先月末簡易保険が満期になり継続の意味もこめてに郵便局に行きました 
郵政民営化になり前は現在の入院特約と生命保険が一緒になってたのが別々に・・・で、新ふりープランを進められ入院特約がついた生命保険に契約しましたしかし15年前ウィルス性肝炎になって入院暦があるので審査が通らないと拒否されました 「3年間病歴なしで大丈夫」と窓口でいってたのに・・・簡保窓口コールセンターに電話してもだめとの一点張り・・・「今後どうなるかわかりませんが現時点ではだめです 生命保険と満期保障は入れますが」と殆ど解約の方を促せれました とにかく2時間も窓口でプランを設定して今後の病気等あるので入院特約をもちろんつけたい 契約のしおりにもどの病気になれば加入できないと明記もされてない 窓口の対応も悪い・・しかもたった1回だけの入院で・・簡保生命を訴えたほうがいいのでしょうか 良きアドバイスをよろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

個人的な感想です。

(失礼をお許しください)

簡保生命の保険に入れなかったのは、逆にラッキーです。(個人的な判断ですが、私が加入している保険より、恐ろしく保険料が高く、見返りが少ない保険と思うからです・・・つぶれないというメリットはありますが)
・ウイルス性肝炎は完治する場合、発症していないがウイルスはいる場合など、さまざまな病態がありますので、医療保険に加入する場合はそのことも含め相談に乗ってくれる、(医療審査部門の充実している保険会社)に逆に相談(審査)してもらってから加入した方がよいです。
私の加入している保険会社は問診項目に「肝炎」の項目や「ウイルスキャリア」の項目がありますが、引っかかるとそこで「ダメ」ということではなく、会社で行う健康診断の結果などでも審査をしてくれます。
場合によっては、割増金や加入後「何年かは、肝臓疾患は保障しない」などの対応になります。
医療保険は告知違反と言われれば、保険金が入らないだけでなく、最悪の場合、掛け金も戻ってきません。
簡保生命にはその「ノウハウ」がないのでしょう。
私は、加入できなくて、ラッキーだと思いますが。

この回答への補足

みなさん本当に良いアドバイスありがとうございます 確かに高いです
そうなんです 潰れないというメリットが魅力的で加入したんですが 窓口では確かに3年間病気がなければ大丈夫と言うてたのに・・・いざ加入すると・・・
告知違反したと簡保側は言うでしょうね・・・でも証書のうらに保険金支払いましたと明記されてるのに・・・まして15年前の1度だけ・・郵貯銀行ではスルー・・・簡保生命で駄目・・しかも1ヵ月後に・・・・窓口では2時間も保健内容を選定したのに・・・私も簡保生命も郵貯銀行もノウハウがないと思います 今後問題がでてくると思われます

補足日時:2009/05/24 21:36
    • good
    • 0

えー、郵便局の窓口社員でございます。



今回は質問者様にかなり不愉快な思いをさせてしまったようで・・。
申し訳ありません。

説明・・・というより、言い訳に聞こえるかもしれませんが、実際に窓口で保険を勧奨、販売している立場から申し上げますと。

1、生命保険と入院保険が一緒だったのが・・・別々に・・・とありますが、民営化以前の「簡易保険契約」でも「基本保険金(死亡保障)」と「入院特約」は別々になっていました。
実際にご契約いただくときに、当時はそこまでの説明は行ってなかったとは思いますが・・・。
なぜ、今回「入院特約」について細かい説明があったかというと、昨年の7月から「日帰り入院」でも給付金がでる入院特約が発売されたからです。

2、「15年前ウィルス性肝炎・・入院歴があるので審査が通らず、拒否された。“窓口では大丈夫・・”」という点ですが、
確かに15年前の病歴で持って「加入できない」点についてご納得いただくのは難しいと思いますが、当時、入院給付金の請求はされましたか?(証書の裏に記載があるということで請求されたんだと思うのですが)
当時、入院給付金を請求した際に提出した入院証明書に「完治」の文言が記載されていなかった可能性が高いです(あくまで可能性ですよ)。

また、「窓口で大丈夫」と言われた点ですが・・・・・、
質問者様と窓口社員の間でどういうやりとりをされたかは分りかねますが、
15年前の入院について窓口社員が話を聞いていた様ですので、「大丈夫」と言ってしまったのは軽率だったと思います。
民営化以降、保険加入時の審査は民営化前とは比べられないくらい
厳しくなっている印象です。
合わせて、審査の基準は常に同じところにあり続けるわけではなく、毎年のように見直されています。ですので、今はダメでも、後々どうなるかは分らないというのも、僕ら窓口社員の「悩みの種」なのです。
#1の方の回答欄に「顧客が減る・・」ということを書かれていますが、そういうことではありません。
病気の内容については「個人情報」であり病状は「センシティブ情報(個人情報の中でも特に留意すべき事項)」に含まれるので、「個人情報保護法」に抵触するためです。


ただ、審査基準が「契約のしおり」に載っていないということについては、ほかの生命保険会社様も同じではないでしょうか?
と、言うのは、すべての病気について病状や現状を事細かに記載するのは不可能だからでしょう。

あと#3の方が述べている「ノウハウがない」という点ですが、
「かんぽ生命」の加入時には「健康診断書」の提出はいただいてないですよね?
「ノウハウがない」のではなく「健康診断書」の提出や「職業による加入制限」を求めない「簡易・簡便な生命保険」だから「簡易保険」だったのです。
また、#3の方が触れていますが「恐ろしく保険料が高い」とありますが、「かんぽ生命」「簡易保険」は預かったお金を積極運用することで保険料を安くする方法を採用してきませんでした。
(ま、民営化の経緯や民間生保さんの「予定利率引き下げ」なんかを調べてみてください)
確かに「ほかの生保」に比べたら表向きは高いです。
でも、きちんと計算してみたら、それほど高い計算にはなりません。

ご契約の意向をいただいたせっかくのお客様なので、ご意向に沿えなかったのは残念ですが、以上の点をご理解いただければ・・と思います。

この回答への補足

入院給付金の請求はしました 証書裏面に入院した期間と請求日が書かれてました 確かに完治の文言はかかれてなかったです なぜならば提出した診断書は病名と入院期間のみで後の通院と処方された薬で完全完治したからです こういう場合はどうしたらよかったですか? 今から完治した証明、診断書があれば特約も加入できるということですか?そして簡保は何年も前で1度でも給付金を受ければ病気の内容等によって新規加入は拒否されるんでしょうか? それが裁量の範囲なんでしょうか? 「民営化以降、保険加入時の審査は民営化前とは比べられないくらい厳しくなっている」と、おっしゃりましたがそれでしたら、やはり民営化にしなくともよかったんではないでしょうか?
・・・回答してもらうだけでもありがたく、たいへんかと思いますが やはりいけると窓口ではいうてましたし審査の為の3年前までの病歴を新規加入申し込み時に書かしてもらったんですが・・・非常に残念です

補足日時:2009/05/27 20:31
    • good
    • 0

質問から判断しますと、カンポ生命に申し込みして告知欄には現在の病歴はないと記入したが、基本契約(死亡、災害死亡、倍額保障)は通り入院特約が拒絶になったのと思われます。

簡易保険でも以前からそういう事はありました。窓口や渉外はあくまでも申し込みの受付だけで、審査はカンポ生命の裁量になります。現在説明しなければならないことが以前より多い為に、2時間くらいかかるのは仕方がないことと思います。やはり入院保障が必要で保険加入を検討する場合が多いので、質問者の気持ちはわかります。ただカンポ生命では、告知内容は教えますが
裁量の範囲は教えません。一年に一度のポリープの検査をしていると告知しても入院特約が通った場合もあります。告知と以前の入院履歴で判断しているようなので、カンポ生命を訴えても仕方がないのではと思います。解約時の還付率や終身の入院保障など良い面がありますが、
他の面での改善や新商品の開発が待たれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

裁量の範囲は教えれませんて感じですよね
知り合いでは以前に心臓疾患で入院暦ありで後満期になり新規で加入しても入院特約も含め契約成立してました 私の場合15年の入院暦で駄目でした・・・
後変わるかもとコールセンターが言うてましたが・・・
本当に後の改善や新商品が待たれます
本当に色々とありがとうございました

お礼日時:2009/05/25 20:33

(Q)かんぽ生命の裁量権の中の範囲とはどこからどこまでをさすのでしょうか?


(A)回答に書いたように、告知とは関係なく、過去の病気を理由に、契約を断ることができます。これは、かんぽ生命だからというわけではなく、他の保険会社にも、同様の但し書きがあります。

問題は、それが妥当かどうかということです。
ウィルス性肝炎は、完治が難しい病気であるだけでなく、長期に渡って、再発のリスクがあると言われています。
入院歴があるといことは、それなりに重い症状だったと思いますので、それだけリスクが高いと判断されます。

では、どんな病気が良くて、どんな病気がだめなのか、ということは、非公開となっています。現在のところ、非公開にしていることが、社会正義に反するなどの法的な判断がない(裁判がない)ので、それを判断するのは、保険会社の「裁量権の中」ということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 生命保険は入れるので入院特約のほうを他の保険会社という方向で検討していきたいと思います 良きアドバイスありがとうございました

お礼日時:2009/05/23 23:22

(Q)簡保生命を訴えたほうがいいのでしょうか


(A)はっきり言って、ムダです。
http://www.jp-life.japanpost.jp/products/prd_poi …
かんぽ生命・郵便局等の担当者による面接観査、健康状態に関する被保険者からの告知内容、過去の契約の申込みや入院保険金等の請求の内容などに基づき、基本契約及び特約の申込みを承諾するかどうかを決定しています。

つまり、質問者様の契約を断ったのは、かんぽ生命の裁量権の中でのことです。
裁判所などの第三者の意見を求めても、「問題なし」となります。

窓口の担当者の対応が悪いというは、確かに問題でしょうが、それによって、質問者様が不利益を被ったということがないと、謝って終わりです。
しかし、前の保険を継続できたはずなのに、その説明がなかったなど、対応に明確な落ち度があれば、前の保険に戻して、継続にする……という方法もあります。

また、過去5年間の健康状態に問題がなければ、他社の医療保険に契約することも検討してください。
当然ですが、15年も前のことは告知する必要はありません。

ご参考になれば、幸いです。

この回答への補足

明確な回答ありがとうございます
もちろん他の医療保険も考えました しかし料金も前払いもして駄目なので返金して終わりというのは・・・15年前の病気でその内容等はいっさい記載されてなく(記載すると黙って加入とか顧客が減るという事だとおもいますが・・・・)かんぽ生命の裁量権の中の範囲とはどこからどこまでをさすのでしょうか?

補足日時:2009/05/23 10:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q簡保の告知について(長文です)

結婚を機に、主人が一ヶ月ほど前に、簡保の特約(疾病入院保障)を付けました。基本契約(死亡保障)は5年以上前にしていました。
生命保険のことは全然と言っていいほどよく知らなかったので、本やこのサイトなどで勉強していくうちに、「告知義務」のことが気になり、主人に確認したところ、去年の健康診断で尿検査のところで「再検査」項目があったのですが、告知項目に記入する必要がないと思っていたらしく「3年以内に~」の項目に「ありません」と書いてしまっていました。(今年は大丈夫だったので、すっかり忘れていたようなのですが。)
理由はともあれ、やはり「告知義務違反」になり、解約されるか もう二度と入れないのか、ととても心配でどうしたらいいかわからない状態です。
また、基本契約をした際のことを聞いても、健康診断結果をもう覚えていないと言うので、どうしたらいいのだろうと悶々としています。
アドバイスを頂けたら、と思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

特約(疾病入院保障)の告知の事ですよね?

特別な書類も必要ありません。
去年の尿検査で「再検査」項目がありましたが、今年の健康診断では何の問題もありませんでした、という告知で済みます。

QB型肝炎キャリア 保険解約後 保険料返還される?

私は、9年前に上の子を妊娠出産した際、B型肝炎キャリアと判明しました。
妊婦検診の血液検査では「キャリアだね~でも大丈夫!感染力弱いし」位の説明、また産後に子供にワクチンを打つ必要があるなどの説明を受けました。
ただ恥ずかしながら、産後の疲れで意識が朦朧とした状態で聞いていた事もあり、その時点でキャリアについて全く理解しておらず、その時点では感染したりするけど、水ぼうそうみたいに徐々に治ってしまうと思っていました。
今になって思えば、先生の話を聞き違えて、肝炎を発症してじきに完治する事と誤解していたのではないかと思います。

そのため、キャリアの事をすっかり忘れており、5年前に医療保険(アヒルの…)に告知せずに加入してしまいました。
そして、昨年暮れに二人目を妊娠した際に、改めてキャリアと告げられ詳細な説明を受けました。
(ちなみに一人目と二人目は違う病院です。一人目の時の病院は産婦人科がなくなってしまいました。病院はまだあります)
キャリアは簡単に治ったりするものではなく、一生付き合っていかなくてはならないこと、私の場合感染力は極めて弱く、発症リスクも低い事、だが今後定期的に経過観察を薦める等です。

そして、先日夫の保険加入を考えていて、ふと自分の保険の事を思い出しました。
ここの同様の質問を拝見しまして、キャリアを理解していなかったという意見は通じず、告知義務違反で契約解除だろうな、と推測されます。
ならば、いつ病気になるか、バレるかとビクビクしているよりも解約してしまおうとも思いましたが、出来れば今まで払った保険料がいくらかでも戻ったら…と思います。
ちなみに、加入してから今までその医療保険を使った事(給付を受けた事)は一度もありません。

以前保険会社に勤めた経験のある知人は、「妊娠は全額実費で健康保険を使ってないんだしバレないかもよ。キャリアだって知らなかったでいいんじゃない?」などとアドバイスしてくれましたが、妊娠出産の経験があるのは、ちょっと調べれば簡単に分かりそうなものですよね。
それに、日本では現在、妊婦は全員B型肝炎の検査を受ける事になっているそうですし、すぐバレませんか?
ずっとビクビクしているのは絶対に嫌なので、やっぱり解約したいとも思います。でも今までの保険料もったいなかったな~とも後悔しています。
正直にキャリアだと追加告知?(5年経っているので無理ですか?)すれば、条件付で継続できたり、または契約解除だけれども保険料が返還されるなどの措置がとられる事はありませんか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

また、現状ではキャリアで加入できる医療保険は条件付以外はほぼ皆無のようですね。
ただ、条件付医療保険は掛金が高いですし、そして保障が手薄…これなら貯金してたほうがマシかな、とも思っています。
医療保険はあきらめて、働けない状態の時の所得保障にしようにも、こちらもキャリアと告知したら拒否されそうですね…どうでしょう?
キャリアの方で、もし通常の医療保険、または手厚い保障で「この保険、入れたよ!」という実例がございましたら、こちらもぜひ教えて下さい。

私は、9年前に上の子を妊娠出産した際、B型肝炎キャリアと判明しました。
妊婦検診の血液検査では「キャリアだね~でも大丈夫!感染力弱いし」位の説明、また産後に子供にワクチンを打つ必要があるなどの説明を受けました。
ただ恥ずかしながら、産後の疲れで意識が朦朧とした状態で聞いていた事もあり、その時点でキャリアについて全く理解しておらず、その時点では感染したりするけど、水ぼうそうみたいに徐々に治ってしまうと思っていました。
今になって思えば、先生の話を聞き違えて、肝炎を発症してじきに...続きを読む

Aベストアンサー

解約時に返還があるかは、その保険の契約しだいじゃないですか、
返金のあるもの、ないものあるでしょうし、契約書を確認されたらどうでしょう

リスクの高い人が高い保険料を払うのはある意味当然でしょう、
告知をきちんとしないで、いざというときに保険金がでないのでは意味がないと思いますが、

ばれなければいいという、考え方もあるかもしれませんが、
はたから見たら、詐欺ですよね、人によって考え方は違うでしょうけど

ちなみに私は喘息持ちできちんと告知しましたが、
死亡保険は加入できず、医療保険は条件付きで入れました

入れるか気になるなら、とりあえず申し込んでみたらいいんじゃないですかね

Q保険証券を送ってきません。

12月の初めに生命保険に加入したのですが、2ヶ月過ぎてもいまだに証券が届きません。しびれを切らして、今日、担当の方に電話をしましたら、土曜日なので会社が休みで確認がとれないので、月曜日にお返事します、とのこと。
腑に落ちないまま電話を切ったものの、今、通帳を見ると、先月の保険料の引き落としがされていませんでした。引き落としの手続きは、加入したときにちゃんとしています。
12月は加入した時に現金を渡しているので、引き落としはないけど、1月はあるはずですよね?もしくは、なかったとしても、集金されるはずですよね?集金など来られてないので、保険料が未払い状態になっているのでしょうか?

ちゃんと加入手続きができているのかどうか、とっても不安です。

もし、今、怪我とか病気とかになったら、保険は摘要されるのでしょうか?

普段は怪我とか意識しないくせに、なんだか急に不安になってしまって・・・

Aベストアンサー

いずれにしても月曜日以降の回答を待つのが正確ですが、証券が届かないケースでは、以下のことが考えられます。
<こちらが原因のケース>
・申込書への住所の書き間違い

<保険会社が原因のケース>
・何らかの事故で証券が作成されていない

・保険申し込みが不成立となっていることも考えられますが、それなら最初に払った保険料は返金されているはずです。
・保険料の引き落としは、もし契約が1月分の契約であれば、まだなくて正当です。その場合、最初に払った保険料は1月分で、初回の引き落としは2月分からで2月下旬になります(保険の効力自体は契約が成立した時点で発生しています)。
・仮に保険料が引き落としされなくても、契約が成立していれば、証券は送られてきます。

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Q糖尿病で生命保険に加入されている方に質問です。

糖尿病でも生命保険に加入されている方に質問です。
生命保険にどうやって入られましたか
手順やどこの保険にされたか教えていただけませんか。

現在30歳になります。
子どもの時から入っていたかんぽ保険が満期です。
父親の契約・私被保険者の養老保険に入ろうか検討しております。
そもそも、糖尿なので入れないと思っていたのですが
知人に聞いたところ、加入できる可能性を知りました。


かんぽの保険に入りたいのですが
10年前から糖尿病です。
検査でひっかかった段階で薬の治療は受けてません。
入院もなしです。

申告すれば入れますか?
また、おすすめの生命保険・医療保険を教えて欲しいです。
(保険全般に関して、まったく詳しくないので生命保険、医療保険の
違いや加入条件もよく分かってません。)

民間のも掛け捨てで持っていたほうがいいでしょうか?
詳しい方教えてください。

乱文にて失礼いたしました。
アドバイス頂けましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
※自分自身、この病気のことは10年間誰にも相談してきませんでした。
ましてや誰かに言った事もありません。
心無い言葉はご遠慮ください。

糖尿病でも生命保険に加入されている方に質問です。
生命保険にどうやって入られましたか
手順やどこの保険にされたか教えていただけませんか。

現在30歳になります。
子どもの時から入っていたかんぽ保険が満期です。
父親の契約・私被保険者の養老保険に入ろうか検討しております。
そもそも、糖尿なので入れないと思っていたのですが
知人に聞いたところ、加入できる可能性を知りました。


かんぽの保険に入りたいのですが
10年前から糖尿病です。
検査でひっかかった段階で薬の治療は受けてません。
入院も...続きを読む

Aベストアンサー

私が保険の管理をしているわけではないので
家内に聞かないとわかりません。
家内に聞いてもわからないと思います。
入るときに説明うけて、入ってしまえば覚えていた事はすっかり忘れてますので
保険の事は保険屋に聞くのが一番ですよ。
私は、ただ糖尿病だけど入れましたという事を伝えたかったです。
細かい事はすいませんがわかりません。

Q生命保険の告知で後悔してます

先日、生命保険に加入しました。健康状態の告知で
「3ヶ月以内に医者にかかったことがあるか」の問いに風邪でかかったと答えると、生保の営業の方は
「風邪は申告しないでいいですよ。」と言われ、「いいえ」に丸を付けました。
その他にも、「婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください」とも言われました。
その後、保険会社から保険証が送られてきて、その中に
「この告知で本当に間違いはないか?」のような紙が入っていました。
とてもうしろめたい気持ちになり、正直に記入しておけばよかったと後悔しています。
営業の方は自信満々で大丈夫と言うし‥
本当に大丈夫なのでしょうか?
もう一度、きちんと入りなおした方がいいですか?

Aベストアンサー

厳密には告知義務違反ですね例えば、風邪が原因で肺炎になって、それがこじれて大事になったら、保険金は出ない可能性があります。

でも、風邪でしたら申告しないのが実情です。しかし、市販薬服用程度で自然治癒した風邪ならともかく、医者にかかって治した風邪でしたら、申告しないのはどうかと・・・・としか言えません。

●婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください・・これはこの通りです。検査結果異状なし、でしたら、何の病気もかかってないです。

ご不安でしたら、保険会社によって、受付期間、手続き異なるかもしれませんが、善意の告知という方法があります。 契約成立後に被保険者の告知内容について追加告知を行うことです。
で、これをしたとしても、現在完治しているなら、何の不安もなく契約は継続できると思われます。加入し直す必要はありません。

(うーん、確かに実際、風邪とか水虫とか発熱とか、記入しなくても良いかな、と思う病気は多いです。営業の方の気持ちも分かります。でも、お医者さんにかかったなら告知書にはその旨きちんと書きましょう!)

厳密には告知義務違反ですね例えば、風邪が原因で肺炎になって、それがこじれて大事になったら、保険金は出ない可能性があります。

でも、風邪でしたら申告しないのが実情です。しかし、市販薬服用程度で自然治癒した風邪ならともかく、医者にかかって治した風邪でしたら、申告しないのはどうかと・・・・としか言えません。

●婦人病などの検査をしていても、その結果異常なければ申告しないでください・・これはこの通りです。検査結果異状なし、でしたら、何の病気もかかってないです。

ご不安でしたら...続きを読む

Q養老保険の告知義務違反

学生の時(平成3~4年)にリンパ腫を患い、完治後2年経った平成7年に、親がその告知をせずに、郵便局の養老保険に加入しました。
特に何も気にせず平成11年からは、引き続き自分で保険料を納めてきたのですが、加入から10年経った今、同じ病気になってしまい、入院保険を使おう!と思ったのですが、最近「告知義務違反」というものを知って、心配になってきました。
もし、違反で入院保険がおりないとして、その時は保険そのものが強制的に解約されてしまうのでしょうか?
せっかく貯蓄型のものを10年間も支払ってきたのに、無駄になってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

早速の補足回答ありがとうございます。お父様やご家族がpantasanta様のお守りになるようにと考えご加入になったのでしょう。また、住友の件についても心情お察しいたします。少しでもお力に成れればいいのですが・・・。色々保険業界には泣かされているお客様が多く、その人たちの味方になることを我が社のモットーにしておりますので頑張りますね。

平成3年に生命保険法が改正され「告知義務違反」に対する2年条項が整備されました。詳しくは私の過去回答を参照して下さい。簡単に説明すると、一般的な2年条項は簡保の疾病特約には当てはまらないのです。よって、ご質問の内容から単純に回答すると 告知義務違反、特約解除となる可能性が非常に高いです。おそらく保険金も支払われずに特約解除となるでしょう(あくまで私見です)。

 しかし、告知義務違反の経緯が問題です。加入時に一人暮らしをされていたのであれば引き受けた郵便局(郵便局員)は他局面接と言って離れて暮らしているpantasanta様に面接をする要求をしなければなりません、他局面接を要求すると加入を取りやめる危険があるので郵便局(郵便局員)はこの制度をほとんど利用しません。結果、今回のような事が起こってしまいます。仮に加入者側が他局面接を拒絶した場合は郵便局側は加入を拒絶しなければならないことに為っているのです。

 方法は4つです。
(1)リンパ腫、それに関連する病気以外には告知義務違反解除は摘要されないのでこのまま掛け続け、満期を迎える。(私としては この方法はお勧めしません)
(2)疾病傷害特約を傷害特約に切り替え掛け続ける。
(この方法もお勧めしません)
(3)特約のみ解約して貯金のつもりで掛け続ける。(この方法もお勧めしません)
(4)入院保険金を請求する。告知義務違反解除になる場合は請求から1ヶ月以内に通知が来ますので、すぐに不服申し立てを行う。担当者が事情を聞きに来ますので、加入時に郵便局が面接に来なかった旨、申込用紙に記名押印及び告知欄に記入は自分がしていない旨をはっきりと述べ、告知をする義務及び権利、面接を受ける義務及び権利を与えなかったのは郵便局であるとはっきり申し立て下さい。

これだけ頑張ってどうなるのかですが、解除権行使不能で保険金支払+保険有効か 保険金支払拒否+保険有効(部位負担保契約と同じですが死亡保険金は出ます)、解除権行使は不能ですが契約無効として掛金全額払戻のどれかになると思われます。

最後まで納得いく回答が郵便局から得られない時は 郵便局は郵政審議会に申し立てを行うように言って来ますが、この機関は郵政が独自に立ち上げていますので郵政に有利な判断しかしません。この場合は審議会ではなく民事訴訟を起こすしか有りません。郵政を訴えるのではなく、契約を受け付けた担当者を訴えると申し立ててください。

先ほど申し上げた、訴訟の一歩手前の苦情申告になりそうですね。
ただ、簡易保険事務センターの担当者が見落として保険金を支払ってくるかもわかりません(馬鹿みたいな話ですが結構あるそうです)。保険金を請求してみないと何が起こるかわかりませんね。

ところで、夜更かしをして身体の方は大丈夫ですか?体調にはくれぐれもお気をつけてくださいね。長文になりましたが 何かわからないことが有ればまたご質問下さい。

早速の補足回答ありがとうございます。お父様やご家族がpantasanta様のお守りになるようにと考えご加入になったのでしょう。また、住友の件についても心情お察しいたします。少しでもお力に成れればいいのですが・・・。色々保険業界には泣かされているお客様が多く、その人たちの味方になることを我が社のモットーにしておりますので頑張りますね。

平成3年に生命保険法が改正され「告知義務違反」に対する2年条項が整備されました。詳しくは私の過去回答を参照して下さい。簡単に説明すると、一般的な2年...続きを読む

Q保険会社の追跡調査(告知内容照会)について

生命保険会社の追跡調査(告知内容照会)で、過去の病歴や通院歴調査って、具体的にどうやって個人情報を知るのですか?
知っている人教えてください。
最近、新しく生命保険に入ろうと検討してますが、どの保険会社も告知欄に「過去5年以内に医師の診察・投薬で通算7日以上かかった場合はありますか?」と言った項目が見られます。入院でもない限り、過去5年以内の7日間通算なんて言われても...特に問題なのは、処方された薬が通算7日以上あった場合、今更過去の病院で何日分処方されたか?なんて思い出せません。
また、医者が7日以上処方薬を出して、本人が3日飲んだら良くなった(完治と認識)とかの場合、どうなるのですか?

Aベストアンサー

保険会社に勤務している者です。

一般的に、給付金の請求時同意書というものを被保険者に記入してもらいます。
加入後、1年であろうと10年であろうと請求された方全員にです。
それを元に、医療調査を行います。
まずは、診断書を記入した医療機関。
医療機関にて面談をし、治療期間・投薬内容・前医がないか等を調べます。
医療機関へ行けば、全治療内容がわかるためそれをまた別の診断書に全て記入していただくことになります。
悪質な請求と思われるものは、レントゲン等も借用します。

因果関係のある疾病に関しては、治療期間等も調べますので
独自で個人情報を得てるのではなく、
被保険者が記入した同意書を持参し、面談をしているわけです。

医療機関のカルテ保管は5年ですから、5年前のカルテを保管している医療機関がほとんです。

質問者様が、おっしゃられている、
医者が7日以上処方薬を出して、本人が3日飲んだら良くなった(完治と認識)とかの場合、どうなるのですか?

その後、診察に行かないということを前提にするのであれば
カルテもその後空白となるわけですから、
患者側がこなくなったとしか先生もいいようがありません。

また、近医模索もしますので、
完治しておらず、近所の違う病院にいっても
経歴があれば、全て確認するということになります。

保険会社に勤務している者です。

一般的に、給付金の請求時同意書というものを被保険者に記入してもらいます。
加入後、1年であろうと10年であろうと請求された方全員にです。
それを元に、医療調査を行います。
まずは、診断書を記入した医療機関。
医療機関にて面談をし、治療期間・投薬内容・前医がないか等を調べます。
医療機関へ行けば、全治療内容がわかるためそれをまた別の診断書に全て記入していただくことになります。
悪質な請求と思われるものは、レントゲン等も借用します。

因果関...続きを読む

Q告知義務を無視してしまうと、どうバレてしまうの?

こんにちは。
下の質問の続きです。
保険契約に告知義務があるので、正直に肝炎であることを告知しましたが、
告知せずに生保に加入することは可能ではあります。

もちろん告知義務違反となるのは分かりますが、
いつどんなときに発覚するのでしょうか?
保険金支払の時に過去のことまで、こと細かく調べ上げるのでしょうか?

バレないから契約したいとは思いませんが、
どうしてそんなことがわかるんだろうと思ったので
どなたかいろいろご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑い深くなり、契約する客よりも、身内の保険募集人を疑う様になりました。

確かに、生損保合体、外資の躍進、保険販売のコンサルティング化で、所謂昔ながらの生保外交で中々数字を挙げるのは難しく、コンプライアンスに抵触しても、保険を売ろうという輩が増えているのです。

macchan72さんにも、違う会社が「大丈夫です」と言うかもしれませんが、果たして本当に必要な時にその人はもう会社にいないでしょう。

現在、外資や国内生保の一部にもコンサルティング営業をしている部署がありますが、彼らは保険金を届けるところまで担当しますので、保険監査にも契約者に替って交渉、実際に一銭でも多くお金を取ってきます。ある意味で代理店よりも信頼ができます。

それから、告知義務違反を約款で2年といっていますが、この限りでは無いことが注釈や補足に必ず書いてあります。

現在は医療機関の「カルテ開示」が叫ばれ、一部法案化されようとしていますが、こうなると、保険会社は益々情報収集がやりやすくなります。
民間診療所なら「患者のプライバシーを開示できない」と、きっぱり断る事が殆どですが、中堅クラスから大病院になってくると、関係者は誰でもカルテを見ることができてしまいます。この点ね併せて考えなければいけない大きな問題だと思いませんか?

ちょっと論旨が外れてしまいましたが、要は保険会社は保険金はなるべく少なく払いたいと考えているという事を是非覚えておいてください。

こんにちは。

そもそも、保険制度という物が確立してからずっとそうなのですが、所謂保険金詐欺、保険金殺人と、保険が話題になる社会問題として余り良い物はありません。

ですから、保険監査員という人間が、例えば前職は刑事だったとか、そういう凄腕の人もおりまして、いつからか、保険は入るときは簡単で、出すところは全然お金を出さないというイメージが焼きついてしまいました。

近年、それを決定付けた事件が「和歌山のカレー事件」でした。あの事件以降、保険業界は契約者情報に対しても相当疑...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報