はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

不動産鑑定士の方々・または鑑定事務所等に従事されている方にお伺いします。現在私は30代前半ですが無謀にもこれから不動産鑑定士の取得を考えております。例えば30代後半に取得できたとして(1)そこから独立するまでにどこか鑑定士事務所などで修行をしてからでないと独立は難しいものなのでしょうか?最低でも2~3年経験を積まないと難しいと聞きましたがそういった期間は実務経験を積む為に必要なのでしょうか?それとも人脈作りの為?(2)また独立後の収入はどれくらいを想定できるものでしょうか?ほぼ無収入で数年は頑張るというのが実際の所なのでしょうか?鑑定業務は基より不動産業界にも勤めた経験も無いので現実がイマイチ掴めない状態です。どなたか経験者の方いましたら教えて頂けたら幸いです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

不動産業者です。


不動産に絡む要資格の職種で、一番需要が薄いのが鑑定士だと思いますので、新たに参入して食べてゆくのはかなり大変だと思います。
通常の売買では鑑定士が仕事をするケースはありません。
官地などの売り払い時、買収時、競売、金融機関が融資がらみでの要求、証券化や外資などの買い取る際・・・非常に限られますし、報酬も1件あたり20万~とそう高くはありません。
どうしてかというと鑑定は現在その物件が幾らなのか?という実勢価格とは違い、算定の基準が現状とは合わない昔ながらの方法だからでしょう。あくまで上場会社や金融機関、官庁が後ろ指を差をさされないが為の数字としてしか現状とらえられていないからだと思います。
事例をあげれば先頃のリーマンショックなどその随分前から、外資は仕入れをしなくなり、坪750万ぐらいまで上がった土地はもう500万を割っても買い手がいない状態でしたが、その時点で鑑定士が弾いた金額は坪530万。4か月も前の公示価格を参考にしているから・・・
良く考えられた方が良いと思います。金融関係に太いパイプがあるなら仕事は取れるかもしれませんが・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。なかなか仕事を取っていくのが大変なのですね。不動産鑑定士の需要は自分が頭で描いていたものと現実では違いがあるようですね。不動産業界に身を置いている方の現実味のあるお話でとても参考になりました。自分は年齢的にも一生携われる仕事として色々考えていたので他の分野でも平行して検討していきたいと思います。貴重なアドバイスをありがとうございました。

お礼日時:2009/06/23 23:03

不動産鑑定士を 取得して 独立までに 更に 数年??


それも うまく いくか どうか わからない のは 危険です。
・・・・・・・・・・・・
それより あなたの 現在の 資質を 現況の環境で 生かすことを 考えたほうが よいのでは ないでしょうか。
1級建築士  不動産鑑定士  税理士など とった人でも 上手くいって いる人は わずかです。
どうしても というのなら NO1さんの 不動産業が よいでしょう。
資格も比べて簡単だし 仕事量も あなたの 努力次第で 多くもなるでしょうし。
・・・・・・・・・・
士 産業 で うまく 高級とりなのは 弁護士 医師  公認会計士  あとは なにが あるかな
薬剤師は 不足といいながら あまっているし 建築士も そうです。
士 を とるのは 学生時代限定です。 取れなかった人(私も含めて)は 士 を 後から とるものでなく 士を 使うものなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きどうもありがとうございました。士業がいかに難しいかを感じました。自分の考えが甘かったように思います。もう一度考え直した上で自分の一生の仕事を決めていきたいと思います。ご回答頂きどうもありがとうございました。

お礼日時:2009/06/24 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産鑑定士が独立開業して

不動産鑑定士が独立開業して、
営業無しでとれる仕事は年間100~せいぜい200万」と聞いたのですが、
これは本当でしょうか?

Aベストアンサー

そうですね。のれん分け的に顧客をもらえるならいざ知らずそうでないなら営業なしで顧客獲得するのは難しいですね。営業は必須です。
ただし、面談して契約をとるリアルな営業ではなくて、WEBで営業することもできます。不動産鑑定士は先生として顧客との関係性を築きたいでしょうから、WEBでの営業に力をいることを検討してみてはいかがでしょうか?

WEB営業の手順の一例を記載しておきますね。
 ①不動産鑑定士に+α(趣味などでもOK)を掛け合わせて独自のポジションをつくる
 ②そのポジション表す13文字程度の肩書をつくる
 ③そのポジションがわかり顧客に刺さるキャッチコピーを考える
 ④ポジションに関わる内容をブログやメルマガで発信する

Q不動産鑑定士は、将来性無しですか?

受験者数が激減してるようですが

Aベストアンサー

#1&2です。
>不動産鑑定士は喰えない、なんていう意見が跳梁跋扈しておりますが、回答者様の個人的な見解では、実際の所はどうだと思われますか?
>40代で試験に合格し、鑑定士になったとしても、就職、ひいては開業(即独も含む)してなんとかやっていけるものなのでしょうか?

良く勘違いが起きる話なんですが、士(サムライ)資格は「一人で食っていける資格を持った者の証明」であって、「それ自体で食う事が出きる訳ではない(或は「保証も無い」と言った方が良いか)」ものです。
例えば「ライター」は資格を持たずとも出来ますが、仕事を得られるのは少数ですし、一人で食っていける者のは極僅かですよね?
それに比べれば資格と言うのは「一定以上の能力を持った者」の証明なので仕事は得やすいと言えます。
その中でやっぱりきちんと食っていけると言うのは、実はしっかりとした事業能力(営業力や管理能力)を持った者だけなんです(これは「弁護士」でも同じ事)。

極論で言えば10代で受かろうと70代で受かろうと資格は資格に過ぎない訳で「入り口に立てるだけ」の話です。
運転免許を手に入れた人が全てF1ドライバーに成れる訳ではないのと同じで、道を切り開く事が出来る資格を得ただけの話であって、その後の事は個人の才覚・能力の問題であって、その資格がどうだと言う話ではないです。

不動産鑑定士の仕事も不動産業界の内部取引だけに目を向けていれば「食えない」でしょうけど、実は使い道は他業界にもある訳で。
食えないのを資格のせいにしている人は食えないだけの話です

とは言え他業界の無資格のフリーランスの人間で食えている人に比べれば国家のお墨付き資格を持つ者の方が「一人で食っていける」為のハードルは低いと言う事は言えます。

#1&2です。
>不動産鑑定士は喰えない、なんていう意見が跳梁跋扈しておりますが、回答者様の個人的な見解では、実際の所はどうだと思われますか?
>40代で試験に合格し、鑑定士になったとしても、就職、ひいては開業(即独も含む)してなんとかやっていけるものなのでしょうか?

良く勘違いが起きる話なんですが、士(サムライ)資格は「一人で食っていける資格を持った者の証明」であって、「それ自体で食う事が出きる訳ではない(或は「保証も無い」と言った方が良いか)」ものです。
例えば「ライター」は資格を...続きを読む

Q税理士と不動産鑑定士、狙うならどっち?

私は現在、社会人(大卒文系)なのですが現状に満足しておらず
専門性のある資格をとって転職もしくは将来的には独立を視野に入れています。
取得資格の候補として、税理士、不動産鑑定士などを考えております。
今はどちらにも関係ない仕事をしております。

本来、働きながら資格取得するならば
科目合格制である税理士のほうが都合がいいかと思います。
不動産鑑定士は平成18年度から試験制度が変わり、
短答試験合格すれば2年間は短答試験免除などメリットも増えましたが
合格率が大幅に下がりました。
働きながらでも勉強しやすい税理士を目指すか
仕事内容が魅力的な不動産鑑定士を目指すかで迷っています。

働きながら勉強するという前提で、
難易度、将来性、収入等の観点からどちらがよいか
アドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらも難しい資格ですから興味のあるほうをやったほうがいいと思います。
資格取得後は一生付き合っていく専門分野になりますから。

>本来、働きながら資格取得するならば
科目合格制である税理士のほうが都合がいいかと思います。

科目合格ゆえに一科目の難易度が高くなってます。
皆その一科目に1年かけてきます。働きながらでは1年1科目計画が普通だと思います。(5年で5科目合格できたらとても優秀です)
5科目をまとめてやる試験であったほうが勉強の総量は減っていたはずだと思います。でも消えない以上はこつこつやってけば5科目合格狙えますね。

>不動産鑑定士は平成18年度から試験制度が変わり、
短答試験合格すれば2年間は短答試験免除などメリットも増えましたが

短答後は会社を辞めて勉強に専念するのも手かと思います。

>比較対象としては 税理士の延長が会計士で 会計士が受からなくて
税理士というパターンではないかと

これはちょっと違ってますね。
会計士と税理士では専門分野がまったく違います。
会計士は会計の専門家で税理士は税法の専門家です。税理士試験の会計知識は会計士試験には太刀打ちできないようです。が、会計士試験の税法知識では税理士試験には太刀打ちできないようです。
会計士合格すると税理士資格も付いてきますが、会計士の税法知識では実務は厳しいです。別途勉強が必要になります。

また、税理士においては国税OBは確かに天下りみたいにありますが、専門知識があまりない人が多いみたいで、試験合格者との実力差ははっきりしているようです。(会社によってはOB税理士とちゃんとした税理士の2人雇ってるところもあります。)

鑑定士業界はちょっとわかりません。

とりあえず現状関係ない部署で働いているのであれば
税理士目指すなら簿記2級をやってみる。(2級は勉強会指示の前提条件です)
鑑定士なら宅建やってみる所からはじめてみてはいかがでしょうか。

どちらも難しい資格ですから興味のあるほうをやったほうがいいと思います。
資格取得後は一生付き合っていく専門分野になりますから。

>本来、働きながら資格取得するならば
科目合格制である税理士のほうが都合がいいかと思います。

科目合格ゆえに一科目の難易度が高くなってます。
皆その一科目に1年かけてきます。働きながらでは1年1科目計画が普通だと思います。(5年で5科目合格できたらとても優秀です)
5科目をまとめてやる試験であったほうが勉強の総量は減っていたはずだと思います。でも消...続きを読む


人気Q&Aランキング