1度折れた木製バット(野球)を木工用ボンドで接着させる作業をしています。

完全にピッタリ元通りになることはなく、わずかに浮いてしまったりズレて接着してしまうケースがよくあります。
自然の木材が折れれば手作業で完全元通りにすることは不可能なのはわかりますが、どう合わせても数ミリもズレが生じるので気になっています。

水分を吸って木が膨張することは知っておりますが、強い衝撃で折れたことで膨張するようなことってあるのでしょうか。木材はハードメイプル(かえで)です。宜しくお願いいたします。

A 回答 (3件)

スパッと切った面は密着しやすいが、それと比べて、


複雑に折れた場合は接触面積が膨大な大きさになります。
高い圧力で正確に押し込まなくては密着しません。
接着には10Kg/Cm2くらいの圧力が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
接触面積ですか、参考にさせていただきます。多少のズレはあきらめるしかないようですね。
見た目的には折れているのが遠目でもわかってしまいますが。

お礼日時:2009/05/22 22:54

たとえ上手く接着できたとしてもバットですから衝撃で千切れとんでしまうことを心配します。

その時誰かに当たって怪我をさせたらどうしますか?普通の場合より大きな責任があなたに掛かってきますよ。新品を買うようにアドバイスします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えていただけずとても残念です。
プロ選手の使用したバットを記念品(飾り物)として直すだけです。

お礼日時:2009/05/22 22:51

と、いうか、子供のお遊び以外の野球には、もう使えませんが、それでも接着させますか?



そもそもせん断面が複雑ですから、よほど圧をかけない限り、完全な修復は不可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えていただけずとても残念です。
プロ選手の使用したバットを記念品(飾り物)として直すだけです。

お礼日時:2009/05/22 22:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカタリストのバットについて

カタリストのバットについて

アメリカのメーカーだと思うのですが、カタリストというバッドがとてもいいと聞きました。

そこで調べてみると、

日本でも売っているし、アメリカでも売っているようです。

そして、アメリカのサイトを見ると、日本よりも安いのです。


そこで、質問ですが、

アメリカから、カタリストのバットを買った方、いますか?

そのときの様子や注意点などを教えてください。


また、日本製でなくても公式戦で使えるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして
ブランドやメーカーに限らずですが
海外と日本で名称が違うだけのまったく同じモデルっていう製品は多数あって
そのほとんどが海外の方が安い値段設定されているようですね。
結論から言うとお値段は魅力的なのですが手を出さない方がいいと思います。

カタリスト含む海外販売の製品はもISFの承認マークは入っているでしょうが
JSAの承認マークは入っていないと思われます。
日本国内公式戦はISF承認だけで良かったりJSA承認も必要だったり
そのレギュレーションは様々ですし
「モデル名や承認マークの有無以外まったく同じ製品なのに」
っていう言い訳は当然通用しませんので
最悪の場合没収試合にもなりかねない余計なトラブルを避けるためにも
旅先での購入や通販etcどういったかたちであれ海外で販売されている製品を
公式戦で使用されるおつもりならばJSA承認マークの有無を確実に把握されてから 
使用されることをおすすめします。

Q木工用接着剤と木工用パテ部のオイル塗装について

木製品の塗装を初めて行いました。クリア塗装などが大変そうなのでウレタン塗装はあきらめて、オイルフィニッシュが簡単そうなので、WATOCOのオイル塗装用の塗料で木部の塗装を行ったのですが、接着剤がついている部分がうまく染まらず色が抜けた状態になってしまいました。(パテ部は色はついたがかなり違う感じ、パテで埋めたのがはっきりわかってしまう。)

オイル塗装をする場合は、接着剤を使用した部分はあきらめるしかないのでしょうか?(きれいなオイル塗装をされているものは、極力接着剤やパテを使わないように最初から作られているのでしょうか?)

接着剤とパテを使わないわけにはいかないので、きれいに塗装するには、例えば最初に水性塗料で着色してからオイルフィニッシュするなどすればきれいに仕上がりますか?

またオイル塗装以外に他に簡単な塗装方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも接着剤の表面についた所はしみ込まないので同じです。オイルステインは顔料と揮発性の油と乾性油少々を混ぜた物です。orukaさんの言ってる方法はニス塗りならそうかなと思いますがオイル仕上げの場合は無理があると思います。色合わせするより接着剤は除去してしまった方が早いでしょう。オイルを塗って気づいてからでも間に合います。

下地に塗料で色を付けてしまう=塗ってしまうと木肌の上に塗膜ができてしまいます。そうすると接着剤がついて膜を作っているのと同じ状態でそこに油はしみ込まなくなります。ですから水性塗料で塗っておくなどとは考えないことです。
オイルステインや顔料入りのフィニッシュオイルは木の導管にしみ込んでいわば染色するわけです。塗膜に色がついているわけではありません。
Tシャツの表面にシルクスクリーンのプリントでごわごわした物を塗り付けている状態が塗装で、染料で捺染したり後染めしている状態がステインや顔料入りオイルでの着色と考えるとわかりやすいでしょう。染料の場合には糸の繊維に染料がしみ込んで色を出すのです。

濃い色で染色すると木目の本来白っぽい部分が濃く染まってしまってネガポジ反転のようになるのを嫌う人もけっこういます。

塗装は面倒ですがきちんとやれば自分なりにできます。何度かやればこうすればこうなるとわかってきますし。ただ我々素人だとその仕事が終わりの頃になってああこうなんだなってつかめてくるようなことの繰り返しですね。

パテは使わないで埋め木をするべきです。前のリンクをごらん下さい。

吸い込むようなパテはありませんし、どうやったって丸見えです。
工作の時に生じた木屑を埋めてごまかすとかはありえますけれど。
どういう状態でパテが必要なのでしょうか?

オイルフィニッシュはオイルを木にしみ込ませて木の上に塗膜を作らないので一般的な塗装とはかなり違います。(図参照)
顔料の混ざったオイルで色付けを同時にすることはできます。オイルステインの乾性油成分の多い物と考えて良いです。オイルステインでの着色でも...続きを読む

Qソフトボール2号バット

ソフトボール2号用バットは、今何が一番よいのでしょうか?
カタリスト?AX4?ヴードゥブラック?ブラックキャノン?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2号は小学生ですね。
カタリスト、AX4は、飛距離が群を抜いていますが、価格も群を抜いています。

小学生ですから、ミドルバランスの軽めのバットがいいとおもいますが、お金との相談ですね。

バットは、価格でランク付けされているような感じですので、そのチームの方針やレベルに応じた
ものでいいかと思いますが。

Q【接着剤】木材とコンクリート、セメントを引っ付ける接着剤ってありますか?

【接着剤】木材とコンクリート、セメントを引っ付ける接着剤ってありますか?

Aベストアンサー

本格的なもの(業務用?)から簡易的なもの(家庭用?)までいろいろあります。
「接着剤 木材 コンクリート」などで検索してみては

Qバットの使用規定について

中学生の息子(軟式野球部)が今月末の誕生日にバットを買ってほっしいと…
つなぎの期間、息子に自分(草野球人)のバット(2008式レッドカタリスト)を貸したところ、帰ってきてから『これ、大会ではつかえないらしいよ』って???
『JSBB』マークはあるのだが…そのほかにも『JG』『JF』のアルファベットが…
中学野球(中体連所属)に使用できる規定及びルール、マークを教えて下さい。
以上

Aベストアンサー

大会規定の規定が不明なのでまず
確認してください

JSBBでないと駄目な大会もあり
通常は
打者の金属、複合バットはJSBBマーク入りの公認の一般用を使用しなければならない。

すなわち
一本の木材で作った木製バットの他、竹片、木片などの接合バット。(特に公認制度はない)
軟式野球用木製バットには長さと太さに規定があるだけで、承認マークなど一切必要がない

2008式レッドカタリストはカーボングラファイトですから
(複合バット)ですのでJSBB公認でないと正式競技では使えません

Q一升枡に使う木工用接着剤

升酒を飲むときに使う一合升を作りたいのですが、接着剤の適したものを教えてください。
液体を入れるので、耐水性が必要だと思いますし、食品を入れるので、安全性が必要だと思います。
何か良い接着剤をご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

私が作るならば、アクリル変成シリコーン樹脂接着剤(例えばセメダイン・スーパーXなど)を使用します。
http://www.cemedine.co.jp/product/industry/super_x.html
しかしメーカーとしては「万が一」を考えて、推奨しないようです。
http://www.cemedine.co.jp/qa/elasticity/other.html
そこで代替案ですが漆は如何でしょうか。接着力は強く、長年食器にも使用されて、安全性も問題なさそうです。通販ではこんなのがありました。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~tanina/new.htm
使用法は難しいかもしれません。

Q小4の息子のバット

(小2から始め)現在、小4の息子が少年軟式野球をやっておりますが、

今まで、ローリングスの軽量のカーボン(ミドルバランス)を使用していましたが、そのバットが短くな

り、このオフ、新しいバットの購入を検討しておるのですが、うち息子的には、「ルイスビルスラッガー

のカタリスト」が気になるらしく、(私、父親的には中学では使用できない「ビヨンド」よりは、いいので

すが・・)実際このバットは来期の小5から使いこなせるものでしょうか?ちなみにうちの息子は、

身長は平均ですが、体型はがっちりしており、小5以下のチームでは一応クリーンナップを勤めて

おります。

抽象的な質問ですが、アドバイスをいただければ幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見が多く
楽天市場で調べても、売り切れのショップが多かったので、人気は有るようです。
因みに、売り切れていますが、一番安いのが15225円でした。

カタリストと同じ長さ,同じくらいの重さのバットを使えるのなら
カタリストでも問題ないと思います。
(カタリストにはトップバランスも有りますけど)

また、元プロ野球選手の方と直接話される機会が有れば、どの程度の重さが
適切か等を聞かれるのも良いと思います。

一般論としては、短いバットを長いバットに買い換えるのは良くある話で
当然、重くなります。

ただ、それで苦労する子は殆どいません。
(最初は、多少の違和感がある子はいますが、直ぐになれます)
力のあるお子さんのようですから、軽いバットより多少重みを感じる位の方が
飛ぶ可能性も有ります。

金属バットであれば、そのメーカーの中の上(低下で1万円くらい)なら
極端な差は無いと思います。
余りにも安いバットは、飛びが悪くへこむ事などが有るようですね。

No.3です。

カタリストを知る切っ掛けは分かりました。

その、元プロ野球選手の言われる通り、軟式ならビヨンド系かカーボンの方が
飛ぶ気がします。
ただ、TK0503は、ビヨンド系は中学では使えないので外されているようですので
カーボンが良いのかもしれません。(カーボンも中学で使えない事が有るようですけど)

この前の土曜,日曜に少年軟式でルイスビルスラッガーのバットを使っている子を
探しましたが、自分の知り合いではいませんでした。

次に、ネットの情報を調べると「ボールが飛ぶ」と言う意見...続きを読む

Q木材の目止めをするのに「木工用ボンド」

木材の目止めをするのに「木工用ボンドを水に溶いたものを塗る」なんて話を聞いたことがあります。
いつもはプライマーを吹いているのですが、コスト削減のためこのような方法をやってみようかな、と思うのですが、

1、ちゃんと目止めになるのか
2、もしかしてデメリットがあったりするのか

の2点について知っている方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 既に殆ど回答が出揃ってしまっていますが、も一つ。
 木工ボンドの主成分は酢酸ビニルなので、乾燥した後は塗料のクイ付きが悪くなります。あまり濃いモノを表面に塗るのはどうかと。

Qソフトボールのバット

3号革対応のソフトボール用のバットで
カタリストのミドルバランスを購入しようと考えているのですが、
スタンダードタイプとボトルタイプの違いが分かりません。
御存じの方おられましたら、教えて頂きたいと思ってます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ボトルタイプのボトルとは、瓶(びん)のことですから、つまり、グリップ部以外のボールに当たる可能性がある部分がほぼ均一の太さになっているものです。この形が瓶に似ているわけです。通常のバットは、正常のインパクト部に向けて徐々に太くなっていますから、ソフトボールバット独特の形状とも言えるわけです。しかし、近年のボトルタイプは、その独特形状を余り強調していませんので、パッと見ただけでは判然としませんね。グリップに近い部分が太いものも、そのように呼ばれています。

Q木工に高機能接着剤使ってらっしゃいますか?

木工には木工用ボンドですよね。過去30年、そう信じてきました。

ところが気がつくと木工以外の場所では高機能弾性接着剤1本あれば、家中のものほとんどなんでも(最近ではPPやPEまでも!)くっつくようになりました。
オープンタイムは適度に短いし、無色透明無溶剤、臭いなし、屋外使用可能、耐水性あり、はみ出たところは綺麗にとれる・・・言うことなしです。

そこでふと思ったわけです。なぜこれで木工をしないのか?と。
メーカー(セメダイン、コニシなど)の説明では木でも行ける(というか、くっつかないものは無い)となっています。ちょっと大きなものを作るときなど設備のない我が家では固定しておくことが一番難しく、これが数分のオープンタイムで接着できるとなったら革命です。

もしかしてもう皆さん使っていらっしゃって、知らないのは自分だけでしょうか。
それともこの組み合わせには何か大きな落とし穴がありますか。ご指導ください。

Aベストアンサー

接着剤も適材適所が肝心です。
水気や熱のある場所で使うならいわゆる木工用ボンドは明らかに不向きで、エポキシなり他の接着剤なり他の接合方法をとるべきです。
逆に楽器のようにいずれリペアのために分解するようなものであればニカワやタイトボンドが適しており、セメダインスーパーなどは不向きです。
もちろん強度やオープンタイムや乾燥時間も選択に関係してきますね。

何を作るかは存じませんが、それらを鑑みてセメダインスーパーやコニシボンドの製品が適していると判断されたのなら使用は全く問題ないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報