はじめまして。私(25歳)の両親・祖父母の同居問題について質問します。

恥ずかしい話ですが祖父母には借金癖があり、これまでにも数百万円の借金歴があります。
田畑や家まで抵当に入れられてしまった事もあり、
その時は父や父の兄弟でなんとか返済し取り返しました。

祖母が骨粗しょう症を持っている事もあり、今後の監視役も兼ねて
長男である父は祖父母との同居を決意し
父と母で、祖父母との同居を6年前に開始しました。

老いた両親のため、築50年の家を父名義で600万円のローンを組みリフォームし、
母も仕事をしながら祖父母の面倒を必死で見、何とか上手くやってきました。

しかし問題は小姑(父の妹)で、祖父母の年金を根こそぎ持っていってしまいます。
名目上は「祖父母の葬式代を積み立てている」としていますが、
詰め寄ってもその詳細を教えてくれません。

その上最近では「祖父母の葬式代は父が出せ、一人当たり200万円以上のものを出してもらう」
「祖父母の生活費・介護費は全て出せ」と両親を追い詰めてきます。
しまいには「それが出来ないのであればこの家を出て行ってもらう」と言い出しました。

他家に嫁に行って50歳にもなる小姑ですが、足しげく両親の家に通ってきては
文句を言い、金を出せと詰め寄り、二言目には「出来ないなら家を出ろ」です。

東京から同居のため田舎に引っ越してきた両親は、お給料が以前の半額近くで
リフォームローンも両親が70歳まで返済が続きます。

正直これではやっていけず、母もストレスと過労で倒れ、両親は同居解消を決意しています。
しかし家を出ても新しい家の家賃とリフォームローンを二重返済がこの先15年も続く事となり
私は心配でたまりません。

しかし母は「これからこの先も義父母や小姑との重圧を受けるぐらいなら
家計が苦しくてもアパートを借りて家を出たい」
と決意を固めています。

小姑が年金を根こそぎ持っていってしまっているので、祖父母には亡くなっても財産は一円もありません。
あるのはこの古い家だけです。
「祖父母の年金は俺が管理する」と父が言っても、小姑は聞く耳を持ちません。

でもこれっておかしな話です。祖父母から小姑への生前贈与になりませんか?

リフォームローンは父の名義となってしまっているので、もちろん父にこの先も支払い義務が発生するのは
解ってはいますが、悔しくて仕方がありません。

母が小姑達と戦えるだけの強い人間であれば問題も無いのですが
かなり精神的に追い詰められ、パニック障害を引き起こしてしまっています。
父母の身体を一番に考えると、同居解消しか道が無いように思われます。

ここで質問なのですが、
精神的苦痛を負わされ、家も追い出され、残るのはローンだけという最悪の状況を
どうにかして法律的に軽減させる方法はないものでしょうか。

(例えば、このリフォームローンを祖父母の名義に変える事は不可能なのでしょうか?
祖父は元公務員なので高額年金所得者であり、現在は借金もありません。
または小姑に対して精神的な慰謝料を請求するなど・・・)

稚拙な質問で大変お恥ずかしいのですが、どなたかアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。

長文失礼致しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

祖父母から小姑への生前贈与になりませんか?>


自分のものにしているのならそうですが、それ以前に祖父母の了解の元にやっているんでしょうか?勝手にやっているなら、また別の問題になるかもしれません。

このリフォームローンを祖父母の名義に変える事は不可能なのでしょうか?>
ローンはあなたの父親の信用(収入や年齢等)で借りたものなので、祖父母の信用だけで借りられなければ無理です。亡くなれば年金も入ってこなくなりますし、労働による収入が無い状態ではなかなか貸してくれるところもないでしょう。預金を多く持っているとか、不動産価値が高いとかであれば可能かもしれません。その辺りもですが、祖父母に借りる意志はあるのでしょうか?なければ、どうしようもありません。


先ずは“祖父母の意志”を確認しましょう。年金は誰が管理するのか?同居をしたいのか?この辺りが一番重要な気がします。
その上で、私ならリフォーム代金分の持ち分登記を要求します。リフォーム前の家の価値と600万円との比率で良いでしょう。これで、出て行けとは言えなくなると思いますし、持ち分の権利は得られます。祖父母が亡くなった時は、その残りの祖父(母?)の持ち分を子供達で分けることになります。この時、妹が年金を持っていってるなら、その分は相殺しても良いでしょうね。

また、上記の持ち分登記をしていないのなら、父親から祖父(母?)への贈与になってますので、この辺りにも注意してください。ちなみに、600万円に対する贈与税額は82万円です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

86tarouさん、ご回答ありがとうございます。

年金を渡すのは、一応祖父母の了解の元です。
しかし祖父母は、「自分達の葬式代の積み立て」と信じて小姑へ渡しています。
その積立額が現在いくらなのか、本当に積み立てているのか使いこんでいるのかが解らないのです。
詳細を聞くと「そんなものあんた達に教える必要はない」と声を荒げてヒステリーを起こすので
正直使い込みを疑っています。そこはどうにかして今後明らかにしていこうと思っています。

リフォームローンの名義については、やはりそうですよね・・・

祖父母の意思がしっかりとあれば問題はそこまでなかったのです。
無知で世間知らずな人達で、何を聞いてもどうしていいか解らない様子で昔からだんまりでして
「よく解らないけど兄弟仲良くやってほしい」としか言わない祖父母なのです。
ボケているわけではありませんが、意志というものがないのです。
正直この点は皆昔から呆れてしまっているのですが、ある意味どうしようもありません。。。

持分登記に関しては、全くの無知でした。すぐに調べてみます!

ご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/22 11:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング