自分のお店を開く時の心構えとは? >>

自治体の消防団で活動していますが、公道上の消火栓の管理責任は水道局になるのでしょうか?それとも所轄の消防になるのでしょうか?

というのは自宅前の消火栓の中を見る機会があり、泥が詰まっていたりサビだらけで緊急時に使えるのかどうか疑問になりました。

ビルなどの消火栓は点検が義務化されているそうですが、公道上の消火栓は法的にどうなのでしょう?

どなたか法的根拠ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

消防法第20条第2項に規定があります。


「消防に必要な水利施設は、当該市町村がこれを設置し、維持し及び管理するものとする。但し、水道については、当該水道の管理者が、これを設置し、維持し及び管理するものとする。」

つまり、水道施設管理者ということになります。

ただし、水道施設も消防組織もおおむねどちらも同じ自治体の部局ですから、実際に縦割り組織のどこに実務分担を置くかは自治体ごとに幾分異なります。
自分の市では、定例的な点検として地元消防団が年に1、2回ほど防火水槽と一緒に水利点検として見廻って実際に栓を開閉し、利用に支障があるような場合は水道局に補修依頼するようにしています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


具体的に消火栓の何をどういう風に管理するかは、規定がないそうです。

そんなんでほんとにいいのかなって・・・

お礼日時:2009/07/04 18:09

消火栓は水道管の付属物ですので設置および維持管理は水道局が行っていますが、その経費は消防(市)が負担しています。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

点検が法的に定められているか自分でも調べてみたのですが

わかりません。

お礼日時:2009/07/04 01:56

日常的な点検は消防署や地域によっては消防団が実施します


管理的な改修が必要な時は施設管理者の扱いだと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

法的に点検はするべきものなのでしょうか。

お礼日時:2009/07/04 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消火栓の所有者と管理者は?

消火栓の所有者と管理者は誰なのか教えてください

Aベストアンサー

「どこの」消火栓か不明なので.一般論で。
国有財産法の定めの場合には.該当省庁
地方自治法に定める地方自治体が所有者の場合には.地方自治体。
その他関係団体等が所有者の場合には関係団体。
個人又は法人が所有者の場合には個人又は法人。
が所有者。

管理者は.防火管理者(火気管理者かも.名称忘却)がいる場合には.防火管理者。
道路等にある消火栓の場合には.道路占有許可申請を行った者。

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む

Q仕切弁と止水栓の違いについて

給水工事等で使用する、
仕切弁と止水栓の違いについて教えて下さい。
機能的には同一のようなのですが、
メーカー等のカタログを見ると、はっきり
分別してあるので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

用途の違いで言いますと・・・
仕切弁は道路に埋設等されている配水管(上水道の本管)に使用されています。
通常、配水管はアミダクジのように上(配水タンク)から下(各個々の地域)に配水されるよう配管してありますが、ある1箇所が漏水や破損しても他のルートを通っていつでも水が行き届くようにしてあります。
でルートを変えたりする時に水を仕切る弁を仕切弁と言います。(排泥弁に使ったりと例外もありますが)

止水栓は文字通り水を止める弁です。なので片方が開放になる可能性がある場合(宅内に引込む給水管など)に使います。

仕切弁やボール式止水栓は、構造的には流量調整出来ないわけではないのですが、長年の間、流量調整したまま放って置くと弁が傷みやすい(弁が完全に閉まらなくなったり弁が動かなくなったりする)のでお勧めしません。
(費用対効果で仕方なくというのはあるかも。)

Q消防法では

会社の工場敷地内に防火用水があるのですが、
消防法では、防火用水等の消防用設備を設置し
維持することを義務づけています。

そこで、防火用水に関しての質問です。
防火用水のある所には、この付近駐車禁止や
ここに防火用水がある旨を知らせる為の看板や
表示をするような事は
義務付けられているのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)法20条(公設水利)の場合
   掲示義務の法令規定なし。ただし、ほとんどの
   市町村に開発指導要綱のような行政指導指針が
   有り、開発業者に対して設置指導するケース多
   し。

(2)法21条(指定水利)の場合
   掲示義務規定はあるものの、水利が「道路」に
   接していない場合の義務免除規定もある。

(3)令27条(消防用水)の場合
   法及び執行命令では掲示義務の規定はないもの
   の、市町村の火災予防条例にて付加規定されて   る場合あり。

 ご質問のケースは(3)に当てはまるものと思われるので、工場の所在地を管轄する市町村の火災予防条例を確認されることをお勧めします。

Q目的外での消火栓の利用

消火栓の利用に関して教えてください。
地下貯水タイプで屋外に消火栓の口があります(会社の設備)。
この口を利用して、本来の目的外(車の洗浄など)の使用は
消防法もしくは、関連する法律で問題は無いのでしょうか?

もし問題があれば、条項を教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

“万が一の時に使える状態(妨げにならない)であれば問題ないって事ですが”については、
法文において、“みだりに”というのは“正当な理由”がなくて、の意味です。
例えば、地震等で一帯が断水しているけど、緊急に飲料水が必要な状況とか、目の前で、薬物を浴びた人間がいて緊急に洗い流す必要があるなどの正当な理由(多くの場合緊急避難などに該当する事態)が正当な理由であり、その他の正当で無い場合はすべて“みだりに”に該当します。

車両の洗浄が、緊急避難に該当する事態であれば、当然に消火栓を使用することは問題ありませんが、それに該当しないのであれば、“万が一の時に使える状態”は“正当な理由”にならず、罰則の対象となるでしょう。

“「目的外での使用禁止」”と“みだりに...消火栓...使用し...てはならない”は同じことです(法文特有の表現ではありますが)。

Q「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」それぞれの意味の違いについて。

「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」それぞれの意味の違いについて。

「消防」とは、火災を防御するとともに予防する“活動”及び“組織”のことだと、
何かの資料で読んだのですが、消防を“組織”の意味でとらえた場合、
「消防」「消防局」「消防本部」「消防署」の定義の違いを教えて下さい。

今、私が認識しているところでは、「消防局」→「消防本部」→「消防署」という
縦の関係で、これらすべてをひっくるめて「消防」と呼ぶのだと思っています。

間違ってますか?

また、「出張所」と「分署」の違いもお願い致します。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

消防法の専門家です。

他の方の回答にもありますが、消防は市町村レベルで設置することになっています。しかし市町村というのは規模にかなり幅があります。

横浜市や大阪市のような政令指定都市、またはそれに準じるぐらいの大きな市(千葉県船橋市など)は「局」という名称を利用しています。これは市の財政の規模が大きく自前の組織を十分に持つことができるために、水道局や道路局など予算権限を分散してそれぞれの組織をもっているからです。
「横浜市消防局」が市を代表する名前です。
次に「本部」という名称をもつのはもう少し小さい市です。たとえば埼玉県上尾市などが上げられます。これくらいの市だと局というほど大規模ではないものの消防署や分署をいくつか持っているために、総合的に指令を出す(119を受けることも必要)司令塔が必要になるために、「消防本部」が置かれるからです。このような市町村では他の部局も行政部・総務部のように、「部」という名称を用いているようです。名称としては「上尾市消防本部」という名称になります。
次にもうすこし小さい市町村で消防署を1つもっていれば足りるようなところは消防署、ですむわけですが、たぶん市町村を代表して「○○市消防署」というところは無いのではないかと思います。最低でも○市消防本部か○市町村広域消防組合(消防本部)です。
ちなみに東京は警視庁というのと同様、消防も消防庁といいます。規模がちょっとした国家並なのと、日本の首都であるための特別性が考慮されて国家組織なみの扱いだからです。

ところが市町村でも規模が小さい(人口が少なくて予算がすくない)と、特に地方だと行政面積だけは広いため、市町村が連携して行政組合を作りそこに消防本部を置くこともあります。
wikiに一例がありましたので参考にして下さい:http://ja.wikipedia.org/wiki/山武郡市広域行政組合

ということで
「消防」は消火活動・火災予防活動をする組織の総称です。
「消防局」は規模の大きい市で、他の部署(水道とか土木・建築)が局という大きな組織であることが多いです。
「消防本部」は各市町村にいくつか消防署がある場合で、「局」というほど大きな組織ではないときに使います。これが一番多いと思います。
「消防署」消火活動をする1単位です。つまり市町村で火事や事故・救急があったときに必要とする装備・人員をそろえているわけです。
「出張所・分署」これは市町村によって若干異なります。たとえば東京の出張所は1000平米以下の建物であれば消防関係の届出などを処理しますが、横浜市の出張所は事務仕事はしません。
どちらも「消防署」というほどの装備・人員は配置していないけれども、必要な装備を持っている。というレベルです。

会社でも大きな会社だと事業部という形で独立採算制を取っていることが良くあります。ひとつの事業部が社内の会社単位になっていて、たとえば家電事業部の赤字は(決算としては現れるけど)他の事業部から埋め合わせは原則しない、などのルールがあります。消防局というのはこのくらいの規模です。
中堅企業から中小企業までは総務部・営業部・生産部などの部制をとっています。相互に関連しながら予算はひとつで会社の損益が決定します。これが普通の市町村の消防本部だといえます。
零細企業だと仕入れや販売ひとつとっても規模が小さいため、零細企業同士で仕入れ組合や販売組合を作って共同で行うことがあります。
これらが消防組合で、どこかに消防本部が置かれるのです。
消防署は営業所と同じレベルと考えればいいと思います。

消防法の専門家です。

他の方の回答にもありますが、消防は市町村レベルで設置することになっています。しかし市町村というのは規模にかなり幅があります。

横浜市や大阪市のような政令指定都市、またはそれに準じるぐらいの大きな市(千葉県船橋市など)は「局」という名称を利用しています。これは市の財政の規模が大きく自前の組織を十分に持つことができるために、水道局や道路局など予算権限を分散してそれぞれの組織をもっているからです。
「横浜市消防局」が市を代表する名前です。
次に「本部」という...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング

おすすめ情報