宜しくお願いします。

得意先が、同じ金額を2回振り込んできて
過入金状態になってます。

過入金分は次回請求分と相殺することになりました。
ところが決算で期がまたがってしまって困っています。
直前期には、売掛金であがっていますが、消費税等も入っているので
これはまずいですよね?

『預り金』等に直したほうが良いでしょうか?
他、適した科目があれば教えてください。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

商法企業会計規則上での解釈としましては、


確定した債務(債権)で無い場合に決算期をまたがる会計処理方法としては、
(1)仮受金

書かれているように、決算前に売掛金が発生する場合には、
(2)前受け金 でも可能ですが、
前受金では目的が異なりますので、
ここはやはり『仮受金』科目に振替て 決算を越してから、『売掛金』と相殺することが適切ですね。

会社規模にもよりますが、
仮受金科目は、税務報告資料の中の註釈科目でもありますので、
決算書作成時には内容を表示する必要もありますね。
    • good
    • 1

通常売掛金勘定が相手勘定となる取引について、次回請求分と相殺することが、決算書作成前に確定しているのですよね。

そうであれば、前受金勘定に計上・表示させるのが最も適切でしょう。


前受金は、後払いのときなら売掛金を計上すべき取引について、前払いを受けた場合に用いる勘定科目です。

また、決算書に表示する勘定科目は、始めに、決算日までに発生した事象で決します。そして、決算日後決算書開示までに発生した事象のうち、その実質的原因が決算日に存在するものがあれば、勘定科目を修正します(後発事象に関する監査上の取扱い2(1)参照)。単に取引日で決するのではないということです。

お書きのケースでは、遅くとも決算書作成前に次回請求分との相殺が確定しているのでしょうし、実質的原因たる過入金の事実は決算日時点で存在しているのでしょう。そうであれば、未決算たる仮受金勘定ではなく、前受金勘定に計上・表示させるのが適切だといえます。(金額的にはそう大きくないでしょうから、仮受金勘定でも別に構わないとは思いますが。)
    • good
    • 1

預かり金ではないと思います。

相手が口座に勝手に入金してきて、お前に預けてあるはずだと言われても困りますよね。法的原因がありませんので、預り金勘定は適当ではないでしょう。
前受け金としてもいいでしょうが支払って来た時点では今後の取引分の内払いと言う意思表示がされてないから、相手が間違えて二度払いしてきた場合に使う勘定科目ではないように思います。
「なんだこの金?」として仮受け金にしておき、決算をまたいでから、原因が判明したとして売掛金を相手勘定にして仕訳をすれば、消費税を内税で処理してても外税で処理してても問題は出ません。

ところで、2重払いをする程景気の良い(?)取引先ですから、次回の請求時には「○○円は既に当社に振込み済みです」などの案内を忘れないようにしないと、請求額どおりに振込みがされる可能性があります。
    • good
    • 0

かりに9月決算とします。


得意先は月末締め、翌月末振り込みとします。

◇8月の売上が105万円、9月の売上が210万円とします。

9月30日に、誤って105万円を2回振り込んできて、過入金分は次回請求分と相殺することになったのであれば、

〔借方〕普通預金1,050,000/〔貸方〕売掛金1,050,000
【摘要欄】8月分売上代金

〔借方〕普通預金1,050,000/〔貸方〕売掛金1,050,000
【摘要欄】9月分売上代金の内払い

預り金にはしません。「預り金」は、近い将来、返済することを前提とする勘定科目です。次回請求分と相殺する約束、つまり、もらいっ放しになるのですから「預り金」ではありません。


◇8月の売上が105万円、9月の売上が0円とします。

9月30日に、誤って105万円を2回振り込んできて、過入金分は次回請求分と相殺することになったのであれば、

〔借方〕普通預金1,050,000/〔貸方〕売掛金1,050,000
【摘要欄】8月分売上代金

〔借方〕普通預金1,050,000/〔貸方〕前受金1,050,000
【摘要欄】過入金
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお客様の過払いによる、売掛金の入金時処理

今般売掛金を回収したのですが、仕訳について躓いています。
疑問は、回収した売掛金のうち、お客様の検収や単価の誤りで多く入金した時の処理です。
単価誤りやお客様の検収数が多い場合で過入金、売掛金を回収したとして処理してよいのでしょうか。それとも、誤り分を前受金として処理しておいて、次月以降において売掛金回収として処理するのですか。
前受金の認識としては、役務の提供前(未発送の品代等)にお金を受取ると前受金で処理すると思っているのですが、このあたりで躓いております。
恐れ入りますが、認識のご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

そのまま売掛がマイナスのままです。
翌月の仕訳の摘要に過入金分相殺などと、簡単に記載しておきます。
仮受金に計上するのは決算月だけです。

Q過入金の返金処理について

皆様お世話になります。
リフォーム業をしております。
マンションの修繕工事を行い、その代金を
(1)管理会社から入金があり
(2)大家さんから入金あり
で、ダブってしまい大家さんへ現金にて返金し
「過入金の返金分」として領収書をもらいました。
※大家さんからしたら過入金ではないのですが・・・(^^;
弥生会計で記帳しているのですが良い科目が見当たらず
どうしたものかと考えております。
処理の仕方をご教授頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

過入金があった場合は、通常仮受金勘定を使用します

過入金時
  現金/仮受金

返金時
  仮受金/現金

過入金時に、すでに売上または売掛金として処理してしまっている場合は
  売上(売掛金)/現金
として、売上(売掛金)のマイナス処理をすればいいと思います。

 

Q得意先が過払いしてきた時の仕訳を教えてください

経理暦半年の初心者です。

先月、あるお得意様が売掛金の支払いを手形で過払いでお支払い
されました。
その場合は過払い分の仕訳は「預かり金」で大丈夫なんでしょうか?
ほとんど毎月取引がある会社なので、とりあえずそれで仕訳してました
それで、今月はその分が差し引かれて口座に振込みがありました。
この場合の仕訳を教えてください。

<先月> 51000 受取手形/売掛金 50000
                /預り金 1000

 <今月> 49000 普通預金/売掛金 50000
      1000  預り金/

これでいいんでしょうか?????
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

当社では

<先月> 51000 受取手形/売掛金 51000

売掛残マイナスのまま、摘要欄に「過入金1000円」

<今月> 49000 普通預金/売掛金 49000

一々前受金とか借受金、預かり金とかの仕訳では煩雑になります

実際に自分の会社が少なく請求していたのかも知れません

その場合は売掛金の追加になりますので売掛金でそのまま過入金として処理していた方が楽ですね

売掛金がマイナスでもなんら問題は無いと思いますが...。
決算時は問題でしょうね

Q過入金の処理について

メーカーの営業マンです。
この度、担当する事になりました得意先において
過去に何らかの事情により過入金となったままの
先がいくつかある事が判明しました。
期間は半年から一年以上前のものもあります。
こちらからは請求時に過入金分を相殺して請求している
のですがこちらの請求書通りに支払われない得意先に
ついてはそのままとなっております。

過入金の金額は得意先により5,000~50,000円程度ですがこの様な
場合どの様に処理すればよろしいでしょうか?
得意先によっては「決算を過ぎており今更返金されても
困る」と言われたところもあります。

以上乱文となってしまいましたがお知恵頂けると幸いに存じます。

Aベストアンサー

第一義的には、得意先に返還する努力をすべきでしょう。

得意先が返還に同意しないことが確認されれば、会社の利益とするしか方法はないと思います。

この場合、過入金の性格を、売上の追加と見るか、偶発的な利益と見るかですが、これは、偶発的利益と見る方が自然ではないでしょうか。

そうすれば、雑収入(消費税は不課税)として処理することになります。

他にご回答がないようなので、特に明確な根拠がある訳ではないのですが、思いつくままに書いてみました。

Q過剰入金の返戻について

こんにちは
ささいな質問で恐縮ですが、売上代金を先方が間違って多く振り込んできた時、先方から請求書を送ってもらったりしますか(証憑として残しておくために)?

うちはその辺あまり決まりがないのですが、単純に先方が間違ってしまった場合で先方が返金を望む時は請
求書をもらいました。
もちろん、こちらに非がある時はそのような手続はしません。
弊社は金額の変更が多く、変更前の請求書で先方が払ってきてしまった時などもそのような請求書をもらっていません。
もらわない時は、こちらにメモとして残しておき、対応しています。

皆さんの会社ではどうしていますか?

Aベストアンサー

うちの会社の場合です。
相手が消費者の場合は請求書はお客様からもらっていません。
通帳等に入金額が記載されますし請求より多ければ相手の売掛金はマイナス残(赤残)となり過入金にとなる経理処理になりますよね。

相手が業者(会社)の場合は請求書をもらっていますし逆の場合も要求されました。

Q過入金の処理について

回答お願いします。

取引先からの入金で3000 円多く支払われており、11月の請求から過入金分を差し引いてご請求してもよいか連絡をしたのですが、返事がきません。
このような場合、過入金分を差し引いた請求書を再発行して勝手に送ってもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

請求書の内訳に、前月の加入金分を載せれば、相殺して請求金額を表示できるはず(つまり、法的には相殺の意思表示を請求書で行う)。
通常の商取引ではよくあるケース。

Q誤入金を返金した場合に必要な書類は?

取引先が売掛金の支払いを銀行振り込みしてきたのですが、
4万円多く振り込んできました。

相手方に連絡したところ、現金を取りに来るとの事でした。
当社としては振込にて返金する旨を伝えたのですが、
どうしても取りに来るというので了承しました。

そこで質問なのですが、先方へ現金を返金した際、
領収書をもらった方がよろしいのでしょうか?

多く振り込んできた分の返金なので、特に商品の売買と
いうわけでもなく、領収書をもらうのも変な感じがするのですが
特に問題無いでしょうか?

それとも、何か他の手段等があれば教えて頂きたいと思います。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

勿論会社の現金を支払う以上、その証憑は必要です。
これはどんな場合でも、出金時はその事実を証明する資料が必要だからです。
そうしておかないと、税務調査で使途不明金などといわれます。
この例では、相手に領収書の提出を要求し、そこには「代金過払い金返金」と言う摘要を入れてもらいましょう。
それを受け取った人間がポケットの入れるかどうかは相手の会社の問題です。
こちらは相手の正式の領収書をもらえばそれ以上の問題ではありません。
それと売掛金と預金入出金で事実の証明は可能ですよね。従って全体としてこれで当社側の問題は全く無いということになります。

Q小額の入金誤差の取り扱いについて。過入金の場合

初めて質問いたします。インターネットでビジネスをしている者です。

時々、入金の金額を間違え、小額ですが、ご請求額よりも多くご入金される方がいらっしゃいます。そのような方への扱いについて教えてください。

今までは、返金口座番号を聞き、その口座に振込んでいたのですが、その金額が小さいときには、振込み手数料の方がかかってしまうケースも生じるようになっています。
今まではそもそも、お取引件数が少なく過入金のケースはほとんどなかったため、すべて上記の方法でご返金していたのですが、お取引件数の増加に伴い、最近はちょくちょく過入金のケースが出てまいりました。それで、口座番号を問い合わせたり返金を行う手数なども、ままならなくなりました。
社内にて、今後どのように対応しようかと言う事を話し合い、幾つかの案が出ました。「切手によるご返金」「金券によるご返金」など。

しかし、同じ問題は他社様でも起こっていると思います。
それで、一般的に他社様ではどのように処理されていらっしゃるのか?もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。参考にさせてください。

(類似質問:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2092129.html がありましたが、こちらの質問の意図は経理上の扱いの質問ですので、上記の問いとは異なっていると思いました。もし、既に上記質問が出ておりましたら教えてください)

どうぞ、よろしくお願いします。

初めて質問いたします。インターネットでビジネスをしている者です。

時々、入金の金額を間違え、小額ですが、ご請求額よりも多くご入金される方がいらっしゃいます。そのような方への扱いについて教えてください。

今までは、返金口座番号を聞き、その口座に振込んでいたのですが、その金額が小さいときには、振込み手数料の方がかかってしまうケースも生じるようになっています。
今まではそもそも、お取引件数が少なく過入金のケースはほとんどなかったため、すべて上記の方法でご返金していたのですが...続きを読む

Aベストアンサー

お客様には連絡し過入金扱いで次回ご注文時にお客様より
連絡をいただいた場合(いただくように伝えておく)や
気がついた場合に相殺
次回ご注文がない場合や連絡がないもしくは気が付かない場合は
そのままずっと過入金扱いにして気にしない。

ネット販売はわかりませんがその前に私は滅多にこのような事
ないのでなぜ過入金されるか考える必要はあると思います。

Q金額を間違って振込してときの仕分け

請求額 500,000できてましたが、間違って550,000振り込みました。
その後相手方より50.000返金がありました。
この場合の仕分けを教えてください。

Aベストアンサー

普段なら僕は#2様と同じ処理をします。
もし、振り込んだ日に気付いて、しかもまだ伝票を記入していなかった場合に限って#1様と同じ処理をします。

教科書どおりなら
1.振り込んだ日(過入金と気付いていない)
買掛金 550,000/現預金 550,000
2.過入金と気付いた日(過入金分を仮払金にする修正伝票)
仮払金 50,000/買掛金 50,000 過入金分の修正伝票
3.過入金分が返金された日
現預金 50,000/仮払金 50,000 過入金分返金

(おそらく相手から返金された場合、振込手数料くらいは引かれているかもしれないので、それは『雑費』や手数料関係の科目で処理すればいいでしょう。)


ただ、実際は面倒なので
1をして、2は飛ばして、入金された日に3の代わりに
現預金 50,000/買掛金 50,000 過入金分返金
として処理しています。
(#2様と同じスタイル)
ただし、月をまたぐ場合は買掛金がマイナスになってはいけないので、仮払金として振り替えて計上しておきましょう。

Q過入金の返金について。

簿記とかよくわからないので、質問の意味がわかってもらえるか心配ですが宜しくお願いします。


営業さんがA社とB社に同じ請求書を出し、二重請求になってしまいました。
もちろんどちらの会社からも入金がありました。

そこでA社に返金するということになりました。


請求額は128000円。
A社は振込手数料315円を差し引いた127685円で振り込んできました。

返金する際、当社としては

(1)127685円振り込めばいいのか
(2)請求額の128000円で振り込めばいいのか


(1)の場合は手数料315円は当社負担で、(2)の場合は手数料315円をA社に負担してもらって金額的には127685円にしたほうがいいのか。。。


説明が下手なのでわかりづらいかと思いますが、宜しくお願いします。。

Aベストアンサー

●A社へ返金する振込み金額は、請求取り消し行為による過誤納金を受領してしまった訳です。

振り込まれた金額から返金しようと考えるから、戸惑われてるのだと思います。

請求は元から、無かったのであれば、その請求書に書かれた金額を振り込むのが、一般的です。
A者が、差額を振り込んできたから、返金処理に当たるのでは、なくて「請求書そのもの」が取り消されたことに起因して、事務処理がされるからです。

●【結論】 A者へ128,000円振り込みます。

民法上、債権の回収は商事債権でも 
●持参債務(相手が持ち込むことが義務付けられている債務)と
●取立て債務(こちらが相手社へ出向き、回収する債権)とに大別されます。
【取立て債務】
ヤクルトおばさんみたいな、使った分だけの商品のリース料金をもらうといったケースです。
【持参債務】
相手に支払いに、現金で支払いにきてもらっても振り込んでもらっても良いとされてる債務のことです。

●ご質問のケースの場合は、取引先に請求額そのものが取り消されるわけですから、請求額そのものをふりこまなければなりません。【取立て債務であっても】=請求そのものが取り消しになる為

この時の振込み手数料は、支払い手数料として計上する【販売及び一般管理費】です。
これが 企業会計原則です。

●A社へ返金する振込み金額は、請求取り消し行為による過誤納金を受領してしまった訳です。

振り込まれた金額から返金しようと考えるから、戸惑われてるのだと思います。

請求は元から、無かったのであれば、その請求書に書かれた金額を振り込むのが、一般的です。
A者が、差額を振り込んできたから、返金処理に当たるのでは、なくて「請求書そのもの」が取り消されたことに起因して、事務処理がされるからです。

●【結論】 A者へ128,000円振り込みます。

民法上、債権の回収は商事債権でも 
●持参債...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報