マルシェル新規登録で5000円分当たる

会計帳簿(現金出納簿)などは、鉛筆書きは、だめなんでしょうか?
どなたか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

※会計帳簿は鉛筆書きは無効です。


>その理由は鉛筆での記入はいくらでも金銭を訂正できます。これでは金銭出納帳の意味がないからです。
    • good
    • 2

私の知る限りでは、会計帳簿等に対して記入する際の筆記用具を指定する法律を見つけることはできませんでした。


したがいまして、鉛筆書きが認められないという根拠はありません。
またペンのみに限定すると、えんぴつしか持たない方と比べて公平でありませんし、規則で決めることは社会情勢に合わないと思われます。
しかし実務上において、えんぴつ書きをすると、後から消すことができることから好ましくないともいえるのでしょう。
私の場合は完成してから、コピーしてそれを保存するようにしています。
    • good
    • 3

>会計帳簿(現金出納簿)などは、鉛筆書きは、だめなんでしょうか?



ご質問の主旨が、法人税法施行規則66条(別表21)に定められた現金出納帳が鉛
筆書きで良いか、悪いか。という主旨であれば、
鉛筆書きの現金出納帳は、 ”帳簿としては税務当局は認めません”。
どうしても、鉛筆書きで帳簿を作成したい場合には、当該帳票をコピーして、
そのコピーを正式の帳簿として残して下さい。
この場合には、改竄ができませんので問題有りません。

また、電子帳簿を会計帳簿とする場合には、PDFなどの改竄できないファイルに
する事が求められますので、Excelのようなアプリケーションで作成した電子フ
ァイルは会計帳簿として認められません。
<電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO025.html

Excelで作成したファイルを、紙にプリントアウトしたならば会計帳簿とする事は
何ら問題はありません。
    • good
    • 1

原則としてはあんまり好ましくないのですが、でもまあ、零細企業では鉛筆書きの現金出納帳はよくあることですので、絶対ダメということはないでしょう。



学生のころ、私が教わった簿記の先生は、「鉛筆で書くな、ペンで書け!」とうるさく言っていました。
今でも、年配の人ほど手でペン書きしたものでないとダメだと言う傾向が強いです。

うちの職場では現金出納帳をはじめ、帳簿はすべてパソコンで作成しています。
具体的には、エクセルか会計ソフトを使用しています。
でもこれって、いくらでも簡単に入力し直せますよね?(笑)

鉛筆書きは書き直せるからダメだというのであれば、パソコンなんでなおさら絶対ダメですよね。
しかし今時、会計帳簿はすべて手書きなんて会社はほとんどないでしょう。

そんなわけですから、会社の実情によって、それにかかる時間と労力と帳簿を不正に書き換えられるリスクをどう考えるかによって答えはいろいろ変わってくるのではないかと思います。
    • good
    • 0

先の回答された方の通り鉛筆書きは駄目です。


会計士の方々のブログを見つけましたので勉強してみてください

参考URL:http://toma.typepad.jp/financial/2008/01/post-7e …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元帳の締め方について

          現金

日 付  提  要   借方   貸方  

4/1  前期繰越  1000
4/2  消耗品費         500
4/3  売掛金    1000
4/4  光熱費          500

4/30 翌月繰越        1000
――――――――――――――――――――――――
             2000  2000
====       =========

5/1  前月繰越  1000
5/5  租税公課        200


元帳の締め切り方を教えてください。

(1)4月の締め切り方と5月のはじめ方は正しいでしょうか(二重線を引くんですよね)?

(2)貸方の右隣には、増減があったつど残を書くものなんでしょうか(書かなくてもいいのでしょうか)?

(3)5月分を書く際は何行あければいいのでしょうか?

(4)期末(3月)には決算整理を入れてから締めるんですよね?

図が見にくいかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

          現金

日 付  提  要   借方   貸方    残高

4/1  前期繰越  1000       1000
4/2  消耗品費        500   500
4/3  売掛金   1000       1500
4/4  光熱費         500   1000
――――――――――――――――――――――――――
    4月計    2000  1000 1000
==================== =====

5/5  租税公課        200  800 

○現金の出入りの例
(1)4月の締切り方は以上に記載しました。
(3)4月と5月の間は1行空けます。
(2)貸方の右隣には、残高を記入します。もちろん現金のマイナスはありえませんので残高数字は借方残の意です。
>(4)期末(3月)には決算整理を入れてから締めるんですよね?
例の「現金出納帳」の決算整理というのは、締め後入金があった場合のことでしょうか?現金は「実在残」のことを記入するのですから事実のとおり記入します。
○売掛金元帳、買掛金・未払金元帳などは、期間計算を正しくするため、請求書等から売上、仕入れ等の計上、未払いになっている年度内経費の計上などは、決算整理(整理仕訳)を行います。
下記二つのURLを参考にしてほしいですが、舌足らずの分や誤解があっては大変ですので、本屋さんで専門の図書の購入をお勧めします。

参考URL:http://www.sougyou.net/duck/02_p1.html  http://homepage2.nifty.com/mifdg/j_account010905.htm

          現金

日 付  提  要   借方   貸方    残高

4/1  前期繰越  1000       1000
4/2  消耗品費        500   500
4/3  売掛金   1000       1500
4/4  光熱費         500   1000
――――――――――――――――――――――――――
    4月計    2000  1000 1000
==================== =====

5/5  租税公課        200 ...続きを読む

Q立て替えた費用の現金出納帳の記載の仕方で困っています。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

でよろしいのでしょうか。また、これは口座を通さずに現金です。なので、銀行帳には記載する必要はないと理解しているのですが、いかがでしょうか。勘定科目は未払費用ではなくて借入金でよろしいのでしょうか。
そして、別に、借入金表(未払費用表)を作成して、誰がいついくら何の支払いをするためにお金を立て替えたという事がわかるようにする。
また、これを社長・役員ではなくて社員が立て替えて支払い、いつ返せるか分からない場合でも同じ処理の仕方でよろしいのでしょうか。このような事はきちんとした企業ではあり得ない事とは思うのですが、
私の会社ではまだ設立したばかりというのもあるとは思うのですが、誰かが立て替えて(ほとんどは社長です)返せるようになったら返そうという事になっています。。。
すいませんがどうかよろしくお願い致します。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんのとおり、借入になると思います。複式簿記ですから、

借方科目:水道光熱費
貸方科目:借入金

 というような感じになるかと思います。
 返済まで何年かかろうと関係ありません。もし、あとで経営者に立替分の費用を払ったなのなら

借方科目:借入金
貸方科目:現金

 というようになります。
 もし、経営者がそのまま自腹を切るつもりで、会社の建て替え分はもういらないよ…という場合には、それは債権放棄(借金の棒引き)を受けたことになり、収入になります。

借方科目:借入金
貸方科目:雑収入

 という感じでしょうか。

 ちょっと話はそれますが…

>  摘  要          入金  出金

>借入金 山田太郎        4986
>光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

 この場合、「コンビニに」お金を払ったわけではなく、「コンビニで」お金を払っただけですから、適用の支払先は市町村の水道局や電力会社名などになると思います。

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q会計ソフトを使用せず手書きで帳簿管理しています

自動車関連の個人事業主です。お恥ずかしい話ですが、この時代で手書きで帳簿管理しています。経理はまったくの初心者でゼロから4月より帳簿に奮闘しています。商工会より月1回指導も受けています。簿記がどう言うものなのかが、まずわからない為、手書きで仕分けや科目などを日々勉強する意味もあり手書きにしています。(意外と帳簿付けは日々発見もあり苦になりませんが、20年度からソフトにチャレンジしようかと考えています。出来るか不安ですが・・・)
本題ですが、仕入れや買掛の消費税の記帳の仕方がいまひとつわかりません。記帳指導の方のアドバイスは、請求書の消費税が別枠に記載されている場合、仕入れ帳の商品名の最後にまとめて消費税を記入するように言われましたが・・・良いのでしょうか?もし良いのであれば、1品ごとに記入したほうが良いですか?長々すいません。初歩的な事だと思うのですが、宜しくお願いします。あと手書きのポイントや注意事項などありましたら、合わせてお願いします。

Aベストアンサー

基本的にはNO.2さんのとおり内税処理をお勧めします。
(総額表示は、商法ではなく消費税法の改正ですが・・)

手書きということですが、会計ソフトにすぐに切り替えてやったほうがいいと思います。その理由は、手書きのほうが、借方や貸方といった簿記の知識が必要となり、また、データーの修正とか煩雑さを伴います。

基本的にはには、現金出納帳、預金出納帳、(掛売りや仕入れの場合は、売掛や買掛)を記帳すれば、毎月の入力は終わりにはなります。そのうち預金出納帳は、基本は通帳のとおり入力すればいいわけです。
現金であれば、たとえば、ボールペンを120円で買った場合。
8月9日 (科目)事務用品費 (摘要)ボールペン OK文具 120円とすればとりあえずはいいだけです。

これが、手書きの場合、まずは、現金出納帳に借方と貸方を間違えずに記入し、次に、総勘定元帳の事務用品費に借方と貸方を間違えずに書く(仕訳帳は使わない)というのが一般的では?すると、合わせるところをちゃんと合わせることができないとまずいんですが、これができていない場合があるんです。つまり縦計と横計を合わせるとか、・・煩雑です。ですからかえって、簿記の知識がないと無理ですね。

NO2さんのおっしゃることもわかりますが、個人的には会計ソフトで入力や帳簿になれて、それから簿記の資格にチャレンジがいいと思いますよ。ただ、最低限、この費用の科目は何かということぐらいはマスターしてみてくださいね。(仮に科目を間違ってもソフトなら訂正は楽ですので、たとえば、消耗品費なのか事務用品費なのかとか、あまり気負わずやってみてください。)また、最低限、目をとおしてほしいのは、これです。どちらも、税務署に製本されてものがあり、もらえますので消費税は今すぐとは言わないまでも、事前に目を通してください。特に印紙はお忘れなく!

(消費税)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi2006/01.htm

印紙税(領収書や契約書)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/5031.pdf

ソフトに関しては、とりあえず下記のものをお勧めします。(慣れると「科目先行入力」の方が楽です。不明な点はPCの「F1」でマニュアルがでます。)

参考URL:http://www.jdlibex-cas.jp/

基本的にはNO.2さんのとおり内税処理をお勧めします。
(総額表示は、商法ではなく消費税法の改正ですが・・)

手書きということですが、会計ソフトにすぐに切り替えてやったほうがいいと思います。その理由は、手書きのほうが、借方や貸方といった簿記の知識が必要となり、また、データーの修正とか煩雑さを伴います。

基本的にはには、現金出納帳、預金出納帳、(掛売りや仕入れの場合は、売掛や買掛)を記帳すれば、毎月の入力は終わりにはなります。そのうち預金出納帳は、基本は通帳のとおり入力...続きを読む

Q道具代は何費ですか?

初歩的な質問ですみません。
建設業です。道具・工具代は勘定科目は何費になるでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

「工具器具備品」です。10万円未満なら「消耗品費」でも構いません。

Q開業2年目の個人事業主です。帳簿付けてません!

個人サロン開業2年目の個人事業主ですが帳簿を全然付けてません!
このままではいけないと、心が焦るばかりです。


備品や食糧、外食などの領収書やレシートは月別に袋に入れてます。

月々の売り上げ金額は大体わかります。

仕事仲間への支払いは、都度現金払いでしていたので、請求書や受領書など何もありません。

昨年度は申告もできていません。※昨年は初期の設備費用などでたぶんトントンだと思います。


私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?
お勧めの会計ソフトなども教えて下さい。※現金商売なのでごく簡単なもので大丈夫だとおもいます。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書など何もない仕事仲間への支払い」は、証明する方法がないので「遊びに使ってしまった」と思われても仕方がない状態です。

ですから、今からでも「人件費などのお金の流れ」を証明できるようにしておいたほうがよいと思います。

なお、「お金の流れ」を記録したものが「帳簿」で、その証拠になるのが「請求書(の控え)や領収書(の控え)など」です。

---
あとは、「初期の設備費用など」の中には、「減価償却(げんかしょうきゃく)」という独特な考え方で必要経費にしないといけないものがある可能性があります。

あくまでも「たとえ話」ですが、「40万円のものを買ったら、1年に10万円ずつ4年で必要経費に計上する」というような感じです。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方【2/2】|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/2/
>>[支出した金額が必要経費になるとは限らない]

>お勧めの会計ソフトなど…

まずは、「税理士」にどうすればよいか相談して、ついでに「お勧めのソフト」を聞くのがよいと思います。

ただし、「とにかく安くあげたい」場合は、(自分で勉強する必要がありますが)「税務署や商工会などが行なう記帳指導で使われているソフト」を使うのがよいかもしれません。

『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
>>青色申告をはじめてみませんか?
>>「会計ソフト方式」
>>指導会場において会計ソフトを用いて記帳の仕方等について説明します。パソコンは会場に準備しています。
>>※ 使用する会計ソフトの種類は、記帳指導の受託者である事業者により異なります。

『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
>><ネットde記帳>
>>ネットde記帳は、…商工会で操作方法等のサポートを行なっていることに加え、身近な商工会から記帳・経理等の指導も受けられることが最大の特徴となっています。

※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
(補足1.)

「税金の時効」は、原則として「5年」、脱税など悪質な場合は「7年」ですから、「税務署の調査(税務調査)」は、いつ行われるか分かりません。

たとえば、今後儲かってきて税務申告した後で、税務署から「開業した時からの帳簿を見せてもらえますか?」というようなチェックが入る可能性は十分あると思います。

あとは、可能性は高くないですが、取引業者の税務調査の流れで自分のところにも調査が入るようなこともあります。

そうなったときに帳簿がないとどうなるかといいますと、「推計課税(すいけいかぜい)」という方法で税金を「一方的に」決められてしまう可能性があります。

具体的には、「今これくらい儲かっているんだから、○○年も○○円くらいは儲かっていたはず」というような税金の決め方が行われるということです。

もちろん、「必要経費がまったく認められない」ということはなく、同じように「この仕事だと売上の○割くらいの必要経費が妥当かな?」という感じで考慮はしてもらえます。

「推計課税」については、以下の記事が分かりやすいです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html

---
(補足2.)

「所得税の確定申告」は、「儲かっていない≒所得税が0円」ならばしなくてもよいですが、「個人住民税の申告」は、「収入が全くない」場合でも原則として行う必要があります。

なぜかと言いますと、「収入があったかどうかすら分からない」と「国保の保険料の算定・軽減の判定」などの「行政手続き」に支障が出ることがあるからです。

『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
>>【注】住民税の申告は前年の収入の有無等を市役所に届け出てもらうもので、収入が全くない方も申告の必要があります。
>>申告がありませんと、公営住宅入居・子ども手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

ちなみに、「所得税の確定申告書を税務署に提出した人」は「個人住民税の申告書」は(市町村に)提出するする必要がありません。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※なお、「個人住民税」は「地方税」なので、詳しくは「1月1日に住んでいた市町村」にご確認ください。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※分かりにくい点があれば「補足」にてお知らせ下さい。



*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『確定申告を忘れたとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『確定申告の期限後申告によるペナルティとは|All About』(更新日:2014年02月12日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14820/
>>延滞税の計算は…平成26年1月1日から平成26年12月31日までの期間は、【年2.9%】とされています。
---
『税務時効|大埜治仁税理士事務所』(2013年8月 5日)
http://www.ohno-jp.net/blog/2013/08/post-13-588376.html
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書な...続きを読む

Q超超初心者です。帳簿のつけ方、なにからはじめれば?

夫が一人で起業します(法人化します)。経理を私が担当する予定なのですが、全く知識も経験もありません。簿記入門なるもので帳簿の種類や仕訳の仕方などをひととおり読みましたが、自分が何から手をつければよいかさっぱりわかりません。

できるだけ費用を押えたいので、いきなり会計ソフトを買って使いこなせないとなると困りますし、それ以前に導入しても、今のレベルでは使いこなせないと思っています。かといってフリーのソフトも数が多すぎてどれが適当か見当もつかない状態です。

起業してすぐは収入は見込めませんが、備品の購入やその他の費用は既にかかっています。
税理士さんにいずれお願いするにしても、日々の帳簿としては一体何をすればよいのでしょうか?

あまりにも初歩的過ぎて、類似の質問も見当たりません。

このようなレベルから始める人に適当なソフトなどはありますでしょうか?
まずはこれだけはやらなければならない、ということを教えていただけますでしょうか?
効率的なやり方をお教えいただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

全く簿記の知識がない方がソフトを使いこなすことは無理があります。
とりあえずは、手書きの帳簿から始められたら良いでしょう。
基本的には、下記のような既製の帳簿があります。

 現金出納帳
 銀行帳
 売上帳
 仕入帳

これらを文房具屋で購入して、記帳をされたらよいと思います。

中身を見れば書き方は多分判ります。
それの請求書等はきちんと整理して保存しておくことです。
はじめから申告などはできるものではないのでどちらにしても税理士に頼まなければいけません。
その資料をできる限り整理しておくことで最初は十分です。
日日は資金の管理をきちんとして間違っても資金不足にならないように気をつけましょう。
これが最初の経理のやることです。

記帳をしながら、平衡して簿記をおぼえられたら良いでしょう。

Q手書きの現金出納帳は必要か?

現在手書きで現金出納帳を記入していますが、
経理ソフトに直接入力して、毎日それ(現金出納帳)を
出力して(金種表でチェック)現金出納帳として
管理するのは問題があるでしょうか?
ここでいう問題というのは税務当局の視点からです。
どなたか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

宜しくお願いします。

>経理ソフトに直接入力
今は経理ソフトも充実していて手書きの現金出納帳の必要性は薄いのが現状です。
しかし 例えば貴社に税務調査が入ったとなると 帳簿の数値に対する突合書類が必要になります。
財務諸表上の各数字は だいたい契約書なり請求書なりの突合書類がありますが
現金勘定については それに該当する書類がありません。

だいたい現金が動くのは 小口の支払いとか預金からの小口補充とかがおもかと思いますが
小口の支払いは請求書つづりからとか 小口の補充は通帳からとか
いちいち ばらばらの突合書類をそのつど拾ってこなくてはなりません。

へんな言い方をしてしまうなら、穏便に調査を済ますためにも
現金勘定は現金の取引のみを扱った現金出納帳を用意しておく必要があります。
現金出納帳に記載された取引と 各請求書とか預金通帳とかから照合可能な取引とが一致するなら
それらが計上された帳簿の数値には信頼できる要素があるという見方になりえます。

某計算センターに加盟している税理士さんたちは クライアントである企業に対し
この現金出納帳の記載を強く推進しているくらいです。

それでは 取りあえず通りすがりの一言まで。

宜しくお願いします。

>経理ソフトに直接入力
今は経理ソフトも充実していて手書きの現金出納帳の必要性は薄いのが現状です。
しかし 例えば貴社に税務調査が入ったとなると 帳簿の数値に対する突合書類が必要になります。
財務諸表上の各数字は だいたい契約書なり請求書なりの突合書類がありますが
現金勘定については それに該当する書類がありません。

だいたい現金が動くのは 小口の支払いとか預金からの小口補充とかがおもかと思いますが
小口の支払いは請求書つづりからとか 小口の補充は通帳...続きを読む

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q確定申告で提出する領収証の、ノートへの貼り方を教えてください。

ノート、または私の場合はパンチ穴のあいたA4紙に貼り付けてファイリングするつもりです。
いちおう月ごとにひとまとまりにして、そして日付順に貼っていくつもりです。

やり方は様々あると思いますが、よく言われる「下の方から順に、少しづつ上へずらして貼っていく」という方法で教えてください。

1.まず日付順です。
調べてみると「領収書の日付の古い物を下に、新しい物を上に少しずつずらして貼っていく」と書いてあることがありますが、それはそうなのでしょうか?
たとえば、かりに5月分だとすると、1ページ目の一番下の領収証が5月1日のものになり、一番上のものが5月31日のものになる、ということですか?

つまり税務署の人は、(上から順に)31日のものからめくって、1日のものに向かって(日付を逆にさかのぼって)確かめていく、ということなのでしょうか?

2.次に、のり付けですが、下の領収証に上の領収証ののりがつかないように・・・というのが一般的ですか?
そうすると、領収証添付用紙で、左側に縦に糊付け位置が設定されている場合、どうしても下の領収証に、上の領収証の糊がついてしまうことになりますよね?

https://www.youtube.com/watch?v=C9c3XY6dQng

細かいことにこだわりすぎた、くだらない質問ですいません。

ノート、または私の場合はパンチ穴のあいたA4紙に貼り付けてファイリングするつもりです。
いちおう月ごとにひとまとまりにして、そして日付順に貼っていくつもりです。

やり方は様々あると思いますが、よく言われる「下の方から順に、少しづつ上へずらして貼っていく」という方法で教えてください。

1.まず日付順です。
調べてみると「領収書の日付の古い物を下に、新しい物を上に少しずつずらして貼っていく」と書いてあることがありますが、それはそうなのでしょうか?
たとえば、かりに5月分だと...続きを読む

Aベストアンサー

1、特に決まりはないです。ダブルクリップなどがばっと束ねる人もいますし
使った人ごとだったり、日付け事だったり
適用と内容を確認して問題なければ計算していくだけですし。

この「ずらしながら貼る」は省スペースにたくさん貼れますし
チェックはしやすいですが
たとえば提出前に控えをコピーしたい、とかなら向かないですね。

2、は内容を見たいのにノリがくっついてしまって、ということさえ避ければ
当り障りのない余白の糊付けする分には問題ないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング