家庭教師のバイトをしている者です。

 中学国語を教えていて、隠喩法が出てきました。隠喩の例を挙げようと便覧を調べると、隠喩の例に「人間は考える葦である」がありました。

 そこでふと思いついたのですが、キャプテン翼の名台詞、「ボールは友達だ」は隠喩法なのでしょうか?
 
 幾人から「それは隠喩ではない」、「喩えになっていない」と言われました。

以下は私が考えたことなのですが、
 「友達」が「喩え」になるには、「一般的にボール(やモノ)が友達になりえない」という前提が必要になると思います。 しかし、「友達」という概念が人間や生物だけを対象にしているのかどうかはよくわかりません。
 もし「ボールは友達だ」が、モノも友達になりえるので喩えになっていないのなら、「ボールは友人だ」にすれば喩えになるのでしょうか?

 ちなみに、私は隠喩法を、直喩法の(まるで)「~のようだ」「~のように」を使わないでたとえるものだという認識しかありません。他の定義や基準から考察できるのかもしれません。

皆さんは「ボールは友達だ」は隠喩法だとお考えになりますか? 理由を添えてご回答いただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

その認識で問題ないと思います。


ただ、確かに隠喩ではあるのですが、この場合「擬人法」が先に目についてしまうので、
説明のための例としては、あまり適切でないと思います。

直喩(simile)と隠喩(metaphor)とは、西欧語における比喩表現の分類法の一つで、
その構文形式に着目して二つに分類したものです。
具体的には、直接的に比喩であることを示す "A is as ... as B." や "A is like B." のような形式と、
比喩であることを明示しない "A is B." のような形式とに分けられます。
日本語ですと、「ボールは友達のようだ」「ボールはあたかも友達だ」が直喩、
質問文の「ボールは友達だ」は隠喩と言えるでしょう。
このように擬人法を伴った隠喩としては、ほかに「仕事が恋人」なんてのもありましょうか(嫌な言い回しですけど)。

しかしながら、日本語では文の構造だけからは完全に切り分けができないことも多く、
あまり区別を意識しにくい概念でもあります。
元来、西欧の修辞学を発祥とする概念ですので、日本語の場合に完全な適用ができなくても不思議ではないのですが。
・切り分けがしにくい例(Wikipedia「直喩」):
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E5%96%A9

また、もともと日本語には比喩を多用する文化があるので、
そもそも比喩なのか、そうでないのかという切り分けも難しい場合が少なくありません。
例えば「成金」「うさぎ小屋」「うなぎの寝床」「絵にかいた餅」「風見鶏」など、
現在は特定の意味をもっていますが、最初はただの比喩だったはずです(例が古臭いのは気にしないでください)。
そのため、「ボールは友達」が比喩には思えないという人も結構いるのでしょう。
このような事情も、問題をややこしくしているのではないでしょうか。

なお、今さら言うまでもありませんが、通常、意志を持たない無生物は「友達」になりえません。
例えば、以下の2文を比べてみてください。
  A「ボールはまるで友達のようだ」
  B「岬くんはまるで友達のようだ」
構文は全く同じですが、意味するところは全く違います。
Aではボールに対して友達(のような)関係性を認めているのに、
Bでは岬くんに対してそのような関係性は認めていません。
これは、ボールが(通常)友達にはなりえないことを表しています。


以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にお答えいただき感謝いたします。

 直喩と隠喩が西洋における区分であるとは知りませんでした。また、日本語での切り分けのしにくさや、日本語の比喩を多用する点など非常に興味深い情報をいただきました。「太鼓のような腹」と「太鼓腹」もその一つでしょうか。(例が古臭いのは気にしないでください)

 「ボールは友達だ」が隠喩であると信じることにしました。しかし、おっしゃる通り、例としてはややこしくなりそうなので避けることにします。

例や参考URLも記入してただき、本当にありがとうございました。

>>「岬くんはまるで友達のようだ」
  この例で少し笑いました。
 

お礼日時:2009/05/27 19:19

あなたの「人間:葦=ボール:友だち」の考えは成立しますので、


間違いなく「隠喩」(Metaphor)と言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
 私の考えと、以前に回答していただいた方の定義からの考察を考慮すると隠喩ではないかと思いました。
 ありがとうこざいます。

お礼日時:2009/05/27 19:07

>幾人から「それは隠喩ではない」、「喩えになっていない」と言われました。


私もそれはたとえではないと思います。
翼にとって、ボールは友達そのもの(いつも一緒にいて、自分の意のままになってあたかも心が通い合っているように思える、そんな意味なのでしょう)なので、翼以外の人間に普遍するものではなく、たとえではないですね。
友達も友人も同じようなものでしょう。
翼が、例えば「ボールは活発な少年である」といえば、立派な隠喩になると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。少々遅くれて申し訳ございません。
 
 確かに、翼にとっての「ボールは友達」は比喩になっていないのかもしれません。人間の友達とは違った意味での「友達」でモノに対してもあり得るのなら、比喩ではないですね。
 どうやら、翼くんの場合と一般的な表現との意味で分けなければいけないようです。
 

お礼日時:2009/05/27 22:40

「友達」という言葉は、


一緒に何かをしたり、遊んだりする仲の良い人を意味します。
「(サッカー)ボール」は、人ではありません。
が、翼という人物にとってボールは、「一緒にサッカーを楽しむ」
という点で「友達」と類似性があります。
「隠喩」は、類似性に基づいた比喩です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
 
 私もそう考えています。ですが、翼くんにとっての「友達」という言葉の意味が、辞書的な意味のレベルではなくて概念レベルで、「類似」ではなく「一致」している可能性を示唆される方もいらっしゃいます。そのあたりをどう考えるのかが難しいですね。 
 貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 22:46

隠喩法ではないと思います。


「ボールは友達のように僕のソバにいつもいる」
というふうに書き換えて「直喩法」になるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

 私も初めそう考えました。ですが、他の方の意見によると隠喩法と直喩法の区別は難しく、また、調べたところ、書き換えは基本的に可能なようですので、書き換えられるからといって隠喩ではないと断定できないそうです。

お礼日時:2009/05/27 22:49

キャプテン翼に限っては隠喩にはならないと思います。


何故ならつばさ君はそれを本気で言ってるからです。
友人の居なかったつばさ君にはボールは本当に文字通り
たった一人の(一つの?)友達でした。

ただ、実生活で例えばサッカーの指導者が
「ボールは友達だよ。そう思って大切に扱いなさい」とおっしゃるなら
それは隠喩になるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございました。
 
 なるほど、文脈を考える必要がありました。確かに、つばさ君に関して言えば、ボールは唯一無二の友達だったのかもしれません。なら、ボールは人と同じものであって、「ボールは友達」は、「岬くんは友達」と同じ意味になり、比喩ではないのかもしれません。また、実生活の例との比較もわかりやすくて納得しました。どうやら、背景の文脈を無視して、一般的な意味で考えれば隠喩でいけそうですね。 

お礼日時:2009/05/27 22:34

ボールを人であるかのように見立てているので、擬人法ではないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。遅れて申し訳ございません。
 
 そうですね。擬人法でもあるように感じます。ただ、隠喩でもあるのではないかと考えました。
 余談ですが、「ボールはともだちこわくない」という台詞以外に、「ボールはまだ生きている」があります。こちらは完全に擬人法だけだと思いました。

お礼日時:2009/05/27 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「世界記録を叩き出す」の意味は?

「世界記録を叩き出す」の「叩き出す」の意味は何でしょうか。
文字通りに理解しにくいですね。隠喩か何かですか。隠喩だとしてもどういうイメージかよく浮かべませんね。どういった意味かはっきり分かりません。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

此処は「国語」のページなので敢えて英語は使わなかったのですが、あっ二番です、英語的には「forge」「forging」(鍛造する)(叩いて叩いて)のイメージを「叩き出す」に感じております。熱い鉄の塊を叩く叩く何回も叩く、叩く側も疲れる、叩かれる方はどんどん強くなる、その結果他者の記録を抜く新記録が生まれる、しかしその差は今迄の努力の割には極く僅か、しかしこれはこれで立派な新記録、、、こんな時に使えば「世界新記録を叩き出す」のイメージにぴったり。

今ではこれを応用して、パソコンの処理スピードに関する記事などで「今迄のCPUを抜き去る驚異的な処理スピードを叩き出した」云々みたいな使い方をされているのは事実ですが、、、、

Q考える葦の「葦」は葉っぱ・草の事ですか?

考える葦の「葦」は葉っぱ・草の事ですか?

あと、読み方について
http://ocnsearch.goo.ne.jp/ocn.jsp?IE=UTF-8&OE=UTF-8&from=ocn_Simple&PT=ocn_Simple&MT=%E8%91%A6
で調べてたら、
読み方が「ヨシ」で出たのですが
「考える葦」は「カンガエルヨシ」が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

    L'homme est un roseau pensant

    物の名も所によりて変わるなり
        浪速の葦(あし)も 伊勢の浜荻

1。考える葦の「葦」は葉っぱ・草の事ですか?

    はいそうです。。

2。考える葦」は「カンガエルヨシ」が正しいのでしょうか?

    いえ、「あし」です。
    

    

Q隠喩法(Metaphor)

隠喩法には色々なたとえがありますよね。例えば「頭に霜を置く」などなど。辞書に載っているものや自分で作ったものなど、どのようなものでもいいので隠喩を使った言葉があれば教えてください。

もしよければ人間が不機嫌な場合に使う隠喩法もあれば是非教えてください

Aベストアンサー

青筋を浮かべる、とかでしょうか?マシンガントークとか・・・。
馬鹿な人を単細胞、とかは隠喩でしょうか・・・?

隠喩ってぽろっと出るような感じなのでいきなりどうぞ!って言われても。。。って感じですよね(笑)

あ、子供がぷくっとふくれっつらしているときには「何頬袋に入れてるの?」と聞きます。唇を突き出したりしているのでそういうときは「口がタコさんだよ」とも言います。
怒った顔=不動さん顔 ←でもこれ、高校で使ったら通じなかった。。。

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q「ボールは友達だ」は隠喩?

家庭教師のバイトをしている者です。

 中学国語を教えていて、隠喩法が出てきました。隠喩の例を挙げようと便覧を調べると、隠喩の例に「人間は考える葦である」がありました。

 そこでふと思いついたのですが、キャプテン翼の名台詞、「ボールは友達だ」は隠喩法なのでしょうか?
 
 幾人から「それは隠喩ではない」、「喩えになっていない」と言われました。

以下は私が考えたことなのですが、
 「友達」が「喩え」になるには、「一般的にボール(やモノ)が友達になりえない」という前提が必要になると思います。 しかし、「友達」という概念が人間や生物だけを対象にしているのかどうかはよくわかりません。
 もし「ボールは友達だ」が、モノも友達になりえるので喩えになっていないのなら、「ボールは友人だ」にすれば喩えになるのでしょうか?

 ちなみに、私は隠喩法を、直喩法の(まるで)「~のようだ」「~のように」を使わないでたとえるものだという認識しかありません。他の定義や基準から考察できるのかもしれません。

皆さんは「ボールは友達だ」は隠喩法だとお考えになりますか? 理由を添えてご回答いただけると幸いです。

家庭教師のバイトをしている者です。

 中学国語を教えていて、隠喩法が出てきました。隠喩の例を挙げようと便覧を調べると、隠喩の例に「人間は考える葦である」がありました。

 そこでふと思いついたのですが、キャプテン翼の名台詞、「ボールは友達だ」は隠喩法なのでしょうか?
 
 幾人から「それは隠喩ではない」、「喩えになっていない」と言われました。

以下は私が考えたことなのですが、
 「友達」が「喩え」になるには、「一般的にボール(やモノ)が友達になりえない」という前提が必...続きを読む

Aベストアンサー

その認識で問題ないと思います。
ただ、確かに隠喩ではあるのですが、この場合「擬人法」が先に目についてしまうので、
説明のための例としては、あまり適切でないと思います。

直喩(simile)と隠喩(metaphor)とは、西欧語における比喩表現の分類法の一つで、
その構文形式に着目して二つに分類したものです。
具体的には、直接的に比喩であることを示す "A is as ... as B." や "A is like B." のような形式と、
比喩であることを明示しない "A is B." のような形式とに分けられます。
日本語ですと、「ボールは友達のようだ」「ボールはあたかも友達だ」が直喩、
質問文の「ボールは友達だ」は隠喩と言えるでしょう。
このように擬人法を伴った隠喩としては、ほかに「仕事が恋人」なんてのもありましょうか(嫌な言い回しですけど)。

しかしながら、日本語では文の構造だけからは完全に切り分けができないことも多く、
あまり区別を意識しにくい概念でもあります。
元来、西欧の修辞学を発祥とする概念ですので、日本語の場合に完全な適用ができなくても不思議ではないのですが。
・切り分けがしにくい例(Wikipedia「直喩」):
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E5%96%A9

また、もともと日本語には比喩を多用する文化があるので、
そもそも比喩なのか、そうでないのかという切り分けも難しい場合が少なくありません。
例えば「成金」「うさぎ小屋」「うなぎの寝床」「絵にかいた餅」「風見鶏」など、
現在は特定の意味をもっていますが、最初はただの比喩だったはずです(例が古臭いのは気にしないでください)。
そのため、「ボールは友達」が比喩には思えないという人も結構いるのでしょう。
このような事情も、問題をややこしくしているのではないでしょうか。

なお、今さら言うまでもありませんが、通常、意志を持たない無生物は「友達」になりえません。
例えば、以下の2文を比べてみてください。
  A「ボールはまるで友達のようだ」
  B「岬くんはまるで友達のようだ」
構文は全く同じですが、意味するところは全く違います。
Aではボールに対して友達(のような)関係性を認めているのに、
Bでは岬くんに対してそのような関係性は認めていません。
これは、ボールが(通常)友達にはなりえないことを表しています。


以上、ご参考になりましたら。

その認識で問題ないと思います。
ただ、確かに隠喩ではあるのですが、この場合「擬人法」が先に目についてしまうので、
説明のための例としては、あまり適切でないと思います。

直喩(simile)と隠喩(metaphor)とは、西欧語における比喩表現の分類法の一つで、
その構文形式に着目して二つに分類したものです。
具体的には、直接的に比喩であることを示す "A is as ... as B." や "A is like B." のような形式と、
比喩であることを明示しない "A is B." のような形式とに分けられます。
日本語ですと...続きを読む

Q「森林」「山岳」「火炎」「漿水」のような単語の例を教えてください

歴史物小説を読んでいて面白い発見をしました。「弩弓」(どきゅう)という単語です。一番目の漢字に二番目の漢字を含んでいます。この単語や「森林」「山岳」「火炎」「夫人」「漿水」(しょうすい)「女好き」のように、構成漢字のひとつが別の構成漢字をそのまま含む単語を教えてください。以下にほかの例もあげます。


----------------------------------------
「森林」
「山岳」
「火炎」
「夫人」
「漿水」(しょうすい)
「女好き」
「自白」
「白日」
「曜日」
「樹木」

Aベストアンサー

この形式の漢字熟語には、

月明、王国、口語、木材、一戸

土地、宝玉、日間、門間、木末(こぬれ)

などもあります。

Q"メタな事を"ってどういう略語?意味ですか?

”べたな”の聞き間違いではなく、文字として書かれているんですが、それにgoogleでも、けっこうヒットします。
”メタなこと”は、どんな略語で、どんな意味なのでしょうか?

最初は、意味も分からず、”べた”と同じような意味で、メタファーと思っていたのですが、隠喩・・・、あっているような、違っている様な。

Aベストアンサー

辞書を引くと、meta- は、背後にあるとか、そのあとにあるものとかいう意味がのっていました。

たとえば、数学ではこんな話になります。

おおざっぱに言えば、数学というのは、いろいろな定理なりを証明によって組み立てていく学問です。
たとえば、
「1,2,3……という数字には限りがないことを証明してください」
「限りがあるとすると、最後の数字があります。しかし、その数字+1という数字が存在するので、限りはありません」
こんな証明になります(だいぶはしょっています)

この証明が正しいか否かというのが、「数学の内容として正しいかどうか」です。では、「この証明の方法で本当に正しいの?」ということなると、それは別の話です。
「限りがない」ということがそもそも証明できることなのか?

これが、数学に対するメタ数学になります。
小説だと、
「この小説はおもしろい」は、小説の内容に対する評価
「この小説はなぜおもしろいのだろうか」は、小説の成り立ちやら、手法やらという点で、前項に対しては、「メタな」事象になります。

たとえば、議論をするときに、「議論の内容」と「議論の進め方(おいおい、どうどう巡りになってるじゃないかみたいな)」とは別次元のものです。これも、後者の方が前者に対して「メタ」な事象になります。
往々にして、議論の内容がまずいからではなく、議論の進め方がまずいから立ち往生することがありますが、これなども、「メタレベルの問題」だったりします。

雰囲気だけで漫然としていますが、「メタ」なとは、より上位の概念とか、より大局の概念とか、そういったニュアンスで大きな間違いはないと思います。

辞書を引くと、meta- は、背後にあるとか、そのあとにあるものとかいう意味がのっていました。

たとえば、数学ではこんな話になります。

おおざっぱに言えば、数学というのは、いろいろな定理なりを証明によって組み立てていく学問です。
たとえば、
「1,2,3……という数字には限りがないことを証明してください」
「限りがあるとすると、最後の数字があります。しかし、その数字+1という数字が存在するので、限りはありません」
こんな証明になります(だいぶはしょっています)

この証明が正...続きを読む

Q「的確に本質を見抜く」の様な喩えで鳥の目の..

日本語大辞典をひきながら、どうしても出てこなくて初めてヘルプだします!

「ものごとの本質、ポイントを的確に突く」ことの喩えとして、
鳥の名前と「目」の表現を使った、
四文字熟語の様な表現があったと記憶しているのですが、
どうしても頭から文字として出てきません。 どなたかお知恵拝借願いたし。

Aベストアンサー

正鵠を得る(せいこくをえる) - 同意 - 的を射る
でしょうか?

http://gogen-allguide.com/se/seikokuwoiru.html

四字熟語も調べましたが、わかりませんでした。

Q比喩と隠喩の違いって???

比喩(アナロジー)と隠喩(メタファー)って何が違うのでしょうか??辞書などで調べたのですが、あまりよく理解できませんでした。違いがわかる方お願いしますm(__)m例などを用いてくれると助かります(^^;)

Aベストアンサー

まず最初に言っておきますが
比喩とアナロジーは同じではありません。
比喩はあるものを何かにたとえる修辞法のひとつですが,
アナロジーは類似,あるいは類比,類推の意味です。

隠喩(暗喩とも)は比喩の一種で,
何らかの類似性に基づいて
あるものを別のもので置き換えて表現することです。

「空にソフトクリームが浮かんでいる」と言うとき,
ソフトクリームは雲の隠喩です。
何を何に喩えているのかを明示しないので
隠喩と呼ばれるわけです。
このとき
「空に浮かぶ雲はソフトクリームのようだ」と言えば
直喩ということになります。

比喩にはこのほかに
提喩,換喩,諷喩などがあります。

Q「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが

「彼女は美人だ」の「だ」は断定の助動詞 (補助動詞) だそうですが、助動詞 (補助動詞) というからには助けられる (補助される) 動詞があるはずだと思うのですがどれが動詞ですか。

「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

Aベストアンサー

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事より)
 一方、「日本語文法」では「動詞文」「形容詞文」「名詞文」の3種類に分類し、述語はそれぞれ「動詞」であり、「形容詞」(この場合、形容詞と形容動詞を含んでいる)であり、「名詞+だ(です・である)」であります。
 「だ」は「断定」の助動詞とされ、「(これは)…だ」と判断したことを表しますが、述語として使われる時は、上の記事にあるように「繋辞(けいじ=コピュラorコプラ)」の働きをします。英語で言えば「be動詞」に似ています。「(彼女は)美人だ」「(人間は)動物だ」のような文(名詞文)が述語になり得るのには、この「だ」が重要な働きをしています。

皆さんのご回答によって、「助動詞」「補助動詞」がそれぞれ違うものであることが、お分かりになったと思います。
 >「だ」は断定の動詞だというと何か問題があるのですか。

 に答えておきたいと思います。文の最後は普通「述語」で終わるのですが、述語について、次のように説明されています。
 『日本語の述語』
日本語において述語に使われるのは、動詞、形容詞、形容動詞、名詞 + コピュラである。これらをそれぞれ動詞文・形容詞文・形容動詞文・名詞文(コピュラ文)と称する。
 (wikipediaの記事よ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報