銃を多数つけることになっているし、いろいろな情報でも連装機銃と書いてあるのですが、個人的に思うに、増設するなら半端な連装より三連装を付けると思うし、ほかの軍艦の最終状態では連装機銃はほとんど見られないので、これは三連装だったのではないかと思いました、正確な資料が残っているならいいのですが、みなさんはどう思いますか? 三連装だったというのはありえないですかね、私は迫力のある三連装をつけたいのですが

Aベストアンサー

 確認できる資料では、連装機銃となっているものばかりですね。

 (万人が認めてくれる)史実に忠実に製作するなら、連装機銃装備でしょうし、自己解釈で「航空戦を念頭に置く時期に、連装では不足だ。三連装だったに違いない」と判断できるなら、三連装機銃を装備させても、誰も文句を付けないと思いますが。

 25mm三連装は意外と場所をとりますし、(高角砲数門と)機銃座数によっては設置に伴い代替重量として副砲を撤去した艦もありますので、扶桑クラスですと重量増加を嫌って連装だったと言うのが正解ではないかと思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報