価格=限界費用=限界収入の意味が分かりません。

例えばパン屋と考えると下記のように思ってしまいます。
1個100円でパンを売り(価格)、
1個当たりの材料費が10円(限界費用)、
1個当たりの収入が90円(限界収入)

そう考えてしまうと、価格=限界費用=限界収入とは
なりませんよね。
どう考えればこの式がしっくり理解できるのか
教えてください!
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

価格=限界費用=限界収入の理由というよりも、


その定義と仮定が間違っておられるので下記に整理します。

■定義
・価格
製品の価格。ここではパン1個あたりの価格=100円です。
・限界費用
製品1個追加的に作るときのコストの増分。ここでは材料費の10円。
一般に限界費用は、人件費や土地代、新規設備投資用の貯金などすべてのコストを含みます。なので、ここでの材料費は全てのコストを含んでいると認識してください。
・限界収入
製品1個生産する(売る)ことによる収入の増分。ここでは、90円ではなく100円です。限界収入は普通は商品の価格です。限界収入が特別な意味を持つのは独占市場の場合です。

これで、「価格=限界収入」がわかりました。

■仮定(下記の例で説明)
・1個100円でパンを売り(価格)、
・1個当たりの材料費が10円(限界費用)、

結論から言うと、
この例は経済学では成立しません。

こんな儲けられるなら、
パン屋は限りなく生産し売りまくり、利益が無限大になります。

なので、限界費用が逓増の仮定を扱います。(※ここでは詳しく説明しませんが結構重要な仮定です。)

つまり、商品を生産しまくると、1個あたりの生産費用が上がっていきます。

で、企業はどれぐらいの量まで生産する・売るのかというと、限界費用(10円)が限界収入(製品の価格)(100円)と同じになるまで売りまくります。

なぜなら、追加1個あたりの製品の生産コストがその収入より安ければ、生産した方がいいに決まってます。

■まとめ
結局、価格=限界費用=限界収となるように、企業は製品の販売・生産量を決めるということになります。
    • good
    • 26

材料費が10円のパンを1個だけ生産して、それを100円で売ったら、収入-材料費で90円だけ利潤が増えます。

たしか、1個ずつパンを増産することを考えて、材料費がどれだけずつ増えるかを表わすものが限界費用ですよね。(必ずしも「1個当たり」ではなくて。。。)
生産しただけ1個100円で売ることができて、限界費用が、10円→20円→・・・→100円→110円→・・・と増えていくなら、10個目までは利潤が増えていき、11個目では、利潤が減るので、価格=限界収入=限界費用という式は、利潤が最も大きくなる(パンの)個数の条件では?
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンドームの突起加工ってどっち側向いてるの?

こないだ彼が買ってきた新しいコンドームのパッケージを眺めてて疑問に思いました。
「突起加工で脱落防止」って書いてあります。

でも私はセックス中に「あ、今日のは突起加工だ」なんて気付いたことありません。ということでお尋ねします。

1.コンドームの突起加工って内(男性)向き、外(女性)向きどちらに加工されているんですか?
(上の質問とも重複しますが)
2.女性はセックス中、突起つきの感触はわかるものですか?
3.男性はこの突起のおかげでもっと気持ちよくなったりするんですか?
4.突起加工で脱落しないという安心感は増すものですか?(男女ともに)

私は自分でコンドームを買ったことがないのですが、今後そういうときのために(?)知っておこうと思います。

Aベストアンサー

男です。
あくまで、私の経験からの意見(感想)です。ご参考まで・・

1.コンドームの突起加工って内(男性)向き、外(女性)向きどちらに加工されているんですか?
⇒両側に付いていたような気がします。(モノにもよると思いますが・・)

2.女性はセックス中、突起つきの感触はわかるものですか?
⇒わからないそうです。

3.男性はこの突起のおかげでもっと気持ちよくなったりするんですか?
⇒なりませんでした。

4.突起加工で脱落しないという安心感は増すものですか?(男女ともに)
⇒安心度は変わりませんね。というか、最初からそれを期待して使っていないからでしょうけど・・
単に、違った使用感なのかなぁという、興味本位で使ってみたのですが、特に違いは感じませんでした。
私は、突起加工よりも、しぼりの有無や薄さの差の方が、使用時に微妙な違いを感じます。

Q長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関

長期の平均費用と限界費用の位置関係は、短期の平均費用と限界費用の位置関係と同様の性質を持つ、と学んだのですが、別の問題でそれぞれ下記の解説がありました。

1.長期平均費用が一定のとき、長期限界費用はそれに一致する。
2.限界費用が一定の大きさのとき、平均総費用は逓減する。

2は短期の問題です。1と2は同じことを言っているようで違うことを言っていて、よくわからなくなりました。

長期と短期で性質が違うときがあるのか、それとも、2について「平均総費用が一定のとき、限界費用はそれに一致する」のでしょうか?

Aベストアンサー

費用は大きく分けて固定費用と可変費用に分けられます。可変費用を生産量で微分したものが限界費用であり、費用全体を生産量で割ったものが平均費用です。

1.の場合、平均費用が一定なので、固定費用がゼロ、かつ限界費用が一定でなければなりません。
限界費用は、充分に生産量が大きいならば一定又は逓増することが仮定されているため、この条件以外では1.を満たしません。

2.の場合、固定費用がゼロでないならば、平均費用は逓減します。

これらは数式では
C = F + V(x)
C/x = F/x + V(x)/x
dC/dx = dV(x)/dx
であり、1の場合ではF=0, C/x = Const. のとき、V(x)/x =Const. がいえるため、V(x)=kx となり、明らかです。

2の場合では
dC/dx = dV(x)/dx=Const.のときV(x)=kxとなるため、
C/x = F/x + V(x)/x = F/x + k
となることから明らかです。


これらは長短関係なく成り立ちます。

Qエアゲージ 突起部分 役割は?

タイア圧測定用エアゲージには
下図の様な突起部分があります。
この突起の役割は何ですか?

Aベストアンサー

エアを抜く時にそれでバルブを押すんじゃなかったかな?

Q平均収入と限界収入と価格について教えてください

平均収入と限界収入の違いが分かりません。
平均収入は
生産量1単位あたりの収入で、
限界収入は
生産量を1単位だけ増加させることに伴う収入の増加分
ですよね???
それと価格と限界収入は等しいんですよね???
ってことは平均収入と価格は等しくないのですか???
結局言っていることは同じ気がしてしまいます。
もし一個100円の財を10個生産して販売した場合の
平均収入と限界収入はどうなるのですか???
なんだか良くわかりません。
これらのことについて教えてください。

Aベストアンサー

完全競争市場では消費者はプライステイカーとして行動します。
つまり,価格Pは需要がどうなっても変わりません。
需要曲線は水平です。
逆を言えば,企業が財を1単位売ったときに得る限界的な収入も
Pとなります。
企業の供給量をQとすると,総収入はPQとなります。
その結果,平均収入はAR=PQ/Q=Pとなります。
また,限界収入もMR=d(PQ)/dQ=Pとなり平均収入と一致します。

しかし,独占市場においては企業がプライスメイカーとなります。
つまり,企業が自分の利潤を最大化するように供給量を調整するのです。
このとき,通常の需要曲線のように右下がりとなり,価格は財の量の関数
P(Q)となります。このとき総収入はTR=P(Q)*Qとなり,企業の供給量によ
って価格が変化します。

限界収入は
MR=d(TR)/dQ=(dP/dQ)*Q+P(Q)=P(1-1/e)
となり,
平均収入は
AR=TR/Q=P(Q)
となります。eは需要の価格弾力性です。

この結果からわかる通り,独占のときは平均収入と限界収入が異なること
がわかります。
ただ,完全市場のときは需要の価格弾力性が無限大(e=∞)となるので
1/e=0となり,独占のときの特別なケースとして完全競争の結果AR=MRが導
かれます。


いかがでしょうか?

完全競争市場では消費者はプライステイカーとして行動します。
つまり,価格Pは需要がどうなっても変わりません。
需要曲線は水平です。
逆を言えば,企業が財を1単位売ったときに得る限界的な収入も
Pとなります。
企業の供給量をQとすると,総収入はPQとなります。
その結果,平均収入はAR=PQ/Q=Pとなります。
また,限界収入もMR=d(PQ)/dQ=Pとなり平均収入と一致します。

しかし,独占市場においては企業がプライスメイカーとなります。
つまり,企業が自分の利潤を最大化するように供給量を調整す...続きを読む

Q大面積中の微小突起を見つけるには?

 大面積のステンレス鋼板を複合電解研磨を行いました。
電解研磨後の面粗度はRa:0.2μmでRmax:2μmになりましたが、ごくわずかですが2μm以上の突起が残っているようです。
 2μm以上の突起を簡単に発見する方法を教えて頂きたく。
突起は最大でも10μm程度だと思います。
面粗度計では測定範囲が狭すぎて見つけれませんでした。
良い知恵をお持ちの方は、是非ともご教示願います。

Aベストアンサー

どういう突起かイメージできませんが,
触診でしょうね.

許されるならば,自分の手でなでてみると言うことです.
手の指のはらか,または,爪を立てて適当になでてみれば,この程度の突起でもわかるかもしれません.

触覚というのは,非常に敏感です.
定盤や,巨大反射型望遠鏡も,最後は手の感覚ときいてます.

または,これも許されるかはわかりませんが,女性のストッキングのような「電線」しやすいものでなでてみるのも手ですね.

これも想像ですが,光の反射で,光沢感の違いを見てみたらわかりませんかね.

どのような用途にその「大面積のステンレス鋼板」を使うのか細くしていただければ,みなさんの回答も精度が上がると思いますが.

Q限界収入と限界費用の違い?

限界収入と限界費用って、ミクロ経済ではどういう意味の違いがあるのでしょうか?全然分かっていなくてすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 限界とは微分の概念からきているのですが、経済学の分野ではたいてい一単位として扱います。
 例えば、製品を生産している時、10000個つくるのに50000円、10001個つくるのに50005円かかるしたら5円が限界費用になります。つまり、この場合、新たに製品を一単位追加するときにかかる費用を限界費用といいます。さらにもう一単位つくるとき計50009円かかるとしたら4円が限界費用になります。
 収入の場合も同様に考えます。今度は一単位売ったときの収入が限界収入となります。

 ちなみに限界費用はMC、限界収入はMRとしてあらわします。いずれもミクロ経済学を理解するうえでは必須の概念です。ここらへんをしっかりしないとミクロ経済学のその後の説明がほとんどわかりません。

 限界費用と限界収入、私の説明でわかってもらえたでしょうか……

Q内視鏡下顎関節突起骨折修復固定術

私は、昨年11月、交通事故で下顎関節突起等を骨折しました。
 他の骨折箇所は、プレート固定等の手術を受けましたが、下顎関節突起は、神経や血管が複雑な場所で顔面麻痺等のリスクを伴うということから、保存治療となり、食事等がスムーズに出来るよう開口訓練をしています。
 しかし、食事では、顎がずれて噛み合わせがしっくりといかず、何とか、関節突起を修復したいと考えて、色々と調べていると
   内視鏡による下顎関節突起骨折修復固定術
というのを見つけました。
 私にとっては夢の様な手術に思えるのですが、実態がよく解りません。
 そこで、この固定術の内容について、教えて頂きたいのです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年齢くらい書いてください。

若いなら保存的治療でしょうね、完全にとはいきませんが元の状態近くまでかなり回復しますので。
別に内視鏡を使わなくても口腔内アプローチで下顎関節突起骨折修復固定術は出来ますよ。
患部の状態にもよりますが、そこは内視鏡をつかった術式でも同じだとは思いますが。

内視鏡にこだわるなら、内視鏡下顎関節突起骨折修復固定術を行っている病院で
話を聞くのが一番良いと思いますよ。

Q競争企業の限界費用がMC=2Xで与えられているとき、生産量が4単位の場合の可変費用はいくらか。

個人で調べてみたものの理解できないので投稿させて頂きます。
経済学経済原論(ミクロ経済)の問題ですが、
下記の問の答えと考え方をできたら詳しく教えていただけたら嬉しいです。

競争企業の限界費用がMC=2Xで与えられているとき、生産量が4単位の場合の可変費用はいくらか。ただし、財は分割可能とする。またこの時、競争市場の価額が10円のとき、この競争企業の利潤はいくらになるか。

Aベストアンサー

No1の残りは自分で解いたんでしょうか?
X=4のときの可変費用は、X=4を求めたVC(X)=X^2に代入して
VC(4)=4^2=16(円)
となる。
利潤が最大化されるのは、P=MCとなる生産量だから
P=10なら、10=2Xとおいて
X=5(単位)
このときの利潤Π
Π=PX-C(X)=PX-[VC(X)+FC]=10×5- [16+FC] = 50 - 16 - FC = 34 - FC
となる。固定費用FCについての情報が与えられていないので、これ以上は分からない。FCの情報が問題に与えられているなら、その値をFCへ代入すればよい。

Q手首の骨の突起

足首の骨の突起は”くるぶし”といいますが、
手首の骨の突起は何と言うのでしょうか?
御存じの方教えて下さい。

Aベストアンサー

手首で「くるぶし」のように見えるところって解剖学的には、小指側(手の甲を上にして見る)であれば尺骨茎状突起というやつです。親指側であれば橈(とう)骨茎状突起です。これを一般的になんというか?ですが、そのお話をする前に少し遠回りさせてください。

足首のくるぶしのことを解剖用語で「内踝(ないか)」「外踝(がいか)」と言います。外側が小指側、内側が親指側です。これは書き方によっては「内果」「外果」と書きます。同じような解剖学用語が肘や膝の部分にもあります。で、間違いなく手首の部分も「内果」「外果」と書くんです。つまり「果」≒「踝」ですので、手首の部分も「果=くるぶし」でいいではないか?と思うんです。
くるぶしって昔の言葉では「つぶぶし」と言います。出っ張りのある節目と言う意味では皆共通ですよね。
ちゃんとした文献を見かけないので定かでなく自信はないのですが、掌(ショウ)は踵(ショウ)に通じますし、音だけ残って手と足にあてがう文字が違うだけのように思います。

それらしい用語が出てこなかったので、自信全くありませんがこじつけです。

Q限界収入≠価格?

ミクロ経済学所学者なのですが、限界収入と価格が一致しないというのはどういう状況なのでしょうか。
限界費用と価格が一致しないというのは、企業が非効率な生産をしている場合だとわかるのですが
製品一つを売ることで得る収入と、製品一つを買うことで客が払ったお金が一致しないということの理由がわかりません。

何か途方も無い勘違いをしているような気がするのですが・・・どうかよろしくお願いします

Aベストアンサー

企業の供給量が市場価格に影響する状況。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング