パターの買い替えを検討しております。
ピン型を検討してまして候補は
テーラーメイドのdaytona1です。
現在別メーカーの33インチのパターを
使用してますが32インチを構えた時に
しっくりきた気がしました。

わたしは身長164センですが32インチは
いかがなものでしょうか?主流は
33インチなのかと思ったので教えて
ください。

男性で32インチを使用されてる方は
少ないのでしょうか?

アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

パターに関してはスタンダードってものは存在しない気はします。


確かに時代時代で傾向はあるかも知れませんがそれとてあくまで傾向であって(それを主流と呼ぶのですかね)絶対ではないと思います。

で私が普段使用してるパターは一本だけでそれはなんと30インチです。
(身長は165cmです)実は元々は33インチのパターだったのですが自分の感覚がしっくりくるまでグリップを交換したりシャフトをカットしたりしてるうちに今の長さにたどり着きました。ヘッドにも鉛を貼ったりして完全にカスタマイズのパターですね(笑)
今の形が完全にしっくりきてるので恐らく一生使い続けるのではと思ってます。
私が思うにパターに関しては自分の感覚が最優先事項ですね。
友人からは「そのパター短すぎるだろう」とも言われたりしますが全く気にしてません。本人が使いやすいと思うならそれが絶対だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
30インチですか!
身長が同じくらいなので参考になります。

カスタマイズのパターとのことで参考になります。
もう少し試打を繰り返してしっかり検討したいと
思います。

一日も早く一生使えるクラブに出合えればと思います。

素敵なお話ありがとうございます。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:41

一言で言えば:パターは感性です。

パターに形なしと言うではありませんか?基本とやって良いこと駄目なことはあると思いますが・・・
ショット程はないはずです。
しかしゴルフで一番大切と言っても良いのがパターですよ($・・)/~~~

☆したがって長さは自身がしっくりくる事が一番重要ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
「パターに形なし」 聞いたことあります!
なんか勇気づけられますw

そうですね。入らなければ意味がないですから、
しっくりきたことを信じる方向で
検討したいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 22:37

34インチが主流の頃、自分はスポーツクラブに置いていた女性用の32.5インチのパターが長さがしっくりきて、その時に手持ちのパターを全部シャフトカットしてシャフトに鉛を巻きつけて重量調整(バランスは崩したくなかったので、釣り合うポイントを探して、そこを中心に巻きつけました)して、それ以来すべて32.5インチです。


ちなみに自分は身長は167.5cmです。その長さがしっくりくるならそれでいいと思いますね。

但し、重量やバランスが軽くなりがちで手を使いやすくなる傾向にありますから、それをどう調整するかは考えるべきだとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
確かに長さはしっくりきたのですが
実は私も少々軽い気がしました。
鉛で調整されると言うアドバイス参考に
させて頂きます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:36

アドレスして、グリップのしやすい位置がどのくらいか


この時に、グリップエンドから1インチほど開けば
適当な長さと考えて良いと思います
32インチは私も(身長180cm)持っていますし使用もしています

アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
実際にご使用されているとのことで
参考になります。身長の高い方でも
使用されるとのことで、検討したいと
思います。

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。
基本的な情報を知ることができました
参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

34インチ」に関するQ&A: パターの長さ

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパターの長さ

今ピンのアンサー使ってますが、どうも長いと思ってます。
ほんで調べてみると身長180cm以上の外国人プロも34~5インチを
使ってるとのこと。
私は身長170cmです。標準の長さはどれくらいなんでしょうか。
打ち方によって合う長さが違ってくるのも理解してますが、一般的に
どの程度が標準なのか気になってます。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

身長171センチでほぼ変わらない、ゴルフ歴25年のものです。最近の流行はよくわかりませんが、20年前からピンパターを使っています。昔、店頭に並んでいたのは、33インチと34インチのものが半々位だったと思いますが(32や35インチのものも販売はしてましたけど)、どちらかといえば33インチを使う人が多かったと記憶しています。
その後、プロの間でパッティングを肩でストロークするのが主流になってきてから、34や35インチを使う人が増えてきて、今は一般的にも34インチが主流のようですね。ただ、肩でストロークすると言っても、腕を伸ばす人もいますからなんとも言えませんが...。
手首を使って打つ人は前かがみになって打つ人が多く、33インチの方が合っているように思えます。
外人は、日本人より手が長く構え方も違いますから、日本人のプロを参考にした方がいいかもしれませんよ。
※私自身は、33と34インチのものをその時の気分で替えて使っています。

あと、32インチのパターが欲しければ、シャフトを切ればいいのではないでしょうか?パターの場合、バランスを鉛で調整する位で、長さを変えても問題ないように思えますけど。

身長171センチでほぼ変わらない、ゴルフ歴25年のものです。最近の流行はよくわかりませんが、20年前からピンパターを使っています。昔、店頭に並んでいたのは、33インチと34インチのものが半々位だったと思いますが(32や35インチのものも販売はしてましたけど)、どちらかといえば33インチを使う人が多かったと記憶しています。
その後、プロの間でパッティングを肩でストロークするのが主流になってきてから、34や35インチを使う人が増えてきて、今は一般的にも34インチが主流のようで...続きを読む

Qパターのヘッド重量が重過ぎると

スパイダーパターを使っています。
重りをかえることができるので
色々試しているのですが、気になることがあります。

よく重い方がストロークが安定するとか
慣性モーメントが増すなどといわれていますが、
それならパターを重くしたほうがいいのでしょうか?

ドライバーなどは重くしすぎると
ヘッドスピードがおちてしまいますが、
パターは飛ばす必要はありませんよね。

パターを重くしすぎた場合、どういった問題がおこるのでしょうか?

スパイダーは初期設定で4g×2個の重りがついています。
それを14g×2個にかえてみましたが、
重いとは思いますが、特に問題なかったです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時は他のパターを知らずそれが当たり前と思っていました

後に、いろいろなパターを知る事になりましたが
思い起こすと重さゆえに手首を使わずにパターの重さを利用して
腕全体を動かしていましたね
私のパッテイングの基礎はこの時に出来たと思います

現在、軽いパターを知った後で重いパターに変えたとき
打ち方が変わるために、手の微妙な感覚が
パッテイングに出ないのではないかと思っています
(長く慣れればまた変わるのでしょうが)

アドバイスまで

>重すぎる
何を基準にされていますか?
個人差は非常に幅が広く、何がその方に適しているかは
判らないと言うのが正解かと思います

御使用のパターで、初期設定が4gX2で
14gX2に変えてみた
普通のパターに比較して見ないとどこが基準になるか見えません
総重量がどう変わるかでも目安になりますね

ところで私がゴルフを始めた際
Acushnetのかまぼこ型を頂きました
(残念ながら盗難に遭い手元にはありませんが)
これが普通のパターの2倍ほど重かったのを記憶しています
当時...続きを読む

Qパターはシャフトを握って打ってもいいの?

パッティングするとき、グリップではなく、シャフトを握って打っている人を見ました。ルールではパターの長さは32インチ以上らしいですが、握ってもいい位置が決まっていなければその規定も意味がないと思います。ルール上、パターのどこまで下を持って打ってもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

グリップについての規則の中に
「シャフトにグリップとみなされるものがついていない場合」
という文章があります
シャフトだけで、グリップ(ラバーの部分)がなくても良いということ
になります
また、グリップの長さについての規定もありません
女子プロの上田桃子のパターのように
グリップエンドから50cm以上あるグリップも認められています
ので参考にしてください

追記まで

Q ドライバーの弾道が低い

 ドライバーの弾道が低い
 最近、練習場でのドライバーの弾道が
 ライナーのように低いんです。
 だいだい、230ヤードあたりに突き刺さるような
 ライナーのイメージです。
 威力のある高い弾道にあこがれるのですが
 どのような練習をすればいいでしょうか。
 なお、球筋はほぼまっすぐです。
 
  

Aベストアンサー

>ヘッドの下側でインパクトすればボールはあがるのではないでしょうか。
>ヘッドの上でインパクトするからライナー性になるのでは。
>スイートスポツトでインバクトしたときは確かヘッドの下だと思うのですが。

実は、スイートスポットよい上で当たるとボールの回転が吹き上がり方向となりますが、
下に当たると逆となりひどい時はドロップします。
そのため、プロはスイートスポットのやや上当たりでヒットするようにして
吹き上がりが抑え飛距離を稼いでいます。
しかし、アマチュアでは練習量が少ないのでなかなかプロのようにできませんから、
ヘッドをボールに当てる気持で無意識でプロと同じスイングアークができると言うことになります。
なぜヘッドを当てる気持だけでプロと同じになるのかというと、ドライバーは元々アドレスで
ボール位置はどこに置きますか?
普通はシャフトが長いので、左足かかとの延長戦ぐらいですよね。
そうすると、ヘッドを幾ら振っても最下点は必ずボールの手前になりますから、インパクト時は
丁度プロのようにスイートスポットよりやや上で当てることできるのです。
なお、ヘッドがボールの手前にならない人はスエーをしている証拠になります。
これを、高弾道を打とうとするとかち上げるスイングとなり、スイートスポットより下に当たるため、
ドロップしたり飛距離がでない弾道となります。
質問者さんは更にヘッドが上を向かずかぶさっているので、ライナーになります。
似たような打ち方はテニスや卓球の打ち方となっていると思います。

>ヘッドの下側でインパクトすればボールはあがるのではないでしょうか。
>ヘッドの上でインパクトするからライナー性になるのでは。
>スイートスポツトでインバクトしたときは確かヘッドの下だと思うのですが。

実は、スイートスポットよい上で当たるとボールの回転が吹き上がり方向となりますが、
下に当たると逆となりひどい時はドロップします。
そのため、プロはスイートスポットのやや上当たりでヒットするようにして
吹き上がりが抑え飛距離を稼いでいます。
しかし、アマチュアでは練習量が少ないので...続きを読む

Qウェッジでバックスピンを強烈に掛けるにはどうすれば良いですか?

ウェッジでバックスピンを強烈に掛けるにはどうすれば良いですか?
当方アマチュアですが、ウェッジを使って80ヤード以内のショットでグリーンに
落ちてからギュルギュルギュルー!っと強烈なバックスピンの掛った玉を
一度で良いから打ってみたいのですが、今まで一度もそんな経験がありません。
使っているウェッジもフォーティーンやボーケイのスピンミルドであったり、エッジの立った
スピンの良く掛る物を使っているのですが、どんなに打ち込むようにダウンブローを意識しながら
クリーンに打てたとしても、スピンは掛っても、強烈なスピンは掛りません。
よりヘッドスピードを上げないと掛らないのでしょうか?どうすれば強烈なスピンが掛るのか、教えて下さい。

PS:強烈なバックスピンを掛ける事よりも、スピンをコントロールする事が大事である事は
   分かっているのですが、やはりアマチュアなら一度はそんな強烈なスピンを経験してみたいものです。

Aベストアンサー

単純にスピン量を増やされるのなら、54度程度のウェッジがオススメです。

ボールが落ちてすぐにスピンを掛けたいのなら、58度のウェッジが有効かとは思いますが、上目に当たると極端にスピンは落ち、下目に当てる打点のコントロール力を必要とします。
また、ボールが上がりすぎて、グリーンが柔らかいときは重みで止まったり解けたりします。

54~56度で2バウンド目でスピンが掛かるイメージ→俗にいう、ピンデッドに落としてスピンで寄せるという攻め方ですね。
コレが一番出安いと思いますよ。
この時、スピン系のボールや締まったグリーン(11月くらいがベスト)と少々のアゲインスト等条件がそろえば、迷惑なくらいスピンが掛かります。

掛かりやすい特殊な打ち方としては…ボールを少々右目に置き、ドライバーのような感覚でレベルの長いスイングをすれば出現率は増えるはずです。
打ち出し角は低くなりますが、シッカリとしたスピンがボールを上げてくれますし、トップしてもターゲットに対してショートするくらいスピンは掛かります。

ちなみに、ボールの行き先を早く見ようとツッコんだり膝が伸びたりではスピンは掛かりません。
軸をシッカリして腕がカラダに巻きつく感覚を楽しむことで出現するはずです。(右肩が顔を上げてくれますので、スピンは見逃しませんよ)

よかったら試してみてください。

単純にスピン量を増やされるのなら、54度程度のウェッジがオススメです。

ボールが落ちてすぐにスピンを掛けたいのなら、58度のウェッジが有効かとは思いますが、上目に当たると極端にスピンは落ち、下目に当てる打点のコントロール力を必要とします。
また、ボールが上がりすぎて、グリーンが柔らかいときは重みで止まったり解けたりします。

54~56度で2バウンド目でスピンが掛かるイメージ→俗にいう、ピンデッドに落としてスピンで寄せるという攻め方ですね。
コレが一番出安いと思いますよ。
この時、スピン...続きを読む

Qヘッドスピードとシャフトフレックスとが合わないと

こんばんは。

スイング時
ヘッドスピードとシャフトフレックスとの相性が合わないと、
球はどのような振る舞いをしますか?

固い   シャフトなら、球はフックに。
軟らかいシャフトなら、球はスライスに振舞うと思うのですが
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシャフトのしなりが大きくなりタイミングが合った場合は球が捕まりフック系のボールになります。但し柔らかすぎるとシャフトが撓り戻って来ずにフェースが開いてスライスする場合もあります。


上記はあくまで同じシャフトのSとRを比較した場合といった感じでご理解ください
同じSやRの表示であっても、メーカーやブランド、商品によって硬さはバラバラだということくらいはご存知ですよね?


シャフトは硬さ以外にも重量や長さ、トルクなどのスペックによっても、その撓り戻りの特徴が変わります。例えば赤マナの様なWキックと呼ばれるタイプのシャフトはインパクト時にヘッドがめくれるような動きをする物が多くあります。ヘッドがめくれるとロフトが増えて球が高くなると同時にバックスピン量も増えますので、スピン量不足で球の低い方には合います。逆に去年売れたツアーADのDIなんかはインパクトでロフトが立った状態になりやすいのでスピン量が減るタイプのシャフトです。ヘッドスピードが遅めの方は手元が硬いシャフトだと充分なタメを作れないので、手元の柔らかいタイプのシャフトが比較的向いているという傾向があります。


ミスの原因を道具によるものと判断する場合は丁度良いものを探すのも当然ですが、一度間逆のスペックを試してみることでミスがクラブによるものなのかスイングその他によるものなのかハッキリしますよ!例えば総重量280g前後のRシャフのドライバーをトをお使いなら300g以上あるSフレックスを試してみるといった感じです。


また極論を言えば飛ばしたい場合はシャフトの撓り量が多い"柔らかいシャフト!"ですが諸刃の刃で曲がる要素も大きくなります。ということで方向性重視なら若干硬めにして球の高さも抑え仮にボールが曲がっても球が低ければその分曲がりも少なく怪我が小さく済むという考え方もあります。ご自身の道具に求める機能を考えたときにどちらがより強いかによって選び方に反映させれば良いと思います。


またシャフト選びはヘッドスピードだけではなく切り返しのタイミングにもよります。スイングテンポの速い方はやや硬め、遅い方は柔らかめの方がタイミングを取りやすいと言われています。



P.S.この質問と関係ないですが以前の質問で
>レッスンプロの言う「フィニッシュ時 ターゲット方向へ歩いて行け」
はこんな感じですよ・・・という動画がありましたのでリンク貼っておきますね!
http://www.mbs.jp/shingol/housou/no38/main.html

何より度を越えた場合はタイミングも合わずコントロールできないので色んなミスが予想されます。ある程度タイミングよく触れる範囲であれば硬い方が低く捕まらない、柔らかいほうが高く捕まるとなります。



■シャフトが硬い場合

上下方向・・・球は低くなりやすいです。
左右方向・・・硬いと撓りきらずにシャフトで球を捕まえることができず比較的スライスしやすいですが、硬すぎる場合はどちらも出ます。


■シャフトが柔らかい場合
上下方向・・・比較的球は高くなります。
左右方向・・・どちらか言うとシ...続きを読む

Qドライバーのシャフトの長さ

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか見当たりません。
45インチのクラブを0.5インチ程度カットして使用すればいいのでしょうが
バランスが変わってしまうのと、売るときに価格が下がらないか気になり
カットする気にはなれません。

市販で44インチ台のクラブが中心に売られないのかがメーカーの意図が
理解できません。当然、「前モデルより飛ぶ!」というのが謳い文句に
なっているのでなかなかシャフトを短くするのは難しいのかもしれませんが、
アマチュアの我々にとっては長くなるほど扱いにくくなり結果弾道がばらつき、
平均飛距離を落としている様に思います。

皆様は、ドライバのシャフトはどの位の長さをお使いでしょうか?
シングルクラスの方は44インチ台にカスタムして使っているものでしょうか?

最近、自分のスイングを動画で見ると前傾姿勢が浅くなってしまうのが
気になっており修正したと考えております。
現在使用してるドライバーは45.5インチのX-Drive701をエースで使って
おりますが思い切って1インチカットして使うのはいかがなものでしょうか?
身長168cmの私には良いと思われるかアドバイスが有れば
教えていただきたいと思います。

以上長文となりましたがよろしくお願いします。

先日、タケ小山がモデルのゴルフの漫画の中でほとんどのツアープロが使う
ドライバーの長さは44インチ台であると書かれているシーンがあり
ました。

色々な雑誌で調べてみましたがシャフトの長さが表示されている
本が見つかりませんでした。
プロのクラブが紹介されている本の中で唯一、藤本プロのシャフトに
44.5インチと表示があるのを見つけました。

自分自身もなるべく短いシャフトが使いたいと思っておりましたが
市販品のほとんどは45インチ以上ですよね。
44インチ台のシャフトを探そうとしてもなかなか...続きを読む

Aベストアンサー

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので、しばらくすると、かならず短くなります。少し前のモデルなら、中古で短いシャフトはたくさんあります。

さて、どちらがいいかと言えば、どちらとも言えません。プロほど再現性がなく、ヘッドスピードもなく、スイングでためも作れませんから、シングルだろうと、そうでなかろうと、短かればいいというのは、雑な論議。球が飛ばなくなります。逆に、長くなるとミート率が変わるのも事実。要は、どちらも真なりで、こればかりは、好みというか、自分のスイングリズムに合うかどうかのほうが重要です。

実は、長いか、短いか、どちらがいいかという論議は、意味がありません。というのは、クラブの性能は

・ 総重量
・ シャフト重量
・ ヘッド重量
・ シャフトの硬さ
・ シャフトのトルク
・ ヘッドの形
・ ヘッドの重心
・ シャフトの調子
・ シャフトの長さ
・ バランス

などで総合的に決まるので、長さだけを論議しても意味がないからです。ちなみに私は、シングルですが、ドライバーは苦手。ゆっくり大きく振りたいので、45.5程度のどちらかと言えば長めが多いですが、シャフトによって実際はプラス・マイナス.5インチはかわります。短いクラブは引っ掛けますしね。

さて、1インチカットする・・・と、バランスから、リズムから全く変わるんで、前述した通り、アドバイスしても意味がありません。短くもったり、レンタルで短いクラブを探して、これだ!と思う長さを見つけてください。ちなみに、1インチカットすると、バランスが4~6ポイント変わるので、別のクラブになります。重さなどを調整しないと、そのままでは打てないし、そもそも、そのクラブの最大の性能をだす設計から外れる可能性もあるので、慎重にされることをおすすめします。

前傾姿勢が浅いのは、1インチ程度ならクラブとは無関係かと。ただしいボールとの距離と、ハンドダウン、アップを調整して、ポスチャーをレッスンプロに見てもらえば、修正することができますよ。

男子プロは比較的短いのは本当です。ヘッドスピードが速く、自分でクラブをコントロールする能力が高いので、確実性を求めるのでしょうね。女子は違いますよ。男子もシニアなど長い人もいます。

一方、アマチュアのシャフトは、長くなったり、短くなったり、一種の流行で、スカートの丈のようなもの。

・ 長尺でゆっくり飛ばせ

と言っていたかと思うと

・ 短尺でするどく触れと。

数年前は、みんな44インチ+アルファだったので、45インチ以上ある今は、どちらかというと長尺傾向なわけですね。なので...続きを読む

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報