『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

格闘技を始めようと考えている、25歳社会人の♂です。

小さい頃から今まで、剣道をやってきたのですが(ちなみに4段です)、素手の徒手格闘に興味があり、格闘技を始めたいなぁと思うようになりました。

近所にはこのような道場があります。
I:防具付き空手道場(硬式空手)
II:日本拳法
III:伝統派空手道場(剛柔流)

三つの中から選ぶにあたり、大事な条件は実戦的であるということ。
剣道をやってきたのも自己鍛錬、また大事な人を守るための力が欲しかったからです。(最近はぶっそうですからね・・・)
襲われたとき偶然に竹刀を持っていれば・・・ということはまずありませんのでw
言っておきます。物騒な所へ近寄らなければいい!という意見はごもっともで、一番の護身術だと思います。しかしもしものことを考えての質問だと考えてください。

では本題に戻りますが、この三つの中で最も路上で力を発揮できる、複数人に襲われた場合に一番実戦的である。
また稽古内容、技が極めて実践的だと思う武道を教えてください。

皆様の意見を参考にしたいと思います。
是非とも様々な意見をお聞かせください!宜しくお願い致します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

No.8ですが、なんか話が盛り上がってまいりましたが、



>>回答者様には申し訳ないのですがどうしてもボクシングが路上で使える一番とは思えません。ボクシングが使えないというのではないのです。フットワーク、初動作が隠れたジャブ。実戦的だとは思いますが、ひとつの技術に精通しているあまり、いろいろなパターンの攻撃に対応できるのかが疑問なのです。もし相手がナイフを持っていたら・・・突きの間合いですと刺される可能性はあります。前蹴りなどで間合いを測るのはどうでしょうか。

ナイフを出されて対応できる格闘技ってあるのでしょうか?
ボクシングに限らず、日拳、少林拳でも対応できないと思います。(練習はしますが)
あなたは蹴りで対応と考えているかもしれませんが、
確かに前蹴りで近づけさせないことは可能かもしれませんね。しかし上体が不安定になる蹴りは喧嘩では有効ではありません。

まぁ現状の日本ではナイフを持ち出しあなたに突っかかってくる確立はかなり低いでしょうが。

仮にもし相手がぶっ殺すという意思であなたに向かってきた場合は蹴りで間合いを取れるかもしれませんが、それならナイフに対する格闘技を身につけるべきです。(最初は複数人相手ということでみんな書いてあると思います)

あなたも興味がある、
少林寺拳法はナイフを使った想定もします。そして、
剛柔法はたしかに体系が取れており練習も楽しいです。
しかし、ナイフを持った対応は正直役にたちません。
また、血気盛んな若者がいない道場は型のみで終わりです。
フルコンタクト殴り合いはしません。

ナイフを持った相手を想定するのに徒手格闘を選ぶのは間違ってます。
ナイフを持った相手に近づくこと自体が無謀です。いかにこちらも武器を見つけるか、心臓を守るかになると思います。

それでも実はナイフを持った相手を想定する格闘技はあります。
日本武道傳骨法です。実際に現在の骨法はわかりませんが、ナイフを持った相手に対して実戦的に動ける技術を教えているみたいです。(本を読んだだけですが)
興味があればどうぞ。

話はそれましたが、日拳や空道ではどういう選手が強いかというと、ボクシングを過去にやっていたとか、レスリング部出身の選手が強いです。
何を意味しているかわかりますか?
北斗旗ルールでは何かに突出した技がやはり有効ということです。

また、実際の喧嘩をあなたはやったことがありますか?
20才を超えてまでやるやつはいないと思いますが(正当な防衛は別)
普通は顔が近づいてキスする位の近さから始まるもんですよ。
いきなり辻切りのように殴ってくるやつはいないです。
必ず文句があっていがみ合う内に始まるからです。
そして大体顔面に一発決まれば喧嘩は終わります。(知っての通り万が一鼻に一発決まれば相手は戦えなくなるからです)
また日本の喧嘩では倒れたら終りだからです。
倒れてからも必要に蹴りを入れるようなやつは喧嘩なれしていません。
そういう輩は大体仕返しや復讐されます。(相手が悪ければ)

わたしの経験上路上の喧嘩はそういう意味で
レスリング(柔道)、ボクシングが有効ということです。
飲み屋で喧嘩になればイの一番に鋭いジャブを打ってきたやつが勝ちます。路上で言い争いになって一発ぶん殴られても、いきなりタックルされたら防ぎようがありません。
実際防げなかったです(笑)

また、空道を創った東師範は極真時代には蹴7割手3割だったが、
実際のノールールにしたら蹴3割手7割になったと言ってます。
いかに蹴りが総合では上体を不安定にさせるかを物語ってます。

ここまで書いて相手を倒すという方法をみなさん書いてくださってますが、こんな戦いをしたら相手だけでなく、あなただって警察にお縄になりますよ。

もし殺されそうで、どうしても避けられない場合の戦い方は
私は一つだと思ってます。目潰をして相手を殺す。そこまでする覚悟があるなら、格闘技をやらないほうが強くなると思います。

みなさんが色々と書いてくださっているのでよく吟味されて選ばれると
良いと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

長文ありがとうございます!!
文章を読んでいましてかなりのめり込みました。
ナイフを出されて堂々と出来る人に方が少ないですよね。
確かに上半が不安定であれば強固な蹴りは出せませんよね。
突きでいう手打ちになるのでしょうか。

対武器術という武道、日本武道傳骨法ですか。。。初めて耳にしました。
やはり何かに突出した技術というものは強いんですね。
なるほど…。

運が良かったのか徒手の喧嘩はしたことはありません。
ですので本や稽古で学んだ知識がほとんどなので実際のお話を聞けるのは凄くためになりました。ありがとうございます!!

柔道などは下がアスファルトですと地面が凶器ですよね^^;

最後の文面、かなり考えさせられます。
もし私の家族や恋人、友人。もちろん自分の身も含め、危険があるときにはそういう覚悟を決めねばならないのでしょう。

空手などの武道もk-1やプライドで実績を残せないのは技が限定されているからですよね。
しかし路上ではリングの上と違ってルールがない。
考えてみると怖いものです。

この質問をしてから皆様に色々な意見、様々な格闘技があることを教わりました。この中から自分のやりたい格闘技を見つけていきたいと思います。本当にありがとうございました!!

お礼日時:2009/10/09 23:26

再再度#6です


言われている様に相手が刃物や獲物を手にしている時などは
日本拳法の遠い間合いは十分役に立つでしょう
しかし日本拳法は剛にに走りやすく柔をあまり多用しません
その点において少林寺拳法は日本拳法の遠い間合いには敵いませんが
相手が獲物を持った場合の型なども幾つかお見受けしましたので
その点に於いては日本拳法よりも優れているのではないかと拝察いたします
入りやすさや体力的な事をから言えば少林寺拳法がお勧めです
また、ボクシングのフットワークは獲物を持った相手でも十分通用しますが離れて戦っている場合のみで接近戦になると不利でしょう
接近戦で組んだ場合などは日本拳法の威力が発揮されるので多くの方が進められている様に日本拳法が選択肢の一番になると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
少林寺拳法や日本拳法のように総合格闘技の良いところは、戦いに幅があるというところでしょうか。
型稽古は無駄なものだとは考えていません。
むしろ何度も反復させることで技を体に覚えこませることに意味があるのでしょうか。実際に型を真面目にやっている人とやっていない人とでは、技法にかなりの差がでることは明白でしょう。
実践とは違うでしょうが、やはり防具を付けて思いきり稽古ができるのは魅力ですよね。

お礼日時:2009/10/09 23:06

厳しいようですが、どれを選んでも無理なんじゃないんですか?


「襲われたとき偶然に竹刀を持っていれば・・・」と言う時点で、実際に技を使う上での柔軟性が無いように思います。
恐らくどれを学んでも型通りの使い方しかできないかと。


武術や格闘技の技にはもともと武器を使った技を徒手で使えるようにしたものも結構あります。
剣道の技でも徒手で使おうと思えばいくらでも使えますよ。もともと剣術を参考にしてますしね。
また、今の剣道だと昇段試験のためだけの使えないといわれている技もかなり実戦的です。

例:
1.剣道の一般的な中段の構え(手は手刀)
2.相手がパンチを出してくる
3.手刀で相手の拳をそらしながら前進
 これだけでこの後手刀で切るなり、突くなり、掴んで投げるなりいくらでも出来ます。

剣道はやった事ないので、これぐらいの事しか書けませんが、剣道の技を見せてもらったら徒手での使い方いくらでも思いつきますよ。
先ずは柔軟な発想と技の応用、剣道では教えてくれない本来の技の使い方の研究が必要なのでは?
その上で他流でもスパー出来るところを探してみては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「襲われたとき偶然に竹刀を持っていれば・・・」質問の中では適した表現ではなかったですね(笑)
剣道でいえば、試合で用いる技法と実践の技法とでは違うということは私も重々承知の上です。
過去にそのような経験がありました。三人のチンピラに絡まれて、衝突せざるを得なかった状況です。その際は傘を持っていたのでそれで何とか切り抜けられました。後の先でコテを打ち、相手が痛がっているうちに体当たり。無事に逃げられました。しかしその際衝撃で壊れ、傘は意外と耐久性がないのに気づいたのもこの時です(笑)
得物(棒状の物)を持っているのと、持っていないのとでは剣道家のポテンシャルはかなり違うでしょう。徒手格闘に使えるとしたら体捌き、踏み込み、間合いの取り方くらいではないでしょうか。
回答者様の答えてくれた技法…一般人と一対一なら可能かもしれませんが、複数や格闘技経験者だと難しいと言わざるをえません。
しかしかなり興味深い回答内容でした。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2009/10/09 23:01

#6です


ボクシングで世界チャンピオンにまで上り詰めた“渡辺二郎”日本拳法出身者でした
彼がボクシングにも通じた技術を持っていたのですから日本拳法も実戦的格闘技の選択の一つかと思いますが
それならば彼が最後にたどりついたボクシングの方がより貴方の御希望にかなったより実戦的な格闘技だと思います
ボクシングなら必ずと言ってほど一つの地方自治体に一つ以上有ると思いますので
自転車で通える範囲で探されては如何でしょうか
型にこだわり過ぎる非実戦的な流派などは避けた方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
日本拳法の縦ケンの威力、スピードには定評がありますよね。
ボクシングのジムなら確かにあります。
しかし回答者様には申し訳ないのですがどうしてもボクシングが路上で使える一番とは思えません。ボクシングが使えないというのではないのです。フットワーク、初動作が隠れたジャブ。実戦的だとは思いますが、ひとつの技術に精通しているあまり、いろいろなパターンの攻撃に対応できるのかが疑問なのです。もし相手がナイフを持っていたら・・・突きの間合いですと刺される可能性はあります。前蹴りなどで間合いを測るのはどうでしょうか。

お礼日時:2009/10/09 00:09

複数人に襲われるという前提はたぶんありえんでしょう。


そのようなことを意識して困難な修行をするのも一つの道ですが、人生の無駄のようにも思えます。
もしそんな状況で戦わなくてはならないなら、
逃げる、ハッタリをかます、なだめる等を駆使してその場を
乗り切る方法を考えた方がいいと思いますが。
ちなみにどうしても複数と戦わなくてはならない場合は、あなたが腕に自信があっても、どうやって一対一に持っていくかが重要です。
広い場所で戦うのは無謀です。
あなたも剣道をやっていたのなら分かると思いますが、広い場所で複数人と戦うには狭い場所に持って行く、若しくは壁を背にして戦うというのは鉄則なのを知っていると思います。素手の喧嘩でも同じで、狭い路地や通路に入って二人同時に襲ってこない、または背中に回られない状況を作るのが必要です。そんな理屈はさておいて、

もし戦うにしてもその複数人がヤ○ザならどうしますか?
それでも一人で戦うのですか?
私の若い頃の経験から言えば複数人のヤクザを相手に戦うのは愚かです。
ヤーさんは必ず見つけ出して拉致しますよ。
後ろのトランクに詰め込まれた時は生きた心地がしませんよ。
事務所に入れられたら黙って正座させられて目の前でドス抜かれても
まだ戦う気でいるんでしょうか?

総合的に判断して複数人と戦うのはよほど達人の域に達していないと無理のように思えますが、それでも稽古したいと考えるなら私が知ってる範囲内では、
ボクシング、柔道、FSA拳真館が良いと思います。
達人の域に達していれば複数人を相手にできると思います。
複数人相手というのは最低条件で一撃で相手を倒す、若しくはノックアウトできる技が必要だということです。
一人倒すのに連打や寝技が必要なら、言わなくても分かるとおり、その間に袋叩きに合います。
ボクシングの正確で俊敏で破壊力のあるパンチ、
柔道の大地に叩きつけるという第三の打撃力
立ち関節で相手に恐怖を煽る破壊技
どれも一撃必殺の訓練を練習でしています。

空道や日拳は高い実践性と言いますが、実践性には疑問を持ちます。
防具で固めた試合(特に日拳)は確かに本気では殴りあってますが、それが私の言う一撃必殺性があるかと言えば無いような気がします。一対一なら勝てると思いますが。

そんな事を考えずに徒手格闘を楽しんだらいかがですか?
私は剛柔流をお勧めします。
型と組手が中心で年を取ってからでも皇潤を飲んで頑張れるし、弟子育成もできるからです。

今の話を友達や格闘技をしたい奴らに言うと「やる気が失せた」とか「じゃあ何をやればいいんだよ」と聞いてきます。
その時私は健康促進のためにやるならどれをやってもいいと言います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに一理ありますね。
もちろん武道や格闘技をやるなら楽しんでやるつもりですよ。
剣道も私は大好きです★
その中で自身と実践的な技術を身につけたいのです。

過去にすごい経験をなさったようですね。
確かに相手がチンピラだけとは限りませんよね。
さすがにヤクザ相手だと腰が引けてしまうかと思います(笑)
FSA拳真館!!初めて知りました!!確かに実践的な武道のようですね。
空道とはまた違うのでしょうか??
これまた候補に入れてみようと思います!!
長文ありがとうございました。

お礼日時:2009/10/09 00:14

どんな格闘技も、技は基本であって、実戦ではありません。


また、多くの武道の開祖は、当時は常に命を張った実戦でした。
今では型しか行なわない合気道の植芝先生なども、開かれた当初は常に実戦が身近にありました。
従って、全ての武道が実践的であり、現存する全ての武道が非実践的でもあります。

>物騒な所へ近寄らなければいい…家に居てもいつ強盗が入ってくるか判らない。駅までの道すがら襲われた。駐輪場で襲われた。散歩に出て車に轢かれた。たまたま門の外に出て襲われた。
路上の痴漢は繁華街じゃなく、住宅街で起きるのです。
今の御時世で「近寄るな」なんて事を言ってるようじゃ、街を裸で歩いているのと同じですね。

私は逃げる事を最前提にして「富木(合気道協会)」を選びました。
探した理由は、知人が酔っ払いに絡まれて大怪我をした際、剣道の県代表がいたにもかかわらず、「棒がないから助けられなかった」と言った事にあります。
理由は師匠と飲んだ際に「ココで絡まれた時の最善の一手はなんだ」と聞かれ、降参すると「この灰皿か、凍り入れを相手に投げつける事」と応えた事です。
体捌きで攻撃をかわし、受身で怪我を防ぎ、距離を開けてさっさと逃げる。これが極意なんだそうです。
そういった点では間合いが詰まらないと成立しない空手や柔道は、相手が強ければとても不利です。
それに合気道には「胸倉を掴まれて、謝ると、相手が崩れ落ちる」という技もあります。これは結構面白いですよ。頭を下げて謝るほどに相手が悲鳴を上げてしゃがみこみますから。

入門して聞けば、師匠や先輩の時代には稽古後には街に繰り出し、地回りと路上稽古が茶飯事だったとか。
今でも年配の地回りの人に出合うと挨拶されています。
そんな師匠が「攻撃が難しい」というが薙刀と棒術(杖)です。
杖は1.5m程度ですが、それより短くても日常的に折りたたみではないツエ(明らかにツエとして売っている物)を持つ習慣があれば、銃刀法にも引っかかりにくいと思います。(手に持ってブラブラさせていれば職質されます)
逆に警備員の持っている警棒などは捕まりかねません。

「武道が最強なのではなく、最強なのはその個人でしかないし、勝敗は時の運。機を逸すれば名人も敗れる」というのが師匠や先輩の信条です。
そういった意味で路上での乱捕りで最強なのは、常に実戦経験を重ねているヤクザさんとしか言いようがないでしょう。
もっとも、近年では組を脅かす肉体派の組員は排除される傾向にあり。多くが知的収入源だそうです。(要するに振り込めとか、風俗とか)
なので、路上で絡んでくるのはいつ組から切られてもいいようなチンピラばかりなので、背負うものがないのでストッパーが利きません。くれぐれもご用心下さい。

それと、こちらが有段者やジムに所属している場合は、相手が怪我すれば悪役に成りますし、破門の憂き目に遭いかねませんので、決して地元では乱捕りはなさりませんように、身分は判らないようにされますように老婆心ながらご注意申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
その剣道家の言い分はすごいですね(笑)
友達やめたほうがいいかも・・・なんて(笑)
確かに空手も柔道も剛の如き武道ですからね。
護身という意味では合気道があっているのですね。
確かにヤーさんは普段より実践の中に身を置いている分当たり前と言えばそうですね。やはり実践は経験もつまないといけないわけですか。
私も武道の本質はその場からうまく逃げる、危険を察知することだと思います。しかしどうしても闘わなくてはいけないときがあると思います。
力がないからといって加減をしてくれる輩だけとは限りませんからね。
私は力なき正義も無力かと思います。

お礼日時:2009/10/09 00:04

長年武道の指導員をしてきた者です


御指摘の三つはどれも3段以上にならないと複数人数相手に戦える自信がつかないでしょう
剣道4段ともなれば棒切れ一つあれば相手が素手で格闘技経験のない人なら無敵と言えるでしょうが
徒手空拳ではそうはいきません
我々の後輩の高段者ですら何かあると「すたこらサッサ逃げるに如かず」が一番だと申しております
もし始められるのでしたらお近くに「空道」「合気拳法」の道場は有りませんか
貴方の御希望に一番近いかもしれません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
そうですね。しかし常に武器を携帯しておく訳にもいかないのでw
合気拳法ですか!初めて知りました。ぜひ調べてみたいと思います。
空道 大道塾の事ですよね。最有力候補だったんですが道場が近くにないのであきらめました・・・。

お礼日時:2009/10/08 13:21

日本での現実的な実践というのは、



刀を持った人と闘ったり、
拳銃をもっているような人と闘うことではないと考えます。

そのような状況は一般市民なら99.9%くらいの人はないですよ・・・。

あるとすればヤンキー数人に絡まれる。
ナイフ、バット、包丁をもった人と対峙くらいですよ。


それを踏まえて、何が実践的かでしょうね?

私が一番恐いと思うのは、狭い場所でやらないといけない時です。

広い場所で1対1なら柔術で対応できると思いますが、
狭い場所で複数相手なら寝技もできないです。

狭い場所なら→打撃+立ち関節が最低限必要
と思います。

空道なんかいいんじゃないでしょうか?

キックボクシングでもいいと思います。

私は空手と少林寺拳法をやってますが、
最近年をとるに連れて、武器があったほうがはるかに楽と思うようになりました。

サランラップの芯程度の長さと堅さがあれば、数人程度なら逃げたり制圧することが素手よりはるかに楽だろうなと思ったりしています。

質問者さんは剣道を先にやってみえるので、その逆のパターンなんでしょうね☆

この回答への補足

まずはお礼を。回答どうもありがとうございます。
空手と少林寺ですか!少林寺の剛法と柔法については興味があり、素晴らしい技術体系かと思います。
はい。回答者様がおっしゃる状態で考えて頂いて結構です。
日本で拳銃は非現実的ですもんねw
確かに逆の考えかもしれません。どうしても武器がないときのことを考えてしまいます。
自分の中では少林寺などもかなり実戦的なのではと思うのですがどうなのでしょう?

補足日時:2009/10/08 13:26
    • good
    • 1

実戦的な格闘技を始めようとしているのに自分で勝手に3択にしてしまっているのには笑っちゃいました。



硬式空手=どちらかの攻撃が一発綺麗に入ればそこで中断させられる競技であり技の連打を認めない、競技の性質上パンチが手打ちになりやすい。

日本拳法=ボクシンググローブを付けるため素手の技術とは違う。鉄面を付けるため使える技が限定されてしまう。

伝統派空手=寸止めのため実戦性に乏しい。

本当に実戦性のある武道がしたいならFSA拳真館に行くべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもです。
確かにそうですねw
近場に通える所がその3か所くらいしかなかったもので^^;

お礼日時:2009/10/08 13:33

武道はその時点で精神鍛錬が主目的になりますので、実戦性が低くなります。

(気持ちの上です)
その前に実戦性とは何を示していますか?
喧嘩程度ならどの武術,武道でも対応できます。
殺し合いを想定しているのなら、やはり柔術,槍術,剣術などの古武術となります。
古武術は、殺伐とした稽古内容を辞めていますので、実戦性がないように見えますが、
本来は戦のためのものですので実戦性は高くなります。
剣道も本来は剣術から発展したものですので、実戦性は高いのですが
競技方向になり実戦性が低くなってしまいました。JUDOが良い例ですね。
なぜ、剣道が実戦性が低いのか。それは、例えば面を打たれたときどのように対応しますか。
恐らく首だけを動かし面位置に決まらないようにしますよね。
でも、これが真剣だった場合どうでしょうか。首だけを動かしても切られてしまいます。
でも、実戦を想定して稽古をすれば剣道でも充分実戦性は高くなると私は思います。
合気道,日本拳法は、端から見ていると踊っているようにしか見えませんが、
実際は実戦性が高いので一つ一つの技が危険を伴っているため、
型稽古をしているのです。
私としては、合気道,日本拳法,柔道は柔術が元になっていますので、
柔術が良いと思います。
後は柳生新陰流兵法も体術,剣術を稽古します。
見た目では分からない部分がありますので、自分で見て体験するのが一番良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
確かにそういう点では剣道も柔道もスポーツ化しているのかもしれません。例でいえば、もし路上で武器を持ち戦うのであれば、振りはコンパクトに、メン、コテ、ドウに拘らず、それ以外の箇所も打つべきですよね。
いずれにせよ、試合で認められている動きではないですね。
面のよけ方も試合で合理的に剣筋を捌くための動きですので。
古流の剣術にはそういった稽古もやるのですね!!
道場が近くにあるか調べてみます。

お礼日時:2009/10/08 23:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本当に実践的な護身術、格闘技を習いたい

実践的な護身術、格闘技を習いたいと思っているのですが、
なかなかどれを選べばいいのかわかりません。
あくまで実践で戦える、というのを念頭においています。
具体的には、

・打撃、関節技、組技、寝技など、様々なものができるようになりたい
(いろんな相手を想定しているため)
・武器を使ったものもあるほうがいい
(ナイフなどで襲われたときのため)
・格闘、護身、ストリートファイト

趣味や体を動かす程度というわけではなく、真剣に身につけたいと思っているので、
慎重に選びたいのですが、こういった条件でいい武術や護身術は
あるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形しか教えられません。それをどう組み合わせて応用するかはあなたのセンスによります。セセンスがなければ何をやっても使えない、センスが秀でていればどれでも使えるということです。
ジークンドーでも戦う相手は一人を意識することだそうです。以下に自分のテリトリーに引き入れるか、それがセンスです、なのでどの武術でも一人でも多数でも同じという事になります。

どの武術でもみなさん技しか見ていないですよね。違いますか?だから多数を相手に出来ないと思うわけですよ。
しかし真面目に武術を習っている人は判っているはずです。技で勝てると思っているなら本屋の本で習った人より弱いでしょうね。なぜなら最も大事な事は市販の本でも書かれているからです。
例えば剣道も一対一でしかないです。でも剣術では多数を相手にします。居合いの教本には図入りで書かれています。でもそれは剣道の本には文字でしか書いていないだけの話なんです。
さてそれが何であるのか。それが判れば先の「戦う相手は一人」も理解できるでしょう。それはテリトリーの問題でもあります。そしてそれはゴルゴ13でも同じことです。

でも勝つために覚えるならやめたほうがいいです。必ず負けます。
私には飲み屋で出くわすと地元のやくざさんの方が挨拶に来る師匠がいます。その人の教えは「距離を置くために使う」というものです。
物理的な距離、逃げる時間の距離、心理的な距離。それを作るのが目的だというのです。だからやくざさんでも一目置いて挨拶に来るのです。
外国人やチンピラは力にひれ伏しますけど、日本人や真のやくざさんは力ではひれ伏しません。そのことも覚えておくべき事です。それを力で抑え込もうとすれば気の休まる時間がなくなります。

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形...続きを読む

Qどれが実戦的ですか?

喧嘩になった際、
キックボクシング、ボクシング、極真空手の中で、
どれが役に立って、
強いと思いますか?

もちろん、
こういった事は個人個人素質にもよるので、
すべて同一人物であると仮定します。

(※空手家とキックボクサーとボクサーが喧嘩したら、
誰が強いか?
という意味ではありません)

Aベストアンサー

極真会館の元指導員です。
高校時代は伝統派を部活動でやっておりました。
現在は、顔面ありと総合へ移行してます。

NO1さんが、すでに的確な回答をされていますので、私からは少し違う角度から回答させていただきます。


1,ボクサー
私の周りのかたは、ケンカっぱやい人間が多く、街のケンカで負けなしの人間が多いです。

2,キックボクシング
ボクサーは足への攻撃を嫌う、極真空手「選手」は顔面攻撃が(攻撃も受けも)苦手
上記について、入門してきたボクサーや元極真空の選手がキックの道場の練習で最初にカモにされることが多いことは確かです。
以上から、極真やボクサーを見下す傾向があります。

3,極真空手
パワー、持久力などの体力はケタはずれです。
技も多彩です。
ただし、ウエイトトレーニングとサンドバッグだけしかやらない人が結構増えています。稽古自体が、試合のためだけになってきてるのですね。
一般の人間であれば、黒帯レベルにケンカを売りません。

4,伝統空手
習った技を、自分で実戦向けに改良できるのであれば、伝統派の空手も強いです。実戦技の多彩さは、一番です。
寸止めはあくまでも競技であって、実戦で寸止めする訳ではありません。型も、実戦のときまであの姿勢で戦う訳ではありません。
反応も機敏で早く、踏み込みの距離と早さは一番です。
サンドバッグ、砂袋、ウエイトトレーニングなどを混ぜ合わせて、すべての技を練習していれば実戦ではものすごい強いと思います。(競技のみで終わってしまっているかたは、やはり体力不足であり、技に威力が足りないのです。)

5,柔道
掴んだ瞬間に打撃の嵐を受けることがありますが、打撃対策が出来ていればかなり強いです。
柔道家は皆、柔道が最強だといいます。私も、PRIDEの吉田選手ぐらいになると打撃のみの選手には負けないと思います。

以上から、時間をかけて全部やってみては・・・

極真会館の元指導員です。
高校時代は伝統派を部活動でやっておりました。
現在は、顔面ありと総合へ移行してます。

NO1さんが、すでに的確な回答をされていますので、私からは少し違う角度から回答させていただきます。


1,ボクサー
私の周りのかたは、ケンカっぱやい人間が多く、街のケンカで負けなしの人間が多いです。

2,キックボクシング
ボクサーは足への攻撃を嫌う、極真空手「選手」は顔面攻撃が(攻撃も受けも)苦手
上記について、入門してきたボクサーや元極真空の選手がキック...続きを読む

Qケンカに強い格闘技は何だと思いますか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつけたり、金的にヒザを入れられます。

まぁあとは手に武器を持つ相手も多いですが、その場合は当然こちらも武器を持ちますが、スライディングして相手の足を両足で挟み込み身体を捻って相手を倒し、そこから打撃か絞めというパターンが多かったですね。

素人相手の場合は、下段か回転しての後ろ蹴りがほぼ確実に入るので、そこから畳み掛ければかなり簡単です。

ただ、一番強かったと思った相手は元相撲取りでした。
突進してきた相手に金的を入れようと思ったのですが、太ももが太すぎて入らず、こっちが吹っ飛ばされてしまい、こりゃやべぇと思い車に積んでいた木刀を持って来てなんとか勝ちましたが、かなり強かったです。木刀がなかったら負けてましたねw

まぁあとは複数相手の場合は、横蹴りや裏拳なども有効に使えるため、やはり空手が実践では一番有効な格闘技であると感じます。

このような経験から個人的には実際のケンカで強い格闘技は
空手・相撲≧キックボクシング>ボクシング>総合
と感じます。

みなさんの感想はいかがでしょうか?

個人的には空手だと思っています。
自分は長年某実践空手をやっていました。空手は異種格闘技や総合では弱いというイメージを持つ人もいますが、実際のケンカでは掌底、ヒジや頭突き、金的蹴りも非常に有効に使えます。逆に言えば上段回し蹴りなどはよほどでなければ使ったことがありません。

ボクサーや総合経験者相手の場合は、ボクサーの場合は下段が入りますし、相当なパンチ力がありそうな相手の場合はソッコーで金的を入れます。総合の相手は組まれた組まれた場合はヒジや頭突き、他には足の甲などを踏みつ...続きを読む

Aベストアンサー

合気柔術系総合(うちでは体術と呼んでいます)です。

No.1さんと同じような境遇です。

空手や相撲は強いのはわかっています。

ボクシングももちろん強い。レスリングもアマチュアならね。

総合格闘技の選手でも、寝技以外に何か武器があれば(素手での)
 #それこそミルコのハイキックみたいなもの
かなり上に来ると思いますよ。

順列つけるのは難しいでしょうね、皆さんが言われているように。

条件次第で変わりますしね。

小言に聞こえるかもしれないけれど、ひとついいかな?

申し訳ないけれど、あなたは「相手に対する攻略法」をここに揚げてしまっています。

それは戦う相手にとっては有利な情報になる、これはわかってあるかな?

爪は隠すものですよ。もったいないな。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

Qブラジリアン柔術は実戦では有効ですか?

格闘技を護身術として習おうと思っています。ブラジリアン柔術、キックボクシングが
良いかなと思っています。どちらも実戦では、強い有効な格闘技と思って絞ったのですが、
YouTubeで、本当のストリートファイトを見てみると喧嘩が始まると、二三発入れば、そのあとはボコボコにされて終わるパターンが大半でした。組みつく余裕などは実戦では、難しいと思ってきました。。。となると、組みつくまでがスタートとするブラジリアン柔術はあまり実戦的はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

狭い日本では喧嘩は胸倉のつかみ合いや至近距離でのにらみ合いから始まる事がほとんどだとよく聞きます。
これは組み技の間合いだと思います。
あとキックボクシングは才能である程度左右しますがBJJは誰でもやればやる程強くなるといいます。
あとキックは老いたら引退ですが、BJJは老いても続けられると思います。
ドランクドラゴンの鈴木はBJJ使いですがニコラスペタスの道場に道場破りにいくテレビの企画で3人抜きくらいしてました。

Qヘタレにも習える護身 格闘技を教えてください

先日、電車の中で若者の携帯使用を注意している40代くらいの会社員のかたが、逆切れした若者に殴られているのを見ました。

すぐに回りの人達と、僕で駅員に通報して、事無きを得ましたが、とても人ごととは思えず、「逃げるが勝ち」といいつつも、どうしても身を守るときはあるんだなと護身を習うことを決意しました。


といっても、34歳のオジさんである私、、格闘技なんて大学生のときにならっていた、剣道初段くらいです。。候補として、少林寺拳法・合気道・テコンドー・空手・ボクシング・キックボクシング
などを考えているのですが、体があまり強くない私としては、練習の怪我で翌日の仕事に影響がない練習をしたい希望があります。

どの格闘技が、 「へたれサラリーマンにも、無理なく学べる」でしょうか?
どなたか、練習などしていて詳しくしっているかた、
あなたのお勧めを教えてください。よろしくお願いいたします。

補足ですが、あくまで護身で、絡まれたときに相手を無力化できれば目的は達せます。
理想的には、10秒ほど相手を無力化して、そのうちに逃げるのを目標にしています。

Aベストアンサー

絶対的にお勧めは、ブラジリアン柔術(BJJ)です。
30代で始めた人も多くいます。

僕自身は、剣道、フルコン、キック、テコンドー、グラップリング、ブラジリアン柔術などの試合に出た事があります。
趣味として合気道も習いました。

上級者とも楽しく練習が出来て、なおかつ、上達した場合に新しく入って来た人にまず負けず、なおかつ、いざという時に身を守れそうなのもブラジリアン柔術です。180cm70kgくらいの素人がやってきて、相手が本気の本気でスパーしても、簡単に仕留める事が出来ます。
雰囲気の話をして申し訳ないですが、打撃系のジムはぎすぎすというか、怖い人が何人もいて敷居が高いです。
合気道は技としては大変優れていると思いますが、実際に使える人はほんの一握りだと思います。

UFCなどのノールール系の格闘技でBJJの技術は必須です。実用性はばっちりです。

練習も、心地よい疲れはありますが、尾を引く痛みはありません。

一度見学してみてください。

Q少林寺拳法が弱いと言われる理由?

大学に入って武道系の部に入部しようとしてさまざまな部を見学しましたが
その中で感じたのは、
練習方法において
空手はまずはまっすぐ突くことや横に蹴ることに集中して
一つに絞って練習しており(つまり、右手で正拳突きのみを10など)
それに対して少林寺拳法はすぐに多様な技をつなげて練習している(天地拳など)
ように感じました。
器用な人なら技をつなげて練習しても大丈夫だと思いますが私のように不器用な人はまずはまっすぐ突くことに集中しなければ基本が見につかずに、少林寺拳法が弱いと言われる原因ではと思いました。素人目で恐縮ですがみなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

空手は一発で倒すものと思われます。一撃入魂的な。(あくまで個人的な意見です)
少林寺拳法は、違うと思います。
私は少林寺拳法はほんのわずかですが稽古をした経験より、相手の反撃や攻撃をかわして、自分の体制を
立て直してから攻撃するやり方ではないかと感じました。
もちろん、決め技は蹴りや突きだと思います。
やはり、カンフーの攻撃が少し入っていると感じましたよ。

いつもどの武道が強いとか弱いとか一概に言うことはできません。
それぞれの武道には一長一短がありますので、絶対に強い武道もないと思います。
それに、武道は人を気づけるものではないことを理解してください。

Q伝統空手 と フルコン空手 

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそうです。(友達談)けれどフルコンの間合いは伝統と比べると非常に狭いので、顔面への突きは「簡単にあたりそうな気がする・・。」そうです。どんなにがんばっても顔面を鍛えることはむずかしいですよね?フルコンの方は伝統空手をどう思われますか?実際に防具なしで伝統空手の人とやるとしたら、顔面への攻撃には簡単に対処できると思われますか?また伝統空手の顔面等への突きは脅威になりますか?どちらの空手を習えばいいか迷っています。フルコンの方、伝統の方、またどちらも経験のある方、ご意見をお聞かせ下さい。 よろしくお願いします。

友達が伝統空手をやっています。僕も空手を習おうと思っているのですが、伝統 と フルコン 一体どちらがよいのでしょうか?

空手をやっている人にとってはある意味究極の質問だと思います。伝統空手とフルコン空手(極真等)は一体実戦においてどちらが有利なのでしょうか? 「人の技量による」というのは十分承知の上です。一体どちらが実戦において有利なのかお聞かせ下さい。
 伝統をやっているひとから見れば、フルコンのローキック等の蹴りは脅威でしょうし、一発もらったらたてないかもしれないそ...続きを読む

Aベストアンサー

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は不可能です。
一撃に渾身の力を込めますから体を鍛え込んでいるフルコンと言えども
まともに食らったら一瞬で勝負が決まります。
それと、伝統派は体で受ける事はしません。
伝統派は直接的な攻撃が多いという人がいましたがそれはただのレベルの低い試合を観ているに過ぎません。
伝統派にはすべて相手の力を無効化する技が沢山あります。
体重100キロの相手を簡単に転ばす技もありますから。

ま、大道塾の北斗旗やK1のようにパワ-を重視したようなグロ-ブル-ルになりますと、本来のスピ-ドが出せませんので極真が有利でしょうけどね。
歴史の背景から本来の空手(唐手)というのは
琉球(沖縄)から始まり、それが本土へと伝わって色んな流派が生まれたんです。

では何故極真が最強と言われるようになったのか。
それはまず極真空手創始者大山倍達氏の伝説が凄まじかったのが一つ、そして
寸止めは実戦的でないと、直接打撃制とかケンカ空手という謳い文句が雑誌や素人にうけたに過ぎません。

でも柔道に置き換えれば、伝統派が柔術で、フルコンが近代柔道と言えます。
昔の武道ほど恐ろしいものはないんです。

私は伝統派に勝てるかも知れないフルコン空手をあえて言うなら
大道塾だと思います。
スピ-ドまでは行かずとも伝統派に似たスタイルで極真のパワ-があり、
なおかつ寝技や関節技まであるという流派らしいですから。
どこまで本当か分かりませんが・・。
私個人の意見として総合的な怖さでは大道塾、驚異的破壊力の怖さで言えば
中村日出夫総帥(10段)率いる拳道会でしょうね。

本来、空手は4代流派に分かれていました。糸東流・和道流・剛柔流・松涛館です。故大山倍達館長は剛柔流の5段でした。そこから独立して極真会館を創始したんです。つまり4代流派は極真のル-ツといっても過言ではないのです。

それでも寸止めだから実戦に弱いとか、直接打撃だから強いとかいう
馬鹿げた妄想を抱いている輩が沢山いるから困ったものです。
パンチ力がいくらあってもそれをさばかれたら役立たずです。

本来の伝統派というのは恐ろしかったんです。
伝統派は昔から「一撃必殺」というように一撃に渾身の力を込めて
相手の急所に叩き込むという技を極めてきたんです。その修練も半端じゃありませんでした。だからこそそれを直接打撃にするとあまりにも危険過ぎるので寸止めにする必要があったんです。実戦では寸止めしなければいい事ですしね。
でも、伝統派もやはり時代の流れに沿って昔のようにル-ルが無かった血だらけの試合をしていた頃が失われつつあります。
そしてこれまでの血を流す空手ではなくこれからは汗を流し老若男女誰でもやれるスポ-ツ空手として、オリンピックを目指そうという事になったのです。昔の空手はもはや時代が必要としないのです。
ですから、今の伝統派は素人目から見れば府抜けていると思うかも知れません。
しかし、本来の武道というのは空手道・柔道・剣道というように「道」という
言葉の本質が分からねば強い・弱いと判断する資格はありません。
そういう人間は武道の本質を何も分かってないんですから。

現在の空手は喧嘩に勝つためにあるのではありません。テレビで芸能人化している空手家や今の極真のような見せ物の為にある訳でもありません。
人格完成・誠の道(社会的貢献)・努力の精神・礼儀・血気の勇を戒める心を養う為にあるのです。だからこそ社団法人や日本空手協会に所属しているのです。
これからの空手はどちらか強いかではないのです。以上。

長くなってすいませんでした。
空手を習うなら社会的貢献を目指し、驚異的なスピ-ドを得たいなら伝統派。
格闘技として単純に強くなり、観客を興奮させたいならフルコンをお薦めします。

伝統派松涛館11年(3段)、フルコン極真4年(弐段)です。
はっきり言います。
本当の実戦(生死を賭ける)をすれば伝統派が圧倒的に怖いです。
ル-ル無用の試合をするとおそらくフルコン側は伝統派に当てる事すら
難しいでしょう。何故なら、伝統派は間合いを最も重視し、一瞬の油断が
命取りになるからです。極真の接近戦の殴り合いは逆に墓穴を掘ります。
ロ-キックなどかすりもしないですよ。
逆に伝統派の追突きや飛び込み突きの驚異的なスピ-ドは
接近戦に慣れている極真側は絶対にかわす事は...続きを読む

Q合気道は実戦的な武道なんですか?

一言で強いか弱いかと言っても答え難いと思うので
合気道は実戦的な技なんでしょうか?

武器の無い戦いなら一番強いのはプロレスだと聞いたことがあります。
一度入ったら抜け出せないし、プロレス技を抜けるにはプロレスを知るしかないからだとか

塩田って人の動画見ていますがこれが本当なら神でしょうけど
弟子相手に闘ってるのしか見た事ありません…
弟子か素人相手にしか闘わない武道なんでしょうか…

かっこいいけどそんなに強くないカンフーの様に、実際総合格闘技としてTVで合気道が勝ちまくってるのなんかも見た事ありません。

Aベストアンサー

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はストリートファイトが起源で、今でも模擬ストリートファイトを練習に取り入れているものがあります。
問題は技が強いかどうかというより、打たれ強いかというほうが問題でしょう。相撲は技の要素的には確立された強い格闘技ですが、ボクシングのような顔面の打たれ方や関節技に対する鍛え方がされていません。
だから、勝てないんだと思います。
勝負は技だけでなく、打たれ強さが大きく関係しますから。そして打たれ強さは一朝一夕で鍛えられるものではありませんから。

塩田先生を始め、彼らが素人相手に技を披露しないのは、仲間内でしかかからないからじゃありません。武術をしている人で無いと危険だからです。
有名なのは塩田先生だか植芝先生かは忘れましたが、米国大統領の警備の者を投げ飛ばしたという一件です。

例えば、多くの人は技をかけられると抵抗します。単純でシンプルな当身技くらいならそれでもいいですが、複雑で見栄えのする間接技や投げ技になると自分の限度を知っていて、それが越えそうになると自分から受身に入るレベルの人でないと怪我をします。だから素人には披露しないのです。

結論的に言えば、合気道の技だけでは非実戦的でしょう。逆に他の武術や格闘技の中に合気道の考えを取り入れれば、入れないよりは強くなる可能性があると思っています。

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はスト...続きを読む

Q打撃系格闘技出身者は総合格闘技では戦いづらいって本当ですか?

昔の格闘技関係の本の文章の一部で、
「キックボクシングなどのパンチやキックという
打撃技を身上として鍛え上げた身体は、重心が上方にあるので、
総合格闘技では戦いづらい。総合格闘技というルールで
戦うと、こうした体型の者は体重の重い、それも
重心の低い馬力ファイターに弱い。押されることに
対する筋肉ができていないためだ。」と打撃系格闘技出身
の選手は総合格闘技には向かないと思われることが
書かれてあったのですが、その文章は正しいのでしょうか?
ムエタイ出身のヴァンダレイ・シウバやK1出身のミルコが
総合格闘技で活躍したことがあることを考えると
例外もありえると思うのですが…
皆様からのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「秘技」のようなマイナーな存在であったことや、かつて柔道家を主人公とする「姿三四郎」の人気などによって、日本では空手より柔道が、日本の格闘技の「主役」の時代が長く続きました。

それを大きく変えたのが、かの「空手バカ一代」の出現です。

「地上最強」「一撃必殺」などのうたい文句をひっさげ、空手こそ最強という認識は、昭和40年代中盤から昭和50年代にかけてはかなり浸透しました。

もちろん大山師の功績もさることながら、試割りなどのインパクトなどもその原因のひとつだったことは言うまでもないでしょう。

実は私自身ちょうどその世代真っ只中でして、中学1年から始めた柔道部に所属しながらも、高校1年で2段を取得(これは実は年齢を誤魔化しての取得でした)してすぐに、部活での柔道の練習のかたわら、週に2回ほど少林寺拳法を習いにいったりしました。

これは
「柔道は相手をつかんでからでないと攻撃できないから、相手と接触することが即攻撃になる空手には遅れをとる」
という理論や
「いくら身体を鍛えてもブロックやレンガを割る空手の攻撃を受けたらKO必至だ」
みたいな理論を聞き、私自身も「いくら柔道をやっていても空手部の奴とケンカしたら勝てないんじゃないか」なんて不安になったのです。

そして、今から空手をやっても空手部の奴には追いつかない、ならば少林寺をやれば違うルートから近づくことが出来る。
自分の柔道の力に、少林寺の打撃が加われば空手部恐れるに足らず!
なんてバカなことを考えたのです。
(これら全てが今になるとアホな考えですが)。

その後も日本では柔道や各種格闘技は広く愛好者を有しましたが、その中でもやはり「極真」というブランドは一定の評価を得ていたのはご存知の通りです。

そしてその後極真を代表とするいわゆる「フルコン」の顔面無しというコンセプトに対するアンチテーゼとして顔面攻撃有りの空手や、グローブ空手などが、その後の大きな「大変革」の徴候として次々と生まれ始めたのもご存知の通りです。
(私が本格的に総合系の空手にはまり出したのもちょうどこの頃のことです)
__________________
前置きが長くてすいません(いつもの私の悪いクセです)。
もう少し続けさせてください。

さて、先ほど私が「後の大きな大変革」と表現したのが、ご存知のUFCにおけるグレーシーの出現です。
これはまさに格闘技に関する常識を根底からくつがえすほどの出来事でした。
格闘技界のコペルニクスと言ってもいいと思います。

たしかに多くの専門家が一撃必殺なんてのは現実的でないことや、人間が格闘をしていると自然と相手と組み合ってしまうのが自然だから、組み技系の専門家は実戦においてとても強いということはよく言われていました。

しかしなんのかんの言っても、実際の格闘では圧倒的体格を有する者が、その体重とパワーにものをいわせ圧倒するという「現実」が、実戦における勝敗を決するという考えはやはり強く信じられていました。

事実私は、当時グレーシーが出現するまでは、現実の実戦で「平均的・一般的」に最強の人間が一番多い集団は大相撲、そしてそれに続くのが重量級の柔道選手や重量級のキック・空手の選手であろうと思っていました。

しかしグレーシーの出現によって、必要充分以上に打撃に対する対策を修得した上での組み技、特に締め技&関節技のエキスパートにかかると、打撃系の選手やパワーで押し込むなんていう攻撃があっさりと封じ込められてしまうという現実を思い知らされたわけです。

つまり対多人数や対武器を想定に含めなければいけない、現実のケンカはさておき、あくまで競技としての素手1対1の対戦(つまりプライドのような総合格闘技の試合)では、締め関節の熟練度がもっとも要求されるということが分かってきたわけです。

言い方を変えれば、少しくらいパンチやキックが強くても、いったん組み付いてしまえば後は寝技の専門家には手も足も出ないということがバレてしまったわけです。

こういう経緯によって、現在の総合の試合において最低限求められる能力は
パンチ・蹴りであっさり倒されない程度の打撃力と、そこから寝技で相手を仕留める能力
これになっているのです。

さて本題の
Q:打撃系の選手は総合で闘うのに向いていないのか
を考えてみたいです。

私はこの最低限の打撃力プラス寝技の修得という、総合での能力を身につけるうえで、打撃系の選手が不利なのは重心の高さという要素は少ないと思います。

私が打撃系出身の選手が不利となる理由と考えるのは次の2つです。
一つは先ほど言った通り、人間はルール無しで殴りあっていると、自然と相手と接近して組み合うという性質があるため、ある程度打撃の経験のある者同士では、あっさりと打撃で決着の付くことの方が少なく、結局は組み技の優劣で勝負が決する以上、どうしても寝技に一日の長がある組技出身の選手が有利であること。

そしてもう一つは、打撃の修得よりも、組技の習得の方が熟練するのにより多くの経験が必要だということです。

殴る蹴るという攻撃は、ある意味素人でも持っている、人間の「原始的」攻撃方法です。
つまり締め関節等に比べると、打撃と言うのは素人のその「素人度」が低いのです。

また打撃の強弱というのは、ある程度腕力や体力、体格などによって左右されてしまいます。
ですからボブ・サップのような本来打撃の素人であっても、多少の練習によってそれなりに戦えるレベルになれるし、いやさらにはあれだけの体格とパワーを有しているとほんの数ヶ月の練習で、軽量中量級の専門家でさえ圧倒されることも大いに有りえるわけです。

しかし投げや締め関節は、極端な話しいくら体格や腕力があっても、素人では絶対に専門家に勝てません。
半年柔道を練習したボブサップでは、60キロの野村忠宏にも子ども扱いされることでしょう。

とくに柔道の世界は、多くのトップ選手がジュニアの頃からその道にどっぷり漬かっているような選手の集団です。
こういう柔道家とさえ互角以上に寝技を闘うことが出来る、柔術家や五輪銀メダリストの小川直也を数十秒でギブアップさせてしまうヒョードルのような人間の居る総合の世界では、やはり打撃系出身者は分が悪くなるのも当然なのではないでしょうか。

こんにちは

以前、調理師免許をとるべきかの質問でお会いして以来、何度かこのカテでも回答させていただいています。
いつも格闘技に対し、探究心ある質問をされていて感心しています。

今回も僭越ながら回答させてください。

日本で近代スポーツとしての格闘技が定着した明治大正昭和とかけて、柔道を代表とする組打ち系と空手を代表とする打撃系など、どの格闘技が最強なのかという議論は、なんのかんの言ってもやはり格闘技好きにとっては興味ある話題です。

空手と言うものが、戦後まである種「...続きを読む

Q合気道は使い物にならない・・・・?

東京・若松河○駅にある、
合気道本部○場に少し通ったのですが、

合気道は他の格闘技と比較して、
使い物にならないと感じたのは、
自分だけですか?
この道場は、
大手でかつ、
合気道の本部であって、
この道場のレベルに疑問を感じたら、
他の道場ではもっと無理ですよね?
自分はこの道場の初心者クラスで、
まだ5回くらいしか通ってないのですが、
これ以上は時間の無駄かと思い、
明日から違った格闘技を始めようかと考えてるのですが・・・・
(ちなみに、
私は格闘技の種類にはこだわらず、
結構色々やり(トータルで格闘歴4年くらいです)、
より実践的で喧嘩に使える格闘技を探し続けて、
研究してる最中であり、
その為に合気道を始めたのですが、
『あんな約束稽古ではどうにもならない』と感じたのですが・・・・・・・
皆さんはどうお考えですか?

Aベストアンサー

NO.3です。
すみません。大手とあったので養神館かと思いました。
本当に合気道を実践で使いたいのでしたら、毎日後方受け身連続100回、体の変更一のみ最低一時間合気道から離れるまで継続するべきですね。体の変更一が「あんな…」になっているなら即、辞めるべきです。資格はありません。

師範に足の親指一本のみで倒してもらった方が早そうですね。
私は空手もやっていますが空手より合気道は難しいものです。それを選択しようとした質問者様は凄いと思いました。始める動機も何でもいいんです。ただ稽古に対する心構えだけは許せません。
読むより稽古も実践です。見るよりあなたの身体を使って理解してみてください。空手より身体に多数のあざや血も出ます。基本の稽古でそれくらい練習していますか?初心者が、すりむいたり、関節技であざをつくるのは当然です。

興味があるなら、今の道場に物足りないなら養神館本部へ。
(どこの道場でも稽古は稽古、その考えがおかしいですが納得いかないなら道場巡りしてみては?)
喧嘩で使いたいから技をかけて欲しいと師範に土下座する勇気も喧嘩には必用でしょう。師範でなくても私クラスの誰かが技を一本かけてくれるかもしれませんね。恐らく簡単に倒せるでしょう。それが合気道です。私は九段の師範に遊びで技をかけられて初めて恐ろしい!!と実感しましたよ。

1.体の変更(一)
2.座り技両手持ち呼吸法(四)
3.肩持ち三ヶ条抑え(二)
4.指定技
5.指定技
6.指定技
7.指定技
8.終末動作(一)
9.終末動作(二)
10.指定自由技
11.指定自由技
12.三人取り自由技(木剣、短刀、徒手)
(弐段受験者は二人取り短刀、徒手)


指  定  技
 片手持ち四方投げ(一)(二)
 両手持ち四方投げ(一)(二)
 横面打ち四方投げ(一)(二)
 正面打ち四方投げ
 半身半立ち片手持ち四方投げ(一)(二)
 半身半立ち両手持ち四方投げ
※正面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち二ケ条抑え(一)(二)
※片手綾持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち二ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち三ヶ条抑え(一)(二)
※正面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち側面入身投げ(一)(二)
※肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち側面入身投げ(一)(二)
※横面打ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両手持ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両肘持ち側面入身投げ(一)
 後技両肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち正面入身投げ(一)(二)
※横面打ち正面入身投げ(一)(二)
※片手持ち正面入身投げ(一)(二)
※両手持ち正面入身投げ(一)(二)
※正面打ち肘締め(一)(二)
※横面打ち肘締め(一)(二)
※片手持ち肘締め(一)(二)
※胸持ち肘締め(一)(二)
※肩持ち肘締め(一)(二)
 後技両手持ち肘締め(一)(二)
※正面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※横面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面突き肘当て呼吸投げ(一)(二)
※片手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
 後技両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面打ち小手返し(一)(二)
※横面打ち小手返し(一)(二)
※正面突き小手返し(一)(二)
※片手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち小手返し(一)(二)
 後技両手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち天地投げ(一)(二)
 正面打ち呼吸投げ
 横面打ち呼吸投げ
 片手持ち呼吸投げ
 両手持ち呼吸投げ
 正面突き呼吸投げ
 座り技両手持ち呼吸法(一)(二)(三)(四)
 (※印は座り技も含む)

指 定 自 由 技
正面打ち自由技
横面打ち自由技
片手持ち自由技
両手持ち自由技
正面突き自由技
肩持ち自由技
正面横面打ち自由技
後技両手持ち自由技
後技両肘持ち自由技
後技両肩持ち自由技
短刀取り自由技
剣取り自由技

↑全部簡単にこなせなければ黒帯になれません。簡単に倒せるようになるには更に修行が必須。最低ここまでやって判断してくださいね。

合気道は短刀取りという自由技もあります。相手が短刀対持った場合の技です。空手には無い、柔道にもない、特に男性の弱い箇所を上手に使って技をかけるので意外と質問者様には合っているかもしれませんよ。
女性は関節が柔らかいので技の効き目から比較すると男性の方が合気道の技に弱いですし。

※基本の技は合気道に限らず家でもできます。もちろん練習されてまいすよね。だったら昇級も昇段もその上もあなたに限らず目指せます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%B0%97%E9%81%93
まずは合気道とは。心構えて道場へ。無にならなければ簡単に見えるこの投げ技もただのお遊び。もの凄い威力を感じたことがまだ無いのでしょう。ぜひ続けて見た目は地味な合気道の威力を身体で感じてください。

NO.3です。
すみません。大手とあったので養神館かと思いました。
本当に合気道を実践で使いたいのでしたら、毎日後方受け身連続100回、体の変更一のみ最低一時間合気道から離れるまで継続するべきですね。体の変更一が「あんな…」になっているなら即、辞めるべきです。資格はありません。

師範に足の親指一本のみで倒してもらった方が早そうですね。
私は空手もやっていますが空手より合気道は難しいものです。それを選択しようとした質問者様は凄いと思いました。始める動機も何でもいいんです。ただ稽...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング