去年の3月にハチロクを購入しました。
夏になって渋滞などにハマリ、アイドリング状態がつづくと、すぐに水温が上がリ過ぎる状態になってしまいました。
その後、冬になり涼しくなってからは問題はありませんでした。
しかし、最近になってまだ気温も低いのに、水温がすぐに上がってしまう状態になってしまいました。
普通に街中を走っているだけです。
ちなみにリザーバータンクは水が入っていました。

1:どうしてこうなってしまうのでしょうか?
2:水温が高い時に、ラジエターキャップの上に付いているボタンを押してはいけないのでしょうか?また、そのボタンは何のためについているのでしょうか?
3:リザーバータンクはどういうときに使われるのでしょうか?
4:水温がめいいっぱい上がった状態で走りつづけるとどうなってしまうのでしょうか?(オーバーヒートって実際の症状はどういう事ですか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 冷却水は流れているのでしょうか。

ラジエータキャップを外してエンジンをかけてみて、

1.流れが見えるか? 全く見えなければ、ポンプが不良かも? 冷却水管理を怠った古いクルマはインペラーが腐食して吐出圧が弱くなるおそれがあります。エンジン回転を上げると同時にラジエータ内の水位が下がれば、サクションは異状無しですね。
2.暖まるに連れてLLCのレベルが上がりこぼれてしまいますが、少しくらいですから気にせずにサーモスタットが作動するまで放置し、ある点で急に水位が下がればサーモスタットは正常に動作しています。 

 できれば、ラジエータキャップ口に温度計を差して、実際の水温を測りつつ、メーターパネルの水温計と比較して見ることをお勧めします。本当にオーバーヒートしているのか、水温計の指示が狂っているのかが判別できます。水温計の指示と水温の関係は整備書に出ているので、参照してください。

 古いクルマのオーバーヒート気味対策は難しいですよね。自分も14年選手のファミリアで悩んでいるところですから。頑張ってくださいね。進展があったら、参考にさせていただきますので...(笑)
    • good
    • 9

該当車種でオーバーヒートの原因として考えられるのは以下のとおりです。


1)ラジエーターの目詰まり(外部のエア通路ではなく冷却水の通路が湯垢などで詰まる)
2)冷却ファンのフルードカップリングの不良。ラジエーターファンとウォーターポンプは直結ではなくフルードカップリングと言う部品で結合されています。この部品は温度が上がるとファンに伝達するトルクが大きくなるように動作し、温度が低い場合は滑ってファンの回転を必要以上に上げない役目をしています。この部品が不良になると温度が上がってもファンに十分なトルクが伝達されずオーバーヒートします。
3)ウォータポンプのインペラーの摩滅。高回転を常用するような運転では、ポンプのインペラー(羽)がキャビテーションを引き起こしそのために急激に摩滅してしまう場合があります。
4)ヘッドガスケットの吹き抜け。ヘッドガスケットの冷却水通路部分の気密が損なわれ、冷却水に燃焼ガスが混入し冷却水の循環を阻害する場合があります。

アイドリング状態が続いたときのみ、オーバーヒートするのであれば、フルードカップリングかウォータポンプが考えられますが確立から言えば、フルードカップリングの不良の方が多いでしょう。車を停止した状態で、水温が上がる(オーバーヒート少し手前)まで待ち、停止したままでエンジンの回転を2000RPM程度まで上げ、水温計を確認します。この時水温が下がるようであればウォーターポンプ不良の可能性が大きく、さらに温度が上昇するか変化が無いようであればファンカップリングの不良と考えてよいでしょう。

ラジエーターキャップの上についているボタンはエンジン温間時に冷却系統の圧力を逃がすためのもので、エンジンが冷えていないときにラジエーターキャップを開ける時はこのボタンを押して内圧を開放してから開けることで、冷却水が噴出す(通常冷却水には圧力(0.8Kg/Cm程度)が掛けられており、圧力が急に減少すると異常沸騰して一気に噴出すことがあり非常に危険です)ことを防ぐものです。基本的に使わないに越したことは無いですが、冷却水路内の減圧を急ぐ場合などには使用できます。ただし、素手や軍手などで押すことは避けるべきで、ドライバーシャフトの部分を手に持ち、柄の部分で押すくらいの用心深さが怪我をしないコツです。

リザーバータンクはエンジンが温まっているときに冷却水が膨張し外部に出てくるので、それを蓄えておく役目をします。この時出てきた冷却水はエンジンが冷えれば、冷却水通路が負圧になるため、また冷却水通路に戻りますので冷却水通路内は常に、冷却水で満たされています。通常の冷却水量の点検はリザーバータンク内の点検だけでOKなのはこのためです。ただし、冷却水通路に欠陥(もれなど)があると負圧になったときそこからエアーを吸ってしまい役に立たない場合もあります。

オーバーヒート状態のまま走りつづけると、まず、ノッキングなどの異常燃焼が起こりエンジンのパワーが落ち始めます。そのうちエンジンルームから水蒸気が吹き上がり、本格的にオーバーヒートし、さらに走りつづければエンジン(特にシリンダーヘッド)の部品が熱で歪みガスケットの吹き抜けなどの症状が出ます。さらに続ければ高温によってオイルの潤滑性が失われ焼きつきや、オイルによる冷却(ピストンなど)が不十分になるため、ピストンが溶けるなどの致命傷に至ります。
    • good
    • 4

ラジエーター関係は色んな要素でオーバーヒートになります。

他の方の回答のように、サーモスタットの不良、
電動ファンの不良、ウォーターポンプの不良、ラジエーター自体のつまり、液漏れなどです。
原因がわかっているなら直すのも簡単ですが、わからない場合、素人では判断やばらして点検するのはちょっと無理かもしれません。
ディーラーに持っていってラジエーター周りを点検してもらいましょう。安いものから順次交換していくしかないと思います。
最初に、直結にしてファンが回るかどうか。
次に、サーモスタットを交換してみる。
と、順次追ってやっていくしかないでしょう。
すべてやってもダメな場合、ラジエーター自体のつまりが
考えられるので、修理が必要です。
古い車はこれが起こりやすいです。
    • good
    • 5

FR車の場合は、ファンはエンジン直結ではなく、軸にカップリングが入っています。

冷えているときはスリップさせています。このカップリングが劣化してファンが「空回り」しているとヒートしやすくなります(特にアイドリング時)

サーモスタットが劣化して、水温が上昇しても開かない
EFI車は交換に難儀しますがAE86は簡単に交換できると思います

ウオーターポンプの不良
ベアリングやシール不良が多いですが、フィン断裂の場合もあります(多くは異音がします)

リザーバタンクは水温の上昇で冷却水が膨張するのを吸収する。自然蒸発分を補給する。のが主な目的です。(スローリークしている場合などもリザーバータンクの液面を点検していると容易に発見できます)

オーバーヒート状態で走りつづけると、カラカラとノッキングしたような音がして急に力がなくなり、エンジンが止まります。そしてこげくさいようないやなにおいがします。
 この程度なら、冷やしてから水を補給すればまた走り出せますが、エンジンには良いことではありませんので極力避けましょう(以前の職場の車で経験あり)
    • good
    • 1

私も昔そういうことになりました。


原因はいたって簡単でした。自分でも確かめられます。
当時は、オーバーヒートでパニックになり。チェックしたら、単に、冷却ファン(大きいやつね)が水温が上昇しても回ってませんでした。電源と直結したら軽快にファンが回りました。
    • good
    • 2

1番 冷却系(水の流れているところ)の途中にあるサーモスタットは大丈夫ですか?


ハチロクだと結構古くなっているので(ごめんなさい)、ラジエーターの水漏れ防止剤
を入れたことがあると、それが原因でサーモスタットが固着してしまうことがあり
ます(経験談)。あと、冷却系のつまり(人間でも血管が詰まることありますよね)
はないでしょうか?
あ、もちろんエンジンをいじってパワーを上げてあればそれだけでオーバーヒート
の原因になるはずです。
2番 ラジエーターのキャップは圧力釜のような構造になっていて、圧力をあげて
水温を100度以上にしています。これは空気との温度差が大きい方がラジエーター
での効率がよくなるからです。こんなときにキャップをはずそうとする高い圧力で
キャップが勢いよくはずれて熱湯が噴き出し、やけどするおそれがあります。
これを防ぐために圧力を逃がすのがキャップのボタンです。気をつけないとやけど
することがありますが、押してはいけないわけではないです。
3番 2番で圧力釜のような、と書きましたが、ある程度の圧力になったら圧力を
逃がすようになっています。リザーバタンクがないと水蒸気としてどんどん冷却水
が減ってしまいます。場合によっては熱湯の状態であふれることもあります。
リザーバタンクはこれらを一旦ためておきます。キャップには温度が下がると外部
の空気または水を吸い込む構造にもなっています。リザーバタンクがない場合は空
気を、ある場合にはリザーバタンクの水を吸い込むようになっています。
4番 いろいろありますが、たとえば、エンジンの回転を下げたときにストールする。
回転を高く保っていると焼き付く、などですか。焼き付くまで行かなくても、ヘッド
をはずしてゆがみをとる(確か面研って言ったかな)など結構修理代高くつきますよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水温計が渋滞で走行時あがる

通常走行時、水温計以上なしですが、渋滞走行時
水温計のメモリが赤い印の4から5mm下まで近づき不安です。
車の原因として考えられ物をお教えください。
またクーラントはどういう原理で流れるのでしょうかあわせてお願いいたします。

Aベストアンサー

お車の年式、走行距離及び国産か輸入車かが分かりませんが水温が上昇する原因としては、サーモスタット(車種により水温が上がらなくなるものも)、ラジエターのつまり(古い車の場合)、Vベルトの緩み,電動ファンの故障、ウォーターポンプの故障、各部温度センサーなどの故障、といろいろ考えられます。またクーラントはウォーターポンプで循環させてます。最近の車であればそんなに水温の上昇はないと思いますので早めに点検してもらったほうがいいでしょう。

Qオーバーヒート 40km程度走行時には水温計がH上限

平成9年デミオ1300ccで2年半乗っています。

オーバーヒートだと思います原因はわかりますでしようか
・サーモスタット、ウォータポンプ、あるいはそれ以外 
・おおよその修理費用はわかりますでしょうか


状況
・40km程度走行時走り始めて約5分から10分程度で水温計がH上限まであがります。 それ以上になりそうですが怖くて車を止めています。
・そのときに室内ヒータから温風はでます。
・室内ヒータから温風を最強で出すと水温計はHの上限から少し下がります。
・水温計が真ん中付近より上になるとラジエターの冷却ファンが回り始めます。
・水温計がH上限まであがってもラジエターキャップはあまり熱くなりません。
・水温計がH上限まであがったときにエンジンを止めラジエターキャップを緩めるとやや熱い風呂程度の湯があふれてきます。
・冷却水はリザーブタンクのLOW位置から2cm程度の位置までありました
 現在は追加してFULLになっています。
・2、3日前にエンジンルームからがりがりという音がしました。
 音は今はしていません

Aベストアンサー

>ウォーターポンプも怪しいように思うのですがウォーターポンプが壊れていてても暖房用のヒーターから温風はでるのでしょうか ?
ヒーターから温風の暖かさはいつもと変わりないようです。
確かにそうですね。ウォーターポンプの故障であれば、ヒーターコアまで熱は回らない可能性は高いです。サーモの可能性が高いのですが、エンジンのがりがり音の方は?なんだったんでしょう?

Qラジエターの所に付いている電動ファンについてですが、

ラジエターの所に付いている電動ファンについてですが、

エアコン使用時、走行中も電動ファンは回っているのですか?
走行中は風があたっているので回転する必要がないと思うのですが
実際はどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ファンは1個の車だと思いますので、同様にファン1個の某車の例を、
冷却水温が設定(約93℃)以下だとファンは停止していて設定以上になると回りだします。設定以下であってもエアコンを使うと回ります。エアコンで室温が設定温度になるとエアコンコンプレッサが停止するのでファンも停止します。コンプレッサが停止しても水温が設定以上だとフアンは停止しません。走行中はラジエタやエンジン部の通風が良いので冷却も良くなり、ファンが回らない状態が多くなります

Qリザーブタンクから冷却水が戻らない

ラジエター、リザーブタンクとも規定量の冷却水を入れて、10分ほど走ってから、しばらく停車をしていたらリザーブタンクから道路に溜まるほどあふれていました。

その後、そのままの状態で5分くらい走ったところで水温計の針がレッドゾーンまで上がったので車を止めてしばらくしてからラジエターキャップをはずしたところラジエター内の水が減っていて、リザーブタンクは一杯でした。

どんな原因が考えられますか?

Aベストアンサー

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、ターボでインテークマニホールドが1気圧以上にならないように運転してやれば冷却水を温存させながら修理工場までたどり着ける可能性があります。)。


とりあえず、原理だけ。

エンジン内部は、燃焼室やエンジンオイルが入っている空間があります。その外側の空間には、冷却水が満たされる空間が作られております(実際は入り組んだ構造ですが。)。

エンジンは、もともとバラバラの本体を組み立てて1つのエンジンになっているのですが、そのつなぎ目部分はガスケット(パッキンの役目と同じ)というのもで密閉させます。ガスケットの形状は、薄い金属板をやわらかい石に包んだもの、耐熱高圧水道ガスのパッキンと同じ材質のものや、接着剤状のものなどあり、使う部位によって使い分けられているのですが、それらパッキンが劣化や、膨張熱によるエンジン本体の変形が原因で、漏れ始めてしまうのです。

上記、燃焼室から、その外側の空間 冷却水が満たされる空間に、ターボで高気圧になった吸気や、排気ガスが入り込んできてしまっている現象です。


これが原因ですと、エンジンが完全に冷めても、冷却水はいっこうにラジエーター本体には戻って行きません。


Holtsワンダーウェルド(http://www.holts.co.jp/b1/MH311.html)をはじめ、
(http://www.holts.co.jp/b1/MH303.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH315.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH301.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH314.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH309.html)

などで試してみても直らない場合は、

見積もり後に修理となります。


もし、Holtsワンダーウェルドなどで修理した場合は、LLCを水で薄めたものを常に車に積んでおきたいですね。
.

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、...続きを読む

Q水温計はどの位置が正常ですか?

10年落ちのクラウンマジェスタです。

いつもは気にしていなかったのですが、たまたま水温計を見たら
真ん中を指していました。
エンジンを掛け、1kmも走ると真ん中辺りまで上昇するものの、
その後上がる事はないのですが、記憶だと4分の1目盛り程度が
普通だったような・・・・・・。
ファンも回っているようで、アイドリング時の音もその分うるさいです。

真ん中って正常でしょうか?
※ ちなみに昼夜問わず、走行し始めると真ん中まで上がります。

Aベストアンサー

マジェを知らないので全く関係のない話かもしれませんが…。

気になり始めると、記憶が曖昧な分、正常かどうかが
分からないと言うこともあります。

恐らく、真ん中辺りで止まるのが正常ではないでしょうか。
ファンが回るのは
1.エアコンを使っている時
2.低速すぎてラジエーターが冷えない時
です。

気になり始めると、音もドンドン気になります。
あまり気にせず走られてはいかがでしょうか。

本当にオーバーヒートなら、ランプ付くと思います。

Qシリンダーヘッドガスケットのゆがみ?抜け?

先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。
で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。

そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内に進入し、最悪はオイルと混じってしまうということです。アクセル踏んだ際に冷却水が戻ってきたということは、シリンダー内からの圧力をそこに少し進入した冷却水が受けたということでしょうか。

それと、気泡がなくならないのも、抜けを疑ったほうがいいとネットで調べました。うーん、、気泡までは確認してませんでした。。

交換3日目ですが、現在は水温も安定、エンジンかけていても、マフラーからLLCのにおいなどしません。オイルもクーラントが混じったような形跡は見られません。LLC量も継ぎ足す必要がないほど減っていません。

しかし、どうも不安です。
ヘッドガスケット抜けの疑いがあるとしましたら、やはり乗り続けるのは、、エンジンブローの危険大ですか。
また、ガスケットの交換には15万くらいかかりますし、手軽にガスケット抜けてるか見て?とは言えません(^^;)。
シリンダーヘッドが曲がっていた場合、研磨をするのですか?
そもそも、シリンダーヘッドが何で、曲がるってどういうことかイメージがわきませんので、図などのあるサイトなど紹介してくださるとありがたいです。
古い車(R31)なのでちょっと心配です。

いつも皆様にはこちらのサイトでお世話になって感謝しています。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、ラジエター交換をして、LLCを補充、さらにエアー抜きをと思い、ラジエター口にペットボトルを逆さにして固定、そこにLLC入れてエンジン回してました。
で、早くエアーが抜けるかな、と思ってその状態でアクセルを踏んで2500-3000回転ぐらいにすると、ラジエター内のLLCがペットボトル内まであふれてきました。アクセルを話すとまた水位は下がり落ち着くのですが。。

そこで一つの不安がよぎったのは、シリンダーヘッドガスケットというものがゆがんだりすると、冷却水がシリンダー内...続きを読む

Aベストアンサー

ラジエーターの交換では、必ずエアー抜きが必要ですが、完全に抜くことは根気がいる作業です。冷えたエンジン時は、サーモスタットが閉じているため冷却水は循環していません。そのためシリンダー壁近くにあるエアー抜き用のバルブで行います。その後、エンジン始動ですが、最初はすぐにstopしたりします。その後、暫くはアイドリングで様子を見ます。いきなりアクセルを踏んだりしません。サーモスタッドが開くと循環しますのでそこでエンジン回転を上げてエアー抜きの様子を見ます。ここでもエアー抜きバルブを開けてより完全に近いところまでエアー抜きを行います。一気に抜けると思わないでください。

ガスケットが抜けると水温が簡単に100度を超えてオーバーヒートしますので現時点(交換3日後も水温安定してる)で大丈夫でしょう。ですが、必ず少し残ってたエアーが抜けて冷却水が減少しますので毎日エンジン始動時にはチェックした方がよいでしょう。

シリンダーヘッドが曲がると言うより歪みで、うねりが出ていると思ってください。酷いときには、高いところとの差で0.1mmぐらいありますから。これでは、均等に面圧が掛けられずガスケット抜けも理解できると思います。

ラジエーターの交換では、必ずエアー抜きが必要ですが、完全に抜くことは根気がいる作業です。冷えたエンジン時は、サーモスタットが閉じているため冷却水は循環していません。そのためシリンダー壁近くにあるエアー抜き用のバルブで行います。その後、エンジン始動ですが、最初はすぐにstopしたりします。その後、暫くはアイドリングで様子を見ます。いきなりアクセルを踏んだりしません。サーモスタッドが開くと循環しますのでそこでエンジン回転を上げてエアー抜きの様子を見ます。ここでもエアー抜きバル...続きを読む

Qラジエーターの電動ファン故障?

Z33に乗っています。

先日、気温30度を越えた時にエアコンをつけ都内を走っていたのですが、ノーマルの水温計がかなり上昇しました。
(Hまではいっていないですが)
また、運転席の床あたりが暖まっているという症状が出ています。
Hまでいかないよう注意して帰ってきました。

冷却系等の故障ではと、今日ボンネットを開けて確かめると、2個ある内の1個が動いていませんでした。
エアコンに連動して動くのかなとスイッチを入れて見ましたが、変化無しです。

検索してみると、掲示板などにVQ35DEエンジンを積んだ車種(Z33も含め)故障した等と言う記述が多数有りました。

これは電動ファンが故障していると考えてよろしいでしょうか?
(多分モーターかサーモスタットの故障だと思いますが)

Aベストアンサー

先日、ベルトが鳴くのでどこのやつかと思ったら自車でした。
早速調べると電動ファンが回っておらずエアコンのコンプレッサの負荷が大きくなってベルトが鳴いたと推測しました。
ところで電動ファンが回らない原因は
1.ヒューズの断線
2.サーモスイッチの不良
3.リレーの不良(この車にあるかどうかは知らない)
4.ファンの不良

1.は異常なし(メインも調べる)
2.と3.はどこにあるのかわからないのでパス。
4.だと費用かかるな--2万ほどかなと心配だけする。

仕方がないのでファンのコネクタを外してテスターで電圧がきているか
を確認する。電圧はきていたのでコネクタをつけて確認する。ファン回る。

結論--コネクタの接触不良(推測)
フレッティングコロージョン現象と思われる。

この間10分程度です。
もちろん接点を清掃し応急処置として556を塗っておきました。
(後日、専用の接点復活材で予防する予定です)

>エアコンに連動して動くのかなとスイッチを入れて見ましたが
知識をお持ちの様ですので基本的なことから確認されてはどうですか。

参考URL:http://www.denso.co.jp/ja/aboutdenso/technology/dtr/v12_2/files/16.pdf

先日、ベルトが鳴くのでどこのやつかと思ったら自車でした。
早速調べると電動ファンが回っておらずエアコンのコンプレッサの負荷が大きくなってベルトが鳴いたと推測しました。
ところで電動ファンが回らない原因は
1.ヒューズの断線
2.サーモスイッチの不良
3.リレーの不良(この車にあるかどうかは知らない)
4.ファンの不良

1.は異常なし(メインも調べる)
2.と3.はどこにあるのかわからないのでパス。
4.だと費用かかるな--2万ほどかなと心配だけする。

仕方がないのでファンのコネクタを外してテ...続きを読む

Qラジエーターが詰まっているかを判断したいのですが・・

ラジエーターのドレンとアッパーを塞ぎ、
クーラント入口からホースを差し込み、水道水を仮に10の水量で入れ続けたとします。
(蛇口を半分より少し多くひねったくらいの水圧です)
ロアから出てくる水量は6くらいなのですが、正常ですか?
残りの4は、クーラント入口から吹き返してきます。
(クーラント入口の差し込んだホースの隙間はタオルで巻いて手で抑え込んでいても吹き返してきます。)

10入れたら10出ていくものとばかり思っていたのですが、
水路が狭いため、出る量は、入る量より少ないのが普通ですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
自動車の冷却ラインは基本的にウオーターポンプによる循環系となります。
*ラジエーターはロアーホース側から吸引と同時にアッパーホース側から注入。(サーモスタットが閉じているときはエンジン側だけで循環)

ご質問者さんの方法ですと、ラジエーターキャップ部分からの圧送注入だけで、ロアーホース取り付け口側からは自然流失ということになりますよね。
実際にエンジンを掛けた状態ではロアーホース側はウオーターポンプにより吸引される形となりますので、それが無いご質問者さんの方法では、水圧にもよるでしょうが、基本的にはそういうことになるものだ(上から吹き返す)と考えます。

ロアーホースを外してクーラントを抜いたときの色(錆の発生状況)などは、どうたったのでしょうか?
それともなにかクーラントに混ぜ物をしたのでしょうか?
もしラジエーターの詰まり状況をご自分で確認したいのであれば、完全暖機後(サーモが全開後)にラジエーター表面全面の温度分布を点検し(手でさわっていくか、デジタルの温度計などを使用するか)、温度が低いスポットを探す。(そこが詰まっている可能性が高い)・・・現役時代の点検方法でした。
もし、そういうところがあるようならラジエーター屋さんに頼んでラジエーターのオーバーホールを依頼するしかないと思います。

こんにちは。
自動車の冷却ラインは基本的にウオーターポンプによる循環系となります。
*ラジエーターはロアーホース側から吸引と同時にアッパーホース側から注入。(サーモスタットが閉じているときはエンジン側だけで循環)

ご質問者さんの方法ですと、ラジエーターキャップ部分からの圧送注入だけで、ロアーホース取り付け口側からは自然流失ということになりますよね。
実際にエンジンを掛けた状態ではロアーホース側はウオーターポンプにより吸引される形となりますので、それが無いご質問者さんの方法では...続きを読む

Qラジエーターキャップの交換

カーショップであれこれ見ているとラジエーターキャップが売られているのを見ました。「何でこんなこのが売っているのやら」と思い見てみると、「1年に1回の交換が理想的」だと書いてありました。

ただ注意書きに「交換したことでホースが損傷しても一切責任は負いません」とも書いてありました。

購入して1・2年なら迷わず交換していたことでしょうが、なにせ購入して7・8年経つ自動車ですので気になるものです。

質問なのですが、7・8年経つ自動車のラジエーターキャップのみ交換しても問題ないのでしょうか?それとも7・8も経つ自動車のラジエーターキャップだけの交換は危険でしょうか?

そもそもキャップの交換は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また、「ホース損傷・・」ですが、これはホースもゴムで出来ている為、同じように経年変化で劣化しますが(よってキャップと共に全体的なラジエターライン内の圧力が少し低下している)、ここでキャップだけ交換して新品と同じような圧力がかかると、劣化で弱っていたホース部分に負担が生じ、損傷が起こり得るという事です。

 結論から言いますと、エンジンが冷えている時に、キャップを外してゴムが劣化しているようであれば交換した方が良いでしょう。オーバーヒートの原因がラジエターキャップという事も少なからずありますので。ちなみに私は2~3年で交換しています。

 7、8年経過している車との事なので、社外品の圧力の高いキャップ(純正より沸点を上げる作用がある)を取りつける事はお勧めできませんが、純正と同様(圧0.9)の物であれば社外品でも問題ないと思います。

 また、万が一、純正圧キャップを交換しただけでホースが損傷するようであれば、それは元々危険な状態であったと認識した方が良いでしょう。

 以上参考まで。

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また...続きを読む

Q冷却水(クーラント液)の補充はどんなものでもいいか

先日より、軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。近日中に
修理には出す予定ですが、それまでの間冷却水(クーラント液がメモリよりやや下くらいのところにあります。)補充して減り具合などみながら使用したいのですが。
今入っているのがピンク色の液なのですが、やはりおなじピンクいろのを使用
しなくてはならないのでしょうか?
(他にも緑色のとかあるようですが)

今入っているものがなんというものかわからないのですが、エンジンオイルみたいに同じ種類のものを入れなくてはならないとかあるんでしょうか?

整備に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だと、超ロングライフクーラント(超LLC)ですね。トヨタとダイハツが採用している色です。
※トヨタ・ダイハツ以外の超LLCは、青色です。
※一般のLLCは、トヨタ・ダイハツが緑色。その他メーカーは、赤色です。
※ヨーロッパの外車は、黄色・オレンジ色。

>やはりおなじピンクいろのを使用しなくてはならないのでしょうか?

修理を前提にしているのでしたら、真水で充分です。
そうそう、超LLCもLLCも基本的に成分は同じです。
が、ピンクの色に青・緑・赤色を混ぜると・・・。性能云々よりも、腐った色になり精神的に問題です。
大手DIY店で、冷却水補充用(ピンク色)を購入した方が無難でしようね。
もし、ラジエータからの漏れだと分かっているのなら・・・。
冷却水漏れ予防・修理剤を入れるのも、一考です。
2000円程度の出費で治ると、万々歳です。^^;
もちろん、安心できる予防・修理剤を選ぶ事が実用です。

>軽自動車がラジエータの故障により、冷却水がへってきていました。

ラジエータ若しくは冷却水ホースの一部から、漏れているのですかね?
私の場合、大手カー用品店で売っている「漏れ予防剤・修理剤」を入れる事で治りました。
もちろん、過去に多くの事例がある有名商品(青いプラスチック容器)です。

>今入っているのがピンク色の液なのですが

冷却水は、そもそも無色なのです。
が、整備工場などで「水と間違わない様に、着色した」様ですね。
※色が付いている方が、漏れの状況把握が簡単。
ピンク色だ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報