ダブルワークについての質問回答を多く読ませていただきましたが、古い記述もあり迷っています。

嘱託職員として勤務していますが、バイトを考えています。
バイトの法の収入を確定申告するつもりです。

☆本業の方からは普通通り、特別徴収で。
☆バイトの収入分にかかるものについては普通徴収で。

このような形は可能でしょうか?
そして、普通徴収の分はいつ支払うのでしょう?翌年以降の分は、また翌年に得た収入を確定申告して支払うのですか?

そして、本当に本業にはバレませんか?

教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>このような形は可能でしょうか?


可能です。
確定申告の際、「給与所得・公的年金等に係る所得以外の住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」にチェックをすればいいです。
そうすれば、バイト分の住民税の課税通知が本業の会社に行きませんのでばれません。
なお、バイトは給与所得ですが、ほとんどの市町村でこの対応をしてくれます。
心配なら、電話などで役所に確認されたらいいと思います。

>普通徴収の分はいつ支払うのでしょう?
年4回(6月~7月、8月~9月、10月~11月、1月~2月。市町村によって若干日はずれることはあります)の分割納付になります。
役所から納付書が送られてきますので、それを持って金融機関の窓口で支払うようになります。

>翌年以降の分は、また翌年に得た収入を確定申告して支払うのです
か?
そうです。
住民税は前年の所得に対して翌年課税です。
今年の所得に対する住民税は、来年(6月)課税されます。
貴方の場合は、当然確定申告してからですね。

>そして、本当に本業にはバレませんか?
住民税を普通徴収にできれば、どこからも貴方の会社にバイト分の収入が知らされることはありません。
    • good
    • 1

あなたの場合はバイトの収入を確定申告する予定と書かれていますので、確定申告時に住民税の徴収方法のチェック欄に普通徴収を選択すれば大丈夫です。



住民税は、1年間の所得から翌年の住民税の請求が来ます。
従いまして、今年あなたがバイトした分の住民税は、あなたが確定申告するまで金額は不明です。
あなたの本業の嘱託での給与が、年末に源泉徴収票として計算してもらえますので、それとバイト先での報酬を確定申告することになります。
そうすると、本業での収入分の住民税は給料から引かれ、バイトの分だけは自宅に納付書が送られてきます。
実際に僕が同じ事を毎年していますので大丈夫ですよ。
誰かに話さない限りはバレません。
    • good
    • 1

>☆バイトの収入分にかかるものについては普通徴収で…



副業分を普通徴収にできるのは、副業が給与所得と公的年金による雑所得以外の所得の場合のみです。
確定申告書に明記されています。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

ただ、過去ログを見ていると自治体によっては、副業が給与所得でも普通徴収を選択できるところも一部にはあるようです。
市区町村役場にお問い合わせください。

>普通徴収の分はいつ支払うのでしょう…

普通徴収が認められれば、納付書が 6月に送られてきて、年 4回の分割納税です。
とはいえ、そのあたりは自治体によって異なります。
普通徴収の可否と一緒に、市区町村役場でお聞きください。

>翌年以降の分は、また翌年に得た収入を確定申告して支払うのですか…

所得税も住民税も、年単位で課税されますのでそのようになります。
    • good
    • 2

市町村の住民税課税担当の人に聞いてみたらどうでしょう。


自分の場合、給与所得のほかに不動産所得がありますが、市役所の担当者から問い合わせがありました。
不動産分、特徴と普徴、どちらがいいですか?って。
給与分は特徴、不動産分は普通徴収にしてもらいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

役所なんですね?
税務署なのか役所なのかも気になっていました。

私の場合、本業にしろ副業にしろ、
給与所得である
ということが問題なのですよねぇ。

回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/25 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について

住民税の特別徴収⇒普通徴収の変更について

もともと本業の収入の住民税は普通徴収でした。
昨年友人と副業を会社にして運営しています。もちろん本業の収入も別途あります。
副業の会社の給料は微々たる物です。

今年になって突然住民税の特別徴収の納付書が副業の会社宛に送られてきました。
しかし、その住民税の額は副業の会社での給料額を超えていて、給料を全部天引きしても足りません。

副業の会社の住民税の特別徴収を辞めてもらう(=元の普通徴収に戻してもらう)事はできないものでしょうか?
(個人個人で普通徴収に戻してもらう手続きしかないのでしょうか?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。少し補足します。
> もともと本業の収入の住民税は普通徴収でした。
とのことから、“本業”は会社員ではなく自営業等の仕事と判断しました。

市区町村では、各事業所から提出された「給与支払報告書」を元に所得を把握し(複数箇所の場合は合算)、住民税額を決定します。特別徴収とは給与天引して支払われるものですので、「年間給与20万円」の人に「年額30万円の特別徴収」の通知を出すことはおかしいのではと思った次第です。(前年の所得が多かったのは本業のほうですよね?)お役所仕事なので事務的に(何も考えずに)やったことなのでしょう。

連絡は電話で大丈夫です。文書でもいいですが、電話のほうが手っ取り早いでしょう。
(ちなみに、普通徴収の通知は個人の自宅宛てに送られるはずです。仮に副業分を含めた額の通知が本業の事業所に送付されたとしても小額ではわかりません。住民税は市区町村によって違いますし、また、住民税が高くなる理由は副業に限らないと思います。)

Q妊娠(ほぼ収入なし)期間の翌年の税金など

秋には妊娠しようかと思っています(予定どおりにできるかどうかはわかりませんが)。

体調が許せば在宅の仕事を続けようかと思っていますが、減収は避けられません。それならば、夫の扶養に入れる程度に抑えようかと思います。
しかし、実際にいつからどれくらいの出費が軽減されるのかがいまひとつわかりません。

今は、年に国民健康保険と住民税で、90万くらい払っています。どちらも、前年の所得に応じたものですよね。

住民税:前年に所得があったら納めなければならないものと理解しています。
国保:もし夫の扶養に入ったら、いつの時点から支払わなくてよくなるんでしょうか? 年度の途中でも切り替えられるものですか? そもそも、扶養に入りたい状態になったらすぐに入れるものなのでしょうか。

もし妊娠中と出産後も何かと税金等に関する出費があるのなら、出産費用のほかにそれも貯めておかないといけません。
おわかりになるかた、ご教示願います。

Aベストアンサー

>住民税:前年に所得があったら納めなければならないものと理解しています。
その通りです。

>国保:もし夫の扶養に入ったら、いつの時点から支払わなくてよくなるんでしょうか?
扶養に入った時点で国保の脱退手続きをとります。このときに扶養に入ったことを示す書類(健康保険に提出する扶養異動届のコピーなど)を提示します。
その時点で保険料の清算が行われます。過払いがあれば戻ってきますし、不足であれば追納します。
(保険料は一ヶ月単位で清算されます)

>年度の途中でも切り替えられるものですか?
何時でも出来ます。

>そもそも、扶養に入りたい状態になったらすぐに入れるものなのでしょうか。
入りたい状態ではなく、「入れる状態」ですね。そのような状態になればすぐに可能です。
扶養に入れる状態かどうかの判断というのは、健康保険により基準も、認定方法も異なります。具体的にはご主人の健康保険にお聞きになると良いでしょう。

あと、他の予測外の税金関係とのことですが、住民税が一年遅れなので気をつけること以外には特にありません。

Qアフィリエイト収入にかかる税金【特別徴収と普通徴収について】

ご存知の方がいましたら、教えていただく思います。

今後アフィリエイト収入を考えているのですが、実は現在分の今の会社は副業が明確に禁止されていて、なおかつ最住民税は給与所得から天引きされています。

自分で様々な質問や関連サイトを見た中で「天引きは特別徴収だから、収入があった場合は普通徴収にすればよい」と書いてありました。
この普通徴収と特別徴収ですが、

(1)現在は給与は特別徴収のままで、今後新たに収入が発生した場合のみ普通徴収にすればよいのか。
(2)現在の給与の徴収分と今後新たに発生した収入の両方を踏まえて、普通徴収になるのか。

どちらの流れになるのか、情報が得られないでいます。
もっとも、特別徴収分を普通徴収にしなければいけない(2)の場合であれば、副業禁止規定がある自分の会社においては、かなり怪しまれることになるとは思っています。

(1)・(2)、どちらなのでしょうか。
是非、教えていただきたく思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

年末調整をきちんと行ってしまうと、どの道、会社にばれますね。
結局は確定申告もすることになると思います。

収入の増額分には、土地の売却や株式配当、投資利益に副業の収入。
いろいろ含まれますが、明細が会社に伝わることはありません。
最終的な、課税に関する合計や、住民税の金額だけでしょう。
一応、尋ねられるかもしれませんが、言い訳の準備ぐらいで大丈夫じゃないでしょうか?もっとも、収入が倍になるとか、増額分が充分に大きければ、詳細の明示を、会社から求められるかもしれませんが、今から始められるようですので、そんなには・・・・(失礼)。

特別徴収の場合は、前年の収入に対して(年末調整や確定申告を元に)課税され、その年の6月から翌5月までの間に、ほぼ当分にして納めます。
これに対して、普通徴収は、これを自分で行うので(もっとも、月々納めるのではなく、一括または年4回ほどに分割して納付)、今すぐとか、利益が出たらすぐ、という類のものではありません。

Q給与明細 住民税の疑問(普通徴収、特別徴収)

サラリーマンです。
会社から給与が支給されています。

少しですが不動産収入があり、確定申告を行っています。
確定申告分 平成19年分について
住民税が税務署の手違いで特別徴収になってしまいました。
(普通徴収で申告したのに間違えられた)
よって20年度会社の給料明細の住民税として天引きされていると思います。

確定申告分 平成20年分について
普通徴収となりましたので、納税通知書が手元にきており自分で支払っています。

疑問なのは、会社の20年度給料明細の住民税と21年度の給料明細の住民税が同じ額となっています。
(20年7月分~21年5月分 が同じ)

基本給が同じなので、21年度の給料明細の住民税は、普通徴収分が減るはずだと思うのですが同じなのです。
これは正しいのでしょうか?
あるいは6月分あるいは7月分から減るのでしょうか?

会社での給与(税務)処理に確信が持てないため質問しています。
ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の家族も今年手違いで特別徴収にされていましたので人事とは思えず投稿させていただきます(笑)

まず住民税の仕組みですが、
H20.1~12の収入に対しては、H21.6~H22.5の住民税が当たります。
6月分だけ金額が違うのは、12か月で割った端数を最初の6月に当てているためで、7月分から同額になります。

なので質問者様の住民税が
>(20年7月分~21年5月分 が同じ)
というのは理解できましたでしょうか?

なので6月分より減ります。
ただ、6月分には端数も寄せられるため不動産収入の住民税がすごく高い場合は一目瞭然ですが、一応前回の住民税の6月分と比較してくださいね^-^

それにしてもこんな間違いするなんて市役所にはびっくりしました。
一回会社には給与以外の収入ありで送られてしまっているし、給与計算担当者の人には分かってしまいますし・・。
ちょっと間違えました。というものではないような感じですよね。

Q特別徴収と普通徴収

有限会社を設立し、現在三期目で、従業員は自分一人です。
現在、住民税は普通徴収で納めているのですが、
通常は、特別徴収するのが一般的ですよね。
特別徴収する場合は、
翌年の給与支払い時、毎月天引きして、10日までに納める、
とのことですが、
これは普通徴収より複雑で手間が多く、
事業者側としてメリットを感じられません。
現在は、勝手に引き落としてくれるのでかなり楽です。
実際のところ、特別徴収にする意味はあるのでしょうか?
ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

従業員があなたお一人でしたら、敢えて特別徴収にする必要はないでしょう。
特別徴収は、各従業員が自分で納付管理する手間を省くためと、使用人にお任せして徴税を確実にするため(実はこちらが主目的かもしれませんが)であると思います。
要は、事業者側のメリットよりも、むしろ事業者側に多少手間をお願いして、従業員と徴収側である各市区町村のメリットを優先しているわけです。

お一人のことですので、現在のままの普通徴収で問題はないでしょう。

Q集客協力収入の源泉徴収所得税について

私はサラリーマンです。
会社とは別に、週末、ある商品販売の集客を手伝っており、
契約数に応じた歩合制で毎月報酬をいただいています。

その際に、報酬額の30%前後を「所得税」として
天引きされているのですが、この割合の根拠を
教えていただけますでしょうか。高すぎませんか?

支払い先に訊ねたところ、「税理士さんに作成してもらっているので
詳しいことはわからないが、間違っているはずがない」とのことで、
それ以上追求することができませんでした。

Aベストアンサー

>商品販売の集客を手伝っており…

社員として雇用されているのでなければ、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
載っていないはずです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>報酬額の30%前後を「所得税」として…

百歩譲って、上のページにある職種だとしても、100万円以下は 10% にすぎません。

いずれにしても、「所得税」だと強弁するなら、その仕事を終えたとき、またずっと継続するなら年が明けたら早々に、「支払調書」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100038-2.pdf
の交付を求めることです。
支払調書があれば、確定申告の際に所得税の前払いと認められます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>商品販売の集客を手伝っており…

社員として雇用されているのでなければ、個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
載っていないはずです。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意...続きを読む

Q特別徴収から普通徴収に変更する場合の理由について

サラリーマンですが副業を考えています。その際特別徴収だと会社にばれるので普通徴収にしたいと考えています。その際の理由としてどのようなものが良いでしょうか?また普通徴収だと会社にはばれませんよね?教えてください。

Aベストアンサー

特別徴収とは本来会社が希望して市町村にお願いをしてからの扱いになります。ですから会社の経理の方特別徴収ではなく普通徴収にしたのですがと訪ねられ会社から了解が出ればできるとは思います。基本的には全員普通徴収で会社からの希望があったときのみ特別徴収ができると言うことになったいますから。 ただ会社に言いたくない場合にはお住まいの市町村役場の税務課に「併徴」でお願いしてはいかがでしょうか?「併徴」とは本来特別徴収の方が突発的な収入(例えば土地の売買をされ譲渡所得等が発生したり、農業をされてて農業収入がある場合等)がある場合は特別徴収でお願いした場合給料よりも税額が高くなったりすることがありますので「併徴」というかたちで給料の分は特別徴収で、その他の収入は普通徴収と分けて税金を納める方法がありますが、副業が会社にばれるかどうかはわかりませんので地元の市町村役場の税務課どのようにしたほうがいいか問い合わせてみてはいかがでしょうか?

Q政令月収の算出の仕方がわかりませんので教えて下さい 源泉徴収票には 支払金額419万8978円 給料

政令月収の算出の仕方がわかりませんので教えて下さい
源泉徴収票には
支払金額419万8978円
給料所得控除後の金額
281万6800円
所得控除の額の合計額
92万1680円
源泉徴収税額
9万6700円
となっていました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

貴方には扶養親族はいないでしょう。
また、障害者でもないですよね。

2816800円÷12=234733円
が「政令月収」です。
よって、313000円を超えてはいません。

Q住民税 普通徴収と特別徴収の違いについて

二度の質問で失礼します。

去年夏に退職、その後失業中のため自動的に特別徴収から普通徴収に切り替われました。
住民税を滞納しているため、これから払える分だけ払い、残りは分割でお願いすることになりそうです。

その関係で今まで見落としていた金額まで目を通すようになり、
自分の明細書を手にし、ふと思ったのですが
特別徴収の税額と普通徴収の税額というのは金額が大きく変わってしまうものなのでしょうか?
去年のいつごろかから忘れてしまいましたが住民税が大きく値上がりすることは存じておりました。
ですからその前月分よりも金額が跳ね上がることは承知しているのですが、
当時給料から天引きされた金額の平均をとっても、今、普通徴収として請求されている金額よりも ずっと高い金額になっているので、
アレ???
と思いました。
今まで特別徴収で払っていた住民税から、普通徴収に切り替えた段階で、決定される住民税額はどのようにして算出されているものでしょうか?

わかりにくい内容で申し訳ないです
その都度、補足していきたいと思っています

どなたか よくおわかりの方、ご教授いただけないでしょうか?
よろしくお願い致します 

二度の質問で失礼します。

去年夏に退職、その後失業中のため自動的に特別徴収から普通徴収に切り替われました。
住民税を滞納しているため、これから払える分だけ払い、残りは分割でお願いすることになりそうです。

その関係で今まで見落としていた金額まで目を通すようになり、
自分の明細書を手にし、ふと思ったのですが
特別徴収の税額と普通徴収の税額というのは金額が大きく変わってしまうものなのでしょうか?
去年のいつごろかから忘れてしまいましたが住民税が大きく値上がりすることは存じて...続きを読む

Aベストアンサー

・住民税の年額は、普通徴収も特別徴収も同じです(総額は変りません)
 徴収方法が、普通徴収は納付書で普通4分割で支払
       特別徴収は12分割で支払います
>今まで特別徴収で払っていた住民税から、普通徴収に切り替えた段階で、決定される住民税額はどのようにして算出されているものでしょうか?
 ・特別徴収は、6月~翌年の5月までの12回で支払うわけですが
  8月で退職した場合は、9月以降の分が残りますから
  年額から特別徴収した6月~8月分を引いて、残った金額を、納期に合わせて、再分割して納付書を送付→支払いになります

Qオークション収入の確定申告

昨年末よりオークションでの収入があります。

今年度はすでに30万くらいは超えています。

そこで、来年は確定申告が必要かと思うのですが教えてください。

(1)売っているのは情報で、経費はかかっていない。
この場合は雑収入になるのでしょうか?

(2)振込は全てジャパンネット銀行ですが・・・
銀行への収入の証明はどのような形になるのでしょうか?
入金一覧からオークションに関係ないものを消して提出となるのでしょうか?
その場合、何百件と入金があるのでEXCELなどで一覧を作成してもいいのでしょうか?
 
(3)妻(会社員)名義の口座を開設して振り込んでもらえば
 20万円までは税金はかからないですよね・・・・
 
(4)そもそも、ジャパンネット銀行でも
 年100万程度でも申告しないとばれるんでしょうか?

Aベストアンサー

(1) 情報は口コミで売るだけですか。電気も電話も使わないのですか。パソコンはどうですか。全く経費がかからないというのはおかしいですね。
いずれにしても、雑収入などではなく、「売上=事業収入」です。

(2) ネット銀行は、通帳が画面に出ますね。それを印刷しておけば、税法でいう「原始記録」になります。
何百件もあるとはいえ、毎日記帳していたら、それほど煩雑にはならないでしょう。

(3) 契約主体があなたである以上、口座名義とは関係なくあなたの収入と見なされます。
20万円を隠すのでなく、経費を細かく拾い上げて、帳簿上の所得を減らすのが、賢い節税法です。

(4) ばれる、ばれないの問題ではなく、所得をきちんと管理し、自ら納税額を計算して申告し、自ら納めに行くのが、日本の税制度です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング