ハーマン・メルヴィルの有名な小説『白鯨』に登場する、
エイハブ船長の片足を食いちぎった凶暴にして狡猾な
白いマッコウクジラ、モビー・ディック。
モビー・ディックは果たしてオスでしょうか?メスでしょうか?
少なくとも子ども連れではなかったと思うのですが、
作品中に性別についての記述があったかどうか思い出せません。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

マッコウクジラは、オスとメスでは体格に大きな差があります。



オスなら体長19メートル体重50トンに達する個体も確認されています。

白鯨については、その巨体からオスとして考えられています。

 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/hakugei.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。体格がヒントなんですね。

お礼日時:2009/06/04 20:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白鯨とスターバックス

スターバックスコーヒーは「白鯨」の船員の中の一人、「スターバック」からきていると聞きましたが、どういう関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

スターバックというのは、一等航海士の名前です。
捕鯨船ピークォド号の船長がエイハブ、船長に次ぐ地位が一等航海士です。
実際に、一等航海士として何度かの航海の経験(一度の航海は通常1年~2年半ほどもかかっていた)を積んだ者が、船長になっていたようです。

『白鯨』では、スターバックは非常に重要な位置を占めます。
エイハブ船長は、かつて白い鯨に捕鯨船を襲われ、片足を食いちぎられた、という過去を持っており、復讐の鬼と化して白鯨を追い続ける。
その彼と対立するのが、スターバックです。
彼は敬虔なクェーカー教徒で、正直で、生来的に威厳の備わった人物、けれども、同じく捕鯨船の乗組員で、鯨によって命を落とした父親や兄の二の舞を恐れる存在として描かれます。ナンタケット島では、彼の帰りを待つ家族、だれよりも息子がいる。
スターバックは一貫して、憑かれたようにモービー・ディック(鯨の名前)を追う船長に、鯨は所詮、鯨にすぎないと、冷静になるよう求めます。
船と乗組員を守ろうと、クライマックスに至る直前、眠っているエイハブを銃で撃とうとさえする。けれども結局はそれもできない。
そうして、船長やほかの船員と運命をともにすることになります。

読者としては、比較的感情移入しやすい、理解しやすい人物として描かれています。

だけどコーヒーが好きだった、という描写は記憶にないなぁ…。
英文テキストはネットで見ることができるので、検索してみたら、81章、ユングフラウ号の乗組員がコーヒーポットを持ってきてくれる、という場面しかヒットしません。
ほんとうに好きだったかどうかは質問者さんご自身で確かめてください。文庫本上下合わせて1000ページ以上の本なんですが。

スターバックというのは、一等航海士の名前です。
捕鯨船ピークォド号の船長がエイハブ、船長に次ぐ地位が一等航海士です。
実際に、一等航海士として何度かの航海の経験(一度の航海は通常1年~2年半ほどもかかっていた)を積んだ者が、船長になっていたようです。

『白鯨』では、スターバックは非常に重要な位置を占めます。
エイハブ船長は、かつて白い鯨に捕鯨船を襲われ、片足を食いちぎられた、という過去を持っており、復讐の鬼と化して白鯨を追い続ける。
その彼と対立するのが、スターバックで...続きを読む

Qムーの白鯨について

昔(約20ほど前?)にムーの白鯨というアニメを放映していたかと思います。

小学生低学年だったか幼稚園ごろに見た記憶があるのですが、思い出せるのは
タイトルと白い鯨が登場していたことだけしか思い出せません。

登場人物やストーリ(特にクライマックス)、など詳しく教えてください。
この作品に関するHPでもかまいません。

またこれの映像の販売物やレンタルなどの有無もできればお願いします。

Aベストアンサー

前提的には「ヤマト」風の宇宙戦艦ものですが、どちらかといえばファンタジーロマン色が強く、活劇としてはおとなしい作品だったように覚えています。
現代(当時80年代か)に復活した古代ムーとアトランティスをそれぞれ善と悪に想定され、悪のアトランティスを迎え撃つムーの主戦力がサイボーグ化された巨大な空飛ぶ白鯨とされていました。デザイン的には初期はリアルな鯨でしたが何度かパワーアップの後、ラストでは生物性が殆ど消えた宇宙戦艦となるものの武装は控え目。小型戦闘機も兵器と言うより夢の空飛ぶ船といった感じでした。「ヤマト」に燃えたフアンには物足りない作品だったかもしれません。
ただしドラマのほうは壮絶でムーに選ばれた主人公 剣(当初自己チュ-がち)とサイボーグ少女 マド-ラ(ラストで奇跡的に人間に戻る)との儚げなロマンス、アトランティス側の副将プラトスとラ・メール(実はマド-ラの実姉)の悲恋が特に印象的でした。
一時期 集英社コバルト文庫から小説版も出ていたようなので中古書店で見付けられるかも知れません。

Q「ムーの白鯨」のキャスト(声優)について

初めて、質問します。よろしくお願いします。
「ムーの白鯨」の主なキャストの声優さんを教えてください。
もし、何か詳しいHPなどもあれば教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

主役はポポロではないですよ。
白銀剣/武岡淳一、マドーラ/吉田理保子、白鳥麗/千々松幸子、白城譲/井上和彦、白風信/鈴置洋孝、白川学/つかせのりこ、聖者ラ・ムー/杉田俊也、ミュー/栗葉子, 桂玲子、帝王ザルゴン/渡部猛、女帝コンドラ/沢田敏子、プラトス/古川登志夫、ラメール/小山茉美、ゴルゴス/伊武雅刀、ポポロ/古谷徹
井上和彦さんも出ておりました。
参考URLを書いておきます。
コピー&ペーストして行って来て下さい。
http://www.planet.ne.jp/teraji/tv/tv_d0264.htm
http://www.tms-e.co.jp/tyo/library/tv/data/t_moby.html
http://www07.u-page.so-net.ne.jp/zf6/hakaida/mu.html

Q映画「白鯨 前編」イーサンホーク10月27日

こんにちは。

映画「白鯨 前編」イーサンホーク・ウイリアムハートが出ていた映画を
2012年10月27日にテレビで観ました。

次回、どのチャンネルで、いつ後編を放送してくれるのかわかりません。

どなたか後編を何チャンネルでいつ放送されるのかご存知の方どうぞ教えてください。


大阪在住です。

Aベストアンサー

スカパー!BS252のIMAGICA BSで10/29に放送してました。
その場合、後編は続けて放送されていたはず。
11月に再度放送があるみたい。

白鯨 前編:冒険者たち | IMAGICA BS
http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID125236&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06&epi_one_flg=index.php
白鯨 後編:因縁の対決 | IMAGICA BS
http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID125237&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06&epi_one_flg=index.php

Q『白鯨』はオス?メス?

ハーマン・メルヴィルの有名な小説『白鯨』に登場する、
エイハブ船長の片足を食いちぎった凶暴にして狡猾な
白いマッコウクジラ、モビー・ディック。
モビー・ディックは果たしてオスでしょうか?メスでしょうか?
少なくとも子ども連れではなかったと思うのですが、
作品中に性別についての記述があったかどうか思い出せません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マッコウクジラは、オスとメスでは体格に大きな差があります。

オスなら体長19メートル体重50トンに達する個体も確認されています。

白鯨については、その巨体からオスとして考えられています。

 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/hakugei.htm

Q読書が苦痛な時、あるいはメルヴィルの「白鯨」について

いま、メルヴィルの「白鯨」を読んでいます。やたら長い上にくどく、面白くないし、15分以上続けて読むことができません。皆さんは、読むのが苦痛な本は、最後まで読みますか?あるいは、最後まで読む工夫などはありますか?

また、「白鯨」を読んだ方に質問ですが、この本を読んでいるとき、苦痛ではなかったですか?古典の名作とされているので読んでおいた方がいいという理由で読み始めて、早くも1ヵ月が経ちました。その間に、耐えきれずに他の本を何冊か読みました。いわゆる古典の長編でも、トルストイなどは読むのが苦痛ではないのですが、この本はまだ半分も読めていません(いま、鯨の白さについての蘊蓄のところです)。いったいいつになったら面白くなるんでしょうか。途中はしょって読んでしまいたい誘惑にかられるのですが、途中をとばして読まれた方はいますか?もしくは、この本を無事に最後まで読むためにアドバイスなどありましたら、何でも結構ですので(この章だけ読めとか)、お願いします。

Aベストアンサー

フィクションは、「無理して、努力して克服する類」のものでは無いと思う。

・知ってる限り「無理・努力」の限界を一生継続した「森鴎外」は「最期の言葉は『チェッ、バカバカしい!』(創作ッポイが)だった。

・「白鯨」は:モザイク的、早すぎた作品でもあるので、最初から何も無理する必要など無く、「パッ、と開いたページを読む」ので良いと思う。
・仏文学教授達が実は「失われた時を求めて」を読破している割合が少ない事実を知ってますか?
・同じ長編でも「ドストエフスキー・カフカ」などは「我を忘れて読めるでしょう?」(自分のケースだが)

結論:何も「克服」する必要は全然無い。自分に合う作品なら「苦痛を感じず、我を忘れて読めた経験あるでしょう?」
そういう態度で良いし、独断的に言えば「正解」では?

P.S.
>(いま、鯨の白さについての蘊蓄のところです)。いったいいつになったら面白くなるんでしょうか。
そのままです。映画や「エイハブ船長が白鯨を執念で退治」といった「ストーリー」期待なら裏切られるハズ。

『主題は「映画的ストーリー」では無い。むしろ途中で訳の分からない鯨の説明が挿入されたりの構成を含んだ「トータルで意味ある最前線の文学作品」』
これがこの作品。
無理する必要は全然無い。

P.S.同じ作者の「短編集」が岩波文庫から出ています。息抜き&作者のスタイル理解に是非トライを勧めます!(閉じこもってしまった書記官の話などは特に!)

では~♪♪♪

フィクションは、「無理して、努力して克服する類」のものでは無いと思う。

・知ってる限り「無理・努力」の限界を一生継続した「森鴎外」は「最期の言葉は『チェッ、バカバカしい!』(創作ッポイが)だった。

・「白鯨」は:モザイク的、早すぎた作品でもあるので、最初から何も無理する必要など無く、「パッ、と開いたページを読む」ので良いと思う。
・仏文学教授達が実は「失われた時を求めて」を読破している割合が少ない事実を知ってますか?
・同じ長編でも「ドストエフスキー・カフカ」などは「...続きを読む

Q「白鯨」 フェダラーの予言

フェダラーがエイハブ船長に
(1)人間によって造られたのではない棺を見てから死ぬ
(2)アメリカの木で造られた棺を見てから死ぬ
(3)自分が先に死んで水先案内人として姿を現す
(4)麻糸だけが船長を殺せる
と予言してますよね。
この予言の(1)と(2)についてなんですけれど、(1)の「人間によって造られたのではない棺」とはモビー・ディックのことなのでしょうか?フェダラーの死体が網で絡み付いていたから、モビー・ディックはフェダラーにとっての「棺」と言うことなのかなあ、と思ったのですけど、どうなのでしょうか?
また、(2)の「アメリカの木でできた棺」とはピークォド号を指しているのでしょうか?他に何も思い浮かばなかったのだけれど、なぜピークォド号が「棺」なのか分からず・・・。船員がみんな死んでしまったから「棺」なのでしょうか?
暇なときにでも回答いただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

ちょうどいま『復讐する海 ―捕鯨船エセックス号の悲劇―』(ナサニエル・フィブリック 集英社)を読んでいるところで、『白鯨』を読み返さなくちゃなぁ、と思っていたんです。いい機会なので、本棚の奥から引っ張り出してきました。

えっとですねぇ。
「第百三十五章 追撃――第三日」というところを見てください。文庫だったら下巻の終わりの方です。

「鯨の背にぎりぎりと幾重にも索を巻かれ――一夜のうちに鯨がその身にぐるぐる巻きに纏いつけた鯨索のなかに巻き込まれ、幾重にも羽交い締めにされている拝火教徒の、半ば引き裂かれたからだが見えたのだ」(田中西二郎訳 新潮文庫p.447)
ここでまず、予言の三が現実のものになります。

つづいて、エイハブはこう言う。
「「そうか、拝火教徒! おれはおぬしにまた会うたな。…すると、これがおぬしの約束した棺なのだな」」(同ページ)
これで、モービー・ディックそのものが第一の予言の棺であったことがわかります。

エイハブは捕鯨ボートに乗り移って、モービー・ディックの追跡を続けます。
すると、白鯨は「かれらの運命を予告しているその頭」を揺さぶりながら、ピークォド号そのものに攻撃をしかけてくる。

「弱い人間の力に何ができようとできまいと、鯨の額の堅固な白い砦は、船の右舷の舳を打ち破り、人間も船材もゆらゆらとよろめいた。ある者はうつぶせに海へ落ちた」(p.453~p.454)

それを捕鯨ボートから見ていたエイハブは、船そのものが棺だと悟るんです。

「「船! 棺!――第二の棺!」ボートからエイハブが叫ぶ。「棺の材木はアメリカ産でなければならぬ!」」(p.454)

そして予言の四番目は……。このすぐ後に成就しますね。

これは実際のできごとだったんです。
捕鯨船エセックス号がマッコウクジラに沈没させられる、という事故が、現実に起こっていたんですね。
メルヴィルはそれを元に『白鯨』を書いた。ピークォド号は沈没し、イシュメイルはレーチェル号に助けられてこの話を語る、という物語構造をこの作品は取っているのですが、現実のエセックス号の悲劇はこのあと始まった。それが『復讐する海』なんです。まだ全体の1/3ぐらいしか読んでないのですが、これを読むと『白鯨』のバックグラウンドみたいなものがよくわかります。

ちょうどいま『復讐する海 ―捕鯨船エセックス号の悲劇―』(ナサニエル・フィブリック 集英社)を読んでいるところで、『白鯨』を読み返さなくちゃなぁ、と思っていたんです。いい機会なので、本棚の奥から引っ張り出してきました。

えっとですねぇ。
「第百三十五章 追撃――第三日」というところを見てください。文庫だったら下巻の終わりの方です。

「鯨の背にぎりぎりと幾重にも索を巻かれ――一夜のうちに鯨がその身にぐるぐる巻きに纏いつけた鯨索のなかに巻き込まれ、幾重にも羽交い締めにされている...続きを読む

Qフェデラーのサーブのフォームは理想的なのか?

フェデラーのサーブは理想的だの、良いフォームだの雑誌などで見かけます。
自分がサーブが苦手なので色々なサーブを見ているうちに、ちょっと疑問が沸いてきました。

本当はフェデラーのサーブのフォームはそれほど良いフォームじゃないのかなと感じてきました。
そして、ロディックはやはり良いフォームに見えます。
同じように綿織もちょっと変です。

ラケットダウンからインパクトに掛けて、いかにスムーズに回せているかを無意識に感じ取って判断しているようです。

結果として、やはりフェデラーのスピードは遅くなっているのではと思います。

同じように感じている方みえますか?

Aベストアンサー

ロディックのサービスのフォーム、自分も凄いと思います。
有明で生で見たり、あとATPテニスマガジンという番組で、今でもCM前後にロディックのサービスが出てきたりするんですが、いつ見ても「美しい」と感じています。

ロディックのサービスの特徴は、上体の回転幅の大きさ・速さでしょうか。
かつ、トロフィーポーズでのひじの位置が低く、ラケットがかなり下から・後から出てくるので、「ラケットを充分に加速している」印象を強く受けます。
「良いピッチャーの条件」といわれているものと同様、「腕が遅れて出てくる、しなってる」という感じですね~。

なので、単純にラケットをより加速させるという目的でフェデラーのフォームと比べれば、ロディックのフォームが上でしょう。そこは質問者様に同意します。
実際にフェデラーの最速は225km/h、ロディックは249km/hですので、実績からも明らかです。


が、ラケットの加速がロディックに比べて足りないフォームだから、フェデラーのフォームがよくない、とは思いません。
フェデラーのフォームは、足・ひざ・腰・上体・肩・腕と、パワーの伝わり方が非常にスムーズなところが特徴だと思います。
局部にチカラが入ってない、実に自然体で打ってる印象。
これはストロークでも同様ですね。
ラケットの加速はロディック以下ですが、そのパワーの伝わり方の部分で、フェデラーのフォームは「理想的」と言われるのかもしれません。
実際に、サービスエースの数でも、例えば両者が決勝で当たった2009年ウィンブルドンでは、ロディック1位(187本)に対してフェデラー3位(127本)ですので、戦力としては超一流です。


それと、自分に置き換えてみた場合のハナシですが、真似しようと思うと、ロディックのようなダイナミックなフォームはかなり難しいです。
すなわち、あんなに大きく上体を回したら、あんなに速く回せないし、ラケットも加速できない。
なおかつ、コントロールが悪くなるでしょう。
ゴルフで、アマチュアプレイヤーに対して「プロのように可動域を広げろ」というのと同じですね。
できればいいですけど、言うは易し。

それに比べれば、フェデラーのスムーズなパワー伝導の方がまだ真似できる可能性があると思ってます。
故障が多かったロディックに比べて、フェデラーが怪我をしないというのも、その自然なフォームが一因かもしれません。


あと、プレイヤーのレベルにもよりますが、自分のレベルだと、サービスはスピードよりもコースの方が圧倒的に大事です。
試合でいくらフラットがバキバキに入っても、コースが甘ければ、ゲームの後半ではきっちりリターンされてしまいますが、ライン間際にコントロールできたサービスは、よりポイントにつながりやすいです。
スピードはそこそこでも、狙ったコースに打てるようにするには、サービスに限らずコンパクトなスイングで加速できる方がよいと思ってます。
(逆にあれだけ振り回してスピードもコントロールも追求できてるロディックが凄いのですが)


ちなみに蛇足ですが、2009年ウィンブルドンでのエースの数2位は、カルロビッチという選手でして、この人のサービスはさらにすごいです。
最速251km/hは、ロディックを超えてます。
では、そのカルロビッチのフォームはどうかというと、なんというか、プロっぽくないんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=BV6t_KyzMxI
練習でも試合でもこんな打ち方です。
いくら身長に恵まれているとはいえ、このフォームで251kmが出ちゃうとは、ロディックとは逆に凄いです。
この人はストロークも手打ちのような感じですので、これがカルロビッチの理想のフォームなんでしょうね。


もう一個蛇足ですが、サービスでは今一番ホットなのが、楽天オープンで錦織くんの決勝の相手をしたラオニッチという選手です。
この人も、フラットのスピードは250km/hで現役最速に近いですが、それ以上に、球種やコースの多彩さがあります。
スピードに頼らずにエースを量産している感じ。
http://www.youtube.com/watch?v=zPLj0QHnq2M&NR=1
ラオニッチもフェデラーのように、チカラの抜けたフォームで、同じ体制からでいろんなサーブが打ててます。

ただし、ラオニッチは打点がものすごく前です。
これだけ遠い打点で叩くには、筋力ではなく、よほど強靭な体幹がないとダメでしょうね。
ラオニッチも実際に有明で見ましたが、初めて見たときは、ゆったりしたフォームから破壊的な球が出てくることに、ホントに驚愕しました。


錦織くんのサーブは以前より良くなったと思いますが、彼の場合は腹筋に古傷を抱えてますので、おそらくそれと折り合いながらのフォームにならざるを得ないかもしれませんね。


ということで、No.2の回答者様の回答とカブりますが、いずれの選手も、その人の身体的要件に合致したフォームで最大限能力を発揮し、みんな違ってみんないい、というのが自分の言いたい回答というか感想かな。


以上、好きなジャンルなもので長文大変失礼しました。

ロディックのサービスのフォーム、自分も凄いと思います。
有明で生で見たり、あとATPテニスマガジンという番組で、今でもCM前後にロディックのサービスが出てきたりするんですが、いつ見ても「美しい」と感じています。

ロディックのサービスの特徴は、上体の回転幅の大きさ・速さでしょうか。
かつ、トロフィーポーズでのひじの位置が低く、ラケットがかなり下から・後から出てくるので、「ラケットを充分に加速している」印象を強く受けます。
「良いピッチャーの条件」といわれているものと同様、「腕が遅れ...続きを読む

Qおかしい日本人! フェデラーやナダル(テニスプレイヤー)は シャラポワ

おかしい日本人! フェデラーやナダル(テニスプレイヤー)は シャラポワなんかより全然スーパースターなのに、何故日本人はやたら シャラポワばかりにこだわって

ナダルやフェデラーを無視するのですか?

観客数を呼べるかですが、今回のナダルの来日で(2010の楽天オープン) ナダル1週間で8万人に人を有明に呼びました。 3年前のフェデラーは 7万人ちょっとです。

シャラポワなんかではそこまで呼べません。

なのに、日本のマスコミはいまだに、たいして人気もない実力もない容姿だけのシャラポワばかり注目して、ナダルやフェデラーのような 真のテニス界のスーパースターを無視するのですか?
昔はマッケンローとか ボルグとかはもっととりあげられてたような。

いつからこのようになったんでしょ。

ただ ナダルに日本で人気がないというわけでなく、現に8万人も1週間で呼べるってのは(しかもチケットはそんなに安くもない)凄いことです。アイドルやロックアーティストだってそんなに客の呼べる人は少ないと思いますが。(有明ってしかも武道館やドームより東京でも辺鄙なところにあります)


そこで質問ですが、1. 真に人気のあるナダルやフェデラーを日本の一般的なマスコミはどうして取り上げないの。

2.日本のマスコミってたいして人気のない 若い女の子ばかり取り上げる傾向ないですか?どうして

3.アメリカとか他の国はどうなんでしょうか?若い女の子優先ですか?それとも真に実力と人気のある選手優先ですか?

ただクルム伊達公子さんに関しては あの年齢でテニスをやるところと それで結構海外の一流選手をやっつけたりすることもあり、(後過去に日本人初の世界のトップ10プレイヤーだった)のもあり、彼女を取り上げるのはまだ許せますが!シャラポワはどうかと???

おかしい日本人! フェデラーやナダル(テニスプレイヤー)は シャラポワなんかより全然スーパースターなのに、何故日本人はやたら シャラポワばかりにこだわって

ナダルやフェデラーを無視するのですか?

観客数を呼べるかですが、今回のナダルの来日で(2010の楽天オープン) ナダル1週間で8万人に人を有明に呼びました。 3年前のフェデラーは 7万人ちょっとです。

シャラポワなんかではそこまで呼べません。

なのに、日本のマスコミはいまだに、たいして人気もない実力もない容姿だけのシャ...続きを読む

Aベストアンサー

1
自国の選手じゃないからでしょうね。他のスポーツも海外の選手はあまり取り上げられていないと思います(当然、海外の日本人選手は別として)。

2
元々、海外の選手で多く取り上げられるのは「容姿の良い人」くらいじゃないでしょうか。容姿が良ければ、ある程度の視聴者数は確保できるって考えているんでしょう。

3
すみません。知らないです。

Qフェデラーのシューズ

シャラポワの金の入ったナイキのシューズが話題になりましたが
ウィンブルドンでフェデラーがはいていたシューズもシャラポワと同じ種類でしょうか?

Aベストアンサー

確か、同じだと思いますよ。純金入りで18万位するそうです。は~


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報