先日阿修羅像を見に行ってとても感動しました。特にあの合掌した手が印象的でした。

その時に思ったのですが、色々な印を組んでいる(?)仏像はよく見かけますが、合掌している仏像はあまり目にしたことがないような・・・。
実際はどうなのでしょう、けっこうあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おはようございます。



私も、合掌した仏像と聞き、はじめに三月堂の日光・月光菩薩像を思い出しました。
しかし、様々な印を結ぶ仏像の中に、合掌だけの仏像は多くないです。仏像にはそれぞれの印相があり、主に本尊となる如来像には合掌印はありません。
合掌印を持つものはいくつかありますが、代表的なものは至勢菩薩ですね。高野山の大伽藍、根本大塔の中などに他の仏像と一緒に観ることが出来ます。脇侍の仏像で主役を張っていないので、あちらこちらでお会いしますが、高野山以外にどこでお目にかかったか、すぐには思い出せません。

岩船寺から浄瑠璃寺への道、当尾の石仏群の中に「わらいぼとけ」がありますが、その脇侍、至勢菩薩の画像がありました。

http://www.eonet.ne.jp/~ttmmatsu/touonosato.htm

民間レベルでの合掌には、祈り、鎮魂の思いがあります。
私は和歌山の人間ですが、1953年7月18日に大水害がありました。
旧美山村(現在日高川町)の弥谷だけで何十人もの犠牲を出しました(全体で1056人)。ここに慰霊のために建立された地蔵尊は合掌しています。地蔵尊の合掌は珍しいですが、住民の思いですね。

画像を張れればいいのですが、探せませんし、私の撮影したものもあるのですが、今は手元にありません。またの機会と言うことでご容赦願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
色々な写真も堪能させていただきました。
「わらいぼとけ」は何とも言えない雰囲気があって、こちらの心ものどかになる気がします。細部までは見えませんが、合掌しながら微笑んでいるのではなく実際に笑っているのでしょうか(笑)・・・。

印を結んでいる仏像も良いですが、合掌の姿は何故かとても感動させるものがあります。外に働きかけている姿だからなのかもしれないと思います。

これから色々な仏像を見るのが楽しみです!ありがとうございました。

お礼日時:2009/06/09 21:57

No.4です。

追記をさせていただきます。

京都駅にほど近い東寺には多くの国宝が置いてありますが、こちらの「大威得明王」は中指を立てて合掌する形の印を結んでいます。
http://www.touji-ennichi.com/info/daitokmo.htm

「大威徳明王」←多面多臂多脚です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%A8%81% …


で、かの地インドの仏像について調べてみますと、
以下の釈迦仏坐像が合掌にやや近しい印を結んでいます。
サイト右下の大変有名なこの仏像は、のちにインドのみならず東南アジア・東アジアの仏像にも多大な影響を与えたとされております。
「転法輪印釈迦仏坐像」(灰黄色砂岩)サールナート考古博物館蔵 
http://www.indianetzone.com/2/sarnath_museum.htm

おそらく「合掌印」を結ぶ釈迦仏というものは、釈迦仏という性格上、ほとんどこの世には存在し得ないのではないでしょうか。
「釈迦」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%88%E8%BF%A6

意外や意外、仏像を見る楽しみというものは決して侮れないのかもしれません♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mashumaro2様、沢山の写真をありがとうございました。ゆっくり鑑賞させていただいているうちに、お礼が遅くなり失礼いたしました。

Wikipediaの釈迦像のようなものは初めてで、こんな風貌の人だったのかな、などと色々想像しました。

今は若い女の子の中でも仏像に興味を持つ人が増えてきたと聞きますが、今何かそういう時代というか次元に移りつつあるのかもしれませんね。

色々な資料を、本当にありがとうございました!

お礼日時:2009/06/09 21:25

こんばんは。



No.2様の補足をさせていただきます。
東大寺法華堂(三月堂)における中央の本尊は不空羂索(ふくうけんじゃく)観音像と称します。
脇に配置されている日光菩薩、月光菩薩は当初からその位置には置かれていなかったようです。
http://blog-imgs-18.fc2.com/n/a/r/narabungei/s-3 …

「不空羂索観音」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E7%A9%BA% …

また、いわゆる千手観音も前の二手が合掌するスタイルです。
「千手観音」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%89%8B% …
例として「蓮華王院 三十三間堂 本尊」
http://www.sanjusangendo.jp/b_1.html

なお「合掌印」も良く見ると形が微妙に異なっているようです。
こちらのサイトの下方に記してありました。
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/inn.htm

阿修羅像は見ていて飽きないほどに悩ましいですよね。
両性具有の美とはまさにこのことではないでしょうか。
    • good
    • 0

こちらがわかりやすいかな?。


http://www.daihorin-kaku.com/buddhism/butsuzo.htm
「仏像」というと、広範囲なものを指し示すところがあります。
しかし、実際は「釈迦如来」「普賢菩薩」「不動明王」などというように、位の高さが違うのです。
阿修羅は「天部」と言われる位に位置していています。
ほとんどの天部像は、物を持っていたりして合掌していないのですが、興福寺の阿修羅は合掌しています。
これは明治時代に大規模な修復がなされたとき、元々の形とは違う(?)合掌系に直したという説が有力です。
観音菩薩など、菩薩像に多い合掌形を、元々は仏教以外の神様であった天部像である阿修羅がしているのは、確かに合わないな、と思いますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なurl ありがとうございました。仏像のことはあまり知らなかったのですが、お陰さまでこれで私の頭の中の整理もついてきました。

高く上げたほうの両手には月と太陽が乗っていたという説はどこかで知りましたが、明治時代に修復されたとは知りませんでした。実物の阿修羅像全体自体が感動的でしたが、あの合掌された手がなぜか一番胸に突き刺さりました。

ご親切にありがとうございました!

お礼日時:2009/06/09 21:14

 東大寺三月堂の国宝日光・月光菩薩像は有名ですよ。

    • good
    • 0

こんにちは。


確かに合掌してる仏サマはいないでしょうね。
効能書きによれば、阿修羅サマは仏サマではないからではないでしょうか。
地獄の修羅道という所に落とされて永遠に戦い続ける責め苦を負わされている人間の姿で、そんな阿修羅サマの一人がお釈迦様の説法を聞いて解脱した時の姿が興福寺の阿修羅像・・・というような話だったと思います。

・・・個人的には、本当の地獄を知った人はああいう安らかな顔になるのでは?と思ったりしてますけど。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私自身をを含め、なぜあの阿修羅像がそれほど人々を惹きつけるのか、ずっと考えていました。まるで一人の今生きている存在があるような感じがするのです。

おっしゃるとおり、戦いを挑む姿、その苦しみの中で解脱を求める姿、そして解脱した瞬間・・・、一つの像がその全てを表現している。
全てに満ち足りた微笑を浮かべる菩薩や仏像(ある意味で「過去形」)よりも(現在形の)阿修羅像に惹かれるのは、そのせいじゃないかな、と思いました。

素敵なヒントを与えてくださって、ありがとうございました!

お礼日時:2009/06/09 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信仰心が高い仏像は昔の宗教改革によって破壊されたの

信仰心が高い仏像は昔の宗教改革によって破壊されたので、いま残っている仏像って信仰心が薄かったショボイ仏像ばかりですよね?

Aベストアンサー

宗教改革って、明治の廃仏毀釈ですか?

だとすれば神教分離の弊害の事を指しています。

あれは地域性が強い暴動で、何も全国で国家政策として行われた訳ではないです。(寧ろ制止しています)

激しかったのは薩摩が有名ですが、信仰心の多寡で破壊したのでは無く、単にイデオロギーとヒエラルキーの問題です。

>いま残っている仏像って信仰心が薄かったショボイ仏像ばかりですよね?

違いますよ。

まぁ、仏像に価値を感じるかどうかは個人の自由なのですが、平安期から残っている仏像は今でもありますよ。

ショボイかどうかは見る人間の「目」次第でしょうね。

Q阿修羅・・その他仏像について

新聞で阿修羅像を見て、なぜか解りませんが
とても惹かれるのを感じ、
近々、会いに行こうと思っています。

が、阿修羅や、その他の仏像について
何の知識もありません。
全くの素人でもわかりやすく、楽しみつつ
勉強できるような本をご存知でしたら
教えていただけないでしょうか?

ある程度知識があったほうが
楽しめると思いまして・・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、

仏像のジャンル分け
部位の名称
ポーズの意味

あたりの基本的な知識ということですね。

とりあえず入門書として以下の本が思い浮かびますが、
http://www.amazon.co.jp/dp/4106021021/
他にも昨今の仏像ブーム?でいろいろな本が出ています。
amazonで「仏像」で検索するといくつか入門書が出てくるので、
レビューを見て比較検討して買われてみてはいかがかと思います。

今回展示される仏像のうち、
八部衆及び十大弟子は4/19までは全部展示しますが、
それ以降は一部の展示をしません。
(阿修羅は大丈夫ですが)
したがって4/19までに行くのがいいでしょう。

なお、今回の展示をやっている平成館だけでなく、
本館にも仏像コーナー(平安~鎌倉時代あたり)があり、
他にも法隆寺宝物館に古い金銅仏(飛鳥時代)があります。
今回の阿修羅展の奈良・鎌倉時代と合わせて
いろいろな時代を見られるので、
一緒に見るといいでしょう。

また、世田谷美術館で4/19まで
岩手を主体とした東北の仏像の展示を行っています。
仏像好きにとってはなかなか充実した展示なので、
こちらもよろしかったらどうぞ。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html

とりあえず、

仏像のジャンル分け
部位の名称
ポーズの意味

あたりの基本的な知識ということですね。

とりあえず入門書として以下の本が思い浮かびますが、
http://www.amazon.co.jp/dp/4106021021/
他にも昨今の仏像ブーム?でいろいろな本が出ています。
amazonで「仏像」で検索するといくつか入門書が出てくるので、
レビューを見て比較検討して買われてみてはいかがかと思います。

今回展示される仏像のうち、
八部衆及び十大弟子は4/19までは全部展示しますが、
それ以降は一部の展示を...続きを読む

Q長谷寺、室生寺で常時拝観可能な仏像は? 

今週金曜日に長谷寺、室生寺に行く計画を立てています。
両寺院とも、特別拝観期間以外は拝観できない仏像があるようです。
今週という限定で拝観可能な仏像はどの仏像でしょうか?
または、拝観できない仏像はどの仏像でしょうか?
ざっくりした質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
室生寺で言えば、たとえば金堂に安置されている仏像は拝観可能だけど、
弥勒堂はNGだよーという情報でもよいので是非ともお願いします。

Aベストアンサー

 長谷寺の御本尊は、お姿自体はいつでも拝観可能です。
 但し、あまりに大きいため、通常下半身を見ることは出来ません。
 最近よく行なわれている特別拝観では、御本尊の足元に行って直接その御足に触れることが出来る、というものです。そこでは下半身をじっくりと観察することは出来ますけれど、近すぎるので逆に上半身はほとんど見えません。
 脇侍の像も拝観できます。
 それ以外の仏さま(重文指定)は宝物館の方に収蔵されていますので、春秋の特別公開時以外は通常拝観できないと思います。

 室生寺の方も、どこかの博物館・美術館に出陳していなければ、まず金堂の諸仏は拝観できます。
 以前行なっていた特別拝観では、通常建物の外、もしくは外陣から拝観するところを内陣まで入ることが出来、かなり近くに行ける、というものでした。
 弥勒堂の方ははっきりしませんけれど、少なくとも以前二回お参りした際にはいずれも拝観できました。これも通常は堂外からのお参りですので、入堂が可能、というようなものではないでしょうか。

Q国宝阿修羅展のグッズについて

先日上野で開催された「国宝 阿修羅展」に行ってきました。出口近くで色々なグッズを販売していましたが、もう買う事は出来ないのでしょうか?インターネットで調べたのですが、話題のフィギアや図録の事は分ったのですが、他にもクリアファイルや色々有った様に記憶をしているのですが、通販とかでは扱っていないのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://shop.asahi.com/shop/showcase?showcase_id=11

恐らくこのアサヒイベントプラス社が記念グッズを担当したのでは
ないかと思います。
サイトでは図録しか販売していませんが、Tシャツなど他のグッズが
どこで買えるかこちらのサイトで聞いてはいかがでしょうか。


http://shop.asahi.com/event/shopguide.shtml
朝日イベント・プラス フリーダイヤル TEL.0120-013-193 または e-mail asahi@mlsols.jpまでご連絡ください

Q仏像は何のためにありますか?

ほとんどのお寺には仏像が置いてあります。
あれは何のためにおいてあるのでしょうか?
あれを拝むのが目的でしょうか?
どの宗派でも仏像が安置されてますか?

また仏像は絵画より彫刻が圧倒的に多いのですが、
これはどうしてでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝むのが目的ではなく目に見えない物は拝みにくいからです。例えばあなたには亡くなってもう会えないおばあちゃんが居て、親からいくらおばあちゃんが良い人だったと聞かされても「ふ~ん」くらいにしか思えないでしょう。写真でもあれば自分のおばあちゃんはこういう人だと話とイメージを繋げて考えられます。
ですから宗教上の人物(?)や政治家や偉人なども銅像を作って忘れられないようにします。
ただこれが高じると<手段>が<目的>になってしまいます。確かイスラム教では偶像崇拝を禁止していたと思いますが理由がどうかは知りません。

Q阿修羅展の混雑状況

東京国立博物館で来月7日まで開催中ですが、最近平日に行かれた方、混雑状況を教えて頂けませんか?

何時ごろ行ったら、何時間待った・・・等。

入院していた母が退院し、体力も回復してきたので連れて行きたいのですが、あまり待ち時間が長いと可哀想なのでお尋ねします。

東京国立博物館のHPでは午前中が混雑しやすい(現在のところ)・・・とのことでした。

Aベストアンサー

5月26日に行きました。
14時頃までが混雑のピークと事前に確認して出かけ、15時過ぎに
国立博物館に到着したのですが、60分待ち!
係員の方に伺うと、’早朝から並ばれる方もいます。8時半前に来られると開館時に入場できるでしょう。
混雑を避けるなら土日の夕方からの時間が狙い目かも。’とのこと。

せっかく出かけたので、暑い中60分弱並び入館しましたが、中も込み
合っていて、また並んだ疲れも手伝ってゆっくり鑑賞出来ませんでした。。。
17:30過ぎには出る頃には若干空いてきたように感じますし、外の列も30分待ちになっていました。

私ももう一度出かけるつもりですが、開催があと10日あまりなので、ますますの混雑が予想されます。
無駄に体力を消耗させないために夕方からの時間を狙って行くつもりです。

お母さまに出来るだけご無理のないスケジュールを組まれますよう、
そしてお二人にとって阿修羅との出会いが素敵なものでありますように!

Q仏像に魂入れは必ず必要か?

仏間に位牌と三具足を置いて毎日手を合わせています。今度、ご本尊の仏像を購入しました。仏壇店では、仏像に魂入れをやってくださいとの事です。その場合、ご本尊の仏像に魂入れは必ず必要でしょうか。仏壇の購入予定はないです。

Aベストアンサー

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理を悟ることとされます。

お求めになられた仏像に眼がないわけではなく、お寺様において書くわけでもございませんが、魂入れである開眼供養をすることは、その造られた仏さまに「智慧の眼」を授けることで仏の世界に生き、ご本尊になるということになります。そしてお位牌などの祖霊は本尊となった仏さまの世界の中にお祀りされていくわけです。

詳しくは菩提寺様があるのであれば、そちらにもお尋ねになってみてください。
絶対今すぐにでも魂入れをしてほしいということは言いません。それぞれの事情もあり、すぐにはできないことも考えられるからです。ただご自身が納得されるようでしたら、魂入れである開眼供養をされるとよろしいかと思います。

以上です。

こんばんは。

魂入れはお位牌、新規に立てたお墓などでよく行われることなのですが、新しい仏像をお迎えになったということは、やはりこれも魂入れが必要になるものと思います。

魂入れとは開眼法要または開眼供養と申します。(ただし浄土真宗では呼び方が異なります。御移徙といいます。)
もともとは造られた仏像には眼を入れなかったんです。お祀りする際に法要を行って新たに目を書き入れるところから開眼と名づけられております。眼を入れるということは、仏法上から見ると「智慧の眼」を開いて仏法の真理...続きを読む

Q仏像に装飾品をつけていいの?

千手観音像について質問です。
とあるお寺にある千手観音像に、ブレスレットやネックレスなど女性の装飾品がいっぱいかけられていました。
これは、来られた方が自身の装飾品を供養として、千手観音の腕や指にかけて帰られるそうなのですが、このようなものは初めて見ました。

体の不調の場所を撫でるというのはありますが、自分の代わりとして装飾品をかけて帰るというのは、他でもあることなんでしょうか?

パッと見たときに、ちょっと異様な観音像だなと感じたので、質問させて頂きました。
どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ロジックとしては縛り地蔵などと一緒でしょう。
そこに、江ノ島などで行われている金網に錠前をきっつけて永遠の愛を願うのを合わせるとよく似た状況になりそうです。
上記あたりから、最近発想したのではないですかね。

かんざしを奉納するという風習は、いくつかの寺に古くからあるようですから。この当たりもヒントになったのかも知れません。

たくさん付けると手が折れそうだし、かなりバランス悪そうなので近くには寄りたくないな

Qなぜ、老人の容姿をした仏像はないのでしょうか。

仏像について、詳しいわけではないですが、「釈迦苦行像」を除いて
青年の感じがする仏像しか知りません。
老人の容姿をした仏像はありますか。
圧倒的に青年像の仏像が多いのは、どのような理由によるものでしょうか。
なお、如来像、菩薩像を対象としています。「天」像は除きます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏教では、正しい行いをして、修行をすることにより、魂が向上し悟りの境地に至ると言います。
修行段階を菩薩、完全に悟った状態を如来と呼びます。
完全に悟った状態では、病いや老い、死を超越した存在となり、生老病死の苦しみから解脱すると信じられています。
仏像の多くは、完全に悟りの境涯にある人間の理想の姿を形にしたものですから、
老いることもなく、滅びることもなく、絶えず円満な表情を讃えている姿になります。

Q仏像彫刻の価値

こんにちわ.

仏像彫刻等がyahooオークションに多数出品されていますが,価格も様々で驚いてしまいます.
そこで見ているうちに疑問に思ったのですが,仏像の価値とはどのように決まるのでしょうか?

年代ですか?
作者ですか?

オークションでもかなりの高値で競り合っていたりするモノもあるようですが,
オークションなので他の出品物と同じくやはり「好み」で値が釣り上がっているのでしょうか?


分かりづらい質問で申し訳在りませんが,
どなたか仏像彫刻の価値,オークションでの競りの基準について教えて頂けませんか?

宜しくお願い致します*

Aベストアンサー

年代別の違いや時代ごとの約束事。それに古い時代になれば当然数が残っていませんので高くなる傾向にあります。

それからどこの寺院から出てきたのか、それを証明する書付など来歴がはっきりしているのならば高くなる傾向にあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報