「本」カテゴリーと迷ったのですが、こちらで質問させていただきます。

読むと元気が出る哲学書とその要旨をお聞かせください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

漫画 哲学」に関するQ&A: 哲学漫画

A 回答 (2件)

 数年前に話題となった「ソフィーの世界」はどうでしょうか。

児童向けに書かれた哲学書ということですが、全体として哲学を前向きに解釈したメッセージが多くおりこまれていると思います。ただその膨大なページ数のため、私はとうとう読破が成りませんでした・・・(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/03/15 11:46

これは哲学書と言えるかどうか判りませんが、僕は”ダメおやじ”を推薦します。


はじめの頃は確かにギャグ漫画なのですが、最終回が近づく頃に成ると物凄く哲学的に成ります。
今でも覚えている台詞が、「殺意は胸の奥に飼い殺しにして置く物だ、放し飼いにすると、直ぐに後楽園でも飼えなく程大きく成ってしまう」と言う物です。
哲学以外にも、非常に沢山の薀蓄が含まれていて、すごく勉強に成ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q嫌われる勇気を持つ方法

アドラー心理学の嫌われる勇気を読みました。

言ってることはわかるんですが、
その「嫌われる勇気」を持つために具体的にどうしたらいいのかがわかりませんでした。
嫌われる勇気を持つための方法を出来るだけ具体的に教えてください。

Aベストアンサー

嫌われる勇気は単純に自分のペース、世界観、個性を持って創造力を大事にしろと言うことではないでしょうか。一流は孤独ですが、孤立とは違います。仏教でも言えます、わからない他者の思考や、自分の私利私欲に人生を預けないということです。欲や恐怖によって人は知らない内に手段が目的になります。お金、仕事、恋愛、人の評価、これらは全て幸せになる為の手段でしかありません。アドラーの心理学は因果応報の果てに当たります、因は原因に当たります。片方の視野だけで見ると行き詰まります。生活習慣の悪い人がなる病気を毎回治し続けるか、生活習慣ばかり気にして病気になっても病気からは現実逃避してるのと同じ発想です。これは西洋医学と東洋医学の違いからも伺えます。医学、科学、脳科学、自己啓発、哲学、スピリチュアル、宗教、哲学、多くの人は都合良く見たい分野だけを鵜呑みにしてるのではないでしょうか。アドラーの心理学も良い部分悪い部分があります。必要な自分に活かせる部分だけを取捨選択出来る洞察力を身に付けることが1番大事だと思います。ニーチェが完璧な人間なら世界中の人間がニーチェを目指せばいいのです。金儲けの作者も、人思いの作者も一緒です。自分を正当化して書いてます、どちらも勉強になる部分があります。

嫌われる勇気は単純に自分のペース、世界観、個性を持って創造力を大事にしろと言うことではないでしょうか。一流は孤独ですが、孤立とは違います。仏教でも言えます、わからない他者の思考や、自分の私利私欲に人生を預けないということです。欲や恐怖によって人は知らない内に手段が目的になります。お金、仕事、恋愛、人の評価、これらは全て幸せになる為の手段でしかありません。アドラーの心理学は因果応報の果てに当たります、因は原因に当たります。片方の視野だけで見ると行き詰まります。生活習慣の悪い...続きを読む

Q哲学カテゴリー…

私は大体「アンケートカテゴリー」にいる20代・女性なのですが、


「哲学カテゴリー」って…。


なんか、「知識のひけらかし」の場になってる気がするのは
私だけ!?


もちろん基本的にこういうサイトは、
どのカテゴリーでもそうなのかもしれませんが、

特に「哲学カテゴリー」が、
使ってる言葉が一番やたら難しいし、

「こんなに難しい言葉使ってるオレってすごい。」
みたいな…。

まぁ~もっちろん、
単に私が低レベルなだけなんでしょうけどね!!
え~そうですとも!!

だけど…。
これだけ難しい言葉使って、難しいこと考えて、
結局何がわかりましたか?みたいな…。

“考えることが好きな人達が、いろいろ考えることができて、
いい時間潰しになっただけ?”みたいな…。

私は、どうしてもそう思ってしまうんですけど。


ケンカ売ってるような質問だということは百も承知です。
でも、ずっと前から思ってたことだし、聞かざるを得なかったので…。

でも別に、ケンカ売ってるわけではなく、
ただ単に、純粋な疑問なので、
是非とも冷静にお願いします…。

それで、
特にココ
“これだけ難しい言葉使って、難しいこと考えて、
結局何がわかりましたか?”

これを、
是非教えて下さい…

私は大体「アンケートカテゴリー」にいる20代・女性なのですが、


「哲学カテゴリー」って…。


なんか、「知識のひけらかし」の場になってる気がするのは
私だけ!?


もちろん基本的にこういうサイトは、
どのカテゴリーでもそうなのかもしれませんが、

特に「哲学カテゴリー」が、
使ってる言葉が一番やたら難しいし、

「こんなに難しい言葉使ってるオレってすごい。」
みたいな…。

まぁ~もっちろん、
単に私が低レベルなだけなんでしょうけどね!!
え~そうですとも!!

だ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

失礼な、回答かもしれんけど、かるく聞き流してください。

[哲学]って、単なる思想だよ。

質問者様自身にも、あるはずだよ。
例えば、
>結局何がわかりましたか?
ていう疑問は、裏をかえせば
哲学なんて、生きていく上で何の約にも立たない。
と思っているからでてきたんじゃないのかな。

でも、質問者様自身は、自分が生きていく上で、
これはしてはいけない、この場面では、こうしなければいけない、等の
考え(思想)をもっているでしょ。
それが、質問者様自身の哲学だと、おもうよ。

あと、むずかしい言葉つかうとかいうけど、
結局、先人の言葉を、使ってしか説明できないから(先人に対する崇拝の意識が大きいんだな。)、そうなるわけであって、
また、むずかしい言葉つかったほうが、万人に対して、
優れた思想であるかのような錯覚を起こさせる可能性が高いと、
思っている人が多いからじゃないかな。
と、アタイは思っている。

これまで、哲学という学問を勉強したことがない、人の戯言とおもって、聞き流すんだよ。
回答になってない、気がするな。

おじゃましました。

こんにちは。

失礼な、回答かもしれんけど、かるく聞き流してください。

[哲学]って、単なる思想だよ。

質問者様自身にも、あるはずだよ。
例えば、
>結局何がわかりましたか?
ていう疑問は、裏をかえせば
哲学なんて、生きていく上で何の約にも立たない。
と思っているからでてきたんじゃないのかな。

でも、質問者様自身は、自分が生きていく上で、
これはしてはいけない、この場面では、こうしなければいけない、等の
考え(思想)をもっているでしょ。
それが、質問者様自身の哲学だ...続きを読む

Q嫌われる勇気と人を動かす

この二つの本について
質問があります。
私は、どちらも読んだことはありませんが
家にはあります。

想像ですが、嫌われる勇気は「人に嫌われてもいいから、自分らしく生きろ」
人を動かすは、「人に好かれる人間関係の処世術」という感じなのでは
ないかと思います。

この二つはどちらも有名ですが、生き方としては
どちらが正しいと思いますか?

上手く説明できないのですが、嫌われてもいいから自分らしく
生きたほうがいいのか、それとも人を動かすのような生き方がいいのか・・・

プライベートであれば、嫌われてもいいから自分らしく生きるのほうが
正しいと思います。
しかし、仕事ではそうはいきませんよね。好かれたほうが得に決まっています。

まとまりないですが、皆さんはどんな生き方をされていますか?

Aベストアンサー

>想像ですが、嫌われる勇気は「人に嫌われてもいいから、自分らしく生きろ」
>人を動かすは、「人に好かれる人間関係の処世術」という感じなのでは
>ないかと思います。
うん、まあ、スゴーーイ大きな枠組みで言ったらそんな感じなんだけど、「嫌われる勇気」の方の解釈がちと違う感じ。
ありのままに自分を受け入れなさいとか、劣等感も受け入れなさいとか。
問題なのは世界がどうであるかじゃなくて、自分がどうであるかが大事だよみたいな。
対極において、どっちが良いかな?って話じゃないかな。

仮にあなたの解釈だとして
>生き方としてはどちらが正しいと思いますか?
という問いには
私は「人を動かす」の方だね。
だけど、「正しい」とは思ってなくて、そちらを選ぶってこと。
なんせ今経営者って立場だから、どうしてもそういう生き方じゃないとダメなんですよ。
じゃあそういうの抜きにしたら?って考えても、やっぱり「人を動かす」の方だね。
私は寂しがりやさんだから、どうしても友達とか家族とかが大事でさ、やっぱり仲良くやっていくのが楽しいし幸せなんだよね。
そうなるとどうしても処世術ってのは必要になってきちゃうね。

>想像ですが、嫌われる勇気は「人に嫌われてもいいから、自分らしく生きろ」
>人を動かすは、「人に好かれる人間関係の処世術」という感じなのでは
>ないかと思います。
うん、まあ、スゴーーイ大きな枠組みで言ったらそんな感じなんだけど、「嫌われる勇気」の方の解釈がちと違う感じ。
ありのままに自分を受け入れなさいとか、劣等感も受け入れなさいとか。
問題なのは世界がどうであるかじゃなくて、自分がどうであるかが大事だよみたいな。
対極において、どっちが良いかな?って話じゃないかな。

仮にあ...続きを読む

Q元気をくれる哲学

哲学っていいですね。
宗教と違って「根拠」がある。
人生において、哲学と宗教のどちらが力を発揮するかといえば、
十中八九哲学だと感じます。
信じるものは報われる精神。信仰の力で何かを成し遂げられる人間ならば宗教でもいいのでしょうが、私は無神論者です。

そんな前提を踏まえてお尋ねします。
本に書いてあったこと、有名なコピペ、自分哲学etc...
なんでもかまいません。
人生や生きることについての哲学を教えてください。
まぁぶっちゃけ、哲学というか
「人生においてやっぱり大切だったもの」とかでもいいです。

Aベストアンサー

>人生や生きることについての哲学

哲学は、言語の羅列にすぎないってことに気づいたってことですね。
文字なんて、狭い情報量しかありませんから、図書館にいるだけでは、だめで、世界を自然を森羅万象を実際に触れて味わうことを土台として、言語の羅列が生きた哲学になるんだと思いますね。

Qアドラー心理学に関する本、例えば『嫌われる勇気』読みましたか?

フロイト・ユングと並ぶ三大心理学者でありながら、あまり日本では知られていなかったアドラーですが、ここにきてすごいブームだそうですね。
今ではアドラー心理学に関するマンガ本まで出ているようですが、このブームの火付け役と言われるのは、2014年ベストセラーNo.1の『嫌われる勇気』(岸見一郎著)だとか。
私も、もうすぐ読み終わる所ですが、これまで、私が色々考えていたことが裏付けられる思いで、まさに「わが意を得たり」という所。間違いなく、私のこれまで読んだ全ての本の中でも最高に位置する本の一冊だと思いました。

今回読むきっかけになったのは、NHKEテレで、毎水曜夜10時から放送の『100分de名著』で採り上げられたから。⇒http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/51_adler/

皆様は、アドラー心理学に関する本、特にこの『嫌われる勇気』読みましたか?
どのような点に共感されましたか?
或いは、どのような点に疑問や反発を感じられましたか?

尚、私が唯一不満に感じたのは、この『嫌われる勇気』いうタイトル・・・確かに、私もこのサイトのプロフィールに書いた通り、「人とは違った視点を持ちたい」と思っていても、はじめから「嫌われること」を欲している訳ではないので、誤解を与えそうなこのタイトルは、ちょっと頂けない気がします。皆さんはどう思われましたか?

フロイト・ユングと並ぶ三大心理学者でありながら、あまり日本では知られていなかったアドラーですが、ここにきてすごいブームだそうですね。
今ではアドラー心理学に関するマンガ本まで出ているようですが、このブームの火付け役と言われるのは、2014年ベストセラーNo.1の『嫌われる勇気』(岸見一郎著)だとか。
私も、もうすぐ読み終わる所ですが、これまで、私が色々考えていたことが裏付けられる思いで、まさに「わが意を得たり」という所。間違いなく、私のこれまで読んだ全ての本の中でも最高に位置する...続きを読む

Aベストアンサー

凹みましたか(^_^;)

心理学は、人を計りにかけるものでは無く
自分を見直す妙薬だと思います。

本の感想は、amazonに沢山レビューがありますので
そちらを読むのがいいのかもしれませんね。


過剰に応えるのも過剰に期待するのも、凹んで行きますね。
誰かが応えてくれるありがたみってのが、そんな時に理解できるのも
人間かなって思います。

家族が欲しくなる瞬間ですね(笑)


アドラーで心理学に興味を持たれたら、他のも手に取るのもいいかも?
アドラーは一側面ですから、多角的視野を持つほどに
自分らしく生きることに役立てることができると思います。

Q哲学書が読みたい!

私は大学生ですが、なにか哲学書を読んでみたいと思っています。一冊を選んでそれを読破したいと思っているので、以下の条件に合ういい本がありましたら教えてください。
・(これを望むのは難しいと思いますが)できるだけ理解しやすいもの
・人間とは何か、人生とは何かを考えさせるもの
・今を生きる人に大切なことを与えるもの
その他、哲学書を選ぶ上でのポイント(原書が何語か、訳者が誰かなど)がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃるように、哲学というのは最初に読む本を決めるのが難しいと思います。
何から読んでいいのかわからない。
けれどやはり相性というものがあり、合わない人の著作を読むのはとても根気がいると思います。
だからまずは読みやすいものから入るのはとても大事なことだと思います。
たとえばデカルト「方法序説」などはガチガチの理論書ではないのですが、お薦めです。

竹田青嗣「現代思想の冒険」は西洋の哲学史の概説を兼ねた入門書ですが、好著として今では有名です。
質問の回答としてはズレますが、まずは後者を一読されてみてはいかがでしょうか。

Q嫌われる勇気。

抽象的でわかりづらかったらごめんなさい。
学生の友達づきあいの範囲でお考え下さい。

なんとなく今までいっしょにいたけど、実はすごーく気があわなくて無理してた友達(?クラスメイト)がいます。Aさんとしますね。
Aさんとの気のあわなさは、人生ベスト3に入るくらいの人です(--;
Aさんと私は、今の学校に途中から入ってきて、しかも学科の中でそれは私たち2人だけだったので、何かと2人一組で行動することが多かったのです。
授業もお昼も四六時中いっしょで、なかなか別の友達を作るチャンスがありませんでした。
せっかくだから何とか仲良くやっていこうと、この1年間いろいろ話し掛けてみたり、とかしてたのですが、限界に来ました。

そんなわけで、この4月から単独行動をとっています。
「もう嫌われてもいいや。私もあの人にはついていけないし。別の友達も作りたい」
と、頭ではサバサバした気持ちにはなったのですが、心の奥底では、
「いっしょに行動するのはやだけど、やっぱ嫌われるのはやだな」
とちまちま考えてしまうのです。

前置きが長くなりましたが、
「嫌われてもいい」と思ってあえてひとりを選んだり、
表面だけの友達からすっぱり縁を切ったり、
等の経験のある方、
気持ちの整理をどうされたのかを参考にさせていただきたいのです。
もちろん「気持ちの整理なんて不要だった。全然平気」というタフなお話でもかまいません。

よろしくお願いしますm(_ _)m

抽象的でわかりづらかったらごめんなさい。
学生の友達づきあいの範囲でお考え下さい。

なんとなく今までいっしょにいたけど、実はすごーく気があわなくて無理してた友達(?クラスメイト)がいます。Aさんとしますね。
Aさんとの気のあわなさは、人生ベスト3に入るくらいの人です(--;
Aさんと私は、今の学校に途中から入ってきて、しかも学科の中でそれは私たち2人だけだったので、何かと2人一組で行動することが多かったのです。
授業もお昼も四六時中いっしょで、なかなか別の友達を作るチャンスがあり...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は「合わないけど独りは嫌だな」という経験があります
すごく微妙でした
人から見たら仲良さそうですが実はドロドロでした
勝手に相手が私を競争相手にして夢も何でも張り合わなきゃいけなくてすっごいうざったかった
結果私は単独行動をとり、彼女を見捨てたヤな女になりました
そっちが好きならそっち行けば?みたいな
好意が受け取れなかった、考え方思想の違いです

また実はすごく気が合わない相手っていますよね…
そんな人に話しかけても素っ気無かったりしてつまらなかったり
悔しくないですか?私はすごく悔しかった
よく我慢してきましたね
よく頑張ってきました…

気持ちの整理ですか?イヤだから離れて悪者になる事実、受け入れることなんてできるわけないじゃないですか。周りから見たらなんで~?かわいそう!でしょ?自分をしっかりもつしかないんじゃないの?
自分は人に対してイヤなことをしたけどそれは起こるべきものだった
その人は全く違う世界の人だから
あなたを信用してくれる人はいるはず
でも同じクラスにいるんだよね、気持ちの整理なんてつくわけない気がします
これは心を鬼にして自分を受け入れてくれる友達を探しましょう
引きずったままだとあなたの成長が止まります
絶対こだわっちゃだめです
自然な現象としては新しい友達を作りそこで上手く楽しくやって彼女にも話しかける余裕ができたらいいです
嫌われる勇気って必要ですね
ホント頑張ってください
私はあなたの味方です

私の場合は「合わないけど独りは嫌だな」という経験があります
すごく微妙でした
人から見たら仲良さそうですが実はドロドロでした
勝手に相手が私を競争相手にして夢も何でも張り合わなきゃいけなくてすっごいうざったかった
結果私は単独行動をとり、彼女を見捨てたヤな女になりました
そっちが好きならそっち行けば?みたいな
好意が受け取れなかった、考え方思想の違いです

また実はすごく気が合わない相手っていますよね…
そんな人に話しかけても素っ気無かったりしてつまらなかったり
悔しくない...続きを読む

Q哲学 入門書の次に読む本

 こんにちは。

 哲学を学ぶにあたり、入門書の次に読む本として、おすすめの本はありますか?

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どなたの入門書をお読みになられたのかが気になるところですが…
お気に入りの哲学者は見つかりましたか?

お気に入りの哲学者が見つかれば、その哲学者専門の入門書をお薦め
します。例えば「ニーチェ入門」とか「プラトン入門」とか。

まだお気に入りはいないなぁ、というのであれば他の入門書を読むのも
お薦めです。「あれ?この人の書いている入門書はまた感じが違う
な」という印象をきっと持たれると思います。

字句が難解で読み難かった… というのであれば、本屋でなるべく
「読めそうだ」というのを片っ端から探すのも手ですね。

と、なんだかんだいいつつ。
私のお薦めを挙げます。
「また入門書か?」とか思わず軽い気持ちで呼んで見て下さい。
文章が比較的易しいので、結構読みやすいと思いますので。

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/50/6/5004150.html

Q「嫌われる勇気」をwindows8で読みたい

こんにちは、
この本は、何回読んでも面白いです。
windows8上で読むことはできるでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97-%E5%B2%B8%E8%A6%8B-%E4%B8%80%E9%83%8E-ebook/dp/B00H7RACY8/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1421586692&sr=1-1&keywords=%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97

Aベストアンサー

少し前ですがWin7、webブラウザで購入済みのkindle本が読めました。
Win8でもみれるのでは?と思います。

他にもエミュレータなどあるようですが、色々いじるよりも、ブラウザかスマホが楽だと思います。

Q古典哲学の中で読み易いものを教えて下さい。

『ソクラテスの弁明』『クリトン』『国家』『社会契約論』『人間不平等起源論』『立法と道徳の原理序説』 『自由論』『功利主義』などは読みやすかったのですが、

『ニコマス倫理学』、『饗宴』、『純粋理性批判』などは読めませんでした。
『道形而上学の基礎付け』は、苦戦しながらも何とか読めました。

古典の中でも、読み易いものがあれば、それから読んでいきたいのですが、そういったものを教えて下さい。
和訳の問題もあると思うので、お勧めの翻訳者もいれば、合わせてお願いします。

Aベストアンサー

『形而上学』を積読の私としては、偉そうに推薦する資格もないのですが....

古典の範囲が分かりませんが、確かにデカルトは明晰で良いですね。
ポパーも亡くなったから古典に数えるとすると、『推測と反駁』その他沢山。
ポアンカレも少し癖があるけれど、明晰。『科学と仮説』他

逆に難解だったのは、ヘーゲルとヴィトゲンシュタイン。
ヘーゲルは世評は高いけれど、読む価値あるのかな?という感じですね。とにかく、簡単なことも難解に表現するので、閉口。
ヴィトゲンシュタインは明確だけど、ついていけませんね。

....こう書いてくると、相当偏っているな私の嗜好は。(失礼しました)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報