ある企業に応募しようと思っているのですが、休みが日・祝・他で、補足で「原則4週6休」となっています。
土曜日は午前中だけ勤務ですが、この場合「4週6休」だと、いつ休みになるのでしょうか?
「4週6休」ということ自体わかりませんので教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

4週6休というのは「4週間の内6日休みがありますよ」という意味です。


土曜日午前中だけ勤務は毎週なのでしょうか?
毎週と仮定して「4週間の内に日曜(4日)+土・日以外(2日)の休日」があるということになります。
ただ、5週目がある月があります。
法律上「週に1日」の休みがあれば問題はありませんが、やはり働くとなると
「5週目の休日は2日なのか1日なのか」気になる所です。
これは会社によって違うので、電話で伺ったほうがいいかと思います。
 (1)日曜以外の休みは、固定なのかシフト制なのか
 (2)5週目の休日は日曜日以外にあるのか
が多分気になる所ではないでしょうか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土曜日半休は毎週だと思います。
それですと、4週のうち2日平日に休みがあるということになるんですよね?
会社にも伺ってみようと思います。
詳しく教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 23:21

例えば5月の土曜ですが(日曜は休みとして)



2日は出勤
9日は半ドン
16日は全休
23日は半ドン
30日は全休

となると思いますよ。5週の時はご相談でしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土曜日は毎週半日出勤で午後休みは確定みたいです。
そうなると、その分平日に回ってくるんですよね?
具体的な例で分かりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 23:24

「週休2日」の週と「土曜半ドン」の週がかわりばんこにやってくる体系ですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
土曜日は毎週半日出勤みたいですので、週休2日はないみたいです。
その分の半日休みは平日なのかよくわかりませんが、仕組みは理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの共和党の、トランプ大統領は、今までのアメリカの北朝鮮政策は間違いだったと、はっきりと今まで

アメリカの共和党の、トランプ大統領は、今までのアメリカの北朝鮮政策は間違いだったと、はっきりと今までの政策を否定しています。

その中には、同じ共和党のブッシュ大統領の政策も含まれます。アメリカの場合、共和党と民主党が交互に政権を担当してきたから当然です。

自民党も、はっきりと、今までの歴代の自民党の政策は間違いだったと言うべきです。アメリカ大統領にできた事が、なぜ、出来ないのでしょうか?

他の政党のせいにするべきではありません。責任をとらず、逃げ回っていて、どうするのでしょうか?

Aベストアンサー

自民党にどんな対北朝鮮政策をしてほしかったのでしょう?

Q4週8休と月9休はどちらが休みが多いのでしょうか?

4週8休と月9休はどちらが休みが多いのでしょうか?
一見、4週8休のほうが月に換算してみると休みが多いようにも
思えるのですが、詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下、単純に計算すると
・4週8休・・52週(4週×13・・13×8=104日)で年間で104日
・月9休・・12ヶ月(12×9=108)で年間108日
で、月9休>4週8休 になります

Qアメリカのオレンジ政策、ドイツの3B政策とは

アメリカのオレンジ政策、ドイツの3B政策とはなんでしょうか????

Aベストアンサー

アメリカのオレンジ政策というより、オレンジプランと言うべきです。
これはアメリカの対日作戦のひとつで、アジアに進出しようとするアメリカにとって日本帝國は邪魔なので、早めに叩き潰そうというものです。
その方法として、多数の戦艦を保有して太平洋を押し渡り、日本の連合艦隊と雌雄を決せんと企図したものです。
これは、日本の真珠湾攻撃により太平洋艦隊が壊滅したため、一旦頓挫しましたが、のちに航空母艦等の活用と、より大規模になった艦隊により、日本を破っています。
ドイツの3B政策とは、ベルリン、ビザンチン、バクダットを鉄道で結び、またそのためにドイツから中東に抜ける地域に勢力を伸張しようとしたものです。
これは、イギリスのカイロ・ケープタウン・カルカッタを海路で結ぶ3C政策をを脅かすものであり、第一次世界大戦の原因のひとつです。

Q4週8休みの意味

ある病院の事務職の求人の休日が週休二日制のところに「週休二日制 4週8休」とありました。前働いてた旅館の仲居の仕事では月に7日休み。第1週3日休み、第2週2日休み、第3週休みなし、第4週2日とかがありました。つまり極端に言うとこんな感じの休みです。

第1週 1,2,3日が休み 三連休
第2週 10、12日が休み
第3週 なし
第4週 26、31日が休み

1週間連続勤務、2週間連続というのが当たり前だったのですが、4週8休というのはこういうこともありえるということなのでしょうか?
普通だったら「週休二日制 あり 月8日休み」と書いてあるのに、ここだったら「週休二日制 4週8休」と書いてあったので、気になってしまいました(>_<)

回答お願いいたします。

Aベストアンサー

週の中で不定期に2日という意味ですね。つまり土日では無いと云う事。でも月8日は保証しますと云う事ですが、祭日は入れて無いのでしょうか?
法律があって7日に1日の休みを与えなさいとなってます。ただし特別な仕事の場合は月で換算しても良いことになってます。
あなたの前職はこれですね。だから今回の仕事の方がより普通に近いと思えば良いです。

Q現アメリカ大統領のドナルド・トランプについて、皆さんが思う良い政策と悪い政策は何ですか?

現アメリカ大統領のドナルド・トランプについて、皆さんが思う良い政策と悪い政策は何ですか?

Aベストアンサー

今までの政治は、偽善的で、弱者とか少数者ばかり
にスポットを当ててきました。

肝心の、社会の中心となって働き、納税して
国家を支えている人間の利益を等閑視して
きました。

そうした人間に光を当てたのがトランプさんです。

Q交代勤務どうですか?(3勤3休、4勤2休等々)

交代勤務の求人に応募しているのですが交代勤務は経験したことがなく少し不安です
そこで経験のある方の意見や感想など(つらいとかつらくないとか)聞かせていただきたく思います
3勤3休、4勤2休 2交代 3交代何の情報でもいいので参考にさせてください
ちなみに私の応募先は3勤3休で夜勤ありです

Aベストアンサー

人間は夜に眠るようにできているので辛いです。
1年2ヶ月でギブアップしました。

Qアメリカ大統領選での対日政策、対中政策 

アメリカ大統領選で、対日政策は票にむすびつかないけど、対中国政策は票につながるとテレビでいってましたが、なぜ対中国政策は票につながるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・人口が日本の10倍以上いるから
対イタリア政策よりも対アフリカ政策の方が注目を集めます。
対スペイン政策よりも対ラテンアメリカ政策の方が注目を集めます。
人口多い地域は重要だけど、ただし必ずしも親近感を
抱いているというわけでもありません。

・貿易摩擦問題
20~15年前は日本への貿易摩擦が深刻で、
日本に圧力をかけるべきだという世論が強かったのですが、
今日では中国との貿易摩擦が問題になっています。
人民元切り上げの圧力をかけるべきだとか、
中国に市場開放を迫るべきとかいった、
対中要求が支持を集める傾向があります。
日本との貿易摩擦の方は、赤字がなくなったわけでもないのですが、
何故かほとんど忘れ去られたようです。

・ライバル意識
40~20年前はソ連がアメリカの覇権に挑戦すると考えられていました。
20~15年前は日本がアメリカの覇権に挑戦すると考えられていました。
今日では中国がアメリカの覇権に挑戦すると考えられているようです。
10年後はまた欧州連合やインドに変わっているかもしれませんが、
ともかくライバルの存在がアメリカのアイデンティティを刺激するようです。

・経済成長率
日本や欧州は、経済成長率がアメリカよりも大分低く、
人口も減少に向かってきています。
一方で中国は経済成長率が抜きんでて高いです。
(貧しいからという部分も大きいけれど)
中国の経済成長が持続すれば、長期的に見て
極めて巨大な存在になりうるという予想が、
中国の存在感を際立たせていると考えられます。

・世界外交のキープレイヤー
冷戦後、イラク戦争の単独主義で揺らいできている
世界外交の方針をどうやっていくかを論じるときに、
何かとアメリカと反目することの多い大国である
中国の存在を抜きにしては語れないわけです。

・人権問題
アメリカでは日本とはまた異なる形で、
中国の一党独裁やチベットなどの政治問題への関心が高いです。
日本の人権の方は、そんなに問題が大きいと
考えられているわけではないので、関心が高くないようです。

・環境問題
中国のエネルギー消費量の伸びは著しく、
地球温暖化の問題では、中国の対処が
世界的な重要性を持つことが確実となっています。

・巨大市場
13億人市場は、多くの多国籍企業にとって命運を分ける地域です。
多国籍企業の間では、中国との関係悪化は避けたく、
ライバル企業に先んじて中国市場のシェアを握りたい思惑があります。

・アメリカの中華系人口
360万人位いて、日系人口よりも多いです。
団結力も強く、エリート人材もかなり存在します。
ただし、台湾系も多く、大陸中国の方とは限りませんが。

・オリンピックの年
なんとなく中国問題への関心が高まる時期なのかもしれません。

なお、日本のマスメディアにおいて、アメリカの中国重視が
どうかとかいわれているのはジャーナリズムに脚色されており、
当事者の思惑とは隔たりが大きいように思われます。
日本で中国贔屓とか日本贔屓とか言われている人物の実際の発言・行動は、
日本のメディアが報道しているような内容とはかなり異なります。
中国好きだが日本好きだとか、中国に抗議するが日本にも抗議するとか、
中国にも日本にも無関心という人も多いわけです。

・人口が日本の10倍以上いるから
対イタリア政策よりも対アフリカ政策の方が注目を集めます。
対スペイン政策よりも対ラテンアメリカ政策の方が注目を集めます。
人口多い地域は重要だけど、ただし必ずしも親近感を
抱いているというわけでもありません。

・貿易摩擦問題
20~15年前は日本への貿易摩擦が深刻で、
日本に圧力をかけるべきだという世論が強かったのですが、
今日では中国との貿易摩擦が問題になっています。
人民元切り上げの圧力をかけるべきだとか、
中国に市場開放を迫るべきとかい...続きを読む

Q週1回の休み

こんにちわ。この前採用を頂いた仕事が
週1回しかお休みがないので、辞退しようと考えているのですが
職場の雰囲気もよさそうで、仕事内容も希望しているものと少し違い、どうしようか悩んでいます。

私は大学を出ているわけでも資格をもっているわけでもないので
就職は厳しいのですが、このチャンスを逃してしまうのが怖いというのもあります。

みなさんの意見が聞きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

複数回転職歴のある者です。

ご認識の通り、職務(業務)内容、職場の雰囲気、ご自身の状況が一番重要なのですが、休日も大切です。
一度このサイトで休日の日数に対して質問があり、私は休日数優先派の回答をしましたが、やりがい派の勢いが強かった記憶があります。
今回はそういう議論は抜きにして回答します。

私は都内で完全週休2日制で長期休暇や有休休暇も含めると年間休日数が140日以上の会社に勤務していました。
訳あってUターン転職した地方の会社が有休も殆ど取れず、年休84日。年休60日程度の会社に勤務する先輩も居ます。

その60日の会社は別として、私が転職当時は、それはそれはキツかったですね。終業時間も遅かった為、日曜日しか休めない週の休日は1日中寝てましたよ。
夜釣りが趣味でしたが、土曜日の終業後に釣行しても、釣り場で寝てしまいますし、無理して日曜日早朝に釣行しても、現地で早々に朝食を取った後爆睡状態でした。
また、平日は車通勤で30分程度でしたが、土曜日は15分~20分で通勤できる事にも空しさを感じていました。

結局、待遇面や将来性を考えて年休110日程度の会社に転職しましたが、全ての面が良い転職ができましたので、あの会社は何だったのか?と思っています。

仕事も大事ですが、休日、労働時間も大切です。
将来結婚して子供ができた事も考えますと、どうでしょうか?
No.1様のおっしゃる通り、後で後悔しますよ。

厳しいとは存じますが、人生の大半を仕事に費やす訳ですから、少しでも良い条件の会社がいいですね。
可能な限り探してみてはいかがですか?

複数回転職歴のある者です。

ご認識の通り、職務(業務)内容、職場の雰囲気、ご自身の状況が一番重要なのですが、休日も大切です。
一度このサイトで休日の日数に対して質問があり、私は休日数優先派の回答をしましたが、やりがい派の勢いが強かった記憶があります。
今回はそういう議論は抜きにして回答します。

私は都内で完全週休2日制で長期休暇や有休休暇も含めると年間休日数が140日以上の会社に勤務していました。
訳あってUターン転職した地方の会社が有休も殆ど取れず、年休84日。年休...続きを読む

Qアメリカの超低金利政策とは?

アメリカの超低金利政策とは具体的にどのような政策のことをいうのでしょうか?
またそれは、円高ドル安とどのような関係があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

超低金利と円高ドル安は順番を逆にすると理解しやすいです。

その昔、元々は工業国であったアメリカは日本などの追い上げで工業が成り立たなくなって、次なる産業として金融での立国を目指したわけです。しかし、その金融産業もリーマンショックで崩壊してしまい、途方にくれたのです。でも、食べていかないといけないので、再び輸出を増やしてお金を稼ごうとしているのです。しかし、単にモノを売ろうと思っても売れないので、政策的にドルを思いっきり安くして、輸出をしやすくしているのです。
これで結果的に円高ドル安になっているのです。

で、どうやってドル安にするかですが、これにはドル紙幣を思いっきり刷って、通貨量を増やすのが一番効果的であり、アメリカはQE1,2とこれまでにない金融緩和を実施しているわけです。金融緩和のためには金利をできるだけ安くしてドル紙幣を世の中にばら撒かないといけないので、超低金利にしているわけです。

Q今将来の職業について悩んでます 今は16歳で理系の仕事で1日の仕事量が長くてもいいから週2ペースで休

今将来の職業について悩んでます
今は16歳で理系の仕事で1日の仕事量が長くてもいいから週2ペースで休み取れて食べていける職業ってないですかね?
探してもさっぱり...
先生志望だったんだけれども全く休みが取れないことに気が付いて、

Aベストアンサー

優秀なプログラマーなら派遣や契約で食えるし
残業なしで週5勤務で50万とか結構いるよ。

ただ優秀性が必要だし、先の不安もあったら正社員。
正社員だとどこもきついね。
週1休めたらいい方だろうね。

進路指導、部活や催しがめちゃ多いので小中は休めないこと多いですけど、
公立高校は休めるよ。
先生でいいと思う。

理系公務員(技官)もいいよ。
公務員なんでね。

メーカーなんかもしっかり休める。
実は残業取得率が高い会社なんてごく一部なので、「休める会社」は数えられるしよく分かる。
公務員を除けば、大手の銀行とメーカーのみ。
て感じ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報