初めての店舗開業を成功させよう>>

ヒューズボックスから電源を取る際、すでにヒューズが付いている端子から電源を取る場合は、エーモン等から販売されている同じ容量のヒューズ電源と交換するだけでよいですが、ヒューズが付いていない空き端子から電源を取る場合は、どの容量のヒューズ電源を用いればよいのでしょうか?

電装品の容量より大きいヒューズ電源を使用すれば大丈夫でしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヒューズボックスにある、オプション用が空いていればそこから書いてある容量以下なら取り出せます。



全く書かれていない空き端子の場合、配線そのものがされていない場合があるので、テスターなどで電気が来ているのか から探る必要があります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

空き端子に電源は来ていました。

ヒューズボックスのカバーの裏側には各端子の容量が記載されているのですが、空き端子には何も記載されていませんでした。

補足日時:2009/07/04 11:26
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Qヒューズ電源の取り方について

ミラー型レーダー探知機を自分でつけてみました。C26セレナです。ネットで付け方を調べましたがよくわからない点があったので教えてください。車や電気関係は素人で知識がありませんが何とか挑戦してみたいので、その点をご理解の上アドバイスいただけませんか?
(1)ヒューズボックスにいくつか空きスロットがあったのでそこに差しましたがいいのでしょうか?購入した背低ヒューズの箱の裏面には何かのヒューズと入れ替えるとあり、ネットでもルームランプなど安全に影響しないヒューズと交換するとありましたが、問題なくレーダー探知機の電源が入るということは成功と考えていいのでしょうか?ちなみに検電テスターでACCの通電も確認したうえでヒューズを差し込みました。
(2)まだ空きスロットがたくさんありますが、10Aはここだけというようにヒューズの差せる場所は決まっていますか?もしそうならどうやって見分けるのでしょうか?
(3)安全のためバッテリーのマイナス端子を外してから作業をすると書かれていますが、それを忘れてしまうとどうなってしまうのでしょうか?感電やショートしてしまう恐れがありますか?
(4)ボディアースのワニグチが何らかの拍子に外れたとして、それに気づかずにいるとどんな影響があるのでしょうか?バッテリー上がりとか探知機が使えなくなるとか。
どうぞよろしくお願いします。

ミラー型レーダー探知機を自分でつけてみました。C26セレナです。ネットで付け方を調べましたがよくわからない点があったので教えてください。車や電気関係は素人で知識がありませんが何とか挑戦してみたいので、その点をご理解の上アドバイスいただけませんか?
(1)ヒューズボックスにいくつか空きスロットがあったのでそこに差しましたがいいのでしょうか?購入した背低ヒューズの箱の裏面には何かのヒューズと入れ替えるとあり、ネットでもルームランプなど安全に影響しないヒューズと交換するとありましたが、...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ヒューズボックスにいくつか空きスロットがあったのでそこに差しましたがいいのでしょうか?
購入した背低ヒューズの箱の裏面には何かのヒューズと入れ替えるとあり、
ネットでもルームランプなど安全に影響しないヒューズと交換するとありましたが、
問題なくレーダー探知機の電源が入るということは成功と考えていいのでしょうか?
ちなみに検電テスターでACCの通電も確認したうえでヒューズを差し込みました。

Aはい。理想的です。
何かの使用中のヒューズと入れ替えるよりずっと良い電源の取り方です。
ただし。
その空きスロットが何の電源なのか確認しておかないとちょっと不安です。
というのも
セレナなどの車の場合、ディーラーやメーカーのオプション装着用の電源が
そこからとられるためについていることが容易に想像できます。
その場合、ヒューズをつなぐことで、本来
通電しない予備コネクタに通電してしまうことになり、
(すでに配線の頭くらいはついている場合がある)
そのコネクタと車両ボディが擦れてショートする。
発火する。燃える。そう言うこともあり得ます。

それを防ぎつつ、空きスロットを有効に使うのであれば
ヒューズ電源の片方の足を折って(ニッパなどで切って)しまい、
空いているコネクタには通電しないようにして設置する方法もあります。

何のための空きスロットかごかくにんください

(2)まだ空きスロットがたくさんありますが、10Aはここだけというようにヒューズの差せる場所は決まっていますか?もしそうならどうやって見分けるのでしょうか?

A
何のための空きスロットか確認ください。
~Aは蓋などに書いてあるはず。
わからない場合、ディーラーに行って聞けば教えてくれます。

(3)安全のためバッテリーのマイナス端子を外してから作業をすると書かれていますが、それを忘れてしまうとどうなってしまうのでしょうか?感電やショートしてしまう恐れがありますか?

A
感電って・・・してみます?
びりっと痛いだけくらいですよ?
12Vですから。高圧電流ではありません。

ショートするとたいていどこかのヒューズが切れて
車体の電気装置やコンピュータを守ってくれますが
配線作業の場合ヒューズよりも前でショートしてしまうことがあり、
そうなるとコンピュータ類を破壊することもあります。
そうなると、当然コンピュータ丸ごと交換。
ばちっと一回やってしまった性で
10万円かかった!
あり得る話です。
だからバッテリーを外してやりなさいっていうのです。

あなたの体の心配ではなく車の部品の心配をしているのです。
高電流の箇所でショートすると
配線が溶断してそのままくっついてしまい
ショートがずっと続いて
そのまま皮膜が燃えて車両火災!ってこともありますよ?

(4)ボディアースのワニグチが何らかの拍子に外れたとして、
それに気づかずにいるとどんな影響があるのでしょうか?
バッテリー上がりとか探知機が使えなくなるとか。

わに口???
最後にそうきたか!!!!
そんなものでボディーアースとっているのですか!?!?!?!
やり直し。
すぐに外れて他の配線と絡んで大変なこと
それこそショートする恐れがあります。

ボディーアースは
車体の塗装されていないボルトやナット部分に配線をとも締めしてやれば良いだけ。
それこそ
ヒューズボックスの周りにいくつかありますよ?

(1)ヒューズボックスにいくつか空きスロットがあったのでそこに差しましたがいいのでしょうか?
購入した背低ヒューズの箱の裏面には何かのヒューズと入れ替えるとあり、
ネットでもルームランプなど安全に影響しないヒューズと交換するとありましたが、
問題なくレーダー探知機の電源が入るということは成功と考えていいのでしょうか?
ちなみに検電テスターでACCの通電も確認したうえでヒューズを差し込みました。

Aはい。理想的です。
何かの使用中のヒューズと入れ替えるよりずっと良い電源の取り方です。
た...続きを読む

Qサブウーファーの電源の取り方

お世話になります。
サブウーファーの取り付けを考えております。
(ALPINE SWE-1200 最大出力150W)
説明書には、「電源コードは、車両ヒューズボックスを通した後の「10A以上確保できる常時供給電源」に配線してください。」とあります。
ウーファーは「バッテリー直」と良く聞くので、念の為色んなところに質問した結果、下記の通りでした。

車を購入したディーラー
こちらでは接続作業自体をやってはいないが、お客様が接続したのを見ると、ナビの常時電源から分岐で取っている。

某有名カー用品店
ナビの常時電源から分岐、ヒューズボックスの常時電源から取れば良い。
150Wフルで出ることは、まず無いでしょう。

ALPINEのユーザーサポート
ヒューズボックスの常時電源の元から。
普通はヒューズからではなく、ボックス裏側の元から取り出すとのこと。
付属の電源コードがギボシのオスなので、それが挿さる加工が必要と思われる。
(付属コードの切断・加工はするなと説明書に記述あり。)
下記が「説明書と異なりませんか?」と確認したところ、バッテリー直でも大丈夫ですとのこと。
http://alpine.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1545

どれが正しいのか、いまいち決め兼ねています。
ちなみにALPINEに、ヒューズから電源を取るコードを使用しても良いか確認したところ、「10A以上確保できれば良い」との回答でした。

バッテリー直でも、「充電制御車」というものはできないと聞いたので、この車種は大丈夫?とディーラーに確認しましたが、それについても明確な回答は得られませんでした。
カー用品店は、そのような車種でも繋ぐ場所さえ選べば大丈夫とのこと。
これは車のメーカーに直接確認しなくてはなりませんかね、、、、。


付属の電源コードの先はギボシオスで、そのすぐ後に10Aのヒューズが入っており、他、リモート、オーディオ、アースの線と一緒になっております。
私としては安全なのであれば室内側から取りたい気持ち、危険なのであればバッテリーから取るしかないと思っております。
実際に同じようなウーファーを取り付けた方の意見をお聞きしたいのですが。
よろしくお願い致します。

お世話になります。
サブウーファーの取り付けを考えております。
(ALPINE SWE-1200 最大出力150W)
説明書には、「電源コードは、車両ヒューズボックスを通した後の「10A以上確保できる常時供給電源」に配線してください。」とあります。
ウーファーは「バッテリー直」と良く聞くので、念の為色んなところに質問した結果、下記の通りでした。

車を購入したディーラー
こちらでは接続作業自体をやってはいないが、お客様が接続したのを見ると、ナビの常時電源から分岐で取っている。

某有名カー用品店
ナビの...続きを読む

Aベストアンサー

私は車内にアンプとかプロセッサとか色々つけてるのでバッ直にしてます。その方がその後の機器変更が便利なので。

正直なところ、サブウーハーつけたいだけならバッ直にこだわる必要はないですよ。

雑誌とかバッ直薦めることは多いんですが、音質に有利!とか言ってもパワードサブウーハーだし。外部アンプ取付→セパレートスピーカーの良い奴とかならバッ直薦めますけどね。

基本はメーカーの言うとおり、10A取れるならバッ直にこだわる必要はありません。
バッテリ直で接続する場合、製品付属の細い10A接続ケーブルではなく、バッ直用のケーブル(かなり太い)を使う必要もあるし、車内引き込み等かなり手間がかかります。そこからさらにアップグレードするならその時バッ直で良いんではないですかね。

Qアクセサリー用電源の分岐について

当方DIY初心者です。
実際はオーディオの裏側をまだ見たことがないので、変なことを言っていたらすみません。

ワゴンR FXリミテッド(MH34S)に乗っています。
購入時に車外品のオーディオをつけてもらったので(ケンウッドU585SDです)
オーディオ裏にあるアクセサリー用電源を分岐させて
レーダー用の電源を取りたいです。
将来的には、ETCとドライブレコーダーも取り付けたいので
http://minkara.carview.co.jp/userid/569646/car/489445/881180/note.aspx
上記サイトの一番下にある4つに分岐しているY型接続端子を作るか
http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=2830
上記の電源分岐ターミナルを使って
ACC電源を4つに分岐してもしようかと思っているのですが
4つで合計15Aを越えないようであれば、いずれかの方法で大丈夫なものでしょうか。
実際のところ、オーディオの最大消費電流が10Aなので4股は厳しいかも?と思うのですが…

仮に、いずれかの方法でACCの赤い線を分岐させた場合
その他の線も分岐させなければならないですか?
(今のところ、ACC電源以外は不要ですが、他の線も同じ分だけ分岐しなけらばならない決まりがあったりするのかなと…)

それと、4股が厳しいようであれば、オーディオ裏以外では
一般的にどこからACC電源を引くものなのでしょうか。
以前やったことがあるヒューズボックスからの電源取り出しは簡単でしたが
あまり良くないという意見を目にしたので、それ以外の方法を教えていただきたいです。

なお、ドライバー、ギボシ、かしめ具等の工具類、検電テスターは所有しております。
全て頂き物で、自分で使ったことが無い初心者です。
(全く別物だとは思いますが、パソコンを組み立てたり、LANケーブルをかしめる程度の知識はありますが)
アドバイスよろしくお願いします。

当方DIY初心者です。
実際はオーディオの裏側をまだ見たことがないので、変なことを言っていたらすみません。

ワゴンR FXリミテッド(MH34S)に乗っています。
購入時に車外品のオーディオをつけてもらったので(ケンウッドU585SDです)
オーディオ裏にあるアクセサリー用電源を分岐させて
レーダー用の電源を取りたいです。
将来的には、ETCとドライブレコーダーも取り付けたいので
http://minkara.carview.co.jp/userid/569646/car/489445/881180/note.aspx
上記サイトの一番下にある4つに分岐しているY型接続端...続きを読む

Aベストアンサー

NO9の方の回答が付いてますね。
この方の回答も正しいと思います。

補足が多いので(笑) スマホで見ながら回答書いてます。

まず本ですが、それでOKですよ。
基本は、 常用電源、ACC(アクセサリー電源とも言います。)後は、グランド(マイナスとも言います。アースとも言います。)
後は、夜に電気に連動するスモール電源と言うのも有ります。
大体は、一昔前は、これでOKだったんですけど ナビには、車速信号 とかレーダー探知機には回答者9の方も書かれてる
OBDと言うのも有ります。(これは、ディーラーなどで、何処か壊れてるかどうかを調べる為の端子です。コンピューターに繋がってる所ですが、、、 僕は、まだ使った事有りません。)

ナビに、シガーライターの端子のメスを使うとの事ですね?
問題ないとは思いますが、ACC直結だとNO9の方も書かれてる電流値の許容範囲の問題が有ります。

ちょっと簡単に学校で習った勉強に成りますが
電圧=電流×抵抗  でしたね。
12V=何A×抵抗(この場合抵抗は、ポータブルナビです)
これで、ヒューズが切れないかどうかの判断に成ります。
そして、電気が足りない場合 別回路から探すか、リレーを使う事に成ります。

一昔前は、リレーは HIDヘッドライトが無い頃、 80Wのヘッドライトを点ける為に当たり前に使ってました。
また、クラクションにも使う事が多かったのですが、最近はそこまでの電気を食う物が少なくなったので、リレーは
違う使い方をしたりします。
詳しくは今回は貼り付けします。
http://www.amon.co.jp/diy/index.php?mode=contents&diy_id=68
中にユーチューブも有るようです。見て下さい。
A接点が普通の使い方 B接点が電気が切れたら電気が流れる使い方です。(今回は割愛します)

ACCとアクセサリーは同じ事です。
車のカギを挿したら一回動かしたら  ACC と表示されてると思います。
ですが、ヒューズはどこに繋がってるか解りません。

NO9の方が書かれてるように詳しくは、ディーラーで配線図を貰って何色が何の線かを教えて貰うのが一番です。
後、コピーで意外と簡単に貰えたりします。
ちなみに、ここのカテで良く有るのが、この色の線は何ですかとか有りますが、絶対に聞かないで下さい。
と、言うのも答えが絶対でないからです。(もし間違っていてショートしたら火災に成ります。)
良く有る事ですが、信じていいのは、自分で調べたテスターでの線と、ディーラーで電気回路図をもらった物だけを信じて下さい。

ACCとシガーの話は、上記のとおりに成り、ディーラーで聞いて下さい。
下手に出れば、ディーラーの方もちゃんと教えてくれますよ。

線の太さは、太い方が良いに決まってますが、やはり常識の範囲が有ると思います。
例えばですが、http://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=E176
使用可能電力:DC12V80W以下/DC24V160W以下
と書かれてますね。
つまり、80W以下にして下さいと書かれてますね。

E(電圧)=A(電流)×R(抵抗)
W(電力)=E(電圧)×A(電流)

この式、学校で習ったと思うのですが、、、
この線の場合、6.7A以下に使用して下さいという事に成ります。
80W=12V×?A

最後に、アースですが、出来るだけ太いに越した事はないです。
太い+と細いマイナスは良くないですよ。

大体、回答したつもりですが如何でしょうか?
参考に成れば幸いです。

最後にテスターをお持ちに成られた方が良いですよ。
1000円位ので充分です。
http://startelc.com/elc/elcLink/tester/elc_nArtcTester.html
頑張って使いこなして下さい。

NO9の方の回答が付いてますね。
この方の回答も正しいと思います。

補足が多いので(笑) スマホで見ながら回答書いてます。

まず本ですが、それでOKですよ。
基本は、 常用電源、ACC(アクセサリー電源とも言います。)後は、グランド(マイナスとも言います。アースとも言います。)
後は、夜に電気に連動するスモール電源と言うのも有ります。
大体は、一昔前は、これでOKだったんですけど ナビには、車速信号 とかレーダー探知機には回答者9の方も書かれてる
OBDと言うのも有ります。(これは、ディー...続きを読む

Q電装品の線の太さ

最近、電装品をいろいろ付けようかと思案中です。
それで線の太さがカーショップに行くと、たくさんあります。(0.5、0.75、1.25・・・)
車を見ると、結構細い線が多いです。
それで、既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?(例えは、0.5の線に、1.25のギボシ加工で繋げるととか・・・)
また、線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とするアンペア数ギリギリで耐えられる線を使ってるだけです。
つまり余裕が無いんです。
この余裕の無いトコから分岐させるのは危険です。

そして、車種によっては細い線のくせに、特殊な素材の線を使用して、細いのに高いアンペアを流してる場合もあります。
(特殊っぽい感じは被覆が透明で線の色が銀色だったりします)
(普通の線より硬い感じだったりもしてます)
(つまり一概に細いからって「低いアンペアが流れてる」とは限らないんです。。。)

線って、アンペアとボルトとワットの関係の話になっちゃうけど、御存じなければ、覚えちゃってください。
(ちょっとややこしい説明になるけど、読んでください)
(なかなか簡潔に書けないけどご容赦程を)
(覚えておけばとても便利)
(家電の話なんかでも使える内容なので)

カーショップなどで売られている線に「DC12V-200w以下」とか表示されているでしょ?

例えば、この線なら「DC12Vなら200W以下まで大丈夫だよ」って事です。

ボルト(V)xアンペア(A)=ワット(W)です。

ここから。。。

ワット(W)÷ボルト(V)=アンペア(A)ですよね?

つまり、この「例えばの線」は。。。
200(W)÷12(V)=16.666...(A)って事から。。。

16.666...アンペアまでOKって事です。
(まあ、16アンペアまでとしておきましょうか。。。)

この「16アンペアまでOK」のケーブルであれば、この線には「16アンペア」までの「負荷」を「使用出来ますよ」って事なんです。
「負荷」ってのは「取り付ける何某か」です。
例えばカーステやライトなどの電装品だと、解釈してください。

これらを踏まえて。。。

質問者さんがご覧になった、線で0.5や0.75って表示の後に「使用可能電力」とか書いてあって「DC12V-○○W」とかって記載があるでしょ?
(この記載が無いモノなんかバッタもんです、買わないで下さい)

このボルト数(V)とワット数(W)の記載があれば、上記の計算式でアンペア数(A)を求められますので、そのアンペア数値以下で使用します。

ボルト、アンペア、ワットのうち、どれか二つの数値が分かれば、残りの数値は計算式に当てはめれば弾き出せますよね?

車に「何か」を取付ける場合には新たに線を敷設した方がいいです。
(ホントはどっかを流用したほうがカッコいいんだけどね)

電装品を付ける場合には、その電装品の「必要アンペア数値」を確認して、そのアンペア以上に耐えられる線を使ってください。
(以上であればOK)
(言うところの太い分にはOKです)

「ぶっとい線」を一本、バッテリーや発電機のプラス側から車内へ引き込み、この「ぶっとい線」から分岐させて各種の電装品を取り付ければ、それなりにスマートな配線となります。
(電装品毎に線を車内に引き込むよりは、、、)

ですが、これとて、各種電装品の「合計アンペア数」に耐えられる「ぶっとい線」である事が条件となります。

各電装品の必要アンペア数が表示されてなくても、ワット数さえ分かれば、上記計算式からアンペアは求められますよね?

各種電装品のメーカーに「何アンペアなの?」って問い合わせてもいいけど。。。

そして必要アンペアが分かれば、それに対応した耐えられる線を使います。
ヒューズもその数値のモノを入れます。

<既設の車の線に繋ぐ場合、細い線で無ければいけないのでしょうか?>

「細い線で無ければいけない」とかじゃなくて、既設の線に流れてるアンペア数より、高いか?低いか?です。

低いアンペアしか流れてないトコから、より高いアンペアを求めるは出来ません。
出来ないと言うより危険です。
やっちゃダメです。

また、特殊な線っぽかったらちょっかいは掛けない方がいいです。
(分岐やギボシでは加工不可能な場合もあるし)

太いとこから細いのを取る=アンペア高いトコから低いモノを取るは出来ます。
(ヒューズボックス内から分岐させるはこれにあたります)
(所謂、パクって来るってヤツです)
(20Aのトコから10%くらいのアンペア=2アンペア程度を拝借するくらいなら問題は無いですけど、、、)
出来ますが、あまりお薦めはしません。

<線の太さは既設の物より太ければ、基本的に問題無しでしょうか?

これは、線を「入れ替える」とかですか?
でしたら、太い分には問題ないです。
(ちょっと無駄だけどね)

特殊な線っぽいのが使われてたら、流れてるアンペア数を調べて、その数値以上の線ならOKです。
流れてるアンペアが不明なら入れ替えとかはしない方が無難です。


車の電装品取付けには電源は出来るだけ、バッテリーや発電機から取ってください。
そして、あまりに多くの電装品を「取付ける」はしないで下さい。

あまりに多いとバッテリーや発電機の負担が大きくなり過ぎて、消耗の時期を早めたり、需要と供給のバランスが崩れて、エンジンが掛からないとか、渋滞中にエンストしてウンともスンともってなってしまう場合があります。

程度問題ですが、あまりゴテゴテ着けない方がいいですよ。

重要な部分ですが、あまりに難しく考えないで下さい。

線は「太い」「細い」と考えるのではなく「何アンペアまで耐えられるか?」なんです。

まあ、一般的には、太ければ太い程、耐えられるアンペア数は高くなります。

線の太さはボルトとアンペアの話になってくるんですけど、細かく書くと書ききれませんので、車でDC12Vについての話として書きます。

<車を見ると、結構細い線が多いです。>
これはコストを削減するためにギリギリの太さの線を使ってるだけです。
「その部分」が必要とする...続きを読む

Qヒューズボックスから電源取り出し

ネットで調べると取り出しの位置は表記のないサイトもあり、ヒューズの電源の入り口側(+)から取るように指定するサイトもあります。
入り口側から取る理由は、出口側(-)から取ってしまうと、元のヒューズに追加した電装品の負荷も上乗せされることになるので、過負荷でヒューズが切れる恐れがある、としています。

これで納得していたのですが、今回ポータブルナビの電源を取ろうとして購入したSEIWAのキット(F226 ターミナルソケット)の説明書には、ヒューズの出口側(-)から取り出しように指定されていました。(説明書当該箇所画像添付)

ヒューズボックスからの電源取り出しは初めてで、電気回路に疎いのでどちらが正しいのかわかりません。
どちらが正しいのでしょう?

Aベストアンサー

整備士です。

参考の写真のようにしてください。
出力側が正しいです。

シガライターのフューズから取ると思いますが、
シガライターの容量が10Aだとして・・・
シガライターに9Aの機器を取り付け・・・
フューズからのケーブルが3Aだとしたら・・・
正常なつなぎ方ならフューズが切れます。

逆に入力側にケーブルが付く場合は、
フューズボックスまでのケーブルに12A流れるわけです。
余裕は有ると思いますが、10A用のケーブルに12A流れるわけです。
自己責任と言ってしまえば・・・
制限速度も守らなくてよいし・・・赤信号でも通って良いわけです。
貴方の車が火災を起して・・・で済まないですよ!

安全を考えて説明書がある訳で・・・・
プラス側にコードを付けるなら・・・
その直後に、正規フューズの2割ぐらいのフューズを入れる必要が有ります。

Qシガソケのヒューズ10Aを15Aに交換したい

車側のヒューズが15Aなので後付けシガーソケットのヒューズを10Aから15Aもしくは14Aなどに交換することは可能ですか?

Aベストアンサー

構いませんよ自己責任なのですから。
20Aでも30Aでも交換は可能です。

しかし、なぜ、10Aのヒューズが入っているのかを考えてからにしてくださいね。

ヒューズボックスから、シガライターまでの電線が10Aのヒューズで持つ範囲の物しか使っていないから、10Aのヒューズが選ばれてついているわけです。

電線なんかつながっていればよいというものではありません。
電線は、細いと電気が流れにくく、熱を発生します。
この熱で、電線の回りにある絶縁用のビニールが劣化し、ぼろぼろになったり、溶けたりします。
最悪は、発火に至ります。

それを防ぐために、ヒューズが設けられていて、電流値の上限以上に流さないようにするためのヒューズが設置されているわけです。

電線は、太くすればそれだけコストが上がりますので、必要以上の太さの電線を自動車メーカーは使用しません。


つまり、ヒューズで流せる電気を多くしたとしても、流す電線がそれに耐えられなければ、電線が溶けたり劣化してショートしたり燃えると言うだけの話です。

それが自己責任で了解できるのであれば、何Aのヒューズを入れても構いません。


交換して安全に使用できるのか?と私が聞かれたら、やめた方がいいですよ。と答えます。

まぁ、こんな内容が書かれれば、「そんな話なんか聞いちゃいねえ!何アンペアのヒューズまでなら大丈夫なんだよ!」
と言う人もいるでしょうねw

そうなると最初から入っているものまでです。と言うのが答えにしかなりません。
それがメーカーが安全だと判断している物だからです。
それを越えればメーカーは補償しませんからね。

メーカーが保証しない範囲まで大丈夫だ。と言うのは無責任な話ですし、そんな事を書く人のほうが信用できる物ではありませんからね。

構いませんよ自己責任なのですから。
20Aでも30Aでも交換は可能です。

しかし、なぜ、10Aのヒューズが入っているのかを考えてからにしてくださいね。

ヒューズボックスから、シガライターまでの電線が10Aのヒューズで持つ範囲の物しか使っていないから、10Aのヒューズが選ばれてついているわけです。

電線なんかつながっていればよいというものではありません。
電線は、細いと電気が流れにくく、熱を発生します。
この熱で、電線の回りにある絶縁用のビニールが劣化し、ぼろぼろになったり、溶けた...続きを読む

QヒューズボックスからACC電源の取り方について

初めて質問させて頂きます。
現在、レガシィツーリングワゴン(H6式BG5)に乗っています。
ETC用にACC電源を取りたいのですが、ヒューズボックスから取ろうと思っています。
そこで、ヒューズボックスを見てみると、色々なヒューズが挿さっており、どれがACC(アクセサリ)電源なのかよく分かりません。
車にお詳しい方、どなたか教えて頂けないでしょうか?
下記が、ヒューズボックスの中のヒューズの一覧です。

15A バックターン
20A ワイパウォッシャ
20A シガーライタミラー
15A (フォグランプ)
10A テールクリアランス
15A (ワイパデアイサ)
20A リヤデフ
10A イルミライセンス
10A (ハイトコン)
20A (ドアロック)(キーレス)
20A ストップホーン
20A メインファン
10A バックアップユニット
10A メータ
15A エンジンイグニッション
15A ラジオ
10A (クルーズ)(ABS)
20A (ソレノイドABS)
15A ブロアヒータ
15A ブロアヒータ

おそらく、
20A シガーライタミラー
なのかなーと思っているのですが、ひょっとして
15A エンジンイグニッション
なのかなーとも思ってます。

ちょっと困っていますのでよろしくお願いいたします。

初めて質問させて頂きます。
現在、レガシィツーリングワゴン(H6式BG5)に乗っています。
ETC用にACC電源を取りたいのですが、ヒューズボックスから取ろうと思っています。
そこで、ヒューズボックスを見てみると、色々なヒューズが挿さっており、どれがACC(アクセサリ)電源なのかよく分かりません。
車にお詳しい方、どなたか教えて頂けないでしょうか?
下記が、ヒューズボックスの中のヒューズの一覧です。

15A バックターン
20A ワイパウォッシャ
20A シガーライタミラー
15A (フォグラン...続きを読む

Aベストアンサー

板ヒューズならば向き(挿す方向)は関係ありません、ヒューズを挿せばヒューズの左右に流れますあくまでも元電源→ヒューズ→ETCと流れないとヒューズの意味がありませんのでヒューズを抜いた時の電気が来てない方に配線をつけるのです
アースはテスターなら鍵の金属部分が一番いいですよ、配線となると無理なので他を探さなければなりませんが・・・ラジオの裏には全部の配線が来ているので(ACCもアースも)結果的に簡単で安全だという話です
ではではがんばってください

Qカースピーカーのツィーターの意義教えてください

タイトル通りです。それと最近ネットワーク付属って言葉をよく見かけます。よくわかりません詳しい方お願いします

Aベストアンサー

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで低音から高音まですべてを再生しようとすると、この相反する条件のすべてを満たすことが難しいのです。このような理由により低音から高音までの間をいくつかのスピーカーで別々に再生する方が無理が無いのです。

一つのスピーカーですべての音域を再生するスピーカーをフルレンジスピーカーと呼びますが、マルチウェーシステム(帯域ごとに複数のスピーカーを使う方式)と同等の帯域を持たせるのはかなり難しいのです。たとえば大きな重い振動板で高音を再生しようとすると、高音は振動が速いため振動板が一様に振動せず、中心と周辺で振動のずれ(振動板がたわんでしまう)が生じる(分割共振といいます)ようなことが発生し、ひずみの原因になったり振動板が大きく重いため、速く動かすのには大きな電力が必要になります、これはすなわち高音部での能率が落ちることを意味しています。逆に低音部ではできるだけ大きな振動板でできるだけ多くの空気を振動させてやる必要があります。小さな振動板では振動板周囲の空気が振動板の動きに合わせていったり来たりするだけで、音となって出てこないのです。そこでこれらのフルレンジスピーカーではダブルコーン(低音用の大きな振動板の中央に高音用の小さな振動板持ったもの)や中央のキャップの部分を金属のドーム状の高音用の振動板にした物などがあります。

マルチウェシステムの最も単純なものが2ウェーと呼ばれる低音用のスピーカーと高音用のスピーカーの2種類のスピーカーで構成されるシステムです。この他にも3ウェー(低音・中音・高音)や4ウェー(3ウェーに更に超高音や超低音を追加した物)等があります。スーパーウーファーやスーパーツィーターはこれらの帯域を再生する為のものです。

ネットワーク(正確にはクロスオーバーネットワークと言います)は、これらの各音域専用のスピーカーに必要の無い(たとえば高音用のスピーカーに低音の信号を加えても無意味であるばかりか、音のひずみやスピーカーの破損に繋がります)音域の電力が伝わらないように、アンプから出力された電力を周波数ごとに分けて、それぞれのスピーカーに適切な部分のみを伝える為の装置です。通常はコイルとコンデンサーによる一種の電気的なフィルターです。マルチウェースピーカには必ず必要な装置です。

市販のアドインツィーターには、ツィーターの再生可能な周波数のみを通すネットワークが内蔵されてる場合が殆どなので、特にネットワークをつけることをしませんが、この場合、元々のスピーカーシステムでも再生できていた部分とアドインしたスピーカーの再生する部分が重なってしまうと、重なった部分だけ強く再生されてしまい、不自然な音になる場合もありますので、やはり本格的にやるのであれば再生帯域に応じたスピーカーを選び、それぞれのスピーカーの再生帯域に見合ったクロスオーバー周波数(帯域ごとに分離する周波数をこう呼びます)をもったネットワークの組み合わせが必要です。更にはそれぞれのスピーカーの音圧レベル(スピーカーの能率です)が異なる場合はアッテネーター(一種のボリュームです)でスピーカーごとの音量を同じに整える必要もあります。まぁ、車ではここまでやるのはまれでしょうが・・・

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで...続きを読む

QETCアンテナの取付位置について(専門家の方お願いします)

ETCアンテナの取付位置について質問なのですが、
オートバックスでETCを購入し、
ETCについて特に詳しくもなかったので
おまかせで取り付けてもらいました。
写真のような黒●ゾーンにアンテナが取り付けてあります。
(見難い写真ですみません)

後日、いつもオイル交換でお世話になっている外車専門の
車屋さんのところに行ってETCを見せると、
アンテナは黒●ゾーンに取り付けなくても
写真でいうと黒●ゾーンの左の黒いベタ塗りのゾーンでも
電波が飛ぶので大丈夫ですよ。と言われました。

オートバックスに問合せると黒いベタ塗りのゾーンでは、
電波が飛ばないからETCは使えません。と言われました。

私としては出来るならアンテナはなるべく見えにくい
黒いベタ塗りのゾーンに取り付けたいのですが、
車屋さんかオートバックスかどちらの言っていることが
正しいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

ちなみに車は、FIAT500、ETCはパナソニックのCY-ET909KDです。

Aベストアンサー

かつてカーナビ、ETCの主に無線部分開発に従事していました。

ETCのアンテナですが、まずウィンドウシールド(フロントガラス)の材質については、国産車については電波を遮蔽してしまうタイプは、自分の知る範囲では、ごく一部の車種で、オプションとして選択が出来るのみになっています。そうでないと、ケータイの使用にも面倒なことになるからです。

オートバックスの店員さんは、この点に関して言えば手抜きですね。店頭に、そういうガラスが使われているかどうかの一覧表が必ずおいてあるはずだからです。

あくまでも自己責任ですが、アンテナを隠したいと思うときは、内装を剥がす気合いがあればダッシュボードの中に入れてしまう、という方法もあります。アンテナを斜め前になるよう取りつければ、問題なく使用できるはずです。もし実行なさるのでしたら、交通量の少ない時間帯に高速のゲートへ行って慎重に動作確認してください。

ダメなら次の策を考えればいいだけの話です。

ETCよりももっと電波条件の厳しいカーナビのGPS、ライン装着用は多くがアンテナをダッシュボード裏に埋め込んでいます。本当は天井に取りつけるのが理想ですが、見栄のもんだいですね。GPSでもうまくいっているのですから、それほど神経質になる必要はないですよ。

かつてカーナビ、ETCの主に無線部分開発に従事していました。

ETCのアンテナですが、まずウィンドウシールド(フロントガラス)の材質については、国産車については電波を遮蔽してしまうタイプは、自分の知る範囲では、ごく一部の車種で、オプションとして選択が出来るのみになっています。そうでないと、ケータイの使用にも面倒なことになるからです。

オートバックスの店員さんは、この点に関して言えば手抜きですね。店頭に、そういうガラスが使われているかどうかの一覧表が必ずおいてあるはずだ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報