当方30代後半のメタボ(70kg)です。

ロッククライミングに興味があるのですが、どうやって始めたら良いでしょうか?

また、体力には全く自身がないのですが、何回ぐらい懸垂が出来れば大丈夫なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

所謂フリークライミングでしたら、クライミングジムから始めるのが手軽です。



市川の近くだと

【船橋ロッキー】
住所:〒273-0022 船橋市海神町2-225-1
電話番号:047-431-4946
E-mail:Rocky@honjo.gr.jp
または
【T-wall錦糸町店】
住所:〒135-0001 江東区毛利2-10-12
電話番号:03-3634-0730 FAX:同左
E-mail:t-wall@nona.dti.ne.jp

でしょうか。
詳細は直接確認してください。

運動はクライミングに限らず、メタボではなく体力があった方が良いことは確かですが、とりあえずやってみなければ何も始まりませんよ。

下記URLはジムのリストです。

参考URL:http://www17.big.or.jp/~yuuko/climbing/gym/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

「やってみなければ始まらない」おっしゃるとおりですね。
運動が苦手なのでどうにも足踏みしてしまいます。。。

お礼日時:2009/07/25 00:33

やはり、初心者向けクライミング教室等を定期的に企画しているアウトドアショップがあれば、そこに申し込んでステップアップするのがよいと思います。

 市川の近くにあるかは判りませんが。

>何回ぐらい懸垂が出来れば大丈夫なんでしょうか?
「あぶみ」といわれる梯子を駆使して登る方法があります。それなら懸垂ができなくても登ことはできます。私のクライミング仲間も20~50代の女性がいます。腕力のないことを十分知っている女性のほうが器具を適切に使い案外器用に登っていきますよ。力自慢のマッチョな男性軍は腕力に頼ってギブアップが早いです。(あくまでも初心者さんです)ただし梯子に足を入れ、よじ登るくらいのことは必要ですが。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

必ずしも腕力が必要なわけではないのですね。

お礼日時:2009/07/25 00:30

ロッククライミングですね?


フリークライミングじゃなくて。

ロッククライミングはパートナーが居ないとできません。
(岩場の低いところでやるのは別で、これはボルダリングというんですね)。
ちょっとノウハウもあります。

社会人山岳会に入るしかないでしょうね。
あるいはショップやフリークライミング場に通って、仲間を募るかです。

ただし、当方大学ワンゲル出身ですが、この世界は閉鎖的で付き合いづらい人が多いので、相手を選んだほうがいい。とんでもなく困った性格の人、多いですね(だからもう足洗ってますが)。

>力には全く自身がないのですが、何回ぐらい懸垂が出来れば大丈夫

えーっと、指が釣ります。
箸が握れません。
30代ですと、翌日筋肉痛ビンビンです。
うまい人は痩せた人多いです。

というわけで、他のご趣味をお勧めしますよ!
若い頃からやっているなら別ですが、とっつきづらい趣味ではあります。
(ストイックなんで、そんなに楽しくないですって(笑))

どうしてもいうのでしたら家に使わない器具あるから、差し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

この世界は意外と閉鎖的なんですね(笑)

どうも、楽しそうに思っていたのですが、もしかしたら
勘違いなんでしょうか!?

お礼日時:2009/07/25 00:31

 えーと、それでは下記のサイトから近い処を選んでいただくと良いでしょう。



参考URL:http://www.karirunara.com/sports/climbing.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

以外と近くにもあるみたいですので、
今度前を通って様子を伺ってみようと思います。

お礼日時:2009/07/25 00:32

 室内クライミングをやっているところがあるので、ご利用されてはいかがでしょうか??


お試しコースもありますし、用具も借りられますよ。(参考URLは一例です。)

参考URL:http://www.cityrockgym.com/

この回答への補足

すみません。すっかり書くのを忘れていましたが、千葉の市川在住です。

補足日時:2009/07/13 01:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイキング靴選びを教えて下さい。 当方アラフィフ男です。 この度、山男デビューをしたいのですが、靴選

ハイキング靴選びを教えて下さい。

当方アラフィフ男です。
この度、山男デビューをしたいのですが、靴選びがわかりません。
足は幅広く、2Eはややキツく、3E向きでしょうか…今まで色んなスポーツをやってきたので、体力はそこそこある方と思います。長時間になると、足首や膝や腰に少し不安あります。
山の知識が全くなく、とりあえず日帰りの軽登山を楽しみたいです。
モチベーションのために、持ってるスニーカーでデビューでなく、エントリー向きの専用靴を買いたいです。どなたかアドバイスお願いします。具体的に商品名や型番もわかれば助かります。

Aベストアンサー

住まわれている街またはその近隣に登山用品店か登山用品を扱うスポーツ用品店はありますか?
あればそこへ行かれて実際に物を見、履いて確かめて購入しましょう。
上記のようなお店でしたら店員さんが擬態的な相談に応じてくれます。特に登山用品店であれば店員さん自身が登山をされる方で靴や用品選びについて細かなアドバイスもいただけます。
ちゃんとしたお店ですと、登山靴売り場には登りと下りでの具合を確かめられる台がよういしてあり、そこを実際に歩いてみて足首の動き具合を確認出来るようになっているなどします。

日帰りの軽登山からはじめられるのでしたら、「このあと本当に続くか?」というところも考え、量販店でサイズがあったハイカットのトレッキングシューズを買う、、、というのも有りかと思います。

なお、ネットで具体的な選び方を調べたい場合はGoogleなどで「トレッキングシューズ 選び方」とか「トレッキングシューズ 選び方 初心者」とかいったキーワード、またはトレッキングシューズを登山靴に代えてみるとかして検索すると登山関係のサイトや個人の方、登山用品店のサイトなどにある説明ページが多くヒットします。お試しください。

参考まで。

住まわれている街またはその近隣に登山用品店か登山用品を扱うスポーツ用品店はありますか?
あればそこへ行かれて実際に物を見、履いて確かめて購入しましょう。
上記のようなお店でしたら店員さんが擬態的な相談に応じてくれます。特に登山用品店であれば店員さん自身が登山をされる方で靴や用品選びについて細かなアドバイスもいただけます。
ちゃんとしたお店ですと、登山靴売り場には登りと下りでの具合を確かめられる台がよういしてあり、そこを実際に歩いてみて足首の動き具合を確認出来るようになっている...続きを読む

Q富士山に登る体力をつけたい

運動不足なので、全然筋肉がありません。

この間アスレチックに行ったら、翌日びっくりするほどの筋肉痛に襲われました。
(30代半ばの女なんです)

最近友達と富士山登ろうという話が出てるんですが、アスレチックの筋肉痛で
体力不足を痛感し怖くなりました。

ウォーキングから始めるのはもちろんですが、山道を登れる体を作るには何を
すればいいでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、低い山をハイキングすることでしょう。体力もそうですが、装備も必要ですし。
そういうのは、経験しないと言われても身に付きませんから。
それに、その装備を背負って坂道を延々上るわけですから、その重量にも慣れないといけないし。
普段やるなら、適当な荷物を背負っての階段の上り下りも有効かと思いますよ。

Q楽しかった富士山、登りと下り体力配分

初めてで単独だったので、ガイドさんに付いてもらいました^^(吉田ガイド)

ガイドさんのお話で「登り3割下り7割の配分で登ります」

なるほどねって思いながら・・・その時は納得したつもりでした

散々頂上で探検(残雪もありめちゃんこ寒かった(笑))

お昼御飯を五合目レストランで食べる事にして9時ごろ下山開始しました

ところがです・・・・・なんともないと思てった左ひざに痛みを感じました

何とか3時間で5合目まで下ることができましたが・・・・・

体力配分とは一体何を配分すればよかったのでしょうか?
登りのペースを下げればもっと楽に下れたのでしょうか?

その時は夢中だったので疑問にも思わなかった

配分とはどうやって何を配分すれば良いのでしょうか?
楽に下る秘訣を教えてください

ちなみに写真はお鉢巡り中のです^^

Aベストアンサー

>体力配分とは一体何を配分すればよかったのでしょうか?

基本的に、登山で言うところの体力配分というのは、
心肺機能に関するもので、要は息が切れたり、ぜえぜえはあはあ
言わない程度にゆっくり登りなさい。というものです。

次に筋肉に関するもの。特に膝ですね。
俗に言う膝が笑うというものです。
確かに登り方を変えることによって、筋肉疲労の蓄積を和らげる
ことはできます。

いわゆる静荷重といわれる歩き方のことですが、
たったか、たったか足を動かさずに、
ゆっくりあげて、ゆっくりおろす。これを繰り返すことです。
http://www.yabukogi.net/viewtopic.php?f=11&t=2691&p=16009
特に歩幅は小さく、ペースもゆっくり、
時には階段の一段一段を一歩ずつ歩かずに、
二歩、三歩と分けて歩く。
斜面をまっすぐ下らずに、斜め斜めに下るなどして、
膝関節にかかる負担を減らす歩き方です。

もっとも、登山の特にくだりに関しては、
途中の歩き方を変えることも大切ですが、
普段からのトレーニングで、その部分の筋肉を特に強化
しておくことのほうが重要です。
その両方がなければ富士山クラスの下りでは
しんどいものと思ってよいでしょう。

登山の下りで使う筋肉を鍛えるのに
もっともポピュラーなのはふくらはぎを鍛える
「カーフレイズ」
http://www.training-craftsman.com/kintore-fukurahagi-calf.html

大腿四頭筋を鍛える「スクワット」などです。
http://matome.naver.jp/odai/2134682714158177601

全体的な歩き方に関してはこちらが詳しいのでご参考に。
http://www.rakuzankai-1976.jp/anzentisiki/arukikata.html

>体力配分とは一体何を配分すればよかったのでしょうか?

基本的に、登山で言うところの体力配分というのは、
心肺機能に関するもので、要は息が切れたり、ぜえぜえはあはあ
言わない程度にゆっくり登りなさい。というものです。

次に筋肉に関するもの。特に膝ですね。
俗に言う膝が笑うというものです。
確かに登り方を変えることによって、筋肉疲労の蓄積を和らげる
ことはできます。

いわゆる静荷重といわれる歩き方のことですが、
たったか、たったか足を動かさずに、
ゆっくりあげて、ゆっくりおろす。こ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報