全くの健康体の40歳代男性です。

これまで家ではビール1-2本飲んで、週1回ほど外で普通程度に飲んでいましたが、さすがに毎日飲むのは止めた方がいいのではないかと思い、ちかごろ週2回ほど休肝日を設けてはいます。ですが、食事で水やお茶では味気ないので、アルコール度数0.5%程度のビールテースト飲料と言われる清涼飲料水を1本から2本程度飲んでいます。

一方で休肝日にはアルコールを全く取らないと意味が無いと言う噂も聞いたことがあり、実態はどうなのでしょうか?また休肝日は2日間連続させないと意味が無いと言うのも聞いた事がありますが、本当はどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そもそも休肝日という考え方を変えたらよろしいでしょう。

飲みたいのに健康が心配だから肝臓を休める。おかしいですね。

 医学界では明言は避けていますが、アルコールは少量でも害なのです。ほろ酔いとはいっても、脈は速くなり、思考力は鈍り、平衡感覚は狂うのですよ。すでにこの時点で正常ではありませんね。これを日常的に継続したら体調を崩しても不思議ではありませんし、ストレス発散というお題目も、飲酒は逆にストレス耐性を低めます。アルコールに弱い人は自覚があるので、アルコールを多量に摂取しませんが、強い人が酔うまで飲むと確実に健康を害します。休肝日とは単なる気休めにすぎません。

 ほんのたまに嗜む程度でガミガミ言うつもりはありませんが、飲酒習慣を変えたいのなら、きっぱり断酒すべきでしょう。それができないなら、休肝日などという詭弁的な因習を信じるより、信念をもって飲んだほうが、よほど男らしくてよろしいでしょう。よくお考えになったらよろしい。くれぐれもご自愛なさってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。自身はいたって健康なので心配はしてないのですが、より健康に良いのかなあと思って気楽に休肝日を始めた訳です。べつに習慣を劇的に変える気などは全くありません。
でも、4-5%のビールを普通に飲むよりも0.5%のノンアルコールビールを飲むほうが、絶対的なアルコール摂取量ははるかに少ないわけですから、まあ健康にはベターと言うことなわけですね。
(2日間はノンアルコールビールを飲もうとまったくアルコールを飲まなかろうと、あと5日間は通常に飲酒するわけだから 効果はほぼ一緒と言う趣旨と理解しました。私の質問は2日間のうち全くアルコールを飲まないことで、すごく効果があるのかなと言う質問意図だったので)

お礼日時:2009/05/18 11:17

じゃあ私は私なりの


意味が無いという 噂を私も流しておきます。(笑)

ビールテースト飲料を飲んでいるということは
自分でちょっとごまかしているだけで
「ビールを毎日飲む習慣」は変わらないんですよね

質問者様は週に何度かお酒を飲み人じゃないんですよね「毎日飲む人」

惰性で毎日より 時々のほうが「お酒を楽しめ」ますよ
    • good
    • 0

最近、免許証を取ったときに、1%のアルコール飲料でも、視野が8割まで狭くなるという教習を聞いて、びっくりしました。


0.5%は微妙ですが、量を飲めばアルコールは肝臓で濾し取られます。当然負荷がかかるわけですよね。

ところで、私は他の病気が原因で断酒しています。2年目です。たまに低アルコールも飲んでいました。でも今はそれも止めました。
軽快ですよ。お金もまったくかかりません。

会社のオーナーも93歳くらいですが、タバコ吸わない、酒飲まない。ピンピンしてます(本当はそれはうれしくないですが)
何歳まで・・ということは別にして、苦しくない病気にかからないという意味では、アルコールが体に良くないことは、間違いないことなので、いずれは断酒も視野にいれたらと思います。
無理にとは申しません。
取り返しが付かない状況になってから、というのは、悲しいですよね。
    • good
    • 0

アルコールが入っているのは止めた方が。


完全なオフになっていないですから。味気ない気持ちは分かりますけど、それをビールで満たしたら同じ事。
出来れば違う方面のヨーグルトやココア、野菜ジュースなどで対応していきたいですよね☆
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q休肝日について

休肝日について
ロッテコニャックチョコレートを食べる方も休肝日は必要なのでしょうか?
※ちなみに私はお酒が嫌いですし、苦手で全く飲めません。

Aベストアンサー

軽い気持ちで質問していると思いますが、心構えが甘いです。
休肝日とは何故に休肝日とよぶのですか。
体をケアするための工夫以外に何物でもありません。

つまり、お酒だけでなく炭水化物の摂りすぎは糖尿病になり、
油分の濃い食生活は血液を濁し、運動不足は生活習慣病になる。

休肝日などというのは気休めもいいところで、
大事なのは程々という本人の心がけなのです。
毎日毎日、気分の赴くまま暴飲暴食をしていては
どのみち肝臓にかなりの負担をかけるのですから
休肝日など設けたところで意味はありません。

Q清涼飲料水

禁酒しました。その代わりについついサイダーなど
清涼飲料水を飲んでいます。どれくらいまでなら
体に害は無いですか?

Aベストアンサー

>こんにちは satou-tutomu さん。

甘味が入っていない炭酸水に
レモンやオレンジを絞って召し上がられては如何でしょぅ?
ちょっと面倒ですが、気分的にリフレッシュ出来ますよ(^^

市販のモノを飲まれるのであれば。。
1日の消費量1リットル以上は、オススメ出来ません。
#2さんも言っておられる通り「ペットボトル症候群」には、お気を付け下さいませ((_ _ )

Q休肝日にノンアルコールビール

こんにちは。

主人の休肝日の事で質問です。

肝臓を休める日を作ろうと、週に1日だけですが休肝日を設けているのですが

最近、ノンアルコールビールで美味しいのを発見したらしく

休肝日にはそれを飲むようになりました。

私の知識がないだけかもしれませんが

ノンアルコールビールはただアルコールが入ってないだけで

肝臓を休ませることなんてできるのなぁ~?って思って・・・。

肝臓に負担をかけている物はノンアルコールビールには入っていないのでしょうか?

無知ですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

アルコールが入っていないならば問題ないですよ。
私も休肝日にはそうしています。
お酒と肝臓の関係は、本来身体に害のあるアルコールを肝臓で分解して無害なものに変える過程で、肝臓に負担がかかるので飲みすぎはよくないといわれるわけですが、アルコールがないのであれば肝臓にも問題ありません。

ちなみに休肝日であっても、たった一口でもお酒を飲んでしまったら、元も子もないので注意が必要です。
それと、飲酒後に肝臓が元のコンディションに戻るまでおよそ2日間かかるので、できれば連続して2日間休肝日とした方がいいみたいです。

Qビールの多量摂取 毎日ビール350㎖缶6本を4〜5年飲み続けてます。最近手指の震え痺れがありますが飲

ビールの多量摂取
毎日ビール350㎖缶6本を4〜5年飲み続けてます。最近手指の震え痺れがありますが飲むと症状は収まります。休日は12本位飲みます。減らそうとしますが、ストレスを理由に飲んでしまいます。考えられる病気はどの様なのがありますか?肝臓の値は昨年初めて基準値を少し超えました。

Aベストアンサー

先の方ものべてるように、アルコール依存症が疑われます。
ストレス飲みは典型です。
依存症は毎日飲まなくてもなる、数値が低くてもなる。
やめてる期間もあるから自分は違う、はありません。
かりにお酒をやめても治癒はない、本当にこわい病気です。
ただ今以上にひどくならないように、一生断酒を続けていくだけです。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、蟻地獄の途中にいるだけです。また飲酒したら少しずつ下(死)へおちてくだけです。
今はまだ震えだけかもしれません。
自分も家族も地獄をみる病気です。
まわりには、もっと飲む人がいるし大丈夫、自分は違うと思わない方がいいです。
進行性の病気なので、やめるなら早い方が良いと思います。
老若男女とわず、飲酒する方には皆危険性のある病気です。
依存症とわからず、苦しんで亡くなる方も沢山いますよ。

Q休肝日にノンアルコール飲料は大丈夫?

全くの健康体の40歳代男性です。

これまで家ではビール1-2本飲んで、週1回ほど外で普通程度に飲んでいましたが、さすがに毎日飲むのは止めた方がいいのではないかと思い、ちかごろ週2回ほど休肝日を設けてはいます。ですが、食事で水やお茶では味気ないので、アルコール度数0.5%程度のビールテースト飲料と言われる清涼飲料水を1本から2本程度飲んでいます。

一方で休肝日にはアルコールを全く取らないと意味が無いと言う噂も聞いたことがあり、実態はどうなのでしょうか?また休肝日は2日間連続させないと意味が無いと言うのも聞いた事がありますが、本当はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも休肝日という考え方を変えたらよろしいでしょう。飲みたいのに健康が心配だから肝臓を休める。おかしいですね。

 医学界では明言は避けていますが、アルコールは少量でも害なのです。ほろ酔いとはいっても、脈は速くなり、思考力は鈍り、平衡感覚は狂うのですよ。すでにこの時点で正常ではありませんね。これを日常的に継続したら体調を崩しても不思議ではありませんし、ストレス発散というお題目も、飲酒は逆にストレス耐性を低めます。アルコールに弱い人は自覚があるので、アルコールを多量に摂取しませんが、強い人が酔うまで飲むと確実に健康を害します。休肝日とは単なる気休めにすぎません。

 ほんのたまに嗜む程度でガミガミ言うつもりはありませんが、飲酒習慣を変えたいのなら、きっぱり断酒すべきでしょう。それができないなら、休肝日などという詭弁的な因習を信じるより、信念をもって飲んだほうが、よほど男らしくてよろしいでしょう。よくお考えになったらよろしい。くれぐれもご自愛なさってください。

Qアルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

アルコール中毒は1日どの程度飲む人を言うのでしょうか?

私は毎日、発泡酒を晩酌に350mlを1本と氷結350mlを2本飲んでいます。 このままのペースで行っても大丈夫でしょうか?

また、痛風も将来恐いのですが、大丈夫でしょうか?
ビールよりも発泡酒の方が痛風になりにくいのでしょうか?

詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、目安となるアルコール依存症の症状を以下に列記してみます。

・飲まないと眠れない。

・飲んだ翌日、手が震える。または指先がこわばったようになり、字が書きにくい。

・飲んだ翌日、汗が出る。 

これらは、離脱症状といって、アルコール依存症の重要な徴候だそうです。
これに
・2日(48時間)以上に渡って、飲んだら寝るを繰り返す

という症状が加わると、完全にアルコール依存症と診断されるようです。
もちろん、これらの症状に当てはまる=アルコール依存というワケではありません。
ただ、可能性は高いと思われますので、ご心配でしたら専門医を受診してみてください。
もし、アルコール依存であるなら1人で脱却するのは無理ですので、、、。

痛風に関しては、「何とも言えない」というのが答えでしょうか。
たしかに「アルコールが原因だ」という研究結果もありますが、まだまだ「研究段階」であり、因果関係は解明されていないと言えます。

取り合えず、毎日の飲酒をやめ2~3日事に休刊日を入れることをお薦めします。
アルコール分解の為の肝臓をいたわってください。

参考URL:http://www.ask.or.jp/sodankikan.html

アルコールは、どの位摂取出来るかとういのは個人個人決まっていて、「多い、少ない」で判断は出来ないようです。
ただ、アルコールは一定以上摂取し続けると「依存常態」になり、その結果「アルコール依存症」という「病」になります。
これは、他の「麻薬」と一緒です。ただ、まだ「麻薬」よりも安全であるに過ぎません。
(※麻薬であるモルヒネなんかも痛み止めとして医療で使われることもありますし)
つまり、「個人にとって、依存症にならない程度の楽しみ方」をしていれば問題ないと言えます。

一応、...続きを読む

Q休肝日って、本当に休んでるんですか?

休肝日とは言いますが、別にアルコールの分解以外にも肝臓は使われていますよね?

例えば、分かりにくいかもしれませんがゲームのようにポイント制で、一定の量に達すると肝臓が壊れるとします。
HPでも何でも良いんですが、累計10000ポイントダメージを受けたら肝臓が死ぬ。

普通の食事を摂る生活で、1日1ポイントずつダメージを受けていくものが、酒を飲むと1日5ポイントになる。
これが休肝日の間はダメージが回復するわけではなく、単に1ポイントに戻るだけでダメージは蓄積されていることには変わりないってだけの話じゃないんでしょうか?

1ヶ月分
酒無し: 30日×1ポイント= 30のダメージ
酒あり: 30日×5ポイント=150のダメージ

8日の休肝日を設けても、8日×4ポイント=32のダメージ減少というだけで、118のダメージは受けている。
休肝日を設けたとしても、酒を飲まないときより実に数倍のダメージは受けていて、結局休肝日の効果って微々たるものなのではないでしょうか?

それとも酒を飲まない日は、睡眠中などに肝臓が再生したりするとか?
そういえば肝臓は3分の2を切り取っても、元の大きさに戻ると言いますよね?

酒を飲み続けると壊れていく部分が、2日程度の休肝日で再生しているということなんでしょうか?
それともやはり、受けるダメージを最小限にしているだけで壊れ続けているという考えですか?

休肝日とは言いますが、別にアルコールの分解以外にも肝臓は使われていますよね?

例えば、分かりにくいかもしれませんがゲームのようにポイント制で、一定の量に達すると肝臓が壊れるとします。
HPでも何でも良いんですが、累計10000ポイントダメージを受けたら肝臓が死ぬ。

普通の食事を摂る生活で、1日1ポイントずつダメージを受けていくものが、酒を飲むと1日5ポイントになる。
これが休肝日の間はダメージが回復するわけではなく、単に1ポイントに戻るだけでダメージは蓄積されていることには変わりないっ...続きを読む

Aベストアンサー

元々肝臓は簡単に弱るものではありません。また、人間に限らず動物には恒常性という物があり、常に体の機能は一定の修復を行いながら成長し、それが一定を超えると徐々に老化しています。即ち、体に備わっている機能は、常に変化しており、古い部分は自らの細胞が破壊し、その後自らで再生させているのです。その代わり、体の細胞には分裂の限界があり、いつかは機能しなくなります。

これが人が生きる上での大前提です。転けて怪我をしてもよほど致命傷や大きな傷でなければ、ずっと出血し続けることもなく、いつかは治癒するのは、人の持つ回復力、恒常性によるものです。これは、臓器でも同じです。

肝臓は、人でも動物でも臓器としてはもっとも優秀であり、解毒、分解、そして代謝と貯蓄の4つを司ります。アルコールの酢酸への加水分解への過程はその一つに過ぎず、他にも沢山の役割があるのです。

問題となるのは、アルコールに限らず一度にどれだけの処理が行われ、その処理によってどれだけその機能がダメージを受けるかと、その機能を司る場所が、肝臓全体なのか、そうではないのかということです。

質問の場合は、肝臓のあるアルコールを処理する機能を休ませても、他が動いていれば意味がないではないかという意見だと思いますが、これは肝臓に限らず他のものに当てはめれば分かりやすいでしょう。
例えば、高性能な温水機能付きの蛇口があったとしましょう。これには、温水機能と普通の水道の機能があります。これで、水道を使っているときには、温水器は止まっていますが、大量の温水を常に出していた場合、先に壊れる可能性が高いのは、水道側の止水パッキンと温水器のどちらでしょうか?

普通の場合は、温水器の方です。ずっと出し続ければ、温水器の点検をして状態を見ることもできませんからね。休肝日というのは、それと基本的には同じです。
尚、一部の機能が失われると、他の機能にも影響を与える場合があるのが、細胞というものです。
人の体の場合、ある程度その状況に順応する力が備わっています。

即ち、よく飲む人は、アルコールを分解できるだけの機能を備えようと努力し、その機能を強化するのです。そのため、飲んでいれば、徐々にアルコール分解の能力が一定まで高まる傾向があります。
しかし、それを過剰に繰り返すと、その機能が間に合わなくなったときに、他の大事な機能を停止させてしまい。壊してしまうことがあるのです。それが、脂肪肝や肝硬変などの重篤な肝臓の病気です。

アルコールは、体にとってはどちらかというと毒です。
それを長時間高濃度で血中にもっていれば、昏睡から死に至ります。
それを分解する肝臓の一部は、その為の機能を備えていますが、もしも過剰にそれがやってくると、別の物質を解毒や分解している場所が、その影響を受けてしまい。壊れてしまう可能性もあります。即ち、アルコールがきっかけで、肝臓の別の部分を破壊するということです。

それが起きないようにするには、そのアルコールを処理する部分の活動量を抑え、その部位を回復させるのがベストです。それが休肝日であり、部位点検の日となります。

尚、肝臓を切除しても、移植しても元の状態に近づいて戻ってくると言うのは、順応性に基づくものです。これは、肝臓に限らず他の臓器や皮膚などにもあります。ただし、これで順応する能力は、本来その部位が持っていた能力と全く同じレベルにはなりません。即ち、他がなければ、別の場所が仕事をするために、発達するが、それは専用のものと全く同じに振る舞うことはできない場合が多いのです。

そのため、万が一、その組織が大きく破壊されても、同じ生活を続ければ、最終的には機能不全に陥り死んでしまいます。寝ずにずっと働けば人でも、過労死します。結末はそれと同じです。
ただし、休めば日数にもよりますが多少は回復します。尚、何度も書きますが元の機能が完全に破壊されると、絶対に元には戻りません。あくまで、その部位が死滅したり、死滅が始まることがない程度に量を抑え、尚かつ定期的な休暇がなければ、いけないのです。

何事も、限度があるということです。

元々肝臓は簡単に弱るものではありません。また、人間に限らず動物には恒常性という物があり、常に体の機能は一定の修復を行いながら成長し、それが一定を超えると徐々に老化しています。即ち、体に備わっている機能は、常に変化しており、古い部分は自らの細胞が破壊し、その後自らで再生させているのです。その代わり、体の細胞には分裂の限界があり、いつかは機能しなくなります。

これが人が生きる上での大前提です。転けて怪我をしてもよほど致命傷や大きな傷でなければ、ずっと出血し続けることもなく、い...続きを読む

Q二日酔いで飲まない日も一応休肝日でしょうか?

質問です。うちの夫はハッキリ言って酒飲みでザルです。毎日ビールを350mlを3-4本、これ位では酔っ払いません。でも、いつも派手に飲む日がありまして。その日はウイスキーで1.5リットルを3分の1ぐらいソーダーに割って飲みます。それが一ヶ月に4-5回あります。その時も自分で「飲める限界」と言うのが分からないのでいつも、吐くまで飲み続けます。寄って次の日は決まって二日酔いです。シャワーでも吐いている様です。下痢もしてます。食欲は辛い物を食べたがります。飲み物はポカリスエット系の物を飲みたがります。一日グダーとして何もしたがりません。幸い仕事はシフト制なので平日休みがある時にこんな飲み方をします。
こう言った二日酔いで飲めない日も休肝日に数えられるのでしょうか?
もう40歳近いので、お酒、タバコ等を控える様に常々言い聞かせているのですが、若い頃からの癖みたなもので、止められない様子です。変な病気にならなければいいのですが・・・・。ちなみに彼の叔父は肝臓を悪くして2年前に他界。彼のお父さんはかなりのアル中で今家庭内離婚してます。彼のお祖母さんも生きている頃はかなりのアル中で若くして亡くなっています(50歳代ぐらい)。不安です。どなたか、同じ境遇の方や経験者、専門家の方、どなたでも、アドバイスをお願いいたします。

質問です。うちの夫はハッキリ言って酒飲みでザルです。毎日ビールを350mlを3-4本、これ位では酔っ払いません。でも、いつも派手に飲む日がありまして。その日はウイスキーで1.5リットルを3分の1ぐらいソーダーに割って飲みます。それが一ヶ月に4-5回あります。その時も自分で「飲める限界」と言うのが分からないのでいつも、吐くまで飲み続けます。寄って次の日は決まって二日酔いです。シャワーでも吐いている様です。下痢もしてます。食欲は辛い物を食べたがります。飲み物はポカリスエット系の物を飲み...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます。

主人は4リットルの焼酎を1週間で飲みきります。幸いに酔っぱらうということはありませんが。

舅は飲んべえで、若い頃は飲むと包丁を振りかざし、暴力に走る酒癖の悪い人だったそうで、主人は絶対そうならないと小さい頃から心に誓って来たそうです。
主人は乱れないのでまだましですが、飲む量が多すぎて体のことを考えると、量を減らしてもらいたいと願ってます。

さて、休肝日ですが、週に1日から2日抜く方が良いとお医者様に言われました。飲み過ぎた翌日でも同じでしょう。
主人も数年前から肝機能の数値が良くなくて、健康診断の結果を機に今は週1日だけですが、休肝日をもうけてます。これでだいぶ肝機能はよくなりましたよ。

それから2日酔いの対処ですが、飲んだお酒の量の2倍は水分をとりましょう。ポカリスエットのようなものは糖分が多いので、水で2倍以上に薄めて飲みましょう。

飲んべえからお酒をとろうすると、「これから何を楽しみにすればいいんだ?」なんて言い出します(主人が言いました)
「飲むなとは言わない、適量にしようよ。私、あなたにもしものことがあったら、悲しくて生きていけないよお・・」って言ったら、びっくりした顔で、そうだなあ、減らすよって言ってくれました。

あなたの裁量次第でご主人は変わりますよ。
お酒の入ってないときに、よ~く話し合ってください。
そのときは、やさしく、かわいくね!

おはようございます。

主人は4リットルの焼酎を1週間で飲みきります。幸いに酔っぱらうということはありませんが。

舅は飲んべえで、若い頃は飲むと包丁を振りかざし、暴力に走る酒癖の悪い人だったそうで、主人は絶対そうならないと小さい頃から心に誓って来たそうです。
主人は乱れないのでまだましですが、飲む量が多すぎて体のことを考えると、量を減らしてもらいたいと願ってます。

さて、休肝日ですが、週に1日から2日抜く方が良いとお医者様に言われました。飲み過ぎた翌日でも同じでしょう...続きを読む

Q休肝日をいつにするか

今年から酒の量も減らし、休肝日を設ける決心をしたのですが、週1回とるとして、何曜日にしようか迷っています。金・土・日の3日間は解放感があるので酒は飲みたいし、月曜は普段より早く帰れるので飲みたい。火~木の3日間でと思うのですが....。休肝日を設けている方の考え方を教えて下さい。私は1度挫折した経験があります。

Aベストアンサー

patapata1さん今から一杯やりましょうか?冗談です。
貴方の肝機能が正常と仮定し、かつそれでも休肝日を設けたいと仮定し回答します。ういっす。(Beer1本入ってます。さらに焼酎飲みながらの酔っ払い回答です)

さて、最初の目標レベルを高くすると失敗します。まずは週1回の休肝日を決めましょう。質問内容を拝見するに、嗚呼私と同じ(理屈つけて結局飲んでるだろうな)と思いました。決め手は次の日がどういう日であることです。ちなみに私は
二日酔いまでしませんので問題ありませんが、お仕事をされているのであれば日曜日(月曜日は仕事始めだから)など。

若しくは週休2日制と推測されますので、一番飲みたくなる日一番つらい日「金曜日の夜」などは如何でしょうか?とどのつまり結局貴方しだいなんですよ。こればっかりは。

お互いがんばりましょう!

Qバリウム飲んだ後は、ビール飲んだほうがいいのでしょうか?

今日はじめて、健康診断でバリウムを飲みました。
昔、おじさんたちが、「バリウム飲んだ日は、ビールを飲んでバリウムを排出させないといけない」と言ってるのを聞いたことがあります。それで今夜は、ビールのもうと思ってました。
ところがインターネットを見てもそんな話が見つからないばかりか、かえって、「アルコールを飲むとバリウムが凝固する」とか怖いこと書いてます。

真相は、どちらなんでしょうか。
今晩、ビールを飲むべきか飲まないべきか悩んでます。

ちなみに普段から飲まないので、別に飲みたくはありません。また、下剤で、すでに、だいぶバリウムは出ました。

Aベストアンサー

こんにちは。
ビールはよろしくありません。
>バリウムが凝固する~は本当です。
下剤のように飲んですぐでてしまえばいいのですが、普通はそうなりません。
お腹の中で固まってしまって本当に大変なことになります。
絶対まにうけないでください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報