「茶葉」の読み方は、「ちゃば」だというぼくと「ちゃよう」に決まっていると断固主張する友人とで、意見が対立しています。どなたか決着を。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

日本語では「ちゃば」でいいと思う。


「茶葉」は北京語および普通語では「チャーヨウ」と発音します。
「ちゃよう」は最近の中国産のお茶(特に烏龍茶)の流行により一般に使われるようになったのでは…

ただし、わたしの意見では「ちゃば」と「ちゃよう」の一方の読み方を否定するつもりはありません。国語の試験で出題されたのならともかく、わたし的には両方ともありだと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ぼくとしては、「ちゃば」の読み方を一笑に付されたので、一泡吹かせてやりたいんですよ。茶葉の読み方で(*^_^*)。しかし、語源が次第に明らかになっていきますねえ。勉強になりました。

お礼日時:2001/03/19 06:53

xinmanです。


北京語では「チャーヨオ」でした。失礼致しました。
    • good
    • 0

補足です


中国語の標準語圏での発音は『チャーイェ』
広東語圏では『チャーイップ』『ツァーイップ』
ですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足をありがとうございます。中国語の読みの日本語表記はなかなか難しいですよね?しかし、kawakawaさんの登録情報は額面以上ですねえ。驚きです。

お礼日時:2001/03/19 06:59

 廣東語には「お茶の葉」を指す言葉として「茶葉:チャッイップ」と言うのが古くから使われています。



 一方「茶葉」という熟語は、ここ15年位?前から使われ始めた言葉で、それ以前日本語では「お茶の葉」「お茶っ葉」としか云わなかったと思います。

 私はウーロン茶のコマーシャルで初めてこの「チャバ」という言葉を聞いた時、中国語をそのまま使っていると思ったほどですから。

 ~で、どちらの読み方が正しいかとなると日本人にとっては「新語」ですから、使い始めたとおり「チャバ」でよいと思います。 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、Eivisさん。そうですよねえ、割りと新しい言葉ですよねえ?ぼくは、もう少し新しいのかと思ってました。「チャバ」でもいいのではないか、というご意見。自信がもてました。

お礼日時:2001/03/19 06:41

枇杷葉(ビワヨウ)や朴仲葉(トチュウヨウ)のように、茶剤として飲むものは植物名の後に続けて『ヨウ』と付けるのが慣例となっていると‥。


ですから、『茶葉』はチャヨウとしか読んだことがありません。
茶の葉の場合は『チャノハ』ですが‥。
●●ヨウと呼ぶのは、あくまでも医薬品や食品分野でのことであり、一般社会では、呼びやすいように呼ぶというのが正解なのではないかと思いますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。なるほどー。つまり、「ちゃよう」も「ちゃば」も正解で、読むための領域が違うという事になるんでしょうかねえ?「ちゃよう」と呼んだ友人は、医療関連の者でもありますから、納得出来ますねー。でも、CMから洗脳されたのだとは思いますが(*^_^*)。

お礼日時:2001/03/18 08:03

茶葉=ちゃば


だと、何の疑いもなく思っていたので「ほほ~」と言う感じです。

でも、「ちゃば」というと何だか烏龍茶の葉っぱぽいですよね。
日本茶だったら「お」を付けて、お「ちゃっぱ」と読みたいですね。

ちゃば に1票   
ちゃっぱ に0.5票
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ふうむ。確かに日本茶だと「ちゃっぱ」扱いにしたいですよね。「ちゃよう」より、「ちゃっぱ」の人気が急上昇ですね(*^_^*)。

お礼日時:2001/03/18 07:58

私も茶葉だと思います。


「ちゃよう」と言われている方は、以前サントリーのウーロン茶のCMで言っていた福建省茶葉分公司(ふっけんしょう ちゃよう ぶんこうじ)が頭の隅にあるのではないでしょうか?

ちなみに、goo国語辞典・大辞林では「茶葉」は載っていませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「ちゃば」ですよね?ぼくも『大辞林』でチェックしたのですが、ありませんでした。で、ここに飛んで来ました(*^_^*)。しかし、CMの「…ちゃよう…」という読み方は知りませんでした。「ちゃば」も「ちゃよう」もCM出身なんでしょうかねえ(*^_^*)。

お礼日時:2001/03/18 07:56

僕も”ちゃば”だと思います。


確かサ○トリーだったと思うんですが、今は知りませんが烏龍茶のCMで
「”中国茶葉”(ちゅうごくちゃば)使用」って言ってたように思います。
実際パソコンで”ちゃば”って打てば”茶葉”と変換されますが
”ちゃよう”と打っても”茶用”しか変換できなかったです。
だからcoyoteさんの言う様に”ちゃば”で正解だと思います。
でも、実は”ちゃっぱ”だったりして。”おちゃっぱ”て言いますもんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「ちゃば」に分がいいような気になってきましたよ。しかし、「ちゃっぱ」説も頷けますよねー。

お礼日時:2001/03/18 07:51

以前、ウーロン茶のコマーシャルで「福建省茶葉分公司(ふくけんしょうちゃようぶんこんす)」と言ってましたよねえ。


ですから、少なくても「ちゃよう」と読む場合はあるって事ですよねえ。
それから、僕の実家はお茶農家ですけど、お茶の葉の事を「ちゃっぱ」って言ってます。これを漢字で書くと「茶葉」となるんじゃないかと思います。
というわけで、「ちゃよう」と「ちゃっぱ」に一票ずつ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、新しい展開。「ちゃっぱ」ですか。これは不意を衝かれた感じですねえ。折衷案になるかどうか、ちょっと試してみましょう。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/18 07:50

私は「ちゃば」だと思っているのですが…。


CMとかでも「生ちゃば使用」とか、言っていますよね…。

それに、うちのパソコン「ちゃば」っていれると「茶葉」ってでますけど、「ちゃよう」っていれると「茶用」としか漢字がでてこないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよねえ。ぼくの根拠もCMからで、PCの入力という事で、自分の考えを補強したつもりでした。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/18 07:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮城県大崎市に住んでいる中学3年生です。 自分の将来の夢はイラストレーターです、ですが高校すら決ま

宮城県大崎市に住んでいる中学3年生です。

自分の将来の夢はイラストレーターです、ですが高校すら決まっていません、近場がいいのでしょうが、農業系の学校ばかりで美術系の大学に行きたい身としてはあまり良いとは聞きません。

自分が知りたいのは
美術に力を入れている高校
美術系大学に入りやすい高校
イラストレーターを出している高校
です。

どれか1つだけでもいいので答えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

宮城のことはわかりませんが中堅以上の普通科進学校に行きましょう。
そして美術予備校に通いましょう。
まず美術予備校の方を調べたほうがいいかも。
そこに近い高校を選ぶというのも方法です。

理由としては、たとえ美術に力を入れてる高校があったとしても予備校のレベルには至りません。
美大受験のためにはどの道、予備校に行かなければなりません。
なので高校は学費の安い公立の普通科進学校に行きましょう。

Q「茶葉中の新規抗アレルギー物質 」論文に関して

下記の論文中(http://www.jafra.gr.jp/nougei.html)の「活性化初期のSrc,Syk,Tec familyタンパク質のチロシンリン酸化には影響を与えず、MAPK経路タンパク質のリン酸化が阻害された。」に関して 解説していただけませんか?

特にSrc,Syk,Tec familyタンパク質のチロシンリン酸化」「MAPK経路タンパク質のリン酸化」の専門用語の意味がわかりません。
よろしくお願いします。
なお 私は 文系なのです・・・。


【結果】

histamine遊離抑制効果のあった茶品種のポリフェノール画分から単離された4-0-メチルガロイルエピガロカテキンは、強いhistamine遊離抑御作用を示し、in vivro実験においても静脈投与、経口投与で強いI型抗アレルギー反応抑制作用が認められた。さらに、マスト細胞の活性化への影響を検討したところ、活性化初期のSrc,Syk,Tec familyタンパク質のチロシンリン酸化には影響を与えず、MAPK経路タンパク質のリン酸化が阻害された。

Aベストアンサー

とりあえず解説を

細胞内には様々なタンパク質があります。
タンパク質がいろいろなものを合成もしくは分解して
生物は生きています。(厳密にいえば少し違いますが
簡略化のためにそう書きました)
タンパク質はいつも仕事ができる状態にあるかというと
そうではなく不活性になっているものもあります。
そのようなタンパク質は何らかの刺激で活性化させられる
必要があります。
タンパク質が活性化されるための方法としてタンパク質の
リン酸化があります。リン酸化とはタンパク質にリン酸が
付加されることです。リン酸化するタンパク質(酵素)のことをkinaseと呼びます。kinaseにはリン酸化するアミノ酸によって2種類のタイプに分けられます。
チロシンというアミノ酸をリン酸化するものをチロシンkinase、セリン、スレオニンというアミノ酸をリン酸するセリンスレオニンkinaseと呼びます。
タンパク質を活性化しなさいという信号の事をシグナル伝達というのですが、リン酸化によるシグナル経路がチロシンkinase、セリンスレオニンkinaseであるかで情報伝達の経路がある程度予測できるのです。
これが前置き

さて「Src,Syk,Tec familyタンパク質」というのはチロシンkinase(Srcは癌遺伝子としても有名)の仲間になります。familiyというのは構造が同様なタンパク質について用います。「MAPK経路タンパク質のリン酸化」はセリンスレオニンkinaseになります。MAPKというのは mitogen activated protein kaineseの略です。経路というのは情報伝達でその道を使うと思っていただければ良いです。

全部を簡単にいえば、4-0-メチルガロイルエピガロカテキンという物質はアレルギーを抑制する。アレルギーを引き起こす原因であるマスト細胞の活性化がこの物質で阻害できると考えた。
阻害できるとしてどの情報伝達を阻害しているであろうと考えてこの物質を入れてみたところ、情報伝達経路のうちMAPKの経路を阻害することがわかりました。

発表(論文)を見ていませんのでこの結果が本当か否か(どれくらいの信頼できるデータか)まではわかりません。

解説をわかりやすくするために一部、嘘ではないですがごまかしてある面もございますが勘弁してください。
本気で説明したら一日で終わらなくなりますので・・・
生物学でも大学教養から学部並の知識を必要としますのでややこしいと思います。
文系という事なのでわからない用語を出してしまったら
また質問してください。

とりあえず解説を

細胞内には様々なタンパク質があります。
タンパク質がいろいろなものを合成もしくは分解して
生物は生きています。(厳密にいえば少し違いますが
簡略化のためにそう書きました)
タンパク質はいつも仕事ができる状態にあるかというと
そうではなく不活性になっているものもあります。
そのようなタンパク質は何らかの刺激で活性化させられる
必要があります。
タンパク質が活性化されるための方法としてタンパク質の
リン酸化があります。リン酸化とはタンパク質にリン酸が
付加...続きを読む

Q無茶苦茶、滅茶苦茶の『苦茶』

『茶』のつく言葉について調べてるのですが、
無茶苦茶、滅茶苦茶という言葉は
『無茶』と『滅茶』をそれぞれ『くちゃ』で強調し、
語調を整えたと聞きましたが
『苦茶』という当て字にしてのには何かわけがあるのでしょうか?
苦いお茶と関係があるとかではないですよね?^^;
もし語源等知ってる方いましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 お茶は三煎にして味わうそうです。これは「甘さ」「渋さ」「苦さ」を三回煎じて味わえ、ということです。新茶はまず、ぬるめの湯で煎じて「甘さ」を味わい、次にやや熱めの湯で「渋さ」を味わう。最後に熱湯で煎じて「苦さ」を味わうのが正しい飲み方だそうです。それを、いきなり新茶に熱湯を注いで、「甘い」「渋い」「苦い」のすべてを一気に台無しにしてしまったお茶、これを滅茶苦茶というのだそうです。

Q一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

Aベストアンサー

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない、歌いて→「歌って」(促音便)、歌え!

足の下に押し付けるのは「踏みつける」ではなく「踏んづける」(撥音便)
 読む、読まない、読みて→「読んで」(撥音便+にごり)、読め!

月始めの日は「月立ち」ではなく「ついたち」(い音便)
 書く、書かない、書きて→「書いて」(い音便)、書け!

ヤングマン=「若人」は「わかびと」ではなく「わこうど」、結婚の仲立ちの「仲人」は「なかびと」ではなく「なこうど」、お礼のあいさつ「ありがたく」→「ありがたう」→「ありがとう」(う音便)

その他、ご質問のようなあまり規則性のないものでも、
 船便:「ふねびん」ではなく「ふなびん」、船主:「ふねぬし」ではなく「ふなぬし」
 上蓋:「うえぶた」ではなく「うわぶた」
などなど。

とりあえず思いついたものを。

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない...続きを読む

QAをすることにより、BはCなものであると「ーーーー」ことを私は主張していきたい。 ーーーーに当てはま

Aをすることにより、BはCなものであると「ーーーー」ことを私は主張していきたい。
ーーーーに当てはまる「理解できる」や「分かる」のような意味になる言葉が思いつきません。良い表現をご存知であれば教えていただきたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

類推できる、解釈できる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報