面白い冒険小説が好きです。以前は内藤陳氏の「読まずに死ねるか」あたりを参考に読んでいやのですが最近は出版されていないようです。
ここ、2~3年あたりに出版されて夢中になれるような本があったら教えてください。国内、海外共にお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

冒険小説なのかどうか分かりませんが、ドロシー・ギルマン「おばちゃまシリーズ」が出ているのですが、このシリーズ以外でもかなり夢中になりました。

ほかには、田中芳樹の「創竜伝」もお勧めします。
    • good
    • 2

船戸与一氏の作品は、男性なら誰でも好きそうな冒険小説だと感じたことがあります。

一番よかったのは、「砂のクロニクル」。
「山猫の夏」もオススメです。
いずれも文庫になっています。
何と言うか・・・、女にはわからない男のロマンを感じます。
・・・わたし、女ですけど・・・。
    • good
    • 1

私が最近読んだ中では、夢枕獏氏の「神々の山嶺(いただき)」がオススメだと


思います。冒険小説がお好きとのことでしたので、既に読まれているかもしれま
せんが、エベレスト登攀の話しとなってます。特別に山への興味がなかったの
ですが、この本にはハマりました。
山に登ることへの山屋の情熱が伝わってきます。思わず私もチャレンジしたく
なるような・・。
もしまだ読んでいないようでしたら、是非どうぞ。文庫サイズの上・下2巻です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
氏の作品には大体目を通しています。昨年だったかマロリーの遺体が発見された時は、この作品を思い出したものでした。

お礼日時:2001/04/04 22:09

ハヤカワ文庫で少し古いけど、「グランドマスター(上・下)」


チェスの名人でヨガの達人という主人公の話です。
あと国内で服部真澄の「鷲の奢り」と「竜の契り」
前者が警察内部の話で、後者はITがらみ。ハマります。
もう文庫になってるはずです。
    • good
    • 0

冒険小説の分類になるかどうか分かりませんが、楡周平氏の「青狼記」は、お薦めです。

「Cの福音」はご存知でしょうが、こちらは、また違ったおもしろさです。
    • good
    • 6

ん~~、冒険小説というのとちょっと違うかと思いますが。

内藤陳の推薦本というのであれば、分類としてはハードボイルドですよね。だったら私は大沢在昌の新宿鮫シリーズか、馳星周、高村薫をオススメします。もうすでに読まれたものばかりだったらごめんなさい。
あと海外ものが多いようですが、こんなHPも参考になさってはどうでしょう。

参考URL:http://plaza25.mbn.or.jp/~ryoutan/
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代小説ならどの出版社のものを読むのでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。著作権が切れていない日本の現代小説を読みたいのですが、どの出版社をキーワードで探せばよろしいでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版社で選ばなくてもいいんじゃないかと思うのですが、
角川、日本文学館、新潮社、講談社、幻冬舎などいろいろありますよ。
わたしとしてのおすすめは、日本を感じてほしいので、夢枕獏さんの陰陽師(出版社は文藝春秋)です。
中国人と日本人の純愛を超えた深い絆と交流が描かれているので、高村薫さんの李歐もご興味あれば読んでみてください。


あと、質問文に関してですが、私が見た限りではきれいにまとまっててわかりやすいと感じましたよ。
日本人としてこっちの方が緊張しながら回答しています(>ω<。)

Q出版を検討してくれる出版社はあるのでしょうか?

芥川賞や直木賞は同人誌上などに発表された作品が対象になりますが、そのような団体に属していない者にとっては機会がありません。また出版社が何々賞と題して作品を募集していますが、いずれも原稿用紙500枚以下で、私の作品はそれをはるかに越えていて規定に入りません。
自費出版でなく、小説の原稿を送ると出版を検討してくれる出版社はあるのでしょうか?あるとしたらどこでしょうか?
わかる方がおられたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

持ち込み原稿を出版社の人に読んでもらえる可能性はかなり低いと思います(コネでもあれば別ですが)。


探せば、500枚以上の作品を受け付けている新人賞はあります。ジャンルも枚数も分からないので、具体的な賞を挙げることはできませんが、規定枚数に収まる賞を見つけて応募するのが最もいい方法です。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://douwa.jpn.org/douwa/


どうしても規定枚数に収まる新人賞がない場合、ショートバージョンを作ってそれを応募し、のちの完全版を出版するという手もあります。文藝賞と直木賞を受賞した「青春デンデケデケデケ」がこの方法を取っています。

青春デンデケデケデケ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B1%E3%83%87%E3%82%B1%E3%83%87%E3%82%B1


いずれの方法も無理であれば、もっと短い作品を書いて新人賞を受賞し、デビュー後に出版するしかないと思います。

持ち込み原稿を出版社の人に読んでもらえる可能性はかなり低いと思います(コネでもあれば別ですが)。


探せば、500枚以上の作品を受け付けている新人賞はあります。ジャンルも枚数も分からないので、具体的な賞を挙げることはできませんが、規定枚数に収まる賞を見つけて応募するのが最もいい方法です。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://douwa.jpn.org/douwa/


どうしても規定枚数に収まる新人賞がない場合、ショートバージョンを作ってそれを応募し、のちの完全版を出版するという手もあります。文藝賞...続きを読む

Qエラリクイーン新訳どこの出版社の本を読んだらいいか?

エラリクイーンシリーズを読もうと思っているのですが、最近発売された角川、ハヤカワ、創元推理どこがおすすめでしょう?また相違点などはどのようなところにありますか?

Aベストアンサー

こんにちはー

『国名シリーズ』が好きで3社とも一応目を通したのですが、新訳では角川がおすすめです。

といっても、好みでわかれると思います。
角川は細かい伏線や手がかりの訳し方に拘っているように思います。セリフも現代風になっていますので読みやすいです。(ちゃらい感じはありますが;)

逆に、翻訳小説独特の読みにくさ(日本語的ではない感じ)や、古いかっちりとした雰囲気を感じたいのでしたらハヤカワ、これらの中間が創元推理だと思います。

まずは少し序盤を読んでみて、自分に合ったものを読み進め、余裕があれば他の訳も読んだ方が面白いですよ!訳が違うだけで雰囲気が全然違う作品に思えます^^

Q明治、大正、あたりの時代の文学を読みたいと思っているのですが、どんなのが読みやすいでしょうか。 ご回

明治、大正、あたりの時代の文学を読みたいと思っているのですが、どんなのが読みやすいでしょうか。
ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

夏目漱石作品が読みやすいと思います。
明治・大正あたりの小説は文語調で書かれたものが多く、読みにくいと思います。
しかし、夏目漱石は現代の文章に近い書き方なので読みやすいと思います。

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報