痔になりやすい生活習慣とは?

市立図書館で借りた本を返却した際に、争いが発生しました。

■図書館側の主張
 本が濡れていたので、弁償して欲しい。

■当方の主張
 ブックポストに返却した時点では、濡れていなかった。当日夕方に強雨があったため、それで濡れたのであろう。であれば、ブックポストの構造上の問題であり、当方が弁償する必要は無い。

今は、双方の主張を述べた程度で、これからの対応は火曜日以降となります。法律上の問題・留意点、図書館がこれからどのような態度に出るかの推測とそれに対する対応などについて助言・情報提供いただきたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

q_yyさんは、どうも、「市民、皆が利用する」公共の物を、「無償で」借してもらったと言う意識が薄いような気がします。


「弁償を避ける方法」ばかりに拘って、「本が濡れてしまって、すまない事をした」と言う意識が感じられないのです。

私は図書館の利用規約を知りませんが、「ブックポストに入れれば返却終了ではなく、”返却処理”がなされて初めて”返却した”と言えると考えます。
有償のレンタル本を借りたのではなく、無償の公共本を借りたのですからね。ブックポストにしても「構造上の問題」を追求するほど、図書館側に期待するのはどうかと思います。

q_yyさんさんご自身も指摘されてるように、雨が強い日なら、濡れないように梱包するが、図書物を借りた人のマナーでもあるでしょう。

そう言う意識があるのなら、本の弁償をされたら良いではないですか?
高価な学術書等でしたら、私も躊躇してしまいたくなるかもしれませんが、もし、支払い可能な一般図書でしたら、私なら迷わず弁償するでしょう。

私が図書館側の立場なら、立証が難しい不法行為責任を追及するよりは、使用貸借(民法593条)の「債務不履行責任」(民法415条・416条)を、q_yyさまに追求していきたいと考えるでしょうね。
立証責任は債務者が追わねばならないからです。


(使用貸借)
第五百九十三条 使用貸借は、当事者の一方が無償で使用及び収益をした後に返還をすることを約して相手方からある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。

(借用物の費用の負担)
第五百九十五条 借主は、借用物の通常の必要費を負担する。

(債務不履行による損害賠償)
第四百十五条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

(損害賠償の範囲)
第四百十六条 債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とする。
2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、又は予見することができたときは、債権者は、その賠償を請求することができる。

(損害賠償の方法)
第四百十七条 損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

(過失相殺)
第四百十八条 債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める。

(不法行為による損害賠償)
第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。以下、順を追ってコメントさせていただきます。

■第1段: 「q_yyさんは、…が感じられないのです。」
 それはごもっともであり、当然です。なぜなら、この問題は、複数の段階を経ているのです。
 第1段階として、「本が濡れてしまって、すまない事をした」と言う意識を前提として、自分の権利を主張するか否かを検討する段階がありまして、その段階は、「権利を主張する」という結論で解決しているのです。
 第2段階として、どうやって主張し、どうやって弁償を避けるかという問題になります。これだけをgooに挙げていますので、そう感じるのも無理はありません。そして、このように検討事項を特定の範囲に分ける方が意味のあるご回答をいただけることが多いので、そうさせていただいています。
 しかし、一般常識としてまたは理論的に、第1段階の私の結論がおかしいというご意見は歓迎であります。

■第2段: 「私は図書館の利用規約を…どうかと思います。」
 そうですね。その辺からが難しい判断になります。市の条例では、破損・汚損時の弁償規定があります。そこで、どの時点で本の返却がなされるかが問題になります。利用規約に、「ブックポストに返却した場合の返却処理は翌開館日になる」とあります。つまり、貸し出し期間最終日の閉館時以降に本を返しても、延滞扱いになることに文句を言っても、意味がありません。では、本を綺麗に保つ義務が移転するのは、返却処理と同時なのか、あるいは事実上図書館の管理するブックポストに入れたときなのか、この辺が問題となります。

お礼日時:2009/06/27 19:00

返却ポストは、あくまでも便宜上、開館時間に来れない場合の利用者に対して解放しています。



そこに入れたから、私は知らないではなく、他に入れていた本はどうなっているかを確認しましたか?

他の本も、同じであればポストに問題がある可能性も否定できません。
話し合いの結果次第ですが、この本は市民の税金で購入されている事を考慮して話し合いして下さい。

借りたら、きちんと返すまでは、借りた側の責任になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
> そこに入れたから、・・・確認しましたか?
していません。そこで、確認をする義務があったかが問題になります。この義務が肯定された場合も、因果関係が問題になります。なぜなら、図書館の言い分によれば、私以外の本は濡れていませんでした。ということは、当時私が確認していても濡れていないはずです。つまり、確認してもしなくても返却という結論に達するのだから、確認する注意義務とブックポスト内の汚損は無関係となります。

> 市民の税金で購入されている事を考慮して
 これは結論と直結しません。税金が元であるかどうかよりも、どちらに責任があるかで結論は異なるからです。市立学校の備品を買い換える場合、誰にも責任のない事故や自然磨耗などが原因の場合、誰にも負担させませんよね。

> 借りたら、きちんと返すまでは、借りた側の責任になります。
これは当然です。問題は、どの時点を以ってきちんと返したといえるかです。

最後に、交渉結果を書きます。弁償は免れました。以下、交渉経緯を書きます。L: 図書館 A: 私
L: 弁償してください。
A: 弁償させるからには、それなりの根拠を説明しないと駄目でしょう。市民の財産の拠出を強いるのに、この程度で説明責任を果たしたとはいえない。
L: 濡れるはずがない。
A: 風でポストの受け口が開いたときに雨が吹き込みうる。それなら誰しも翌営業日までの夕立を気にして梱包するのか。
L: 他の本は濡れていない。
A: 日曜の閉館直後に返して、そのときの夕立で濡れたなら、他の本は入っていなかったかもしれない。それに、本の位置によっては濡れない可能性がある。現に、私が返した他の本は濡れていない。
L: 十年来例がない。
A: 年に数回の風雨が、閉館時に降って、それで本が濡れる確率は数年に1度だとする。過去の人は、図書館の言いなりにしぶしぶ払っていたかもしれない。過去の汚損で弁償した人の記録まで含めて検証しないと、前例の有無は分からないはずだ。

お礼日時:2009/06/27 20:11

NO3です。


もう1点だけアドバイスしておきます。
もちろん、どちらが正しいかは私にはわかりませんし、興味もありませんが。

図書館の利用規約には延滞者や図書汚そんに対する弁償が完了していな
い者への利用停止処分が可能である、となっていると思います。

図書館が裁判まで起こして、弁償を求めてくることはどう考えてもあり
えませんが、あなたが利用できないようにすることは簡単にできます。
つまり、弁償する意思がないことを確認すればいいだけですから。

そうなった場合、原状回復(元のように利用できるようになること)
をあなたの側が請求しなければならなくなります。
(もちろん図書館利用を諦めるという選択はありますが)

つまり、その時点で図書館側は、
「弁償します、というまで放っておけ。原状回復請求訴訟なんて
できるわけがない。」
という立場に代わるわけです。面白いでしょう。

拒否し続ければ済むと思っていても、いろいろ担保(今回の場合だと
利用権)とられていて単純じゃないことが、世の中多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。そうなんです。そこまでは想定しています。幸い、現在かなり時間の自由になる立場なので、本人訴訟をするくらいは、想定に入れています。弁護士でなければなかなか訴訟当事者になれないので、後学のため、少々の出費と煩雑さは問題としていません。もちろん、本人訴訟でやりますが、出費に耐えられなくなった時点で敗訴判決をいただいて弁償するという程度のスケジュールを考えています。もちろん勝訴したらなお良いのですが。
 そこで、訴訟手続き・構成(原状回復?, 債務不存在確認?, まさか行政訴訟?)などについてアドバイスいただければ、なおありがたいところです。

以下、#5回答の方のお礼の続き
■第3-4段: 「q_yyさんご自身も・・・弁償するでしょう。」
 誤解のないように申し上げますと、梱包する方がよりマナーの良い方だとは思います。でも、そこは問題ではありません。梱包しないことが、弁償を要求されるほどのマナー違反かということが問題になります。

■第5段: 「私が図書館側の立場なら、…追わねばならないからです。」
 これは非常にすばらしいご指摘です。だからこそ20ptを付けさせていただきました。債務不履行を主張されると比較的厳しくなります。
 ブックポストに返却した段階で「債務の本旨に従った履行」になるのか。これを否定されたら、当方の負け確定です。肯定されたところで、その後にぬれたことが真偽不明の場合にどっちが不利になるのかよく分からなくなってきました。
 この点についてどう考えるか検討させていただけたら幸いです。

お礼日時:2009/06/27 19:08

経験上、こういう場合はちょっと困った顔をしながら「ポストに入れたときには雨も降っていなかったし、私が家で濡らしたわけでもないんですよ。

一体どうして濡れていたのでしょうね~。」と言うのが一番効果的だと思います。
あなたが強く出れば、向こうも強く出るものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

公共機関相手ですから、最初は下手に出た方が無難(相手の機嫌をとる意味ではなく、最初から強く弁償を主張することが少ないと言う意味です。とはいえ、既に弁償の要求はされています。)と思いますので、とりあえず貴方のおっしゃる通りにして様子を見たいと思います。質問文での当方の主張は、断定的に書かれていますが、家族が電話に出て閉館間近いだったので殆ど主張してません。

向こうが折れなければ当然こちらも一切弁償する気がないので、どこかで態度を明確にする必要があるかと思いますが、その後の展開等も考えておきたいと思います。

お礼日時:2009/06/21 20:45

どちらの言い分が正しいというコメントは控えますが・・。



返却ポストの構造上の問題なら過去にも同様の汚損事故があるでしょ
うし、同日返却ポストに入っていた他の本も汚損していたかどうかと
いうこともあります。

そういうことも踏まえて図書館は請求しているのではないかと思い
ます。

この回答への補足

どちらが正しいかを考えた場合、こちらが間違っているという結論がありえます。特に雨の日にブックポストにいれるときは、梱包すべきだという理屈(場合によっては社会常識)がありえます。

本質問では、どちらが正しいかを問題にするわけではありません。こちらが正しい場合はそれを主張して弁償を避ける方法を考え、こちらが間違っていればそれにも拘らず弁償を避ける方法を考えるのが質問の趣旨です。

補足日時:2009/06/21 20:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。図書館側に立てば、そういう理屈は成り立ちます。だからこそ、それに打ち勝つ(法律的には、真偽不明に持っていくだけでも良いのかもしれませんが、図書館の主張を排斥する程度)だけの理屈を当方が用意する必要もありうるわけです。

第1点(過去との比較)に関しては、当日の雨がかなり強かったことを考えると、同程度強雨且つ休館日という組み合わせはそうそうないはずだから、かなり綿密な記録を出せと主張することを想定しています。
第2点(他の本との比較)に関しては、本の位置によって変わると主張しえます。

とはいえ、当方としてもこれで十分だとは思っていないので、より多角的・綿密な想定と対策をしたいと考えています。

お礼日時:2009/06/21 20:39

こちらが争うなんて気負わなくても相手はそれ以上は追求はしませんよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。それほど気負うつもりはないのですが、妙な形で交渉が中断しているので、情報を整理しておこうと思う次第です。

お礼日時:2009/06/21 18:46

雨が予想できたのにその対策をしなかったと言われることが予想されますが、構造上の問題を主張すればそれ以上の追及はないものと思われます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。当方が負けるとすれば、図書館がその線で主張してきた場合かと思います。ちなみに、返却時に既に雨がかなり強く振っていたため、雨が降ること事態は確定的でした。
後は、強雨下で本を返却することが非常識であるとか何とか主張されると面倒かと思っております。

お礼日時:2009/06/21 18:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図書館で返却時に本が汚損しているから弁償するように言われました。

図書館で返却時に本が汚損しているから弁償するように言われました。
借りる時点でその汚れはあったので、その旨をいったところ、「じゃ、今回はそういうことで」といった感じでそのときは終わりました。今まで図書館でこのような対応をされたことがなく、身に覚えのない事でいきなり弁償と言われ、悔しくなりました。
このようなことがあって、今後、図書館で借りる際には少しの汚れでも注意して、借りる時点で汚れた状態だったと証明してもらうほうがいいのではないかと感じました。今回の汚損は本の側面に少しシミのようなものがあるだけで中は問題なく、普段図書館で借りる本ではよくある程度のものだったのですが(だから借りる際にも何も言いませんでしたし、貸し出し係の人も気にしていませんでした)、それで弁償といわれるとなると、ほんのちょっとした汚れでもいちいち指摘しないといけないような気になってきます。
また、書き込みなど外見からは分からない汚れもあるかと思いますが、それも見つけた時点で図書館に伝えないと、最後に借りた人の責任ということになってしまいそうです。
本は傷むものですし、読めないような状態のものでない限り気にせずにいたのですが、どのぐらい注意すればいいのでしょうか。貸し出しの際に、似たような状態の本でも、対応する人によって「状態がよくないです」といったような注意の札をつける場合と、つけない場合があります。つけない場合でも、こちらから「ここに汚れがあるので、確認してください」と言ったほうがいいと思いますか? 貸し出しカウンターはいつも忙しそうで、あまり細かく言うのは憚られるのですが。

図書館で返却時に本が汚損しているから弁償するように言われました。
借りる時点でその汚れはあったので、その旨をいったところ、「じゃ、今回はそういうことで」といった感じでそのときは終わりました。今まで図書館でこのような対応をされたことがなく、身に覚えのない事でいきなり弁償と言われ、悔しくなりました。
このようなことがあって、今後、図書館で借りる際には少しの汚れでも注意して、借りる時点で汚れた状態だったと証明してもらうほうがいいのではないかと感じました。今回の汚損は本の側面に少し...続きを読む

Aベストアンサー

うちで汚して弁償したことがあります。
また、以前からの破損について返却後に問い合わせが来たこともあります。

自分で汚した分については弁償は当然ですよね。
自分の責任で無い場合には、返却のときに一言申し添えるようにしています。
自然劣化ではなく読むのに差支えがあるくらいの破損の場合です。
「ここに落丁がありました」「写真ページが切り取られていました」「落書きが多かったです」という風にです。
返却ボックスに返す場合はちょっとメモを挟んでおくといいと思います。

小さなシミや切れ、数箇所の書き込みの場合には何もいいません。
神経質な人だと思われては困りますから。

おっしゃるようなこともあったかもしれませんが、忘れてしまうのが一番です。
図書館の方も慣れていなかったのかもしれません。
無料で読ませてもらえるのだからありがたい…というくらいの気持ちで、小さなトラブルは忘れてしまいましょう。

Q図書館の本を汚した場合の弁償は同じ本を差し出しても不可なのでしょうか?

図書館で借りた本をコーヒーで汚しました。

同じ本をAmazonで購入して、お詫びした上で差し替えて下さいとお願いしましたが、持って行った本は受け取られたものの汚した本は廃棄処分の関係で渡せないと言うのです。

持って行った本はほぼ新品です。差し替えて欲しいとの私の申し出に無理があるでしょうか?

借りたものを現状復帰しお詫びもしお願いをしたのですが…。

Aベストアンサー

個人どうしの貸し借りなら、それで丸く収まる気がしますが。

本なので小額ではありますが、おそらく図書館の「資産」として「登録」されているのだと思います。この資産は公共の図書館でしょうからおそらく税金で購入されたもので、各々の履歴が管理されており、登録を抹消するには、ルールに則って廃却などの手続きをしなくてはいけないのだと思います。図書館によっては、古くなった本の売却や市民への無料配布をしているところもあるようですが、そういったルールが無い場合は、登録されている資産を1利用者に譲渡するわけにはいかないのだと思います。代わりに新しい本を提供できるかどうかという問題ではなく、古い登録されている本を図書館職員の裁量で譲渡できるルールがあるか、という問題で、おそらくそういう対応に則したルールがないのでしょう。

汚してしまった本を「紛失した」ことにして、新しい本を返す、とすれば対応するルールがありそうですが、融通の利かない職員さんにそのようなことがばれれば、汚しただけで現物があるのに紛失したと虚偽の報告をしたということにされ、窃盗ととられるかもしれません。

話の分かりそうな職員の方をつかまえて、相談するしかないでしょう。

個人どうしの貸し借りなら、それで丸く収まる気がしますが。

本なので小額ではありますが、おそらく図書館の「資産」として「登録」されているのだと思います。この資産は公共の図書館でしょうからおそらく税金で購入されたもので、各々の履歴が管理されており、登録を抹消するには、ルールに則って廃却などの手続きをしなくてはいけないのだと思います。図書館によっては、古くなった本の売却や市民への無料配布をしているところもあるようですが、そういったルールが無い場合は、登録されている資産を1利用...続きを読む

Q図書館の職員の方にお聞きしたいです

本を汚した人のブラックリストみたいな物ってありますか?

図書館で本を借りた所、中に食べ物のカスとそのシミがあるページがありました。
汚れは結構古いみたいで、油染みが変色していて、ちょっと嫌なにおいも。

こういうものを見つけたときは本が汚れてましたよ、とか、無いページがあったなど、
返却時にカウンターで申告していました。
知らずに借りた人がぎょっとすると思ったし、私自身も汚すぎて触りたくない物とかは、
複数所蔵していたら別の個体を借りたいと頼んだりするためです。

(蛇足ですが、全く清潔な本を求めてるわけじゃないです。
髪の毛や食べかす、飲み物のシミくらいなら平気です。念のため)

今までトラブルは一切無かったのですが、久しぶりに汚い本に当ってしまい、
「本を開いて驚いたのですけど、食べかすついてました。
自分でとっていいか判断つかないので、そのままにしてます。」
と言い添えてカウンターに出したら、汚したのが私だと疑われてしまいました。
汚れの状態を見せて、そもそも自分で汚して後ろめたいなら
申告なんかしないのでは?と言っておいたのですが、
「正直に話して頂いたので、今回は結構です。」
って、いわれて。

しばらくして次の本を借りにカウンターに行ったときに、
係の人が私の名前とカードの番号をメモってその本に挟んだのを見てしまったのですが、
図書館では汚した人のブラックリストとかあるのでしょうか?

もしあるなら、もう切り取りや汚れのある本を見つけても
知らせない方が自分のため?と思ってしまいました。
私、へたすると3桁に近い数の本を汚損したヤツってことになってるかも?
外に出したり、何かに利用したりしないとしても、記録されてたら気持ち悪いです。

図書館によって違うかもしれないけれど、よろしくお願いします。

本を汚した人のブラックリストみたいな物ってありますか?

図書館で本を借りた所、中に食べ物のカスとそのシミがあるページがありました。
汚れは結構古いみたいで、油染みが変色していて、ちょっと嫌なにおいも。

こういうものを見つけたときは本が汚れてましたよ、とか、無いページがあったなど、
返却時にカウンターで申告していました。
知らずに借りた人がぎょっとすると思ったし、私自身も汚すぎて触りたくない物とかは、
複数所蔵していたら別の個体を借りたいと頼んだりするためです。

(蛇足ですが、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。C市の図書館で働いています。

ブラックリストなんてものはないです。なんのためにカード番号と名前を記入したのかわかりませんね。うちの市では返却された際に汚れているのが判明し、かつ本人が認めた場合だけ弁償してもらっています。(それ以外はメッセージ(「しみ・よごれ」とか「破損あり」とか)を入力するかあまりにひどいのは捨てるかだけです。)ちなみに、自分が本を汚したのを認めて弁償をしてくれる人は2~3割くらいかな…。だから、ほとんど泣き寝入りです。また、利用者を疑ってきつく問いただすこともありません。言えばクレームに発展するのもわかりきってますから。だから、この職員さんの対応はいまどきありえません。そんな感じなので図書館の本はすっごく汚いの多いですよ。私は図書館の本を借りようという気にはなりません。

最後に、本を返却する際に修理が必要かどうかなど確認してはいるのですが、汚れや抜き取りは見落とすことが多いので教えてもらえると大変ありがたいです。

Q図書館から返却後、本が汚れてると電話が連絡が来ました

数日前に返却した本が汚れてるので、弁償になるかもしれないと、今、電話が掛ってきました。

表紙の次のページが、濡れて乾いた後の状態になってる。
区外から借りてるから、借り先の返答次第だそうですが、おそらく弁償になるそうです。

もちろん濡らした記憶、保管場所も、何かを飲んだりしてる所に置いてないし
私以外が触ったりもしてません。

返却時に言われるならまだしも、数日経った後に言われても。

私からしてみれば、前に借りた人のだれかでは?
又は、返却後だから、図書館スタッフでは?と思ってしまいます。
後者は、ありえないですよね。
スタッフが汚すなんて。
げも、ホントに汚した記憶や、もしかして汚してしまったかも・・・が思い当たらないのです。

返却時にスタッフが返却本をペラペラ、チェックして、本を受け取ってますよね。
OKで返却したのに・・とも話しました。
何人かで確認作業をしてて、汚れなどがある場合は、解かるように記載してるけど
この本には、その情報が書いてないから、私の記憶が無いだけで汚したのは私だと。

これから借りる時は、確認しなきゃダメですね。
少々面倒ですが、これを読んで下さった方々
私のように嫌な思いをしない為にも、軽くチェックした方が良いですよ。

本は、どのように弁償するか、ご存知の方いらっしゃいませんか?

数日前に返却した本が汚れてるので、弁償になるかもしれないと、今、電話が掛ってきました。

表紙の次のページが、濡れて乾いた後の状態になってる。
区外から借りてるから、借り先の返答次第だそうですが、おそらく弁償になるそうです。

もちろん濡らした記憶、保管場所も、何かを飲んだりしてる所に置いてないし
私以外が触ったりもしてません。

返却時に言われるならまだしも、数日経った後に言われても。

私からしてみれば、前に借りた人のだれかでは?
又は、返却後だから、図書館スタッフで...続きを読む

Aベストアンサー

その昔、市民図書館でアルバイトしてました。
実際に汚損や破損は多いんですよ。
破り取り、切り取り、マーカー含めた書き込み、食べこぼし、明らかなよだれ、借りた本そのものを返さない、、、
で、今回は質問者さんに身に覚えの無いことでしょ?
あらためて、落ち着いて説明してください。

弁償の話をしてるのは、貸し元の区ではなくて地元でしょ?
貸し元側はまだ実物を確認していないんでしょ?
実際の判断は貸し元の区がするでしょうから、相談先はそちら。
詐欺を働くのでも嘘をつくのでもないから、正直に事実を伝えればいいです。

確かに窓口では返却時にチェックをするんですけど、完全には見切れない。
総ページ数が300ページの本を5冊返却したら、窓口で1500ページの確認をするわけですが、まず不可能です。
なので、返却時にチェックをしたろ、と言われても実際は困るわけ。
だからと証拠も無いのに犯人扱いも困りますよね。

普通は汚していないことを説明すれば大丈夫なはず。
居間でも手にはいる本なら、買い直す予算くらいちゃんと取ってある。
犯人扱いを続けると、たとえ区外の借り手としても、サービス業である図書館は自分で自分の首を絞めます。
あなたのような区民ばかりとは限らない。
逆上して区議会で問題とされる可能性だってある。

まず相手の区、つまり所有している図書館へ説明+相談をしたら?

その昔、市民図書館でアルバイトしてました。
実際に汚損や破損は多いんですよ。
破り取り、切り取り、マーカー含めた書き込み、食べこぼし、明らかなよだれ、借りた本そのものを返さない、、、
で、今回は質問者さんに身に覚えの無いことでしょ?
あらためて、落ち着いて説明してください。

弁償の話をしてるのは、貸し元の区ではなくて地元でしょ?
貸し元側はまだ実物を確認していないんでしょ?
実際の判断は貸し元の区がするでしょうから、相談先はそちら。
詐欺を働くのでも嘘をつくのでもないか...続きを読む

Q図書館で借りた本を汚してしまいました。

15歳/女子

8月19日に図書館へ行きお菓子のレシピ本を2冊借りました。

クッキーのレシピの2ページにシミのように1センチ程の油跡が何個もあり…

恐らくバターだと思います。

作っている最中には気がつかず、
後々後悔しましたm(__)m

1.400円の物で、弁償させて下さいと言いたいのですが母親はそんなの気にならないから大丈夫。と言います。

私がお金を持っていれば弁償するのですが、どうしたらいいのかわかりません。

同じような方いらっしゃいませんか?
アドバイス下さいm(__)m

Aベストアンサー

その油染み、借りてきてからついたものですか?
あなたが借りる以前に借りた方々も当然レシピを見て作っていたと思います。
初めからついていた染みかもしれませんよ。
貸し出す本が全て汚れや破れが無い美品ばかりではありません。
読む上で支障がなければそのまま棚に並ぶのはごく普通のことです。
お話するのであれば
「私が汚してしまったかもしれない」
という言い方でよいと思います。
多分、弁償にまでならないとは思いますが、後は指示に従いましょう。

Q図書館所蔵本の弁済とその後について

関西某私立大学の図書館で旅行のガイドブック2009年版を借りたところ、紛失してしまい最新の2010年版で弁済することとなりました。
ここまでは自分の不注意で起ってしまったことなので、すぐに新しいものを買い弁済しました。

その後、一緒に旅行した友人が持っていたことがわかり、手元にもともとの本が戻ってきたので、どちらか廃本扱いにしてほしいと図書館に相談したところ、古い本は図書館のものなのでこちらで引き取りますということになり、私が弁済した本もすでに図書館の蔵書として登録しているので廃本処理はできないということを言われました。
その場で詳しく聞いたのですが、委託の方から「図書館の規定で決まっている」との回答しかなく、後日担当者から連絡しますということになりました。

わたしは、新しい本を弁済したことで図書館への義務は果たしたと思っていたので、どちらか一方は自分の手元に戻してくれるだろうと思っていたのですが、これは法律的には見当違いの考えだったのでしょうか?

図書館法などざっと見たのですが、弁済などについては規定がなく、民法にあたるのか、各図書館の内規に準ずるのか理解できておりません。

そこで
■私立(大学)図書館の本の弁済については、どのような法に依拠して考えたらいいのか。

■その場合、弁済した本、出てきた本の扱いはどうなるのか。

以上、二点をご教示いただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

関西某私立大学の図書館で旅行のガイドブック2009年版を借りたところ、紛失してしまい最新の2010年版で弁済することとなりました。
ここまでは自分の不注意で起ってしまったことなので、すぐに新しいものを買い弁済しました。

その後、一緒に旅行した友人が持っていたことがわかり、手元にもともとの本が戻ってきたので、どちらか廃本扱いにしてほしいと図書館に相談したところ、古い本は図書館のものなのでこちらで引き取りますということになり、私が弁済した本もすでに図書館の蔵書として登録しているので廃本...続きを読む

Aベストアンサー

 御相談者は、大学に対して2009年版の返還債務を負っていたところ、御相談者と大学が2009年版の返還に代えて2010年版を引き渡す旨の代物弁済契約を締結し、2010年版を大学に引き渡しました。これにより、2009年版の返還債務は代物弁済により消滅しましたから、2009年版を返還する必要はありません。

民法

(代物弁済)
第四百八十二条  債務者が、債権者の承諾を得て、その負担した給付に代えて他の給付をしたときは、その給付は、弁済と同一の効力を有する。

Q図書館から電話

知らぬ番号から電話があり、あとで調べると図書館でした。本は返しており、予約もしていません。他にどういったことで連絡する場合が考えられますか。

Aベストアンサー

遺失物に関する持ち主確認とか個人情報管理ルール上の連絡もあります。

Qこの場合は弁償すべきかこまっています(公立の図書館で)

娘が大の本好きなので、近くの公立図書館を2ヶ所(A・Bとします)利用しています。
先日、A図書館から借りてきた子供用の絵本を、一番下の弟が破いてしまいました。返却の際にそのことを伝えると「全額弁償してください」と言われました。
B図書館から借りた本も以前破いてしまったことがありますが、そのときは「こちらで修復しますから大丈夫ですよ」といっていただき、実際、子供用の絵本は破れた箇所をテープで貼り付けてあったり、落書きがあったり、歯形がついていたりしているものが多いのです。私としては子供用の絵本はやはり子供が破る可能性が高いし、それに破れたくらいならテープで貼ればすむと思うのです。(そのページや破れた部分がなくなって修復できない場合は別ですが・・・)A図書館は子供が破るたびに弁償させるのでしょうか?
もちろん、公共のものを破損するのはいけないことですが、言葉も分からないような小さい子供が読む絵本については、もっと寛容な対応をしていただきたいと思います。このような場合、「テープで修復していただけませんか」とお願いしてもいいものでしょうか?それとも全額弁償すべきでしょうか?

娘が大の本好きなので、近くの公立図書館を2ヶ所(A・Bとします)利用しています。
先日、A図書館から借りてきた子供用の絵本を、一番下の弟が破いてしまいました。返却の際にそのことを伝えると「全額弁償してください」と言われました。
B図書館から借りた本も以前破いてしまったことがありますが、そのときは「こちらで修復しますから大丈夫ですよ」といっていただき、実際、子供用の絵本は破れた箇所をテープで貼り付けてあったり、落書きがあったり、歯形がついていたりしているものが多いのです。私として...続きを読む

Aベストアンサー

 まず、その図書館の規定を読む必要があると思います。
 他の図書館の物を見ると、破損した場合はその損害額を弁償するとなっており、基本的には現物にて賠償、つまり同じ本を返してくださいということになってました。ただし、館長の判断でその弁済額は減額できるそうです。
 僕は、その図書館の規定に従い、図書館の判断に従うべきだと思います。それが常識を越える異常に高い金額でなければですが。
 ただ、同じ本を古本で探すとか、修復ではダメかと交渉する余地はあるでしょう。他にも破れている物があればそれを例にとって、「それではこれは弁償してもらったんですか?」と尋ね、他のケースと同様の処置を要求することは不当ではないと思います。
 ただ、破ったのは破ったのですから、あくまでも謙虚に(笑)
 


人気Q&Aランキング