AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

人身事故で、初めてのため色々調べてわかったことですが、判例ではどうやら、今回の事故は、相手6 当方4 くらいに(よければ8:2くらい)になりそうな例のようです。
事故の被害状況は、相手がほぼ軽い傷で仕事も休むことなく、
こちらは中学生で骨折や顔の傷で全治約2ヶ月で精神的にかなりなストレスをこうむっています。
保険については、自賠責の枠120万の中から、治療費、その他にあて、慰謝料を 次の段階の任意保険から出してもらえればと思っていたのですが、6:4 の場合は 4を実費、ということなんですよね?
この割合が関係するのは任意保険だけで自賠責は関係ないと聞いているのですが、だとすると、たとえば治療費や諸経費で50万、残りの70万までしか慰謝料の枠はない、というふうに解釈すればよいのでしょうか?
たとえば 後遺症は顔については確実なので、慰謝料は譲れないのですが、70万を超えた額を請求したい場合、どうなるのでしょうか?
よくわからなくて、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追伸


あなた側 総額で50万程度の人身損害であれば相手加入自賠責で過失相殺関係なく全額補償されます。

相手に人身被害がなければ賠償する必要はありません。

双方に物損被害があるなら、こちらは過失割合に応じた賠償を双方しなければならないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大体の見当がつきました。

お礼日時:2009/10/28 14:59

自賠責は120万限度 これは治療費・慰謝料・入院雑費・通院交通費など含めてです。


自賠責はケガをした人救済目的保険なので、原則過失相殺関係なく100%補償されます。過失相殺事故では、治療は健保でかかるが必須条件です。
健保でかかれば、自由診療の半額で済み、その分自賠責限度枠に収まる効果もあり、治療費が安く上がる分、他の補償枠を多くとれます。

自賠責120万を超えれば、任意保険にかかり この場合には根っこから過失相殺されます。
例えば、総額300万かかったとして、相手6:4あなた の場合
300万×60%=180万 賠償額は180万となります。

後遺障害については、自賠責120万とは別に等級認定により別途支払いされます。

同居親族に自動車保険加入 人身傷害車外事故担保されるものであれば過失相殺減額される場合 この減額分が補償されます。
したがって、加入保険屋に一応事故報告する必要があります。確認して下さい。

>たとえば治療費や諸経費で50万、残りの70万までしか慰謝料の枠はない、というふうに解釈すればよいのでしょうか?

このように区切った考え方は妥当ではありません。すべてを含めて120万限度ということです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
はい、健康保険を使いましたので、かなり抑えられました。
ですので治療費自体は約10万ですみ、入院雑費、通院交通費、標準の計算の慰謝料、これ全部あわせても50万前後だと思います。(入院が5日ほどでしたので)もしこの50万が、総額だとして、過失割合が おっしゃるとおり6:4だとすると、結局こちらが賠償してもらえる金額と、相手に負担しなければいけなくなる金額はどう計算したらよいのでしょう?

補足日時:2009/10/27 23:51
    • good
    • 1

ご質問を何度も読ませていただきました。


が、おっしゃる意味があまり理解できませんでした。

まず、お怪我をされたのがお子様だけで、お怪我もひどいことから、
車対車の事故ではないようですね?
自転車等でしょうか?
その際、ご自分の任意保険はお使いになれますか?
ご所有の車がおありでしたら、人身傷害保険がついているかどうかを
ご確認ください。

また自転車であれば「個人賠償責任保険」も対象になりますので、
クレジットカードや車の保険についていないかご確認ください。

また、「後遺症」と簡単におっしゃっていますが、
後遺障害には認定基準があり、男子であるか女子であるかでも
等級(金額)が変わってきます。

また、慰謝料は治療費や障害等級とは別途のものになりますが、
自賠責の計算方法では、入院されたり、通院された回数によって加算のされ方が違ってきます。

裁判されるのであれば、また計算方法が違います。

相手の自賠責のみで済ませようとお考えでしたら、
健康保険を使っての治療をお勧めします。
慰謝料に割く金額が増えるからです。

まだ何もわからない状態でご自分の仮説を立てられるよりも、
落ち着いてもう一度状況を説明されることをお勧めします。

どこが論点か整理がつきませんでしたので、
思いつくまま書かせていただきました。
間違っているところもあるかもしれませんので、
専門家の意見を待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらの説明不足にもかかわらず、丁寧に回答下さりありがとうございます。
こちらが自転車、向こうがバイク、の事故で、過失割合は判例を調べたところこちら3:向こう7くらいではないかと予想しています。
おっしゃるとおり、健康保険で治療費を支払いました。これと諸費用合わせて約30万くらい。これだと120万の枠内で余裕でまかなってもらえますが、過失割合で3割分を向こうへ賠償、そして7割は向こうから賠償してもらうとなった場合、先ほどの総額30万のかかった費用は、自賠責の枠内で、任意保険にはかからないので、30万もらえると思えばよいのでしょうか?ちなみに入院通院日数あわせて10日もないので慰謝料としては4200*10日*2  で、これまた120万までに収まるということになるわけですね。 だったら任意保険の出る幕はない、と考えてよいのでしょうか?考え方間違ってますでしょうか・・・

お礼日時:2009/10/27 23:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車事故 先日出会いがしらの車対車の事故をしました。6対4で相手が少

自動車事故 先日出会いがしらの車対車の事故をしました。6対4で相手が少し悪いです。私は打撲が有りましたので人身事故になってます。この場合、車の修理代ですが相手の修理代の4割を私が支払い私の修理代の6割を頂けるとゆう理解で正しいでしょうか?私は車両保険入ってますので修理代の全額自分の保険から出ます。プラス相手の保険会社から修理代の6割を頂けるのでしょうか?

Aベストアンサー

仮に、お互いの車の修理代がいずれも100万だとします。

相手の車の修理については、質問者さんが4割の40万を負担ですね。
質問者さんの車の修理は、相手が6割の60万を負担です。

で、他の回答者さんのお答えどおり、お互いの分を相殺します。
差し引き、20万円が質問者さんがもらえるお金です。(相手はもらえません)

で、車両保険から出るのは、この相手からもらえるお金で足りない分の修理代だけです。
車両保険から80万出ます。これで合わせて100万。

損害保険というのは「事故で得する人が出てはいけない」ということになっていますので、プラスでもらえるものというのは基本的にないとお考えください。

Q車の事故の過失割合が6対4→5対5になった場合のデメリット

お世話になります。初めて交通事故(交差点)を起こしました。(相手は何度か事故経験があるそうです。)私としては相手に悪い点が多くあると思い、警察の方にもそのように主張しました。お互い幸い怪我がなく、今は運転には細心の注意を払い、前以上に慎重に運転しております。事故後すぐ、私側の保険会社の方が「交差点での事故なので10対0とはいきません。過失割合は7(相手):3もしくは悪くても、6(相手):4(私)位になると思います。」とおっしゃっていました。本日経過の御連絡をいただき、相手側が5対5でないと受け入れないと主張しているそうで、長引くかもしれないと連絡がありました。(私の車の修理代が約50万円、相手の車が満額で25万円というのが不満だそうです。)5対5で受け入れた際、私にとってのデメリットはあるのでしょうか。(事故歴に残る等とあるのでしょうか。)保険は等級は下がるそうですが、負担はありません。相手が5対5にこだわるのは保険屋さんの都合だけでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

負担がないということは、車両保険加入のようですね!?
であれば、金銭的デメはなく7:3でも5:5でも状況にはかわりありません。過失を少なくしたからといって、等級落ちが変わるわけでもありません。

>相手が5対5にこだわるのは保険屋さんの都合だけでしょうか
これは相手が車両保険未加入なら過失相殺をすこしでも少なくすればその分自己負担する金額が少なくなると云う利害に絡んだものですね。それだけのことでしょう。


>相手の車が満額で25万円
修理代が時価額以上になり、全損時価額賠償金額が25万ということかな?
あなたに当面経済的負担もなく、困らなければ公序良俗の観点からも過大に過失相殺を譲る必要もありませんね。
困るのは相手側です。示談解決しなければ保険金の支払いは一切されません。
せいぜい、譲歩しても1割程度で充分ですね。4:6あたり?

当分放置 様子見気分で良いでしょう。関わらないで加入保険屋に任せておけば充分でしょう・・・。

Q人身事故の被害者です。治療費や、慰謝料について教えて下さい。

本日朝、車で通勤中に信号や対向車線の無いT字路で横道から出てきた車が自分の車の左後輪付近に接触した為、弧を描く様に滑って前からガードレールに衝突しました。相手は横道から出て来る際に、こちら側を確認せずに進入してしまったそうです。警察は入れましたが、「相手方の道路に停止線はあるが「止まれ」の標識は無い為、必ず止まる義務はない場所だからあなたも飛び出してくる危険を予測して運転しなければいけない。」との話でした。こちらが本道ですし明らかに相手の前方不注意による事故なのに相手は女性で半べそ状態だったので五分五分と言う様な、警察の対応には少し腹が立ちましたが・・・とりあえず自分は頭部・肩の打撲と頚椎捻挫で全治2週間の人身事故扱いでこちらの車はフロント大破。相手に怪我はなく車もバンパーをこすった程度です。両方の任意保険会社でこれから話を進めて行きますがその際に、相手側に請求できるものは何がありますか?またその金額はどの位までなのでしょうか?それと、こちらの保険で相手の車の修理などするのに免責金額3万は実費負担必要と連絡ありました。被害者で実費発生は納得がいきません。こちらは妻子供もおりますし、既に背中の違う部分も痛んできました。この被害については可能な範囲で多めに慰謝料などを請求したいのですが何かよいアドバイスをお願い致します。

本日朝、車で通勤中に信号や対向車線の無いT字路で横道から出てきた車が自分の車の左後輪付近に接触した為、弧を描く様に滑って前からガードレールに衝突しました。相手は横道から出て来る際に、こちら側を確認せずに進入してしまったそうです。警察は入れましたが、「相手方の道路に停止線はあるが「止まれ」の標識は無い為、必ず止まる義務はない場所だからあなたも飛び出してくる危険を予測して運転しなければいけない。」との話でした。こちらが本道ですし明らかに相手の前方不注意による事故なのに相手は女...続きを読む

Aベストアンサー

>こちらの保険で相手の車の修理などするのに免責金額3万は実費負担必要と連絡ありました

対物賠償に免責3万円の自己負担する契約をしてるからですね。

人身と物損についての賠償 補償は、別に考えた方が良いですね。
物損については、過失相殺事故としてあなたにも一部過失を問われます。その過失部分については、あなたの任意保険対物賠償保険で相手の損害の一部を賠償することになります。
一方相手はあなたの損害額を過失に応じて賠償しますが、あなたの過失部分についての自車両損害は車両保険未加入なら自己負担することになります。

人身部分は、自賠責保険があります。自賠責はケガしたかたの救済目的保険なので(120万限度)過失相殺関係なく100%治療費・慰謝料・休損などが補償されます。
過失相殺事故なので治療は健保でかかり自賠責120万に収まるように対応した方があなたにとって得になります。健保は自由診療にくらべ治療費が半分で済みます。その分他の補償枠が多く取れるからです。
また、自賠責120万限度額を超えると、任意保険対応になり、この場合には根っこから過失相殺されます。
慰謝料は自賠責基準では1日あたり4,200円が目安です。
あなたにも過失がある以上、慰謝料の上乗せ要求にはチト無理があります。
自賠責基準で賠償されれば充分な・妥当な賠償と思いますね。

>こちらの保険で相手の車の修理などするのに免責金額3万は実費負担必要と連絡ありました

対物賠償に免責3万円の自己負担する契約をしてるからですね。

人身と物損についての賠償 補償は、別に考えた方が良いですね。
物損については、過失相殺事故としてあなたにも一部過失を問われます。その過失部分については、あなたの任意保険対物賠償保険で相手の損害の一部を賠償することになります。
一方相手はあなたの損害額を過失に応じて賠償しますが、あなたの過失部分についての自車両損害は車両保険未...続きを読む

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q交通事故での医療費請求と過失割合について

過失割合が3(被害者):7(加害者)の場合、医療費は全額、加害者の任意保険に請求できるのでしょうか?
過失の割合が関与するのは車の修理代のみでしょうか?

Aベストアンサー

できません。

120万円までの治療費(慰謝料や休業損害含む)は、加害者の車両の自賠責保険に請求できます。
それ以上の治療費(慰謝料や休業損害含む)は、加害者の任意保険に請求しますが、過失相殺されます。
もっとも、相手が任意保険に加入しているのであれば、自賠責保険への加害者請求も相手保険会社がやってくれますので、別々に請求する必要はありません。

ちなみに、120万円を超えた額が過失相殺されるのではなく、治療費全額が過失相殺の対象となります。
たとえば、200万円が治療費であれば、

200万 x 0.7(過失相殺) = 140万円

なので、支払いは自賠責から120万円、任意保険から20万円となります。たまに、200万円から120万円を引いた80万円に、0.7を掛けた56万円をもらえると勘違いしている人がいます。
したがって、治療費は120万円に納まるようにするのが得策です。それを超える場合、健康保険を使用すると若干治療費を圧縮できます。

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q交通事故 被害者がいつまでも通院したら??

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会社から連絡がきて、相手の車は修理、場合によっては、ボディを取り替えると。


そして、病院には通院し続けるそうです。


警察の方もおっしゃっていた様に、車のボディに傷はありません。

どこを修理するのでしょうか?


ケガ具合は正直、本人しかわからないと思いますが、
スピードが出ていないのに、全身痛いとは…

とちょっと不思議。


謝罪しに伺った時は、小走りをし元気な姿を見てしまったので、また不思議です…。


よく事故で、大したケガじゃないのに、いつまでも通院する悪質な被害者がいるとも聞きました。


でも、保険で出るのは、
実際かかった医療費分だけではないのでしょうか?


通院すればする程、お金がたくさん貯まるなどのメリットがあるのでしょうか…?


通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅そうとする輩もいます、ですが安心して下さい、弁護士費用・裁判費用・裁判所出廷は保険会社が対応ちゃんとしてくれます、ご安心を。

相手から連絡来て、何か請求されても、一切認めない、返事もしないをよく覚えておいて下さい、平謝りする必要もありません、保険会社に任してるの一点張りで良いです、相手が怒っても、保険会社に苦情お願いしますで良いです。

>通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

そんな心配は無用、人身無制限で加入してるでしょ、問題ない、これが保険会社の仕事です。
永久に通院を認める保険会社はありません。



実際、質問者様も首が痛いと病院いけば、あら不思議、全治2週間程度の頚椎捻挫(鞭打ち)の診断書が出ますよ、目には目をと言ってやり返す人もいます。
人身事故になりますから、質問者様に行政処分(免停等)と刑事処分(罰金等)が処分対象になります、事故内容や今疑問に思ってる事を書き留めて、検察に呼ばれた時に釈明して下さい。

まともな検察なら不起訴もありえますからね。


現状の今は相手に関わらない事ですよ。

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅...続きを読む

Q人身事故といえど過失責任は両方に?

初めてなもので、良くわからなく動揺しています。
片道2車線の十字路で、直進車線(左車線)直進し交差点に近づいたところ右折
専用車線(右車線)の右折待ち車両の列から、車が急に前方に出てきたため、よ
けきれづ、自車フロント右側と相手車リア左側と接触してしまいました。
警察にも届け、保険会社にも連絡をしており、後は保険会社に任せておけばと
思っていたのですが、10日ほど経った今日、本人から連絡があり「人身事故
に切り替えます」との一方的な電話がありました。
どちらかが一方的に悪い事故とは思いませんが、知人に聞くと、「相手がケガ
をすれば、相手が100%悪くても君は加害者になる」と言われました。
軽い接触事故なので、なんで「人身に?」と疑問が残りますが、「鞭打ちは、
本人が痛いといえばそれで診断書がでる症状だ」とこれも知人から聞いていま
す。
車対車で人身事故となった場合、過失割合は適用されないんでしょうか?
知識がなく、今後どうなるのか予想がつかなくて不安です。
また、人身の場合、やはり刑事罰として何らかの責任をとらなければいけない
と思いますが、どのような罰則があるのでしょうか。
回答できる方がいれば、教えてください。

初めてなもので、良くわからなく動揺しています。
片道2車線の十字路で、直進車線(左車線)直進し交差点に近づいたところ右折
専用車線(右車線)の右折待ち車両の列から、車が急に前方に出てきたため、よ
けきれづ、自車フロント右側と相手車リア左側と接触してしまいました。
警察にも届け、保険会社にも連絡をしており、後は保険会社に任せておけばと
思っていたのですが、10日ほど経った今日、本人から連絡があり「人身事故
に切り替えます」との一方的な電話がありました。
どちらかが一方的に悪い事...続きを読む

Aベストアンサー

加入しておられる保険会社に連絡を入れましたか。
通常、10日ほど経過した後に警察に物損事故から人身事故に変更した場合、怪我をした人は、警察でお灸据えられることが多いです。理由は、10日も経過してから痛みはでません。警察は、詐欺を考えるからです。
刑事罰の件ですが、相手の診断書によります。全治2週間位なら なにも処罰はないものと思います。場合によっては、点数なども付きません。
警察での事情聴取を相手と受ける際に警察でだいたい教えてくれると思います。

あまり、ケガもひどく無さそうなので 自賠責保険内での賠償になると思います。物損の支払(過失割合)にもよりますが、任意保険を最終的には、使わず終わると思いますので、「事故なし」で割引は、場合によっては、戻らないと思います。

詳しくは、加入している保険会社・代理店に相談して聞いてください。

Q物損事故で慰謝料請求は可能か?

先日停車中に後続車に追突されました。
すぐに警察に物損事故の手続きをし、後から人身への切り替えも可能であるとの説明を受けました。
結局大した怪我もなく手間や相手のことも考え人身への切り替えは行わず、ただし先方の保険会社から通院で発生する金額は全額負担してもらうことにしました。
今後の交渉の上で慰謝料を請求することはできますか?
過失割合は100:0です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

基本的には保険から人身部分の支払いを受ける場合、人身事故としての届けが
届けが必要ですが・・・
怪我が軽傷の場合や、事故時点では症状がなかったが後日痛みが出た場合など
の場合、後日警察への人身事故の届けをしなくても保険会社が人身事故として
受け付けてくれるケースがあります。

私も過去にこのような経験がありますが、保険会社側が人身事故の届けを出さ
なくても【通院で発生する金額は全額負担する】と言っている場合には、人身
事故の届けを出した場合と同様に保証されます。
つまり、自賠責基準での慰謝料であれば問題なく支払われます。

ただし、示談交渉でもめるような状況になった場合は、正規の手続きをした場
合と比べていくらか不利になるかも知れませんね。もう一点、保険会社は個人
と違って信用できるとは思いますが、最終的に『届けを出さなくても全額負担
する』を言った言わないになる可能性は0%ではないでしょうね。
※多分このような状況になることはないとは思いますが・・・

念のため保険会社に確認しておく事をお薦めいたします。

こんにちは

基本的には保険から人身部分の支払いを受ける場合、人身事故としての届けが
届けが必要ですが・・・
怪我が軽傷の場合や、事故時点では症状がなかったが後日痛みが出た場合など
の場合、後日警察への人身事故の届けをしなくても保険会社が人身事故として
受け付けてくれるケースがあります。

私も過去にこのような経験がありますが、保険会社側が人身事故の届けを出さ
なくても【通院で発生する金額は全額負担する】と言っている場合には、人身
事故の届けを出した場合と同様に保証されま...続きを読む

Q自賠責の120万円を超えると慰謝料がやすくなる??

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?

(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

(3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?
 自由診療だと1点当たりの値段が医者によってバラバラだそうですがそれでは何を基準にして
 治療費を見極めればよいのでしょうか?例えば医者に直接治療費を聞いたりしたら教えてくれる
 ものでしょうか?逆に保険会社に問い合わせたら教えてくれますか?

(4)難しい質問だと思いますが腰を痛めて数回のレントゲン、痛み止めやシップ、リハビリ等の治療を
 行い40回程、通院した場合、慰謝料等含めて120万円超えてしまうと思いますか?自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

御指導宜しくお願い致します。

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462191964

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減って...続きを読む

Aベストアンサー

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日)単位で慰謝料の日額単価は逓減していきます。
ご質問のケースで、実治療日数118日であれば治療費・通院交通費など他の損害額が226,000円以内に収まらないと、保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定します。治療費は、健康保険を使用した場合でも、本人負担分だけでなく、健保負担分も合わせた額ですから、まともな治療をしていたなら収まるはずがありません。
ちなみに、ご質問のケースで、任意保険が642,000円であれば、弁護士基準でも970,000円程度になるはずです。

(2)違います。そもそも慰謝料の算定基準が違うだけで、治療費・有職者の休業損害など実損害額の算定基準は、任意保険・自賠責保険・弁護士基準でも同じです。
ただ、健保の使用で治療費を抑制することは、自賠責限度額を有効に使う上で必要なことです。

(3)治療費の累計額を把握している医師は少なくないですか。個人医でも、医療事務スタッフが健保・損保への請求をしているはずですから。対人一括払いの場合、病院は毎月、診断書と診療報酬明細書(レセプト)を、月末締めで翌月中・下旬に損保に送付します。レセプトに毎月の治療費の総額が記載されていますから、それで確認できます。また、レセプトの送付時期に病院の会計窓口の人に尋ねると、教えてもらえると思います。

(4)健保使用であれば、治療費+慰謝料では越えません。休業損害があれば別ですが。自転車の賠償は物損ですから、自賠責は無関係です。

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日...続きを読む


人気Q&Aランキング